2020年9月22日火曜日

iOS 14.0で「同期セッションを終了できなかったため、iPhoneを同期できませんでした」というエラーが出る

 先日、iPhone 11 ProのOSをiOS 14.0にアップグレードしている。アップグレード自体はトラブルなく済んだのだが、iOS 14.0にしてから数日、iPhoneのデータをMacBook Proでバックアップ取ろうとすると、「同期セッションを終了できなかったため、iPhoneを同期できませんでした」というエラーが起きて、macOS CatalinaとiOS 14の同期が取れなかった。この時にはWi-Fi同期でバックアップを取っている時で発生しており、このエラーが出た後、macOSのFinderからiPhoneが消えてしまう。その後、USB Type-CとLightningケーブルでMacBook ProとiPhone 11 Proを有線接続し、何回か同期を取ると、問題なく同期が取れてしまうのである。Wi-Fi環境下でのバグかなと思っていたが、有線接続で同期を何回か取った後に、Wi-Fi同期を取ると、エラーが発生せず、同期が取れる。なので、iOS 14のバグかmacOS Catalinaのバグかどちらかであろうと思われる。少なくともiPhoneとMacBook Proを有線接続で同期を取ると問題は解決するので、この問題はWi-Fi同期の時だけの問題のようである。

2020年9月21日月曜日

映画「マイル22」(Apple TV 4K/Netflix/HD)

 レビューの詳細は、マイル22(HD/Netflix)/Apple TVで観た映画のレビューを参照のこと。この映画は実は輸入盤Blu-rayを所有していて、そちらはまだ封を切っていない。輸入盤Blu-rayの方が高画質、高音質であることは承知の上だが、英語字幕で見る気力がなくて、Netflixでも人気のこの作品を日本語字幕ありで鑑賞したのが、今回のレビューである。日本語字幕があると、内容の把握が確実にでき、ラストのどんでん返しも意外に感じられる。アクション映画なので、銃撃シーンが多数あるが、それが物語中盤から後半にかけてずっと続くので、ワンパターン的イメージは拭えない。ただ、アクションシーンは多いので、サラウンド的には面白いシーンが満載で、5.1chサラウンドながら効果的な演出がされていると思う。映像はHD画質にとどまっているが、映像的には不満が少ない。ただ、Netflixのビットレートの関係か、部屋の壁が出てくるシーンなどでブロックノイズの弊害が現れてしまっているのが残念である。映画としての評価は低いので、無理に見るような作品ではない。ただ、ホームシアターを持っている人ならば、音響的にはそこそこ楽しめる作品にはなっている。

2020年9月20日日曜日

映画「TENET テネット」(IMAX 2D/ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13)

今年春からの新型コロナウイルスの影響で、映画館でハリウッドの新作映画が上映されなくなり、一部映画が時々上映されるものの、大したヒットにもならずにいる中、監督であるクリストファー・ノーランの強い意向により、アメリカでの上映より先にヨーロッパやアジアでの上映を開始した、今年夏の大作映画になるはずだった作品が「TENET テネット」である。日本では最初から9月18日公開と決まっていたので、上映延期にもならずに公開されたが、劇場によって観客の収容人数に違いがあり、僕が見たユナイテッド・シネマ系列の映画館は、前後左右を空席にする市松模様での上映を継続して行われている。久々の大作および新作映画ということもあって、チケットの争奪も予期されたが、チケットは完売はせず、若干数の空席があった。話の内容は、クリストファー・ノーラン監督お得意の時間をテーマにしたもので、第三次世界大戦を阻止するために、時間を逆行して戦いを挑む名もなき男の姿を描く物語になっている。通常の時間の流れと逆行する時間の流れが渾然一体となって物語が進むので、注意深く見ていないと話がわからなくなってしまう。特に前半は主人公ですら時間の概念がわかっていないので、観客はともすれば置いてきぼりを喰らう恐れはある。それでも、IMAXフィルムで撮影されたクリアで巨大な画面と、音量の大きくサラウンドが効果的な音響を楽しむだけでも、映画を楽しめる要素になっている。時間の逆行シーンはおそらくフィルムの逆回しだと思うが、それでも登場キャラが不自然にならないような演技をしているので、不思議な映像が存分に楽しめる。この作品こそはIMAXシアターの大画面で見るべき内容だと思うし、ヒットすることを期待したい。

