2013年3月31日日曜日

スティーヴン・キング著「ザ・スタンド IV」文春文庫

超大作「ザ・スタンド」の第4巻は、マザー・アバゲイルの失踪と、フリー・ゾーンでの法律の立案が中心に描かれる。それと同時にフリー・ゾーンにいる登場人物のうち、闇の勢力、ランダル・フラッグの方に取り憑かれているキャラクターの存在と、その者たちの暗躍が話の核を占めている。フラッグ自身は登場しないのだが、主要登場人物の行動にいちいち影響を与えているという点では、かなりの存在感である。物語自体が正義の立場と邪悪の立場の対立に徐々になってきているのが、物語を面白くしている要因だろう。主要登場人物のうち、意外な人物に生命の終了を与えられているが、これも神の思し召しなのかもしれない。マザー・アバゲイルも失踪によって神のなさることを実感するが、それを主要登場人物に告げる様は、結構残酷な話だと思う。最終巻でどのような展開が待ち受けているのか、相当な盛り上がりを期待させる展開になっている。


2013年3月30日の睡眠と、31日の健康

昨晩夕食後、久しぶりに「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビシリーズを見始めた。ここ2年ぐらいガンダム物を見ていたから、ちょっと作風に違和感がある。まあそのうち慣れるだろう。



8時過ぎに風呂に入って、9時から「アド街ック天国」を見ていた。大江麻理子アナが楽しみでいつもこの番組見ていたが、彼女は4月からニューヨーク勤務ということで、番組を卒業。寂しくなるなと思いながら番組を見ていた。



10時から少し小説を読む。後ちょっとで小説も第4巻が終了。クライマックスの第5巻が待ち受けている。



寝たのは10時半ぐらい。さすがに昨晩の寝付きは今ひとつ。途中完全ではないが、意識が戻ってきて、熟睡感は少なかった。それでも7時まではまずまず眠れ、そこでトイレに行った後、また寝ていたら今日も9時過ぎに起きることになった。



時間的には寝た方なので調子は悪くない。朝食をどうしようと思ったが、腹も減っていないので、牛乳だけ飲んで朝は済ませた。その後洗濯と掃除を済ませ、ちょっとネットショッピングをしていた。



11時に家を出てバイクを乗りながらウインドウショッピングをする。それから少し早めの昼食。スーパーに寄って夕食のおかずを買って、家に帰った。



今日は映画観ると決めていたので「ターンエーガンダム」の映画版を観ていた。なかなか面白い。大画面とサラウンドが魅力的。結構集中力も高く、映画に没頭できていた。



映画観終わってからは、コーヒー飲んで休憩。洗濯物を片付け、ラジオを聞いて過ごした。


映画「ターンエーガンダム II 月光蝶」(国内盤Blu-ray)

全50話に渡るテレビシリーズの後半部を映画化したのがこの「ターンエーガンダム II 月光蝶」。ウィルゲムがすでに月の生産惑星ミスルトゥ近辺にきているところから話が始まり、それから約2時間6分の間、ものすごい展開で物語が進んでいく。「ターンエーガンダム I 地球光」に比べると、テレビシリーズからカットされた場面が意外と少ないように感じるが、それは物語の中心をギム・ギンガナムとターンX、地球の黒歴史について、ターンAとの死闘に物語を絞っているからのように思える。物語の端折り方が冨野監督一級の編集術によってなされているので、「地球光」に比べてテンポがいいと思う。Blu-rayになって異様に画質がいい印象があるが、どうも新作画が多いのではないかと思われる。音響はDOLBY TRUE HDで実に自然なサラウンドをしていて、物語の面白さを補強していると感じられる場面が多々あった。映画2部作を観てきて、基本的にはテレビシリーズを観ている人が楽しむ向けの映画だろうという感触を持ってはいるが、この2部作だけ観ても、ある程度「∀ガンダム」のエッセンスは分かるのではないかと思う。




