2011年3月31日木曜日

2011年3月30日の睡眠と、31日の健康

昨晩家に着いたのが、10時40分。それからすぐに風呂に入り、結局寝たのが11時40分。普段より1時間ほど遅い。もつ鍋でお腹が満腹だったが、とりあえず睡眠はとれた。でも途中で目覚めたりしたし、明らかに睡眠不足で、朝起きた。朝になってももつ鍋が残っているようで、朝食も今一つ入っていかなかった。



会社に着くと、いろいろメールが入っていて、やらなければならないことが結構あった。途中少々ゴリ押しのようなお願いまでして、仕事を進めていった。最近この手のゴリ押しが多いような気がする。少し性格が変わったかなと思う。



昼食は、まだもつ鍋の残りがお腹の中にあるようで、あっさりとサバのピリ辛マヨネーズ和えにしてみた。食欲はなかったが、あっさりしているので一応食べられた。



午後は睡眠不足で眠たくなった。起きているのがつらくて、途中退席する。トイレに行って少し寝た。そわそわするのでユーパンも飲んでいた。



今日は定時で帰宅。さすがに夕方になると腹が減ってきた。でも昨日食べ過ぎなので今日は控えめにしていた。


2011年3月30日水曜日

モツ鍋屋「おおいし」

博多では有名なモツ鍋屋、らしい。というのは僕は知らなかったから。僕の福岡の住まいは西の方で、博多・天神から離れているからどうしてもその近辺の情報には疎くなる。とにかく、醤油ダシの鍋と味噌ダシの鍋があって、これが店のメインになっている。モツの味の濃さがうまい。ニンニクも利いていて、味が堪能できる。メンバーの中に大食いのやつがいて、費用が5000円もしてしまったが、普通なら3000円程度で済むらしい。とにかく福岡に来てモツ鍋といったら、この店に来るのもいいかもしれない。一人じゃ無理だが。


2011年3月29日の睡眠と、30日の健康

昨晩は時間にゆとりがあったので、気分が楽だった。いつも録音している「元春レイディオショー」もオンエアーがないので、タイマーセットもなし。早めにベッドに横になった。



入眠はよかったが、深夜2時ぐらいに一度目覚めて、また寝てしまい、5時45分に目覚めてからはもう寝られなくなった。天気も良いし洗濯しようと思っていたから、ラジオのアラームがなる前に起きてしまい、洗濯機を回していた。



会社では産業医との面談があった。僕の病状が書かれた紹介状のようなものを渡して、話をした。面談の後、病院を紹介すると言っていたが、僕が「いくなら近いここかな」と思っていた病院を紹介されたので、やっぱりなと思った。



今日も昼に1錠、夕方に1錠ユーパンを飲んだ。今日は特に夜飲み会があるから余計にアカシジアを発病させたくなかった。



夜は福岡で初の飲み会。モツ鍋屋の「おおいし」というところで会食した。腹一杯食べて、5000円は特だと思う。夜になると調子もいい。


2011年3月29日火曜日

2011年3月28日の睡眠と、29日の健康

昨晩は、帰りがちょっと遅くなったら、食事の時間もそれなりに遅くなってしまい、夜の時間が取れなかったなという感じがした。とりあえずずっとNHKのテレビを点けっぱなしにしていたので震災の情報は入ってくるしで「報道ステーション」はいいやと思って、少しDVDを見て、10時半には眠りについた。熟睡で、朝5時45分に目覚めた後、また寝てしまった。6時半に起きたときは眠かった。



調子は今一つというか、少しだけすっきりしない。会社に行って、ネット閲覧をメインにしながら、時々メールを打ったり、統計作業を行ったりしていた。



昼休みに念のためユーパンを1錠飲み、午後3時ごろにももう1錠飲んだ。そのせいかどうかは分からないが、午後4時ごろとても眠くなり、起きているのがしんどくなった。朝からコーラを飲んでカフェインを取っているのに、全然効き目がない。



DVDラックをAmazonで買って、昨日不在票が届いていたので、今日の7時から9時の時間指定をしていたら、家に着くか着かないかの間際で佐川急便のバンを見つけ、慌てて呼び止めた。ビンゴで、ラックを無事入手。組み立てるのは週末かなと思う。


東京電力の株価下落続く

今日、ネットを見ていたら、東京電力の株価が下がり続けているという。地震前は一株2000円を超す値段だったのだが、今は1/3程度。さすがに原子力発電所の事故が一向に解決しない状況では、やむを得ないだろうと思う。でもこの手の公共会社の株価って通常は安定しているものなのだが、後手後手の対応を続ける東京電力では、安心できないという事なのだろうと思う。僕も東京電力の株は持ってはいないが、別の会社の株を持っているので、今回の震災ショックによる株価下落で損失を出していて、厳しいなと思う。まあ元々は株主優待が楽しみで買ったようなものだから、当面売るつもりもないが。話では東京電力国有化の情報も出てきていて、先は予断を許さないと思う。


2011年3月28日月曜日

2011年3月27日の睡眠と、28日の健康

昨晩、風呂に入っているとき突然アカシジアに見舞われた。何とかシャワーだけは浴びて、風呂を出、いつもなら1錠しか飲まないユーパンを一気に2錠飲んで、対処しようとした。それから気晴らしにFLASHゲームをして我慢していた。それでも治まらないのでもう2錠追加、夜飲む薬も飲んで、10時には布団に入ってしまった。それでも落ち着かなくて、眠りに落ちたのはその30分後。その頃には薬が効いたのか熟睡だった。朝も5時45分に目覚めたが、再度眠ってしまい、6時半に起きたときには、体調はすっきりしていた。



ここのところからすると少し遅く会社に向けて出発。それでも8時半前には着いた。午前中はやり残していた統計業務を行って時間をつぶしていた。



今日は調子がいいので、いろいろできるが、あまり真剣になってもいけないので、軽い作業にとどめていて、あとはネットを見たりしていた。



なぜか課の懇親会の幹事をやらされることになり、課長の選んだもつ鍋屋(有名なところらしい)に予約を入れたりしていた。今週水曜日に開催である。



夕方打ち合わせが入ってしまったので、帰宅が15分ほど遅くなった。駅からスーパーまでどう早く着くか、いろいろ道路を探してみているのだが、今日のコースではちょうど9分。買い物をして家に帰って、また10分。これ以上の短縮は無理だなと思う。


原発事故、どんどん状況が悪化

どうも九州に来てからニュースに疎くなってしまったのだが、その間にも福島原子力発電所の状況は一進一退というか、むしろ悪化の一途をたどっているように思う。今日のニュースでは、強い放射線を観測したという事で、圧力容器に穴が開いているのではないかという可能性にて論じていた。どう見ていても東京電力の対応は後手後手に回っているような気がしてならない。会社として組織がなっていないのではないだろうか。末端の社員は別にして、経営幹部のほうに問題はありそうである。このままいったら、どうなるのか、九州にいても心配になってきた。実家は神奈川だが、こちらでも放射能を水から検出したとかいう話も聞くし、今のところは東京電力と国の対応を信じるしかないというのが実感である。


2011年3月27日日曜日

NHKスペシャルを見て、思ったこと

今、NHKスペシャルで震災後の二次被害のことをやっている。せっかく地震や津波から逃げ延びたのに、持病の薬がなくて死んでしまうという話だった。これを見て、ちょっと僕のことを考えて背筋が寒くなった。僕もメンタルな病気で薬が欠かせないし、地震の次の日の診察は、病院が開店しているか不安もあった。幸いにも一部先生は到着が遅れるものの診察は無事行われ、薬も手に入れることができたのだが、もしこれが関東で起こったなら、薬も手に入らなくなり、僕はおかしくなっていただろう。そう考えると、今こうしてテレビを見ていることの幸運に感謝したくなる。佐野元春の詩じゃないが、それを希望と呼んでもいいのかもしれない。


2011年3月26日の睡眠と、27日の健康

昨晩は、換気扇フィルターの件でネットで調べ物をしていたので、精神的には動揺していた。とりあえずクーリングオフをしようとは思ったが、心配で眠れるかと思っていた。でも薬の力か意外とスムーズに眠りにつけた。ただし、夜中2時に一度目覚め、5時半にトイレで目覚めた後は、何度も腹痛でトイレに行き、眠れなくなってしまった。7時半に起きて朝食を食べたが、体がだるくて調子悪いと思ってしまった。



朝一番で郵便局に電話をし、内容証明の受付をしているかを確認する。受付しているという事なので、一番近くの大きな郵便局までバイクで走って内容証明の手続きをした。とりあえずクーリングオフの手続きを終わったことで少しだけほっとしていた。ただしこれからが大変かもしれないが。ちゃんと業者から代金を払い戻し、契約解除できるかが問題だ。



昼食は、インターネットで調べておいた近所の中華料理屋でちゃんぽんを食べた。525円という安さで野菜たっぷりの麺で満足した。それからスーパーに寄って夕食の買い物をした。



何となく体がだるかったが、映画を見るんだと思って、DVD「ミスト」を見ることにした。最初は集中力がなかったような気もするが見ているうちに映画に引き込まれていて、調子の悪さも吹き飛んでいた。映画を見終わった後、満足な気分になっていた。



映画を見終わった後、コーヒーを飲みながらレビューを書き、洗濯物を取り込んだりしていた。室内より室外のほうが暖かい。後で暖房入れようと思う。


ミスト

詳細は、THE MIST/ミスト/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。ラストが原作と違っているという話だったので期待して見ていたが、救いがないなと思ってしまった。期待にたがわぬ出来だとは思うけれど。


換気扇フィルターのクーリングオフ手続きをしてきた

昨晩、父と電話中に、訪問販売が来た。ドタバタしていたので何も考えずに営業マンを家に招き入れてしまい、換気扇のフィルターを購入することにしてしまった。何せ新居は新築マンション。汚れるよりいいかと思い、消費税込みで7350円を支払ってしまった。しかし、あとで落ち着いて考えると間違いだったのではないかと思うようになった。インターネットで調べてみると、この手の詐欺(というのが正しいかどうかは疑問があるが)が横行しているという。そう考えると、契約を解除したくなった。そこでクーリングオフの制度があることを思い出して、インターネットで手続きを調べた。その手続きの方法ははじめてのクーリングオフに書いてあったので、これを参考にした。そして、今朝日曜日だったが、大きな集配局の郵便局に行って、内容証明の手続きを行った。フィルターの代金が7350円で、内容証明郵便の代金が1220円というのは痛い勉強代だが、今後この手の訪問販売を撃退するには、内容証明が確実だろうと思うので、その手続きをした。後は、業者から連絡待ちという状態になっている。しかし、新居に入居してから知らないことばかりでいろいろ苦労させられる。NHKも早速集金に来たし、頻繁に業者が周回しているのかなと思う。


2011年3月26日土曜日

2011年3月25日の睡眠と、26日の健康

昨晩は、夕食を食べるのに時間がかかった。キャベツとニンジンを味ぽんで味付けして電子レンジで加熱したのだが、ほとんど生のままで、おいしくないものを一生懸命食べていてから時間がかかってしまったのである。



