2020年4月4日土曜日

ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」ボーダーグリル

ジョン・ファヴローとロイ・チョイが料理をしていくシリーズ「ザ・シェフ・ショー」のシリーズ3の第2回目は、ラスベガスのボーダーグリルでモダンメキシコ料理を学んでいく話になっている。タコスもサツマイモを使った変わった料理になっているし、風味付けや味付けにバナナを皮ごと用いたり、バナナの葉っぱに火を通して香りを出し、豚肉の風味付に利用したりと、意外な料理の数々にちょっと驚かされること請け合いのエピソードである。ボーダーグリルは2人の女性シェフが共同経営者になっていて、彼女たちの感性が光る料理になっている。見ていて、なかなか美味しそうな料理なので、空腹時に見ると、思わず食べたくなってしまう気分にさせられる内容である。

2020年4月3日金曜日

iPad Pro 11インチ 第2世代とApple Pencil 第2世代を注文する

2020年3月19日の記事で、「新型iPad Proが3月25日に発売されるが、4Kテレビと4K UHD Blu-rayプレイヤーを買ってしまい、支払いがまだ終わっていないので、ちょっと我慢する」という記事を書いている。とは言え、諦めていたわけでなく、買う気はあった。4Kテレビと4K UHD Blu-rayプレイヤーの請求がクレジットカード会社に来ていたのであるが、3月15日までの利用料金を見ると、思ったほど支払いが多くない。4Kテレビは21万、4K UHD Blu-rayプレイヤーは5万5千円しているので、そこから日々の生活費等を加えると、かなりの額になると思ったのだが、輸入盤Blu-rayをあまり買っていないせいか、予想したより請求額が数万円低かった。それで、ここ最近の新型コロナウイルスの蔓延ぶりを見て、早めに購入しておくかと、iPad Pro 11インチ 第2世代とApple Pencil 第2世代を昨晩注文した。今使っているiPad Pro 10.5インチは昨年の夏にボリュームの故障でApple Care+で交換しているので、新品に近いものがあるが、それでも同一機種を2年半使ったから、そろそろ新しいのに買い替えてもいいだろうと思った。世界中が新型コロナウイルスで混乱しているので、届くまで紆余曲折ありそうだが、まあ待つ。一応12日-14日に届く予定である。Magic Keyboardは5月発売なので、発売されたら、買い足す予定である。それまではAmazonの格安ケースで凌ぐ。2000円以下なので、そんなに損害は出ないと思う。

2020年4月2日木曜日

iPhone 9は4月15日に発売か?!

ジョン・プロッサーという予想士が、iPhone 9(iPhone SE 2とも言う)の発表日は、4月15日である、と予想しているという。これは、Appleの利益確保を急がなくてはいけない状況にあること、新型iPad Proが水曜日に発表されていることから、この日程に発表されるに違いないと予想しているのだという。新型コロナウイルスの影響が大きく、発表できるのかすら不明だが、サイレント発表ならば、できなくもない。ただ、工場の生産効率がめちゃくちゃだろうから、発表後すぐに入手できる可能性はあまりないのではないかという考え方もできる。僕は秋のiPhone 12がいつ発売されるのかが気になる方なので、iPhone 9はどうでもいいが、それでもAppleがこの新型コロナウイルスで騒いでいる世界で、どう動くかが気になるところである。

2020年4月1日水曜日

佐野元春、ラジオに在宅電話出演、新曲を2週間ほどでパブリックドメイン化か?!

僕が在宅勤務をしていると、スマートホンの通知で、「佐野元春がInterFM897に12:15頃から電話生出演」という告知が出た。残念ながらネット会議中で生放送は聞けなかったのだが、radikoのタイムフリーで後追い聴取を聞くことができた。内容は、佐野元春はインターネットを介してTHE COYOTE BANDと在宅レコーディングを続けているという話だったが、そのレコーディングしている曲は、2週間ぐらい後になると、恐らくYouTubeでパブリック・ドメイン化して発表できるのでは、と爆弾発言。聞いているファンには嬉しい内容になった。僕も後追いで聞いて、この内容に飛び上がりそうだった。佐野元春がメンバーとインターネットを通じてスタジオに籠らないでもレコーディングできているというのもすごいと思ったし、これからのアクションにも期待できそうである。

