2010年11月30日火曜日

2010年11月29日の睡眠と、30日の健康

昨晩は、レーザーディスクとかを見ていたから、10時半を少し回って眠りに着いた。昨晩は珍しく夜中に起きることがなく、5時半までは熟睡していた。それでも眠くて、朝食時には寝ぼけていた。



会社に着いても頭は回らず、何もしないまま、ネットを見て過ごしていた。落ち着かない気分はあったが、焦燥感とは違う種類のもので、まあ心配するほどではなかったかと思う。



午後は研修会だったが、やはり眠くなる。途中でトイレ休憩があったのは助かった。手を洗う時間を長くして、目を覚ましていた。



研修後、席に戻るとなんとなく首あたりが凝った感じがするので、これはアカシジアの兆候だろうと思い、ユーパンを2錠服用。おかげでアカシジアはでずにすんだ。


液晶テレビVIERAでレーザーディスクを見る

この前の日曜日にテレビが届いて、早速DVDを見てみたものとしては、その再生画質のよさに驚いていたのだが、さて、アナログメディアの最高峰を誇るレーザーディスクはどう再生されるのか、興味があったのでテストしてみた。レーザーディスクプレイヤーは、PIONEERのCLD-R7Gというミドル機種。これをVIERAのTH-L37G2で再生するとどうなるかの実験である。テストに使ったソフトは佐野元春のライブビデオ「See Far Miles Tour Part I」。最初の再生で、「何だ、これ」というほど画質が悪かった。ブラウン管のときにも感じていたのだが、3次元Y/C分離回路の影響がもろに出てしまっているようで、画面全体がノイズだらけという結果になってしまった。それに元々レーザーディスクは黒浮きの状態で収録されているので、それも画のしまらない結果を生み出していたと思う。そこで、黒伸張回路をオンにして黒をつぶし、3次元Y/C分離回路の機能をオフにして再生してみた。輝度信号と色相信号のノイズリダクションはオンのままである。それで再度見てみると、解像度は低いものの、まあまあみられる画質になった。これは元々プレイヤーで持っている10年前の回路を使うよりも、最新型のテレビの回路を使ったほうがきれいに再生されるということなのだろう。レーザーディスクも時々見るから(以前ほどではないが)、これの調整は必要だなと改めて思った次第。しばらく設定と格闘しそうである。


2010年11月29日月曜日

2010年11月28日の睡眠と、29日の健康

昨晩は、テレビをいじっていたかったが、ちょっと疲れたので、10時には切り上げ、本を読んで10時35分に就寝することにした。寝つきはよかったが、途中何度か目を覚ました。最初の目覚めは午前2時ぐらいだったと思う。ただ日曜の睡眠と違い、またすぐに寝られたので、比較的良好なほうともいえた。でもアメリカで麻薬扱いされるサイレースのぞろ目であるビビットエースを飲んでいて眠りが浅くなるとはどういうことだろう。いつも睡眠に不満を感じる。最近では休みの日もぐっすり眠れないから、余計不満がたまっている。



午前中は、ボーっとして過ごしていた。まあやることがないからだが、なんとなくあせりのような感情はあった。もうすぐ色々やることがでてくるさ、と思いながら午前中を過ごしていた。



午後は研修会に参加。専門外な研修を受けてしまったので、頭の中がパニックしていた。よく分からないので身につかない。失敗だったかと思った。途中で眠くなるし。



夕方になるとちょっと落ち着かない感じがしたので、合計でユーパンを3錠飲んで、アカシジア対応とした。今日は比較的効いて(というかアカシジアの症状が軽かった)、帰りの電車は楽に帰れた。


薄型テレビの売れ行き

先程FM横浜のニュースを聞いていたら、薄型テレビの売れ行きが前年同月比5倍という話を聞いた。エコポイントの期限切れが影響しているとのこと。僕もそれにのせられた口だが、5倍という数字はすごい。この反動で来年のテレビの売り上げは大幅に減ってしまうのではないかと心配してしまう。まあ来年の7月までは地上波デジタルの対応でそれなりに売れ行きはいいと思うが。とにかく驚いた。


2010年11月28日日曜日

2010年11月27日の睡眠と、28日の健康

昨晩は、いつもどおりに10時半にベッドに入った。ニュースを見ていたが、睡眠が足りていないと思ったからいつものように寝た。寝つきはいいのだが、朝4時過ぎにトイレで目覚めてしまった後、なかなか寝付けなかった。鼻が詰まって息苦しいというのもあるが、睡眠不足と、精神病の再発を懸念した。精神病を発病したとき、睡眠がやけに足らなくて早起きしたことを思い出したのである。でも特に幻聴とか聞こえてこないし、普段通りみたいで一応一安心。8時にヨドバシカメラから電話があり、昼ごろ商品を届けるという連絡があったので、その頃に起きた。



午前中はなんとなく落ち着かなくて、少し部屋の中に転がっているDVDの整理をしていた。箱の整理をして、まとめられるDVDはまとめて箱の整理をしていた。結構ごみが出て捨てるのが大変である。



昼食の用意が出来たところでヨドバシカメラからテレビが届いてしまい、ラーメンを食べるまもなく配達員とのやり取りに追われてしまった。後で食べたラーメンは少しのびていてあまりおいしくなかった。



食後配線をして一通り観られるようになったので午後は散歩に軽く出かけた。精神的な落ち着きを求めてのことである。風が強かったが、10月下旬という気候は暖かくて、運動したなという気分になっていた。



散歩から帰ってきてからはDVDの鑑賞をしてテレビの実力を試していた。意外とSD画質もいけるという感じである。観ていないDVDがまだ山ほどあるから、DVDの画質が悪いとがっかりしてしまうところだが、それほど悪くないので(あらを探せばいろいろあるが)、楽しんで映画を観ることができた。来週の週末にでもシステムの調整をしてみようかと思う。映画は結構集中して観ることが出来て、精神的にはよかったと思う。


ランボー/怒りの脱出

今日は液晶テレビの慣らしを兼ねて「ランボー/怒りの脱出」をDVDで観賞。詳細は、RAMBO/FIRST BLOOD PART II/ランボー/怒りの脱出/輸入盤DVDで観た映画のレビューに書いたが、やっぱり80年代のアクション映画だなと改めて思った。スタローンが若い。まあ面白かった。


テレビがきた

昨日ヨドバシカメラに買いに行った液晶テレビが今日の昼、届いた。僕の部屋ではケーブルテレビやら、AVアンプやらの接続があるので、配達の人に接続は任せずに自分でやってみた。といっても今までブラウン管テレビに接続していたケーブルを抜いて、それを新しい液晶テレビに接続するだけ。一応Blu-rayレコーダーがあるので、HDMIケーブルも用意して配線したが、あっさりと設定は終わり、鮮明な画質が楽しめた。一番気になっていたのが、DVDの画質の問題である。ネットでの評判を聞くと、DVDの画質は見れた物じゃないという話だったので多少不安になったのだが、観た感じ以外と健闘しているなという印象だった。ブラウン管テレビと比較すると粗が見える気がするが、それはそのうち慣れるだろうと思う。それよりもハイビジョン映像の美しさといったらなかった。Blu-rayの再生を試みてみたが、1920*1080の画質フルに使う映像の美しさといったら、これまでのブラウン管テレビの色の変さ加減(何故かハイビジョン信号を入れると赤に色調が傾くという傾向があった)が直っているので、感心してしまった。これでしばらくは映画が大画面で楽しめそうである。


2010年11月27日土曜日

2010年11月26日の睡眠と、27日の健康

昨晩もPCをいじっていたので、少し寝るのが遅かった。それでもすぐに眠りにつき、朝5時ぐらいまでは熟睡だった。この時間になるとトイレに行きたくなる。トイレに行ってまた寝ようと思ったが、鼻が詰まっていてなかなか寝付けなかった。それでも気が付くと朝の7時とか、8時とかというレベルだったので、少しは寝たのだろう。一応9時に起きて、朝食を食べた。



昼は買い物に行っていたが、なんとなく落ち着かない感じがしていた。多少焦燥感がある感じ。待つ時間が長かったから、そう感じたのかもしれないが、ちょっとそわそわ感と共にいやな感じだった。



家に帰ってきて、「スター・トレック」を観賞。日本語吹き替えで観たから楽である。


液晶テレビを買った

最初、来年転勤になるからそのときに買おうかと思っていた液晶テレビだったが、このところのエコポイント駆け込み需要と、値段の安さにつられ、本日液晶テレビを買いに横浜のヨドバシカメラまで出かけていった。事前にネットショップでの確認をしていたが、自分がほしいと思っていた37型のパナソニックのVieraでは98000円で、店頭在庫がないという話だったのでどうかなと思っていたが、実際行ってみると、92000円で在庫ありだった。しかし驚いたのは人の多さ。午前11時に店に着いたのだが、従業員待ちで電子整理券を配っているという始末。順番が来るまで、ざっと色々なテレビを見ていた。店舗が広いから、37型ぐらいではあまり大きく感じないが、実際家に入れると結構大きいんだろうなと思う。約30分待ってから、従業員と、商談。ラックもほしかったので、それとViera、HDMIケーブル2本を注文した。何かオプションでプロバイダとかに入るともっと値引きするらしいが、今のケーブルテレビで十分なので(それに引越しするから)、オプションはすべて断った。結局、品物を決めてから清算に入るまでの時間が長くて、店に着いてから買い物を終わるまでに1時間半かかってしまったが、これでエコポイントも満額もらえるし、ヨドバシのポイントも結構高めで、結果得したような気がする。明日(28日)納品とのことで、今から楽しみである。でもDVDの画質はあまりよくないと聞くので、その点は実際映像を観てみるつもり。テレビの画質調整ソフトで画質は追い込む予定である。