2013年3月30日土曜日

バイク購入

先日の交通事故の後、バイクショップで修理の見積もりを出してもらったとき、修理代が82000円ということだった。そのときに考えたのは、バイクを修理するか、新しいバイクに買い替えるかということだった。実は今まで使っていたバイクは神奈川にいたときに購入して、福岡に引っ越すときに持ってきたもので、既に14000kmも走行している中古車になっていたのである。そればかりか、シートが紫外線にやられてぼろぼろになっていてシートカバーをかけてだましだまし使っている状況。冬になるとエンジンのかかりも悪くなるという状況だった。事故の相手への修理代金が大した金額ではないことが分かって、この際だから買い替えることにした。バイクショップにその旨伝えたのが先週の話。バイク屋も商売になるのだからそんなに悪い話でもないと思う。本日、代金を支払い、めでたく新車を手に入れた。これまでは2サイクルバイクだったが、今は4サイクルのバイクが主流だという。停止状態からアクセル吹かしても発進の加速は結構緩やかである。ちょっと慣れるまで時間を要しそうな感じ。新車買ったので代金は150000円ちょっとで、修理代を遥かに越えているが、でもいいタイミングだと思う。これから気候もよくなるし、バイク乗るのも楽しいだろうと思う。


新世紀エヴァンゲリオン 第1話「使徒、襲来」(輸入盤DVD)

西暦2015年、人類は「使徒」と呼ばれる生命体の襲撃を受けていた。国連軍の攻撃は歯が立たず、対処の一任をNERVに任せる。NERVのボス、碇司令は、自分の息子であるシンジを呼び寄せ、使徒に対抗する人造兵器エヴァンゲリオンに搭乗させようとする。シンジは父にかつて捨てられたという意識を持っていて、この指示に不満を持つが、自分が乗らないことで怪我をしていた少女、レイが搭乗しようとするのを目の当たりにし、自分が搭乗することに決める。そして、使徒との対峙が始まった。



久しぶりに自分の意識を揺さぶったアニメである「新世紀エヴァンゲリオン」を再見することにした。ストーリーは覚えているが、細部は忘れてしまっているので、再見すると色々面白い。最初のエピソードでは、なぜ碇シンジが父のことを恐れているのかが今ひとつはっきりしない。そして父である碇司令も腹に一物あるようで、得体が知れないという雰囲気がある。その他葛城ミサトとか、結構初めて会った碇シンジに無茶言っているなという感触を持つ。つまりシンジがエヴァンゲリオンに搭乗する動機がちょっと辛いものになっている様子がうかがえるのである。当然使徒ってなんだそれ状態だし、謎ばかりの第1話だと思う。それが明らかにされるかというと、あまりされないのがこの作品。再見することでどう感じるか書いていきたいと思う。ちなみに輸入盤DVDということもあってか、画質はちょっと甘めの解像度。サラウンドは5.1chにパワーアップしているので、結構面白い。日本語音声で楽しめるので、オープニングとエンディングの英語テロップを除けば、日本版並みに楽しめると思う。


2013年3月29日の睡眠と、30日の健康

昨晩は、両親から電話があった。というのも土曜日に日帰りバスツアー行くので連絡できないからというものである。事故のその後の話をして、とりあえず安心してもらう。両親のほうは健康そうなのでこちらも一安心。その後早めに風呂に入り、小説を少し読んで、10時過ぎに寝てしまった。



昨晩は久しぶりに熟睡だった。6時半まで起きずにいた。その時間にトイレに行って、また寝てしまい、気が付いたら9時を回っていた。まだ眠かったが、いい加減起きないとリズムが狂うと思って起きた。



朝は洗濯をし、ネットを見ていた。10時半からはWOWOWの「HOLLYWOOD EXPRESS」を見ていた。録画ではなく、ダイレクトに観るのも久しぶりである。



11時からは運動しようと思い、外出してウォーキングをした。約1時間歩いて、昼食をとった。久しぶりに天ぷらを食べた。昼食にしてはいい値段するが、揚げたての天ぷらは美味しかった。



