2011年12月31日土曜日

2011年12月30日の睡眠と、31日の健康

昨晩は家に着いたのが11時近く、すぐに風呂に入り寝たのが12時だった。そんなに酒を飲んだわけでもないが、昼間の姪との相手で疲れていたらしい。すぐに寝てしまった。



明け方5時半にトイレで起床した。その後は眠れず、7時半に起床。姪たちと朝食を食べた。



その後一日中両親と姪の相手。後で考えるとかなり疲労していたが、相手をしている時は、そんなこと考える余裕もなかった。子供だから元気が良くて、追いついていけない感じだった。



それでも一日が終わり、紅白歌合戦を身始めると、何だかほっとしていた。今日が1年の終わりという実感はなく、ただ日々の連続にすぎないが、明日からは2012年。来年も病気に気をつけ、無事に生活して行きたい。


2011年12月30日金曜日

2011年12月29日の睡眠と、30日の健康

昨晩弟が家族を連れて実家に戻ってきた。というわけで夕食は久々に賑やかだった。姪とも遊び、楽しかった。



それで寝たのは11時。熟睡で朝5時半まで起きなかった。そこでトイレに行ったあとは、夢を見ているくらい眠りが浅かった。7時半に姪に起こされ起床。朝食をしっかり食べた。



今日は姪と遊ぶためにソレイユの丘に家族で行った。ここは子供が遊ぶのには最適なところで、姪たちははしゃいでいた。こっちは風が強くて寒さに震えていた。



午後早くに帰宅し、そのまま友達との忘年会に参加。夕方4時から10時まで飲み食いしていた。途中から疲れてしまい、少し身を引いていた部分もあった。



家に着いたのは11時。すぐに風呂に入り、あとは寝るだけである。


2011年12月29日木曜日

2011年12月28日の睡眠と、29日の健康

昨晩実家に着いたのが10時20分位。それから風呂に入ってしばらくネットをやり、寝たのは11時40分位。昼寝したのと飛行機の中でコーヒー飲んだので熟睡できるか心配だったが、意外と眠れた。朝6時半ぐらいに目覚めた後、ぐだぐだしながら8時半まで布団の中にいた。



午前中はネットを見ていた。なぜか知らないが目が痛くてちょっと起きているのがつらかった。集中力と好奇心が薄れている印象。頭の回転が悪いと感じていた。



昼食は久しぶりの正統派醤油ラーメン。うまかった。昨日も麺食だったが、2日間続いても別に飽きは来ない。食後目が痛いのでベッドに横になって昼寝していた。結局約2時間位横になっていた。多少は居眠りもしていたと思う。



3時のコーヒーで少し目が覚める。引き続きネットを見る。といっても自分のPCでも無く、iPhoneでもない、父のノートPCを使っているのでどうも勝手が違って使いづらい。これはやむなしと言ったところか。


レーザーディスクを処分する

実家に帰って来て、父と話していたのが物置にしまってあるレーザーディスクをどうするかという事。すでに時代はBlu-ray。福岡の社宅に何枚かレーザーディスクを持って行っているがあまり見る事もない。しかも今後の見通しは暗い。プレイヤーはすでに発売されていないし、液晶テレビとの相性も悪い。AVアンプは次第にアナログ端子を搭載しないモデルに切り替わって来ているし、映画の作品でレーザーディスクで気に入った作品はDVD/Blu-rayに買い直し中。そうなると父の要請通り処分をするのが妥当かなと思うようになってきた。そんな話をしていて、処分をする事に決めた。大枚はたいて購入してきたレーザーディスクだが、既にコレクションとしての体をなしていないのかもしれない。かなりの出費をして来てそれがただのゴミとなるのも残念だが、大半が輸入盤と言う事、そして福岡に持っていけない事を考えると、オークションに出すというのも現実的ではない。結局処分が妥当という事になる。長い間いろいろ楽しい思い出があったが、時代の流れというものもある。ここいらでけりをつけるのもいいかもしれない。


岡田尊司「統合失調症:その新たなる真実」PHP新書

この世の中に色々な精神病について書かれた本があるが、大抵は症状とその治療法について書かれたものが多く、この本の様に病気の歴史から病状の詳細について、その治療法まで詳しくしかも新書という形式で書かれた本は少ないように思う。統合失調症は100人に1人がかかる病気であるが、その本質を理解している人は少なく、またその知識の無さから誤解を受ける病気であることが多い。これまで統合失調症と言えば幻覚症状や幻聴症状、又は陰性症状がメインであると書かれた本が多いが、この新書で注目をしているのが認知機能の障害が中核ではないかと言う事。つまり注意力が低下してしまうのが統合失調症の本質ではないかと言う事を本書では挙げられている。又、歴史上の著名人の統合失調症のエピソードなどもふんだんに掲載されていて、病気の理解を助けるものになっている。とにかくこの本を読めば、この病気の事が理解しやすくなるのではないかと思う。


2011年12月28日水曜日

2011年12月27日の睡眠と、28日の健康

昨晩はテレビもつまらないし、iTunesで佐野元春のライブ音源を聞いていた。全15曲、1時間半に渡る収録だった。それを聞いた後、シャワーを浴びて10時半には寝た。



多分記憶に残っていないから、熟睡だったと思う。7時半にトイレで起床した。



午前中は何となくネットをしていた。会社は休んだ。もう早めの年末年始休暇である。アカシジアが何となくあったような気がする。何か落ち着かなかった。



昼前に外出。役所に障がい者自立支援の申請をしに行ったのである。散々ぱら電話で確認しただけあって、手続きはあっさり終わった。



昼食は気になっていたちゃんぽん屋で済ませる。普通盛りが他店でいう大盛りなので、満腹感を感じてしまった。



家に帰ってからは今年最後のスター・トレックを鑑賞した。その後軽く昼寝。起きてからはネットを見ていた。



5時少し前に家を出て実家に帰省し始めた。まずは福岡空港でチケットを受け取り、早めの夕食。それから買い物をして、飛行機に乗り込んだ。1時間半で羽田空港に到着。只今電車に乗っているところである。


スター・トレック ヴォイジャー 第77話「時空侵略戦争 パートII」

クレニムの攻撃によりボロボロになったヴォイジャーは、星雲の中に隠れ、応急処置を施すが、上級士官だけでは復旧は不可能だった。クレニムにさらわれたチャコティとパリスはリーダーであるアノラックスと面会し、彼の意向を聞くことになる。パリスはそれに反対するが、チャコティはアノラックスのヴォイジャーを無事アルファ宇宙域に戻してやるという言葉を信じて時空侵略の計算に手を貸す事になる。しかし、アノラックスは自分の妻子を元通りにするためには手段を選ばない男だった。アノラックスの本質を悟ったチャコティはパリスにヴォイジャーに連絡するよう指示、それを受けてヴォイジャーは最後の攻撃に出る。



前回からの続きエピソードで、完結編となる本作は、クレニムの時空侵略戦争の本質が分かるという点で面白いものになっている。始めは単なる自分の領土を拡大するためだったものが、途中から自分の妻子を救おうとするために何度も時空を変更するというアノラックスの邪悪のようで邪悪でない敵役というものが描かれている。考えてみると、「スター・トレック:ジェネレーションズ」も似たような設定だったなと思い出される。一方ヴォイジャーがボロボロになっていき、ジェインウェイが傷ついていくさまも圧巻である。最後は特攻という派手なアクションで物語のクライマックスを迎えるが、さすがにこの手の迫力あるシーンは従来の「スター・トレック」シリーズではあまり見られなかったと思う。「ディープ・スペース・ナイン」辺りから派手な戦闘シーンが加わるようになったが、同時期に放送されていた「ヴォイジャー」もそういう傾向が表れているように思う。ラストシーンが、またアノラックスが何かをしそうで歴史が繰り返されるような感じを受けるのも一興である。


2011年12月27日火曜日

2011年12月26日の睡眠と、27日の健康

昨晩は早くに帰ったから、寝たのも少し早かった。もちろん最初は熟睡。でも途中で目が覚め、起きたときはやっぱり眠い。今年最後の出社ということで、頑張って出かけていった。



会社の業務自体は明日までなのだが、明日実家に帰るのと、区役所に用事があるために休みを入れている。午前中はやることなくて、pdfデータを読んでいた。朝食をしっかり食べているにもかかわらず腹が減って落ち着きがなかった。



午後になると眠気が来たので途中昼寝をしに食堂に行く。帰ってくると、また特注品の品番登録が来る。これが困ったことに定時間際になっても来るので終わらない。こちらは明日休み入れているし、どの道6時で入力ができなくなるので(システム的にそういう仕組になっている)、仕事を断った。「できない」とはっきり言ったのである。



それでも少しだけは残業して、切りの良いところで止めて家に帰った。いつもの電車に間に合うかなと急ぎ足で歩いて行ったら、ちょうど間に合った。



これでしばらくは実家でのんびり休みを堪能する。


docomo、サムスンらと半導体開発に着手

NTT docomoは、韓国のサムスンや日本の富士通、パナソニックらと合弁で半導体の製造会社を立ち上げると発表した。これはロイターのニュースなのだが、どうも2ちゃんねるの書き込みを見ていても、あまりいい噂が飛んでこない。やっぱりサムスンに技術を取られるという反応が多いのである。確かにdocomoは国産メーカーよりもサムスンのGalaxy Sシリーズをプッシュしている事実があるし、国産メーカーのスマートフォンが色々問題を抱えているというのも聞いている。しかし、世界に対応するとは言え、こんな会社を立ち上げていいのか疑問に思う。日本の会社の衰退に繋がらないか不安感がある。個人的にはiPhone買ってしまった段階で、docomoにはあまり期待しなくなっているのだが。そういった意味で、この合弁会社の行方は疑問視している。


2011年12月26日月曜日

2011年12月25日の睡眠と、26日の健康

昨晩は、早目の夕食の後、「機動戦士ガンダムZZ」と「HOLLYWOOD EXPRESS」を続けて観て、風呂に入り、10時過ぎに就寝した。寝付きは良かったのだが、深夜1時半という中途半端な時間に目覚めてしまった。その後も明け方何度か目覚め、起きるときにはトイレに行きたくてしょうがなかった。



3連休のんびりしたはずだが、体調的には今ひとつ。何となくアカシジアが出ているような感じがする。やつぱり会社行くのがストレスになっているのかなと思ったりする。



午前中は統計作業で潰れた。午後は暇なので、ちょっと読書をしていた。自分の席がどうも寒くて冷たい空気が足元を漂ってくるので何回かトイレに行ってしまった。



午後はアカシジアが出始めていたようなのでユーパンを頓服で飲んだり、休憩をしばしば入れたりした。



先日残業をしたので今日はその分早くに早退した。家に帰る時、会社側の空気は冷たかったが、家の近くの駅を降りるとそうでもなかった。やっぱり田舎に来ると違うのかなと思っていた。