スター・トレック 宇宙大作戦「危険な過去への旅」

とある惑星を調査中に時間の波に襲われたエンタープライズの艦内で、事故でドクター・マッコイがコルドラジンという劇薬を自ら打ち込んでしまう。精神錯乱状態になったマッコイは、惑星上にある時間の管理者の門を通って1930年代の過去に行ってしまい、歴史が改変されてしまう。それを阻止すべく過去に戻ったカークとスポックは、エディス・キーラーという女性と知り合いになる。調査の結果、キーラーは、戦争反対の立場をとっており、それがナチスドイツの台頭を許し、歴史が変わってしまうことを知ってしまった。彼女と恋仲になったカークは、彼女が死ぬのを見届けなくてはならなくなるが...。



宇宙大作戦の中では、傑作と評されているエピソードの1本。カークが歴史を正しくするために取った非情な決断が胸を打つ作品である。脚本が、SF作家のハーラン・エリスンということで、ひねった作品構造になっている。エディス・キーラーという一人の女性の行動が、歴史にかかわってくるという話がなかなか面白い。過去に戻ったカークとスポックが、言い訳を考えているシーンなど、結構楽しめる面もある。でも基本的にはカークの連邦仕官としての判断を自分の私情よりも優先させたという、それも苦渋の決断だったという話に余韻が残る話である。


2010年11月26日金曜日

2010年11月25日の睡眠と、26日の健康

昨晩、PCで自作DVDの編集をしていたために、寝るのが少し遅くなった。PCをいじっていたから興奮して寝られないかと思ったが、結局すぐに眠りについた。結構熟睡していたが、明け方トイレに行きたくなった。我慢して寝ていたが、その間の睡眠はちょっと浅いかなといったところである。



おきてみると、また風邪がぶり返していた。喉が痛い。電車の中で寝ていこうかと思ったが、寝られなかった。午前中、喉ぬーるスプレーをしゅっしゅっやっていたが、喉の痛みのせいで集中力散漫だった。午後は売店でヴィックス・トローチを買ってなめていたので、少しは楽だった。



夕方になると、やはりアカシジアがでる。ユーパンを2錠飲んで、というかなめて舌下で溶かし、後は我慢していた。


2010年11月25日木曜日

佐野元春セルフカバーアルバム「月と専制君主」2011年1月26日発売決定!

佐野元春待望のセルフカバーアルバムの内容がついに発表された。Neowingというサイトでの話しだが、ようやく全貌が明らかになった。曲目的には、結構通好みの選曲ではないかと思う。まさか「Stones And Eggs」の中の「C'mon」が入るとは思わなかった。曲目は、C'mon/ジュジュ/日曜の朝の憂鬱/クエスチョンズ/彼女が自由に踊るとき/夏草の誘い/ヤングブラッズ/月と専制君主/君がいなければ/レインガールの全10曲で、さらにダウンロード配信で追加曲目もあるとのことである。これらのうち3曲は今ツアーの中でも演奏されていて、新しいアレンジで興味が持てるが、他の曲も楽しみである。CDとDVDの初回限定版と、CDとアナログレコードの3000枚限定版があるそうだが、今アナログレコードプレーヤー持っていないから、DVD付にするかなと思う。本当はアナログ限定版にDVDがついていると尚のこといいのだけれど、今のところそういう話ではない模様。両方注文するのももったいないし、アナログ盤はあきらめようと思う。まあ公式サイトで発表されてから注文でもいいかと思ったりして。


2010年11月24日の睡眠と、25日の健康

昨晩は、10時過ぎに布団に入ってニュースを見ながら横になっていたら、そのままうとうとと寝てしまい、はっと起きたら11時ちょっと前。電気を消してちゃんと寝ることにした。寝つきはよかったが、明け方4時過ぎにトイレに行きたくなった。でも眠気の方が強くて、そのまま寝ていた。眠りが足りなくて、行きの電車でもうとうとと寝ていた。



ようやく少し風邪の調子が良くなってきたので、会社にいるのも少しは楽だった。それでも鼻水は出るし、考え事をしたくない心境だった。午後になると、眠気に襲われ、食堂で少し昼寝をしていた。後半はやることがなくてきつかった。ネットも見たくないし、結構疲れた感じがする。



今日はアカシジアも出なかったので、楽に家に帰れた。毎日こうだといいのにと思う。


JR東海、リニアモーターカーの有料試乗会を実施の予定

sankeibizでのニュースだが、JR東海は、現在山梨県でテストをしているリニアモーターカーの有料試乗会を検討しているとのこと、ただし実施時期はテスト区間が延長される2013年以降とのことで、大分先である。乗ってみたいなと思うものの、その頃には今の住居にはいないから無理だな、と思う。山梨は意外と遠いから日帰りは結構きついと思う。そういえば、今から25年前の1985年につくばの科学万博で、JALが開発していたHSSTという方式のリニアモーターカー乗ったっけ。何か懐かしいな。こちらは、すでに実用化されていて、愛知万博の会場への足として活用されたとか。JR東海のリニアモーターカーは2025年だったか、実用化されるのは。まあ乗ることはないんだろうなと残念に思う。


2010年11月24日水曜日

2010年11月23日の睡眠と、24日の健康

昨晩は、PCでDVDの作成を行っていたのだが、うまく行かないので途中であきらめて、布団に入り、Perfumeのライブ映像を見ながら10時半に眠りについた。最初は熟睡だったが、朝5時少し前にトイレで目覚めた。その後また寝たが、起床時間は辛かった。眠くてしょうがないという感じ。



風邪がまだ抜けきっておらず、病気の体調と合わせて、何かすっきりしないなという感じ。午前中、統計資料の作り方で悩んでいたが、調子が悪くて、集中できなかった。



午後3時になると眠くなったので、食堂に行って少し寝た。夕方になるとアカシジアが発生したので、ユーパンを2錠服用した。家に帰る頃には落ち着いてきた。


北朝鮮、韓国を攻撃、その後

昨日一報を書いた北朝鮮、韓国を攻撃という内容だが、次第に内容が分かってきた。どうも韓国が軍事業界線付近で演習訓練をしていたらしい。それを発見した北朝鮮が威嚇のつもりで攻撃を開始したという具合。でも韓国の民間人にも死者が出たらしい。これはどう考えても北朝鮮のやりすぎな行為だと思う。何を考えているのかよく分からないところが怖い。日本に対してこういう行為をとってきたらどうしたらいいのだろうと思ってしまう。一応軍事組織としては自衛隊があるけれど、がっちがちのシビリアンコントロールされているし、そう簡単に動かせないのではないかと思うが。それ以前に日本は戦争を放棄するというすばらしい憲法があるが、これとの扱いをどうするかという話もある。とにかくここしばらくの北朝鮮の動向は要チェックである。


紅白歌合戦、出場者決定!

本日の午後3時半から発表された紅白歌合戦の出場者の一覧を先ほど見た。僕の関心はもっぱら佐野元春出場か、という1点に尽きたのだったが、とりあえず出場枠には入っていない模様。昨年の矢沢永吉みたいにサプライズででる可能性もあるが、今のところ謎のまま。何かがっくりしたような、ほっとしたような変な気分。でも元春が紅白に出るとしたら、今年をおいて他にはないと思う。なんていったってデビュー30周年の節目の年。記念になることをやってもいいだろうと思うのが人情である。まあ、年末まで期待しないで楽しみにしていよう。でる、でないは置いといて。


2010年11月23日火曜日

スター・トレック 宇宙大作戦「怪獣ゴーンとの対決」

連邦の前哨基地を訪問したエンタープライズ号は、基地が何者かによって破壊されていることを知る。破壊者であるゴーンを追跡中のエンタープライズ号は、メトロン人の宇宙領域に入ってしまい、ゴーンと共に、カークが素手での戦いの場に駆り出されてしまう。カークは、メトロン人の言っていた武器を探して、ゴーンとの対決に臨むのだが。



スター・トレックではおなじみの異星人とのコミュニケーションをテーマにした物語で、連邦側が実はゴーンの領域を侵していたことが事件の発端だったという展開にはなるほどと思わせるものがある。時代を考えると、ゴーンの着ぐるみぶりにはちょっと拍子抜けするが、まあ仕方ないだろう。カークがゴーンに止めを刺さなかったというのが、人類の進歩を物語っていて、希望が持てる話ではある。


2010年11月22日の睡眠と、23日の健康

昨晩は、ドキュメンタリーを観ていたので寝たのは10時50分ぐらいになっていた。寝つきはよく、すぐに寝られたが、午前4時過ぎにトイレに行きたくなって起きてしまった。またすぐに寝たが、鼻づまりで朝8時半ごろ目覚めた。風邪がまだ抜けきっていないようである。鼻水がちょっと止まらなかった。ただ今日は風邪薬を飲むほどでもないと判断し、服用はしなかった。



午前中、ネットを見ていたが面白くないので、「スター・トレック ヴォイジャー」の特典映像を観て過ごしていた。ヴォイジャーの模型が150cmもあると聞いてびっくりである。午後も続けて観ていて、とりあえず、第1シーズン特典の「宇宙大作戦」の2エピソードを残して全部観終わった。