その後バイクショップに寄り、新車を受け取りに行く。今までホンダだったが、今度はスズキ。操作感覚が違うのでちょっと戸惑う。



家帰ってきてからは、事故の教訓を感じて、バイクの任意保険に加入した。ネット加入なので、意外と安い。事故は起こさないことが第一だが、起きてしまった時にも対応が必要と判断した。



3時にはコーヒーを飲んで、休憩。その後洗濯物を片付け、「スター・トレック ヴォイジャー」を見て過ごした。


スター・トレック ヴォイジャー 第132話「心に響く歌」

船の故障により動けなくなったコーマー人をヴォイジャーは救助する。ヴォイジャーのテクノロジーの進歩のなさに怒り狂っていたコーマー人だったが、ドクターが鼻歌交じりで診察しているのを聞いて驚く。コーマー人には音楽の概念がなかったのである。コーマー人の惑星に招待されたヴォイジャーは、ドクターのリサイタルを開き、喝采を浴びる。しかしドクターが調子に乗りすぎ、ついには船を離れ、コーマー人とともに生きていく選択までしてしまう。一方コーマー人は自身のテクノロジーにより、ドクターを上回る音楽再生ホログラムを作ってしまう。



めっきり人間臭い状況になっているドクターが、また調子に乗って自身を過信して失敗を犯すという、よくあるパターンであるが、それが音楽という状況は面白い。ドクターは確かに人間臭いプログラムだが、やはりそれでも人間ではないところに魅力があるのであり、音楽の知識と才能も、しょせんはプログラムでしかないという点は忘れられてはいけないだろう。コーマー人のテクノロジーもすごい。感情を抜きにして演算だけで音楽を語っているのだから。


北朝鮮、戦時状況に入る

先ほどニュースで、「北朝鮮が軍事状況に入った」という報道があった。ここの所北朝鮮の動きは結構怪しかったが、ついにここまで来たかという感じである。元々韓国とは休戦協定が結ばれているだけで、戦争が終わったわけでもないから、こういう事態もありだが、しばらく注視する必要はある。観光客としては、今年のゴールデンウィークのソウル観光は控えたほうがいいかもしれない。板門店とDMZツアーは中止だろう。今年は韓国には行かないのでとりあえずホッとしているが。


2013年3月29日金曜日

2013年3月28日の睡眠と、29日の健康

昨晩は、Yahoo!知恵袋をやっていたら風呂に入るのが遅くなった。風呂を出て小説を少し読み始めるが、ニュースが気になって集中できないので、あきらめた。iPhone4Sの充電が終わるのを待っていたら、寝るのが11時少し前になった。



睡眠は相変わらず質が悪い。途中暑いのか布団をはいで寝ていたようである。6時半に自然に目覚める。眠いが起きなくてはしょうがないので、起きて朝食を食べた。



会社に行っても当然やることないので、暇つぶしをしていた。そうしたら、午後に久々の特注品の大規模依頼が来た。来たのはいいが、また無茶な依頼で、午後3時ぐらいに依頼が来て、4時半までに50機種分の登録をしてほしいという内容だった。途中の後で登録してもいい部分は後回しとして、とりあえず要望はかなえてやった。



夕方は集会。その準備と後片付けに追われた。定時には帰れず。6時ちょっと前に会社を後にした。バイクが今日はないので、コンビニの総菜で夕食。とりあえずほっとする。


BONNIE PINK、ライブをキャンセル

実は本日と明日、BONNIE PINKが新日本フィルと共演して行うライブの予定だった。しかし、理由は明らかにされずに、本日分のライブがキャンセルされたという情報が入ってきた。実際には10日ほど前から公式サイトではアナウンスしていたらしいが、インターネットの掲示板を見ていると、チケットが売れなかったのでキャンセルにしたのでは?という憶測が飛び交っている。実のところはどうか分からないし、東京のライブだから、熱心という訳でもない(でもベスト盤のCDだけは持っている)から、あまり深入りしないが、それでもチケット売れないという憶測は真実に思える。最近の音楽業界の売れ行きの悪さはひどいの一言につきる。音楽なんてこの世になくてもいいのではと思うぐらいである。そう考えると、ライブキャンセルも納得してしまう。まあ本当はライブぐらいはチケットの売れ行きがいいといいとは思うが。


