2010年10月31日日曜日

さらにおかしくなるウイルスバスター2011

先日、トレンドマイクロ社から配信されてきたBlu-ray再生不具合用のパッチファイルを適用したウイルスバスター2011だが、今日また変な動きをしていた。10時に予約検索をしていたのだが、9時55分ぐらいに予約検索が始まった。あれっと思っていると、次に9時59分にまたまた予約検索が。まさかと思っていると、10時に3回目の予約検索がスタート。もうこうなると使っていられないなと思って、再び、Norton Internet Securityをインストールしなおした。安定しているシマンテックに変えようかなと思う今日この頃。トレンドマイクロ社の出来の悪さに閉口している。


2010年10月30日の睡眠

昨晩は、ちょっと遅く、11時過ぎに寝た。「戦場のメリークリスマス」を読み終えるためだが、読み終えた後、満足して眠りについた。朝は7時過ぎまで熟睡。トイレに行きたいなと思ったが、眠たいので我慢して9時まで寝ていた。熟睡できたので、気分がいい。でも頭がなんとなく重たい。軽い頭痛みたいなのがする。ビビットエースの副作用と思われるが、不快である。鼻が出て仕方ないので、何度も鼻をかんでいた。


スター・トレック ヴォイジャー 第10話「転送・4万光年」

ゲストをもてなす種族として有名なシカリス星のガスという男に招待されたヴォイジャー。そこで彼らはシカリス星の転送技術の高さを目のあたりにし、故郷への帰路に使えるのではないかと考える。しかし、艦隊の誓いがあり、その技術を断りなく使うことは出来ないとジェインウェイ艦長は考えた。その仲でもクルーの一部は故郷に帰りたい一心で、艦長の命令を無視して裏取引をしようとするのだが。



最初はあまり面白い導入部ではないと思っていた話であるが、物語が進むにつれ、艦隊の誓いを守るか否かで悩むトレスや、その配下のクルー達と、トゥヴォックの意外な行動に後半ははらはらさせられた。まあシリーズが続くから、ストーリー的には失敗するのが目に見えていたのだが、それでも後半のトレスをはじめとするクルー達の心の揺れ動きには共感できるものがあったと思う。


MGM倒産

「007」シリーズなどのヒット作をつくってきた米国の名門映画会社メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)が米連邦破産法11条の適用を申請し、倒産する見通しになった。事前調整型の法的整理で、新興の米映画制作会社スパイグラス・エンターテインメントの支援で再建を目指す。
朝日新聞より

前々から、MGMの業績不振はいわれてきたことだが、ここにきて倒産とは、やはりヒット作がないから駄目なのかな、と思う。劇場公開の作品もそうだが、DVD/Blu-rayでも売り上げがない状態だったから、駄目かなと思ってはいたが。ぼくの持っている輸入盤Blu-ray「ターミネーター」などは、ディスクがソニーの配給とうたっているのにパッケージでは20世紀Foxと変な仕様だったし。まあ過去のヒット作も大半はワーナーに取られ、ユナイテッド・アーティストの作品ぐらいしか過去資産がない状態では、駄目だろう。後は「007」の続編が作られて、ヒットするしかないのかなと思う。




「戦場のメリークリスマス 影の獄にて A Bar of Shadow 映画版」

昨晩、「戦場のメリークリスマス 影の獄にて A Bar of Shadow 映画版」新思索社刊を読書完了した。タイトルに示すとおり1983年の大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」の原作本である。物語は3部構成になっていて、1部が「影さす牢格子」、2部が「種子と蒔く者」、3部が「剣と人形」となっている。1部はイギリス人将校ロレンスと日本人軍人ハラの奇妙な友情についての物語、2部はセリエとその弟の関係と裏切り、ヨノイとの関係についての物語、3部はロレンスが戦場でであった女性とのロマンスとなっている。映画はこのうち1部と2部をまとめて一つの物語に再構築したものになっていて、原作小説のほうが、分かれている分、理解しやすいものになっている。しかし、映画も要領よくまとめていて、相互に補完すると、より理解できるものになるだろう。原作者であるロレンス・ヴァン・デル・ポストの実体験に基づきかかれたものということで、意外と日本人のことについて詳細に書かれていると思う。個人的には2部のセリエと弟の関係が深く描かれていて、映画では分からなかった愛憎関係が理解できたのはよかったと思う。興味のある方はぜひ。


2010年10月30日土曜日

ブラッド・ダイヤモンド

本日天気が悪いため(台風接近)、家でのんびりDVD鑑賞。観た映画は2006年のヒット作「ブラッド・ダイヤモンド」。詳細は下記URLのレビューを参照してもらうことにして、ここでは、簡単な印象を。レオナルド・ディカプリオの新境地開拓かと思わせるが、主人公のはずなのに印象薄いなといったところ。でも骨太の作品で面白かった。BLOOD DIAMOND/がちゃんの部屋