食後、実家に電話を入れる。主治医とか産業医から「実家に頻繁に連絡を入れるように」という指示があったので、電話をしたのである。15分ぐらい話しただろうか。携帯電話が初めて電話としての機能を果たしたといってもよかった。



寝る時間も遅くなり、11時になってしまった。次の日が休みだからよかったが、ちょっと遅いなと思ったところである。寝つきはよく、途中で目覚めることもなかったと思うが、ラジオのタイマーを消すのを忘れていて、6時半に起こされてしまった。その後トイレに行き、再度ベッドの中でうとうとして、8時半に起きた。



昨晩雨が降ったらしい。地面は濡れていた。とりあえず雨は上がっていたので、洗濯物をして、外に干し、部屋の掃除をしてから、耳鼻科に行った。福岡に来てから花粉症の症状は出ていないが、念のため薬を貰いに行ったのである。病院はそれなりに人がいて、しばらく待たされた。なんとなく落ち着かない感じがしていたが、我慢して待っていた。薬は前の耳鼻科と同じものを出してもらった。ただ眼薬が在庫が少ないという理由で1個しか出してもらわなかったのは不安が残った。



その足でトイレのカーペットを買いにイオンに行き、ついでにビールを買って家に戻った。少し休憩してから昼食がてらの久し振りにの散歩をしてみることにした。まだ街がどんなかよく分かっていないので、運動がてら散策をしてみることにした。隣の駅にあるイオン内のマクドナルドで昼食をとって、iPodで歩数を見るとまだ3000歩、次の駅まで歩いてみるかと足を延ばした。しかし、高速下の道路を歩いていたために店が何もない。隣の駅まで行くと、ユニクロなどが街道沿いにあった。そこから戻ってきて、近所のスーパーで夕食の惣菜を買って家に帰った。



家に帰ってきてからは、調子も悪くないので、「スター・トレック ヴォイジャー」を見た。結構緊迫感のある話で面白かった。「スター・トレック」を見終わってから、お茶を飲み、洗濯物のアイロンがけ。今週は途中休みを入れているから楽だったが、来週から大変だろうなと思う。


Big Americana 2制覇

引っ越し前、母からたぶん母の友人からもらったものだろうと思われるマクドナルドの株主優待券を貰った。期限が3月31日までという事で、時間があまりなかった。そこで、先週の月曜日と、今日、マクドナルドで昼食をとることにして、優待券を消費することにした。店舗で聞いてみると、Big Americana 2のハンバーガーも対象だという事で、それを注文してみた。先週はマンハッタンバーガーだったと思うが、今週はマイアミバーガー。1月と2月にそれぞれ違うハンバーガーを食べていたので、今日のマイアミバーガーを食べたことによって、4つのBig Americana 2バーガーを制覇したことになる。ちょっと残念なのは、自腹を切ったわけではないから、携帯の得するクーポンを使用したことにはならず、4つのバーガーを食べても、ビッグマック1個無料キャンペーンに応募できなかったことぐらいか。でも4つのハンバーガーを食べてみたが、どれも個性があっておいしかったと思う。独り暮らしの昼食にはいろいろ悩みがあると思うが、今後マクドナルド指数が上がりそうな気もする。とりあえず今日のハンバーガーは満足だった。


スター・トレック ヴォイジャー 第37話「二つのヴォイジャー」

宇宙を航行中のヴォイジャーは、ヴィディア人の船籍をセンサーで発見する。彼らの目を逃れるためプラズマの中に避難するヴォイジャーだったが、ワーブコアが不安定になり、プロトンの放射で船は壊滅的なダメージを受ける。しかし、実はこの時パラレルワールドが作られ、壊滅的なダメージを受けた船と、何の損傷もない船の二つが同じ空間に存在していることが明らかになる。二つの船を一つにしようと、二人のジェインウェイは共同作業を行うのだが、ヴィディア人の船に見つかり、損傷のない船がヴィディア人の乗っ取りにあってしまう。この危機的状況の中ジェインウェイの取った行動とは。



脚本が、トリッキーな話を得意とする、ブラノン・ブラーガという事もあって、時空の違う二つのヴォイジャーの対称的な描き方に大変興味深く見られる一編である。ヴォイジャーが危機的なダメージを受けているシーンの緊迫感と言ったら、第2シーズンの中でも随一の面白さではないかと思う。もちろん話はそれだけにとどまらずに、ジェインウェイのとった最終的な行為に驚嘆させられるものがある。サブストーリーは、以前から少しずつ出てきていてワイルドマン少尉の出産の話。これも話に絡めていて、ダメージを受けたヴォイジャーのほうでは赤ちゃんが死んでしまい、無事だった方のヴォイジャーでは生存しているというのが興味深い。キム少尉の生死の話も含めて、見どころのあるストーリーである。


2011年3月25日金曜日

2011年3月24日の睡眠と、25日の健康

昨晩は、夕食を食べ、テレビを見ていたが早めに風呂に入り、ニュースを見ていたら眠くなったので10時半には寝てしまった。しかし夢を何回か見て、あまり睡眠の質はいいとは言えなかった。夢の内容も自分が卑怯者になった夢で、起きたときとても不愉快だった。



朝起きたとき、体がだるい感じがした。昨日いろいろ買い物をしたから手に荷物を持って筋肉痛かとも思ったが、そうではないようで、頭がぼーっとしていた。



会社に着いて、ようやく転勤の交通費清算の処理が終わった。それからすぐに電話があり、緊急のマスター登録が必要との話だった。今日はどうしようと思っていたから、それをやることにした。しかし集中力が途切れる。何とか午前中でひと段落つけた。



午後になると、アカシジアが発生して、つらかった。横浜の事業所の時は、別棟の食堂に逃げたものだが、福岡では、食堂は同じ棟の1階。なんか逃げられる場所じゃない感じ。とにかく自席で我慢していた。ユーパンも4錠飲んだと思う。



夕方になると体調も元に戻る。家に帰って、ごみを出し(福岡市はごみを夜出す)、時間をかけて夕食を食べた。キャベツとニンジンをほとんど生のまま食べたので時間がかかった。健康的とも思うが、おいしくはない。


計画停電を偽った迷惑メール

先日、携帯を契約してから初めての迷惑メールが届いた。それまではWillcomのPHSを使っていて迷惑メールには苦慮していたのであるが、携帯に移動して迷惑メールとは無縁であった。しかし、先日届いた迷惑メールは、人の不安をあおるのに十分な内容で、リンク先をついクリックしてしまい、だまされたと思ってしまった。@jtrbbtr.comから届くメールで、計画停電が関東だけでなく、全国的に実施されることになった、という内容のメールである。これは1週間前まで計画停電でてんてこ舞いさせられた僕としては、思わず反応してしまい、あとでだまされた、と気づくぐらいであった。さっそく迷惑メールの受信拒否に指定して今後このアドレスから届かないようにしたが、こういう世情が不安なときに出会い系がこのような不安をあおるようなメールを送信するのは、被災者に対して失礼だと思う。被災者じゃなくても不愉快にさせられる。ただでさえ迷惑メールは不愉快にさせられるのに、その文面が計画停電の話だと、余計である。業者もちょっとは配慮したメールを送れよ、と言いたくなる。まあそれができないからこういうことを平気でやるのだろうが。



P.S.九州地方でも現在整備中の原発の運転再開を未定にしてしまい、今年の夏は計画停電実施か、という情報が流れている。段々他人ごとではなくなっているのが実態である。なので余計に怒った。


2011年3月24日木曜日

Firefox 4を自宅のPCに入れてみた

昨日のエントリーで、Firefox 4が登場した旨書いたが、自宅のPCにも導入してみた。そこで気づいたことが二つ。Microsoft社の.NET Framework Assistantと、Norton Toolbarが互換性がないと機能の無効にされてしまったことである。特に困ったのがNorton Toolbarの無効化。この機能、最近ではすっかり慣れて、危険なサイトの判別に役立っていたのであるが、それが機能しなくなってしまったのが痛い。たぶんNorton側でも対応するものと思うのだが、しばらくはこれなしでネットを徘徊しなければならないことになる。これは意外であった。てっきりNorton側でもすでに対応しているものと思っていたからである。早く対応されることを期待する。



追記:Nortonのサイトで確認したところ、Norton ToolbarのFirefox 4とInternet Explorer 9への対応は5月上旬になるとのこと。やることが結構遅い感じがする。


2011年3月23日の睡眠と、24日の健康

昨晩はなぜか時間がなくて、ネットを見ていたらあっという間に寝る時間になった。10時半には眠りたかったので、適当なところでPCをいじるのをやめ、就寝についた。昨晩の寝つきはよかった。途中4時ぐらいは眠りから覚めたが、次に起きたのは6時20分ぐらい。でも今日は転勤休暇を取っているので、トイレで7時に起きて、またうとうとしてしまい、8時過ぎに起きた。調子は今一つかなという感じがしたが、今日は区役所に転入届等を出しに行くので、支度をして家を出た。



やることは、転入届と、印鑑証明書、バイクのナンバープレートの交付、障害者自立支援制度の申し込みの確認、警察署に行っての住所変更と盛りだくさんであった。まずは区役所に行って1時間ほどかけて諸手続きを行った。続いて警察署に行って住所変更を行った。それだけで午前中は終了。昼になったのでネットで調べた博多ラーメン店に行って昼食を食べた。



食後はこまごまとした家財用品の購入と、夕食の購入をした。結構お金が出ていく。トイレのカバーだとか、部屋に敷くカーペットの購入など、バイクで何回か往復するような感じであった。



2時ぐらいに落ち着いたので久しぶりに映画を見る気になった。午後になると調子も普通に戻っていて、映画を見る雰囲気になっていた。で見たのが「エアベンダー」という作品。Blu-rayなので画質はよく、5.1chのサウンドを5年ぶりぐらいに堪能した。



映画を見終わった後は、シャツのアイロンがけとか、レビューを書いたりして結構忙しい。この後は夕食を作る予定である。久しぶりの野菜炒めを作る予定。


エアベンダー

詳細は、THE LAST AIRBENDER(Blu-ray)/エアベンダー/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。ラジー賞を受賞した不名誉な作品。でもサラウンドを全開にしてみるとまあまあCGとサラウンドで見られる作品。しかし、話は説明不足の感じがする。まあ続編ありきのつくりをしているから仕方ないか。


2011年3月23日水曜日

2011年3月22日の睡眠と、23日の健康

昨晩は、「元春レイディオショー」の予約録音をするために、AVアンプをTunerに切り替え、雑音の混じる中、タイマーをセットして10時半過ぎに寝てしまった。しかしなぜか昨晩は寝つきが悪く、いつまでたっても眠れなかった。時計に目をやると11時15分。45分もベッドの中でただ横たわっていただけになる。その後は眠りについたが、深夜3時ぐらいに一度目覚める。ほどなく寝たが、6時半の起きたときには、調子が悪かった。



それでも朝食はまずまず食べられる。神奈川にいたときより睡眠時間が少し伸びたからかなとも思っている。だるい感じの中出社。午前中は会社に届け出る住所変更の資料の山と格闘していた。