2020年3月31日火曜日

米・英のAmazonで輸入盤Blu-rayの注文が通らない

先週の土曜日、朝起きてから輸入盤Blu-rayの新譜チェックをして、それからAmazon.comに移動し、輸入盤Blu-rayの4月発売分を予約しようとした。しかし、手順を進めていくと、「あなたの住む地域には発送できない」という文言があり、注文予約ができなくなった。最初、映画の地域特性に合わせて、アメリカのBlu-rayが日本への発売禁止になったのかと思ったのだが、どうも違うようで、新型コロナウイルスの影響で受注が増加していて、国際販売に手が回らないので、輸入盤Blu-rayの販売を中止しているというのがことの真相である。アメリカのAmazon.comでダメだったので、ニューヨークにオフィスを構えるDVD Fantasiumを見ると、こちらも外出自粛のため営業は行なっていない。では、イギリスのAmazonはどうかと調べたら、やはりこちらも国際発送は中止している。ということで、新型コロナウイルスの影響が僕の趣味に意外なところで影響を及ぼしていることになった。買ったはいいが見ていないBlu-rayは山ほどあるので、新作を買わなくても映画は見られるが、新譜が買えないのはなんか寂しい。しばらく我慢かなと思う。

2020年3月30日月曜日

コメディアンの志村けんさん、新型コロナウイルスにより死去

数日前にニュースを聞いてからなんとなく予感していたのだが、コメディアンの志村けんさんが、新型コロナウイルスによる肺炎で、昨日の夜、亡くなったことが今朝、ニュース速報で流れてきた。志村けんさんが新型コロナウイルスに感染したことがわかった時、いくつかの記事で「結構重症かも」という記事を読んでいたので、「ついに来たか」という思いしかなかったが、僕が知る限り、有名人で新型コロナウイルスの影響で死去したのは、志村けんさんが初ではないかと思う。ハリウッド俳優のトム・ハンクスさんは快方に向かったというし、イギリス皇太子と首相は隔離中だし。志村けんさんといえば、子供の頃、「8時だョ!全員集合」や「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」でお笑いをお茶の間に届けてくれる楽しい人だった。裏番組で北野武さんらが「俺たちひょうきん族」を放映していて、視聴率争いをしていたと思うが、僕は「8時だョ!全員集合」派だった。歳を重ねるごとにテレビのバラエティは見なくなり、志村けんさんとの接触も無くなっていったが、それでも子供時代に受けた影響は大きかったと思う。まだ70歳と若いのに、残念なことである。ご冥福をお祈りしたい。

2020年3月29日日曜日

破損した4K UHD Blu-rayのAmazon.comでの交換が完了する

2020年3月20日の記事で、「Amazon.comで購入した4K UHD Blu-rayの"インターステラー"が破損していたので、交換手続きを行った」と書いている。その際に、アメリカまでの発送として郵便局のEMSを利用したのであるが、アメリカへの返送に必要なインボイスが2枚のところ、1枚しか使っていないことで、トラブルのではと、心配していた。返送料は2000円かかったのだが、Amazon.comからの補償は$15だけなので足が出る。それでサイトのカスタマーサポートから「2000円かかったので、負担して欲しい」と投げかけをしたら、「証明できるものがないと負担に応じられない」というメールがきた。それで、郵便局のレシートをスキャンしてメールで「2000円かかった」という内容を書いて送ったら、「迷惑かけて申し訳ない。もともとの商品発送時にかかっている送料$10を返金する」という返事が来て、クレジットカードに返金がきた。それで、しばらく追跡調査をしていて、どうなるか見ていたのであるが、アメリカの税関で数日間かかってしまったが、3月25日に無事Amazon.comに商品の返送が完了した、という連絡がきた。Amazonのサイトでも「受け付けた」という表示になったので、今回はインボイスが1枚だけでもなんとか返送できたようである。それと同時に交換品の郵送チェックもしていたのであるが、無事昨日の2020年3月28日に品物が届いた。今度は破損もないので、約1週間で交換手続きが完了したことになる。こういうトラブルの対応はさすがAmazon.comだといったところか。それでも一時は心配していたものである。無事交換できて、一安心といったところである。