野村證券、破綻の噂がtwitterで広まる

日本を代表する大手証券会社の野村證券が破綻の恐れありという情報がtwitterを中心に広まっているという。このニュースを知ったのはJ-CASTニュースだが、元々の発信元はどうも評論家らしい。その評論家は数年前から事あるごとにその話をしていて、今回が初めてというわけでもないらしい。困ったのは僕である。実は会社の株の受け皿が野村證券で、今まで使っていなかったのだが、ちょっと投資をしてみようと野村證券に幾らかのお金を預け入れたのである。破綻されるとどうなるのか、不安が残る。もっとも最小限の預入しかしていないから、大打撃というわけでもないのだが、破綻されるとやっぱり困る。野村證券側は、この評論家を告訴する用意もあるといって不安を払拭するのに必死だが、少し様子を見てみたいと思う。


2011年12月25日日曜日

2011年12月24日の睡眠と、25日の健康

昨晩も夕食中に父から電話があったので、こちらから電話はしなくて済んだ。と言っても電話代がかからないというわけでもない。Skypeのクレジットを使い捨てにしているようなもので、ちょっと勿体無い。



寝たのは10時過ぎ。最初は熟睡だった。5時半ぐらいにトイレで起きたが、なかなかトイレで排尿できないで苦労していた。その後また寝てしまい、7時半に「ああ洗濯しなきゃ」と思い起床。朝食を食べながら洗濯をし、その後部屋の掃除をざっと行った。



午前中はなんか体調的に不調なのでラジオを聞きながらベッドで横になっていた。どうも休みで気が緩んでいる感じ。起きて何かしようという意欲が弱かった。それでも11時には起きて買い物に出かけた。Zガンダムのプラモデルシリーズの中で4つ目に当たる「百式」が欲しくて買いに行ったのである。先日行ったときには店頭に並んでいなかったが、今日は並んでいたので買ってきた。また暇な時に作る予定。



昼食を早めに取り、スーパーで食材を買って早々に家に帰る。午後は佐野元春のライブビデオを観ようと思っていたので、それを観始める。午前中横になっていたのと、昼食を食べてエネルギーが満たされたせいか、集中力を持って2時間50分の映像を見通した。



観終わった後、コーヒーを入れて、ビデオの特典映像を観始めたら、こちらも30分ぐらい入っていて、しかも貴重な映像だったので興奮する。ドーナツをおやつにコーヒーを飲みながら映像に見入っていた。


佐野元春「ALL FLOWERS IN TIME」Blu-rayで鑑賞

今年の12月14日に発売された佐野元春 and THE HOBO KING BANDの「ALL FLOWERS IN TIME」2011.6.19 東京国際フォーラムのライブBlu-rayを鑑賞した。ライブについての感想やセットリストなどは、すでにブログや本サイトのほうでレポートとして書いているが、改めて気づいたことを書いてみたい。Blu-rayということで映像はハイビジョン画質である。これまでのDVDと比べて圧倒的な解像感があり、リアリティを持って迫ってくる。しかし、NHK-BSプレミアムで放映されたバージョンと比べると、若干鮮鋭感が後退している感じもある。また、カメラの設置位置によっては解像度が落ちるという現象もあるようである。しかしながら、全般的には良好。当時行った感動が蘇ってくる。音はリニアPCMということで当然NHK-BSプレミアムのAACより臨場感を感じる。出来ればDTS-HD MAまたはDOLBY TRUE HDといったロスレス音声でハイクオリティな音響を期待したいところもあったが、リニアPCMでも不満はない。細かいところまで聞こえてくる。ライブ本編をノーカット収録という触れ込みだが、DVDとの兼ね合いがあるのか、途中画面がフェードアウト、フェードインする場面が2ヶ所ある。また、アンコール前の観客の手拍子は当然ながらカット。この辺はビデオという流れからすると当然かも知れない。特典映像は30分近い収録時間があって、約半分が貴重なデビュー30周年キックオフイベント「アンジェリーナの日」からの収録。残りがツアードキュメントといった感じだが、WOWOWで1回だけしか放映されなかったスペシャル番組の映像も含まれているので、見逃した人にも嬉しい収録だろう。総じて満足度の高いパッケージになっている。これで本当は初回限定版の5枚組DVDの東京国際フォーラムパートだけBlu-rayになったバージョンが発売されていれば完璧だったと思うのだが、それはない物ねだりというところか。


Google、ホリデーシーズンに合わせ、トップページを変更

Googleは時々トップページを変えてくることがある。今回クリスマスシーズンに変えてきたのは、カラフルなクリスマスデコレーション。しかも音付きで、演奏させると、音楽が流れてから、「ホリデーシーズン」というキーワードでの検索結果が出てくるという凝りようである。多分本日までの特別企画だと思うので、Googleにアクセスしてみて欲しい。


内藤忍「60歳までに1億円つくる術」幻冬舎新書

タイトルに「1億円」とあるが、本書では具体的に1億円を作る方法が書かれているわけでもない。要は老後の蓄えに対してどう貯蓄を作っていくかを一般論で述べたのが本書である。どうも日本人としては投資に対してアレルギーがあるし、僕も投資をしていて損失を出しているのであるが、この本ではその損失も短期的に見るのではなく、10年、20年単位で見ることが寛容であると述べている。また、投資をすることは罪悪ではなく、社会に貢献をすることであると言い切っていて、その点でも興味深い内容になっている。この本では、投資としては株ではなく長期分散投資がいいと述べている。それは世界市場が長期的に見れば新興国の発展にともなって成長していくであろうという過程に立っているからである。僕個人も確かに先進諸国が駄目でも新興国は大丈夫だろうという感覚はあるので納得できる。具体的な商品については触れられていないが、投資に対する基礎を学ぶには一読の必然性のある本だと思う。


2011年12月24日土曜日

機動戦士Vガンダム 第41話「父のつくった戦場」

地球から再び宇宙に登ったリーンホースJr.とホワイトアーク。ファラの攻撃をかわして、ハイランドに到着する。そこではリガ・ミリティアが地球連邦と手を組んでベスパに対抗すべく艦隊が勢ぞろいしていた。ウッソはそこで父と再会する。感傷に浸るまもなく、ベスパはピピニーデンを始めとする艦隊で攻撃を仕掛けてくる。それをウッソたちは迎撃するのだった。



今エピソードはウッソの能力の高さと、父との再会がメインの話となっている。大抵のガンダム物語では、父と主人公の話は意思の疎通が疎遠になっている場合が多いのだが、Vガンダムの場合はちょっと違う感じがする。リガ・ミリティアの中枢部で働くウッソの父とウッソの会話を聞いていても、そのへんの違いが分かってくると思う。そしてベスパへの攻撃を行う際のV2ガンダムへの指示の仕方も、父の子を思う配慮がされているようにも感じる。一方で、ベスパの方は次第に物語の収束に向けて、登場人物の動きが活発化しているように思える。それぞれのキャラがどうなっていくのか、今後興味深いと思われるようなエピソードである。


2011年12月23日の睡眠と、24日の健康

昨晩は7時からDOMMUNEで冨田勲と小室哲哉のトーク&ライブを見ていたので風呂に入ったのが10時。出てきてそんなに時間が経たないうちに寝たが、11時ちょっと前だったと思う。睡眠は途中夢を見た記憶はあるが、6時半までは寝ていられた。トイレに行ってからまた少し寝ていて、8時半に起床することになった。



休みといえば洗濯・掃除だが、洗濯は昨日してしまったし、掃除は明日するので午前中はのんびり。ただし天気予報だと昼から雨か雪と言っていたので、10時頃病院に行き、障害者自立支援の申請のための意思の診断書を貰いに行き、夕食であるケンタッキーのフライドチキンとクリスマスだからとケーキを購入して早々に家に帰り、ネットでラジオを聞きながらぼけーっとしていた。



昼は事前に買ってあった冷凍ピザ。これが結構うまくて好き。ドリンクとしてコーヒーを飲んだが、午後はちょっと眠くなり、軽く昼寝をしていた。ここのところお疲れ気味だから昼寝もいいかといったところ。後はネットをずっと見ていた。



3時のお茶もまたコーヒー。それで眠気は取れてきた。夕方には「スター・トレック ヴォイジャー」を鑑賞。体調的にも回復気味なのでそれなりに面白く観ることができた。


スター・トレック ヴォイジャー 第76話「時空侵略戦争 パートI」

ザール人の領域に入ったヴォイジャー。しかしその領域は帝国の復活を試みるクレニム人の時間の流れを変更する兵器によって、クレニム人の領域に変わっていた。ヴォイジャーは敵対種族として、攻撃を受ける。時間の流れを活用した兵器によってシールドも効かずにダメージを負っていくヴォイジャー。地獄の戦いが始まった。



ヴォイジャーとしては多分話のネタふりとして一番多いタイムトラベル物の1つに挙げられるのだと思うが、そのスケールがやたらと大きく面白いのがこのエピソード。自分の帝国を復活させるために時空の流れを変化させるというアイデアは興味深いが、基本この話が面白いのはヴォイジャーがどんどんダメージを受けて、満身創痍になっていく過程だと思う。途中からトゥヴォックが目が見えなくなるとか、チャコティとパリスが拐われるなどクルーの状態もどんどん追い詰められていくのが、展開上ハラハラさせられるようになっている。第3シーズンの「9才のケス」の時に少しだけネタ振りしていたクレニム人との話が今回は2エピソードで語られるわけで、CGをフル活用したバトルシーンは迫力がある。後編もどうなるか、楽しみである。


小室哲哉、冨田勲を前に熱演

インターネットサイトの中に「DOMMUNE」というのがある。視聴者参加型のインターネットライブストリーミング配信のサイトなのだが、昨晩シンセサイザー奏者の第一人者、冨田勲と小室哲哉の対談とライブ演奏が行われた。午後7時からライブはスタート。前半1時間20分は司会を交えて三人の対談という形式、後半のうち前半は冨田勲の最新アルバムの演奏、後半が小室哲哉のソロライブというスタイルであった。最初はちょっと観るだけと思っていたのだが、結局全部観てしまった。特に後半の小室哲哉のシンセサイザーをフル活用したソロライブはすごかった。TM NETWORKの「SELF CONTROL」やglobe「LOVE AGAIN」、果てにはH Jungle with Tの「WOW WAR TONIGHT」と言った曲たちがアレンジを大幅に変えて演奏され、小室哲哉はやっぱりキーボード奏者としての魅力に溢れているなと思ったぐらいである。冨田勲も小室哲哉に対しては好意的で、結構褒め言葉を発していた。元々小室哲哉が音楽の道に進んだのも大阪万博で冨田勲の曲に触れたのがきっかけということで、小室哲哉もうれしそうで、なかなか面白い番組だったと思う。こういうネットの企画は大歓迎である。また観たいと思った。