2013年3月28日木曜日

2013年3月27日の睡眠と、28日の健康

昨晩早めに夕食を食べ、風呂に入るまでの2時間ほど、ベッドに横になっていた。当然うとうとと寝ている。起きたくないのだが、風呂に入らないと気分悪いので、9時に起きて風呂に入り、10時には寝てしまった。



昼寝して、夕食後も寝ていたからか、あまり熟睡ではなかった。深夜1時半に起きて、4時にも起きて、6時半に起きた。トイレに行ったとき、尿の匂いが臭かった。



会社に行って、メールを見ると25通も入っていてびっくりするが、大半は同報メールで大した内容はない。朝一番で統計資料を処理していた後は、暇だった。



午後は会社の方針発表会。話が何か漠然としていて分かりづらかった。もっと具体的内容を期待していたのだが、抽象的内容に終始していた。



定時に帰り、急いでバイク屋にバイクを持って行く。その帰りにスーパーに寄って夕食のおかずを買い、急いで家に戻った。宅配便の品物を再配達してもらうために急いだのであって、なんとか無事に再配達をしてもらった。


事故バイク廃車にする

先般交通事故を起こしたことを書いたが、その事後処理の一環で、バイクの破損をどうするかというのがあった。任意保険に入っていないというのもあって、バイクの修理代は全額自分持ちになってしまう。それでバイクも神奈川にいたときからずっと乗ってきて、そろそろ買い替えの時期かなと思い至って、新しいのを買い替えることにした。当然破損したバイクは廃車である。今日バイクショップから連絡があり、タイミング的に税金の対象になってしまうから、本日バイクをショップまで持ってきてほしい、そうすれば明日廃車手続きをして、税金の二重取りはなくなる、という連絡を受けて、帰宅時に時間を取ってバイクショップにバイクを届けに行った。総走行距離は14000kmを越しているので、かなり中古になっていたと思う。長年乗ったが、ちょっと寂しい。土曜日に新しいバイクに変わるので、明日はバイクなしである。


2013年3月27日水曜日

2013年3月26日の睡眠と、27日の健康

昨晩家に帰ったのは11時過ぎていた。お腹が一杯で動きたくなかったが、すぐに風呂に入った。でPCを立ち上げて少しだけネットを見るつもりが、なぜか昨日に限っていくつかのソフトのアップデートがあり、それに時間取られた。寝たのが深夜0時40分。本日会社休むつもりでいたので、少々遅くても睡眠時間確保できると踏んだのだが、ちょっとそれを見誤った。



朝は7時ぐらいから目が覚める。トイレに行きたいが眠くて起きたくない。結局起きたのは9時過ぎ。体調はよろしくない。朝食を食べて、洗濯をして、それからネットをずっと見ていた。



二日酔い加減がある感じで、お腹の調子が良くなかった。会社だと余計ストレスたまるなと思うぐらい、トイレに何回も行った。



それで昼食はラーメンを食べに行った。あまり活力がないので、ラーメン食べた後、スーパーで食材を買い込み、早々に家に帰った。



午後は少し昼寝をした。1時間ぐらい。週頭に会社休むと決めたとき、映画観る気でいたが、今日の調子では映画への集中力はないと判断してあきらめた。



起きてから午後のお茶にコーラとお菓子を食べた。少し目覚める。調子はまだ回復しているとは言えない。


来来亭閉店

確か2年ぐらい前にこのブログで滋賀を本拠地とするラーメンのチェーン店「来来亭」について書いたと思う。醤油のスープが結構辛く、「多分2度と行くことはないだろう」と書いたような気がする。ここ福岡での経営は、近所に有名博多ラーメン店が色々あるために、厳しかったようで、ネット上で「今月で閉店」という噂を聞いた。それで今日会社休んだので行ってみることにした。入り口には確かに閉店の案内があった。味は相変わらずおいしいとは思えないが、昨晩飲み会で二日酔い加減だったので、スープはありがたかった。客は相変わらず少なく、これが閉店の理由だなと思った。まあ福岡では普通のラーメンよりは博多ラーメンなんだと思う。普通のラーメン食べたければ、キャナルシティのラーメンスタジアムに行くのが賢明である。