Firefox アドオンの不具合

先週だったと思うが、FirefoxにインストールしているForecastfox Weatherが突然表示されなくなった。原因不明で、再インストールしたりしていても直らない。プロファイルフォルダにあるforefastfox.sqliteを削除すると復活するのだが、原因が分からずに困惑していた。ちょうどNorton Internet Security体験版をインストールしていた時期なので、そのせいでの不具合かとも思ったのだが、その後アンインストールして、ウイルスバスターに戻していたから、その線も消えた。何回かFirefoxを再起動している際に気づいたのは、ブラウザを閉じる際になんか引っかかって時間がかかり、その後閉じた後の再起動で、Forecastfox Weatherが壊れるということ。そこでアドオンでいれていたSQLite Optimizerの機能を殺してみていたところ、不具合が出なくなった。試しにsqliteをReindexしてみると、確かにsqliteファイルが壊れることが確認できた。Firefoxの動作を早くするために入れていたこのアドオンだが、しばらくはアンインストールをして様子を見るつもり。


2010年10月29日の睡眠

昨晩も本を30分ほど読んで就寝。区切りがないから、途中で打ち切ると話が分からなくなるけれど、眠たいから仕方ない。寝つきは良好。朝は4時18分にトイレで目覚める。休みだというのに朝の早い起床だとこと。その後うつらうつらしながら9時まで寝ている。本日は台風が来るので、朝から雨。気温も低い。寒いので服を着込んでいた。


2010年10月29日金曜日

2010年10月28日の睡眠とか

昨晩は、帰りが遅かったので、ほとんどネットを見ずに、11時10分に就寝。寝つきは今一つだったが、途中起きることはなかった。でも夢を見たことだけは覚えている。僕が粘土細工を作っていて、その工場から出ていたら、戻れなくなって、困ってしまうというもの。何だ、この夢は、といった感じである。朝はとても眠い。珍しく行きの電車ですやすやと寝ていた。ヘッドホンで佐野元春の「コヨーテ」を聞いていたはずだが、記憶にないのである。頭痛と眠気は午前中一杯続き、かったるかった。まあ急ぎの仕事もないし、と思っていたら、マスター登録の不備を指摘され、慌てて登録することに。ちょっとあせった。


ウイルスバスターの検出力テスト10月分

2ちゃんねる上では評判の悪い(そして僕も色々な不具合に悩まされている)ウイルスバスターですが、バージョンがどれだかは判明していませんが、ドイツのマグデブルク大学にある、ウイルス検出率をテスト評価する第三者機関のAV-TEST.orgがウイルス検出力を調査したところ、なんとトレンドマイクロが3位に位置しているとのこと。他の調査では検出力の弱さを指摘する声が多く見られていたので、これは意外だった。実のところ、ウイルスバスター2011の実力ってどれだけなのかいつも疑問に思っている。今はまた調査のためにインストールしているのだが、テスト用ウイルスeicarは検出するようである。後、最近国内で流行のmstmpウイルスの検出をしているのかが気になる。トレンドマイクロのブログで脅威を報告していたようだが。


アバター続編製作決定

Yahoo!ニュースを見ていたら、ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」の続編制作が決定したそうだ。何でも続編を2014年、続続編を2015年に公開するということで配給会社である20世紀フォックス社と契約を交わしたとのこと。でも完結している話をどう続けていくつもりだろう。まあキャメロン監督のことだから何とかしてしまうのだろうが。「マトリックス」シリーズみたいにしりつぼみにならなければいいのだけれど。


2010年10月28日木曜日

バットマンシリーズの第3作目のタイトルが決定に

クリストファー・ノーラン監督が、「バットマン・ビギンズ」「ダークナイト」に続くシリーズ最新作のタイトルを「ザ・ダークナイト・ライゼズ(原題)」に決定したと発表した。
映画.comニュースより

前々からうわさになっていたバットマンシリーズの第3作目が本格的に始動した模様。どうも悪役はリドラーではないとのこと。監督自身が否定している。2012年7月20日全米公開。日本は8月かな。でも「ダークナイト」が日本ではヒットしていないから、もっと遅くなるかも。「ダークナイト」と同様にIMAXとハイビジョンカメラで撮影とのことで、画質もすごいだろうなと思わせる。今から期待大。


2010年10月27日の睡眠

昨晩もニュースも見ずに本を読んでいたのだが、切りのいいところがなくて途中で打ち切らずを得なかった。10時半に就寝。寝付きだけはいい。ふと目が覚めるとまだ深夜の2時半だった。そこからが寝付きが悪い。何度も目が覚める。ビビットエースの効果がない感じである。でもビビットエースの副作用はしっかり出ていて、午前中頭がボーッとしていて、頭痛もしていた。夕方になるとアカシジアも出て、大変だった。