昼飯はおかずが少ない感じがしたので、ご飯は少し多めに食べた。その後2時からは会議。といっても発言する場はない。ただ出席しているだけ。



午後3時過ぎになると眠くてしょうがなかった。明らかに寝不足気味。そわそわ感と相まって、何とも安定しない調子になっていた。ユーパンも昼食後と、3時ごろに1錠ずつ飲んだ。



本日も定時で帰宅。どう帰っても電車の時間と、夕食の買い出しの時間で実家にいたときよりは帰りが遅くなる。食事の準備も(オーブンレンジで温めるだけだが)腹減ったに拍車をかけている。夜になると落ち着いてくるのはなぜだろう。


Firefox 4登場

Microsoft社のInternet Explorer 9は、東北地方太平洋沖地震のため自粛という形をとって、日本のみリリースが延期されているが、Mozilla Foundationは、逆に今日の深夜にFirefox 4をリリースした。最初にこのことを知ったのはTwitterで、謎めいた文章からリリースされたのだなと感じ取った。会社に着いて、さっそく確認してみると、確かにリリースされている。Firefox 3.6からアンインストールしないでも、自動アップデートでアップデートされるという事もあり、さっそく導入してみた。導入しての感想だが、会社のPCはセレロン2.0GHzのというかなり古い機種で当然Windows XPというレベル。体感上は少し早くなったかなというぐらいだった。アドオンは、不具合が二つ。IE Tabが正常動作しないで、なぜかFirefox内にとどまらずIE自体が立ち上がってきてしまう現象があったのと、Google Toolbarが履歴の項目から選ぼうとしても選べないという事ぐらいである。予想外にアドオンの適用範囲が広いので驚いている。これから家のPCにもインストール(というかアップグレード)してみるつもりだが、家のPCは性能がそれなりに高いはずなので期待が持てる。


2011年3月22日火曜日

2011年3月21日の睡眠と、22日の健康

昨晩夕食後、いつものようにベッドに横になっていたのだが、体が落ち着かなくなり、あちらこちらが痛いは、そわそわするはで大変だった。いつもなら1錠ずつ時間を空けて飲むユーパンを2錠一気に飲んだくらいである。ユーパンを飲んでから、少し起きてBlu-rayを見たりして気を紛らわせていた。



風呂に入った後、ふと気になって部屋の器具の説明書を見ていたら、実は部屋のテレビ、BSもCSも入ることが判明した。夕方NHKの人が集金に来て、てっきりBSは入らないと思って地上波だけの契約をしていたのだが、これは後で契約変更しないといけないかなと思ったりする。



10時に布団に入り、「報道ステーション」を見ていたが、昨晩は眠くてそのまま寝てしまったので、起きたときにテレビを消して、再度眠りについた。深夜3時24分に一度起きたが、その後また熟睡してしまい、6時半に起床した時は意外とすっきりしていた。



会社への道順は一回行っただけだったので、早めに出勤して8時20分ぐらいに着いた。それからは一日中引っ越しの片付け。昼食の時間が12時45分になってしまったので、朝食を食べたのにもかかわらず、昼前に結構腹が減った。



今日は一日中調子は普通で筋肉痛が残る以外はまともだった。でも昼には1錠ユーパンを飲んではいたが。



定時で上がり、家に帰る。帰りは電車の本数がないのと、夕食を買いにスーパーに寄ったりしたので、夕食を食べたのが7時半。ビールと焼酎を飲んで疲れを癒した。


計画停電について感じるところを少し

もう引っ越ししてしまったから、あまり関係ないともいえるが、両親がもろにぶつかっているので少し書いてみたい。



地震が起きたとき、即座に停電になって、何が困ったかというと情報が入らない、という事だった。もっともマスコミも情報が入っていなかったので、ラジオを聴いていても大したことはなく、停電が復旧した後初めてテレビを見てその被害の大きさに驚いたぐらいである。しかしまさか被害が関東に及ぶとはこの時思ってもみなかった。計画停電は、実家では第3グループに属し、停電するときもあれば停電しないときもあり、非常に不安定な状態にあるといえる。会社に行っていたときは、この停電のおかげで会社に行ったり家に帰るのに大変な苦労をしたといえる。実家の両親はまあ食事の時間が狂ったぐらいで晴耕雨読のような生活になっているからそれでもいいが、これが続くと大変なことになってくると思う。それと停電のする地域に結構差が出ていて不公平感があるのも問題だと思う。東京電力はそれも少し是正する旨発表しているが、どこまで修正できるかは謎である。とりあえず東京電力は4月末まで実施と発表しているが、需要の増える夏や冬にもその停電の可能性は否定しないという事である。都市機能が完全にマヒしている状況は、今後の日本に多大な影響を与えてくると思う。しばらくは様子見をしていきたいと思うが、九州の地では何も手伝えることはなさそうである。


2011年3月21日月曜日

DEEP FORESTのエリック・ムーケ、フリーダウンロードを新曲「It wont be long」に変更

何日か前にDEEP FORESTのエリック・ムーケが「Amazonia」のフリーダウンロードを開始したと書いたが、実はその後変更があって、ダウンロードできる曲が新曲であろうと思われる「It wont be long」という曲に今は変わっている。これはなかなかいい感じの曲で、多分今後発売されるであろうDEEPシリーズの中の一曲だと思う。ご興味のある方は一聴を。


ACのCMが多い

ここのところ、テレビを見る機会が少し多くなっているが、気づいたのが地震の報道が少し落ち着いた民放のCMである。ACのCMがやたらと多くて、耳に付いてしまっているのである。どうも地震の影響でスポンサーがCMを自粛してしまい、元々公共広告機構という名称だったACが結果としてCMを大量に放送されるという結果らしい。しかし、さすがにおなじCMを何回も見させられると、飽きてくる。今ACは震災に対しての新しいCMを制作しているという話だが、他の企業がCMの自粛を解除しない限りしばらくはこのACのCM攻撃を我慢するしかないというところである。


2011年3月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩は、せっかく5.1chのサラウンドシステムを組んだので、夕食後「スター・トレック ヴォイジャー」を鑑賞した。やっぱりちゃんとスピーカーが5.1chあるほうが音響効果にリアリティがある。多分5年ぶりぐらいに5.1chで楽しんだような気がする。



「スター・トレック ヴォイジャー」を見終わった後、テレビもつまらないので早めに薬を飲んで10時過ぎに寝てしまった。しかし、寝つきは今一つだったし、お腹の調子が悪くて深夜3時過ぎに目覚めてトイレに行った後、あまり眠れなくなってしまった。途中変な夢も見たような気がするが、3時からは寝た気がしなくて、ずっと目をつぶって横になっていただけという気がする。まだ新生活に慣れていないで神経質になっている感じがする。



朝はトイレに起きた後、眠れなくなって7時半に起きた。朝食にホットミルクを飲む。気温が低くてなんとなく寒いので温かいものがおいしい。調子は今一つ。午後になるにつれて体が痛だるい感じがして、集中力が途切れるし、精神が安定しない感じがしていた。



午前中雨が少し止んだのを見計らって、バイクにガソリンを給油しに行った。リッター151円とだいぶ高くなっている感じがする。ガソリンを入れてマクドナルドで昼食のハンバーガーを買った後、雨がまた降り出してきたので新居に戻って、傘をさして近所のスーパーで少し買い物をしていた。



午後はだるいので映画を見る気にもならなくて、1月に録画したノンフィクションをぼーっと見ていた。この程度ならあまり体調が良くなくても見られる。映画は来週見られるかな。


WOWOW「ノンフィクションW」富野由悠季 宇宙エレベーターが紡ぐ夢

今年の1月にWOWOWで放送されたノンフィクション。「機動戦士ガンダム」の生みの親である富野由悠季監督が、新作の構想中に登場する宇宙エレベーターについて、いろいろ現在存在する技術をいろいろ紹介するという内容。大学の宇宙エレベーター研究から東京スカイツリーのエレベーターの紹介、宇宙空間に持ち上げる土の存在など、興味深い内容が詰まっている。富野監督は確か2006年ごろに「リーンの翼」を発表して以来新作がないと思ったが、今も健在で、宇宙を舞台となる作品になりそうである。その中で登場する宇宙エレベーターをリアリティあるものにするためにいろいろ調べていく姿は、富野監督の一連の作品のリアリティ感に共通するものがある。いつ新作ができるのかは不明だが、楽しみにしたいと思う。


ジャック・ケルアック「オン・ザ・ロード」

作家で服役軍人のサル・パラダイスはプレイボーイで、盗みの常習犯であるディーン・モリアーティと知り合い、彼に魅了される。彼とともにサルは、アメリカ大陸を縦横無尽に放浪の旅に出ることになる。ニューヨークからサンフランシスコへ、デンヴァーからメキシコ・シティへ。サルは放浪の旅の中、さまざまな出来事に遭遇する。



1950年代の一大ムーブメントを巻き起こしたジャック・ケルアックの代表作「On The Road」の新訳版が本作「オン・ザ・ロード」。旧版は「路上」というタイトルで発売されていた作品である。ビートとは、「打ちひしがれた」という意味が元々の本意ではあるが、ジャズの「ビート」とか、肯定的な意味合いも含まれている。この本の中では、型破りなヒーロー、ディーン・モリアーティとサル・パラダイスの友好関係や、サルがアメリカ各地で体験する旅の模様が描かれている。この本の登場によって、1950年代の幸福な典型的な家庭主義の否定と、1960年代に移行していくことになるヒッピームーブメントの序章となるものである。今読むとさすがに時代を感じさせるものがあると思うし、典型的な1950年代のアメリカの家庭主義自体が無くなってしまったので、ビート・ジェネレーションの意味合いは薄れてしまっているが、それでもこの本がのちのロックンロールや、文芸界に与えた影響は大きい。旧版である「路上」も実は一度読んでいるが、今回の新訳版「オン・ザ・ロード」は注釈がところどころあり、また、流れるような文体を意識して邦訳しているのでとても読みやすく、音楽を聴いているような感じを受ける。ロックンロールの源流を知りたければ、一読をお勧めしたい作品である。


2011年3月20日日曜日

スター・トレック ヴォイジャー 第36話「パリスの裏切り」

ヴォイジャー艦内で、ニュースを伝えることになったニーリックス。彼はトム・パリスが船を離れるというニュースを聞き、それを報道する。そのような中、ワーブコアが破損。そしてパリスがケイゾンに捕らわれたことを知る。調査をしていたニーニックスは、パリスがケイゾンに情報を売っていたのではないかと疑念を抱くが。