PacketiX、SoftEther VPN Gateに移行

以前、PacketiXが廃止される旨書いたと思う。その時にはVPN Gateに移行されるが無料かどうかは分からないと書いている。最近このVPN Gateに移行したので、そのインプレッションを書いてみたい。PacketiXは、筑波大学のサーバーを経由して通信するものだったが、VPN Gateは、それが全世界の中継サーバーを経由して通信するものだと思えばいい。つまりサーバーが全世界で数十か所あるので、好きなサーバーを選んでVPN通信をすることができる。言い換えれば例えばRadikoの地域外聴取もこれまで東京だけだったのが、別の地域も聞けることになる。もちろんサーバーがあるところ限定なので全国というわけではないが、僕の体験では新潟は聞けるようである。インストールは簡単で、VPN Gate 公開 VPN 中継サーバー一覧の接続方法を見れば、設定とか書いてある。当然ながら無料のようなので、いろいろ楽しめると思う。


プラズマテレビでレーザーディスクを見る

以前「液晶テレビでレーザーディスクを見る」という記事を書いたことがある。その時はレーザーディスクの映像の汚さが液晶テレビに如実に表れていて、見ていられない、というような内容を書いたと思う。実はその後AVアンプを買い替えた時にAVアンプがS入力端子を廃止してしまったので、レーザーディスクプレイヤーとAVアンプはコンポジットの接続に変えざるを得なかった。それで気づいたのであるが、コンポジットで接続したときのほうが映像が素直で、解像度の問題を除けば、結構見られるということに気付いた。それはレーザーディスクプレイヤーPIONEER CLD-R7Gに搭載されている3次元Y/C分離回路の性能が現在の液晶テレビのY/C分離回路より劣っているからだという解釈をした。今回プラズマテレビに買い替えて、改めてレーザーディスクを鑑賞すると、解像度は別にして、結構映像が液晶の時より映えていることに気付いた。それはプラズマテレビが原理的にブラウン管テレビに近いことに起因しているのだと思うが、これならしばらくレーザーディスクも楽しめそうな気がする。もっともレーザーディスクで楽しめるのは佐野元春のライブ映像ぐらいなもので、多くはDVDやBlu-rayに買い替え中なので、そんなに使うこともないだろうが、まだ現役で生かせるのはいいことである。


2013年3月26日火曜日

2013年3月25日の睡眠と、26日の健康

昨晩寝たのは10時半だったと思う。ネットを見ていたのはそんなに長くはないが、ちょっとレーザーディスクを見たくなって、少し見てしまった。それで寝るのが遅くなった。



睡眠は熟睡。目が覚めたのも6時半だったと思う。その15分後には起床をしていた。よく寝た気はするが、まだ眠い。



会社に行き、何をするでもなくぼーっとしていた。午前中の課内会議も時間は短く、暇な時間は結構あった。



午後はまた新製品の品番登録があったので、少しは忙しかった。でもそれが終わるとゆとりができ、眠くなってきたので、席を外して食堂で居眠りしていた。



本日課の飲み会があったので、飲み会開始時間まで定時から少し間があった。会社を定時で後にし、コーヒーショップでコーヒーを飲みながら小説を読んで暇をつぶしていた。普段進まない小説もこういう時だと結構進む。



飲み会は福岡では珍しくすき焼きだった。肉が柔らかく、とても上品でよかった。なんでも人気の店らしく、焼き肉食べるのには行列作らないといけないらしい。満足した。


2013年3月25日月曜日

2013年3月24日の睡眠と、25日の健康

昨晩、ネットを早く見終わり、夕食後はiPhoneの電池をなんとかしてすべて放電してから充電していた。その間かったるいので布団に入ってラジオを聞いていた。ラジオも4月の改変でどんどん番組が終わる。まあつまらないのはいいのだが、何かなじんできた番組が終わるのは寂しい。