会社の決起大会に参加する

今晩は会社の決起大会に参加してきた。新製品が発売されたのでその販売達成を祈念しての決起大会である。本当はこういう会は余り好きじゃない。でも出ておくことは業務上、有利になるかなと思い、参加することにした。自分のやった仕事がなんなのかはっきりすると考えた。今回の決起大会を仕掛けたのは営業なので、独特のノリで会は進んでいった。ぼくはといえば、アカシジアが軽く発生していたのでユーパンの効果を強めるアルコール、つまりビールを飲んで落ち着かせていた。最初午後の7時半に終わる予定だった会は、10月に赴任した新社員の歓迎会も込みになって、8時過ぎまでかかってしまった。食べ物が少ないので腹が減った。まあビールは適量飲んだからよしとしよう。で出た感想だが、まあまあ楽しかったのと、自分がホストコンピューターに苦労していれたデータと新製品がようやく結び付き、「あぁ、僕が入れた品番はこんな商品だったんだ」と納得した次第。仕事と思えば、楽しい方じゃない、と思う。でももっと食い物はほしかったなと思う。


2010年10月27日水曜日

スター・トレック ヴォイジャー 第9話「来世への旅」

新しい元素を発見したヴォイジャーは、小惑星に探査に向うのだが、そこで亜空間の穴を通じてキム少尉が別の惑星に転送されてしまう。一方ヴォイジャーには別の惑星から送られてきた死体を抱え、キムの行方を捜査することになる。送られてきた死体を蘇生させたヴォイジャーだったが、彼女は信じていた来世がないことに絶望をし、ショックを受ける。



死をテーマにした意欲作だと思う。誰もが人間が死んだら死後の世界がどうなるのか、疑問にもっていると思うが、それを別の異星人の死生観を持って描いたのは秀逸だと思う。今回の異星人では、来世の世界では別の肉体を持って現世での肉親と再会できるという感覚を持っているが、これは人間にも当てはまりそうである。脚本が、プロデューサーのブランノン・ブラーガなので、ひねりが効いていると思う。


HP Mediasmart DVDの不具合

今日、午前中、PCに付属のBlu-ray/DVD再生ソフト、HP Mediasmart DVDでいくつかのBlu-rayを再生してみたところ、メニュー画面までは行くのだが、そこから再生をしようとすると、Runtime Errorが発生して鑑賞ができないことが判明した。これは最新のBlu-rayすべてではなく、一部の作品に限られているようだが、困ったと思い、ソフトの再インストールをしてみたものの、症状が変化なかった。そこでふと思いついて、バージョンダウンをして見ることにした。このバージョンは、HP社で配布されている最新バージョンで、僕の既存のやつは、そのソフトからアップデートで、Cyberlink社からダウンロードしたものである。Cyberlink社のものを止め、HP社で配布されているバージョンでインストールをしてみたところ、今のところ数枚確認をしただけだが「アバター」以外は無事エラーも発生させずに鑑賞することが出来た。しかし、旧バージョンでどこまで再生を保障しているのか不明なため、今後がちょっと心配である。それと「アバター」。これは謎である。4月に発売されたときには再生できていたような気がするのだが。今は画面がブラックアウトしたまま、うんともすんとも言わないのである。困ったことである。


2010年10月26日夜の睡眠

そういえば昨日書くのを忘れていたが、会社からの帰り、少しアカシジアがでた。背中はあまりそわそわしなかったのだが、電車の中で立っていると、足ががたがた震える。ちょっと調子が悪いなと思って、ユーパンを1錠、舌下で溶かして服用したら、まあまあ落ち着いた。



昨晩の就寝時間は11時を回っていた。帰るのが少し遅かったのと、PCの調子を調べていたのと、「戦場のメリークリスマス」を切りのいいところまで読んでいたからである。寝つきはよく、朝も6時19分まで熟睡である。その後もうつらうつらしながら8時43分まで、寝ていられた。気分は悪くない。今日は有給休暇を使ったので、家でのんびりできる。


2010年10月26日火曜日

地球外知的生命体らしき存在からの信号を確認

オーストラリア・ウエストシドニー大学のラグバー博士の調査・研究により、遥か銀河の彼方から、地球外知的生命体らしき存在からのパルス信号が発信されている事が明らかとなった。地球外の文明による信号の可能性があるという。


(ロケットニュース24より)

これってすごいことじゃないかな。僕の好きな「スター・トレック」シリーズでは、知的生命体とのファーストコンタクトに制限があって、劇中で描かれたワープ航法を開発していないと異星人と接触できないという設定になっているのだが、当然今の技術でワープなんかできるわけもなく、知的生命体との接触なんて無理だと思っていた。ニュースによれば地球から20光年離れた「グリーゼ581」という星系からパルスが発信されていることが明らかになったということだけれども、今からそこに向けて通信しても、往復で40年の時間がかかってしまう。ちょっと気が長くなりそうだが、これはこれで興味深い。ファーストコンタクトする知的生命体は友好的なのか、どんな姿をしているのか、想像するだけでわくわくしてくる。興味深いニュースである。


熟睡できた!!!