2011年12月23日金曜日

2011年12月22日の睡眠と、23日の健康

昨晩は洗濯物を1日遅れでアイロン掛けして、ネットを見、10時過ぎに疲れたので寝てしまった。ネット散策をする意欲もあまりなく、とにかく寝ようと思った。2日間の寝不足のせいか、ずっと熟睡で、7時半にトイレで起きたぐらいである。それでも眠くて、午前中ベッドに入り、少し居眠りしていた。



居眠りに入る前には懸案だった年賀状の作成をしていた。といっても簡単なもので、図柄は博多駅前のイルミネーションに「A Happy New Year!」という文字とちょっとしたコメントをつけただけ。1時間もかからないで出来た。その後Amazon.comで1月発売のBlu-rayの注文を入れ、居眠りに入った次第である。



居眠りの途中またトイレに行きたくなり起きると11時20分。明日雪とか言っているので今日ウォーキングをしようと家を出た。最初は意欲がなくて、歩くのが苦痛だったが、その内に気分が楽になってきた。本日はマリノアシティで実家に帰省するための簡単なカバンを探しに行ったので、マリノアシティ内のレストランで昼食。よせばいいのに青島ビールを飲んでしまって、後で大変だった。



家に帰ってきて、ネットをずらずら見ている。もうiPhone買ってしまったのでスマートフォンの検討はしないのだが、それでもdocomoのスマートフォンの評判はどうだろうと価格.comを見ていた。何か色々問題ありそうである。そういえばdocomoはスマートフォンのメールアドレスがおかしくなるトラブルを発生させてしまったという話が2-3日前にあったっけ、と思った。


aineからコメントいただく

以前このブログのコメントで「aineは今何処?」というエントリーをした。aineというのは女性ボーカリストで、結構歌がうまかったのだが、今行方が分からないという話を書いた記憶がある。そうしたら、ここのところ飲み会でブログをチェックしていないうちに、ご本人がどうも友達の方の紹介によりこのブログを見てくれたらしい。そしてコメントを残していってくれた。今は横浜のバーで活動をしているそうである。さすがに福岡から横浜には行けないが、それでも本人からコメントいただけるのは嬉しい。ちょっとしたプレゼントのようなものである。ブログをやっている醍醐味みたいなものを感じた。


佐野元春「クリスマス・タイム・イン・ブルー」をradikoで聞く

12月のイベントとしてはやはりクリスマスが大きなイベントではないかと思う。ラジオでも色々なアーティストのクリスマスソングがかかっていて気分を盛り上げる。しかしながらいつも不満に思うことがあった。もちろん佐野元春の「クリスマス・タイム・イン・ブルー」がオンエアーされることがめったにないという不満である。ファンであるから言うわけじゃないが、この曲は聞いているとスルメのように味の出てくる曲である。だいたいクリスマスソングにレゲエのアレンジで歌うなんて、センスがあるとしか言いようがない。その名曲がかからないというのはどうしたわけだと毎年のように憤慨し、CDで我慢していたわけであるが、只今のFM yokohamaを聞いていたら、何とかかった。「元春レイディオショー」ではオンエアしているが、やはり普通の番組でこの曲が聞けるのは嬉しい。ちなみに続いてかかっているのはBONNIE PINKの曲なのも選曲がいい。ようやくクリスマス気分になってきた。


2011年12月22日木曜日

2011年12月21日の睡眠と、22日の健康

昨晩家に着いたのが11時50分辺り。それからすぐに風呂に入って出てみると、12時20分だった。それから少しだけPCの設定をして12時40分にはベッドに入れた。さすがに疲れていてすぐに熟睡。朝は6時45分にアラームで起きた。眠かったが会社に行かないといけないので無理に起きる。朝食は食欲無いので、トーストにジャムと牛乳だけ。ゆで卵は食べなかった。



会社に行くと、統計作業が待っていた。午後4時半までかかって作成していた。体調的にどうかなと思ったのだが、あまり眠気も来ず、ただちょっと怠い感じがしただけで、何とかなってしまった。



でも昼食も食欲無いので、カレーとサラダで済ませる。ドリンクもコーラでカフェイン摂取を試みていた。



午後になると、疲れて頭が拒絶反応を示していた。仕事したくないなという気分とやらなきゃという気分がぶつかり合っていた。それでなんとか終わらせることができた。



今日は定時で帰るが、疲れたなと思っていた。タンパク質取らなきゃと思って夕食は鯖の竜田揚げとサラダ、納豆でご飯を済ませた。


PS VITA不具合発生

J-CASTニュースによると、先日発売されたPlayStation VITAに数々のクレームが寄せられているという。曰く電源が入らないとか、ゲーム中にフリーズするとか。ソニーにしては大失態の数々である。ただし電源に関しては、FAQである一定時間押し続ければ解決する問題だという。それにしては、そういうクレームが挙がること自体、細部のツメが甘いと言われても仕方ないのではないかと思う。ソニーといえば技術力は高いが1年で壊れると言うソニータイマーの話があるが、今回の話はそれを上回っているのではないかと思う。やっぱり旧態依然としたメーカーではソフトウェアをコントロールするのは難しいのではないかなと思ったりする。


2011年12月21日水曜日

2011年12月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩は家に着いたのが10時45分。すぐに風呂に入り、寝たのが11時半だった。すぐに熟睡だったが、やはり4時すぎに目覚めてしまった。



その後はまた熟睡だったが朝は辛かった。当然食欲なんかないが、無理して食べていた。



会社に行き、午前中は統計作業をやって時間を潰していた。お腹の調子が今ひとつで何回かトイレに行っていた。



午後はやることなくなり、途中で食堂に居眠りをしに行った。自分が寝息立てているのを感じたぐらいである。



夕方からは飲み会。昨日に引き続きなので、酒は控えめにしておいたが、とにかく時間が長い3時間半もやっていたので疲れてしまった。



しかも何故か二次会のラーメンまで連れていかれ、まだ家に帰り着いていない。これは寝るの1時になるなと諦めの心境である。


2011年12月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩は家に着いたのが10時45分。すぐに風呂に入り、寝たのが11時半だった。すぐに熟睡だったが、やはり4時すぎに目覚めてしまった。



その後はまた熟睡だったが朝は辛かった。当然食欲なんかないが、無理して食べていた。



会社に行き、午前中は統計作業をやって時間を潰していた。お腹の調子が今ひとつで何回かトイレに行っていた。



午後はやることなくなり、途中で食堂に居眠りをしに行った。自分が寝息立てているのを感じたぐらいである。



夕方からは飲み会。昨日に引き続きなので、酒は控えめにしておいたが、とにかく時間が長い。3時間半もやっていたので疲れてしまった。



しかも何故か二次会のラーメンまで連れていかれ、まだ家に帰り着いていない。これは寝るの1時になるなと諦めの心境である。


2011年12月20日火曜日

2011年12月19日の睡眠と、20日の健康

昨晩はずっと金総書記の死亡のニュースを見ていた。やっぱり一つの時代が終わったんだなという感触を持った。



寝たのは10時20分。熟睡だったがやはり明け方4時すぎにトイレで起きた。その後はまた熟睡で、ラジオの音がなるまで起きなかった。



会社に行って移管事業の登録の待機をしていたのが、一行に来ない。結局今日も来なかった。



ということで今日は一日中暇。あまりの退屈さにウトウトしかけた。



夕方からは飲み会。明日もあるので2連チャンになってしまう。2時間で終わればいいなと思っていたが、やはり終わらず。帰りの電車を30分待つ羽目になった。これで明日は体調不良決定だなと思う。


2011年12月19日月曜日

2011年12月18日の睡眠と、19日の健康

昨晩は夕食後、テレビの時間は起きていたが、それ以外はベッドに横になっていた。特にやりたいことがなかったからだが、しばらくぶりで夕食後、暇を持て余していた。テレビを見終わった後、風呂に入り、薬を飲んでベッドでゴロゴロしながらラジオを聞いていたら、眠くなってくる。10時20分ぐらいに就寝した。



日曜の睡眠も寝過ぎということがないために月曜の朝に一度目が覚めたがすぐに寝てしまい、ラジオのアラームで目が覚める始末だった。比較的熟睡できたと思う。少しゆっくり会社に行く支度をした。



会社に着くと、早速事業移管の品番登録の依頼が来る。午前中はそれで潰れた。体調的には今ひとつなのだが、とりあえずやることやらないとと思い、頑張って仕事していた。



昼に旅行会社から年末の実家への帰省の航空券の引換証を渡しにやってきた。連絡が全然ないから心配していたのだが、とりあえずほっとする。年末年始は実家で母の手料理でのんびりするつもりである。



午後になると、移管事業の品番に問題があることが発覚し、作業が止まった。そしてそれは午後中止まったままだった。午後には体調不良でアカシジアが出て辛かったので助かったと思った。ユーパンを4錠飲み、更にオロナミンCを飲んだらアカシジアは止まったが。



定時で会社を出て、博多駅経由で家に帰る。博多駅前のイルミネーションが綺麗なので、iPhoneで撮影してみた。年賀状に使えるかなと思いながら。


北朝鮮の金正日総書記死去

今晩のニュースで何が驚いたって言って、北朝鮮の金正日総書記が突如この世を去ったということだろう。いまNHKも特別体制で報道しているが、今後の北朝鮮の体制や仕組みがどうなっていくのか、日本としても無視していられないと思う。独裁体制を引いていた金総書記の後継者はうまくやっていけるのか、どう出てくるのか謎である。もちろん拉致被害者の扱いはどうなのかとか、韓国との交流関係はどう変化するのかとかなど、疑問はいっぱいある。今年はいろいろニュースがあったが、年末にこれかよ、という感じのニュースだと思う。


2011年12月18日日曜日

2011年12月17日の睡眠と、18日の健康

昨晩親から電話が夕食中にあったので、またもや食べかけのまま電話に出ていた。ここのところ親からかけてくるから、電話代いらないのは助かるが、食事の途中というのはちょっとなと思う。まあでも週1回ぐらい体調の報告しておかないと色々あるから大切だと思う。



昨晩はさすがに早めに寝た。10時10分ぐらいだったろうか。主治医の指示にしたがって、サイレースを2錠→1.5錠にして寝てみた。その結果は夜中に悪夢にうなされて6時ぐらいにトイレで起き、7時になると眠れなくなってしまったので起きるという結果だった。でも8時間ぐらいは寝ているし、起きがけの体調も悪くない。



