2011年4月30日土曜日

2011年4月29日の睡眠と、30日の健康

昨晩はふと思い立って、Norton Internet Security 2012 Betaをインストールしてみた。最初インストールしたとき、PCの動作が遅くなり、なんかおかしかったのですぐにアンインストールしてしまったが、もう一度その気になって再インストール。今度はWindowsの動作も正常に戻り、実験できる環境になった。そんなことをやっていたら、11時になったのでそこで眠ることにした。



寝付きは良かったが、夢をみた。ここのところ毎日夢を見ているような気がする。朝方にトイレに行きたくなり一度起きて、また寝ていたが、なんか調子がおかしくて、8時過ぎにきちんと起きた。



朝食を食べて、掃除をしてPCに向かっていたら、なんだか喉の調子が悪いことに気がついた。風邪でも引いたかなと思いながら、ネット閲覧をしていて、11時半ぐらいに家をでた。今日もFM Yokohamaの番組が聞けたので満足していた。



今日は映画を見に行こうと、市内まで出かけた。最初昼食は「天下一品ラーメン」を食べるつもりだったのだが、中洲の商店街を歩いていると博多ラーメンを頼むとビールが50円で提供、という看板に惹かれ、博多ラーメンを食べていた。ビールはのどが痛いので効いた。



映画の時間まで間があるのでヨドバシカメラに寄って、FMアンテナと取付金具、同軸ケーブルを購入した。荷物が大きいので送料を払って送ってもらうことにした。これで電波でのFM局放送改善がすればいいのだが。



その後は本屋に行って物色したり、コーヒーショップで休憩したりしていた。ビールを飲んだからか、体調がおかしくて、困っていたが、映画を観るときにはまあ集中できた。



映画館を後にすると、雨が降り出していて、荒れていた。折畳傘は持っていていたが、風が強くてジーンズの裾は濡れた。会社に行っている時と同じ時間に家に帰宅。それから夕食を食べ、風邪薬を飲んでおいた。


中洲大洋映画劇場

福岡の繁華街中洲川端駅1番出口そばにある映画館。創業して今年で66年だという。これを記念して創業記念料金で1000円で映画が見られるというので、行ってみた。普段だったらきれいなシネコンに行くのだが、古い映画館がどうなっているのか確かめるのもいいかと思い、「エンジェル ウォーズ」を鑑賞。土曜日でしかも割引料金発生日だというのに観客は少ない。せいぜい5名程度しか入っていなかったのではないかと思う。座席と座席の間は結構スペースがあり、足を楽らく伸ばせるのは利点である。その代わりに設備の点では劣っていて、サラウンドはあまり効果を発揮しているとは思えなかった。サラウンドスピーカの効果が弱いと感じた。映像自体は、あまり質が悪い感じもしなかったが、エンドクレジットでぼけていたので、元のフィルムが良くないと感じるところではあった。色合いが特徴な作品で、その辺はBlu-rayで見たらどうなっているか楽しみである。サービスカードを発行してくれていて、5回見ると1回無料みたいである。でも次に行くことはないよなと思う。次はIMAXシアターだと思う。
P1000101.JPG


エンジェル ウォーズ

2011年ワーナー・ブラザーズ

上映時間:110分

監督:ザック・スナイダー

出演:エミリー・ブラウニング、アビー・コーニッシュ、ジェナ・マローン

スクリーンサイズ:シネマスコープサイズ

音響:DOLBY DIGITAL

あらすじ:母親に死なれ、その遺産を狙う継父の策略に嵌って精神病院に入院させられたベイビードール。彼女は精神病院から脱出すべく、5つのアイテムを集めようとする。それに同調するのが同じ精神病院に入院している患者たち。彼女がダンスをするとき、空想の世界ではベイビードールを始めとする5人の少女が機械たちと戦いを繰り広げられていた。ベイビードールの脱出は成功するのか。その果てにベイビードールが見たものは?



珍しく普通の映画館でしかも日本語吹き替えで鑑賞した本作。空想の世界と現実世界がシンクロしていくさまは見ていて面白いと思った。現実世界でベイビードールがダンスをしているとき(そのシーンは描かれることがないのだが)、空想世界では激しいバトルが繰り広げられていた。見ていてふと思ったのは、一部「未来世紀ブラジル」のクライマックスに似ているなということである。「未来世紀ブラジル」では、ロボトミー手術をさせられる主人公が空想の世界に逃げこんで自我を守ろうとしたが、その辺が似ている感じはする。ただ、美少女たちが戦いを繰り広げるというのは、もしかすると日本のアニメの影響も受けているのかもしれない。映像は「300」で見せたようなスローモーションを多用したような映像で、見ていて爽快感を感じる。しかし、日米共に興行的には惨敗で、批評家の受けも良くないらしい。僕個人としては、Blu-rayが出たら買ってもいいかなと思わせるだけの内容だったと思うので、一応合格点に価すると思うのだが。ラストが意外と救われない展開になっているのは、作品に余韻を残していると思う。


Norton Internet Security 2012 Betaをインストール

先日知ったのだが、シマンテック社は、すでに今年の秋頃リリース予定のNorton Internet Security 2012のBeta版を一般ユーザー向けにリリースしていた。そこで昨日の夜、入れてみることにした。最初入れたときは、なにかおかしくて、インストールされているのにもかかわらず、Windowsの警告は出るは、Windowsの動作が遅くなるはで駄目だったのだが、一度アンインインストールをして、再インストールしたところ、正常に機能するようになった。ただ、Firefox 4.0.1のアドオンであるNorton Toolbarが動作しないというバグが見つかっている。また、一部画面が文字化けしているというバグも見つかっている。それ以外は一応正常なようである。Live Updateも正常に機能しているし、スキャン結果もウイルスの検出はなし。Norton Toolbarは、Firefoxの設定を変更して強制インストールの状態で機能させている。これから約2週間の間、テストしてみるつもり。2012の製品版も期待はできそうだが、Firefoxとの互換性だけは何とかならないものかなという気がする。


2011年4月29日金曜日

機動戦士Vガンダム 第7話「ギロチンの音」

カサレリアに帰ってしまったシャクティを追ってウッソもカサレリアに帰ろうとする。しかし、ベスパのバイク攻撃隊と途中で遭遇したウッソは再びリガ・ミリティアに合流し、ガンダムで戦う羽目になる。一方ベスパに捕らえられた伯爵は、尋問を受けるがリガ・ミリティアの情報を話さず、ザンスカール帝国の特徴であるギロチンの刑をヨーロッパ全土に放送する。それを見たウッソは衝撃をうけることとなる。



物語は次第にザンスカール帝国の実態を明かしていくことなる。ベスパの登場人物も様々に登場し、物語を彩っていくことになる。それにしても思うのだが、ベスパ側の登場人物が若いか壮年の登場人物が多いのに対し、リガ・ミリティアの方は子供か老人ばかりというのは結構印象に残る。これも意図したことのあっての設定かと思われる。物語は戦場から離れようとして離れられないウッソの状態を雄弁に語っているが、意外と子供向けと思わせてそうではないテーマを語っているのかもしれない。


2011年4月28日の睡眠と、29日の健康

昨晩は結構神経が滅入っていて、ストレスがかかっていた。昨日もちょっと書いたが、会社のリストラ話である。まあ予想はしていたし、それがどう関わってくるのかまだはっきりはしないが、一人悶々としていた。とりあえず10時半には寝てしまい、薬のせいかそれなりに睡眠とれたのだが、5時半にトイレで起きて、その後熟睡とはいかずに8時10分ぐらいに起きてしまった。



調子はちょっとすっきりしないし、気分も落ち込んだまま。天気はいいので洗濯をして、ネットを見ていたのであるが、Radikoでラジオを聞いていても面白くないし、気分が鬱々していたので予定を早めて10時半ぐらいに出かける準備をして、歩きに行った。



今日は姪浜近くにある観覧車のあるところまで歩こうと、思っていた。天気がいいので歩いていると鬱々とした気分が少し晴れてくるのを感じていた。1時間10分ぐらい歩いて、最初にマリナタウンに到着。こちらで昼食をとった。なに食べようと思ったが、マクドナルドのクーポン使うかと思い、テリヤキバーガーを食べた。ここで歩数を調べるとまだ8300歩程度。もうちょっと歩くかと思い、観覧車のあるマリノアシティまで戻っていった。途中ホームセンターがあったので寄って電気のコーナーに行くと、FMアンテナが2000円で売っていたが、躊躇して買わなかった。明日ヨドバシカメラに行って、店員に相談しようかと思っている。



マリノアシティについて店内をざっと見る。靴とか安く買えそうである。そういえば散歩用の靴もかかとがすり減っていて、もうダメなので今度ここで買い換えるかと思った。



さすがにここまで歩くと15000歩になっていて疲れたので帰りはバスと電車で帰っていった。喉も乾いたので、スーパーでコーラを買って帰った。



気分は少しましになったので、家に戻ってからは「スター・トレック ヴォイジャー」を鑑賞。長かった第2シーズンを見終わった。後は特典映像を見るだけである。


マリナタウンと、マリノアシティ

マリナタウンとマリノアシティ、最初この2つが違いがわからなくて、混乱をしていた。今日は天気もいいことがあって、Google Mapで調べたマリナタウンまで歩いていくことにした。駅でいうと福岡市営地下鉄の姪浜駅が近い。遠くからみると観覧車が見えるので、マリナタウンが観覧車のあるところだとばっかり思っていた。で家から約6km歩いて到着したのがマリナタウン。こちらはダイエーが入っているショッピングセンターで、観覧車はないと到着して気づいた。ショッピングセンターということで、いろいろな専門店が入っている。フードコートには、何故か牧のうどんまで入っていて、食べ物には困らないというところであるが、とりあえずショッピングに来たわけでもないので、さっと見てここを後にした。で観覧車のある方がマリノアシティである。こちらはアウトレットモールで、ニトリだとかユニクロも入っていたりする。観覧車は2つあるが、1個は廃止されてしまったようで、廃墟とかしている。乗ってみようかなと思ったが、500円もするのでやめた。バスの発着場もあり、姪浜駅まで休日は1時間に4本走っている。こちらでは当然アウトレットということもあって、物の値段は安いようである。かなり大きめのアウトレットで、ショッピングには困らない感じ。人もたくさんいて、結構混んでいる。こちらにもマリナタウン同様のフードコートがあり、食事に困らないと思う。今週末の散歩用の靴が傷んでいるので、靴を買いに連休中にもう一度訪れようかなと思っている。今度は歩いてではなくバイクでいこうという考えである。近くにはホームセンターなどもあり、ちょっとショッピングしたいと考えている。


スター・トレック ヴォイジャー 第42話「ケイゾン総攻撃~前編~」

ケイゾンに裏切ったセスカからメッセージがヴォイジャーに届く。それは子どもが生まれたが、カラに殺されそうだというものだった。チャコティは悩むが、ジェインウェイは罠と知りつつも子供のことを考え、救出に応じる。その途中で、ケイゾンの裏切ったひとりを救助するが、彼は何かを隠していた。救助の途中ケイゾンから何故か右舷のみを攻撃されるヴォイジャーは、次第にケイゾンの罠にはまり、ついには船を奪われてしまう。Mクラスの惑星に取り残されたヴォイジャーのクルーたちだったが、船に隠れて残っていたスーダーとドクター、援軍を求めに行ったパリスがいた。



第2シーズンラストのエピソードは、第2シーズンで色々伏線を張っていた展開を一気に結びつけるような話になっている。過去のエピソードで出てきた殺人犯スーダーの再登場と、ケイゾンに裏切ってチャコティの子どもを生んだセスカ、ケイゾン・ニストリムのリーダー・カラのヴォイジャーに対する執着心、そういったものが全て今エピソードに現れている。ただし、今エピソードはシーズン・クリフハンガーと言われるシーズンをまたがっての前後編エピソードであるために、全ては描かれてはいない。船を奪われたクルーたちが今後どう対処して船を奪還するのか、船に残ったスーダーとドクター、援軍を頼みに行ったパリスの存在がどう機能していくのかは後編のお楽しみという展開になっている。脚本を書いたのが、シリーズの生みの親であるマイケル・ピラーということもあって、話の筋は面白い。ただ展開は少し冗長な感じもする。とりあえず第2シーズンは、これで終了。次は第3シーズンである。


ALTECのイヤーフォンにaudio-technicaのSPARE EAR PIECESをつける

先日のエントリーでALTERCのイヤーフォンの音が悪い旨を書いたと思うが、原因は耳に差し込むシリコンの部分のサイズがあっていないこと、今まで使っていたパナソニックのシリコンを付け替えたらましになったことを書いたと思う。そこでスペアのEAR PIECESを買おうと最初ヨドバシカメラに行ったら売っていなくて、困ったことがあった。当然近所のベスト電器でも売っていなくて、どこで入手しようと考えたら結局Amazonでの購入に落ち着いた。価格は480円。耳のサイズをどうしようと思ったが、直感でMサイズを選んだ。外径が12mmのやつである。それを付け替えて、しばらく使っていたら、音質がいいのに気がついた。耳にフィットしているせいもあって、全帯域綺麗に出ている。それと気づいたのは圧縮の程度による高音のでの違い。最近はそうでもないが、最初の頃はAAC128kbpsで圧縮かけているものが多い。それだと高音が途中で途切れているような感覚を感じるのである。最近の256kbpsだとそれは感じない。やっぱり値段の高いイヤーフォンだとそれだけ違いがわかるということか。これで弟から貰ったイヤーフォンを存分に使うことができそうである。


2011年4月28日木曜日

2011年4月27日の睡眠と、28日の健康

昨晩もニュースを見て、10時半には就寝した。寝付きは良かったがなんか夢をみたような気がする。朝も記憶が定かではないが、一度目が覚めたはずである。で6時半にラジオの音で目覚めたとき、首を寝違えていることに気づいた。これだけで今日の気力がだいぶ失われたのは事実である。



今朝も駅から会社まで歩いていく。昨日と違って少し涼しいので歩くのにはちょうどいい。会社に着いてゴールデンウィーク明けのスケジュールを見たら、今日統計の仕事やっておいたほうがいいなと思い、朝一番で作業を終わらせてしまった。



昨日掲載したホームページへの動画の英語版を探して総務に相談したのだが、何故かBlu-rayしかディスクがないということで、困った。会社のPCにBlu-rayに対応しているものがないので、これでは使えないと思った。