昨晩もPCをいじっていたかったが、眠れなくなるといけないと思い、適当に切り上げ、本を30分ほど読んで、眠ることにした。ビビットエース2錠の効果があったのか、平日にしては珍しく、朝まで熟睡である。熟睡していても、まだ寝足りないと見え、朝の調子は良くはなかった。とにかく眠たい。こんなことはここ最近では珍しい。とにかく熟睡できたことがうれしくてしょうがない。この調子でいつも寝られればいいなと思ったりする。


アップルコンピューターがソニーを買収か

ニュースを見ていて驚いたのだが、アップルが手持ちの資金を企業買収に当てようとする憶測が流れているようだ。これはスティーブ・ジョブ氏に話を聞いたところそのようなニュアンスを匂わせたとのこと。投資会社ではすでにその企業の噂を流していて、株価の上がったソニーもその中に含まれているそうだ。まさか一流企業であるソニーが買収の対象になるなんて、思いもしなかった。まあまだ噂の段階だから当てにはならないが、本当に実現すると、化け物みたいな巨大企業が誕生することになる。1980年代の日本企業はアメリカの企業買収をよくやっていたものだが、その逆をされるということで、日本企業の弱体化を見る思いである。


2010年10月25日月曜日

ご飯がない

会社には社員食堂があるのだが、今日食事をしに食堂に行ったら、なんとご飯が品切れで、5分待ちとか言われてしまった。おかずが品切れになるのなら分かるのだが、ご飯が品切れとは、どういう見積もりを出したらそうなるのだろうか。結局定食はあきらめ、そばとおにぎり(これはコンビニおにぎりと同じ)で我慢することにしたが、ちょっと驚きである。


カラス

今日出勤時にゴミ捨て場を覗いたら、カラスがなんと10数羽もいた。ごみをあさりにきていたと思うのだが、見ていて不気味に思えてきた。カラスが多いと思う。ごみは散らかっている。困ったものである。


ビビットエースが効かない

昨日はPCの調子が悪いので、直したかったのだが、また脳が活性化されるといけないと思い、本を読んで寝ることにした。「戦場のメリークリスマス」を読んで、10時半に寝た。ビビットエースが、増量になって1.5錠から2錠に変わったのだが、いつものように朝4時にトイレで目覚めてしまった。その後はあまり熟睡できずに何度も目を覚ましていた。それでも朝6時15分に起きたときにはあまり眠くなかった。薬に耐性が出来たかな。


2010年10月24日日曜日

Blu-ray「アバター」に追加特典が

今年の4月に発売されたBlu-ray版の「アバター」、僕は輸入盤を買っているので国内盤がどうかは分からないのだが、輸入盤では、プレイヤーがインターネットに接続していると、特典映像が見れるようになる。これは11月に発売されるコレクターズ版の宣伝のようで、未公開シーンの一部などが観れるようになるそうだ。ちょっと見てみた感じでは、ジェイクが酒場で喧嘩をするシーンが鑑賞できた。環境のある方は試してみてはどうだろう。


スター・トレック ヴォイジャー第8話「殺された者の記憶」

技術交換のため、戦争状態にあるベニーン星に訪れたトム・パリスは技術者である連教授の殺人の加害者として被害者の死の瞬間を繰り返し見させられる記憶を移植される。脳にダメージが広がるトムを救おうと、トゥヴォックはトムの無罪を証明するべく調査を開始するのだが。



最初トムの女たらしがいけないのかなと思っていると、途中からトゥヴォックが活躍しだして、あれっと思ってしまう話である。いわゆる犯罪物の一種であり、最後の最後まで謎が残り、観ていてどうなるのとわくわくさせられる。戦争状態のベニーン星とニューミリ星の関係がラストに関係してくるのは、面白い。


ハロウィーン

先ほど、運動の為に少々ウォーキングをしていたのであるが、いつも歩いている道を歩いていると、ふと一軒の家に目がとまった。その家は、かぼちゃのデコレーションをしているのである。そう、もうすぐハロウィーンなので、その飾り付けをしているのだった。そういえば、昨日佐野元春が「クリスマス・タイム・イン・ブルー」を歌う前に、冗談で「ハロウィーンの歌じゃないよ。年末の歌だ」と言っていたのを思い出す。ハロウィーンといえば、川崎のチネチッタで盛大なパーティーをやっていることが記憶にある。行ったことはないけれど。ハロウィーンは僕にとってはちょっと縁遠いイベントだなと思う。