午後は散歩をして血流をよくした。それでも風邪が抜けきらないから、なんとなく不調である。すっきりしないなと思いながら歩いていた。


北朝鮮と韓国休戦解除か

[ソウル 23日 ロイター]韓国軍は23日、北朝鮮が韓国領内の島に数十発の砲弾を発射し、韓国軍が応戦したと明らかにした。



��TNは目撃者の話として、60─70件の家が炎上していると報じた





さっきこのニュースを聞いて大丈夫か、と心配になった。確かに北朝鮮と韓国はまだ休戦状態にあるだけで、戦争は1953年以来続いているという認識だったが、なぜここに来て北朝鮮は韓国に発砲をするという暴挙を犯すのか、理解できない。何かたくらみがあるのか。続報が望まれる。


ノンフィクションW ドラゴン旋風! ~ブルース・リーの伝説と遺産

今年は、伝説のアクションスターにして、格闘家でもあるブルース・リーの生誕70周年だそうである。それを記念して制作されたのがWOWOWで放送された、「ドラゴン旋風!~ブルース・リーの伝説と遺産」である。内容は日本のドキュメンタリーということもあってか、インタビューはすべて日本人というちょっと残念な結果になっているのだが、どのインタビューを見てもブルース・リーへの愛があふれたものになっている。僕は世代的に言うとブルース・リー世代というよりジャッキー・チェン世代なのだが、持っているDVDの数で言うとブルース・リーのほうが多い。それだけインパクトのある人物ということなのだが、インタビューでも、「映画を観た人は皆ブルース・リーになりたがった」というコメントがあり、うなずけるものがある。無敵の強さを誇り、優しさを兼ね備えた人物、ブルース・リーがいなければ、後のアクション映画や、総合格闘技などは生まれなかっただろうという話には納得である。和製ドラゴンと呼ばれた倉田保昭の話には、結構興味のある話となっていた。彼はブルース・リーと友人関係にあったということで、貴重な話を聞くことができた。また、ブルース・リーへの愛が格闘ゲームなどに波及したという話も、「そうだそうだ」と同感を覚えた。とにかく、ブルース・リーの映画は一度は観ておくべきクラシック映画だと思う。「燃えよドラゴン」だけでもいいと思う。興味が持てればその他の作品も観てみるといい。彼のすごさがわかると思う。


2010年11月22日月曜日

2010年11月21日の睡眠と、22日の健康

昨晩は食後、ベッドに横になっていたら、30分ほど寝てしまった。それが災いしたのか、10時20分に部屋の電気を消して眠りにつこうとしたら、寝られない。結局1時間ばかりただベッドに横になって「眠れないなー」と思いながら起きていた。そのうちに熟睡に入り、朝は6時3分に目が覚めた。体調は良くない。相変わらずのどに違和感があるし、鼻水は止まらない。しかし、今日一日会社に行けばまた休みだと思って、気楽に行こうと思って会社に行った。



午後になると、やることがなくなったのもあって、風邪薬の副作用である眠気に襲われた。食堂に足を延ばし、しばらく寝ていた。それでも調子は良くはならなかった。それと、午後はなんとなくアカシジアが発生していた。色々薬を飲むから訳が分からなくなる。風邪薬でアカシジアはないと思うが、結局3錠ユーパンを飲んだ。


小沢一郎、日本の首相にふさわしい?

産経新聞の世論調査によると、菅内閣の支持率がかなり下がっているようだ。危険水域の10%台に近づいているとのこと。それを受けて、誰が首相にふさわしいかという設問があったようだが、その答えで一番トップだったのが、タイトルの小沢一郎である。最初見たときは何かの間違いかと思った。どうも小沢一郎というと影で操る腹黒い存在というイメージを持っていて、首相の器じゃないなと思っていたからである。でも、今読んでいる「ガンダムと日本人」によれば、小沢一郎はさしずめシャア・アズナブルなんだそうである。そういえばどちらも腹黒いか。優柔不断さも垣間見えるし、やることなすこと過激で似ているといえば似ているかも。でもシャアは作品の中では、リーダー足りえなかった存在なんだけれどな。ファーストガンダムでは、ガンダムを苦しめる存在だったが、Zガンダムになると優柔不断な存在になるし、逆襲のシャアでは、ネオジオン総帥となりながらアムロとの決着にこだわりすぎていたし。何かいい目を見ないキャラクターという気がする。それを考えると小沢一郎もリーダー足り得ないかも。


2010年11月21日日曜日

2010年11月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩は、PCのメンテナンスをするために電源を入れっぱなしにして、早めに寝ることにした。Norton Internet Securityが自動ででフラグしてくれるから、終わった後、自動で電源も切れるという機能を利用したのである。風邪を引いていたので、たっぷりと寝た。それでもトイレで4時過ぎに一度起き、また寝てしまい何度か目が覚めかけて、また寝るといった具合で、9時まで寝ていた。



午前中は調子が悪く、風邪が治っていない感じだった。鼻がむずむずして、鼻水が出る。風邪薬は飲んでいたが、あまり効いていない様子。それでも午後は散歩に出かけて、少し汗をかいた。運動すれば風邪も少しはよくなるかと思ったが、あまり変わりはない。



体調のせいで映画を観る気力はなかったから「スター・トレック ヴォイジャー」を3日続けて観た。これで第1シーズンは終わった。後は特典映像を観るだけになった。


スター・トレック ヴォイジャー 第16話「バイオ神経回路」

ヴォイジャーのシステムをつかさどるバイオ神経回路に異常が目立ち始める。調査を開始するクルー達だったが、原因がつかめない。その中、トゥヴォックは反抗的な態度を示す元マキのクルー達の教育に頭を悩ませていた。優れた指導官でもあるトゥヴォックのやり方が通用しないのである。しかし、ニーリックスのアドバイスを聞いて、方法を変えることで指導してみようとした。その中、バクテリアに汚染されたバイオ神経回路の消毒を思いつくドクターだったが、そのためにトゥヴォックたちが倉庫に閉じ込められる。危機に迫ったトゥヴォックのとった行動とは。



第1シーズン最終話となった今作は、タイトルの「バイオ神経回路」の話は実はお膳立てのようなもので、実際はトゥヴォックの教官としての資質を問われる話であった。反抗的なマキのやり方を認めないトゥヴォックは、指導に苦労するという展開で、ヴァルカン人らしいやり方を変えてみるというトゥヴォックにとっても一種の自身の教育も含まれているのではないだろうか。それを示唆するのが、ニーリックスというのがまたスター・トレックらしいというべきか。とりあえず以前イメージで持っていた(そして日本語吹き替えで観た時)、第1シーズンが、意外なほど面白い展開が多かったのはちょっと予想外だった。後は映像特典が楽しみである。


40歳から伸びる人、40歳で止まる人

「40歳から伸びる人、40歳で止まる人」川北義則、PHP文庫



こんな本を読んでいるということは歳がばれてしまいそうだが、ちょっと自分の立ち居地を確認するのには読みやすい本である。50歳になってから自分の時間を持とうとするのではなく、40歳代から自分の時間を持つという意識が大事だという説にはうなずけるものがある。仕事一辺倒ではない生き方が重要であるとも書かれていて、仕事を適当にやっている僕としては、まあいいほうに作用しているのかなと思ったりする。独身だから一人の時間はたっぷりあるし、そういった面では救われていると思う。ただ、本では家庭を持った人のことも書いてあって、その面では当てはまらないのが残念といえば残念。同様の本が年代別にあるようなので、一度買って読んでみるのもいいかもしれない。


風邪引いた

昨日から調子が悪い。風邪を引いたらしく、のどに違和感があるのと、鼻がむずむずする。昨日風邪薬を飲んで早めに寝たが、今朝起きてみると、鼻水が止まらない。たっぷり睡眠をとったはずなのに、回復していない。今朝も風邪薬を飲んだが、今のところティッシュが欠かせなくなっている。まあここの所気候が不順で寒暖差が激しいから体調が追いついていっていないのかもしれないが、ちょっと辛い。何もしたくない感じである。


2010年11月20日土曜日

2010年11月19日の睡眠と、20日の健康

昨晩は、早めにPCをいじるのを止めて、10時半に眠りについた。寝つきはよく、途中で起きることもなかったような気がする。朝は携帯のアラームで起きた。今日は通院日だから早めに起きたのである。でもなんとなくのどの調子がよくない。それでも薬をもらわないといけないから、病院に行った。



診察までの時間は今日は結構短かった。9時から診察開始で、40分ぐらいだったか。主治医と話し、とりあえず来年の福岡転勤の話を確認する。主治医的には両親とよく相談して、予防と再発をどう防止するかに焦点を当てるべきだという意見だった。まあ両親と一緒に行くというのは現実的ではないから、電話連絡ぐらいが妥当か。生活環境が変わるから、それが一番の心配である。前にも一人暮らしはしたことあったが、病気になる前だから、多少の不安はある。



風邪は午後になるほどひどくなってきた。のどは違和感あるし、鼻はむずむずする。散歩に行ってきた後、風邪薬を飲んでいた。少しは楽になった感じであるが、夕食後もう一度飲んでおこうと思う。


スター・トレック ヴォイジャー 第15話「殺人兵器メトリオン」

宇宙を航行中のヴォイジャーにハーコニア人のジェトレル博士が接触してくる。博士はかつてタラクシア人と戦争状態にあって究極の爆弾メトリオンを開発したことで、その良心の呵責にさいなまれていた。ニーリックスは、その博士を責めるが、ニーリックス自身が戦争に参加しなかったことで、過去の後悔にさいなまれていることを知る。博士は、ニーリックスがメトリオン爆弾の放射能を浴びて死が近いことを告げ、検査に入るのだが、真の目的は別のところにあった。