寝たのは10時半。あまり熟睡ではなかった。ベッドと体の相性が悪いのか、体が痛くてしょうがなかった。明け方になると、眠れなくなった。



会社に行き、さて何しようというところで上司から仕事の指示が入った。新製品の販売実績をまとめる仕事で、ここ1ヶ月ぐらい断続的にやっている仕事である。今回は新製品の追加登録ということで、表にまとめるのが別の管理職の方なので、その方の仕事の余裕を持たせようと、午前中いっぱいでなんとか仕上げた。



午後はその管理職の方の疑問に対して資料の調整をすることで時間がつぶれた。意外と暇にならずに、定時まで過ぎていった。アカシジアは出なかった。



定時を迎えると割り切って帰宅する。帰宅時に少しアカシジアが出たが、頓服でユーパンを1錠飲んで、何とかなった。夕食は健康のため魚料理。と言ってもタラの唐揚げなので健康なのか、そうでないのか分からないけれど。


小室哲哉、C型肝炎の治療完了まで後1ヶ月

確か小室哲哉がC型肝炎であることを公表したのは昨年のことだったと思う。自身のTwitterでつぶやいていたので、大変だなと思ったのを覚えている。その後もインターフェロンの治療は続けていたらしい。ここ数日のつぶやきで、ゴールデンウィーク前には治療が完了する旨伝えられていた。正直言って、小室哲哉も晩年はあまりいい目に遭っていないと思う。90年代がよすぎたのだと思うが、詐欺事件に始まり、妻の病気、自身の病気と厄が続いていると思う。まあ熱心ではないものの、一応ファンとしては、一日でも長く音楽活動は続けてほしいので、今回のつぶやきは、一安心である。


2013年3月24日日曜日

2013年3月23日の睡眠と、24日の健康

昨晩は、実家に電話をして、交通事故の示談の話と、原付買い替えることにした旨話をした。示談が比較的安いのでよかったと言われた。僕もそう思う。その後「∀ガンダム」の最終回を観て、感慨に耽っていた。ここ2年富野監督のガンダムシリーズ観てきたので、来週からはエヴァンゲリオンを久々に再見しようと思う。



寝たのは比較的早く10時過ぎ。ただあまり熟睡という感じではなかった。何度か目は覚めたし、寝相が悪いのか体が痛かった。それでもふと気がつくと、朝9時を回っていた。まだ眠いがあまり寝すぎてもと思い起きた。朝食はトースト。その後洗濯と簡単に部屋の掃除をして、iPhoneの電池消耗させていた。



11時ぐらいに家を出て家電量販店に。実は洗濯物のアイロンがけのアイロン台がぼろぼろなので、安いのないかなと思って行ってみたのである。で行ったら680円で売っていたので買って帰ることにした。



昼はそば食べたくて、そば屋に行った。肉そばはなかなかうまい。その後スーパーで夕食のおかずを買い、家に戻って映画を観ることにした。



映画は「∀ガンダム」の映画版2部作の第1部。テレビシリーズを観てきているので、ストーリーのはしょり方が時々おかしいとは思ったが、基本的によく出来ていると思った。途中でおなかの調子悪くなり、鑑賞を中断してトイレに行ってしまったが、それ以外は集中できた。



映画鑑賞後は、コーヒー飲んで休憩。輸入盤ビデオでないからレビュー書きもないし、ちょっと楽。レビュー書くときは結構疲れるものである。


映画「ターンエーガンダム I 地球光」(国内盤Blu-ray)