昨晩の睡眠はいまいち

昨晩は0時就寝。脳が興奮としていたので、寝つきはちょっと悪かった。昨日はライブに行っていたのであるが、アカシジアは出ずに楽に過ごせた。ライブの疲れが心地よい。ずっと立っていたので、腰が痛かったが、ライブに行ってよかったと思う。朝は7時前にトイレで目覚める。主治医から「寝る前の水分を控えめに」という話だったが、水分を控えめにしたのに、7時間しか熟睡できなかった。もう一度寝たが、鼻が詰まって、8時前に起床。頭が重たい。調子は良くない感じである。外も寒い。


ウイルスバスターとNorton Internet Securityのトラブル

昨日、メールを見ていたら、TrendMicro社からBlu-ray再生不具合のパッチの提供が連絡されていた。すでに体験版のNorton Internet Securityをインストールしてしまっているのだが、いったんアンインストールをして、ウイルスバスターを入れ直そうとしたところ、PCの不具合が発生した。最初Blu-rayの調子が良かったような気がしたのだが、ふとブラウザであるFirefoxを立ち上げてみると、拡張機能が働いていない。調べてみると、Nortonの拡張機能がアンインストールされていない模様である。アンインストールツールを用いて削除しようとしたら、出来なかった。そのうちにウイルスバスターをアンインストールしたりしているうちに、PCの不具合がひどくなってきた。何もしていないのにぶぶっと言う音が鳴るのである。再起動しているうちに発生し、Blu-rayの再生不具合も直らない。やむなくシステムの復元をして元に戻したが、そこからがまた苦労で、Nortonの再インストールとブラウザの復元、2ちゃんねるブラウザの再読み込みと苦労した。寝る間も惜しんで作業したものである。で、今朝、再度Nortonをアンインストールしたところ、きれいに削除された。ウイルスバスターを再インストールして、修正パッチを適用したが、結果は駄目。ウイルスバスターの有効期限が2012年まで残っているし、どうしようか悩むところである。しばらくウイルスバスター2011を使うかと考えている。検出力悪いけれど。


2010年10月23日土曜日

佐野元春 クラブサーキットツアー「ソウルボーイへの伝言」Shibuya O-EAST セットリスト

本編

  1. 星の下 路の上
  2. 荒れ地の何処かで
  3. 君が気高い孤独なら
  4. Us
  5. 夜空の果てまで
  6. 世界は誰の為に
  7. ジュジュ
  8. 月と専制君主
  9. レインガール
  10. 僕は大人になった
  11. 約束の橋
  12. ヤングブラッズ
  13. ダウンタウンボーイ
  14. アンジェリーナ


アンコール1

  1. ヤァ!ソウルボーイ
  2. ヤング・フォーエバー


アンコール2

  1. クリスマス・タイム・イン・ブルー
  2. サムデイ




詳細は、佐野元春 & ザ・コヨーテバンド 佐野元春30周年アニバーサリー・ツアー・パート2 全国クラブ・サーキット・ツアー「ソウル・ボーイへの伝言」 Shibuya O-EAST/がちゃんの部屋に掲載


アイアンマン2、リッピング

僕は元々がちゃんの部屋というサイトで日記をつけていて、その延長線上にこのブログがあるわけだが、昨日のアクセス解析をしてみたところ、何故か「アイアンマン2 リッピング」というキーワードでアクセスが結構あった。どうも日本版のDVD,Blu-rayがリリースされて、リッピングできない人がいるらしい。そこで、試しにDVD Fab HD Decrypter 8.0.2.2でリッピングしてみた。といっても僕の場合輸入盤DVD/Blu-rayコレクターなので、輸入盤Blu-ray/DVDコンボパックでの試しになってしまうのだが、実行してみたところ、問題なくリッピングできた。トラブルを抱えている人は、DVD Fabのバージョンをアップしてみるといかがであろう。


今日は月1回の病院の通院日

僕は一応メンタル面で病気を持っていて、病院の精神科に月一回のペースで通院しているのだが、今日がその日だった。いつも病院は混んでいるので(つまりメンタル面で不調を抱えている人が多いということ)、朝早めに起き、診察開始時間である9時の1時間前、つまり8時に病院に到着するようにしている。それでも診察開始から1時間は待たないといけないので、結局待つのは2時間。それでも今日病院に着くと診察待合室には2人しか待っている人がいなくて、「空いているな」と思っていたら、今日は診察開始から40分で診察してもらえた。主治医と相談をして、メインで服用しているジプレキサは、10mgのまま。睡眠の質をよくする睡眠薬はビビットエース(サイレースのジェネリック)が1.5錠から2錠に増量となった。これで睡眠の質が改善されるといいのだけれど。ジプレキサは減らしてはいるものの、特に体調面に変化はないから、今のところ一安心である。