調子的には今ひとつ落ち着かなかったが、昼にユーパンを1錠飲んだだけで何とかなった。ここのところ安定しているみたいである。



午後からお偉方の方針発表だが、そのなかでリストラの話が出てきて落ち込んでしまった。というのも僕の業務成績は良くなく、病気がなければ真っ先に対象になりそうだからである。いや、病気があっても対象かもしれない、と考えると気分が落ち込んできた。無理して九州まで来たのにリストラはないよな、と思う。



定時になったので今日もさっさと上がる。今日は夕食に明太子を食べたいと思い、切れ端の安いのをスーパーで買って帰った。まあうまいが、ちょっと想像していたのと違う。メーカーが違うせいかな。


2011年4月27日水曜日

2011年4月26日の睡眠と、27日の健康

昨晩はネットを見ていたら、ブログにコメントがついていた。PacketiXを使って関東のRadikoを聞く方法について「違法ではないか」という問いかけだった。そんなもの僕にわかるわけないじゃんと思いつつ、再送信しているわけでもないから法律違反じゃないだろう、確かPacketiXのサイトにも似たような活用事例があったなと思って、「違法性はないと思います」と書いておいた。



風呂に入ってから、使いもしないInternet Explorer 9をインストールする。だいぶインターフェースが変わっているみたい。セキュリティ対策で入れているようなものである。



10時半に就寝、寝つきはよかった。朝4時半に一度目が覚める。でまた寝てしまい、6時半にアラームで起こされた。とても眠い。今日は洗濯の日だったが、雨が降るというのでユニットバスの中に干して、室内を乾燥モードにして家を出た。



気分がすっきりしないので今日も駅から会社まで歩いていく。気味が悪いほど暖かい気候だったので、歩いていると汗をかいてきた。会社に着くとすぐにお茶を買って飲んでいた。



午前中は、社内イントラネットの情報掲載で手間取っていた。結局午前中いっぱいかかり資料のアップロードが終わった。結構集中していたので、時間が経つのを忘れていた。



午後は会議があった。ここ2週間ほど会議中に落ちることがあったが、今日は平気だった。少し眠気が来たが、深呼吸をしていたら何とかなった。



帰りも予想したほど雨が降らなかったので歩いて帰った。途中でアカシジアに襲われユーパンを頓服で飲んだが、帰りの電車は座っていけるほど症状としては弱いものだった。



今日はコロッケ食べたいなと思っていたら、スーパーで4個で200円のパック商品が売っていた。4個は多いなと思ったが、「明日朝に食パンと一緒に食べればいいじゃん」と思ったので夕食に3個食べた。うまかった。


福岡市の未婚女性、指定市で最高

全国の大都市で20代後半から30代前半の未婚女性の割合が最も高いのは福岡市――。こんな調査を日本政策投資銀行九州支店がまとめた。働く場所に恵まれた街で活躍する女性が集まる一方、同世代の男性が少ないことが一因のようだ。



 全国19政令指定市について平均初婚年齢(28.6歳)前後の女性で、結婚していない人の割合(未婚率)を調べた。2005年の国勢調査によると、25~29歳は福岡が68.8%で最も高く、京都の68.0%が続く。福岡と北九州の差は9.3ポイントになる。30~34歳の未婚率も福岡が41.0%で最高だ。



 未婚女性が多いことについて、福岡県男女共同参画センター「あすばる」の村山由香里館長は「仕事をこなしながら、買い物や遊びも楽しむ自立した女性が増えているという見方もできる」と話している。



 未婚率が高い理由として政投銀は「男女のバランスの偏り」を挙げる。2010年の調査では、福岡の20代人口は女性が10万2千人に対し、男性9万4千人。男性1人に対して女性が1.1人いる計算で、その差は指定市などの中で最大だ。



 女性が働く例が多い小売り・飲食などサービス業が集中しているのが、偏りを生む一因のようだ。福岡市のまとめでは、サービス業など第3次産業で働く人の割合は88.3%。北九州の77.2%を大きく上回り、全国の大都市では最も高い。



 逆に、福岡で製造業など第2次産業で働く人は11.6%。全国の大都市で最も低く、鉄鋼や化学などの工場が集まる北九州(22.8%)の半分だ。福岡市の担当者は「古くから商人のまちとして発展してきた伝統も影響しているようだ」とみる。



 百貨店など多くの小売り・飲食店が入るJR博多駅ビル開業も、男女の偏りを拡大させる可能性もある。政投銀は「バランスが崩れたままだと未婚率がさらに上がり、少子化に拍車をかけかねない。福岡市は企業誘致などで若い男性が働く場をつくるべきではないか」と指摘する。(竹下隆一郎)


朝日新聞より



これ読んで最初に思ったのは、「まだ僕にもチャンスあるかな」という事だった。もう40歳を越してしまったが、いまだ独身の僕としては、やはり異性は気になる。メンタルな病気を持っているからほとんど諦めてはいるが、それでも時々異性と付き合いたいという気持ちが起こってきたりする。そこに来てこの福岡市の独身女性の多さである。まあ会社にいる限り横浜組と一緒だから縁はなさそうだが、それでも一瞬「おっ」と思ったのは事実である。期待しないでこの福岡で生活していこう。そのうちいいことあるかもしれない。


2011年4月26日火曜日

2011年4月25日の睡眠と、26日の健康

昨晩は、早めにシャワーを浴びて、少しだけ早くに就寝した。すぐに熟睡したが、なんか薬に関する夢を見たことを覚えている。それで5時半にトイレで起きて、6時半にラジオで叩き起こされた。結構熟睡していたと思うのだが、それでも眠くてしょうがなかった。



今日も通勤時博多駅から歩いて会社まで行く。歩いたら眠気も取れるかと思ったが、眠気は取れずに午前中うとうとしそうになった。途中で空腹は感じるし、眠いしで大変だった。トイレに行って少し寝てみたりもした。やることがあまりなかったので余計に眠気が来ていた。



今日はユーパンは昼に1錠飲んだだけで済んだ。最近太り気味なので食事は普通に抑えていた。腹が減っているから大盛りを食べたいところだが、我慢した。



定時を迎えて、帰りも駅まで歩いて帰る。気候が良くて、気分がよくなった。少し運動した方がいいと思う。でも明日は雨だからバス使用かな。


俳優の田中実さん、自殺か

2ちゃんねるの芸能スポーツ板を見ていたら、「俳優の田中実さん、自殺か」というスレッドが立っていた。中身を見てみると、田中実さんが死去されたことが報じられていて、どうも自殺らしいことが明らかにされたという事である。僕は近年の活躍ぶりは知らない。というのも日本のドラマや舞台はほとんど見ないからで、僕の中で田中実さんといえば、80年代の刑事ドラマ「ジャングル」でフレッシュな演技をしていたことぐらいしか記憶にない。でもそれだけでも記憶に残っているという事は、印象が強いという事だろう。「ジャングル」はその頃よく見ていた刑事ドラマで、最初1話完結ではない展開に驚いたものである。そのせいか視聴率的には芳しくなかったらしい。そんな中まだ売出し中の田中実さんが刑事役で出ていて、記憶に残っているのである。なんか最近俳優、女優さんのまだ若いのにもかかわらず死去する例が多いが、残念なことである。ご冥福をお祈りしたい。


女優の田中好子さん死去のニュースに寄せて

女優の田中好子さん死去のニュースを聞いたのは一昨日の日曜日だったと思う。twitterの流れてくる情報で知った。そのときはまだあまり関心がなかった。少なくともtwitterで呟くほどに至らなかったのが実態である。しかし昨日の夜、ニュースでテープに吹き込まれた遺言のようなものを聞いて、気分的にたまらなくなった。最初聞いたとき、「なんだか薬の効いているような声だな」と感じた。二度目に聞いたとき、その内容が心にずしっと来た。死を意識した人のメッセージってこんなのなの?という思いと、その状況下で、震災にあわれた方、亡くなられた方のことを気遣う内容に心揺さぶられた。ちょうど前後してラジオのRKBではキャンディーズ特集もやっていて、それも心に残る一因になったかもしれない。僕はキャンディーズ世代ではないが、曲は馴染み深くて、多少は知っているので、時間が経つにつれて寂しさが込み上げてくる。ご冥福をお祈りしたい。


2011年4月25日月曜日

2011年4月24日の睡眠と、25日の健康

昨晩は、食べ過ぎのような感じがしてお腹が苦しかった。それでラジオもつまらなくなったので、YouTubeで床屋の映像を見ていた。なんだか気分が癒される。しかし、そのあと軽いアカシジアが出てしまい、ユーパンを2錠飲む羽目になった。



昨晩も10時半に就寝。いつも日曜の夜は睡眠の質が悪いのだが、昨晩は熟睡で、朝6時半にラジオの音で目覚めるまで、ぐっすり寝ていた。それでも睡眠が足りていないなと思った。



今朝もふとした思い付きで、博多駅から会社まで徒歩で行くことにする。約25分。歩いた距離は3000歩といったところ。それだけ運動しても体調の感じは変わらないが、まあよくもなく悪くもなくといったところである。



今日は午後2時ぐらいまで、統計資料の作成。2つのファイルを見比べて、表を作るのだが、これが集中力を必要とし、ちょっと集中力に欠けていた今日はしんどかった。途中で表の位置を見誤ってしまうのである。



午後3時にはのどが渇いたのでコーヒーを飲んで休憩。月曜はよくアカシジアが出るのでユーパンは2錠飲んでおいた。



帰りも会社から博多駅まで徒歩。健康にもいいし、バス代が浮くのは助かる。なぜか昼から「今日の夜は寿司を食いたい」と思っていたので、スーパーの総菜コーナーで寿司を買って帰る。寿司はやはりうまかった。でもゴールデンウィーク中に近所の回転寿司屋に行こうかなと思う。


床屋の映像で癒される

Visit to Traditional Japanese Barber (Unedited.)

この映像は当初「ニコニコ動画」で発見して、そこからたどってYouTubeで閲覧をしたものだが、見ていてなんだか気分が癒される。昨晩ラジオもテレビもつまらないし、と思い、この映像を見始めたらやめられなくなってしまい、40分強の映像を見きってしまった。ぜひとも推薦したいので、動画の貼り付けをしてみる。


2011年4月24日日曜日

日本一たい焼き

店のホームページによると、1992年に誕生したたい焼きのチェーン店。何でもあるお菓子会社の会長が「このたい焼きの味は日本一(にっぽんいち)たい!」と博多弁でしゃべったのが店の名前の由来らしい。最初に目についた時、そのフレーズに引かれて気になっていた。昨日店に寄った時は混んでいて諦めたが、今日は空いていたので、あんことカスタードを買って帰った。で3時のお茶と食後のデザートに食べてみたのだが、1個150円もするだけあって、やはりおいしい。値段はちょっと高い気がするが、あんこもカスタードもしっぽまでぎっしり詰まっていて、食べ応えがある。オーブンレンジで温めて食べたのだが、生地がしっかりしている。全国にチェーン店があるそうで、シアトルにも進出しているらしい。とはいってもやはり九州がメインの店であるようである。まあ時々は食べてもいいかもと思う味ではある。


2011年4月23日の睡眠と、24日の健康

昨晩は夕食後、「機動戦士Vガンダム」を見て、PCのルーティングの勉強をしていた。その結果は別エントリーに書いてあるが、無事Radikoだけ別ルートでのルーティングに成功した。



寝たのは10時半。勉強で疲れたのですぐに熟睡した。夜中3時半に一度目が覚め、時計に目をやって「あれ9時半なのに暗いぞ」と勘違いをしてしまい、時間が真夜中であることを納得した後、また熟睡してしまった。朝は7時半に目覚め、口の中が気持ち悪いのでそこで起きてしまった。



午前中は「佐野元春のザ・ソングライターズ」を見て、楽天で母の日のケーキプレゼントの申し込みをして、WOWOWの映画情報番組を見たりしていた。やっぱり熟睡度合いが高いから、調子は悪くない。少しだるい感じはあったが、まあまあというところである。



昼飯をどうしようかと思ったが、近所の中華料理屋にした。なんとなくケンタッキーのフライドチキンを食べたい気持ちもあったのだが、とりあえず皿うどんを食べるかと思い、中華料理屋に決定。食事をして、スーパーに買い物をしにより、家に帰ってきてからは映画でも見るかと思い、久しぶりに日本映画「ローレライ」を鑑賞。この映画の画質を巡って前に掲示板でもめたこともあって、見る気をなくしていたのだが、もうそれから何年も経っているのでそろそろ見るかと思って見た。テレビがその時のブラウン管から液晶テレビに変わったが、やっぱり色が変。これに気付く人が少ないのは困ったものだと思う。



映画を見終わってからはお茶。昼に買ってきたたい焼きを食べた。しっぽまであんこが入っていておいしかった。


ローレライ

2005年フジテレビ、東宝

監督:樋口真嗣

出演:役所広司、妻夫木聡、香椎由宇

上映時間:128分

画面サイズ:シネマスコープサイズ

音響:DOLBY DIGITAL 5.1ch-EX、DTS-ES 6.1ch

ストーリー:第二次世界大戦の末期。日本は広島に原爆を落とされ、危機的な状況になる。軍部の朝倉大佐は、絹見艦長を招集し、ドイツから入手した最新鋭の潜水艦伊-507号の指揮を任せる。朝倉大佐は、第二の原爆投下を阻止せよと指示を出すが、その裏で日本を改革するための行動をとっていた。そうとは知らずに伊-507号の指揮をとる絹見艦長は、この潜水艦にローレライと呼ばれる索敵システムが搭載されていることを知り、そのシステムの脅威と、システムに組み込まれた少女の姿に驚愕する。一緒に船に乗り込んだ高須が途中で船を乗っ取り朝倉大佐の命令のもと、アメリカに船を売り渡そうとするが、何とか船を取り戻し東京に原爆を落として日本をクリアにしようとする朝倉大佐のもくろみを打ち砕くべく、絹見艦長は行動を起こす。