第1シーズンでは驚くほど出番の少ないニーリックスだが、出番があるときは結構キャラクター設定であるムードメーカーとしての存在ではなくて、考えさせられる話であることが多い。今作では、なんとなく核兵器を開発した科学者の苦悩を描いているような気がする。実際の原子爆弾を作った科学者がどのような心境だったかをよくは知らないのだが、このストーリーのように苦悩しているのではないかと思う。我々日本人としては、広島・長崎の原子爆弾を彷彿とさせるメトリオン爆弾の設定にうなずけるところがあると思う。


光の道構想

ソフトバンクの孫社長がぶちあげている光の道構想だが、最近旗色が悪いらしい。内容的には、2015年までにNTTの光ファイバーを公社化して、一般家庭に広く行き渡らせるというものだが、これの検討をしている政府の組織の調査だと、ほぼ無理とのこと。孫社長、いつも大きなことをぶちあげるが、それの実現は困難なことが多い。最近では携帯のエリア改善をぶちあげたが、実際は四苦八苦している模様。ADSLの時もかなり強引なキャンペーンをしていてあまりいい印象を持っていない。何でも今回の光の道構想、政府が動かなければ自社でやって見せると言っているそうだが、借金を抱えすぎで出来るのか疑問である。この話、色々紆余曲折ありそうである。


2010年11月19日金曜日

新しい喫茶店見つけた

今日、散歩していたら、路地に入ったところに新しい喫茶店が出来ているのを発見した。コーヒーの豆も売っているようで、ちょっと興味を持った。プリンが250円という値段は安いのではないだろうか。コーヒーの値段は書いていなかったが、多分500円ぐらいだろう。今度行ってみようかなと思ったしだいである。
喫茶店


2010年11月18日の睡眠と、19日の健康

昨晩は、今日有給で休むつもりだったため、PCをいじっていて、寝るのが遅くなった。11時に寝て、すぐに熟睡に入った。疲れていたから、6時43分までぐっすりである。そこでトイレに起きたが、その後鼻水が止まらなくなって寝ていられなくなった。8時にとりあえず起きて、朝食を食べたが、なんとなく調子が悪い。午前中はまた居眠りをしていた。



昼食後は脳の血流をよくするため、散歩に出かけた。いつも歩いている道を歩いたが、新しいお店が出来ていたりして、ちょっと意外だった。歩くと調子もよくなってきていて、家に帰ると「スター・トレック ヴォイジャー」を観る気力が出てきた。夕方になると調子が良くなるようである。


スター・トレック ヴォイジャー 第14話「二人のトレス」

惑星を探索中のトレスやパリスたちは、フェイジという病気に冒されたヴィディア人に捕まってしまい、トレスは遺伝子操作により、クリンゴン人と地球人の二人に分裂されてしまう。クリンゴン人となったトレスは、何とか脱出を図ろうとし、また地球人のトレスもヴィディア人のコンピューターにアクセスをしてフォースフィールドを解除しようとするのだが、二人の意志の強さが衝突を起こしてしまう。



初期の異星人としてヴォイジャーに立ちはだかることになるヴィディア人のエピソードとして、クリンゴンと地球人のハーフであるトレスの内面を描いた作品になっている。元々クリンゴン人と地球人のハーフであるがゆえに悩むことになるトレスの貴重なエピソードとして成り立っているが、演じているロクサン・ドーソンの素顔が見られるのも貴重な一本ではないだろうか。クリンゴン話は、「スター・トレック ディープ・スペース・ナイン」でも色々描かれているが、こちらのほうでも度々描かれることになる。


PowerDVD体験版をインストールしてみる

ウイルスバスター2011の影響か、HP MediaSmart DVDの再生に不安定さがでてきて駄目なので、試しにPowerDVDの体験版をインストールしてみた。製品版を買うと、Amazonで8600円ぐらいするらしい。で、今まで再生のできなくなっていた「アバター」を再生してみると、無事きれいに再生できる。やっぱり高いだけのことはある。「ヒックとドラゴン」のDolby TrueHDの音声もきちんと中央に定位していて、見ていて爽快である。ボーナス入ったら、製品版買ってしまおうかなと今考慮中。色々機能があって面白い。ただ「アバター」のBD-LIVEの機能を使おうとしたら、画面がブラックアウトしたままで困ってしまう。これはバグかな。まあ体験版はサポート対象外なので、しょうがないといえるが。しかし、ウイルスバスター、ほとほと人に色々な出金を使わせるなと実感。困ったソフトである。


2010年11月18日木曜日

2010年11月17日の睡眠と、18日の健康

昨晩は、PCをいじっていて、寒くなるのにもかかわらず、熱中していたら、寝るのが少しだけ遅くなった。脳が興奮しているので寝つきが悪く、なかなか眠れなかった。睡眠は途中何度か目が覚めたが、時計を目にするまもなくすぐに眠りに落ちた。朝はいつものように辛い。なんとなく頭も痛いし、すっきりしない。



会社では、ぼっーとしていて、頭痛もする中、少し統計の資料見比べをしていた。そんなこんなで午前中が過ぎ、午後は珍しく展示会を見に外出した。社内に閉じこもっているのと違って、開放感にあふれてしまった。途中で携帯の電池が切れそうになったが、この前買った補助バッテリーで充電したので、何とかなった。



展示会はすぐに疲れてしまい、休憩でケーキと、ジンジャーエールを飲んだ。今日はアカシジアが出なかった。楽ですんだ。


ナイアガラ・トライアングル、紅白出場か?

大みそかの第61回NHK紅白歌合戦。K-POP勢の進出が予想される中、日本人のサプライズ出演はないのか。実は昨年の矢沢永吉(61)に続く、大物の出演情報が飛び込んできた。



 ニューミュージックの旗手である大瀧詠一(62)、佐野元春(54)、杉真理(56)によるユニット「ナイアガラ・トライアングル」の初出場が濃厚だという。



 番組関係者が明かす。



 「デビュー30周年を迎えた元春の初出場が内定しており、その延長上で“ナイアガラ・トライアングル”の再結成を水面下で準備している。最終的には大瀧の意思次第だが、“ナイアガラ再結成”となれば、紅白を支える団塊の世代に強烈なアピールになる」



 1980年、シングル「アンジェリーナ」でデビューした元春は、初めて担当したラジオ番組がNHK-FM「サウンド・ストリート」だったこともあり、 NHKとは関係が深い。同FMでパーソナリティーを務めるほか、NHK教育テレビでは豪華ゲストによる対談番組「佐野元春のザ・ソングライターズ」に出演するなど貢献度は大きい。



 30周年の節目での紅白初出場となれば、それなりの演出も必要で、“ナイアガラ再結成”が浮上した。



 「ナイアガラ・トライアングル」は76年に大瀧が、山下達郎(57)、伊藤銀次(59)と結成。アルバム「-Vol・1」をリリースして日本のポップス界に旋風を巻き起こした。



 続いて、82年には、大瀧が元春のシングル「SOMEDAY」を聴いて感激し、佐野と杉に声をかけて新たなユニットとして「ナイアガラ・トライアングル Vol・2」を出し、こちらも大評判だった。



 「元春は、都市に暮らす若者のオピニオンリーダー的な存在となり、尾崎豊にも影響を与えた。いまも熱狂的なファンが多く、矢沢を超える反響も期待できる」(音楽関係者)。



 元春が「SOMEDAY」を歌い、ナイアガラ・トライアングルとして「A面で恋をして」を歌う青写真が描かれている。現在、全国21カ所でアニバーサリーツアーを敢行中の元春。果たしてNHKホールで掉尾を飾れるか。



 出演者の発表は23日ごろになりそうだ。
夕刊フジより



ちょっとこのニュース、すごい。元春ファンの僕としては、紅白見逃せないなという気になる。でも紅白みたいな全国区の番組に元春が出てもいいのか、という感じもする。なんか似合わないというか。まあそういって昔は武道館ライブをやらなかった元春がやったりしているのだから、それもありかな、と。ともかく23日は見逃せない。


宇宙戦艦ヤマトの超合金登場

sankeibizの記事によると、大ヒットしたアニメ、宇宙戦艦ヤマトの超合金が発売されるそうだ。23000円と高額で30歳以上の大人の男性がターゲットだとか。確かに子供の頃はヤマトにはまっていた記憶があるがさすがに今は観る気にもならないな。なんか物語のテーマである「愛」が歳を重ねるごとに恥ずかしい感じがしてくるのである。もちろんもうすぐ公開される実写版ヤマトのプロモーションの一環として発売されるのだろうが、この映画自体がコケそうな予感がしていて、売れるのだろうかと思ってしまう。僕の好きな「スター・トレック」のプラモデルが何年か前に売っていたが、そのときでさえ手を出さなかったぐらいである。当然今回の超合金は買うわけないがそれでも関心を引くぐらいのことはある。まあ映画は木村拓哉主演ということで評判はどうなのだろう?SMAPのコンサートでチケット25万枚を売ろうとして2万5千枚しか売れなかったという話もあるくらいだし、ダメかも。話が脱線しているが、とりあえずブログに書くぐらいの興味は引いたなと思う。


2010年11月17日水曜日

2010年11月16日の睡眠と、17日の健康

昨晩もPCをいじっていたが、睡眠の質はわりかしよかった。脳が興奮をせずにスムーズに熟睡。途中で起きた記憶もなく、朝はすごく眠かった。



会社では、比較的安定していたが、目が痛くてしょうがなかった。目薬を差して痛みを緩和していたが、あまり効果はなかった。あくびも何回かしていたような気がする。



今日はアカシジアも出ずに楽に過ごせた。途中でネットを見たりして暇をつぶしていた。


Norton Internet Security 2011に切り替え

ウイルスバスター2011の不具合についてはこれまでに2回ほど書いてきたが、不具合の直らなさ加減にいい加減嫌気がさしてきて、ここ1ヶ月ほど断続的にNorton Internet Security 2011を使用してみた。昔のイメージだとNortonは重いという印象だったが、体験版を使用してみると結構軽い印象である。何よりも不具合を発生させないのがいい。そこでウイルスバスターの有効期限がまだ長期間残っているにも関わらず、製品版を買ってしまった。体験版の有効期限ギリギリまで使って、昨晩プロダクトキーを入力。これから1年はNortonを使うこととなった。さようなら、ウイルスバスター。お金もったいないけれど、まあいいや。まだ親父のPCにはウイルスバスター2010が入れてあるから、全く無駄にはなっていないが。来年の出来いかんでは元に戻すかも。でも期待は出来ないな。


2010年11月16日火曜日

「はやぶさ」、小惑星イトカワの成分を回収!!!