佐野元春正月にWOWOWで特番

先程スポーツ新聞の記事で知ったのだが、有料放送局のWOWOWで1月3日に佐野元春のデビュー30周年記念特番が放送されるということである。ロードムービー「コヨーテ、海へ」と、スペシャルライブの放送、ビートについてのドキュメンタリーを5時間に渡って放送するとのこと。僕は今WOWOWには加入していないのであるが、思わず加入しようかなと思ってしまう。短期間の加入ってできるのかな。


2010年10月22日金曜日

ソニーのカセットテープウォークマン生産完了

仕事の帰りに2ちゃんねるを見ていたら発見したのが「ソニーが今まで生産していたカセットテープ式のウォークマンを生産中止にする」という記事だった。まだカセットテープなんて残っていたんだという軽い驚きと、そういえば昔は結構お世話になったなという思いで一杯になった。オートリバース式のウォークマンなんか、磁気ヘッドの軸がずれてしまい、高域の出力がなまってしまうなんてことが良くあったっけ。何回も修理に出したり、自分で調整したりということをよくやっていたなと思い出す。とにかく一時代を築いた商品の終焉ということで感慨深いものがある。


COUNTDOWN JAPANのチケット申込みに行ってきた

つい2-3日前だったかと思うが、佐野元春公式ホームページと、公式ファンクラブで毎年年末に開催される「COUNTDOWN JAPAN」に佐野元春が出演決定、というニュースを聞き込んだ。いつもならばふーんと受け流してしまうところであるが、今回は違った。「COUNTDOWN JAPAN」に参戦してみよう、と思ったのである。それには訳があって、来年繰り広げられる佐野元春のアニヴァーサリーツアーの東京公演に仕事の関係で参加できない公算が大きくなっているというのがある。今のところファンクラブ先行チケット予約もあきらめている。そんな状況なので、佐野元春のライブが見れるときに行っておきたい、という気持ちが強い。そこで「COUNTDOWN JAPAN」の公式ホームページを覗くと、先行予約を25日まで受付しているというページが見つかった。25日といっても土日もあるのだからもう時間がないじゃないと思い、本日会社の昼休みに職場を抜け出し、近所の郵便局でチケット先行予約の手続きをしてきた。年末年始休暇のため、行けるはずである。今からわくわくしてきた。12月は横浜ブリッツでも佐野元春のライブもあるので結構ライブ漬けになりそうである。


本日アカシジア発生。睡眠の質とか

昨晩の睡眠の質はあまりいいとはいえなかった。まず寝つきが良くない。神経が高ぶっているのか、なかなか眠れなかった。本当は本でも読んで神経を落ち着かせればいいのだが、PCをいじってしまったのが敗因だろう。熟睡度もいまいち。なんか寝た気がしない。

会社にいるときは、まあ大丈夫だったが、家に帰る途中歩いていたら、背中にそわそわと違和感を感じる。ユーパンを頓服で舌下服用したら、何とかなったが、ちょっとしんどかった。でも以前に比べれば大分楽。やっぱりジプレキサ減量が効いているみたい。


2010年10月21日木曜日

今日の体調とか、睡眠とか

昨晩は、10時35分に就寝。珍しく夜中に起きることなく、6時13分というアラームが鳴る2分前に目覚めるまで熟睡できた。こんなことは珍しい。いつも睡眠障害を抱えている身としては、比較的さわやかな気分である。

会社では、まあ体調に変化なく。アカシジアもでなかったが、家に帰ってきて、ビールを飲むとき、左手でコップを握るとぶるぶる震えてしまう。ちょっと気になる。主治医に相談かな。


同期のメンタル的な病気(多分うつ病)

今日の午後、PCに向っていると、同期のI君が僕の元にやってきて、話がしたいという。何事かと思って、休憩室に行くと、どうもうつ病か何かで調子がすぐれないという。頭の中が真っ白で、何も考えられないという状態だそうで、僕は知らなかったのだが、6月にも1ヶ月休んでいたという話であった。どうしたらいいかという話だったので、「医者に行っているの?」と聞くと、「6月に行ってはいたが、調子が良くなってきたので薬の服用をやめてしまった」との話。それはよくないと思い、薬をちゃんと服用するように話をした。本人は休むかどうか悩んでいたが、まあこれは休んだほうがいいだろうなと思ったので、休職時の給料のあり方などについて、自分の体験談を元に話しをした。後は、本人がどう決断するかだが、個人的には何も考えられないという状態なら、一度すっぱりと休職してしまって、頭の中をリセットすべきだと思う。幸い、大きな会社なので、福利厚生はしっかりしている。休職時も確か給料の8割は手当てが出たと思う。僕の体験からすると、何も考えずに休んで、ゆっくり寝たほうが治りは早いと思う。もちろん落ち着いてきたら、復職リハビリをしないといけないが。これが結構しんどいんだ。僕は2度休職しているが、2度目は、本当に復職できるのか、あやふやな気分だった。今もあまり仕事はしていない。課長も分かっているみたいで、あまり仕事は振ってこない。