朝から洗濯、掃除と行い、PCで色々調べていた。Yahoo!ボックスをアンインストールしたものの、PCがスリープに入らない現象は直っていなくて、時々発生する。PCを再起動すればこの問題は解消するのだが、普段スリープを多用している身としてはこれは困る。ネットでの情報もあまり役に立たないので困っている。



昼前に家を出て近所の中華料理屋でダルメンなるものを食べてみた。どんなのかというと、そばにあんかけ風の汁がかかっているというものだった。寒かったのでこういう温かいものはおいしい。



午後はどうしよう、佐野元春のライブBlu-rayでも見ようかなとも思ったが、先週映画観ていないので、今週は映画にした。映画館に行くかどうかは決めていないが、「ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル」を観るには前作を観とかないとね、ということで「M:i:III」にしてみた。今日は調子も悪くなく、十分に映画を楽しむことができた。出来は並みよりちょっと上だが。



映画を観たあとはレビュー書きと、午後のコーヒー。ラジオを聞きながらのひとときを過ごす。これが終わるともう夕方。休みも終わりだなと実感してくる。


映画「M:i:III」(輸入盤Blu-ray)

詳細は、M:i:III(Blu-ray)/M:i:III/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。たしかこの映画が公開されたときは、トム・クルーズの人気が落ち目になっていて(それはトム・クルーズが自身の信仰している新興宗教を全面に押し出してしまい、ファンのブーイングを買っていた)、その中での人気シリーズ公開だからどうなるかと思ったが、当時はやはり制作費に大して売上が芳しくなく、ヒットの目安である1億ドルは稼いだものの、北米だけでは制作費を回収できなくて、僕個人としても当時は興味がなかったと言える。では何故今日観たかというと、とりあえずAmazonでBlu-rayだけ買っておいて、最近新作の「ミッション・インポッシブル:ゴースト・プロトコル」が実はこのパート3の続編に当たるという話を聞いたので、どんな話しだろうと興味を持ってみた次第。で書いたのがレビュー通りなのだが、まあ並の出来だと思う。水準よりは高い。でもラストがあっさりし過ぎで期待はずれと言えよう。物語冒頭にラストの一部を持ってきて期待をもたせるのには成功していると言えるが、敵役のフィリップ・シーモア・ホフマン、あっさり死にすぎ。これでは面白く無い。それ以外はまずまずだと思う。




やっぱり原因はYahoo!ボックス?!

ここのところPCの動作がおかしかった。というのも僕のPCの環境ではPCのアイドル時間が10分経つとモニターの電源がOFFになり、45分経過するとスリープ状態に入るようになっているのだが、この動作をしないことが度々起こっていたのである。原因が考えられずに困っていた。ネットで検索すると、コマンドプロンプトで「powercfg」コマンドを使うと原因が判明するかも、とあったが実際にはアイドル状態であることを確認するだけで、やっぱり原因が分からない。そこで気になっていたのがYahoo!ボックスである。前にもSDカードやiPodの接続解除ができないという原因にこれを挙げていたが、何となくこれが要因なような気がする。そこでアンインストールしてみた。実際にはNorton Internet Securityも動作がおかしいのでアンインストールして、その結果OSの動作が異常に陥り、システムの復元とNortonの再インストールで何とかしたのだが、今のところYahoo!ボックスを外した後のアイドルタイムは動作をしているように感じる。やっぱりこれが原因かと思うが、しばらく様子を見てみようと思う。Nortonもなんかおかしいので。


2011年12月17日土曜日

機動戦士Vガンダム 第40話「超高空攻撃の下」

カサレリアに戻ったウッソたちだったが、ザンスカールの停戦協定の破棄を視野に入れて、ホワイトアークを宇宙に上げるためにラゲーンの基地にブースターを取りに行った。そこでウッソはベスパの兵士の家族と出会う。彼が殺したも同然の兵士の家族に対して申し訳ない気持ちになるウッソはカサレリアのお墓に彼女たちを連れていく。そのころ宇宙から鈴の音のなるモビルスーツが超高空からラゲーンを攻撃し始めた。鈴の音をキーワードに調べたシャクティはベスパのファラ・グリフォンの存在を嗅ぎつけるのだが。



本エピソードはガンダムらしい人間話であるといえる。敵も味方もなく、死者に対して弔いの気持ちを持つということに対して、真正面から描いたストーリーだと思う。もちろんガンダム物だから後半は戦闘シーンもあるが、基本ベースがウッソと戦死した兵士の家族の交流の物語というところが、人間臭いストーリーだなと思った。Vガンダムも後半に入って、ようやく富野節が表れてきた感じがする。もちろんそれは悲劇的な展開が多いということなのだが。これからどうなるのか、楽しみである。


2011年12月16日の睡眠と、17日の健康

昨晩はネットもしばらくぶりで全部見られたし、早めに寝られるかなと思ったら、ふとNorton Internet Securyのパフォーマンスをチェックしていたら、PCの調子がおかしいのに気づき、その手直しを始めてしまい、寝たのが11時40分と相当遅くなった。疲れはてて眠り熟睡できるかと思いきや3時半にトイレで目覚め、また寝たが7時に目が覚めてしまった。どうしようかと思ったが、寝ていられそうも無いのでそのまま起きて洗濯、朝食と進み、PCをまた調整していた。



9時過ぎに月に一度の病院の日なので病院に行く。障害者自立支援の診断書もらえるかと思ったが、まだできていないとのこと。今月休みとって役所に行くつもりのあてが外れた。先日調子が悪く、眠気が続くと言ったら、サイレースの量を調整してみてはと言われた。ちょっと違う気もするが、試しにやってみよう。



病院から戻って、PCの調整。とりあえずYahoo!ボックスをアンインストールし、Norton Internet Securityを再インストールすることで表面上は元に戻ったような感じがする。しばらく使って見ていればまた分かってくることもあるだろう。



昼前にウォーキングがてらに一番近いソフトバンクのショップに行き、携帯の住所録をiPhoneに移行してもらう。これでiPhoneから電話もメールも出来る。電話はガラケーの方からしかしないつもりだが。



昼は温かいそばを食べた。これが美味かった。今年一番の寒さということで、歩いていても肌に刺す冷たさを感じていた。今日も1万歩歩いて血流が良くなった気がする。



歩いているとき、iPhoneでradikkerというアプリで東京のラジオ局を聴いていた。これで歩くときにもラジオ漬けにできると思った。聞いていると時々パケづまりしているようだったが、まあそんなに不満はない。



家に帰ってきて、PCをいじる。それからお茶を飲んで洗濯物を片付けた。曇り空なので生乾きの様子。部屋の中で乾かそうと思った。


スター・トレック ヴォイジャー 第75話「DNAに刻まれた悪夢」

ヴォイジャーはパルサーの周囲に来ていた。その中でパリスとトレスの交流は激しさをもたらし艦長に注意を受けてしまう。そして艦長は頭痛が止まらず疲れ果てていた。その中、チャコティが遺伝子操作により老化現象を起こしたのに引き続きクルーが次々に遺伝子異常を起こし始める。その調査を始めたドクターとトレスだったが、異星人の邪魔によりトレスも倒れ、ドクターも消されそうになる。ホロデッキに避難したドクターはセブンに対応策を依頼するのだが。



最初はヴォイジャーのクルーの日常みたいなところ(と言ってもパリスとトレスの愛の交わし合いが主だが)を描いていて、その中で異星人の存在を感じさせるだけだったのだが、セブンのおかげで異星人の正体が明らかになって、彼らの主張とジェインウェイ艦長の主張が相容れないものだとわかると、ジェインウェイは暴走してしまうところなどはなかなか面白いエピソードだったと思う。ジェインウェイって、段々暴走するときの割合が大きくなっているような気がするのが、シリーズを通じてのキャラクターの設定なのかなと思う。セブンはまだ登場して間もないが、早速の大活躍で、トレスあたりのキャラを食っている印象がある。だからトレスはパリスとくっつくのかもしれない。


2011年12月16日金曜日

2011年12月15日の睡眠と、16日の健康

昨晩は、ちょっと不調だったiPhoneの修正をしていて、あまりネットは見ていなかった。ここ数日Webページのアクセスログを閲覧していない。ちょっと管理者としてはまずいだろうと思うが時間が取れない。



それで昨日は10時半には眠りについた。寝付きは良かったが、4時にトイレで起きるともう眠れない。4時に起きても6時間ぐらいは寝ているからあまり体力的に問題ないとは思うが、気分的には寝不足気味。朝は早めに支度したが、頭が重かった。



会社に行き、午前中はのんびり何もせず。体がすっきりしないので久しぶりにコーラを飲んでカフェインを取る。朝ゆで卵を食べなかったせいか、やけにお腹空いていた。



午後になると事業移管される特注品の品番登録追加があった。どうもこの手の仕事は、間際になると色々状況が変わってくるらしく、元々12月中に元の事業部で販売しきってしまうつもりが、できなくなって、追加作業発生という話らしい。僕的には面倒くさいし、そういうドタバタ劇にはイライラさせられるのだが、文句言っても始まらないから、淡々と作業していた。



それでも今日は残業せずに定時内に業務が完了した。お陰で定時退社が行われ、仕事も一区切りしたので気分的に良かったと思う。


チェコの国勢調査で15,000人のジェダイの騎士がいることが判明

時事通信からの記事によるものだが、この度チェコで国勢調査をしたそうである。であなたの信用している宗教の欄に「スター・ウォーズ」で有名なジェダイの騎士と書いた人が15,000人もいたそうである。このニュース見たときには思わず笑ってしまった。ジェダイといえばフォースの使い手。チェコにそんな人物が15,000人もいるなんて、ユーモアのある回答だなと思ったりした。そして、やはりスター・ウォーズの人気の高さに改めて感じいった。日本でこういう調査をやったらどうなるのかなと思ったりする。日本だと特撮物とかアニメファンが多いから、違った結果が出るような気がする。とにかくほのぼのとするニュースだった。


2011年12月15日木曜日

2011年12月14日の睡眠と、15日の健康

昨晩は家帰るのが遅かったので、弁当で夕食をサッと済ませ、その後ネットかと思いきや、気分で洗濯物のアイロン掛けをしてしまった。面倒な事は早めにやっておくに限るというわけである。それでもネットは、アクセスログの解析をしなかったほかは大体観れていた。



寝たのは10時45分ぐらい。寝付きは良く、朝もそんなに目覚めなかった。6時半ぐらいにトイレで起きて、そのまま起きてしまった。今日は血液検査のある日なので、朝食は抜き。その分支度も早くできて、会社に行った。



朝は朝会があり、その後、血液検査、11時からは健康管理室での問診ということで、ドタバタしていた。産業医の先生が変わったということで質問を色々されて、回答に困った。残業して大丈夫ですか、という質問には疲れが残るので、とお茶を濁してしまった。実際残業はしたくないなというのは実感。自分の自由な時間が欲しい。