本日付のニュースとして、7年もかけて地球と小惑星イトカワを行って帰ってきたはやぶさのカプセルの中からイトカワの岩石成分が発見されたと報じられた。それも微粒子1500個以上。これは快挙だと思う。宇宙探索といえばアメリカがリードしているが、日本の今回の成果は、世界に日本の技術力の高さを証明できたのではないかと思う。何か感動する話であり、うれしい。次のステップも気になるが、事業仕分けで予算削減という話もあり、先行き不透明である。だからこそ、今回の快挙は次につなげる一歩になると思う。


2010年11月15日の睡眠と、16日の健康

昨晩は、PCをいじっていたら、ちょっと寝つきが悪かった。脳が興奮していたためかもしれない。朝も何度が目が覚めるが、そのたびに寝ていた。起きるのは辛かったが、少し早くに家を出なければならないため、さっさと準備をしていた。



会社では午前中忙しく、午後は暇だった。暇に任せて、来年の九州移転に伴う新築社宅の詳細を眺めていた。九州に行ったら、また5.1chサラウンドシステムを復活させたいと思うので、できるだけ部屋は広いほうがいいと、判断している。それよりも、精神科の医者が近くにあるかどうかも決めてである。一応候補を3つに絞り、明日、相談会に出席予定である。



夕方になると、疲れてきたのか、背中がそわそわしだした。あぁ、アカシジアだと思い、ユーパンを2錠飲んで、我慢していた。定時になったら即行で帰り、家に帰る頃には落ち着いていた。ビールが今日もうまかった。


2010年11月15日月曜日

2010年11月14日の睡眠と、15日の健康

昨晩は、夕食を食べに外出した後、ちょっとだけアカシジアがでた。幸いなことにユーパン1錠で何とかなったが、少々辛かった。PCをほどほどにして、10時半過ぎに就寝。途中で何回か目覚めたようだが、今となってはあまり記憶にない。朝は起きるのが辛くて、しばらく布団の中にいた。睡眠が足りていない様子。行きの電車でも目を閉じていた。



午前中、なんとなく体に震えが来る感じがした。風邪でも引いたかと思うような震え。でも熱を測ってみても別に風邪を引いていない。調子悪いから、昼は温かいそばとご飯で体を暖めることにした。そうしたら午後は大丈夫だった。先週後半で感じたなんともいえないイライラ感は今日はなかった。ただ、眠たくて頭が痛いという症状は残っていた。やっぱりビビットエースの量が多すぎるのか。MAXで飲んでもどうせ朝早くに1度や2度目が覚めるし、今度医者に行ったとき減らしてもらおうかなと思ったりもする。


韓国経済の先行き厳しいとWSJが報じる

J-CASTニュースがウォール・ストリート・ジャーナルの記事を引用して伝えるところによると、日本から見たら絶好調に見える韓国の経済状態の先行きが厳しいそうだ。輸出に頼っている構造でこれ以上の市場拡大が難しいとのこと。また女性の社会進出が遅れている上に出生率も先進国中最低の数字らしい。日本の問題かと思ってしまうほどだが、考えてみると日本と違って国内産業が小さいのが弱点な訳で、日本はやりようによってはまだ大丈夫ともとれる。それにしても経済紙が韓国の経済衰退説を取り上げるとは思わなかった。ちょっと驚き。


2010年11月14日日曜日

2010年11月13日の睡眠と、14日の健康

昨晩は、レーザーディスクを見て10時40分ぐらいに寝た。最初は熟睡で、途中4時過ぎにトイレで目覚める。その後また寝てしまい、うつらうつらしながら9時ごろ目覚めた。よく寝たなという感じである。それでも午前中は今一つ落ち着かない。今日もアカシジアが出ているのか、頭がすっきりしていなかった。



昼間から映画を観ようと思ったのだが、どうも落ち着いて観る感じではなかったので、少し運動をしようと軽く散歩に出かけた。1時間ほどの散歩だったが、血液の循環がよくなり、頭がすっきりしてきたように思う。家に帰ってきてからは映画を観る準備が整っていた。「スピード・レーサー」を見て楽しむことができた。やっぱり運動は必要である。


「スピード・レーサー」

詳しいレビューは下記を見ていただくとして、一言、意外と面白かった。まあ興行的には失敗してしまったけれど、それも分かるなという感じはするが。CG使いすぎである。実写と融合していない。SPEED RACER/スピード・レーサー/輸入盤DVDで観た映画のレビュー


レーザーディスク

僕は、これでもレーザーディスクのコレクターである。もうパイオニアがレーザーディスクの生産を打ち切ってから日数が経っているが、いまだに数百枚のレーザーディスクを持っているし、プレイヤーも買ってから10年程度経過しているが、健在である。しかし、最近めっきりレーザーディスクを見ることがなくなった。というか昔は、暇さえあれば、過去に見た作品を繰り返し見たものだが、最近はPCに触っている時間が長くて、DVDでも見返すことが少なくなっている。そんな中、昨晩ふと思い立ってTMNのレーザーディスクを見返した。デビュー10周年でいったんは解散をしたときのライブ映像である。曲を飛ばし飛ばし見たのだが、画質が思ったほど悪くない。その前に実はまだ未見のDVD「Carol The Live」を少し見ていて、そこからレーザーディスクを見たいなと思っていたのだが、Carolの映像がDVDにしてはよくないため、かえってレーザーディスクの画質が悪くないと思ったしだい。でも最近の液晶テレビにつなぐとレーザーディスクの画質は見られたものじゃないといわれている。そろそろ引退時期なのかなと思っている。最近はレーザーディスクで出て、Blu-ray化した作品は買いなおしている。でもレーザーディスクのジャケットはすばらしいと思う。コレクションとして取っておきたいなと思う。


2010年11月13日土曜日

スター・トレック ヴォイジャー 第13話「幽体離脱」

エイリアンと物資の取引をしていたチャコティとトゥヴォックは、謎のエイリアンの攻撃を受けて、チャコティは脳死状態となってしまう。その調査に向ったヴォイジャーは、謎のエイリアンに操られ、未知の星雲にコースを向わされることになるのだが。



最初ジェインウェイ艦長のホロノベルの話から始まり、何かつまらないなと思っていたら、謎のエネルギーエイリアンの話になって、誰が操られるのか、分からなくなるところが物語の本質で面白かった。唯一コンピューターであるドクターだけは安全かと思っていたら、彼も起動できなくさせられ、誰も信用できないという展開に驚かされた。最終的には、意外な解決法を見出すのだが、そこに行くまでの謎解きが、脚本の面白さといったところで、よく出来ていると思う。


2010年11月13日の健康

昨晩は、PCをいじっていたので寝るのが11時過ぎになってしまった。その割には寝つきはよく、あっという間に熟睡に陥った。朝は6時半にトイレで起床。用を足した後再度眠りに着くが、8時に再度トイレと鼻づまりで目が覚めた。そのまま起きて、午前中はPCをいじっていた。眠りはまあ満足なのだが、なんとなく午前中は落ち着かない。会社に行っているときほどいらいらするわけでもないが、どことなく調子が思わしくない気がする。



午後は買い物をしにユニクロに向う。シャツと靴下を買って冬に備える。少し落ち着かない感じがしたが、背中がそわそわする感じではなく、足がそわそわする感じ。アカシジアかな。なんといっても昼間アキリデンを飲んでいるから、少しは午前中よりは安定しているが、何か平常状態とは違う感じ。ちょっと気になる。