それにしても身近な人がメンタルな病気にかかる率が高くなってきたような気がする。それだけ会社員は追い詰められているのかなと思ったりもする。


課長と業務面談

本日、課長と業務面談があった。内容的には、今年度始めに、目標を設定し、それに対してどう取り組んだのかを説明する場だったのだが、仕事もあまりなく、だらだらと過ごしていた身としては、多分お叱りの言葉を受けるだろうなと覚悟していた。しかし、あまりお叱りの言葉はなく、業務課題を提示され、下期はそれに向かって取り組むことになった。まあその業務課題が結構難しいなと思っているのだが。一応僕がメンタル的な病気を抱えていることも配慮してくれているようで、助かる。来年職場が九州に引越しになるために、一応病院の移動のことも話しておいた。会社側から病院の紹介があると助かる。自分で探すのはインターネットが普及しているとはいえ、苦労するから。まあ緊張していた面談だったが、意外と話がスムーズに進んでよかったかなと思う。


2010年10月20日水曜日

Windowsのシステムの復元を使ってウイルスバスターのバージョンを下げる場合

Windowsのシステムの復元を使ってウイルスバスターの新バージョンから旧バージョンに戻す場合、大抵は不具合が発生する。当環境では、中途半端にインストールされた格好での状態に復元されてしまい、うまくいかなかった。システムの復元をする場合には、一度ウイルスバスターのアンインストールをしてから戻すほうが賢明である。それでも旧のバージョンは中途半端に残るだろうから、トレンドマイクロのサイトからアンインストールソフトをダウンロードして一度きれいにアンインストールをし、再インストールするのがいいだろう。


テクニクスブランド消滅か?

2ちゃんねるのニュース板によると、パナソニック株式会社のテクニクスブランドが消滅の危機を迎えているという。なんでもテクニクスブランドをかかげていたレコードプレイヤーが生産中止になってしまい、後継機種の生産の見込みも薄いとのことである。

テクニクスブランドというと高級オーディオの印象が強い。レコード自体はいまだに何枚か持っているからプレーヤーをずっと発売していたパナソニックには期待をしていたのだが、ついに生産終了かと思うと感慨深い。レーザーディスクといい、前世紀の遺物が消滅していくのだなという想いにとらわれる。しかし、ついに一回も針を落とさなかった佐野元春の「The Barn」とかTM NETWORKの「Get Wild Decade Run」とかはどうしよう?もう聞けないのかな。アナログの感触は結構好きなのに。


今日の体調とか、睡眠とか

昨晩は、「戦場のメリークリスマス」を30分ほど読んで、眠りについた。何故か深夜2時半ぐらいにトイレで目覚めてしまい、用を足した後再度寝たが、そこからが熟睡感が得られなかった。とにかく寝返りをうつたびに目が覚めるといった感じである。とにかく眠れないという焦りが大きかった。

会社では、朝一番で残っていた統計作業をやっていたら、予想外に早く出来てしまった。ジプレキサを減らしてから頭の回転が早くなった気がする。業務効率が上がるのはいいが、他にやることがないから、暇である。暇をつぶすのに苦労してしまった。

夕方になると頭痛がしてきた。根をつめてネットを見ていたせいらしい。帰りに歩いているとそわそわとアカシジアがでた。ユーパンを1錠飲んで、電車の中では我慢していた。


2010年10月19日火曜日

小室みつ子さんニコニコ動画で生放送

2ちゃんねるの「TM NETWORK/TMN」スレを見ていたら、ニコニコ動画でTMの曲の作詞で有名な小室みつ子さんが、生放送をやっているとの情報を得た。早速拝見してみると、渡辺美里の「マイ・レボリューション」をカバーしていて、キーボード一本で弾き語りをしていた。小室みつ子さんがニコニコ動画のファンで、度々生放送をしているのは知ってはいたが、観たのは初めてである。結構のほほんとした空気が漂っていて、楽しい。こういう生放送はテレビじゃ出来ないよな、と思う。ネットの威力というか。


勧誘電話撃退法

本日、夕方会社に電話番号非通知の電話がかかってきた。いやな予感がしたので、氏名を名乗らず、部署名を言うと、女性の声と同時に背後でがやがやする声がする。多分勧誘電話だろうなと思ったので、女性の「もしもし」という声に反応せず、ただ黙っていた。女性は何度か「もしもし」という声を発したが、こちらが反応しないのを見て取ったか、電話をを切った。この無言でいるという対応は、勧誘電話に対して結構効果があるような気がする。向こう側としては、時間がかかるものはやりにくいと感じているのだろう。お勧めである。