昨日で移管事業の品番登録終わったと思ったら、追加でまだ150品番あることが発覚。ショックを受けたが、正式の書類が回ってこないうちはできないので、とりあえず待っていた。で今日は来なかった。



午後は暇でiPhoneをいじっていた。実は連絡先を開くとすぐにホーム画面に戻ってしまうというトラブルに巻き込まれていて、それを会社のPCで見ていると後で追求が来るからiPhoneで観ていたのである。さすがに電池を食うこと食うこと。半端じゃないなと思った。



今日は定時で上がれたので家に帰って、iPhone設定等やり直し。でちょっと中断してネットを観ることにした次第である。


マクドナルド、「ビッグ・アメリカ」を5000万個売る予定

日本進出から40周年を迎えたマクドナルド、今色々なキャンペーンを実施中だが、来年1月からは好評を博した「ビッグ・アメリカ」シリーズを発売するそうだ。これは日経の記事によるものだが、第1弾、第2弾合わせて1億個売った実績があるので、第3弾は5000万個は行きたいと、マクドナルド側の鼻息も荒い。しかし、2ちゃんねるを見ていると、元々先日やっていた韓国風味のバーガーが全然売れず、キャンペーンを急遽変更したという実績もあるらしい。どちらにしてもビッグ・アメリカ、前に食べたときは満足感あったので、今回も期待したい。全種類は無理だろうが。


2011年12月14日水曜日

2011年12月13日の睡眠と、14日の健康

昨晩は少し早めに風呂に入ってのんびりしていた。食事をスーパーの弁当にしたので時間ができたのである。あんまり栄養的にはよろしくないが、とりあえず満腹になるには都合がいい。



寝たのは10時半。寝付きはいいが、明け方目が覚めるとまた眠りが浅くなった。6時半過ぎにトイレに行きたくなり、そのまま起床。体調的には良くない。首の後が痛くて頭痛の感じをしている。



それでも会社では午前中移管事業の品番登録をずっと続けていた。疲れが出ていて、昼食時も食欲が無いのでラーメンとおにぎりですませてしまった。いつもなら定食を食べているところだが。



午後は代わりに暇になった。溜まっていた新製品の品番登録とか、それの社内への通達などをして少し解放されていた。



夕方自主参加の講演会ビデオ上映に参加する。本当はしたくないが、上司から会場の設営等を任されてしまったので、帰るに帰れなくなってしまったのである。しかし、そのビデオ上映会、1時間半かかるやつを何故か上司が1.3倍速で再生してしまったため、1時間ちょっとで終わり、多少早くに帰れた。でも今晩もコンビニ弁当で夕食をすっと済ませた。


パブロン日記って何?

このブログにはGoogleのアクセス解析ツールを入れているのだが、それを観察していると不思議なキーワードでアクセスしている例がある。例えば「麻原彰晃はジャーナリストの森達也」なんていうのもその例であろう。これは僕がオウムについてのエントリーをしたことから起こっている例のようで納得できる。しかし納得できないものがある。それは「パブロン日記」でアクセスしてくる人がいるということである。もちろんブログで風邪薬のパブロンについて書いたこともないし、僕のブログ名は「毎日日記」。全然関係ないのである。しかしそのキーワードで毎日のようにアクセスしてくる人がいる。自分で検索エンジン(Google,Yahoo!)で調べてみたが、上位表示もしないし、一体何なのか、頭をひねっている。誰かどうやって来ているのか、コメントしてくれると嬉しいのだが。


2011年12月13日火曜日

2011年12月12日の睡眠と、13日の健康

昨晩は、iPhoneの設定をしていた。要は割引価格にするために罠として契約していたオプションパック等を外していたのである。基本的にiPhoneはネット、docomo携帯は通話メインにするつもりなので、その設定をし始めた。



寝たのは10時半ぐらい。昨晩は寝付きが良くて、朝も4時23分に一度目覚めたきりだった。比較的調子も悪くない。朝はいつもの様に食欲が無いが、無理してパンとジャム、ゆでたまごに牛乳を食べる。



会社に行き、色々仕事をやった。とりあえず他事業部の業務移管に関する品番登録である。この品番発番がずるずる遅れてくるので、勝手に決められた締め切りに間に合わなかった。こちらも開き直ったもので、仕事としてはまじめに取り組んだが、「できないものはできない」という意識に立っていた。



その代わり一応それを重点的ににやっていたために他の仕事は一時ストップ。仕事の依頼に関しては2-3日待ってもらうことにした。



今日は結局残業までしてやったが、それでも品番登録は終わらなかった。途中休憩入れたが、結構集中力高かった。



帰りはネットを見て帰宅する。帰りが遅くなったので、ご飯も弁当とほうれん草のおひたしの惣菜、ビールで簡単に済ました。


スマートフォンのクレームの第1位は、「解約したい」

ここのところスマートフォンブームといってもいいくらいの世の中だが、消費者相談センターに寄せられるクレームによると、第1位が「とにかく解約したい」ということなのだそうである。このニュースを知ったのは2ちゃんねるのニュース板で、多分どこかのサイトに載っていたと思うのだが、元ソースは分からない。いわく、「電池の持ちが短い」、「操作しにくい」、「通話が不便」などなど単にブームに煽られて買ってしまった人たちの文句がオンパレードである。でも思うのだけれど、大抵ショップの店頭にはホットモックがあると思うのだけれど、それで操作性とか確認しなかったのだろうか。僕なんかですら、ヨドバシカメラでホットモックをいじって、一応操作性は確認しているくらいである。(でもまだ慣れなくて、キーを押し間違えることがよくある) 多分この世の中には普通のガラケーのほうがいい人が沢山いるのだと思う。各キャリアは収益増を目指してスマートフォンを押してくると思うが、そのへんは自分で自覚しておいたほうがいいと思う。僕はスマートフォン、出先でインターネットが見られるのは大変助かるので、購入してよかったと思っている。


2011年12月12日月曜日

2011年12月11日の睡眠と、12日の健康

昨晩はiPhoneをいじりながら、TVを見るということをやっていた。実はPCの調子が少しおかしく、その調整も兼ねているのだが、テレビの放映時間がガンダムZZが7時半、WOWOWのHOLLYWOOD EXPRESSが8時半と、実に中途半端。ガンダムZZは年内に終わるからいいけれど。色々調べなければならないことが多くて、困っていた。



それでも寝たのは10時10分。寝付きは悪いし、深夜2時に目が覚め、早朝4時にトイレで起きるともう眠れなくなった。起きると頭が痛い。体調不良である。



それでも会社に行くと、仕事がある。他事業部からの事業移管作業が、勝手に無茶な締め切りを設けられていて、頭を抱えてしまった。



それでもその作業は、工場から依頼書が来ないと作業できないので、とりあえず他のことをやっていた。神経をすり減る作業だった。



午後になると多少時間が空く。その時にアカシジアが発生してしまい、辛かった。ユーパンを4錠ぐらい飲んで、なんとか5時ぐらいには治まったが、それまでは意志の力で作業をしていた。



とりあえず移管作業は明日が本番みたいなので、今日は定時で帰る。iPhoneを使っているが、どうもまだキータッチが慣れないので失敗をよくする。これは慣れだろうなと思う。


セキュリティの高いブラウザは?

世の中には色々なWebブラウザがあるのだが、ある調査会社が調べたところ、なんとGoogle Chromeが一番セキュリティが高かったという。これには僕も驚いた。実は親父のPCに弟が勝手にGoogle Chromeをインストールしていて、実家に帰った時などは使うこともよくあるのだが、何か使いづらくて、あまりいい印象を持っていないのである。僕のPCはもっぱらFirefox,時々IEという具合で何不自由なくネットサーフィンをしているから、当面これで確定だと思う。でもちょっとGoogle Chromeにも意識を向けてみてもいいかもしれない。


2011年12月11日日曜日

2011年12月10日の睡眠と、11日の健康

昨晩夕食取ろうかなと思っていたところ、母から電話で中断してしまっために、ちょっと後で食べるのが気分乗らなくなってしまった。まあ電話代かからないのはいいが。



風呂に入って、BS JAPANを見ていたら「ジャッキー・チェンの酔拳」をやっていたのでついつい見てしまう。子供の頃よく見たんだよね、と思いながら。



それでも寝たのはいつもより早く10時過ぎ。さすがに寝付きはよくなかった。それでも寝てしまうとまあまあ眠れる。途中夜中に目が覚め、明け方にトイレで起きたが、基本的にベッドから離れたのは8時20分。食事をして、掃除、洗濯をする。



体調的にはちょっとだるいかなといったところ。午前中PCをいじっていたが、昨日のベスト電器でやっていたキャンペーンのことが気になったので、11時過ぎに出かけた。その結果は別エントリーで書いたとおり。ついにiPhoneデビュー。



その手続きに時間がかかったのと、新しいガジェットをいじりたくて、毎週日曜に観ている映画の鑑賞はパス。どの道観るにしても輸入盤ではなく、国内盤の映画にしようかなと思っていたぐらいだから、そんなに気分は乗っていなかったのである。



でiPhoneをいじろうと思ったが、当然のことながら電池の充電をしなければならない。充電しながら少し設定をしてみた。でも充電完了後設定をするつもりである。



PCの前にいるせいか、頭が痛い。風邪かなとも思うが、熱はないようだし、様子をみる。


iPhone 4を買う

僕は前からこのブログでさんざんiPhoneが欲しいとか、スマートフォンが欲しいとか書いてきたと思う。で昨日ウォーキングの途中でベスト電器に寄ったら、ソフトバンクがキャンペーンをやっていた。その時は寒くて疲れていたので、少し立ち止まって覗いたぐらいだったが、ちょっと気になったので今日改めてベスト電器に行ってみた。するとプロ野球の福岡ソフトバンクホークスの優勝記念セールということで、iPhone 4Sの特売をやっていた。そこで店員と話をしてみると、「いや、実は前の機種のiPhone 4だったら、一括購入で9800円でいい」というではないか。もちろんそれには罠があって、見守りケータイとの抱き合わせ契約という前提がつくのだが、それにしても9800円は安い。iPodの代わりにもなるし、一括購入だから来年もしiPhone 5が出ても気軽に機種変出来る。実のところ色々な契約抱き合わせという罠はあるが、ここのところiPhone欲しい病が出ていた僕としては、ついに嫌っていたソフトバンクで契約してしまった。ただし、電波状況には危惧している所があったので、キャリア移動ではなく、docomoの携帯はそのままにして、新たにiPhoneの契約をしたのである。つまり2台持ちということになるが、実家との連絡が固定電話ないことだし、電波の安定性を取るとこれがベストかなと思う。でいま充電中である。設定もとりあえず終わり、フル充電になるのを待つばかり。でもまさかこんな所でソフトバンク版iPhoneを契約するとは思わなかった。しばらく楽しめそうである。