ここ何話かエピソードとして語られていたパリスの素行不良と、ケイゾンに情報を流していた裏切り者の話にけりをつけるストーリー。それをただの話ではなく、艦内のムードメイカー(と自分で言っているが結構お邪魔虫かも)であるニーニックスのジャーナリストとしてのエピソードとしての話にしたところがなかなか面白い。普通にパリスの裏切りと裏切り者のエピソードとしての話にしても十分に面白いのに、更にニーリックスを絡めたところが、面白さを倍増させている。今回の話でパリスの素行不良の原因と、裏切り者の結末がはっきりし、ケイゾンに裏切ったセスカの話もひと段落かと思われるが、実は第2シーズンラストはまたセスカ登場の話なので、ケイゾンとヴォイジャーの関係はもう少し続く。ドクターがニーリックスのニュースに出たがるというサブエピソードは話に笑いを提供させている。


2011年3月19日の睡眠と、20日の健康

昨晩は、夕食が安くて腹一杯になってしまったので、とにかく部屋に戻って、まずシャワーを浴びてからベッドに横になっていた。テレビもテレビQの旅物を見て、9時半には消灯をしたのだが、とにかく腹一杯でなかなか寝付けなかった。途中でトイレにも行ったと思う。夜中は何回か目覚め、朝も5時20分にトイレを何回か行って目が覚めてしまったので、テレビで原発事故の続報を見ていた。



朝食は6時半からバイキングを食べた。なんとなくお腹の調子が悪いところで、どうなるかと思ったが、とりあえず食べられた。7時過ぎにホテルを出発。新居に8時に着くと、すでに引っ越し業者が来ていた。



引っ越し業者の搬入は1時間半ぐらい。それから両親と、荷物の片付けをして午前中は終わった。懸念していた雨も午前中は降らずに助かったと思った。



昼食は新居から歩いて10分程度の回転寿司屋。父と一緒にビールで乾杯した。大半の皿が105円だったので、安く済んだ。



午後は家電製品待ちで途中で飛行機の時間があるから両親は帰っていった。僕はといえばAV機器の5.1chの配線で悪戦苦闘していた。とりあえず終わると、雨の中ヨドバシカメラが洗濯機や冷蔵庫を届けにやってきた。これを設置してもらい、とりあえずひと段落ついたので、近所のスーパーに行って夕食と明日の朝食を買いに行った。このころになると、何となくさびしい気分になり、ちょっと疲れも出てきた。


新居に引っ越し

何回かこのブログでエントリーしたような気がするが、本日、神奈川県から福岡県に拠点を移した。朝のうちに引っ越し業者がやってきて、荷物を運びいれ、自分でAV機器とPCの配線と設定をし、午後には洗濯機や冷蔵庫といった生活必需品が届いて、今コーラを飲んでひと段落したところである。午前中は片付けを一緒にしていた両親も実家に帰るために午後2時ぐらいに帰った。以前にも一人暮らしはしたことはあるが、その時はメンタルな不調のため、また実家暮らしという結果を余儀なくされた。これからはまた一人で生活をしていかなければならないのだが、あまり気張らず、ゆったりと自分のペースでやっていきたいと思う。病気で入院とかいうのはもうこりごりだからである。焦らず、のんびりと新しい地で生活していきたいと思う。


2011年3月19日土曜日

2011年3月18日の睡眠と、19日の健康

昨晩はなんか調子悪かったので夕食後ベッドに横になって寝ていた。とりあえず風呂に入り、9時半に寝たのだが、夜飲む薬が効いてくるまでは眠りにつけず、ベッドで寝返りを打っていた。



途中夢を見たが、比較的熟睡はとれた。今朝も6時に起きる。今日は福岡に移動する日である。支度をして家を出た。



行きの飛行機では何となく落ち着かず、足をそわそわさせていた。とりあえずユーパンを飲んでおくことにした。



両親と一緒に福岡に着いて、まず太宰府天満宮に参拝にいくことになった。途中の天神で昼食のうどんを食べる。これが安くてうまかった。



太宰府天満宮でお参りしたあと、お茶を飲み休憩し、博多に戻って、不動産屋で新居の鍵を受け取った。この頃になると、調子も回復していた。



ホテルに4時にチェックインし、少し休憩してから、中州に夕食を食べに行った。店名は確認し忘れたが、そばとうどんの店で夕方5時から提供される酒のつまみが安くてうまかった。3人で腹一杯食べて、4000円という安さだった。


2011年3月18日金曜日

2011年3月17日の睡眠と、18日の健康

昨晩は、弟が元いた部屋で親父のPCをいじってネットを見、古いブラウン管テレビでニュースを見ていたりした。福島原発の状況は良くはないが、神奈川ではまだ逃げ出すというところまではいっていない。関係部署の努力に期待するしかない状態である。



昨晩の睡眠の質はまずまず。なんか夢を見た記憶があるが、あまり覚えていない。今朝も早朝目が覚める。引っ越し業者が来るというので、いつもと同じように朝6時に起きた。



8時に引っ越し業者が来るということだったが、結局来たのは9時ちょっと前。どうも引っ越し業者の事務所も計画停電の影響で、停電して業務が滞っていたらしい。それから約半日かけて、荷物出しを行った。といってもぼくは業者の作業を見ていただけ。取りあえず運び出しに間違いが無い事を確認していた。最初段ボール箱12個程度の梱包だったので、すぐに終わるかと思ったら、業者が行うAV機器やベッド、PCの梱包に時間が掛かっていた。



午後は親父のPCでネットを見ていたが、途中で眠くなってしまった。調子も何となくそわそわするので、ユーパンを1錠頓服で飲んだ。



ラジオが無いとさびしいので、インターネットサイマル放送のRADIKOでTBSラジオを聴く。何か音があると助かる。


堤幸彦×佐野元春「コヨーテ、海へ」DVD化決定

詳細は、ポニーキャニオンのページを参照のこと。今年の1月にWOWOWで2回だけ放映された佐野元春30周年アニヴァーサリー企画のスペシャルドラマがDVD化され、4月20日リリースされるそうである。WOWOWではハイビジョンだったので出来ればBlu-rayの発売も欲しいところだが、まあDVDだけでも出てくれるだけうれしい。4月20日というスケジュールも、少しは地震の影響が落ち着いてくるのではないかと思うので、良いタイミングではないかと思う。この作品を見るためだけにWOWOWに加入したりもしたが、今回のDVD発売は見られなかったファンにとってもプレゼントになるのではないかと思う。



4月9日追記

現在上記のURLを叩くと、ページ自体が消滅している。公式サイトでも情報が流れてこないし、4月20日発売はなさそうである。たぶんもっと遅くなって発売されるのではないかと思う。しばし公式情報が出てくるのを待ちたい。



4月27日追記

ファンサイトで、公式発売の発表があった。2枚組で作品本編と、WOWOWでオンエアーされた特番がセットになったもののよう。さらに予約特典が付くとか。7月20日発売。詳細はこちらを参照。予約特典、Amazonではつかなそうだな。どこで注文しよう。


引っ越し荷出し終わる

本日、九州へ向けての僕の私物の引っ越し業者への荷出しが午前中一杯かかって終了した。以前に引っ越しした時には、そんなに時間が掛からなかったような気もするが、今回の業者さんであるアート引越センターさんは、梱包を丁寧にやっていたためか、それともリーダーの方が一人で梱包をしていたせいか、予想以上に時間が掛かっていた。この後も別の方の引っ越しが待っているとの事で、大変だなと思う。メンバーの中に若い女の子もいて、ちょっとびっくり。重たい荷物運びに女の子がやれるのかなと思っていたら、ちゃんとやっていた。今は男女平等社会だなと改めて実感する。さて、これで明日、福岡に向けて出発し、明後日新居に荷物入れを行えば、新しい生活が始まる。期待と不安が交錯する感じである。


2011年3月17日木曜日

2011年3月16日の睡眠と、17日の健康

昨晩は、東京電力の計画停電が実施されたので、6時50分から停電になってしまった。やる事が無いので、iPod Nanoで音楽を聴きながら薬を飲んでベッドに横になっていたら、8時半には寝てしまった。寝付きは良かったが、深夜2時には一度眼が覚める。再度寝たが、5時過ぎに目が覚めると、もう眠れなかった。



今朝も早起きして、通勤ラッシュに備える。がしかし、朝のラッシュ時はJRも東急も平常ダイヤの模様で、座って行けたし、あっけにとられていた。日本人の適応力がすごいのかと一瞬思った。



会社は引っ越しモード。朝から荷出しで一日中忙しかった。歩き回っていたので、脚が疲れ、夕方になるとアカシジアが出始めた。その頃になると、会社も計画停電で電気が消え、ゴミ捨て以外何もできないので、疲れて椅子に座っていた。当然ユーパンは帰宅時も含め、3錠を頓服で飲んだ。



何時もより30分早く早退。でも電車のラッシュが始まっていた。計画停電だけでは電気が足りないという発表があったらしく、電車も間引き運転で「いつ帰れるのかな」という感じだった。ぎゅうぎゅう詰めの車内を我慢しながらまあまあ時間に拘わらず家に帰って来れた。そうしたら家の方は計画停電していないので拍子抜けした。


2011年3月16日水曜日

2011年3月15日の睡眠と、16日の健康

昨晩もテレビ神奈川のニュースを見ながら、停電情報を確認していた。僕の住む町は、夕方から夜にかけて停電ということで、会社休み入れていてよかったと思った。



昨晩も寝付きはよく、7時までは寝ていた。トイレで起きて、再度寝たが、8時には起床。調子は悪くない。



朝一番で役所にいって転出届をもらう。停電のせいで月曜貰えなかったから、急は電話で確認してから出掛けた。



家に戻ってきてからは断続的に引っ越しの準備。一番手間なAV機器の解体に励んでいた。



夕方には、PCの配線も外し、これでとりあえず完了。携帯のみが唯一の外部との連絡網になった。



午後途中で少しそわそわしたが、薬を飲まずに済んだ。


DEEP FORESTのエリック・ムーケ、DEEP BRASILのAmazoniaをフリーダウンロード、日本赤十字に寄付

奥様が日本人という事で親日派として知られるフランスのテクノユニットDEEP FORESTのエリック・ムーケが日本赤十字に寄付をすべく、自身が発表したアルバム「DEEP BRASIL」のオープニング曲、「Amazonia」を公式サイトでフリーダウンロードすると発表した。現在、公式サイトでフルサイズのリスニングをすることができる。癒しの音楽である「Amazonia」をフリーダウンロードしたのは、彼のミュージシャンとしての声明みたいなものだと思う。ゆとりのある方は一度聞いてほしい。


音楽業界、新譜のリリース延期が続出

「東北地方太平洋沖地震」の影響がここにきて、音楽業界においても波及し始めている。AVEXやSONYといった会社は、3月に発売を予定していた新譜のリリースをそろって見合わせた。個人的には、3月は小室哲哉のソロアルバムや、capsuleの新譜があったので、残念である。理由はいろいろあろう。一番の大きな理由は流通の不安定さが挙げられると思う。関東地方では、ガソリンの買い占めに走る人が多くて、ガソリンスタンドは開店休業状態が続いている。また当然被災地である東北地方では、商品の供給より、非常食や毛布といった災害救助用物資の送付が先だという事情もあると思う。だがしかし、こんな災害だからこそ、音楽業界は音楽が人々を勇気づけられるという事実は忘れないでほしいと思う。昨日、僕は、満員の通勤電車の中で、久しぶりにニュースから離れて、佐野元春の「THE SUN」を聴いた。その時の心の負荷が離れたような解放感は忘れることができない。震災で生き残った人々、外から眺めるしかできない人、2次災害で苦しんでいる首都圏、そうした人たちに勇気づけられる行動を音楽業界には節に要望したい。