ウイルスバスター2011の不具合その2

あまりにも不具合の多いウイルスバスター2011をアンインストールしてみたのだが、HP MediaSmart DVDのバージョン4.0.2.4215では、前にも書いたようにBlu-ray再生でMicrosoft Visual C++ Runtime Library Runtime Errorが出てしまう。バージョンを3.0.1.3420に下げると、「アバター」以外のBlu-rayは再生できるのだが、何故かDolby TrueHDの再生をすると音声のバランスが崩れ、右チャンネルからの音量が小さくなってしまう。色々調べたところ、Microsoft Visual C++ 2005 Redistributableの更新年月日がウイルスバスター2011をインストールした2010年8月30日になっていることが判明した。そういえばウイルスバスター2011のインストール時に何かVisual C++の動作をしていたなと思って、このソフトの最新版を探してみているのだが、今のところWindows Vista版しか見つからない。昨晩寝る時間を遅くして、これを入れてみて、再生チェックをしてみたのだが、やっぱりエラーが発生する。サポートにも問い合わせてみたが、通り一辺倒の回答しか来なくて、解決策に至っていない。今回のウイルスバスター2011は地雷である。ここまでPCの動作をおかしくさせるとは、駄目駄目ソフトである。もうNorton Internet Securityを購入してしまったので、今後1年間はNortonにすると思うが、ウイルスバスターの契約が2012年5月まで残っているので、何かもったいない。まあ親父のPCにウイルスバスター2010が入っているのでそれでいいかと思う。僕の環境ではウイルスバスター2010は、Firefoxの動作に悪影響を与え、ブラウザクラッシュを発生させるので(修正パッチを適用しても駄目)、2010も使えない。ということでNortonである。さようなら、ウイルスバスター。


2010年11月12日金曜日

2010年11月12日の体調

昨晩は、食事後もアカシジアのためにあまりネットに集中できなくて、辛かった。ユーパンを2錠、30分間隔で飲んで、風呂に入っているときにようやく落ち着いた。落ち着かなかったら、寝るのどうしようと悩んでいたぐらいである。背中がそわそわすると、寝ていることも出来ない。それぐらいに苦しい副作用である。落ち着いたので、眠りはスムーズ。朝は鼻水が出て、何度か起きて鼻をかんだりしていたが、まあ比較的眠気はなかった。でも行きの電車で少し寝ていたような気がする。会社では品番登録の作業があったので、忙しかった。なんとなく精神が不安定というか、すぐ疲れるというか、ちょっとおかしい気もしたが、途中でチョコを食べたりして、何とか乗り切った。昼前がなんとなく調子が悪い。夕方になるとすっきりしてくるのであるが。途中会議があったりして、今日は十分働いたという気分。今日の帰りはアカシジアも出なくて、楽だった。タイミングがよく分からずに苦労する。ジプレキサは今の量でいいのか、ちょっと疑問。少し増やしたほうが安定する気もするが、アカシジアがでやすくなるため、どっちもどっちかという気がする。幻聴とか聞こえなければ、今の量でもいいかと思うのだが。


Apple、映画の配信を始める

Apple社が日本でも、映画の配信サービスを始めた。昨日からのことで、大手映画会社が、参入しているようだ。ただ、配信といってもいろいろ各社差があり、購入できる映画もあれば、レンタルのみという映画もあるとのこと。気になる値段だが、購入でHD画質だと2500円とちょっと高い気もする。Blu-rayが割引で同程度で買えたりするから、何か物が残らないサービスが嫌いな人には、あまりお勧めできないかも。僕個人は興味はあるものの、とりあえず輸入盤で2500円程度で買えているから、そっちのほうがいいやと思ってしまう。でもこれからは配信サービスが主体になっていくのだろうか。Blu-rayも売り上げが今一つなので、何か心配してしまう。コレクターとしては、やはり何かメディアが必要なのである。だからiTunes Storeの音楽配信もほとんど買っていない。買うならCDだという意識があるからである。ちょっと古い考え方なのかもしれない。


2010年11月11日木曜日

Yahoo! IE6のサポート打ち切りへ

今年に入ってから、Internet Explorer6のサポートを打ち切るサイトが増えていっているが、あのYahoo!Japanまでもが、今年の12月に順次サポートを打ち切ると発表したそうだ。まあ登場から10年近くたっていて、今更Internet Explorer6でもないと思うのだが、当のマイクロソフトまでもが、否定し始めたこのブラウザ、会社ではいまだ現役なのである。情報部門からアップデートしろという話も聞かない。当然過去のソフトとの互換性の問題もあるから早々変えられないのかもしれないが、いくら2014年までサポートがあるとは言っていつまでもこのままでいいのか、疑問は残る。僕個人は会社ではFirefoxにIEtabを組み込んで、擬似的にInternet Explorer6を使う設定にしているので、タブブラウズが出来て便利なのだが、そろそろ情報部門もアップグレードを認めてほしいなと思ったりする。


2010/11/11の健康状態

昨晩は、帰りが少し遅かったが、寝る時間はいつもと同じだった。比較的熟睡できたようで、はっと目が覚めると6時、もう少し寝ていたかったなと思いながら起きた。



会社では、何にもやる気がないのでネットを見ていたが(上司もいなかった)、なんとなくいらいらする。もちろん仕事の基幹システムの入力ミスを行ってしまい、本社に修正の依頼をかけていたので、そのせいもあるのかもしれないが、なんとなくアカシジアの影響か、それとも病気の再発かちょっと分からないところがある。病気の再発だとすれば睡眠にも影響が出てくるはずだが、今のところそういう傾向もないので、アカシジアが関係しているのかなとも思う。



そのアカシジアは夕方でた。会社から早歩きで駅に向っているときに出て、軽いから少し我慢してビールでも飲めば楽になるかと思って、ユーパンを服用しないでいたら、食事を取っても楽にならなかった。食後ユーパンを頓服で飲んで、そわそわを我慢したが、気持ち悪かった。とりあえずFlashゲームなどをして気を紛らわせていた。


2010年11月10日水曜日

2010/11/9の睡眠と、2010/11/10の調子

昨晩は、「元春レイディオショー」の予約をして眠りについた。明け方4時ごろに何か物音が聞こえ、目を覚ましたが、またそのまま寝てしまった。朝は起きるのがちょっと辛かったが、行きの電車でも眠くならないので、携帯からブログを書いて投稿していた。



会社では、重点商品の見込みまとめをしていた。そもそも半年先の見込みなんてあてにならずに、大抵は数字が低くでるものだが、営業はそれが困るらしい。10月に作った見込みを入れ替えろと言ってきた。なんかとても疲れた。精神的にばてた感じである。



今日は定時になってもその重点商品のまとめが終わらずに30分だけ残業をした。その時間になると、少しそわそわ感が出てきていて、帰りの電車でユーパンを飲んで、我慢していた。まあブログを書いていたから、少しは気が紛れた。


中国漁船の衝突ビデオ流出事件の犯人自主

今朝のブログで中国漁船の衝突ビデオ流出事件の犯人が誰か分からないだろうなと書いていたら、なんと張本人が自首という意外な展開になっていて、驚いた。でもなんで神戸の職員がマル秘のはずのビデオ映像なんか持っていたのだろう?謎が深まる。というかネットでも書かれていたが、石垣の映像が神戸でも入手できるのなら秘密でもなんでもないという意見に賛成である。個人的にはやはり流出者の処罰は軽くしてほしいと思う。それが保安庁のルールに反しているとしてもだ。国民は真実を知りたがっていたのだから、その要望に応えただけである。問題なのは政府の対応だと思う。


中国漁船の衝突ビデオ流出事件の続報

今朝の読売新聞によると、中国漁船の衝突ビデオ流出事件の接続場所の特定がある程度できたらしい。何でもIPアドレスから神戸のネットカフェからということで、たぶん個人の特定は困難ではないかなと思う。大体石垣島と神戸の接点が見当たらない。投稿者もそうそうバカではないというところか。この事件はまだまだしばらく賑わせそうである。個人的には投稿者に処罰が当たらないしてほしいと思う。国民の知る権利を隠した政府に問題があると思うので。


2010年11月9日火曜日

iPhone、複数のキャリアから販売か?

GIZMODOの記事によると、リーク情報で、アメリカでは、iPhoneのAT&Tの独占販売に終止符が打たれるという話があるそうである。どうもiPhone4.5というのが来年1月に発売され、それをきっかけにして、複数のキャリアに対応するという話が、ウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズで流れているそうだ。日本でもソフトバンク1社の独占販売やめてほしいな。docomoで出たら、多分買っているだろう。ソフトバンクはエリアが狭いという話なので、どうも手を出す気になれない。そんなことをいっていて、10数年間PHSを使っていたのに態度が変わったというべきか。いや、docomoのエリアの広さはすごいと思う。これでiPhoneがでたら、無敵モード全開ではなかろうか。


2010年11月8日の睡眠

昨晩は、PCを結構寝る少し前までいじっていて、興奮して眠れないのかなと思っていたら、意外と早くに眠れた。途中の目覚めもなく、はっと飛び起きたときには、5時45分だった。その後また寝てしまったらしく、ラジオのアラームで起こされてしまった。それでも電車に乗っているときは眠かったが寝られないので、携帯をいじっていた。大分中国漁船の衝突事件のビデオ流出騒動が波紋を広げているみたいである。これだけでも一個ブログに出来そうなぐらい。でもめんどいから書かない。今日はアカシジアが出そうで出なかったので、まあ楽だった。


肌年齢

今日、昼休みに食堂で昼食を食べていると、食堂の隅のほうで何かイベントをやっているのを発見した。食事が終わった後、行ってみると、肌年齢をチェックするというので、試しにやってもらった。専用の機械で、おでこと頬と口周りの3ヶ所をチェックする。結果は実年齢とは1つしか違わない年相応の肌年齢とのこと。まあそれはよかったのだが、詳しく聞いてみると、肌の脂分が標準より少ないので、カロチンの豊富な食べ物を食べたほうがいいとのこと。これにはちょっと驚いた。僕のおでこや鼻は結構脂が出ていて、いつもティッシュで拭っているくらいだからである。だからてっきり脂分が多いと出るのかと思っていた。その逆がでて意外に思った。まあとりあえず老化していないということが分かっただけでもよしとしよう。