2011年12月10日土曜日

機動戦士Vガンダム 第39話「光の翼の歌」

故郷のカサレリアに帰ってきたウッソたちホワイトアークの一行。しかしそこにもベスパの攻撃部隊がいた。停戦協定を破り、カサレリアを故郷とすべく、ウッソたちガンダムを葬り去ろうとするベスパの攻撃にウッソたちはためらい生じる。その時V2ガンダムの真の能力が発揮され始めた。



今エピソードもベスパの兵隊が一義的に悪ではなく、正義を持った人物であるところが描かれ、ガンダムらしい敵らしい敵ではない所が描かれる。そしてそれに戸惑いを感じ、敵を攻撃するところに躊躇するウッソもまた戦闘にはまっているさまを描いているようにも感じる。今エピソードでV2ガンダムの推進エネルギーを攻撃兵器として利用するシーンが描かれ、V2ガンダムの能力の高さがかいま見られる。最後、カサレリアに戦死した兵たちの墓場を敵味方なく葬るさまは、余韻の残る展開だったと思う。


2011年12月9日の睡眠と、10日の健康

昨晩は夜冷えて仕方なかった。ついにエアコンの電源を入れて部屋を暖める始末。冬だなと思った。少し早く寝ようと思って、10時15分には就寝。最初は熟睡だった。朝は時々眠りから覚めていたし、鼻が詰まって苦しいのでよく眠れなかったが、8時20分までには起きていた。



天気が悪く、気分もすっきりしない。洗濯物を干した後、ネットを見て午前中を過ごしていた。体調的には今ひとつ。早く運動して鈍った体をほぐしたいと思っていた。



11時20分から近所をウォーキング。途中に昼食を挟んだ。しかし外はとても冷たい。鼻水がどんどん出てくる。顔も冷たくて歩くのがきついと思った。それでも今日は12000歩歩き、結構運動できたなと思った。途中パラパラと雨も降りだしたが、ギリギリで家に戻った。



家に戻ってからはスマートフォンについて調べていた。気持ちとしてはスマートフォンを今すぐにでも欲しいと思っているが、予算と契約の関係から我慢している。それにどの機種にするか、キャリアはどうするのか、それを考えると分からなくなってくる。



3時のお茶に電子レンジで温めたどら焼きを。これが結構おいしい。その後洗濯物をアイロン掛けして、「スター・トレック」を観て時間を過ごしていた。


スター・トレック ヴォイジャー 第74話「心の傷を越えて」

ジェインウェイ艦長から教育を受けているセブン・オブ・ナイン。艦長のホロプログラムで飛行機の模型を見たセブンは、フラッシュバックを起こし始める。それはボーグに追いかけられ、同化される瞬間だった。そのフラッシュバックの中にワタリガラスの姿を見るセブン。彼女はボーグが自分を呼んでいると思い込み艦を脱出して信号の発信源を追跡する。ちょうどヴォイジャーは気難しい種族、ボマーとの領域内の航行について議論中だったが、セブンの行動に両者の間に緊張感が高まる。セブンが起こした行動の原因は何か。そしてその行方は。彼女の過去が明らかになる。



本作は元ボーグのセブンの過去について設定されたエピソードで、興味深い物になっていると言えよう。元タイトルは「RAVEN」でワタリガラスのことを言及している。つまりセブンが自分の故郷である宇宙船に引き寄せられるというところから来ているのだと思う。最後にはセブンがかつて暮らしていた宇宙船が「RAVEN」という名称であったことも明らかにされ、ダブルミーニングになっているのだが。途中からセブンのボーグ・ナノプローブが活性化してボーグの一員に戻るという話にはどうなるのだろうと思ったが、実際には自分の子供時代に戻るという話で、うまい作りだなと思った。でも彼女の行動の結果がヴォイジャーの航行を長期化させてしまったことも否めない。


勝間和代「まじめの罠」光文社新書

2年ほど前に「カツマー」ブームを巻き起こし、そして1年前に大量のアンチ「カツマー」を生み出してしまった著者が自身の体験を元に記した本がこの「まじめの罠」。「まじめ」という日本人特有の性格が事態をさらに複雑化し、悪い方向に導いていくものと定義付けしてここから「非まじめ」を説いていくのが本書の特徴である。読んでいると非常に分かりやすい。しかし頭の中に一向に印象に残らない内容でもある。この本の定義によれば僕なんかも「まじめの罠」にハマっていると言えるが、じゃどのようにしたらいいのかというと、ちょっと考えてしまう。もっとも本書の定義からすれば、この考えるという事自体が「まじめの罠」から抜け出すきっかけになるといえるらしい。ちょっとした発想の転換のきっかけにもなる本だと思う。ところでこの本の書評は極めて悪い。これはアンチが批判しているのか、著者の書き方が悪いのか、よく分からないが、とにかく話題にはなる本だとは思う。


2011年12月9日金曜日

2011年12月8日の睡眠と、9日の健康

昨晩PCの調子がおかしく、自動的にスリープ状態に入らなかった。それでPCを放置して10時半に寝てしまったのだが、朝4時過ぎに目覚めた時もPCは点けっぱなし状態。その後も何回か目が覚めたが、ついぞスリープ状態に入らなかった。



そんな訳で睡眠は今ひとつ。PCが気になってよく眠れなかった。それでも目覚めるとまあ普通に起きれる。会社には行きたくないが、休むほどの体調でも無いのでとりあえず行く。



会社に行くと、ようやく事業移管に関する仕事が入ってくる。それをこなしていた。そうするとなぜか他の仕事も舞い込んできて、ドタバタになった。週末だから疲れているかと思ったが、そんなでもなかった。



気になるアカシジアも我慢できる程度。昼飯時にユーパン1錠飲んだだけで済んでしまった。



定時前にまた品番登録の依頼が来て、うんざりしてしまったが、とりあえず帰ることに専念して無視することにした。問題は週明けでいいやということである。帰りは外が寒くて、雨降った後でコートが役に立った。とりあえずまた週末はのんびり出来る。


Perfumeのニューアルバム、オリコンチャート1位

相変わらず人気のPerfumeのニューアルバム「JPN」がオリコンウィークリーチャートで1位を取ったという。20万枚以上の売上で3作連続での1位を取ったという。最近AKB48に影が隠れた印象があるが、人気は高いようである。僕もアルバムを買って聞いているが、あまり中田ヤスタカのバキバキのサウンドではなく、ポップな感じで聴きやすいと思う。道理で全国アリーナツアーのチケットが取れないわけだと思ったりした。Amazonあたりでは初回限定版のアルバムがプレミア価格になっているし、まだしばらくは安泰かもしれない。僕はそろそろ人気に陰りが見えてくるのでは?と疑っていたのだが、それは杞憂のようだ。


2011年12月8日木曜日

2011年12月7日の睡眠と、8日の健康

昨晩も寝たのは10時半。本を読んでからだった。勝間和代の「まじめの罠」でなかなか面白い本だったが、どうレビューしていいのか分からないので、ブログに書けない。もう一回読みなおすかなとすら思ってしまう。



睡眠の質はまあまあ。途中で眠りが浅くなったが、意志の力で時計に目をやるのを止めて、そのまま寝ていた。その後変な夢を見て、6時40分にトイレで起床。そのまま支度に入った。



今日も仕事が無いので、暇だった。とにかく事業移管の作業を待っているのだが、一向に進捗しない。後で首絞まりそうでなんか嫌。午前中はそれでも歯の検診や会議等あったので多少は暇が潰れたが。



午後は来週開催される研修会の会場下見。DVDビデオを流して自己研修を行うそうで、それをどうやってやるかの下調べをしていたのである。幸い総務の人が当日手伝ってくれるそうなので、気分的に楽になった。



3時にコーヒーを飲んで、落ち着かない感じも治まったので、夕方は楽だった。定時で帰る。夕食どうしようと思ったが、気分変えてコンビニでおかずを買った。野菜は昨日買ってあるので、それで済ます。


2011年12月7日水曜日

2011年12月6日の睡眠と、7日の健康

昨晩もネットを見て、風呂に入った後、本を読んで、10時半には寝た。寝付きはいつもの様にいい。しかし、昨晩はまたいつものように早朝覚醒が始まってしまった。5時40分に目覚め、その後は何となく変な夢を見てうとうととし、寝不足気味で起床した。



天気が悪いので洗濯をして浴槽に干していた。で会社に行ってメールを見ると忘年会のお誘い。でも日程が悪い。課の飲み会と連チャンになりそう。寝不足になるから辛いんだよなーと思っていたが、こういうのは参加しておいたほうが和を尊ぶのにいいから無理しても出るようにしている。



午前中は色々あってそれなりに忙しい。が午後になると暇になる。午後を過ごすのが苦痛である。寝不足といっても昼間眠気が来るわけでもないからまだいいが、とにかく時間潰しが苦痛だった。途中少しアカシジアの様相を呈してきたので、ユーパンを1錠だけ飲んで対応した。



定時後会社で研修会が開催されたが、疲れたのでサボって帰ることにした。研修会出ても残業代つかないし、帰りが遅くなると寝るのが遅くなって余計に疲れるので自分の気持を優先させることにしたのである。


佐野元春、「ドヤ顔」という言葉を使う

前にこのブログで「ドヤ顔」という言葉が嫌い、というような記述をしたことがあったと思う。その考えはあまり変わっていないのだが、ここのところ佐野元春の「元春レイディオ・ショー」を聞いていると、佐野元春が時々この言葉を使っているのを聞いて驚くことがある。佐野元春といえば言葉に対して人一倍気を使う人だし、こういう芸人言葉を使うとは思ってもいないから余計にびっくりである。でも30周年キックオフイベントの時にも「リア充」という言葉を発して周囲をびっくりさせた経緯もあるし、意外と佐野元春という人、流行語に感心があるのかもと思ってしまう。ファンを長年やっていると、こういう所が面白いなと思うところである。


2011年12月6日火曜日

Perfumeの福岡公演、先行予約外れる

先般Perfumeの福岡公演のチケット先行予約をした旨書いたが、今日結果発表があり、残念ながら落選してしまった。そろそろ人気も落ち着いてきたのと、アリーナツアーで地方ということもあり、取れるかなと思っていたのだが、考えが甘かったようだ。新作「JPN」もオリコンデイリーチャートで1位を取っているし、ブームほどではないが人気を保っているようである。となると、今度は一般発売をどうするかなのだが、気分的に一般発売で頑張れるかなといったところ。とりあえず残念。