昨晩の睡眠とか、本日の調子とか

昨晩は、比較的ぐっすり眠れた。途中で一度眠りが浅くなったような気もするが、あまり定かではない。朝は起きるのが辛かった。まだまだ眠いといった感じで、気合を入れないと起きれなかった。

本日は仕事もなく、調子はまずまず。というか本当は事業計画の品番マスター登録をしなければならないのに、まだそれが営業から出てきていないから、待ちの状態。いつになったら出来るのだろう。

アカシジアはでなかった。そわそわ感もなく、普通に過ごすことができた。


2010年10月18日月曜日

アカシジアとは

抗精神薬を服用することによる副作用として現れる。大抵は、足にむずむず感が来て、座っていられなくなるのだが、僕の場合、足には来ないで、背中を鳥の羽でくすぐられたような感覚に襲われる。当然じっとしていられない。副作用止めとして、アキネトンのジェネリックであるアキリデンを1日2錠昼と寝る前に飲んでいるが、発症時は、それに加えてワイパックスのジェネリックであるユーパンを頓服で服用としてアカシジアを緩和させる。先日まで、抗精神薬のジプレキサを15mg/Day服用していて、しょっちゅうアカシジアが出ていたのだが、1ヶ月ほど前に10mgに減量してから発生頻度が減少した。このことから薬の量によって、症状が変わるといえる。


Adobe Acrobat Xリリース

最近脆弱性の話題ばかりのAdobe社ですが、Acrobat Xをリリースするとのこと。当然ReaderもXにバージョンアップ。pdfにコメントをつける機能、セキュリティモード「Protected Mode」を加えるとのこと。また重くならなければいいのだけれど。


頭痛、アカシジア

昨晩は、10時20分ごろに寝てしまった。土曜の夜が睡眠の質が悪かったため、寝不足気味で、日曜の夜にしては熟睡できた。しかし、一度だけ目覚めた気もする。

会社に行っているとき、昼頃だが頭痛がしていた。なんとなく調子が優れない感じ。コーラを飲んで気分を紛らわしていた。

夕方、ネットを集中して見続けたせいか、アカシジアが発生。軽いものだったが、ユーパンを2錠頓服。帰る途中で楽になった。


2010年10月17日日曜日

ジェインウェイ艦長の近影

先ほどネットを徘徊していたら、スタートレック ヴォイジャーのキャスリン・ジェインウェイ艦長役のケイト・マルグルーさんのサイトを見つけた。本人の近影が写っているのだが、ちょっと太りすぎのような気もする。かわいい感じだが。作品のイメージと違っているので驚いた。




「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」

今日はDVDで「スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲」を鑑賞。2004年にリリースされたものだが、DVDのコレクションがたまっていたために、今日までほっておいた。ストーリーはすでに分かっていたが、エピソード1-3を観た後にこの作品を観ると、意味深な展開にわくわくさせられる。アナキン・スカイウォーカーの企みとかも、すでにエピソード2で描かれた「最強のジェダイになる」という台詞とシンクロしているようで、興味深い。


ウイルスバスター2011 クラウド不具合のまとめ

ウイルスバスター2011 クラウドのこれまでの不具合をまとめてみる。

尚、使用PCは、HP p6120jp

CPU Intel Core 2 Quad Q8300 2.5GHz

メインメモリ 4GB(3GB使用可能)

Windows 7 Home Premium 32ビット(最新パッチ適用済み)

不具合の数々:

・付属Blu-ray再生ソフト、HP MediaSmart DVDでBlu-rayを再生すると、画像、音共に途切れ途切れになる。(DVDでは大丈夫)

・Windows 7のスリープ機能を使うと時々スリープに失敗し、モニターの電源は切れるものの、本体の電源が切れないままとなる。

・ウイルスの検出に時間がかかり、一瞬検出しないのではという懸念が残る。(リリース間もないときにブラウザソフトFirefox 3.6.10でeicarというテスト用ウイルスファイルをダウンロードしたときにはローカルフォルダに保存できてしまったぐらい)

現時点での解決方法はなし。


スター・トレック ヴォイジャー「ワームホールの崩壊」

昨晩、姪たちが帰った後時間があったので、「スター・トレック ヴォイジャー」を鑑賞。今回のエピソードは、デルタ宇宙域で見つかった直径10cmのワームホールがアルファ宇宙域に繋がっていることを知ったヴォイジャーがアルファ宇宙域と何とか連絡を取ろうとするのだが、というストーリー。当然物語は続いていくわけで、ヴォイジャーの努力は失敗に終わってしまうのだが、意外な展開で、失敗することとなったのはストーリーがうまいと思われる。サブストーリーはホログラムドクターがただのプログラムから少しだけ、クルーの一員として自覚を持つという物語。初期のエピソードはケスとドクターの絡みが多いような気がする。