2005年は確かこの「ローレライ」の原作者である福井晴敏の作品が次々と公開されていたと思うが、この作品がいの一番に公開されて、それなりのヒットを記録したと思う。原作はあるが、元々は福井晴敏と劇団新感線の中島かずき、監督の樋口真嗣が与太話で「潜水艦と美少女、戦争」という題で作品が作られるかという話から始まっているので、映画のの制作と原作の執筆はほぼ同時に行われ、ただの小説の映画化にはなっていないのが本作の肝である。ストーリー的には潜水艦物のジャンルになると思うが、美少女パウラが登場したり、「ローレライ」という敵を探知するシステムの登場など、SFアニメの要素をも持っているので、単純な戦争ものというわけでもない。で当時戦争ものと勘違いした年配者が劇場に訪れ、ずっこけたという話も聞く。日本のアニメ好きならば意外とすんなりと受け入れられる話だと思うが、若手主演俳優が棒演技なので、見るべき点が絹見艦長を演じる役所広司とか木崎副長を演じる柳葉敏郎あたりになってしまうのはいかがなものかと思う。この作品で今は売れっ子俳優になってしまった佐藤隆太が妻夫木聡演じる折笠の同期として登場しているのもファンには見どころかも。でも結構情けない死に方をするのでがっかりすると思う。日本の映画にしてはCG等特撮は頑張っていると思うが、やっぱり予算が少ないせいでCG然としていて少しがっかりする。今回DVDで鑑賞したが、THX仕様でありながら、画質は悪い。というより色の発色が変である。赤に傾いた色調をしているし、黒浮きもしている。マスターになったフィルムがおかしいのではないかと思わせるところではある。音響は劇場と違ってDTS-ESも収録していて、マスタリングをハリウッドのスカイウォーカーサウンドで行っているせいもあって、かなり迫力がある。日本の映画にしては珍しいのではないだろうか。ゲスト出演で「機動戦士ガンダム」シリーズの富野由悠季監督がチョイ役で出ている。(でもはっきりとは分からないけれど。大和田通信所のシーンで出てくる) このあと樋口監督は「日本沈没」を撮ったりしているが、監督には向かないらしい。演出力はあまりない。やっぱり特撮監督のほうが合っているみたいである。


佐野元春のザ・ソングライターズ サンボマスター 山口隆 Part.1

佐野元春のザ・ソングライターズ3rdシーズンの最初のゲストは、サンボマスターの山口隆。サンボマスターの曲はほとんど知らないが、山口隆の作詞の特長が聞けたのは興味深かった。山口隆は「ロックンロールの決まり事なんかいらない」というスタンスで作詩をしているという。それは、ある種新しい詩の世界を開拓しているという事であり、佐野元春の詩の作り方とも共通しているところでもある。また、山口隆は「君」と「あなた」を使い分けているという話も興味深かった。距離感の問題らしいが、いろいろなイメージが湧きあがってくると思う。次回は第2回目。学生とのワークショップがあるので楽しみである。


PacketiX.NET、MobileFree.jpでRadikoのみをルーティングする方法

先日来MobileFree.jpとPacketiX.NETでRAdikoのエリア外聴取が可能になったことを書いたが、これの欠点が一つあることを記した。それはこのソフトたちを起動させると、デフォルトゲートウェイがこれらのソフトを経由してしまい、他のインターネットアクセスが速度低下を起こしてしまうという事である。これの解決方法はWindowsのルーティングをすればいいが僕には難しくて分からないと以前書いている。今回その方法が分かったので、自分が初期設定を忘れないようにここに記しておく。なお環境はWindows7 Home Premium SP1であることを記しておく。



1.まずネットワーク接続のローカル エリア接続のプロパティを開き、インターネット プロトコル バージョン 6(TCP/IPv6)とインターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)の両方ともプロパティから「詳細設定」を開き、「IP設定」タブの下の方にある「自動メトリック」のチェックボックスを外し、「インターフェース メトリック」を「1」に設定する。



2.VPN-VPN Clientのプロパティを開き、インターネット プロトコル バージョン 6(TCP/IPv6)の方は「自動メトリック」のチェックボックスを外し、「インターフェース メトリック」を「2」に、インターネット プロトコル バージョン 4(TCP/IPv4)の方は、「インターフェース メトリック」を「1」から「2」に変更する。これで、デフォルトゲートウェイのNICの優先順位が、通常のLAN回線に設定されることになる。VPNのLAN回線を優先順位を下げておく必要がある。



3.次に、コマンドプロンプトを管理者として実行する。「route print」コマンドで、インターフェース一覧を表示させ、「VPN Client Adapter - VPN」とある行の左端の数字を記録しておく。これが仮想LANカード(VPNのLAN回線)のインターフェース番号になる。僕の環境では「17」となった。



4.次のコマンドを入力する。僕の仮想LANカードのインターフェース番号は「17」なので、コマンドの最後に記されるインターフェース番号は17となる。また、メトリックはVPNの方を「2」に変更したので、設定でもそのように記述する。

route -p add 219.103.34.224 mask 255.255.255.255 10.0.0.1 metric 2 if 17

route -p add 219.103.34.226 mask 255.255.255.255 10.0.0.1 metric 2 if 17

コマンドのーpは、PCを再起動させても設定を保持するコマンドなので、不安な場合は-pを外して入力するといいかもしれない。この場合、PCを再起動させると、設定したコマンドは消えてなくなる。



5.入力したコマンドを削除したい場合は、

route -p delete 219.103.34.224

route -p delete 219.103.34.226

で削除できる。



これで、通常のインターネット回線は保持したまま、MobileFree.jpやPacketiX.NETを起動させたときにRadikoだけはこちらを通過するようにできる。


PacketiX.NET セキュアインターネット実験サービスのインストール

Radikoをエリア外聴取するには先日MobileFree.jpをインストールすればいいと記したが、ブロード環境には不適合である。元々モバイル環境用の設定になっているからである。でははブロードバンドに適しているのは何かと言うと、同じくソフトイーサ社のリリースしているPacketiX.NETをインストールすればいいという事になる。これはソフトイーサ社のインストールガイドを参照して「PacketiX VPN Client 2.0 build 5280」をインストールし、インストール後ソフトを起動し、画面下の方にある「接続設定ファイル(secure.vpn)をダウンロード、インポートすればいい。これでブロードバンド環境でRadikoが楽しめる。MobireFree.jpと同じく東京判定で、関東の各局が楽しめる。


2011年4月23日土曜日

機動戦士Vガンダム 第6話 「戦士のかがやき」

リガ・ミリティアの基地を襲撃するベスパのモビルスーツにコア・ファイターで立ち向かうウッソ。そのウッソを援護しようとリガ・ミリティアの人たちはパーツの射出を準備する。そんな中、組織内に潜入したクロノクルは、組織のリーダー・伯爵と、カテジナを誘拐することに成功する。ウッソはガンダムに換装してベスパのモビルスーツを撃退するが、その間にシャクティがカサレリアに帰ってしまう。それを追いかけるウッソに再びベスパのモビルスーツが立ちはだかる。



次第に戦争の狂気に触れていくウッソという構図が明らかにされていく本ストーリーは、クライマックスのベスパの兵士の自決という狂ったシーンで物語の変さを描いているように思う。これまでのガンダムシリーズでもある程度戦争の狂気のようなものを描いていたと思うが、今作ではそれが顕著なような気がする。また、主役ロボであるガンダムが、しょっちゅう破壊されるというのも、これまでのガンダムシリーズになかった設定であるといえよう。ガンダムが反地球連邦の象徴になっているのは、何とも言えないものがある。基本的にはガンダムって地球連邦側のモビルスーツという設定だったので、いつの間に反地球連邦の象徴になったのか面白いところだ。今回のエピソードで、カテジナがクロノクルに誘拐されるというストーリーで、これが後々どう効いてくるのかが見ものではある。


2011年4月22日の睡眠と、23日の健康

昨晩は夕食後、テレビを見ながらベッドに横になっていた。PCをいじるのも疲れたからだが、横になっていても眠れるというわけでもない。とにかく起きているのが億劫で横になっていた。それでも9時にはシャワーを浴びてその後LDを少し見て、10時半に眠りについた。寝つきはよかったが、途中何度か目が覚めたし、夢も見たような気がする。あまり熟睡感はなかったのだが、8時過ぎに起きて、朝食を食べた。



天気は曇りだったが、洗濯と掃除をして、9時に家を出た。今日は病院の通院日である。通っている病院の混雑具合が気になったが、9時過ぎに行って待ち時間もあまりなく、9時45分には家に帰れるという速さで診察が終わっていた。



病院では毎回血圧と体重の検査をする。この辺が内科っぽい感じがする。新しい主治医とここ3週間の状態を話す。週末に疲れてくることを話したりしていたが、特に薬も変わらず。もっともこれ以上薬を増やされてアカシジアが多発しても困る。とにかく睡眠がちゃんととれれば調子はまずまずなので、この辺気を付けないとなと思う。



家に戻って、RadikoでFM Yokohamaを聞く。約1か月ぶりにお気に入りのDJの声が聞けて、うれしくなってしまった。放送では読まれないと思うが、メールを送信してしまう。



昼は今日も「牧のうどん」で昼食。肉うどんを食べたが肉が甘くておいしかった。食後は軽く散歩。軽くといっても結局は1万歩位歩いているのでそれなりの運動にはなる。軽く汗はかいていた。



4時まで途中お茶を飲んだり、アイロンがけを行いながらFM Yokohamaを聞き続け、4時になって番組が切り替わると「スター・トレック ヴォイジャー」を見ることにした。今日のエピソードはやきもきする話で、ちょっとだるい感じのする展開だった。


スター・トレック ヴォイジャー 第41話「ヴィディア人の協力」

とある惑星を探査中のジェインウェイ艦長とチャコティ副長は、惑星の土の中に住む虫に刺されてウイルス感染し、惑星から出られなくなる。ドクターが治療法を探したが見つからず、トゥヴォックは二人を置いて惑星を離れる決意をする。しかしクルーはその方針に納得せず、近くにいるヴィディア人に協力を仰ごうとする。最初はクルーの安全を気にしてヴィディア人との接触を拒み続けたトゥヴォックだったが、様々な人の意見に従い、接触を決意する。一方ジェインウェイは自力で治療法を探していたが見つからず、チャコティとの第二の人生を歩む決意を固め始める。



第2シーズンラスト間際になって描かれたのは、ジェインウェイとチャコティの微妙な関係だった。艦長と副長という関係以外に男と女という関係があるのだが、チャコティはどことなくジェインウェイに気があるような描き方をしている。でもこの二人、くっつくようでくっつかないのが肝で、ジェインウェイはこの後も一人で力強い女性の立場を貫き通す。チャコティは最終回で意外な人物とくっついてしまうので、あっと驚く。途中からキャラクターの立ち位置を変えてしまったのが原因だが、それにしてもこの二人、どうしてこうなるかなという関係である。一方二人がいなくなった後のヴォイジャーのクルーは、トゥヴォックのやり方に反発して大変である。いかにジェインウェイとチャコティがクルーの信望を集めていたかが分かるというところである。ストーリー的には静かな展開が多く、邦題は少し的外れのような気がする。原題のほうがあっている感じはする。


佐野元春「All Flowers In Time」振替公演参戦決定

東日本大震災の影響で公演が延期になっていた佐野元春の「All Flowers In Time」東京ファイナル公演、6月の18日に決定したというニュースを聞いた時、どうしようか悩んでいた。チケットはまだ持っているのだが、福岡から東京まで行くのは大変かなという思いがあった。特に問題なのが航空券のチケット代。いったいいくらかかるのか分からないので困っていた。通常料金だと片道30000円から40000円もしてしまい、とてもじゃないが出せないと思った。そこでいろいろ調べてみると、ANAのスーパー旅割という切符を買うと、約半額程度で買えることが分かった。片道15000円程度。往復で31000円という値段だった。そうなると現実味が増してくる。そこでせっかくの佐野元春デビュー30周年記念ツアーのファイナルという事もあり、ぜひとも見たいと思ったので、先ほど航空券のチケットを予約してみた。これで6月は実家に戻り、佐野元春のライブを楽しむことができる。しかし、以前の僕ならしなかったことだろう。神奈川に住んでいるときは、気軽にライブに行けて、他のファンが全国ツアー同行なんてことをしているのを「すごいな」と思っていたのに、まさか自分がそれに準ずることをするとは思いにもよらなかった。でも楽しみではある。後は会社の仕事を何とかやりくりするだけである。


2011年4月22日金曜日

2011年4月21日の睡眠と、22日の健康

昨晩は、脳の疲れが夕食後も残っていて、ネットで見ているのも少し億劫だった。これは珍しいことで、たいていは夜になると調子は復調してくる。それが戻ってこなかったのは疲労がたまっているのだなと思っていた。昨晩も10時半までには就寝。途中夢を見た記憶がある。ここのところ毎晩夢を見ている。内容まで覚えていないが。朝は何時か記憶にないが、トイレで一度起き、8時過ぎに起床した。



調子は少しけだるい。午前中は少しネットをしていた。Amazon.comでBlu-rayの注文と、PacketiXというソフトのインストールをしていた。PacketiXは、元々インターネット接続でセキュリティを確保するためのソフトだが、MobileFree.jpと同じくRadikoの東京エリア判定をするのに使われる。こちらの方がブロードバンドに適したソフトなので今後こちらを使う。また別のエントリーで書くかも。



朝10時半に家を出た。区役所で精神障害者自立支援制度の申請をするためである。雨が降るというので傘を持って出かけた。調子が万全ではないため、申請を無事終えた後、とっとと戻り、昼食にラーメンを食べて、スーパーで夕食の惣菜を買って早めに家に戻った。



午後は映画鑑賞。それなりに集中力はあったが、作品の出来があまりよくないためか、途中あまり面白くないなと思ったりした。



映画を見終わった後はコーヒーとまんじゅうでお茶。甘いものを食べるとホッとする。コーヒーを飲んだので目が覚めてくる。それでレビューを書いたりしたいた。雨が降るといっていたが、降らないので「あれっ」と思っていた。


デス・レース

詳細は、DEATH RACE/デス・レース/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。低予算映画専門のロジャー・コーマン制作の映画をリメイク。現代にアップデートしているが、途中ちょっとつまらなかったな。カーチェイスシーンが面白みを感じない。監督の力量のなさが原因か。アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「バトルランナー」を思い出していた。