2011年12月5日の睡眠と、6日の健康

昨晩は、のんびり本を読んでから就寝した。寝たのは10時半でいつものとおり。ただ昨晩はユーパンを少々多めに服用したためか、寝付きが良く、朝まで1-2度軽く目が覚めただけだった。比較的熟睡だったので、体調的にも悪くない。朝は起きるのがちょっとだけ辛く、ラジオから流れてくる曲を1曲聞いてから起きた。



会社に行くと、色々メールが来ていた。ちょっとパニックになりながら、一個一個順々にこなしていく。とりあえず暇な時間を多くして、状況に対応できるようにという考えからだった。事業移管にいつでも対応できるようにという思いから積極的にできる統計作業はしてしまおうという考えでいた。



昼間にまた商品企画から新製品のマスター登録の依頼がくる。面倒くさいと思いながらもとりあえずこなす。ここのところ、昼間に食後ユーパンを飲んでいると、何となく焦燥感が現れるので、今日はタスモリンだけ飲んでユーパンは飲まなかった。それでもアカシジアは出そうで出なかった。



夕方になると結構空腹感を感じていた。なんでだろうと思いながら家路に付いた。スーパーで魚を買って、夕食にした。


柔道金メダリスト・内柴元選手、婦女暴行容疑で逮捕

今晩のNHKニュースを見ていたらトップがこのタイトルのニュースだったので、ちょっと書いてみる。最近教師による婦女暴行事件のニュースが後を絶たない。内柴元選手も今は大学の講師をやっていたとのことなので、このうちに納まるかもしれない。どちらにしても教師という本来まじめにやっていなければならない職種の人たちがそれを逸脱しているのには困ったものだという思いがある。本能を抑制していくのが職業だろう、という気分である。僕なんかも病気のせいで(あるいは薬のせいで)性欲があまりないが、こういうニュースを見たり聞いたりすると、腹立たしい物を感じる。内柴元選手は容疑を否認しているそうで、実際のところどうかは分からないが、こういう報道がされてしまうということはもう人生の終わりのようなものである。そのような状況を生み出してしまった自身の脇の甘さを自覚すべきだろう。


2011年12月5日月曜日

2011年12月4日の睡眠と、5日の健康

昨晩はテレビを2本見て、後は風呂入ってベッドに横になりながら本を読んでいた。いつの間にか寝てしまい、気がつくと11時。部屋の電気を消して再度就寝したが、寝付きは良かった。しかし、今日も早朝覚醒。4時頃目覚めると、後はうとうととしか眠れない。何回も夢を見て、気がつくと30分経過、というような感じだった。



朝食は普段通り食べられた。しかし食後眠くなる。運の悪いことに今日は朝会の日だったので、お偉いさんの話を聞きながら、暗い部屋で何となく居眠りしてしまった。完全には寝ていなくて、声だけは聞いていたから、起立の合図も見逃すことはなかったが、ちょっとまずいなといったところ。



それだけ寝たので調子は悪くない。午前中は統計作業を実施。午後は品番登録をしていた。午後は途中から調子悪くなった。と言ってもアカシジアが出ただけなので、ユーパンを頓服で飲んでいたのだが、これが一向に効かない。品番登録に支障が出てきた。2時ぐらいから定時前までずっと続いていたので、ちょっと長いなと思った。当然我慢するのは辛い。しばしば席を外して気晴らしをしていた。


スマホのAndroidとiPhoneにCarrier IQが仕込まれる

ここ2-3日の話題といえば、Carrier IQ問題ではないだろうか。スマートフォンのAndroid端末の全てと、iPhoneにも仕組まれているこのソフト、ユーザーの操作をすべて追跡していて、一種のキーロガーに近いマルウェアといってもいいと思うソフトである。なぜこんなソフトがAndroid端末に入っているのか謎だが、iPhoneも機能限定版とは言え、入っているので無視はできない。この前の彼ログでもそうだが、どうも最近スマートフォン移行ブームに対して、ユーザーの使用履歴を欲しがっている組織があるような気がしてならない。PCだったら大問題であるというのに、スマートフォンでいいわけないだろうと思う。こういうのはオプトアウト出来るようにしておくべきである。


2011年12月4日日曜日

2011年12月3日の睡眠と、4日の健康

昨晩は実家への電話をしなくてよくなったので時間が余った。そこで木曜に録画した佐野元春のNHK-BSプレミアムの番組を鑑賞してから、「機動戦士Vガンダム」を観て、風呂に入り、寝るまで「機動戦士Zガンダム」の映画版のDVDを観ていた。



寝たのは10時半ぐらいで、昨晩は熟睡だった。朝は6時ぐらいにトイレで起床。また寝てしまったが、変な夢を見ていて気分が悪かった。8時過ぎに再度トイレで起床。そこで完全に起きた。朝食を取り、洗濯をして、部屋の掃除をした。体調的にはちょっと眠いがまあまあといったところ。



午前中はネットを検索。色々調べていた。でも眠たいのであくびばかりしていた。外は寒いので、しっかり着込んでいた。



昼前にいつもの中華料理屋に食事を取りに行き、その後スーパーで夕食の食材を買い込む。家に帰ってきて、映画を観たい気分だったので「ブレイブ・ワン」という映画を観ようと思ったら、ディスク読み取り不能で再生できない。PCでチェックしても駄目。まだ一回も観ていないのに、とがっかりした。仕方なく、「ワールド・オブ・ライズ」に変えて鑑賞した。調子は悪くないのだが、英語が中東関係の固有名詞が出てくるので難しく、理解するのが辛かった。物語的には面白いと思ったのだが。



映画を観ていて最後のほうで左フロントスピーカーから音が出ていないことが発覚。アンプをチェックしてみると、どうもケーブルとスピーカー端子の接触が良くないらしい。レビューを書いた後、スピーカーケーブルを切り落として、バナナプラグに取り付け直して配線した。多分これで大丈夫。


映画「ワールド・オブ・ライズ」(輸入盤DVD)

レビューの詳細は、BODY OF LIES/ワールド・オブ・ライズ/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。ここのところディカプリオの出演作品が続いているような気がするが、本作での演技もなかなかのものだと思う。「タイタニック」の頃の若者のイメージを見事に脱して良い感じの役者になってきたなという思いがある。それに反してラッセル・クロウは今作では見せ場なしの印象。二大スター共演という触れ込みだが、鑑賞した印象では違うなと思ったりする。中東関係の物語のため、そのへんの状況に疎い僕は見ていて話が???になってしまいがちだったが、でも作品的には出来はいいと思う。ヒットしていないのが不思議だが。リドリー・スコットもすっかり職人監督になってしまって、今作では光と影のインパクトは薄いと思う。普通の映画だなと思ったりする。




2011年12月3日土曜日

機動戦士Vガンダム 第38話「北海を炎にそめて」

ベスパのモトラッド艦隊の一隻、ツインラッドはイク少佐の指揮の元、ホワイトアークの追撃を仕掛けていた。ウッソとパトロールに回っていたオデロは、モビルスーツの座席にエリシャをデートに誘っていた。そこにイク少佐率いる艦隊が攻撃を仕掛ける。反撃するウッソたちだったが、核の汚染を避けたいという想いから思うような攻撃が仕掛けられない。そこにレンダがウッソに迫ってくる。



今作では今まで一方的な片思いだったオデロとエリシャの関係が両思いになるという展開と、ベスパのイク少佐とレンダとの関係が味方敵両方で描かれ、一種の恋愛物語になっている。そのせいか、ラストがとても空虚な感じのする終わり方をしている。もちろん主人公側をまだこの場面で死なせる訳にはいかないから、敵側を死なせるという展開にしているのだが、とても戦闘が虚しいという話で描かれているので、物語的に寂しい物がある。一方でマーベットの体調が不調なものは多分今後描かれるであろうと思われる。いつの間にか、V2ガンダムがリガ・ミリティアの象徴になっているのは面白いと思う。Vガンダムが複数機出撃しているのと対称的に、V2ガンダムが1機しかないからというのもあるだろうが、ストーリーがやっぱり主役機はロボットアニメお約束事である1機しかないという展開に変わってきているからだと思う。


2011年12月2日の睡眠と、3日の健康

昨晩は、iPodの充電をしていたので、寝るのが少しだけ遅くなった。それでも10時45分ぐらいには寝られたと思う。実は寝る前に薬を飲もうとした時、薬を台所に落としてしまい、薬が水に濡れて溶けてしまったのである。慌てて溶けた薬を指でつかんで舐めたが、本来の効果が得られないかなと思っていた。処方量の半分ぐらいしか飲んでいない感じだった。



睡眠は熟睡だったが、朝4時ぐらいにトイレで起きる。その後は変な夢を見たりして眠りが浅かった。6時、7時、8時と起きるが眠たいので寝ていた。実際にベッドを離れたのは9時ちょっと前だった。



午前中はAmazonアソシエイトの申し込みをしてみたりする。Google Adsenseの稼ぎもさほどではないから、こちらもどうかなと思うが試しにやってみることにした。



体調的には今日も頭が重くてぼっーとしている。天気も悪く、気分が乗らない。天気予報だと午後3時まで雨ということで、昼食はカップラーメンとおにぎりにしていたら、雨が止んでしまった。どうしようか考えたが、軽く1時間ほど歩くかと思い、近所を1時間だけ歩いた。多少でも血の巡りが良くなると体調が回復するようだと思う。



家に帰ってきてからは、洗濯物のアイロン掛けとか、ネットを閲覧しながらのお茶とかで過ごしていた。ビデオをどうしよう、佐野元春の番組を観ようか「スター・トレック」の方にしようか迷ったが「スター・トレック」を選択した。意外と集中して観られた。



夕方父から電話があったので、10分ほど健康のこととか話す。父の方は近所の人の葬儀で忙しかったそうで、夕方の電話をしてきたそうである。


スター・トレック ヴォイジャー 第73話「生命なき反乱」

トゥヴォックの少佐への昇進に湧くヴォイジャーに救難信号が届く。それはヒューマノイドの乗組員全員が死亡し、清掃用として作られたホログラムが発していたものだった。ホログラムということでドクターは艦長に許可を求めてトレスと共に救援に向かうが、ホログラムは人間を憎んでいて、乗組員を自分の手で抹殺していたのだった。そしてトレスの命をも奪おうとする。一方ヴォイジャーでは天体観測ラボの強化のためにキムがセブン・オブ・ナインと共同で作業に当たるが、キムがセブンに恋してしまい、関係が微妙になる。