1999年にテレビ放映された「∀ガンダム」全50話を再編集して、2部作にまとめたうちの前半部がこの「ターンエーガンダム I 地球光」である。物語は月から地球に帰還作戦を実行するディアナ・カウンターと、地球上で暮らす人類がまとめあげたミリシャとの不幸な戦争を、ムーンレイスであるロランの視点から戦いを描いているのだが、テレビシリーズに比べると、上映時間の制限があるせいか、かなり戦闘シーンが多く、テンションが高い印象を受ける。ディアナとキエルが入れ替わってそれぞれがお互いの体験をするという場面も大幅カットされ、ウィル・ゲイムの話もなし、テテスの話もカットと脇役エピソードが大幅に削除されている。そのせいで一部ストーリーが唐突に切り替わるというミスもあるが、テレビシリーズをずっと見てきたものとしては、意外と楽しめるという感触を受ける。映画館ではどうだったか知らないが、画面サイズは4:3のスタンダードでBlu-rayの高画質が堪能できる。一部ぼけたシーンもあるが、基本的には良好。サウンドは5.1chのDOLBY TRUE HDなので、迫力がテレビシリーズよりも倍増しているが、セリフが聞き取りづらい場面もいくつかあり、その点は残念に思う。特にコレン軍曹のセリフは聞き取りづらい。




2013年3月23日土曜日

∀ガンダム 第50話「黄金の秋」

ギンガナムの操るターンXと、ロランの操るターンAの死闘は続いていた。月光蝶の作動を防ごうと、コレン軍曹や、ディアナたちは、体を張った防御をする。ターンXとターンAは相打ちになり、ギンガナムとロランが生身での戦いを行うが、月光蝶によりギンガナムはそれに取り込まれ、ロランはぎりぎりで難を逃れる。そして戦いは終わり、ロランはディアナの面倒を見るためにソシエたちと別れる。キエルは身代わりとしてディアナの振りをして、月で指揮を執ることになる。その他の面々もそれぞれの道を歩みだした。



最終回ということで、話のボルテージは最高潮に達するが、後半の戦後の話は物語の余韻が深々と残って、いい感じに終わったと思う。ソシエがロランのことを気にかけていたのは、寂しい感じもするが、ロランはディアナの余生を看取ることを選んだのだから、仕方のないことである。ディアナの代わりにキエルが月の女王になるというのもありかなと思う。



1年にわたってこの「∀ガンダム」を観てきたが、ロボットアニメの割にはロボットの活躍しない人間ドラマとしての印象が強かったように思う。そして、かつての富野監督の作品のような殺伐とした雰囲気が払拭されていたのは新鮮であったと思う。ガンダムとは銘打っているが、ターンAがあまり活躍しないのも斬新だったと思う。ヒットはしなかったと思う作品だが、内容的には見応えがあったと思う。


桜を見に行く

毎年、桜の季節になると桜を見に行く。神奈川にいた当時は、ウォーキングのついでに見に行くことが多かったが、福岡に引っ越しして以来、舞鶴公園まで足を伸ばして見に行くことが増えた。今年は桜の開花時期が平年より10日ほど早く、満開になるのも10日ほど早かったので、本日天候がいまいちだったが、桜を見に行った。いつの頃からか知らないが、桜をみると何か体が歓喜に震えるというか、精神的に興奮が湧き出る感じがある。今年は杉花粉のピークも過ぎており、比較的楽な状態で桜を観賞することが出来た。これで何となく春が来たなという感じがする。長い冬が終わった感じ。

IMG_0058.JPG




2013年3月22日の睡眠と、23日の健康

昨晩は、気まぐれでまたAmazonにBlu-rayの注文を入れてしまった。年末あたりから、いろいろAV機器を買い替えてきたが、それも落ち着いてきたので、今度はソフトを買い求めたのである。本当は会社の給料が減るからあまり無駄遣いはいけないと思うのだが、ほしいと思うとどうにもならない。



寝たのは10時半だが、珍しく頭が冴えていて、なかなか寝付けなかった。ようやく寝付いてからも、しばしば眠りが浅くなり、何度か目が覚めてしまった。



朝は7時に目覚めたので起きることにした。花粉症の薬も切れたので、早めに耳鼻科に行くことにしたからである。洗濯をして、8時40分に家を出た。



耳鼻科は朝早くに行ったのでそんなに待たずに済んだ。9時50分ぐらいに薬までもらったので、その足で舞鶴公園まで桜を観に行った。



舞鶴公園の桜は満開で、気分良かった。桜を見ると何となく気分が高揚する。公園内ではクイズラリーをやっていて、それに参加したところ、景品としてソフトバンクホークスの外野入場券をもらった。