ぴあ首都圏版、7月21日号で休刊

今朝ほどtwitterで知ったのだが、若者の情報誌として長らくその地位を守り続けていた「ぴあ」がこの度休刊することになったそうである。これは、インターネットの情報に押され、発行部数が落ちていたことに対する結果だという事で、時代を感じる。僕も大学生の頃は「ぴあ」をよく読んでいて、そのころから映画やコンサートの情報を得ていたものである。特にお世話になったのがプレゼントコーナーで、川崎チネチッタの劇場招待券をよくもらい、映画館に足を運んだものである。「はみだしYouとぴあ」というページの片隅に書かれたオモシロ話などは好きで今でも印象に残っている。年齢を重ねるごとに情報が必要なくなっていき、次第に読むのを止めてしまったが、途中から「東京ウォーカー」に対抗して紙面刷新したのがつまらなくなった記憶がある。でも今でも情報誌といえば「ぴあ」と出てくるほどに存在感の大きな雑誌だったと思う。今後もインターネットでの情報提供は続けるそうなので、時折見に行ってみようと思う。


安全食堂

福岡県は西区のJR筑肥線の九大学研都市駅と今宿駅の間にある(どちらかといえば九大学研都市駅のほうが近い)、中華料理屋。インターネットでの2006年度の福岡県のおいしいラーメン店ベスト5に入るほどの人気店で、休日ともなると行列ができるぐらい。先日日曜日に食べに行ってみようと思ったが、あまりの行列に諦めた経緯がある。場所は唐津街道沿いで、駐車も完備。一応中華料理屋なので、ラーメンのほかにもチャンポンや野菜炒めなどもあるが、ここはメインのラーメンを頼む。ラーメン1杯550円は決して安い方ではないが、味はいい。スープが適切な味を持っていて、先日食べた長浜ラーメンのような薄味ではない。といって濃い味でもないので、スープは完食できる。麺の硬さは他店と同じく頼めるが、最初は普通で、替え玉の時は固めで頼んだ。固めのほうがおいしいような気もする。店はいかにも年季の入った感じで、厨房のおじさん、おばさんたちの威勢の良い掛け声がこだまするので、食べていても気持ちがいい。その代わりに女性客は一人では入れないだろう。テーブル席もあるが、混んでいるので、人数が多いと待たされることにもなりそう。本日は平日だったのと、12時前に入店したのですぐに食べられたが、休日だとこうはいかないだろう。ただ回転は速いと思う。福岡のラーメンを抑えると言ったら、とりあえずここは外せない。
P1000096.JPG


Radiko、福岡で試験運用始まる

インターネットサイマル放送のRadikoが、福岡でも試験運用が始まった。10時からスタートという事だったが、8時に起きてチェックしてみたところ、すでに運用を開始していた。これで福岡に住みながらマンションの環境でFM放送が今一つ感度が悪かったのがだいぶ改善されたことになる。しかしながら残念なのはcross FMがこの運用に参加していないこと。理由は定かではないが、LOVE FMのような局ですら参加しているのだから、cross FMも参加してほしいところである。これであと気になるのがNHKのサイマル放送参入がいつになるかという事。2011年度中を目指すとあるが、こちらも期待したい。「元春レイディオショー」をきれいな音で聴きたいので。


2011年4月21日木曜日

2011年4月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩は洗濯もののアイロンがけで時間を取られてしまった。それでも10時半には眠りにつけた。最初は熟睡で、よく寝ていたが、明け方4時半に腹痛を起こし、トイレに行ってからはあまり眠れなくなってしまった。6時半に起きたときは目は覚めていて、疲れたなという感じだった。



今朝は眠気覚ましをしようとふと思い立って、博多駅から会社まで歩いて行った。家を出る時間が早くて、いつもより早い時間の電車に乗れたから思い立ったのであって、歩くと少し頭痛がしてきた。血流がよくなっている感じである。



会社に着くと、トラブルを抱えてしまい、その処理で神経を使っていた。統計資料の作成も合間合間にやっていたが、トラブル解決のほうに気が取られていた。



トラブルも午後には解決し、少しゆとりができるようになった。そうすると疲れが出てきて統計作業ができなくなった。何もしたくないと脳が拒絶反応を示していた。それで後はネットを見て時間をつぶしていた。



定時になったら家に帰るのだが、朝のうち「帰りも歩いて行こう」と思ったていたのが、疲れて歩く気もなくなっていた。それでバスに乗って帰っていった。スーパーで刺身ともやしを買い、それを夕食にして食べた。明日は有給を入れたので、ちょっとのんびりするつもりである。でも区役所に用事があるから出かけなければならないのだが。


外国人はおでんが苦手

経済コンサルタントの大前研一氏が週刊ポストの記事で語ったところによると、外国人にまだまだ開拓の余地がある日本食として、おでんが挙げられるそうである。おでんのちくわぶとかはんぺんとかのフニャフニャ感が外国人には不評らしい。もっともおでんといっても地域によって結構差があり、沖縄あたりだとてびちだとかウィンナーが食材に入ってくるから、それを食べさせてみるとまた評判も変わってくるかもしれない。僕個人はおでんは嫌いじゃないが、まあ冬の料理だなとは思う。つい食べ過ぎてお腹いっぱいになってしまうのが、このおでんの特徴であると思う。今度の冬は一人暮らしだから、パックのおでんを食べようかなと思ったりしている。(気が早いが)


2011年4月20日水曜日

2011年4月19日の睡眠と、20日の健康

昨晩は、夕食に魚を食べたら骨が一杯で食べるのに時間がかかってしまった。それでネットを見るのも遅くなり、少し寝る時間が遅くなりそうなところだった。10時半に切り上げてそのままベッドに向かい、寝ようと思ったところふと「元春レイディオショー」の録音設定をするのを忘れていたのを思い出し、慌てて設定していた。



寝つきはよく、朝は6時28分まで熟睡である。何か夢を見たような気がするが、あまり覚えていない。しかし、8時間睡眠を確保したのにもかかわらず、眠くてしょうがない。会社に着いて、朝一番で朝会があった時、うとうと寝ていたぐらいである。



調子的にはまあ普通だったが、とにかく眠い。ちょっと疲れている感じもあって、統計資料の作成をしているときにも集中力が昨日よりは悪かった。午後も会議の席で半分落ちていたし、疲れているなと思った。



ここのところ疲れるので午後3時半ぐらいにコーヒーを飲む。コーヒーをミルク入り砂糖抜きで飲むのである。朝からポカリスウェットを飲んでいるから砂糖の取りすぎに注意しているつもりである。コーヒーブレイクが結構効く。



今日も定時で帰ることにして、適当なところで仕事を切り上げ、体を動かさないとなと思い、会社から駅まで2kmを歩いた。気候的にはいい気候で、歩くのにも汗はかかずに楽だった。今日のユーパン服用錠数は、昼に1錠のみ。あまりアカシジアは出なかった。


ALTEC LANSING MUZX ULTRA

弟から引っ越しのお祝いだといわれてもらったのがこのALTEC LANSING社のMUZX ULTRAというインナーイヤーフォン。カナル型といわれるシリコンの筒を耳穴に差し込む形状のヘッドフォンである。iPod対応で右のリード線にリモコンがついていて、本体を取り出さないでもボリュームのアップ・ダウンと、曲の一時停止・解除が可能。値段も10000円を超しているので結構高い。しかし、このシリコンの耳に差し込む部分が僕の耳には合わなかったみたいで、初日使ってみた感想は「音が悪い」という事だった。高音がちりちりしていて、低音が全然出ていないのである。典型的な安物イヤーフォンの音質でがっかりした。しかし、弟がくれたものだしどうしようかなと思っていたところ、ふとそれまで使っていたソニーの2000円のカナル型イヤーフォンのシリコン部分と取り換えてみようと思い立った。で交換して使ってみたところ、だいぶ改善された。低域の出なさ加減はあまり変わっていない気もするが、とりあえず高域の変な感じはなくなった。しばらくはこれでいってみるつもり。シリコン部分を量販店で買ってこようかなと今思っている。それで結構音質が変わると思う。使い勝手は悪くないので、できればこれで音質決めをしたいところである。


2011年4月19日火曜日

2011年4月18日の睡眠と、19日の健康

昨晩もネットを閲覧していて、インターネット接続の遅さに不満の声を上げていた。テレビで「アクトビラ」を見てみると、映像が途切れる。これでは使えんと思いながら、いろいろ試してみていた。しかし、10時半になったので、その場で中止。眠りについた。寝つきはよく、朝は5時半にトイレで目覚めた。再度寝てしまい、6時半にアラームが鳴った時には深い眠りから起こされ、つらかった。



会社に行くときに、弟からもらったイヤーフォンを使ってみたが、どうも音質が気に入らない。帰りもそうで、うーんと考え込んでしまった。それなりの値段はしそうだが、これではなと思っていた。



調子は悪くないが、朝一番は仕事をしたくないので、ちょっとネットを見ていた。10時ぐらいから仕事をやる気になったので、期ごとの機種別販売台数のまとめをしていた。どうも集中力は今一つのようで、すぐに気がそがれていた。



午後になると眠くなってくるので、コーヒーを飲んで目覚めさせる。ユーパンは昼に1錠、3時に1錠の計2錠飲んだ。そのせいかアカシジアは出なかった。



定時になって帰るときに、ふと「会社の前のバス停から博多駅まで歩いたらどれくらい時間がかかるだろう?」と思いついたので、バスを待っているよりはいいかと思い、歩いてみることにした。距離にして約2km、時間にして23分というところで少し運動になった。


生和BBに電話してみた

昨日のブログで「生和BBは速度が遅い」と書いたが、その後テレビで「アクトビラ」を閲覧してみたところ、無料動画が何回か再生ストップとなり、やっぱり速度の低下が見られた。そこで事情を聴こうと本日、サポートセンターに電話してみた。まあ一種のクレームみたいなものである。そうしたら担当者との会話で分かったのだが、各戸の帯域幅は10Mbpsに制限をかけているとのこと。これはヘビーユーザーがマンションすべての帯域を使いきらないようにするための処置ということである。それで夜でも4Mbps程度は確保するようにしているということで、自分の実測データと合っていることを確認した。でも帯域制限しているなら夜でも7Mbpsはほしいなと思った次第。無料だからあまり大きな声で要求もできないかと感じた。とりあえず電話したことで気分は晴れたが、しばらく様子を見るしかないかと思った。


2011年4月18日月曜日

2011年4月17日の睡眠と、18日の健康

昨晩は姪浜で両親と夕食をとって、別れたのが7時半。家に着いて8時で、少しネットをやり「機動戦士Vガンダム」を1話だけ見た。25分の番組だから見やすくてよい。風呂に入って、ベッドに横になったのは、10時40分ぐらい。そこからなかなか寝付けなくて、気が付くと11時半になっていた。その後熟睡だったが、5時半に腹が痛くなって目が覚めた。でもトイレに行かずにまた寝てしまい、6時半にラジオのアラームで目覚めた。



朝は調子が悪かった。何という感じでもないのだが、なんか不調な感じなのである。それで会社に行って最初の1時間ぐらいはWebブラウザの設定をいじったりしていた。結果会社のWebブラウザは、Google Chromeに決定した。



10時ぐらいから統計資料の作業をやり、このころから調子が上向いてきた。集中力はあるのだが、いらいらすることもない。途中で呼び出しを食らっても、電話が鳴っても冷静でいられた。



今日は月曜なのでアカシジアが出るだろうと思い、昼にユーパンを1錠、午後3時ごろに1錠、定時後に1錠飲んだ。帰りは少し落ち着かなかったのであるが、ユーパンを飲んだら効果あったみたいで、すぐに落ち着いた。


生和BBのインターネットは遅い

僕が住んでいるマンションは、生和コーポレーションが作ったマンションで、インターネットが無料というのがうたい文句だった。不動産屋にどのくらいの速度が出るのか聞いたところ、200Mbps出るという話でわくわくしていた。しかし、実際入居してスピードテストをしてみると、7Mbps程度しか出ない。しかもMobileFree.jpをインストールして、PacketiX VPN クライアント接続を起動させておくと、MobileFree.jpを接続しなくても下りのスループットが落ちる。間違いなく4Mbpsまで落ちる。まあMobileFree.jpのほうは、僕の勝手でやったことだから、使わないときは終了させておけばいいのだが、それでもいくらベストエフォートとはいえ、10Mbpsも出ないのはちょっと詐欺じゃないのといいたくもなる。まあ普通に使う分には7Mbpsでも支障はないのだが。ちょっとがっかりしてはいる。


2011年4月17日日曜日

機動戦士Vガンダム 第5話「ゴッゾーラの反撃」

ベスパのモビルスーツの攻撃をかわしたウッソは、いやおうもなく戦争に巻き込まれていく。それを心配するシャクティと文通友達のカテジナだったが、ベスパは容赦なかった。仲間の弔いを果たすため、ガリーが新型モビルスーツ、ゴッゾーラを駆使して一人リガ・ミリティアの秘密工場に攻撃を仕掛ける。その場所を教えたのはモビルスーツを破壊され、秘密基地に潜入したクロノクル。彼は秘密工場で情報を収集する。一方ガリーとウッソの戦いは相打ちになるが、ガリーの戦闘意欲にウッソは恐れる。ガリーを結局捕えたウッソだったが、休む間もなくベスパの攻撃が始まり、秘密基地からの脱出の援護を余儀なくされる。



ここから物語は普通の展開になっていく。とはいうもののウッソは素直な子供で、これまでのガンダムシリーズの登場キャラとは明らかに違う性格を持っている。彼は戦いを嫌いながらもシャクティやその他の仲間を助けるため、意外と積極的に戦闘に参加しているような感じがする。この辺がファーストガンダムのアムロや、Zガンダムのカミーユと違う点だろう。立ち位置があいまいなのが文通相手のカテジナ。ネットの情報ではあとでウッソに立ちはだかる敵になるという話だが、序盤の話を見ている限りでは意外と存在感がない。まあそれはシャクティも同じなのだが。シャクティの場合、序盤はストーリーテラーという役割もあったから多少は存在感もある。でも序盤のカテジナはそれもない。これがどう化けるのか興味はある。サウンドトラックが慣れてきて、世界観にマッチしだしてきているのも物語を面白いと感じる理由だろう。