2011年3月15日火曜日

2011年3月14日の睡眠と、15日の健康

昨晩も夜はニュースを見ていた。関心事は計画停電と、それに伴う通勤時の足の確保。僕の住む町はグループ3なのだが、テレビの報道だと、朝6時20分から停電だという。ニュースを見ながら、また明日早起きしようと、アラームを6時にセットして寝た。最初は熟睡だったが、明け方5時ごろに目覚めると、その後は眠れず。アラームの1分前に起きて、ラジオを点け、PCの電源を入れ、鉄道の運行情報を確認する。14日と違って、JRがだいぶ復旧していたので(間引き運転だが)、「たぶん大丈夫だろう」と判断して出勤。実際混雑はしていたが昨日ほどでもなく早目に会社に着いた。



会社ではやることも特になく、ずっと交通情報チェックと、原発事故の続報を見ていた。原発の事故は時間が経つにすれ、被害状況がひどくなっていく。というより最初問題のなかったはずの原子炉が問題になってくるなんて、東京電力の管理はどうなっているのよ?と疑いたくなった。



午後は少しそわそわするので帰りの電車の待ち時間も含めて3錠頓服。それで落ち着いた。帰りはのんびり帰ろうと思いながら帰宅の途に着いたが、電車の接続が運よく繋がっていたので、いつもと同じ時間に家に帰宅。あまり疲労困憊せずに済んだ。



今日はさすがにラジオを聴くのはやめて、佐野元春の曲を聴いて出勤、帰宅していた。ちょっとした気分の高揚を図ったようなものである。少し情報に振り回されるのに疲れたというのもある。


今日の計画停電を受けて

今日は、昨日の計画停電と違って、きちんと実施がされた模様である。僕の住む地域はグループ3という事で、朝6時20分から10時までという事だったが、実際に始まったのは7時少し前から。通勤時にバイクを乗っていたら、信号が消えていたので、「あっ、停電だ」と知ったぐらいである。確か会社のある住所もグループ3だったなと思いながら、間引き運転しているJR、私鉄を乗り継ぎ、いつもより早い8時ちょっと過ぎに会社に着くと、こちらはなぜか停電せず。拍子抜けしてしまった。どうも東京電力のやることは分からん。というか東京電力の組織自体が機能していないのではないの?と疑いたくなる。会社で原発のニュースも見ていたが、こちらも情報隠ぺいではないかと思うような事柄が次々出てくる。今一番信用できない会社になっていると思う。帰宅時は、電車は間引き運転していたが、計画停電の地域に入っていないため、通常通りに帰宅できた。しかし、明日は、夜が停電の予定。引っ越し休暇を取っているが、夜は何もできなさそう。携帯は生きてはいるから多分ブログの更新ぐらいできるだろうけれど。


2011年3月14日月曜日

今日の計画停電の混乱ぶりについて

今日は一日計画停電の実施予定とその中止に振り回されたなと感じた一日だった。JRは全面運行停止、私鉄も一部運行停止と再開を繰り返し、携帯とラジオで情報を得るのに苦労したといってもいい。東京電力や電鉄会社も苦労しているのだと思うが、これだけ情報がぎりぎりまで出ないと、こちらとしても動きようがなく、どうしようもない。明日以降も計画停電が実施されるという話で、先ほどその地域と時間が発表されたが、明日は大丈夫かという疑問が残る。今日は電鉄会社がほとんど動いていなかったために結局茨城と千葉、静岡の一部で計画停電が行われた以外は何事もなかったが、明日はどうだろう。ぎりぎりの綱渡りが続きそうな気がする。一刻も早い情報の発信をお願いしたい。


佐野元春、「それを「希望」と名づけよう」の英訳詩を発表

昨日、ファンの方々に向けて、そしておそらくは被災者に向けての詩を発表した佐野元春が、今日になって、英語訳詩を追加で発表した。山内あゆ子さんという方が英訳をしたもので、これで世界に向けて発表したことになる。昨日最初にこのエントリーをした時、ファンである僕としては、無条件で賞賛する記述をした。しかし、その後2ちゃんねるの書き込みを見ていると批判の声ばかりで、僕としては戸惑ってしまった。2ちゃんねるは時として悪意の塊になることがあるが、それでもあまりの批判ぶりに僕としても自分の判断が正しかったのか迷ってしまい、内容を修正して詩を全文載せることで見てもらう人に判断してもらう方向にした。そして、今日公式サイトを見て、新たに英訳詩が掲載されたことを知って、僕の最初の判断は間違っていないのではないかと思うようになった。確かに分かりやすい詩ではないと思う。読む人によっては批判が出る可能性も否定はしない。でも佐野元春としては、こういうパフォーマンスでファンや被災者、そしてそれをただ見守るしかない人々に向けて何かを発信しなければという衝動に駆られたのであろう。何回も詩を読んで、今、僕はこの詩で希望という言葉に何か意義深いものを感じたことを告げたい。


計画停電、第5グループは実施、ただし一部地域のみ

ただ今のNHKニュースで、第5グループの17時から19時までの計画停電は実施したとの発表があった。これまで需要が供給を下回っていたために、計画停電は実施を見送られてきたのであるが、夕方の帰宅ラッシュと夕食の用意などの需要が増えてきたために一部地域では実施したとのことである。ただし第5グループのすべてではなく、その一部のみとのことである。茨城と静岡の一部のみという事で、南関東は影響なさそうである。


2011年3月13日の睡眠と、14日の健康

昨晩は、テレビ東京が通常番組に戻り、少し地震関連の番組も元に戻ってきたかなと思ったが、東京電力が計画停電の実施を決めたことで、不安感を覚えた。風呂に入ってから、テレビを見てその計画停電の情報を得、10時半には寝てしまった。



朝4時ぐらいまでは熟睡だったのだが、そこで起きてしまい、その後あまり眠れなくなった。眠い状態だったが、少し早めに起きて、情報収集に当たる。しかしラジオでは情報が入らない。仕方ないので、支度をして会社に向かった。



電車は駅に着いたらJRは完全に運休、振り替え輸送もないという事で、やむなく京急線で自腹を切って、横浜まで出、東急に乗り換えた。無事に会社には着いたのだが、JRが止まっているために出社している人はあまりいない。会社でインターネットを見て鉄道の運行状況を確認し、出社している同期とも話して午前中で帰ることにした。



とりあえず、処理するべき書類を処理して、引っ越しの準備を同期としていた。調子は悪くない。11時に片づけを一段落させ、帰宅の途に着いた。東急線は、12時から5時半まで武蔵小杉-横浜間を運休、京急線は間引き運転という事で、何とか1時過ぎに家に帰り着いた。家に着いてラジオを点けると、京急線は3時半に全線運休との話で、帰宅難民にならずにすんだ。



引っ越しの準備をしようと、役所に行ったら、サーバーが止まっているために手続きができないとのこと。これは予想外だった。計画停電が中止になっていたから大丈夫かと思ったのだが。郵便局の郵便物転送は受け付けていたので、それだけを手続しておく。



家に帰ってきてから、あまり地震関連情報ばかりでもなと思い、「スター・トレック ヴォイジャー」を見た。こういう時だからこそ、少し息抜きも必要かと思う。でもステレオシステム稼働させてしまったから、少し節電にはよくなかったかも。


スター・トレック ヴォイジャー 第35話「ドクターの恋」

デルタ宇宙域を航行中のヴォイジャーは、ヴィディア人の宇宙船を発見する。中の搭乗員はライフサインが微弱で、ヴォイジャーに緊急転送をする。ドクターは、そのヴィディア人女性の脳死を防ぐべく、一時的にホログラムの体を作り、彼女の神経バッファーを移植する。命の助かったヴィディア人女性は、元々医者で、ドクターと気があった。ドクターもその女性を意識し始め、コンピュータープログラムにないはずの恋をし始めていた。パリスとケスはそんな二人を見て、恋の手ほどきをするのだが。



スター・トレックのシリーズを通して描かれる人間とは何かという問いかけに対するストーリーの一つ。今回はコンピュータープログラムであるはずのドクターが人間と同じような恋をしてしまい、戸惑うという経過が描かれる。ヴォイジャーの特徴の一つであるホログラムが自我を持つという話を描いた話になっている。ドクターがラブシーンを演じるというのは、珍しいのではないかと思う。また、第1、第2シーズンで描かれる危険な種族であるヴィディア人が今回はロマンティックに描かれているのも特徴であるといえよう。彼女の描き方もまたスター・トレック的である。この二人に恋の手ほどきをするのが、パリスとケスというのが面白い。そのパリスはサブエピソードで、チャコティに反抗し、拘束されるという事態になる。ここ数話でパリスの態度の変化が描かれるが、これは後々のエピソードにつながっていくものと思われる。


東京電力、第1、第2に続き第3グループの計画停電実施を見送り

昨晩管総理と東京電力から発表された計画停電だが、需要が供給を下回っているのか、今のところ、第1グループ、第2グループに続き第3グループも実施を見送った模様である。たぶんJR東日本の首都圏(東京以外)の運休や、各商業施設の休店、企業の開店休業状態が、需要を下げる状態になったのだと思うが、まだまだ予断は禁物である。明日以降も綱渡りの危機は続くとみられる。


会社を早退

朝、交通状況のことが分からなくて、いつものように電車に乗ろうと、JRの駅に行ったら、全面運転中止。仕方なく京急に乗り換え、ダイヤの乱れる中、東急線で会社に到着した。会社に着いて、インターネットで確認すると東急線は昼から夕方まで運休、京急は間引き運転、会社は昼から計画停電ということで、かなりヤバイ感じがした。職場の人もJRが動いていないため、出社できない。誰もいない中、メールの処理をして、引っ越しの準備を少ししたあと、早退することに決めた。ただ今帰宅中だが、なんとか無事に帰りつけそうである。しかし、このような事態が続いたらどうなるのか不安になってきた。


2011年3月13日日曜日

東京電力、14日の計画停電を実施

先ほど管総理大臣の国民への発表があって、東京電力が電力の需要に応じられない恐れがあることから、あす14日の6時20分から夜まで営業管轄地区を5か所に区切って、最大3時間の計画停電を行うと発表した。北関東を除くと、あまり被害のなかったといえる関東甲信越地区だが、ここにきて、2次被害が発生しているといえよう。インターネット上では、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の日本全国から電気を集める作戦をもじって、節電に協力する作戦を「ヤシマ作戦」と称していたが、ここにきてそんな状況ではないことが明らかになってきた。どの地区をどのように停電していくのかは東京電力の発表待ちだが、かなりシビアな状況になることは明らかであろう。未曽有の状況下で、国民の一人一人がどう対応していくのか、問われているような気がする。