2010年11月8日月曜日

うつ病による自殺は地獄行きか

妙なタイトルをつけたが、これ、僕のホームページのアクセス解析をしていたところ出てきた検索ワードである。妙に印象に残ったので、このブログに取り上げてみた。



まず地獄があるのかないのかという話から始めなければならないが、今の僕の心境では地獄も天国もないというのが本音である。人間死んだら無に戻るという考え方をしている。来世だとか精神世界だとかは信じていない。



そんな中で自殺がいいのかどうかだが、まあよくはないだろう。自殺を乗り越えたところに何かいいことがあるかもしれないのに、自分で幕を引いてしまうのはもったいない。それがうつ病をはじめとする精神疾患を抱えた人であるとしてもだ。この世に生まれたからには、何か使命があるというのが僕の今の考えである。何も出来ていないし、会社でも干され気味だが、それでも生きていて、休日に好きな映画を観たりするのは楽しい。うつの時には趣味なんか楽しめないと思うが、そういうときには好きなだけ寝ていればいいのである。どの道うつの時には疲れがたまっているのだから。今僕は、精神疾患(うつじゃない100人に1人が発病するという病気)を抱えているが、意外とのほほんとしている。この精神疾患を抱えた人は、寿命が短いという説もあるが、今のところ元気である。まだまだ観たい映画はたくさんあるし、行ってみたいところもいろいろある。そういう興味がわいているときは、大丈夫だろう。



とにかく、生きたくても生きられない(病気や事故など)人もたくさんいるのに、自ら命を絶ってしまうこともないだろう。うつの時に自殺願望が出てきたら、薬を飲みつつ、何とかその願望と対峙するのが賢明である。



話は戻るが、自殺をしても地獄にも行かないが、天国に行くこともない。ただ、その人の可能性が一瞬で消えるだけである。それはもったいない。だから自殺は思いとどまったほうがいい。経験者からの忠告である。


2010年11月7日の睡眠と、アカシジア

昨晩は、テレビもつまらないのでラジオをずっと聴いていた。10時半には就寝して、月曜に備えた。でもやはり深夜に起きてしまう。今朝は3時半にトイレだった。その後、夢を見た。僕が誰か女性とキスをするという夢。その女性とは親密な関係のようだったが、現実の世界での知っている女性ではない模様。なんとなく引っかかったので、こうして日記に書いてみた。



今日の調子は今一つ。なんとなく眠い。午後になると早々に疲れてきて、その疲れがアカシジアを呼んだ。背中がそわそわして気持ち悪い。ユーパンを2錠飲んで帰りの電車でも我慢していた。そんな中、途中の乗換駅でダッシュをかけるのだから、自分でも不思議である。当然息は切れるし、背中のそわそわも収まらない。それでも1本速い電車に乗ろうとする根性だけはほめてやりたい。


2010年11月7日日曜日

コンピューターウイルスに遭遇

今日の午前中、DVD-VRをDVDに変換する方法をインターネットで探しているとき、cprmgetkeyというソフトがそのコピーガードの解除に使えるということを知った。早速そのファイルがおいてあるサイトに訪問すると、Norton Internet Securityが「このサイトはウイルスがおいてあるから危険だ」という警告を出していた。それを無視して、サイトを覗き、cprmgetkeyの入っている圧縮ファイルをダウンロード、解凍しようとした所、再びNortonが「ウイルス発見」と警告を発した。さすがにこれにはびびった。コンピューターウイルスに遭遇するなんてことはめったにないからである。アングラサイトには行かないし、P2Pをやっているわけでもない。初めてといってもいいんじゃないだろうか。まあNortonが防いでくれたので助かった、と思ってPCの電源を消し、夕方再び電源を入れ、Nortonが自動スキャンするのに任せていたら、またまたウイルス検出。今度はFirefoxのキャッシュから検出された。さすがに心配になってきて、完全スキャンをかけたところ、Windowsのバックアップファイルから三度検出。ここまでやればもう検出はされないだろうと思った。まあ実行してしまったわけではなく、圧縮ファイルを解凍しただけだから、感染というところまでは行かないのだろうが、神経をちょっと尖らせるには十分な出来事だった。


スター・トレック ヴォイジャー 12話「英雄伝説」

非番のはずのキム少尉がホロデッキで行方不明になる。調査に向ったチャコティとトゥヴォックだが、キムの楽しんでいたホロノベル「ベオウルフ」で彼らも行方不明になってしまう。ホロデッキの異常を察知したジェインウェイ艦長は、ホログラムであるドクターを調査に向わせ、ホロデッキの異常を探ろうとするのだが。



今回のエピソードは、ドクターが管轄外の調査任務を割り当てられるというところに面白みがある。ホロノベル「ベオウルフ」の登場人物としては場違いの感のあるドクターがどう行動していくのかが今作のキーポイントである。また名前のなかったドクターが一時的にとはいえ、シュバイツァーという名前を名乗るところも興味深い。実はホロデッキの異常は光子生命体の仕業によるものだという展開は、ホログラムであるドクターと知的生命体のファースト・コンタクトを意味していて、そこが今作のクライマックスとしてのよさを演出している。ドクターの行動が物語に深みを与えている一編である。


CPRMのかかったDVD-VRをmpegファイルに変換する方法

普通のBlu-rayレコーダーで録画したDVDは、テレビ放送だとDVD-VR形式でダビングされてしまい、普通のDVDプレイヤーでは再生できない。これを再生するのには、PCを使って加工する必要がある。今回、コルコル日記というブログで書かれていた方法を元に市販DVDで見られるDVD-Rの作り方を学んだので、ここに書いてみる。



まず、relCPRMというソフトをダウンロードし、解凍する。次に解凍したフォルダにあるrelCPRM.exeを起動させる。

で、一旦Blu-rayレコーダーで作成したDVD-VRディスクの中にあるVR-MOVIE.VROを選択し、<保存先を選択>で好きなフォルダを選択する。

[-R]、[-W]、[ISOファイルコピー]、[Encrypted Title Key削除]にチェックを入れる。

「START」ボタンでコピーガードを外す。

保存先にコピーガードの外れたVR-MOVIE.VROファイルが出来ているので、拡張子をmpgに変更する。

Windows Media Playerで再生できることを確認したら、DVDビデオを作成できる書き込みソフトを使って、DVD-Rに書き込む。今回はPCに付属のPower2Goを使って書き込みをした。

以上でDVDソフトの完成。


2010年11月6日の就寝

昨晩は、本を読んで寝た。たいていどこかに出かけると本を1冊か2冊買って帰る。昨日は1冊買って帰った。「40歳から伸びる人、40歳で止まる人」という本で、ちょっと考えてしまう本である。それを1章読んで眠りについた。朝は4時45分ぐらいにトイレで目覚める。その後は鼻水が出て、鼻詰まりを起こし、寝づらかった。うとうとしながら8時15分ぐらいに我慢できなくなって起床。まあよく寝たほうだと思うけれど、鼻の調子が悪いのは苦しい。起きて朝食を食べた後、シェーバーの掃除と、部屋の掃除を簡単に済ませる。


2010年11月6日土曜日

2010年11月5日の睡眠

昨晩は、報道ステーションで、尖閣諸島の中国漁船衝突事件の映像を見ていた。携帯では朝すでに見ていたが、テレビで見ると迫力がある。10時半に就寝。朝6時ちょっと前までは熟睡で、そこでトイレに起きた。またうとうとと寝てしまい、8時20分に起床。よく寝たと思う。


大釜ごはん 銀のつぶら(Colette Mare)

今日の昼食はどこにしようかと思っていたところ、ブルク13の入り口前に店舗を構えていたのが、Colette Mare 6Fにある「大釜ごはん 銀のつぶら」というお店。見ると1000-1500円程度で定食が食べられるという。入ってみて、から揚げ定食を食べると、最初につきだし3品が出てきて、「お代わり自由」だという。メニューはひじき、もやしの酢の物、ポテトサラダで、とてもおいしい。思わずポテトサラダをお代わりする。さてつきだしを食べているとじきにご飯が出てくる。こちらもごはんはお代わり自由。当然お代わりする。これで980円と場所代を考えたらリーズナブル。とても満足した昼食だった。


エクスペンダブルズ

本日、「エクスペンダブルズ」を横浜は桜木町にあるブルク13にて観賞。昼前の上映だったせいか、はてまた劇場公開3週間を過ぎていたせいか、劇場はがらがら。観賞人数10名程度だったと思う。

ストーリーはプロの傭兵集団であるエクスペンダブルズ(消耗品集団)が謎の男、チャーチの要請を受け、メキシコ湾にある小国の独裁政権を倒すというもの。ストーリーは単純だがなんといっても新旧アクションスター共演というのが泣かせる。シルヴェスター・スタローンを筆頭にドルフ・ラングレン、ジェイソン・ステイサム、ジェット・リー、ミッキー・ローク等々アクション映画好きにはたまらない豪華メンツである。しかもカメオ出演でアーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィリスも登場とファンを喜ばせる演出も。とにかく何も考えずに楽しむには最適の1本であろう。ただ最近のスタローンの演出の都合なのか、とにかくグロテスクな描写が多いのと、肝心のアクションシーンがカットの早い切り替えでスターのアクションが見辛いのが難点か。とにかく日本でヒットしていないのが残念な、もっと多くの人に観てもらいたい1本である。