関東のRadikoをエリア外で聞く方法

次々とエリア拡大、参加放送局増大を続けるRadikoではあるが、エリア外の放送が聞けなくて悔しい思いをしている人も多いのではないかと思う。そんな人には、ソフトイーサ社のMobileFree.jpをインストールして、設定をすれば、関東の放送局は聞けるようになる。ただし弱点もあり、現在Radikoのトップページのアクセスが非常に難しくなっている点と、そのソフトを起動させている限りネットワークへの接続がすべてMobileFree.jpを経由して接続されるため、通信速度の大幅低下が避けられないという点である。前者は、Radikoのページからではなく、関東各局の放送局のサイトに貼られているリンクから直接プレイヤーを起動させると比較的接続しやすいようである。後者はルーティングの設定でできそうであるが、僕には難しすぎてよく分からなかった。何はともあれ、エリア外から関東のRadikoが楽しめるのは朗報であるといえよう。もっとも今住む福岡でも4月22日からRadikoのサービスは始まるので、多少は改善されるといってもいいのだが。


2011年4月16日の睡眠と、17日の健康

昨晩は、小室哲哉のEpicベスト盤の付録DVDを見た後、やることがないので、早めに風呂に入って、ネットを見て過ごしていた。それでも早めに寝ようと思って、10時20分ぐらいには寝てしまった。寝つきはまあまあ。朝は何度か眠りから覚めたが、8時過ぎまでは寝ていられた。久しぶりにそれなりに寝た気分である。



朝は、朝食後靴磨きをしたり、障害者自立支援の申請書を書いたりしていて、その後ネットを見たりしていた。午前中ふと思い立って、昨晩録画した「佐野元春のザ・ソングライターズ」を見た。昨晩の放送はスペシャルプロローグという位置づけで、2ndシーズンのダイジェストと3rdシーズンのさわりを見せていたが、やっぱりこの番組面白い。



体調的には睡眠をたっぷりとったのに少し悪かった。なんとなくだるい感じ。昼食を食べないとと思い、服を着替えてラーメンを食べに出かけた。帰りにスーパーに寄って、牛乳とパンとビールを買って帰る。



今日は両親が来るというので映画の視聴はなし。午後は裏でごにょごにょして聞くことができるようになったRadikoの関東の放送を聞きながらネット閲覧をして過ごしていた。意外と早くに両親は到着。1時間半ぐらい部屋でいろいろ話をした後、ホテルに向かい、近所の居酒屋で早めの夕食をとった。ビールを2杯飲んだだけで結構酔っぱらう。調子悪いせいかもしれない。7時半ぐらいに両親と別れ、一人部屋に戻っていった。


両親、福岡訪問

前に実家にいるときから両親が話していたのであるが、一度車で神奈川から弟の住む大阪を経由して、僕の住む福岡まで旅行をしてみたいという事を昨日から本当に実施してしまった。昨日の午後、弟夫婦の住む大阪に立ち寄って、夕食を一緒に取った後、ホテルに泊まり、今朝大阪を出発して午後2時半に僕の住む福岡に到着した。両親は元気そうで、何より。僕はといえばまあブログで書いているように調子が良かったり悪かったりなので、その旨を話す。それにしても1か月会っていないと、いろいろ話すことがあるのだなと思う。今度会うときは6月に実家に戻ろうと思っているので、その時かなと思う。それまで僕も両親も健康でいてほしいと思う。


博多 金龍

九州各地にあるという博多ラーメンのチェーン店。当初は福岡県で5本の指に入るという九大学研都市と今宿の間にある「安全食堂」で昼食をと思ったが、日曜という事もあってかすごい行列だったのであきらめてこちらにやってきた。店内は広く、まずまずの清潔感。壁一面に漫画が置いてあるのは店の特徴か。にんにく入りの「やみつきラーメン」を注文したが、味はまあチェーン店という事を考えてもまずまず。量は博多ラーメンの他の店と同じく1杯では少ない。替え玉かサイドメニューが欲しいところ。サイドメニューでおにぎり2個を注文したが、これが大きく、ゴマと塩味だけで食べられてしまうという素朴な味。海苔が結構切れなくて食べるのに往生した。店内は昼時だというのに空席が目立ち、やはり「安全食堂」に客足を奪われているなと感じた。取り立てて味に特徴はないものの、外したところでもないので、また来てもいいかも。その前に「安全食堂」を行かないと。(実は平日に1度だけ行ったことはあるが、ブログに書かなかった)


2011年4月16日土曜日

2011年4月15日の睡眠と、16日の健康

昨晩は家に着いたのが8時、それから食事をしてネットを見始めたのが8時半。1時間ほどかかってネットを見、Radikoを地域外から聞く方法を試してみていた。でも疲れていたので途中でやめて、11時過ぎには眠りについた。夢は見なかったが、6時半にトイレで起きることとなった。その後は何となくうとうと状態。8時ぐらいに寝ていられなくなり、起きた。休日という事もあってストレスを感じないせいか、調子はまあまあ。朝食を食べて、洗濯をし、掃除をした後、PCでRadikoの地域外聴取のテストを繰り返していた。



途中で疲れて、午前中に「機動戦士Vガンダム」を視聴。そろそろストーリーも明らかになってきて、面白さが分かってきた。



昼からは軽く運動をと思い、昼食を取りに出かけたついでに近所を散歩した。その散歩の中でいろいろ買い物をしていった。当初買う予定のなかった会社通勤用の靴を買ってしまったのは意外だった。とはいえ今はいている靴はかかとが削れて穴が開いているから、そろそろ買う時期には来ていたのだが。歩くと調子がよくなってくる。真冬じゃないから血流がよくなるといった感覚は味わえないが、今日は風があって涼しいので、体は少し温まっていた。



珍しく今日はユーパンを服用していない。家に帰ってきてからも少しPCをいじくっていて、3時になったらコーヒーとまんじゅうをいただいた後、「スター・トレック ヴォイジャー」を見た。最初の数分だけ注意力散漫になっていたが、見ているうちに物語に引きずり込まれ、あっという間に時間が経っていた。



ドラマを見終わった後は、洗濯物のアイロンがけ。これが面倒くさい。でもしわだらけのYシャツはみっともないので仕方ない。ラジオを聞きながらアイロンがけをしていた。


スター・トレック ヴォイジャー 第40話「トゥーヴィックス」

とある惑星で食料の調達に出たトゥヴォックとニーリックス。しかし帰還の際にその惑星特有のランの特性のせいで転送時に二人の遺伝子が融合し、新たな人格「トゥーヴィックス」が出来上がってしまう。最初は戸惑いを覚えていたヴォイジャーのクルーも次第に慣れてくる。その中ニーリックスを愛し、トゥヴォックから精神的指導を受けていたケスは一人心の揺れに戸惑っていた。しばらくしてドクターがトゥーヴィックスから二人に分離する方法を発見したと連絡を受けるが、トゥーヴィックスは「これは殺人だ」と言い張り、分離に同意しようとしなかった。この話を聞いたジェインウェイ艦長は一人決断を下す。



これまでも物語の中で対照的な性格として描かれていたトゥヴォックとニーリックスだったが、その二人が一つの人格として融合してしまうとどうなるのかを描いた一編。もっと突拍子もない話になるのかと思ったが、ニーリックスを愛するケスの心の動きが前半のメイン話になっている。ケスが新しい人格であるトゥーヴィックスに戸惑いを覚えるのを丁寧に描いていると思う。後半は、このトゥーヴィックスを元の二人に分離しようとすると、トゥーヴィックス自体が自分の生命の主張をするという展開で、結構重たい話に変わる。艦長は一人非常な決断をするが、後味はあまりいい話とは言えない。艦長のした決断は二人を生かすために一人を消滅させるというもので、言ってみれば殺人を犯したようなものである。テーマ的に重い話であるといえよう。


牧のうどん

福岡県と佐賀県にチェーン店を持つお店がこの「牧のうどん」 うどん屋といってもそばもあるらしい。食べたことないから分からないけれど。ここのうどんの特徴は何かと言われると、コシのないやわらかい麺であろう。何でも普通のうどんでは茹でたあと一回水で締めるところを省略しているらしい。言って見れは釜揚げうどんのようなもの。その結果、コシはないし柔らかいうどんが出来上がる。しかもこのうどん、締まっていないのでだし汁をどんどん吸ってしまい、ゆっくり食べていると見かけ上の分量がどんどん増えていってしまうという変わった麺である。本日、そのうどんを食べに行った。街道沿いにあるせいか、大盛況。店内はそれなりに空席もあるが、どんどん客が入ってきて、入れ代り立ち代わりという状況である。注文はオーダー用紙に自分で記述する方式。これが後で伝票になるというわけである。店内で製麺から調理までやっているので、オーダーしてから出てくるまでが結構速い。でその味だが、関東のうどんに慣れた僕としては、ちょっと変わっているなというのが感想。味は悪くないが、やっぱりコシのないうどんというのは変な感じがする。とはいうものの1杯400円(かき揚げ天ぷら付)というのは安いと思う。福岡の料理店に入って思うのは全般的に安いこと。ここもその例にもれない。一度は食べてみて損はないかもしれない。
P1000095.JPG


機動戦士Vガンダム 第4話「戦いは誰のために」

ウーウィグから帰還したウッソは、住居であるカサレリアを守るため、ベスパのモビルスーツ、シャッコーに乗って戦うことになる。それを心配するシャクティだったが、ウッソは次第に戦いの中に取り込まれていくことになる。一方シャッコーを奪われたクロノクルは、サバト配下に入り、シャッコー奪還作戦を行うため、カサレリアに向かう。そこでウッソの乗るシャッコーと交戦状態になり、ウッソのピンチを察したマーベットは、コアファイターで援護に出る。



ここまで第2話から4話までが、第1話につながるエピソードになっていて、どうしてウッソたちが戦争に巻き込まれていくかが詳細に描かれている。この第4話でウッソの両親は技術者であることが分かり、この辺はガンダムシリーズの主人公のお約束みたいなものが確立されていると思う。ウッソ自身もそれなりに技術的能力があるようで、それが初めてモビルスーツを乗ったのに何とか操縦できるという伏線みたいなものになっている。物語を語っているのはシャクティで、彼女のモノローグが他のキャラクターの動きを補完していると思う。この第4話では初めてコアファイターとガンダムのパーツが一部ドッキングするという話が出てきて、ここからガンダムがらみの展開になってくるのである。スポンサーの強い意志とはいえ、第1話にいきなりこの第4話の後の話を持ってくるのは今見ると無謀だったと思う。富野由悠季監督がこの作品を嫌っているのも早くも分かるところではある。


2011年4月15日金曜日

2011年4月14日の睡眠と、15日の健康

昨晩は早くに家帰ったのに、食事に時間がかかり、ネットは8時からになってしまった。それでふとRadikoを地域外で聞く方法を見つけ出して、試してみたところ、聞けたはいいが今度はトラブルになってしまい、とりあえずアンインストールしてしまった。そんなにことをやっているので、寝るときには疲れていた。寝つきは今一つ。途中何か「あしたのジョー」の夢を見たような気がする。4時半に一度目が覚め、6時半にはアラームで叩き起こされた。



週末で睡眠が足りていないこともあり、体調はよくない。体はだるいし、睡魔が襲ってくる。それでも今日は重点商品の見込み表作成をしなければならないので、データが来るのを待っていた。午後も3時ぐらいになって来たので、それまで暇でしんどかった。



反対に3時からは忙しく、調子悪いとか言っていられなくなってしまった。定時後は職場の掃除をしていたので、1時間残業。いつもなら駅からスーパーまで歩いていくのだが、疲れていて、肩に痛みが走るので家に戻ってバイクでスーパーに行き、夕食を買って帰った。家に着くとホッと一息する。


TK Best Selection in Epic Days

小室哲哉22年ぶり(だったかな)のソロアルバム「Digitalian is eating breakfast 2」の発売に便乗したと思われる、ソニーからのベスト盤。しかし、考えたらTM NETWORKのベスト盤は何回も手を変え品を変えだしているのに比べると、小室ソロのベスト盤は今回が初ではないだろうか? さっそく聞いてみたが、何気に押さえていない曲があったり、よく聞く曲でもリマスタリングの効果によって音質が良くなったりと結構聞いていて楽しみを感じたアルバムでもある。まだビデオのほうは見ていないが、こちらは当時Epic Sonyが月1回深夜で放映していた「eZ」からの映像をピックアップ。これも何気に嬉しい。当時はVHSの3倍速でよく録画したっけと思いだした。企画物には違いないが、心の中では意外な当たりというアルバムである。


2011年4月14日木曜日

KeyHoleTVがサービス停止間近

P2P技術を活用して動画ライブ配信が行える「KeyHoleTV」のサービスが「停止秒読み段階」になっているという。同サービスを運営するコグニティブリサーチラボの苫米地英人CEOがブログで明らかにした。



 KeyHoleTVはライブ動画の配信などを目的としたサービスだが、実際には日本のテレビ放送を海外で視聴するといった法的に微妙な利用のされ方をしているのが現状だ。



 東日本大震災の情報を求める海外在住の邦人が重宝しているという一方で、広告などがない完全無償の形で2004年から運営しており、10Gbpsレベルのネットワークやメンテナンスのための米国パートナー企業への支払いなどで月に100万円以上かかっているという。



 この費用は苫米地CEOが全額負担しているというが、「それだけの資金は、東北地方への直接支援などを優先すべきではの声も上がっている」。また米国パートナー企業もアクセス急増で作業負担、収支とも限界に達しているのが現状という。



 元々地上波アナログ放送が停波する今年7月までの実験プロジェクトだったこともあり、苫米地CEOは「アナログ波の同時再送信のみに事実上利用されているKeyHoleTVは、サービス停止が秒読みとなったと理解して欲しい」と述べている。



 サービスについては「今回の地震で遅延のないデジタル放送の重要性と、それが可能なことをKeyHoleTVが示めした」と評価。今後も研究開発を続け、また政府に地上デジタル放送の遅延問題の解決に向けて働きかけていきたいという。


IT Media Newsより



せっかくFM Yokohamaを聞きたくて導入したKeyHoleTVだが、上記のように、終了間近のようである。インターネットではRadikoがあるが、これはIPアドレスで地域制限をしているので普通では地元のラジオしか聞けない。福岡地区では4月22日から配信開始らしいが、なぜかcross fmが入っていないし、NHK-FMが入っていないのはつらい。そういった意味ではラジオだけでもKeyHoleTVは残してほしいものだが、費用がかかりすぎで駄目だろう。残念である。




