2012年11月11日日曜日

平松洋子「焼き餃子と名画座 私の東京 味歩き」新潮文庫

タイトルにもあるように、著者の東京の料理店を巡るエッセイ集。ただ、読んでいて食に対する興味が今一つに感じられた。色々な店を紹介しているのだが、店の場所がどちらかというと中央線沿線に偏っているということと、料理の値段が僕からすると高額な感じのする店であることが原因だと思う。また著者が結構お酒好きであることも違和感を感じさせる要因かと思う。そういった意味では軽く読めると思っていた本書も意外と読み切るのに時間がかかってしまったのが現実である。この本を読んで紹介されている店に行ってみるのは一興かもしれないが、多分僕は行くことはないだろう。


0 件のコメント:

コメントを投稿