2020年9月19日土曜日

Amazon EchoでNature Remo経由のエアコン操作が突然できなくなる

 僕は、自宅にAmazon EchoとNature Remoを持っていて、この組み合わせでこれまでエアコンを操作してきた。例えば、Amazon Echoに「冷房をつけて」と言えばNature Remoを経由してエアコンは冷房をつけるし、「冷房消して」と言えば同じくNature Remoを経由してエアコンは冷房を消す、と言った具合である。しかし、何日か前から、この音声コマンドをAmazon Echoに発しても、「そのデバイスは見つかりませんでした」と言われ、操作ができなくなってしまった。Amazon AlexaのスキルでNature Remo Smart Skillを一旦解除して、また登録しても状況は変わらなかった。しかし、Nature RemoのWebサイトでFAQを見ていたら、操作方法が書いてあったので、Amazon Alexaの登録デバイスがエアコンの場合、メーカー名と機種名になっていたので、その名称をメーカー名+機種名から「エアコン」に修正してみた。その結果、Amazon Echoに「エアコンつけて」というとこちらの要望通りにエアコンの電源が入り、冷房が吹き出してきたのである。「エアコンを消して」と言えば、エアコンの電源は切れる。冷房、暖房は、「エアコンを冷房にして」、「エアコンを暖房にして」と言えば切り替えられる。数日、音声コマンドが使えずリモコンで操作してきたが、Amazon Alexaの名称変更で音声コマンドが復帰してきて、良かったと思っている。

2020年9月18日金曜日

Apple Watch Series 5にwatchOS 7を適用する

 昨日の未明、AppleはOSの新バージョンをリリースした。朝のうちにiOS 14は早々に適用したのだが、Apple Watch Series 5にwatchOS 7を適用しようとしたら、意外に時間がかかった。仕事が在宅勤務だったので勤務中に時々状況確認をしていたのだが、watchOS 7のファイル容量はなんと1GBで、ダウンロードするのに1時間かかってしまった。そこからがまた時間がかかり、インストールの準備と実際のインストールで40分を費やしていた。結局全部で1時間40分かかってwatchOS 7をインストールすることになった。まだ、これからApple WatchにwatchOS 7をインストールしようとする人もいるかもしれないが、かなり時間がかかるので、ゆとりのある時に作業したほうがいいと思う。でないと、予想外に時間がかかるかもしれない。

2020年9月17日木曜日

iPadOS 14.0適用のiPad Proで、IIJmioの回線を認識しない時の解決策

 今日未明、AppleはiOS、iPadOS、watchOS、tvOSの最新版のリリースをした。朝早く起きたので、iOS、watchOS、tvOSは朝のうちに適用できたのだが、iPadOS 14だけは夕方の適用になった。iPad Proはセルラーモデルで、格安SIMのIIJmioを使っている。IIJはTwitterで動作確認をするから待ってほしいとは言ってはいたが、これまで大きなトラブルもなかったことから、iPad ProにiPadOS 14.0を適用した。すると、セルラーの電波は掴んでいるものの、モバイル回線では通信ができないと言うトラブルに見舞われた。Wi-Fiでは通信できる。アンテナバーは立っているので、docomo回線の問題ではなさそうで、IIJmioのプロファイルが問題かな、と考えた。そこで、IIJmioのプロファィルを一旦削除して、再びインストールをしたところ、しばらく時間はかかったが、モバイル通信でもデータのやり取りができるようになった。もしかするとプロファイルの削除&インストールではなく、電源OFF/ONでも良かったかもしれないが、IIJもしくは他社格安SIMを使っていて、モバイルデータ通信ができない時には、一旦プロファイルを削除して、再インストールするのも解決策かもしれない。正式対応は、多分数日以内にIIJから発信があると思う。

2020年9月16日水曜日

Apple Watch Series 6、発表と同時に予約受付開始

 前から話題になっていたが、今日の未明、Appleの新製品発表会が開催されていた。主力モデルのiPhoneは発表されず、Apple WatchとiPad Airの発表会になっていた。その発表会の数時間前、AppleのオンラインストアはComing Soonの案内が出て、注文ができなくなっていた。Coming Soonの表示がオンラインストアで出るということは、新製品の発売を予定しているということである。おそらくサーバーの増強をしているのではないかと思っている。僕は午前2時からの新製品発表会は見ていない。仕事もあるので、普段通り寝ていた。ただ、Coming Soonと情報のリークから、Apple Watch Series 6は発表会後にすぐに注文受付になるのでは、と思っていた。で、朝6時45分に起きて顔を洗い、朝食をとってからAppleのサイトを覗いてみた。予想通りApple Watch Series 6の予約注文が始まっていた。深夜3時半ぐらいから予約開始していたみたいである。僕も予約はしたものの、発売日である18日から遅れること2週間、10/1-10/4のあいだの到着予定になってしまった。まあ、去年は交通事故で病院のベッドで歯軋りしながらiPhone 11 ProとApple Watch Series 5の発売を横目に見ていたので、今年はマシな方である。まだ、どんな性能か完全には把握していないのだが、Series5よりは進化してそうで、楽しみである。