2011年4月13日の睡眠と、14日の健康

昨晩は残業で家に帰るのが遅くなったうえに、洗濯をしていたのでそのアイロンがけをしていたら、ネットを見る時間が8時半ぐらいからになってしまって、風呂に入ったのが9時半。寝たのが10時45分ぐらいだった。調子悪いので、消費期限切れのビタミン剤を抗精神薬と一緒に飲んだが、寝たとき体がだるく、寝つきは今一つだった。それでも寝入ってしまうと、なんか夢は見たような気がするが、5時半まではまずまずの睡眠、6時半にアラームで起きた。



朝はまだ調子が復調していなかったが、会社に行くと今日は仕事がいろいろあって、忙しくしているうちに体調は元に戻っていった。



新しい仕事として「社内の情報発信」というのがあって、この前やった方針発表の資料を新しくホームページに掲載するという仕事をやっていた。まあこの手の仕事は慣れているから困りはしないが、上司から最初5月でいいといわれていたものが、急に今日何とかしろと言われたのには困った。



昼はユーパン1錠飲んだきり。これは儀式みたいなもので、今日もアカシジアは出なかった。



帰りはバスがちょうどいいタイミングで来たので、待ち時間なしで家に帰れた。野菜を取らなきゃと思って、キャベツとニンジンの蒸したのを夕食に食べた。塩・コショウで味付けしたが、うまかった。


会社の湯茶室の掃除

会社は、僕ら横浜通勤組のために、わざわざ九州は福岡の地に新しい棟を建ててまで、事業統合化を図っているのだが、細かい部分で方法が違い、戸惑っている。その中の一つが湯茶室の掃除。新しい棟に入ってきた他の事業部の人たちは湯茶室でコーヒーや紅茶を飲んだりしているのに湯茶室のポッドなどを利用している。だが横浜組は利用する人が当然のことながら少ない。そこで、掃除当番を巡ってバトルが繰り広げられた。他の事業部の人たちは女性社員が率先して掃除をかってでたのであるが、横浜組の人たちはこれを拒否、結局社内清掃委員の裁量に任され、ここ1週間は僕が当番として掃除している。しかし何か釈然としない。差別だといわれそうだが、このぐらいの掃除、女性社員でもやってもらったらいいのでは?という思いである。まあ一人暮らしの身、掃除洗濯ぐらいはするから、それを会社でやってもいいのだが、なぜかすっきりしないのである。考えたら横浜にいたときはバレンタインデーの義理チョコというのももらったことがないぐらいである。うちの会社の女性の社会進出が進んでいるといえるのかもしれないが、なんかぎすぎすした感じを多少受けるのである。これは差別に当たるのだろうか。ちょっと考えてしまった。


2011年4月13日水曜日

2011年4月12日の睡眠と、13日の健康

昨晩は家に着いたのが10時ちょうど、すぐにシャワーを浴びて、少しネットをやり(というかブログを書き)、「元春レイディオショー」の録音を確認してから、11時15分に横になった。しかし、寝つきが悪い。昨晩は飲み会で結構焼酎とか飲んだから、すぐに眠れるかと思ったが眠れず、しばらく悶々としていた。睡眠に入った後も夢を見たりして熟睡感がない。



朝は体がだるいという感じだった。それでも出社だけはする。午前中は軽い作業をして、暇になるとちょっとネットで調べ物をしていた。



二日酔いというわけでもないが、調子はよくないので昼はうどん。本当は週末に食べたいから平日の会社では麺物は控えているのだが、今日は水分が欲しくて麺類にした。ごぼう天うどんだったが、やっぱり天ぷらは少ない。



午後の会議で今日も半分落ちかけていた。眠くてしようがない。夜ちゃんと眠れていないから、昼にツケが回ってくる。



今日も昼食時にユーパンを1錠飲んだが、それで落ち着いていた。夕方にゴミ掃除したので、残業30分。帰りはバスも電車も混んでいたし、スーパーの惣菜もちょっとなくなっていて、「結構人が多いな」と思ったりした。


ラーメン屋で女性客が少ない理由

ソースはGIGAZINEなのだが、女性がラーメン屋に少ない理由が書いてあって、興味を引いた。特に一人客が少ないという事だが、理由に挙げられるのが、「そもそも一人で食事をしない」というのや「食事のスピードがプレッシャーになる」、「人目が気になる」、「清潔感がない」などとなっているそうである。確かに男性は一人でも食事を平気でしてしまうが、女性は誰かと一緒にいることの方が多い気がする。ラーメン屋に清潔感は、まあないわな。ここのところ博多ラーメンの名店を回っているが、確かに汚れている。で、女性客が来るようにするには、という問いには、「女性スタッフを増やす」とか「コーヒーやデザートなどのスイーツをメニューに載せる」といったようなちょっと無理じゃないの?というような答えが寄せられた。ラーメンにコーヒーやデザートはあわないと思うよ。という事で、当面ラーメン屋といえば男性客中心の料理店になりそうである。


2011年4月12日火曜日

2011年4月11日の睡眠と、12日の健康

昨日は、Blogの機能がメンテナンス中という事で、日記更新ができなかった。一昨日は眠りがよくなく、昨日一日体調がすぐれなかった。なんとなく悪寒がして、だるかった。そればかりか午後にアカシジアが出て、きつかった。それでも新しい職場のゴミ捨ての仕事をやっていたために、30分ぐらい残業。家に帰った時にはほっとした。



ネットも早めに見終わり、早く寝てしまった。さすがに調子が悪かったせいか、途中姪の夢を見たような気がするが、比較的熟睡で朝まで寝ていた。起きたときはまだ体がだるく、大丈夫かなと思ったが、会社に行ってみると体調が復活していた。



なんか朝からすっきりしたくて、コーラを買っていた。本当はコーヒーあたりがいいのだが、なぜかペットボトルのコーヒーが売っていないのである。午前中は決裁書の検印回りをして時間が過ぎていった。



午後に産業医との面談。月に3回くるという精神科医という事だったが、話していて「これはなんか合わない感じの人だな」と思ってしまった。なんとなく真意が伝わらないという感じがして、がっかり感が強かった。



今日も会社の人と飲み会。開始時間が早かったからよかったが、やっぱり飲み会は疲れる。お腹は一杯になったのでよかった。


2011年4月10日日曜日

2011年4月9日の睡眠と、10日の健康

昨晩は、届いた輸入盤Blu-rayの再生チェックをしていた。届いたのは3本。読み込みが遅いので時間がかかった。それでもいつものように9時には風呂に入り、10時半には眠りについた。



寝つきは金曜の夜に引き続き今一つ。ちょっと眠りに落ちるのが遅かった。それでいて朝は5時過ぎにトイレで起きる。再度眠りについたが、まあ熟睡感はない。8時半にとりあえず起きた。



今朝も洗濯をして、あとはネットを見ていた。別エントリーで書いたようにネットを徘徊しているとNorton Internet Securityのパッチファイルが出ていたのでそれを適用。無事にFirefoxのツールバーが機能するようになった。



午前中はなぜか眠くて、頭がぼーっとしていた。調子悪いかなと思っていたが、どうも眠いの他に軽いアカシジアが出ている様子。昼食時にユーパンを1錠飲んでおいた。



昨日大半の食材を買っていたので、今日は買い忘れていた調味料と焼酎を買いにスーパーに出かける。焼酎も安いのが見つかったので、よかったと思う。



午後は映画観るぞと昨日から思っていたので、DVDで「ダイ・ハード4.0」を見た。やっぱり「ダイ・ハード」シリーズは面白い。面白くて、時間が経つのを忘れていた。しかし、ちょっと落ち着かない感じは残っていて、足を組んだり椅子にちゃんと座ったりを繰り返していた。



映画を見終わった後は、お茶を飲んで、レビューの記載。あまり見られていないレビューではあるが、僕的にはメンタルな病気を克服するための練習のようなものなので、止めずにいる。特に英語字幕、英語音声という環境で見ている身としては、作品の理解度を試されているようなものである。


ダイ・ハード4.0

詳細は、LIVE FREE OR DIE HARD/ダイ・ハード4.0/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。映画館でも見た記憶があるのだけれど、その時より面白い気がするのは気のせいか。5.1chサラウンドシステム復活してから映画を見るのが楽しくてしょうがないが、今作はサラウンド大活躍で、サウンドデザインだけで物語を楽しむことができる。ブルース・ウィリスがだいぶ年取ったなという感じだが、まだまだアクションやれるぞという感じ。不死身すぎのような気もする。


Firefox 4用Norton Toolbar Hotfix登場

以前Firefox 4が登場した時にNorton ToolbarがFirefoxに対応していない旨、そして対応時期が5月上旬になることを書いたが、4月7日に、この修正ファイルが登場した。Live Update経由ではなく、パッチファイルをダウンロードしてインストールするという形式で、Live Updateでは、まだ先の話になりそうである。しかし、とりあえずネットのセキュリティを考えたい人にはこのパッチファイルの配布は助かるのではないかと思う。詳細は、Firefox 4に対応するためのHotfixを公開いたしましたを参照のうえ、対応してもらいたい。気を付けなければならないのは、Norton Internet Security 2011のみの対応であるという事である。後、IDセーフが一部正しく動作しないという報告も上がっている。この辺を気を付けて導入されたい。


2011年4月9日土曜日

2011年4月8日の睡眠と、9日の健康

昨晩は、ネットを一通り徘徊した後、「金曜だし少し寝るの遅くてもいいか」と思い、「機動戦士Vガンダム」を見てしまった。レビューは昨晩アップしているが、今までのガンダムシリーズと違っていて、違和感が残る作品である。



それでもベッドに横になったのは10時45分ぐらい。あまり遅くはない。しかし、寝つきが悪く、1時間ぐらいベッドの中で寝返りを打っていた。脳が興奮しているわけでもなさそうだし、どういう事だと思っていた。朝も5時半ぐらいにトイレで起きた後、うつらうつらしながら結局8時半に起きた。満足いく睡眠ではなかったが、調子は悪くない。



朝食後洗濯、掃除をし、今日はどうしようと思った。週一回ぐらいは運動したいし、KeyHoleTVでFM Yokohamaも聞きたい。桜が見ごろなので桜を見に行きたかった。そこで10時半にラジオを聴くのを止めて、家を出た。最初に近所のベスト電器によってプリンターのインクを購入し、それから大濠公園駅まで電車で向かった。



最初に大濠公園に着いて、隣の舞鶴公園に桜が咲いていそうだが、軽く見ただけで桜の名所100選に選ばれている西公園に行った。こちらは落ち着いた感じの公園で、桜がきれいだった。



そこから隣の赤坂まで歩き、長浜のラーメン店に行った。これも別のエントリーで書いているが、まあ満足。食後、まだ時間が早いなと思い、再び舞鶴公園まで戻って、公園内を散策した。ここまでで結構歩いていて、1万歩を超していた。こちらは桜がきれいで人混みもそれなりにあった。いい感じで気分がよくなっていた。



帰りにアカシジアが発生したので、駅でユーパンをなめ、スーパーに寄って夕食の野菜を買い、家に帰って再びユーパンを飲んだ。



今日は暖かくて、しかも運動したのでのどが渇いて、コカコーラZEROを3時のお茶に飲んだ。とてもうまくて一気に飲み干した。それから「スター・トレック ヴォイジャー」の鑑賞。結構集中力も高く、あっという間に時間が経っていた。



その後は洗濯もののアイロンがけ。これが面倒くさい。でも一人暮らしだからしょうがない。CROSS FMを聞きながらアイロンをかけていた。


スター・トレック ヴォイジャー 第39話「悪夢の世界」

太陽のフレアによって壊滅的な被害を受けた惑星を発見したヴォイジャー。その惑星で5体の生命体を発見する。しかし、うち2名はすでに死亡しており、3名が生命維持装置で行かされている状態だった。本来なら環境の変化を察知してすでに目覚めていなければならない異星人たちがなぜ目覚めないのか、トレスとキムがその維持装置を使って制御しているコンピューターに入り込むが、そこはコンピューターの恐怖が支配する世界で、サーカス団が異星人たちを拘束していた。異星人たちの脳に入り込んで思考を読むコンピューターはトレスやキムをも取り込んで生き残ろうとする。クルーの危機を知ったジェインウェイはドクターを送り込んで事態の収束を図ろうとするのだが。



サブタイトルの「悪夢の世界」が何かと思ったら、なんだか「宇宙大作戦」をほうふつとさせるサーカス団の世界を描き出したストーリー展開になっている。このサーカス団が恐怖を実現しているところが、子供の悪夢をイメージさせていると思う。今回も意外とドクターが活躍する場面が多く、キムはあまり目立たないなといったところ。キムって意外とメインストーリーにならないキャラクターだなと思う。ドクターのホログラムという特性が生かされていると思う。最後の艦長の判断は、なかなかいいアイデアだと思う。恐怖は最後は消えてなくなるものだという展開は、コンピューターにも共通するのだろうか。


西公園、舞鶴公園の桜

本日、桜の見ごろという事で、会社の同僚から聞いた、大濠公園とその周辺を散歩してきた。まず最初に行ったのが日本の桜の名所100選にも選ばれているという西公園。ここはこじんまりとしていて、光雲(てるも)神社を有する小山である。参道の桜が美しいが、日本全国自粛の影響か、あまり人がいるとは言えない。桜は参道と神社の脇の一部に咲き乱れているが、期待したほどたくさんあるとは言えない。ただ、満開に咲いてちらちらと散る桜は見ていて和むものがある。



西公園の後は、食事を挟んで大濠公園のそばに隣接する舞鶴公園。こちらはもともと福岡城の跡地でもある。例年なら博多城址祭りをやっているそうだが、こちらも自粛ムードで静かな感じ。ただ人の出はこちらの方が圧倒的に多い。桜も咲き方もこちらの方が見事で、見ていて感動するものがあった。天守閣から望む福岡市内の様子は、桜のきれいさとも相まって、心揺さぶられるものがあった。今年は週末に桜が満開になっていて、魅力的だと思った。
P1000093.JPG