追記:毎日新聞では、計画停電のエリアを発表している。東京電力のHPはアクセス不能に陥っているので、こちらを参照いただきたい。


2011年3月12日の睡眠と、13日の健康

昨晩は、電力不足に対応しようと、自室のテレビやPCを消して、居間でNHKのニュースを見ていた。東北地方のあまりの惨劇にショックを受けたうえに、福島原発の被害の状況には不安感が襲ってきた。まあ僕の住んでいる神奈川まで放射能が汚染されることはないと思うが、フェイルセーフされていたはずの原発が、非常事態を受けているのはやはり驚いた。



一昨日停電で風呂に入れなかったので、昨晩は風呂に入ってさっぱりした。そうすると寝つきも良くて、昨晩は7時までぐっすり寝ていた。トイレで1回起きて、またうつらうつら寝ていた。今日はたっぷり睡眠をとって、調子は悪くない。



午前中は引っ越しの衣類の選択をしていた。着ていない衣服がたくさんあるので、どれを持っていくか悩んだが、とりあえずまだ水曜日の引っ越し休暇もあることだし、とりあえず段ボールに詰めるのだけは避けていた。



なんか地震の追加状況や、原発のことが気になって、落ち着いていられない。いろいろネットで情報収集をしていた。それでも午後には散歩に出かけ、運動をした。ガソリンスタンドが品切れで閉店しているのに驚く。母も買い物に行ってスーパーの大混雑にびっくりしていたようだ。



帰ってきてからもラジオとPC。なんか映画も「スター・トレック」も見る気分じゃない。そわそわするのでユーパンを1錠飲んで、落ち着かせていた。


佐野元春、地震に対して「それを「希望」と名づけよう」というタイトルの詩を発表

今日は元春の55回目の誕生日という記念の日なのだが、残念なことに2日前に起きた地震のため、あまり祝える状況ではない。そんな中、元春から詩が届いた。2001年のテロの時には「光」という歌が届けられたが、今回は詩である。その全文は、下記のようになる。著作権の問題もあると思うが、多くの人に届けばと思い、掲載する。





それを「希望」と名づけよう

佐野元春





街が揺れた夜、君はひとり無断で、

市営プールに潜りこみ、身体を水に浸した



そして暗がりの中、瞑想した



人は時に、光に水に、雨に風に、感謝し、

人は時に、光に水に、雨に風に、屈服する



この闇の向こうに震えるのは

誰か、嘆きの声



同胞の不在は確かに不可解だ



それはそうだ

しかしどうだろう



君は偽善の涙など流さないと誓ってくれ

決まりきったお悔やみなど無用だと言ってくれ



夜が明けて、そこにいつもどおりの太陽が照り、

草木は首をもたげ、

鳥たちは空を往く



あぁ、美しくも残酷なクリシェ!



一方で、

君の身体の細胞ひとつひとつに染みいる光はどうだ

傷だらけではあるが依然雄々しいその筋肉はどうだ



そうさ、君は同胞の不在を気にかけているんだろうが、



たとえば、

偶然にも生き残った君の生を讃えてみてはどうだ?

たとえば、

生き残ったことへの幸運を噛みしめてみてはどうだ?



不謹慎だとわめく偽善者を後に残し

君が光を放つことで、友を弔うんだ



それを「希望」と名づけていいんだよ



余震は続く




2011年3月12日土曜日

2011年3月11日の睡眠と、12日の健康

昨晩は、地震による停電のために何もできなかった。PCはもちろん、テレビもダメ。唯一電池残量のあったiPod annoでFM放送を聞くことはできたのと、携帯のimodeでわずかな情報を得ることができたのみだった。実際のところ、その被害状況はほとんどわからないままだったとみていい。仕方ないので8時ごろから風呂にも入れず、そのまま寝たが、あまり熟睡できなかった。深夜に何度も目を覚ましていた。その時にテレビなどの電源が入っているのを見て、「ああ電気が復旧したんだな」と安心したのを覚えている。



朝はちょっといろいろ心配事があったので、6時に起床。まずテレビを点けてみると、東北地方の被害状況が放映されていて、そのひどさに絶句した。しかし、今日は月に一度の病院の通院日で、薬も切れるから、そちらの方が僕にとっては当面の心配だった。何せ薬の服用を止めてしまうと病気の再発である。今の状態でそれはまずい。電車の運行状況を調べると、まだちゃんと動いていない様子。父に病院まで車で送ってもらった。



病院は、7時半に着いて、とりあえずいつものように診察があったので助かった。待ち時間は携帯で情報収集と発信をして時間をつぶしていた。今日で今の病院での診察が終わりなので、紹介状ももらってきて、薬が1か月分出て、安心した。



家に帰ってきてからは、ずっとラジオを聴きながらPCでネットを見ていた。ラジオも特別放送状態で、神奈川県内の情報をずっと流し続けていた。



午後は軽く散歩に出かけた。コンビニとかに寄っても、食料品が軒並み無くなっていた。九州でこんな地震が起きたら、自分はどうしていただろうと、ちょっと不安になる。



眠りが悪かったので、調子が今一つだったが、楽しみにしていた佐野元春のライブも中止になったので、家でのんびりPCをいじったりしていた。


原子力発電

どうも福島原子力発電1号機の状態がよくないらしい。ニュースを見ていても安心していいのか、実はかなりまずい状態なのか、理解できない。これは僕の知識力がないだけなのか、困ったものだが、心配はしているが、今のところ僕にできることはないだろう。東京電力の方々の頑張りに期待するしかないというところか。


佐野元春、13日の公演も中止

先ほどFM横浜からのアナウンスで、東京国際フォーラムの13日の佐野元春の公演も中止になったというアナウンスがあった。家に帰って公式サイトを見ると、会場の舞台設備等に問題があるため公演できないとのこと。1年前から13日の元春の誕生日にライブをやるという事で、スタッフの方々も準備してきたことだろうし、ファンも、そして元春自身が楽しみにしていたであろうライブではあるが、やはり今の地震の被害状況、特に東北地方の被害状況や、関東地区の混乱を受けると、やむなしと思う。ライブ自体はいつの日か振替公演がされるらしいので、ファンの方々は次の機会を楽しみにしてほしいと思う。


佐野元春、本日の公演、地震の影響で中止

昨日の地震のあと、電気の送電がストップしていたので被害状況が判らずにやきもきしていたのであるが、今朝早起きしてテレビを見てみると、ひどいことになっていることが判った。そこで気になっていたのが佐野元春のライブ。電車も間引き運転、東京に出ていくのも難儀、東北の被害のすごさを見れば、気分は盛り上がらず、どうなるんだろうと思ったら、公式サイトで中止の案内が出ていた。残念と言えば残念なのだが、状況を鑑みれば、妥当な判断だと思う。来週には福岡に引っ越してしまうので、仮に振り替え公演があったとしてもたぶん見に行けないだろうが、今は東北で被災に会われた方の無事を祈りたい。


2011年3月11日金曜日

2011年3月10日の睡眠と、11日の健康

昨晩はいつものように10時半に寝てしまった。目が痒くてしょうがなかったが、睡眠は普通。途中夢を見たが、熟睡できた。7時にトイレで起きて、また寝る。8時半にちゃんと起きることにした。



今日は引っ越しの家電製品を買いに行こうと思っていたので、10時過ぎに家を出た。11時頃ヨドバシカメラに到着。店員さんと打ち合わせて、購入をした。体調は睡眠をたっぷりとったため調子はいい。



昼はマクドナルドでハンバーガーを食べた。たまに食べるとうまい。でも明日も食べるかも。



家に帰ってきてちょっとしたら、地震で何もできない。大変なことになったと思っている。


地震

先ほど14時46分ごろ地震があった。かなり大きな地震で、僕が知っている限りでは最大ではないかと思う。たまたま会社を休んでいて、自宅にいたのでよかったが、一瞬不安がよぎった。この地震で電気の送電がストップ。情報を確認するにも、テレビもPCも使えない。ただ今電池で動く携帯とiPodのラジオ機能が頼りである。



追記

東京は震度5強だそうである。


2011年3月10日木曜日

2011年3月9日の睡眠と、10日の健康

昨晩は、目がかゆいので本は読まずにニュースを見ていた。昼の地震の特集をやっていて、興味深かった。天気予報を見てから眠りについた。寝つきはよかったが夢でエロティックな夢を見てしまい、現実ではないのでがっかりした。朝は4時ぐらいに目が覚める。再度眠りについて、6時10分に起きた。起きたときから目がかゆかった。



行きの電車でも目がかゆくて目を閉じていた。会社に着いて、今日は大したことはやらないから、午後に展示会でも見に行こうかなとのんびりしていたら、9時台に一気に3つの仕事が重なって、慌てふためいた。とりあえず順番にこなし、午前は終わりを告げた。



午後はやはり展示会を見に行こうと思い、出張申請をして会社を出た。とにかく目がかゆくて、電車の中で目薬を差していた。昼はいつも飲むアキリデンを飲んだだけで出かけた。



展示会でおおよその傾向をつかんだ後、少し早いが家に帰ることにした。その前にコーヒーを飲んで休憩し、家路についた。帰りにそわそわしてしまい、ユーパンを2錠飲んだ。明日は会社の休みを取ったので、少しゆっくりできる。


スマートホンへの機種変希望は約4割

読売新聞の記事によると、インターネットの調査会社がアンケートを実施して、携帯電話とスマートホンの割合を求めたところ、携帯電話からスマートホンに変えたいという人は、全体の約4割だったそうである。残り6割は携帯のままがいいという事で、やはり日本独自規格であるお財布携帯の存在や、携帯サイトの活用が挙げられているようである。僕は個人的には、スマートホンがほしいなと思っていて、出来ればiPhoneがいいなと思うのだが、キャリアがソフトバンクというのが気に入らない。電波の感度がよくないし、会社の存在自体が気に入らない。前にも書いたかもしれないが、docomoがiPhoneを出せばすぐにでも買い増しをするのに、と思う。実際携帯電話といっても使用の度合いはネット閲覧が9割で電話機能が1割という感じだから、スマートホンのほうがあっているのかもしれない。ただお財布携帯機能も使っているので、これは携帯の圧勝だろう。ちょっと悩みながら携帯を使っているのが現状である。


2011年3月9日水曜日

2011年3月8日の睡眠と、9日の健康

昨晩は、ネットを閲覧するのもほどほどにして、久しぶりに本を読んだ。あともう少しで完結するのだが、それまでが長そうである。とりあえず10時半には寝た。途中1度目が覚めかけたが、そのまま寝てしまい、結構熟睡できたと思う。それでも朝はつらくて、胃が調子悪かった。



行きの電車では寝ては行けず、ただ眼を閉じていた。目がかゆいので、閉じているとホッとする。



会社に着いて午前中はマスター入力をしていたが、途中で統計のやり直しが入ったりしていて、ドタバタしていた。途中から「疲れた...」という感情が湧きあがってきて、作業するのに気力がいった。



昼食はしっかり食べて、午後に備える。午後もマスター入力の続きで、2時ぐらいまでは作業していた。その後は疲れてやる気無くしたので、ネットを見ていた。ちょっと所在無げな感じだったのでユーパンを2錠頓服で飲んだ。