今エピソードは人間の心を持たないプログラムがどう人間になっていくかを描いたドクターの話の1つとしてあげられると思うが、今回登場するホログラムは、人間を嫌悪していて、その抹殺まで働いてしまうという、一種のロボット三原則を超えた設定になっている。ホログラムが人間から受けてきた虐待はどのようなものであったか想像でしか語れないのだが、多分ひどいものであったと思う。しかし、そもそもの間違いは、ホログラムが人間を嫌悪して逆襲をしてしまうようなプログラムの設計に問題があったと言うより他にないと思う。その点、ドクターはよくプログラムを改良してより人間らしくなってきていると実感する。もうひとつのエピソードはキムとセブンの関係について。こちらも人間の感情を忘れたセブンがキムとちぐはぐな関係を続けているところに面白みがある。「スター・トレック ヴォイジャー」では人間とは何なのかという問いに対して、二人のキャラクターで語れる体制が整ったことになる。


キュベレイ、完成

キュベレイとは、「機動戦士Zガンダム」に出てくるモビルスーツの一つである。Zガンダムシリーズでは、すでにラスボスであるジ・オと、Zガンダムのプラモデルを製作している。キュベレイもラスボスの機種であり、主人公であるZガンダムとも対決しているが、ラストではない。ラストで対決しているのはシャアが乗る百式であり、そういう意味ではちょっとラスボスとは言いがたいかもしれない。でもZガンダムシリーズのモビルスーツの中では優美なデザインをしており、印象が強い。Zガンダムのモビルスーツは、デザイナーが多数いるので、機種によってバランスがバラバラなのだが、このキュベレイは流線型を生かしたデザインをしている。デザインを印象づけるためにこのプラモデルではデカールを多用しており、製作に集中力を要する。出来上がったデザインは、横に広いなという印象。バインダーが横に長いのが要因だと思う。これでZガンダムの主要機種は創り上げたので、次に百式を作るかどうかを検討中。置き場所がなくなってきた。

P1000154.JPG


スライム肉まん、買わず

ここのところネットで賑わいを見せているのが「ドラゴンクエスト」に出てくるスライムを模した肉まんがファミリーマートで発売されているということだろう。何でも100万個用意したにもかかわらず、売り切れ続出だという。そういう僕もちょっとだけ気になって博多駅構内のファミリーマートを先日覗いてみた。そうしたら2-3個売っていたようだ。でも僕の場合ゲームもやらないし、夕食が待っているのに肉まんもないだろうと思って買わなかった。買ったからといってプレミア価格になるわけでもないしというのも理由だった。これが3時のお茶あたりに遭遇したならば、買っていたかもしれない。ネタとしてだが。それにしてもいろいろ考える人がいるものだなと思った。


2011年12月2日金曜日

2011年12月1日の睡眠と、2日の健康

昨晩は湯船にお湯を入れて、のんびり浸かっていた。体調が良くないからリラックスしようと思ったのである。僕の住んでいるマンションは湯船はあるが追焚機能がない。だから一度お湯を入れると後は捨てるだけというもったいない仕様なのだが、しょうがない。ぬるめのお湯にじっくり浸かっていた。



10時からはNHK BSプレミアムで「佐野元春」特集。当然録画してあるが、途中まではリアルタイムで見ていた。しかし気づくといつの間にか寝ていて、11時を回っていたので、電気を消して眠りについた。



朝は4時にトイレで起きる。その後はまた眠れなくなり、朝はちょっとだけ辛かったが、昨日休みを取っただけあって、今日の体調はそんなに悪くはない。



会社では統計作業でほぼ一日を費やした。来週忙しそうなので、少し早めに回していた。まだ完全ではないが、体調がましな方なので、業務ははかどっていた。



そんな中でも暇を見つけると休憩に入る。どうもずっと集中はできないっぽい。疲れてしまう。これはやむを得ないと思う。病気の後遺症だと思っている。



定時で帰るが、電車が人身事故で遅れていた。で駅に着くと雨。明日は駄目っぽいから明日の昼・夜の食材を買って部屋にこもる準備をしていた。


芥川龍之介「藪の中」青空文庫

芥川龍之介の代表作にして、全世界で最も知られている作品。実は僕は今回青空文庫で読むまで内容をよくは把握してはいなかった。ストーリーは、ある一人の男が藪の中で殺されているのが発見されるのだが、その様子が見た人によって全て異なっていて、どれが真実なのか皆目見当がつかないというもの。僕も大枠だけしか把握していなかったが、今回読んでみて、その内容の深さに唸らされるところがあった。若い男が妻を盗人に寝取られるというところは同じようなのだが、その後の若い男が死ぬまでの箇所が告白する人すべてが違うので、真実はまさに藪の中という展開なのである。映画化もされているのでもしかしたら何処かで似たような話を観ているのかもしれないが、しっかりと原作を読んだのは初めてなので、短い内容ながらも興奮してしまった。これはお勧めの一編である。


2011年12月1日木曜日

2011年11月30日の睡眠と、12月1日の健康

昨晩は飲み会で家帰ってきたのが午前様であることを書いたが、このブログを書いた後、風呂に入って、ベッドに横になったのが0時50分。アルコールが体を回っていてなかなか寝付けなかった。朝はやっぱり6時ぐらいに目を覚ますが、今日は有給取っていたのでそのまま寝ていた。8時半ぐらいに起床。これでも睡眠時間が足りないのだが、とにかく起きることにした。



午前中はTwitterでdocomoがiPhone発売の交渉に入ったというニュースと、それの否定コメントでワクテカしていた。本当にiPhoneがdocomoから出るならば、しばらくガラケーで延命させようかなと思ったぐらいである。



体調的にはあまりよろしくない。途中ベッドで横になっていたほどである。これではよくないと思い、11時からウォーキングに出かけた。外は寒いが歩いていると暖まってくるし、頭への血流が良くなってきて、少し改善されてきたと思う。今日も1万歩を歩いてさっぱりしていた。



午後はネットを見ながらPerfumeのニューアルバムの視聴。どうせiPodに放り込んでしまうので、最初の1回はAV機器で圧縮されていない音を聞くようにしている。スピーカーの具合も良く、ごきげんな音楽を提供してくれる。


Perfumeの福岡公演、先行予約に申し込む

僕が元々Perfumeを知ったのは大ヒット曲「ポリリズム」からである。中田ヤスタカの作る曲に魅了されたのがきっかけである。それでCDとか買うようになって、一回ライブを見てみたいなと思っていた。テレビではライブの模様を放送したりしていたのでそれを録画して見ていたものだが、一度生で観てみたいと思っていた。ライブではダンスを優先させるため歌は口パクだと聞いているが、それでも観てみたかった。ちょうど最新アルバム「JPN」が発売されたということもあって、全国ツアーが開催されるという情報も入ってきていたので、一回見に行ってみようかなと思った。でセブンイレブンのポスターを見ていると、チケットの先行予約をやっているとの情報が。調べてみると、ぴあが抽選の先行予約を受け付けていた。それで思いつきでチケットの申し込みをしてしまった。抽選だから当たるかどうかは分からないが、当たったら楽しいだろうなと思う。いい歳したおじさんがPerfumeでもないと思うが、何でも試しである。


NTT docomo,Appleの交渉を全否定

午前中に書いた「docomoのiPhone発売の基本合意」の記事だが、NTT docomoが完全否定のアナウンスを出していた。大抵日経の飛ばし記事はメーカーなどからのリークを一旦流しておいて、メーカーが全否定するということを行いながら、実はメーカーの市場調査みたいな感じで取り扱うのが肝だが、今回もそうなのだろうか。2ちゃんねるでは、「このリークは本物だ」という意見と「docomoからiPhoneが出ることはないよ」という意見が分かれているようだが、僕個人としては出る可能性が高いのでは?という感触を持っている。docomoが否定したのは、まだ発売まで1年近くある製品のことをリークされるとこれから発売されるスマートフォンの販売に響くからではと考えている。特に韓国・サムスンのGalaxy S LTEはdocomoが力を入れているので、これが売れないと困るというのがあるのだろう。昨日時間があってホットモックを触る機会があったのだが、Galaxy Sの出来はなかなか良さそうである。そういった意味では今後の動向に注目する必要がありそうだ。


回転寿司「スシロー」

前々から気になっていた回転寿司屋が「スシロー」である。チェーン店であるということは聞いていたが、ネットでの評判によると、回転寿司屋にしてはうまいという。でぜひ一度と思ってはいたが、出かけるのが昼時なために昼に回転寿司はなという思いからこれまで敬遠していた。しかし、昨日の飲み会で疲れた体調を回復するには美味い寿司でも食うかと思い、気になっていた「スシロー」に入ってみた。回転寿司屋自体めったに行かないので最初どのようにするのか迷ったが、とりあえず流れてくる寿司を適当にとって食べていた。でその味だが、ネタが新鮮で、意外とうまい。ここにかぎらず福岡は魚がおいしいところだと思うが、この「スシロー」もチェーン店にもかかわらずネタがいいのではないかと思う。値段もすべての1皿の値段が105円なので、明朗会計で安心して食べることが出来る。今日は8皿食べたが千円を切っていてお得に感じた。またなにか機会があれば食べに行ってみたい。


NTT docomo,iPhoneの発売に合意?!

本日の日経ビジネスのWebサイトによると、NTT docomoとAppleがiPhone及びiPadの販売で基本合意したという報道があった。iPhoneはdocomoがサービスを始めたXi対応ということで、iPadは来年の夏までには、iPhoneは来年秋までに発売するという。これが本当なら、来年までスマートフォン購入を我慢して今の携帯を使い続けようかなと思ったりする。まあまだ紆余曲折あるから、そう簡単にはいかないだろうが、興味深い情報である。


2011年11月29日の睡眠と、30日の健康

昨晩は早めにネットも見終わったので、10時20分ぐらいに寝ることにした。まだ体調的にも不調気味なので少し早くに寝ようと思ったのである。しかし、そんな時に限って、深夜2時にトイレで起き、早朝4時ぐらいから断続的に目が覚めて熟睡できなくなった。結局今日も睡眠不足で体調不良のまま会社に行くことになった。



会社では午前中研修会があって、それは聞くだけの内容ではなく、実際に試してみる内容のものだったので、なんとか過ごせた。と入っても頭は眠く、ぼーっとしていて働かなかったのだが。



午後がきつかった。途中で昼寝に行ったが、それでも頭のぼーっとした感じと眠気は取れず、頼みのコーヒーも駄目だった。仕事が無いから楽だったが、とにかく会社にいるのが苦痛だった。早く家に帰りたいという感覚。



ところがこんな日に限って会社の課の飲み会があるので家に帰れないという問題があった。上司は体調不良を理由になんと欠席してしまうし、事業部長の都合で開始時間が7時半と遅くなるので、何処かで暇つぶしをしなければならないという課題もあった。定時で会社を後にして、とりあえずヨドバシカメラと本屋で暇を潰していた。



体調は良くはならなかったが、飲み会はなんとかやり過ごせた。でも帰りの時間が遅くなって、家着いたら午前様直前。明日休みだから少しは楽だが、明日も調子悪そうな感じである。