元祖長浜屋

今日、花見のついでに長浜に行ってみようと思い立った。長浜といえば長浜ラーメンが思いつくがどこがいいだろうというと、やはり本家本元ではないだろうか。長浜には何軒か長浜ラーメンがあるが、どの店も元祖とか名前がついていて紛らわしい。その中で行ったのが「元祖長浜屋」 なんでも昭和27年創業の店らしい。ここが元祖という事で地図を見比べながら到着。福岡市中央卸売市場の目の前にある店である。何でも場所が移転になって今の場所になったらしく、結構ビルが新しい。12時過ぎに行ったが、若干名の行列があるが、ネットで見たときほど混んでいるとも思えない。メニューはラーメンと、替え玉、肉ぐらいなもので、あとはお酒があるだけのシンプルメニュー。ラーメンは400円、替え玉、肉は100円と安さである。店内はそれなりに汚れている感じ。入ってすぐにラーメンが出てくる早さである。食べての味は、味が薄いなという事。物足りない感じがする。とはいうもののあっという間に1杯目を食べ、替え玉を頼む。その時にテーブルの上に置いてあったダシ汁をかけて2敗目を食べると、がぜんうまさが増した。これぞ博多ラーメンという感じ。スープはそのダシのせいか味が濃くなってしまい、全部飲み干すまではいかなかったが、豚骨が効いていてうまい。福岡は全体的に物価が安いと思うが、ラーメン400円は本当得だと思う。機会があれば一度行ってみるのもいいかもしれない。

住所は、

福岡県福岡市中央区長浜2-5-38
元祖長浜屋


2011年4月8日金曜日

機動戦士Vガンダム 第3話「ウッソの戦い」

ベスパのモビルスーツ、シャッコーを手に入れたウッソは、文通相手のカテジナの住むウーウィッグに足を向ける。しかし、ベスパはウーウィッグに潜んでいるリガ・ミリティアをいぶりだすために、無関係の市民をも巻き込んで攻撃していた。その惨状を目にしたウッソは図らずもベスパと交戦状態になってしまうのだが。



物語が少しずつ判明していくことになる第3話は、主要な登場人物がそれなりに登場していて、物語の背景も徐々に明らかになってきている。しかし、まだこれまでのガンダムシリーズと比べると違和感を感じる。その一つとして挙げられるのが敵であるベスパのモビルスーツの不恰好さではないかと思う。見ていてファーストガンダムのザクのようなデザインの良さを感じないのである。また、子供をターゲットにしたと思しき変形形態もそのデザインの悪さに拍車をかけている。物語の違和感としては、主人公の立ち位置がまだ固まっていないところが不安定感を感じる要素の一つであろう。ただ、登場人物のせりふ回しは紛れもなく富野節である。この先どう展開していくのか、興味が湧いてきた。


2011年4月7日の睡眠と、8日の健康

昨晩は、早めに風呂に入ってベッドに横になりながらテレビを見ていたら、10時過ぎに眠くなってしまった。薬が効いてきているのと、疲れがたまっているのがあるのだろうが、10時15分には眠りについてしまった。途中夢を見たり、どうも夢の中で中途覚醒をしたという体験をしたようだが、5時半に一度起きるまではよく寝たと思う。しかし、週末という事もあって、ちょっとだるいという感じがする。



久しぶりの朝から雨で、花粉が飛んでいないことが助かる。どうもヒノキ花粉にも反応するようになったようで、昨晩なんか目がかゆくてしょうがなかったので、今朝は楽だった。



会社では事業部の方針発表があるので、それの準備に追われ、忙しくて、自分の仕事が出来なかった。あっという間に昼飯時になり、一応ユーパンを1錠だけ飲んでいた。



午後は自分の事業部の方針発表をする前に他の事業部の方針発表を聞いていたが、この時は眠くて半分落ちていた。その代わり自分の事業部の時は、ちゃんと起きていた。



あっという間に定時になり、雨が止んでいたのでのんびり帰る。人参が食べたいなと思い、買って帰って、家のオーブンレンジで蒸して食べたらうまかった。


東北地方で再び大地震

今さっきテレビのニュースで知ったのだが、昨晩遅くに東北地方で震度6の余震があったという事である。東北関東大震災から約1か月、余震が続いていたが、その中では一番大きな余震であろうと思う。ニュースでは、ようやく復旧してきた電気やガス、水道等が再びストップしてしまったという話で、被害の追い打ちをかけているような感じがする。誰かが日本沈没だといっていたが、本当にそんな感じがする。僕にできることといえば義援金の募金をするぐらいしかできないので、会社でもiTunesでも募金をしてきたが、なんだか今年はひどい1年になりそうだという感じがする。


2011年4月7日木曜日

2011年4月6日の睡眠と、7日の健康

昨晩は、夕食後ワイシャツのアイロンがけをしていたので、少し時間にゆとりがなかった。寝たのが10時40分ぐらいで、すぐに眠りについた。途中変な夢を見たが(内容は覚えていない)5時半ぐらいまで熟睡。6時半にアラームで起きた。調子はまずまずといった感じで、週末に向けてにしては、悪くない。



会社に着くと、重点商品の年間計画を入力する仕事が待っていた。これが大変な分量で、朝から始めて、途中別の仕事が入ったりして、結局4時半までかかってしまった。



結構週末にしては集中力があった感じで、あまりいらいらすることもなく仕事に取り組めた。昼食時にはユーパンを1錠飲んだが、その後は飲まなかった。それでも特に問題なし。今日は本当週後半にしては調子がいいと思う。



定時で帰宅し、7時ごろ自宅に帰着。夕食を食べてのんびりした。


Willcom純増

今日は月に一度の携帯電話の加入者数の増減発表日。携帯電話では、一位が相変わらずソフトバンクで、iPhone効果が強い模様。二位がNTT docomoで、結構頑張っている様子。そんな中でふと気になったのがWillcomの増減数。去年解約してしまってから、対岸の火事的な感じで推移をなんとなく見てきたが、なんと3月は純増している。しかも7万超の純増。やっぱりソフトバンク傘下に入ったのが効果を出しているのか、それとも震災特需か。何でも今回の震災の時にも結構使えたという話を聞いている。ソフトバンクは使えなかったらしい。それで加入者が増加しているという話も聞いたのだが、これがいつまで続くか。来月も関心が向いたら見てみよう。


2011年4月6日水曜日

2011年4月5日の睡眠と、6日の健康

昨晩は残業したので家に帰ってくるのが遅く、夕食も遅くなった。それでもなぜかネットは大半の定番サイトは見ていた。まあざっと見て1時間ぐらい。それぐらいの時間あれば一通り見られる。で寝たのは10時40分ぐらい。「元春レイディオショー」の録音のセットをして眠りについた。昨晩の放送は、ゲストに大瀧詠一が出てくるらしく、ちょっと楽しみだった。



寝つきはよく、変な夢を見た以外は5時半まで寝ていられた。そこでトイレに行って、再度眠りについた。6時半に起きたときは調子は今一つかなと思った。とにかく眠い。



会社では午前中から午後一番にかけて、統計作業の実施をしていた。どうもプログラムの調子が悪く、データがおかしい。散々考えて、自分で「たぶんこうだろう」というデータを作って、表を作成していった。



午後は会議に出席。眠くて仕方がない。午後はとにかく眠くて、途中でコーヒーを飲んでいたほどだった。もちろんその前に紅茶を飲んでいるのにもかかわらずである。



定時で帰るとき、体がだるい感じがした。会社から解放されて、ゆとりの時間を得た。


東京電力の株価、さらに下がる

今日の株式で、東京電力の株価はさらに下がったようで、一時期300円の大台を割っていたという話である。最終的には337円で本日は締まったが、時価総額にすると2兆円以上吹き飛んだことになるらしい。もはやこの株式、ゲームの様相を呈してきていると思う。放射能の廃棄等、課題も大きく、この先も上がる見込みが望めない。持っている人は、損をして切るか、我慢するか思案のしどころだと思うが、国有化のうわさもあって、判断に難しい面もある。どうなるのだろうと、気になる状況である。


よく見る夢

寝ているときは夢を見ることが多い。大抵は忘れてしまうのだが、時々印象に残る夢がある。その中で何回も繰り返し見る夢があって、なんだろうと思っている。その夢の内容は、僕が大学生で試験の前日、全く勉強をしていなくて、慌てふためいているという内容である。もう大学を卒業して20年近く経つし、その頃の友人とも年賀状でやり取りするだけの関係になってしまっているのに何故大学の夢を見るのか、何故試験の前日に勉強していなくて慌てているのか謎である。現実世界でプレッシャーを感じているからかな。ちょっと不思議に思う。


2011年4月5日火曜日

2011年4月4日の睡眠と、5日の健康

昨晩は、ニュースもつまらないなと思って、途中で寝た。「報道ステーション」のキャスターが変わったと聞いたので見てみたのだが、好みではないのでパス。前の市川アナがよかったなと思ったりして。ご結婚されているらしいが。で結局10時15分には早目の就寝。この夜は珍しく朝5時半ぐらいまで熟睡だった。その後もまた寝てしまい、6時半にラジオが鳴るまでぐっすり寝ていた。それでも眠い。春だからかなと思うが、とにかく眠い。行きの電車が座って行けないので、電車の中で寝ることもできない。



会社ではとりあえず重点商品の3月実績だけまとめた。今期の見込みをどうするのかが結構手間だが、来週に考えることにした。



うちの会社は別の会社を買収したので、その会社から二人のおじさんがうちの課にやってきている。その人たちのPCのセッティングを面倒見ないといけないので、結構手間がかかる。自分自身のセッティングですら福岡に来て大変なのに、他人の分まで面倒見るのは一苦労である。



今日はそんなにアカシジアは出なかったが、要人のために昼に1錠、3時ごろに1錠ユーパンを飲んだ。



定時後もPCのセッティングに追われ、珍しく50分の残業。帰りにスーパーに寄ったら、惣菜がほとんどなくて、中華セットというのが残っていたからそれにした。家にはキャベツがあるし、豆腐もあるから、それだけで十分である。


食べるラー油

ここ数年の食のブームの中で息が長いのが、この食べるラー油だろう。S&Bだったか、ハウス食品だったが初めに発売してブームに火をつけたと記憶にある。その元祖は、石垣島ラー油で、これはYahoo! オークションで落として食べた。香辛料の風味が素晴らしく、豆腐にかけて食べると変わった風味になったなと感心したていたものである。で、一昨日の日曜日、近所のスーパーに行くと、店頭にどーんと並べられていた。そう食べるラー油である。製造者は丸善というところらしく、値段もわずか100円弱。あまりの安さに思わず買ってしまい、当日の夕食も餃子にしたほどだった。で、今日も何につけて食べようと考えて、豆腐にかけてみようと思った。で液より具が沢山なので、スプーンですくって具を豆腐に乗せる。具は炒めたガーリックが主なようである。味は全然辛くない。香辛料の風味自体もあまりないといってもいい。石垣島ラー油とはまた違った味をしている。ちょっと物足りないかなと思うところはある。しかし値段の安さには負けた。これからはいろいろ挑戦してみようと思う。


2011年4月4日月曜日

2011年4月3日の睡眠と、4日の健康

昨晩は、久しぶりにFM Yokohamaをストリーミング放送で聞いていて、ほっとしていた。でも眠かったので、10時15分には就寝した。朝が早いからすぐに眠りについた。途中3時に一度目覚め、5時45分に次の目覚めが来た。どちらもすぐに寝てしまい、通常の日曜の夜とは違って、比較的熟睡していたと思う。でも月曜の朝はすっきりしているものだが、今朝は眠くて体がだるかった。



会社に行くと、いろいろ統計作業があったり、新しく課に来た人たちのフォローをしたりと忙しい。調子悪いなんて言っていられない感じだった。昼休みに1錠ユーパンを飲んだが、その後の課内会議で眠くてしょうがなかった。3時からはまた会議で、この時はアカシジアが出かかっていて、ユーパン2錠を投与して我慢していた。ついでに夕方止めの1錠を投与。これで治まった。



帰りは珍しく一本早い電車に乗れた。帰りにスーパーに寄って夕食を買って帰る。ついおいしそうだったので、豆腐を買って帰ったら、量が多過ぎである。お腹一杯になった。


ソフトバンクの孫社長、東北関東大震災に100億円寄付

昨日の夜辺りからtwitterで孫社長の名前を見かけるようになって、どうなっているのだ、と思っていたら、どうも孫社長、個人で100億円の義援金を震災に対して出すらしい。そればかりか、今後の役員報酬も提供するという事。一見すると素晴らしい、という事になりそうなのだが、どうもソフトバンクの今までの行動を見ていると、素直に喜べない自分がいる。2ちゃんねるでもそうした意見は多いようで、「何らかの見返りがあるからやっているのだ」という論調が目立つ。実際今回の災害ではソフトバンクの回線のつながりの悪さは、ひどいものだったらしい。義援金もいいが、もっと災害者への通信手段を提供する方に資金を回した方がいいのでは、と思ってしまう。


2011年4月3日日曜日

機動戦士Vガンダム 第2話「マシンと会った日」

地球でパラグライダーをしていたウッソは、偶然リガ・ミリティアとザンスカール帝国の戦闘部隊ベスパとの戦闘に巻き込まれ、ベスパのモビルスーツ・シャッコーのパイロットであるクロノクルと争いの末にシャッコーを奪うことに成功してしまう。これがウッソが戦争に巻き込まれる原因となっていた。幼馴染のシャクティはウッソのことを心配するのだが。



当初の第1話がこの「マシンと出会った日」 説明不足はあるものの、前話である「白いモビルスーツ」よりもまだ序段としての話は出来がいいといえる。ウッソが地球にいるという事から他の宇宙世紀シリーズと比べて、主人公が地球生まれかと思ったが、実はどうもコロニーから隠れて地球に住むようになっていたらしい。これは他の宇宙世紀シリーズがコロニー生まれの主人公という設定なのを比較して少し新機軸かとも思う。ただ、これまでのガンダムシリーズと比べても何か違和感は感じる。それは何かと言われると、ストーリー序段が宇宙が舞台ではないという事から始まるのだが。地球に住む人とコロニーに住む人との確執がガンダムのテーマの一つだから、地球からストーリーが始まるというのは、何か不思議な気がする。


Firefox 4でGoogle Toolbarの履歴を選ぶ方法

以前のエントリーで、Firefox 4にアップデートしたら、Google Toolbarの履歴からの検索が聞かなくなったという事を書いた記憶があるが、現在もGoogle Toolbarのアップデートはなしである。そこで代用方法はないかと思ってネット上で情報を探していたら、現在次の代用方法があることを知った。それは、マウスで履歴を表示させた後、カーソルキーとEnterキーで選択をするというものである。不便ではあるが、当面はこれで代用できるので、困っている人は一度ご使用あれ。