メンタル面での調子は疲れが出てきた以外まあ普通だが、花粉症の症状は、目がかゆくてちょっとつらかった。今日は我慢できる程度だったが。



本日も定時で上がり、のんびり電車で帰る。帰宅ラッシュのせいか、電車は混んでいて、携帯でネットを見るものひと苦労だった。


地震とツイッター

本日、昼前に地震があった。横浜地区の震度は2-3ぐらいでさほど大きくはなく、震源地の東北地区でも震度5弱だったようだが、地震が起きた後、ネットで地震情報を調べていたとき、興味深い情報を見つけた。というのもツイッターで、2-3日前に「関東地方に大地震が来る」という書き込みがされていたのである。もちろんこれは公式な裏付けがあったわけでもなく、どうも新聞あたりで鯨が集団で岸に迷い込んできたから地震の予兆だと判断しての話らしい。しかし、僕自身ツイッターをやっているが、このツイートは目にしなかったが、結構不安がっている人も多いらしい。ソースのない情報ほど怪しいものはないが、今回もデマの類だろうと判断できる。もしあたっているとすれば、今日の地震のことを指していると言い換えることもできるかもしれない。どちらにしても、一つの地震からまさかネットにまで情報が混乱するなんて思いもよらなかった。いかに情報化社会になっているか、という証だろう。


2011年3月8日火曜日

2011年3月7日の睡眠と、8日の健康

昨晩は、本を読もうかなと思って、やっぱり読めなかったので、そのままニュースを見て寝た。寝つきはいつものようによかったが、朝4時に目が覚めた。幸いなことにすぐに熟睡したが、朝起きたときがつらかった。眠くて眠くてしょうがない。行きの電車で佐野元春の「Back to the Street」を聴きながら寝てしまった。



朝一番で統計作業を行おうとしたら、ファイルサーバーの容量不足で何の作業もできなくなってしまった。やむなく、不要なファイルを自分のPCに移行して容量を空け、それから作業に入った。午前中なんとなく貧乏ゆすりをしていたが、作業には影響がなかった。



11時ぐらいから腹が減り始め、集中力を欠いた。朝は食べたくないのに量としては足りていないという感じである。昼食はしっかり食べた。



午後はのんびりできるかなと思うと、商品企画からいろいろ言ってきて、落ち着いていられなかった。もっとのんびりやりたいのにと思ったが、こればっかりは仕方ない。相手に合わせ対応をしていた。途中でユーパンを1錠飲んだが、それ以外は大丈夫だった。



定時で会社を上がり、そわそわも発生しないのでのんびり家に帰った。電車がダイヤが乱れていたが、結局いつもの電車で家に帰れた。


ワークライフバランス

今日の読売新聞に出ていた記事のようだが、町田にあるとある会社で、週休3日制、あるいは残業なしのワークライフバランス制度を取り入れている会社があるとのこと。なんでも前は人がどんどん辞めていってしまい、技術の伝承が難しくなっていたところ、この制度を導入したら辞める人もいなくなり、会社の業績も上々だという事である。僕個人でいえば、会社の産業医から10時間/月の残業規制がかかっているので、それはありがたいと思う。もちろん残業代が入らないから、収入で厳しい面も否めないのだが、それよりも定時後の自分の時間を持てるのがとてもありがたい。どの道残業すると、疲れが残るので、あまりしたくないというのもある。ともあれ、こういうライフワークバランスを積極的に取り入れる必要が出てきたのではないかと思う。グローバル化が加速する中、これまでの仕事のやり方では通用しなくなってきていると思う。今会社では在宅勤務も推進しているが、これなどもライフワークバランスの一環といえるだろう。そのうちに一回はやってみたいと思う。


2011年3月7日月曜日

2011年3月6日の睡眠と、7日の健康

昨晩は、夕食後、ベッドに少し横になったが、目がかゆくてしょうがないので、使用期限の切れた洗浄液で目を洗い、思わず起きて、DVDを少し見てしまった。大半のDVDは段ボールにパッケージングしてしまったが、一部開いているのがあって、その中から「機動戦士ガンダム」を少し見た。やっぱり面白い。年齢を重ねても面白さが変わらないというのはすごい。



風呂から出た後はラジオを聞いてのんびりする。10時半には就寝。4時過ぎまで熟睡で、そこでトイレに起きたら、眠りが浅くなって1時間しか眠れなかった。5時半ぐらいからは眠たいのに眠れないというジレンマの中、布団の中にいた。



行きの電車では目は閉じていたが、調子が思わしくない。なんとなく落ち着かないし、頭もぼーっとする。午前中は、ネットを見て過ごしていた。



昼になると、頭のもやが取れてくるが、それでも今日やることはないので(統計作業は残っているが、できるだけ締切ぎりぎりに最新データで作りたい)、午後もネット。そうしたら3時ごろからアカシジアが出た。昼食後、ユーパンを1錠飲んでいたが効き目なし、その後30分の時間を空けて3錠、合計4錠飲んでようやく落ち着いた。


独り暮らしの初期費用は平均24万円

2ちゃんねるのニュース板で見たので、元出典がどこかは忘れたが、大学生や社会人が親元から離れ、一人暮らしを始めるときの初期費用は平均で24万円だという調査結果が出たらしい。これには、テレビ、洗濯機、冷蔵庫などが含まれていて、家電製品の占める割合は、11万円だという事。今回会社の転勤で、会社から補助金が出ているのだが、未婚者の補助金は、社宅にエアコン、洗濯機、冷蔵庫がついていないという条件で、19万円だった。僕の場合、昨年末にテレビは買い換えてしまったから、今回の引っ越しで買うのは、冷蔵庫、洗濯機、オーブンレンジ、炊飯器、ぐらいだろうか。今ヨドバシカメラあたりに行くと、新生活キャンペーンというのをやっていて、メーカーごちゃまぜで10万程度のセット販売をしている。僕もそれで買おうかなと思っている。というのも上記に挙げた以外にも、BSのアンテナとか、物干し竿とか、細かい買い物が結構出てきそうなので、19万円以内に収めたいなと思っているのである。今週末、佐野元春のライブに行く前にヨドバシカメラに行って注文してくるつもりだが、どうなることやら。


2011年3月6日日曜日

佐野元春、大阪城ホールのライブをCSのTBSチャンネルで5月放送

今日、3月6日は佐野元春のデビュー30周年記念ツアー「All Flowers in Time」の大阪城ホールの公演の日。これを書いている今は公演の真っ最中だと思うが、ネットでの情報を拾うと、スカパー&スカパーe2で放送されているTBSチャンネルで、5月に今回のライブの模様が放送されるとのこと。ツアーファイナルである大阪では、東京と違ってあらかじめゲストが多く登場することで期待をあおっていたが、その模様が見られるというのは非常にうれしい。遠征組も多そうだが、なかなか大阪までいけないという人も多いのではないかと思う。そういう人に向けて、ライブの模様が放送されるのはサービスだと思う。東京公演は、DVD化されるのかな、とちらっと思ったり。来週の東京公演が楽しみである。


2011年3月5日の睡眠と、6日の健康

昨晩は、レストランで食べたパンがおなかを膨らませていて、満腹感が続いていた。目がかゆかったが、風呂に入ってシャワーを顔に当てていると花粉が取れたのか、少しすっきりした。「オン・ザ・ロード」を1章だけ読んで11時に就寝。朝6時までは熟睡だったが、やはりここでトイレで起きる。トイレの後また寝ていたが、やっぱりこれだけ寝ると熟睡はできない。それでも起きたのが9時。まあまあ寝たほうだと思う。



午前中は、引っ越しの荷物詰めを1時間半ほど行った。体が動けるもので、結構いろいろ詰めたと思うが、それでもまだ詰め切れていない。引っ越し直前にならないとダメなものもあるし、致し方ないと思う。とりあえず、DVDと、レーザーディスクは詰めてしまった。



昼食後、なぜか眠くなってしまった。少し横になっていた。その後散髪に行きたくて、出かけていった。床屋は混んでいて、だいぶ待たされた。散髪最中、目がかゆくてしょうがなかったので、家に帰って目を洗浄した。



お茶を飲んでから「スター・トレック ヴォイジャー」を鑑賞。今日は調子が悪くないから、集中して見ることができた。面白かったと思う。今月はいろいろ忙しいから映画は引っ越し後にならないと落ち着いて見られないなと思っている。


スター・トレック ヴォイジャー 第34話「Q1、Q2」

彗星のような物体を見つけたヴォイジャーは、分析をすべく、サンプルを転送する。しかし転送されてきたのは一人の男だった。彼は自分のことをQだと名乗り、ジェインウェイ艦長に保護を求めてくる。そこに現れたのがもう一人のQ。度々ジャン=リュック・ピカード艦長にちょっかいを仕掛けていたQは彼を連れ戻そうとするが、最初に現れたQは永遠の命に絶望して自殺を望んでいた。そこでジェインウェイ艦長は、裁判を開き、両方の申し立てを聴くことにする。



「新スター・トレック」で人気の出たQが今回初めてヴォイジャーにも登場。視聴率的に苦戦を強いられていたヴォイジャーの人気回復を企んでのテコ入れ策だと思うが、内容的には「自殺は是か非か」という哲学的な内容で、予想外に面白い内容になっている。現在の社会では自殺は否だと思うが、作品としてはそれをことさらに強く出すことはなく、きわめてニュートラルな内容になっている。つまり個人の苦痛からの解放を願っての自殺はありかもしれないという主張である。こういうテーマはスター・トレックらしいともいえる。ゲストとしてライカー副長役のジョナサン・フレイクスも登場し、作品に花を添えている。


2011年3月5日土曜日

2011年3月4日の睡眠と、5日の健康

昨晩は、本を読もうかなと思いつつ、読めずにいた。ニュースは見れたので、そこそこしてから眠りについた。週末という事もあり、6時ぐらいまでは熟睡だったが、そこでトイレに起きてしまった。一度起きるとあまり眠れないらしく、9時までベッドの中にいたが、あまり熟睡とはいかなかった。



今日は一日忙しく、昼は友人の一人とシーサイド・スパ八景島でリフレッシュ、夜は複数の友人とお別れ会のようなものを開いた。昼間はいつも風呂に入ると、ビールを2杯飲むのだが、今日は夜もあるので1杯だけ、メインの食事も軽くそばにしておいた。休みなので、調子は悪くない。ただ、食事後のマッサージの時、首のあたりをもんでもらっていたら、少しアカシジアみたいなものが感じられ、「ちょっと、まずい!」と思ってしまった。実際にはひどくなることがなく、無事に済んだのだが。



スパで一通りリフレッシュした後は、時間も余っていたので、友人と八景島シーパラダイスを散策。風が冷たい。花粉は飛んでいるかなという感じで、目が少しかゆかった。



夕方他の友人と合流して、レストランで食事。ワインを4人で2本空けた。そうしたら、花粉症の症状がひどくなって、目のかゆみが強くなってしまった。ここ何日か、メンタルな体調よりも花粉症の症状に気を取られ、あまりメンタルな方に意識を払っていない。とりあえず満腹になったので、帰りも駅から家まで歩いて帰った。