2010年11月5日金曜日

ブルース・リー スクリーンテスト



ブルース・リーのスクリーンテスト。1965年の20世紀Foxでの撮影映像と思われる。やはりブルース・リーはすごい。カンフースターとしては唯一無二だと思う。


2010年11月4日の睡眠とか

昨晩は、ニュースを見ていたが、途中で眠くなって、10時20分ごろに就寝。調子が悪かったせいか、比較的ぐっすりと眠れた。朝目が覚めると、5時45分。鼻水も止まっているようであった。でもやはり眠い。会社に行っていると途中で眠くなってきたので、食堂で少し昼寝をしていた。少しは仕事もあったので、まあまあ時間をつぶせた。今日はアカシジアも出ずに、のんびりと家に帰ることが出来た。明日は休み。ぐっすり眠るぞ。


マクドナルドのハッピーセット、サンフランシスコで販売禁止

2ちゃんねるのニュース板を見ていたら、CNNの記事でサンフランシスコはマクドナルドの子供向けメニューであるハッピーセットの販売を禁止する条例を制定するらしい。オマケにつられ、高カロリーの食べ物を食べさせられて肥満になる子供が多いことに対する処置とのこと。確かにマクドナルドのカロリーは高いと思う。でも条例で禁じるのはちょっとやりすぎのような気もする。まあ極端な動きをするアメリカらしいといえばそうなのだが。


尖閣諸島での中国漁船との衝突ビデオ流出

朝方twitterを見ていたら、日中の関係がおかしくなった要因である尖閣諸島での中国漁船と海上保安庁の衝突事件の公開されていないはずのビデオが流出していることがわかった。早速携帯でビデオの配信されているYouTubeを見てみたのだが、確かに中国漁船が体当たりしているのが見てとれた。しかし、誰がこれを流出させたのだろう?やはり関係者かな。これで日本の世論が、反中国に向かうだろうな、と思いつく。とんでもない事件である。インターネットはすごい、というか恐ろしい。


2010年11月4日木曜日

鼻風邪引いた

昨晩は、10時半に眠りについた。いつものように寝つきはいいのだが、4時過ぎにトイレで目覚めた。その後がいけなかった。気温が下がっていたせいか、鼻水が詰まってしまい、苦しくて何度も起き、鼻紙を大量に消費するという羽目に陥ってしまった。朝起きたときもなんとなく調子が悪い。念のために風邪薬も持って会社に行ったぐらいである。最初は鼻水が止まらず、朝食時にも何度も鼻をかんだ。会社に行くと、鼻づまりはしているが鼻水が垂れるということはなくなった。しかし、不調である。午前中調子悪い中仕事していた。午後になるとやることなくなったので、ネットを見て過ごしていた。夕方アカシジアが発生。ユーパンを3錠飲んで、家に着く頃にようやく落ち着いた。また最近アカシジアが頻発しているような気がする。


「おかあさんといっしょ」

「おかあさんといっしょ」というNHK教育放送の番組は、まあ独身の僕には無縁の番組と思っていた。しかし、今日縁があったのである。姪がこの番組に出演するというから、録画しておいてと母からの話に、録画して、先ほど見終えた。子供番組ということで、ほのぼの感が漂うが、姪が画面に映ると、「おー、出ている」となんだか親ばか風になってしまうから不思議である。まあそれだけ姪がかわいいということなのだろうが。こんなことでもなければ、「おかあさんといっしょ」なんて絶対見ないよなと思う。


2010年11月3日水曜日

スター・トレック ヴォイジャー 第11話「裏切り者」

ある惑星で食料の調達をしていたヴォイジャークルーは、ケイゾンからの救難信号を受けて救出に赴く。そこで発見したのは惑星連邦の技術を用いて実験をし失敗したケイゾン船だった。クルーの誰かが技術を流出させたと判断したジェインウェイ艦長は、犯人の調査に当たるのだが、疑いの濃いベイジョー人のセスカは、副長でかつての恋人であるチャコティに必死に否定をする。判断に苦しむチャコティだったが、真の犯人はいったい誰だ。



第1,2話で登場してからずっと登場していなかった好戦的な種族であるケイゾンが久しぶりに登場。これまで脇役で1シーンか2シーン程度の出演だった、マーサ・ハケット扮するセスカにスポットライトが当てられたストーリーでもある。セスカが怪しいというのには最初から描かれるが、彼女が否定をするので、誰が真犯人かは最後まで明らかにされず、ミステリー調の展開となっていて、ぐいぐい引き込まれる。まあ実際犯人はセスカだったのだが、艦長の判断に否定的なことと、反カーデシアの組織だったはずのマキのメンバーなのに、実はカーデシア人のスパイだったというどんでん返しには驚いた。これではチャコティの立場が台無しである。


2010年11月2日の睡眠

昨晩は少し夜更かしをして「元春レイディオショー」をリアルタイムで聞こうかなとも思ったのだが、朝7時に起きなければならないため、やっぱりいつものように10時半に寝た。休みの前日ということでリラックスしていたのか、ユーパンの効果が残っていたのかは不明だが、7時まで熟睡していた。でもやはり眠い。休日は9時ぐらいまで寝ていたいなと思ってしまう。


ロシア大統領北方領土訪問

昨日の報道ステーションでは、ロシアのメドベージェフ大統領が、北方領土を訪問したとのニュースで時間をとっていた。尖閣諸島の問題といい、最近日本の外交手腕が問われるような出来事が続いていると思う。北方領土は日本の領土だと思う。これは旧ソ連の不法占拠だと思うが、そこは大国ゆえのごり押しが効いていて、北方領土の所有をしているのに間違いはないと思う。しかし、これから民主党はどう対応をするのだろうか。近隣諸国と対等な対応が出来るのか、疑問である。個人的には、近隣諸国にはあまりへりくだらないで、言いたいことは言ったほうがいいのではないかと思う。言わないと通じない相手だと思う。まあ言っても改善することもないのだが。どちらにしても、考えさせられる話である。


姪としばしのお別れ

弟が、勤務先転勤により、東京から大阪に拠点を移すことになった。これまで結構実家に姪を連れて遊びに来ていたのだが、これからはそうもいかなくなる。で今日引越しということで、お別れの挨拶をしに行ってきた。姪とも会えなくなるので、ちょっとさびしいなと思いながら挨拶をしてきた。引越しの片付けの最中、姪は近所の子供と遊んでいたのだが、僕の姿を見るとすっ飛んできて、足にしがみついて嬉しそうだった。会いに行ってよかったなと思った。僕も来年の春には転勤になる。そうなるとますます姪と会える可能性は低くなるわけで、今日の挨拶は本当大切だと思った。


2010年11月2日火曜日

耳かき店員殺人事件の裁判

昨晩は久しぶりに報道ステーションを見た。耳かき専門店の女性店員とその祖母が殺害された事件の裁判結果がやって、無期懲役だということである。検察側は死刑を求刑していたようだが、それは回避されたとのこと。僕が陪審員になってこういう事件の担当になったら悩むだろうなと思う。被害者の家族の心情を考えると死刑ということも考慮しなければならないが、映像作家の森達也氏の話を受け売りでいうなら、死刑は国家による殺人であるという観点からは陪審員が殺人を犯したのと同罪になってしまう。今回の陪審員も相当悩んだのではないだろうか。死刑判決を廃止して、懲役刑をもっと長くするように法律が変われば一番いいと思うのだが。


LOVELOGの不具合

先程携帯で書いていて困ったのが、文字化けをしているということ。LOVELOGの不具合だと思うが、時々発生していて、困ってしまう。今は書き直してみた。うまく読めるだろうか。


ただいまアカシジア発生中

昨日に引き続き、今日もアカシジアが発生してしまった。とりあえずユーパンを服用し、席を外して休憩しているのだが。やはりジプレキサの服用量が減っているからひどい症状ではないものの、何となく落ち着かない。苦しいなと思う。


2010年11月1日月曜日

Amazon.co.jpの通常商品が全品送料無料に

今日、2ちゃんねるのビジネス板を見ていたら、Amazonでこれまでキャンペーンとして続けられてきた通常送料無料が、今後は完全にキャンペーンではなく、送料無料で運営していくとのこと。これには驚いた。送料を全額負担してもペイできると踏んだわけである。僕個人からしても、文庫本とか、CDシングルなど、1500円に満たないものを買うときの送料を気にしなくていいのだから、それはよほどのことがない限り(たとえば予約特典がつかないなど)、Amazonで買うということになりそうである。これは町の本屋や、CDショップに結構大きな打撃を与えていると思う。僕自身、店舗で買うことが少なくなっている。これはすごいことだと思う。


2010年11月1日の体調

昨晩は、FM横浜の「シネマコンシェルジェ」という番組を聴いてから眠りについた。寝つきはよかったのだが、やはり4時ごろ目が覚めると眠れない。実際は何度か浅い眠りになるということなのだが、熟睡感がないから不満である。朝はラジオの音でびっくりして起きたぐらいだから、その瞬間は熟睡していたのだろう。



会社に行き、なんとなく足が落ち着かないなと思いながら業務に従事していた。夕方になるとなんとなくそわそわする。アカシジアがでたかと思いながら、少し我慢して駅まで歩いていたが、ちょっと我慢できないので、駅でユーパンを頓服で飲んだ。その後、ずっと立って落ち着かないまま家に帰り着き、ビールを飲むとようやく落ち着いた。