2011年4月2日の睡眠と、3日の健康

昨晩は、夜気力があったので「機動戦士Vガンダム」に手を出してしまった。これで1年欠かさずに見ないといけないことになったが、見ないと増える一方のDVDやBlu-rayがたくさんあるので仕方ない。まあテレビQの旅物が九州ローカルで今一つというものある。



寝たのは10時半。寝つきはよく、深夜に目覚めることもなかった。朝は5時45分に一度目覚め、そのまままた寝てしまったが、口の中が気持ち悪くて、7時半には起きてしまった。今日も休みの割には早い。部屋着の洗濯をしながら朝食を食べていた。



調子はまずまずなので、部屋の掃除をして、あとはネットを見ていた。やはり普段聞いているFM局が九州の局ではなかったので違和感が残る。確かKeyHoleTVがFM Yokohamaのストリーミング放送をしているという話を聞いたので、インストールして聞いてみた。久しぶりに聞いた感じで心が休まる。



WOWOWの映画情報番組を見た後、買い物と昼食を取りに外出した。最初にベスト電器に行ってプリンターのインクとLANケーブルを買う。それから昼食。近所の中華料理屋で、皿うどんと小ライスのセット。うまかった。食後に夕食の買い物をしにスーパーに出かける。店の店頭で食べるラー油が70円で売っていたので、思わず買ってしまい、今日の夕食は餃子にするかと、冷凍餃子を手に取った。



家に帰ってきてからは映画でも見るかとDVDを手に取った。時間はたっぷりあるので、上映時間の長い「ディパーテッド」を鑑賞。室内が寒いので足が冷えて仕方なかったが、集中力はあった。でも英語の読解力が低い。何を会話しているのか、映像と状況だけで理解しなければならず、苦労した。


ディパーテッド

詳細は、THE DEPARTED/ディパーテッド/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。スターが多数登場する映画だが、あまりスター性で勝負するような映画ではない。ストーリーがしっかりしているからかもしれない。でもジャック・ニコルソンの印象の強さは相変わらず。この人個性が強いなと思う。ラストがいい意味で突き放したような感じで、インパクトがあった。


KeyHoleTVをインストールしてみた

福岡に来てなじめないなと思っているのが、FMラジオ。一応アンテナも手配したし、今日ずっとCROSS FMを聴いていたりしたのだが、やっぱり雰囲気が違う。そこで実家のあるFM Yokohamaを聴きたいなと思い、ネットで調べると福岡でも聞くことのできるソフトがあるのを知った。それがKeyHoleTVというソフト。これ自体が別にFM Yokohamaを配信しているわけではない。これはP2Pソフトで、誰でもテレビやラジオをインターネットを通じて配信することのできるソフトという事である。で、誰だか知らないが親切な人が、FM Yokohamaをネット上に流しているから、ここ福岡でも聞けるというわけである。つまりその親切な人がいなければ聴くことはできない。聞いていると、回線の都合か、時々途切れるが、モノラル音声という制約があるものの、無事聞くことができる。本当はRadiko辺りがエリア制限を排除して全国一律で配信してくれればいいのだが、多分それは難しいだろうから、当面は福岡のラジオ局と、このKeyHoleTVで横浜のラジオ局を聴くようになるだろう。横浜のラジオ局といえば、好きなDJがいるので、それが聞けるというのはありがたい。


2011年4月2日土曜日

機動戦士Vガンダム 第1話「白いモビルスーツ」

敵のモビルスーツに載って敵と戦っていたウッソは、モビルスーツを撃破され、味方のコアファイターに救助される。敵であるクロノクルは、反乱軍の位置を探して急襲をかけるが、そこには反乱軍の新型モビルスーツ、ガンダムがあった...。



富野由悠季監督が自身で嫌っている「機動戦士ガンダム」シリーズの一編。宇宙世紀を舞台にしたガンダムはこの作品が最後である。僕はこの作品の本放送当時、「またガンダムやるのかよ」と思って見ていなかったのだが、「ターンAの癒し」という富野由悠季監督のエッセイ(みたいなもの)でこの作品について言及されているのを見て、関心を持つようになった。で、昨年秋に廉価盤DVDが発売されると聞いて注文を入れ、本日ついに視聴を開始したという次第。この第1話は他のサイト等でも言及されているように、元々第3話か4話になる予定のエピソードだったため、何の説明もなくキャラクターが行動するというきわめて分かりづらい展開になっている。なぜ主人公ウッソが敵のモビルスーツに乗っているのか、そもそもなんで戦争状態にあるのか、その辺の説明が何もない。まあ富野監督の場合その辺の説明をはしょることはよくやるので、驚きはしないが。これから1年かけて見る予定。


2011年4月1日の睡眠と、2日の健康

昨晩は、夕食後、FMラジオのアンテナ工事をしていたために、ネットを見る時間が遅くなってしまい、寝たのが10時45分ぐらいだった。週末だからぐっすり眠れるかと思ったが、朝5時半ぐらいにトイレで起きるともう寝ていられなかった。ベッドの中にいたが、眠れないので早起きするかと7時に起きた。少し眠いが調子は悪くない。



朝食後は洗濯をし、その後DVDラックの組み上げを行った。所要時間1時間ちょっと。その出来たラックの中にDVDやBlu-rayなど引っ越しで持ってきたものを入れたら、ほとんど埋まってしまい、「どれだけ持ってきたんだよ!」と自分で突っ込みを入れたくなった。



部屋の掃除をざっと行い(また明日少しやる)、病院に行ってみた。この顛末は別エントリーにあるが、とりあえず安心。家に戻って、健康のため歩くかと準備をした。



とりあえずうどん屋に行ってみるためにあえて人のいないほうを歩いて行った。うどん屋までの行きの距離は5300歩。帰りは別ルート通ったら、6300歩。結構歩いたなと思った。帰りはお腹が満腹なのと、アカシジアが出てしまってつらかったのと両方だった。



家に帰ってきて、ユーパンを2錠飲んでアカシジアを止める。コーヒーを飲んで一息入れてから「スター・トレック ヴォイジャー」を見た。今日は歩いたせいか頭もすっきりしていて集中して見られた。ドラマを見終わった後は洗濯もののアイロンがけ。その間に換気扇フィルターのクーリングオフを行い、ちょっと安心した。


クーリングオフ完了

先日、換気扇フィルターのクーリングオフを書面でしてきたというエントリーをしたが、本日、業者がやってきて、無事代金7350円と、換気扇の回収が終わった。悪徳業者だったらいやだなと思っていたが、そうではなかったようで、先週契約解除通知書を内容証明書で通知した後、はがきで連絡が来たので、電話をして、時間を決定。で本日無事に解決をしたという次第である。とりあえず良かったと思うと同時にむやみに契約をするものではないなと反省もしている。まあクーリングオフという制度をインターネットで調べられたのはよかったと思う。これがなかったら、どうしていいか分からなかっただろう。今後は訪問者をよく確認してせっかくインターホンがあるのだから、断るすべを知ろうと思う。


スター・トレック ヴォイジャー 第38話「怯える子供達」

他種族と交流を絶っているドレイアンと友好関係を結ぼうとするヴォイジャー。その中ドレイアンの衛星に物資を探しに行ったトゥヴォックは、電磁乱気流に巻き込まれ、衛星に不時着してしまう。そこでトゥヴォックは3人の子供たちと出会う。彼らもまた船が不時着してここに来たといい、他の子供たちは「モロック」という化け物にさらわれていったと語った。最初は信じなかったトゥヴォックだったが、2人の子供たちが行方不明になったことを受け、話を信じるようになる。一方ヴォイジャーとドレイアンの関係は悪化し、トゥヴォック救出作戦は難航を極めるのだが。



トゥヴォックが3人の子供たちとバルカンの特性を語り、子供たちに諭していくというバルカンの習性を語ったストーリー。その一方で途中から予測できてしまうように、子供たちが実は子供ではないというスター・トレックではよくあるパターンを踏襲したエピソードでもある。実は死について語っているストーリーでもある。ただそれは最後に明かされ、それまでは聞き分けのない子供と交流をするトゥヴォックの心境の変化を主体に描いている。バルカンの習性をトゥヴォックが語る様は見ていて興味深いものがある。最後は異文化の交流の難しさをも示唆している様はスター・トレックが進化してきたことの表れではないかと思う。


大地のうどん

JR筑肥線下山門駅からそれなりに離れたところにある人気のうどん屋。ネットで評判を聞きつけていってみた。場所が分かりづらいので携帯のGoogle Mapを駆使して歩いていくと、団地のすぐそばにそのお店はあった。着いた時間が12時45分という時間だったが、狭い店は満席、待ち人ありという状況だった。店構えはカウンター10席程度と座敷席という構成で狭い。それと料理の汚れが目につく。カウンターにはうどん粉がなぜか袋に詰められてでんと置かれている。福岡のうどんはごぼう天ぷらを乗せたものが発祥の地だという事でごぼう天といなりずしを頼む。待つ時間は結構かかる。カウンターに座っていると、てんぷらを揚げている様子が目に見える。結構待たされた後、ごぼう天うどんが登場。ごぼう天は器からはみ出すほどで、量が多い。その代わりにうどんは少なめ。味は関西風の白い汁で、あっさりしている。量が少ないかと思っていなりを頼んだが、食べ終わった後胃にずっしり来た。値段もごぼう天450円、いなりずし130円と手ごろである。ちょっと駅から遠いのが難点か。まあ一度は行ってみて損はないと思う。


今宿病院

福岡に転勤してくる時に一番心配したのが、病院である。メンタル系の病気を抱えている身としては、特にその病気がうつなどの系統ではない病気としては、ちゃんと薬を出してくれる病院を探すのが一番の苦労だった。今はインターネットがあるから、個人でも調べられる。とりあえず新居からそう遠くない病院はどこかと探したら見つけたのが、この今宿病院だった。診察科目は内科、心療内科、精神科の3つというちょっと変わった病院である。2月に下見に来た時に病院の外観を見て、その古さに絶句をしていたが、会社の産業医の先生も調べてみたところ、「ここがいいのでは?」という意見があり、今日診察を受けに行ってきた。10時という少し遅い時間に行ったので待たされるかと思ったが、薬も院内処方してくれるというので待ち時間は診察時間も含めてトータルで1時間。初診だからかもしれないが、あまり待ったという感じがしない。新しい先生も親しみやすい感じで、好感が持てる。今まで精神科の医師で一番嫌だったのが、北里大学東病院の外来の先生。全然そりが合わず、嫌な思いをした記憶がある。それに比べれば、今回の先生はまずまずだと思う。名前を聞くのを忘れてしまったのが失敗だったなと思う。薬はメインの薬であるジプレキサが、ジプレキサザイディスに変更になったほかは、従来通り。ジプレキサザイディスは水なしで飲める薬である。といっても他の睡眠導入剤とかは水が必要なので、あまり意味がない。まだ障害者自立支援制度の申請をしていないので今回は3割負担で3300円。2週間分の処方だからこんなものか。ジプレキサ、薬価が高いから早く障害者自立支援制度の申し込みに行かないと。とりあえずしばらくはこの病院に通ってみようと思う。それであわなければ変えるまでである。


2011年4月1日金曜日

佐野元春、サッポロビールのCMに登場

今日、ネットを徘徊していて驚いたのが、55Floor:大人ってなんだ?というサイトである。これはサッポロビールの黒ラベルのCMサイトであり、ここに何と佐野元春が登場しているのである。CMのパターンにはいくつかあり、Webサイトではスペシャルインタビューも掲載されている。本来ならばテレビでも見られそうなものだが、現在のCM自粛状態では、テレビでCMを見るのは難しそうである。何にしても、ライブがお流れになってしまったがっかり感(まあ災害の時にライブなんてちょっと難しいが)がこれで少し救われたかなという気がしている。延期になっていた「佐野元春のザ・ソングライターズ」も放送日時をずらして放映するみたいだし、まだまだデビュー30周年アニヴァーサリーは続きそうである。


2011年3月31日の睡眠と、4月1日の健康

昨晩は眠くてしょうがなかったので、10時15分に寝てしまった。さすがに熟睡で、途中少し起きたが、大体はぐっすり眠れた。5時45分に一度起きたがまた寝てしまったぐらいである。でも6時半に起きたとき、まだ眠かった。食欲も今一つ。牛乳で流し込むような気分だった。



会社に行き、全体朝会に出席するが話を聞いていると眠くなってきて、うとうとと寝ていた。どうもこの手の会合はだめみたいである。いつも眠りに入ってしまう。重要な話を聞いていてもダメ。起きていられない。



朝会が終わった後、基幹マスターの修正をしていた。時間がかかり、午後2時ぐらいまでかかった。



今日から新しい人がうちの課にやってきたので、その人たちのPCの手配をしていた。夕方には届き、とりあえず渡したが、設定が分からないので、月曜日にすることになった。



今日も予防のため昼と3時にユーパン1錠ずつ服用。そのためかアカシジアは出なかった。帰りにヨドバシカメラによってアンテナの部品を買って帰る。のんびりしたかったので、先に家に戻り、バイクで近所のスーパーに行った。で惣菜を買い、家に戻った。


FMラジオの受信を試みる

わが新居は、鉄筋コンクリートであるせいか、FMラジオの受信感度が悪い。最初アナログテレビも映るとパンフレットに書いてあったから、てっきりFMラジオもテレビアンテナ線から引き込めば受信できると思い込んでいたのだが、実際やってみるとNHK-FMだけがノイズ混じりで聞こえるだけだった。部屋の説明書をよく読むと、どうもアナログテレビはUHF受信であるらしい。それじゃだめだという事で室内アンテナを買ってきて受信を試みたのだが、やっぱりノイズ混じりで受信しづらい。とりあえずこの室内アンテナをベランダに出してみると、受信できることから、鉄筋コンクリートが受診の妨げになっているのだろうと思った。そこで室内アンテナを外の洗濯物をかけるハンガーにつるし、そこから隙間ケーブルを介して内部に引き込もうと思いついた。元々が室内アンテナだから耐久性はないはずだが、当面はこれでもいいと思った。今日帰りにヨドバシカメラで隙間ケーブルを買い、先ほど、取り付けをしてみた。結果としては、NHK-FMは雑音が少し乗るものの、以前に比べて受信感度が上がり、CROSS-FMやFM福岡も受信できるようになった。成功である。後は天候との耐久性との兼ね合いであろう。