ベーカリーレストラン「サンマルク」

今日は友人と、とりあえず引っ越し前の最後の宴会という事で、横浜は金沢八景にあるベーカリーレストラン「サンマルク」で食事をとった。ベーカリーレストランとあるように、元々はパン屋さんであるらしい。そのせいか、コース料理の中にもパン食べ放題と書いてある。この店にしたのは、友人の一人が誕生日という事で、店のスペシャルなサービスを受けられるというのと、たまにはこういうレストランに行ってみたいという気持ちがあったから、ここにしようと決めたのだが、なかなかおいしかったと思う。パン食べ放題でいろいろなパンを食べていたら、結構満腹になって、最後は「もういらない...」という感じになっていたし、コース料理もちゃんと魚と肉の出るきちんとしたもので、味も良かった。福岡に行ってしまうと、そうそう友達とも会えなくなるので、とりあえず壮行会のような形で会を開いてもらったのだが、結果は満足である。楽しいひと時を過ごせたと思う。今度友達と会うときは、夏休みかなと思っている。それにしても「サンマルク」、神奈川県内だけかなと思ったら全国にもあって、僕の住むことになる福岡市西区にも支店があることが分かった。落ち着いたらパンだけでも買いに行こうかなと思ったりしてみる。


2011年3月4日金曜日

2011年3月3日の睡眠と、4日の健康

昨晩は、10時半に寝た。寝つきはよく、朝まで熟睡だったが、5時半ぐらいからトイレに行きたくてしょうがなかった。どうせ6時10分に起きるのだから我慢して寝ていようと思ったが、やっぱりあまり眠れなかった。



行きの電車では眠れず。でも目を閉じていることはできて、焦燥感はなかった。



会社に着いてメールをチェックすると13通もあって憂鬱になる。今日も忙しくなりそうである。調子は今一つだし、週末で疲れているが、統計作業をやっていると、集中力はそれなりにある。午前中一杯統計で処理していた。



午後はNさんと、基幹マスターの修正のチェック。これが時間がかかり、その間に花粉症の症状で目がかゆくてしょうがなかった。今日は特に花粉症の症状に苦しむほうが強くて、メンタル面での症状よりもつらかった。



夕方もまた統計資料等のチェック。かなり疲れた。定時になって家に帰る時はほっとした。


メガリーク

元々の記事は、ダイヤモンド社の雑誌だと思うが、2ちゃんねるのニュース板に掲載されていたので、ちょっと興味を持った。要は会社のIT化が進むにつれ、社内情報のリークがひどくなっているという記事で、内容的には会社の部課内の電話番号流出から、重要な技術情報流出までいろいろあるそうである。僕個人でいえば、困っているのが、電話番号流出だろうか。誰だか知らないが、多分会社の電話番号を業者に売ったのだと思う。しきりに勧誘電話がかかってくるのである。今は会社の電話を電話番号非通知の電話を一切拒絶しているので、ひどくはないが、一時期はひどいものだった。最近の電話勧誘は、断ると逆切れするオペレーターが多くて、対応に苦慮することが多いのである。実はそんな中ひとついい方法を偶然見つけたのだが、それは秘密。教えちゃうと、業者が対応策を考えてしまうかも知れないからね。インターネットに書き込む時は気を付けないと。誰が見ているかわからないから。こんなのは序の口で、もっと大きな情報リークをしている人もいるのではないかなと思ったりする。特にリストラ時には危ないと思う。会社に恨みがあるから何でもありである。会社側は締め付けを厳しくしてくるし、大変な時代になったなと思ったりする。


2011年3月3日木曜日

2011年3月2日の睡眠と、3日の健康

昨晩は、帰りがちょっとだけ遅かったが、「元春レイディオショー」が聞けてまあよかった。それでも本は読まずに10時半には就寝できた。でも熟睡も深夜2時まで。そこでトイレに行きたくなった。部屋を出ると、なんと父もトイレにいた。用を足してトイレから戻ってまた寝たが、明け方またトイレに行きたくなった。そのせいで朝の目覚めはスムーズ。アラームが鳴る前に目が覚めていたというところである。



行きの電車は寒いからか寝ていけず。会社に着いて、調子悪いと思ったが、午前中は統計作業をやっていたので、あまり意識せずに済んだ。トイレは近かったが。



昼ごろ、業界団体に全然業界の統計数字が来ないことをクレームをつけにメールしたら、逆切れのようなメールが返ってきてびっくり。何でも業界の統計業務を止めるかどうするか検討中という内容だった。理由は他社さんのデータが間違っていて、やり直しの回数が増えたからという、お役所的な内容。どうしようと思ってしまったが、様子を見るしかないだろうなと結論付けた。



午後は一時やることなくて、暇つぶしをしていた。でも商品企画担当者が細かいことにこだわるので、神経が擦り切れそうだった。なんか投げ出したい気分。



本日は定時で帰宅。歩いているとちょっとそわそわしたので、昼間も1錠ユーパンを飲んだが、帰りにもう1錠飲んだ。それで安定した。


インターネットを使った不正入試

ここ最近のニュースで注目を集めているといえば、京都大学などいくつかの大学で、試験時間中に問題がYahoo!知恵袋に掲載され、その回答を得て試験を突破したいわゆるネットカンニングではないだろうか。なんでも本日、IPアドレスなどから、東北の浪人生が逮捕されたと聞くが、僕的に考えて、ITの使い方を間違っているとしか思えない。確かにここ10年ほどのITの進化はすごく、インターネットで何でも知りたい情報を得ることが可能になってきたが、それでも超えていい一線といけない一線があったように思う。今回はその超えてはいけない一線を軽々と越してしまったことが、衝撃である。青少年のインターネットの使い方をもう少し考えて教育すべきだなと思ったりもするのだが、当の教えるほうがIT音痴だったりするので、かつての英語教育のようになっているのではないかと思ってしまう。どちらにしても、今回逮捕まで行ったことは、カンニングの代償としてはあまりに大きいと思う。今後、こういう事件が続かないことを祈るばかりである。


2011年3月2日水曜日

2011年3月1日の睡眠と、2日の健康

昨晩は、ちゃんと10時半まで起きていて、ニュースを見ながら寝る時間を待っていた。10時半という時間は、AVアンプのチューナー機能をNHK-FMに合わせ、11時からの「元春レイディオショー」の録音に備えるためである。その後眠りについたがねいつものごとく寝つきはいいが、途中がよくない。夢を見たし、何回か目が覚めたような気がする。昨晩も熟睡感がない。それで今朝も眠たく、行きの電車では暖房が効いていたこともあって、15分ぐらい寝てしまった。



午前中は、統計資料のまとめ作業を行った。眠くて調子が悪いが仕事はできる。作業をしていて、プログラムを走らせていると、なぜかエラーになる。どうも表題が変わったためにエラーを発生させているらしい。昔の表題に書き換えてプログラムを走らせたら、ちゃんと統計データが出てきた。



午後は2時から会議。それに備えてユーパンを1錠頓服で飲む。会議ではただじっとしているだけ。特に発言することもないし、人の話を聞いているだけだった。



夕方に打ち合わせがあったので定時を少し回って、帰宅。会社を出た時間から電車の時間は間に合わないなと思っていたら、電車が遅れていて、間に合った。その代わりに途中駅の乗り換えがぎりぎりだったが。帰りはゆったりしていた。


佐野元春「SMAP×SMAP」に出演

最近の佐野元春のデビュー30周年のテレビ出演には様々なものがあると思うが、一番驚いたのがこの「SMAP×SMAP」の出演ではないかと思う。ここで佐野元春はThe Hobo King Bandとオーケストラ、そしてSMAPと一緒にSOMEDAYを歌っていた。でも見ていて、なんか違和感を感じた。それはSMAPと佐野元春の親和性のなさに起因するように思う。SMAPといえば、結構シンガーソングライターの人を活用していて、スガシカオとか、山崎まさよしあたりを起用していたと記憶しているが、どうも佐野元春の歌の世界観とマッチしていないような気がしたのである。もっと言えば、最近僕はSOMEDAYに飽きてきていたのだが、今回の放送を見て、SMAPによって歌を台無しにされた、という感触を抱いたのである。昔は好きだったが、今はそうでもない佐野元春の作品が実はやっぱり影響を僕に及ぼしていたと、改めて感じたのである。今回のTV出演は、佐野元春にとって効果あったのかというと、よくは分からないが、少なくともファンとしては出ないでほしかった、という感じがしている。


2011年3月1日火曜日

2011年2月28日の睡眠と、3月1日の健康

昨晩は、風呂入った後、SMAP×SMAPを見ようと思い、布団に入って横になりながら見ていた。こんな番組を見るのは初めてで、当然佐野元春が出てくるからという理由以外にはなかった。しかし、なぜか見ているうちに寝てしまい、気が付いたら番組も終了間際、佐野元春とSMAPが会話をしているところしか見ていなかった。まあ録画していたので後で見ようと思う。



テレビの電気を消して、本格的に眠りについたら、基本的にはぐっすり眠れたと思う。朝起きたとき、なぜか深い眠りにいたらしく、胃がものすごい不愉快な感じがした。起きられなくて、しばらく布団の中にいた。



行きの電車でも軽く寝ていた。実際には眠れはしなかったが、それでも先日の焦燥感を感じるのに比べれば、楽である。会社に行き、午前中は、懸案事項の処理等をして少し仕事をしていた。



午後はネットを見ていたが、少しだけ落ち着かないので、ユーパンを1錠だけ頓服で飲んだ。今日はそれで落ち着いたようである。午後は長く感じたが、定時になったのを待って家に帰った。今日も夕方になると雨が降るので、ちょっと寒い。その分花粉が飛ばなくて楽だけれども。


ユニバーサル・スタジオ・ジャパン開園10周年

先ほどネットでニュースを見ていたら、朝日新聞の記事で、大阪にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパンが開園10周年を迎えたという記事を目にした。最初は赤字経営だったが、最近では黒字経営になってきたことと、年間入場者数が800万人を超して、東京ディズニーリゾートに次ぐ入園者を確保するようになってきたというような内容だった。最近では映画から少し離れ、キティちゃんなどのキャラクターも推すようになってきたという。僕は確か開園してまもなくの頃に、プライベートと、仕事で(接待で)ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを訪問したことがある。いろいろ面白いアトラクションがあったが、ターミネーター2:3Dの前フリで出てくる綾小路麗華という日本独自のキャラクターが毒舌で面白かったのを覚えている。何でもネット上の情報では、そろそろターミネーター2:3Dは閉館の予定で、次のアトラクションが用意されているという話だったが、ターミネーター2:3Dは、あのジェームズ・キャメロン監督が「ターミネーター2」のスタッフ・キャストを再結集して作り上げただけあって、内容的にも素晴らしかったのを覚えている。またなんかの機会があれば行ってみたいなと思わせるテーマパークである。