昼食は赤坂のダイニングバーで、ランチメニューを。丼物だったが、結構うまい。食後は近くのカフェでコーヒーを飲んでちょっとくつろぐ。



自宅近くまで戻ってきて、バイクショップに行き、新車の購入手続きをしていた。交通事故の保険の支払いがある程度見えてきたので、バイクもそろそろ買い替えてもいいはずだと考え、ショップで交渉していた。



その後は家でちょっとのんびり。午後のひと時をネットを見つつ過ごしていた。


スター・トレック ヴォイジャー 第131話「超進化惑星の煌き」

ヴォイジャーは珍しい惑星をキャッチする。それは自転がものすごく速い惑星で、ヴォイジャーでの1秒が惑星では1日に相当するものだった。その惑星の重力に引きずり込まれたヴォイジャーは脱出できなくなる。それどころかヴォイジャーの存在が、惑星に影響を与え、地震が多発するようになる。何とか脱出しようとするヴォイジャーだったが、その間にも惑星の住民はどんどん進化して、彼らが「スカイシップ」と呼ぶヴォイジャーに接触するようにまでなる。



すごいSF的な設定にわくわくさせられるエピソード。これまでのヴォイジャーと異星人の出会いは、同一時間軸にあるということが前提だったが、今回はそれを突き壊し、ヴォイジャーの1秒が惑星の1日に相当するという時間差で、文明がものすごい勢いで進化していく様子が観察できるという珍しい展開になっている。後半の宇宙船のパイロットとのファーストコンタクト以降は、ヴォイジャーを惑星の住民が攻撃するまでになっていて、結構ハラハラさせられる。いいアイデアのエピソードだと思う。


2013年3月22日金曜日

2013年3月21日の睡眠と、22日の健康

昨晩は、本は読まずにまあ早めに睡眠に入った。あまり睡眠の記憶はないのだが、比較的熟睡だったように思う。明け方は眠りから覚めるが、後はうとうと状態だったと思う。



ここのところ朝の目覚ましラジオを色々変えている。福岡に越してきてずっとCROSS FMを朝の情報に聞いていたのであるが、目覚めの音楽と、ラジオショッピングと固いDJに嫌気がさして、今週色々周波数を変えているのである。ここ2日ばかりはLOVE FMを聴いてみたが、ニュースのタイミングがいいのは、好感かなと思う。でもラジオショッピングがこちらでもやっているのは勘弁だが。



会社に着いても仕事が暇なので、今日もだらだらと過ごす。去年の忙しさが嘘のように特注品の登録依頼がない。あまりにないと、売り上げいっていないのではと心配になってくるぐらいである。最も昨年は登録だけしておいて、失注という例も多かったらしいので、これが普通なのかもしれないが。



アカシジアは出ないが、何となく足を貧乏揺すりしてしまう。ちょっと落ち着かない印象。お茶を大量に飲んでいるせいもあるが、しょっちゅうトイレに立って、用をたしていた。



定時になったのでそうそうに帰るが、会社から駅まではまだ雨が降っていた。電車に乗って自宅近くに来ると、雨も止んでいた。桜も満開らしいので、明日耳鼻科に通院してから、桜見に行こうかと思う。


「蒼きウル」再始動

現在東京でアニメの展示会が開催されているそうだが、その出展者ブースで、ガイナックスが、制作を凍結した「蒼きウル」の制作再開を告知していて話題になっている。「蒼きウル」とはガイナックスのデビュー作「王立宇宙軍」の続編に当たるストーリーらしいが、実際は「王立宇宙軍」から50年後の世界を描くということで、世界観が同じ以外はストーリーの続編ではないようである。既にガイナックスの中心メンバーは「エヴァンゲリオン」の新劇場版作るのに新会社設立して、ガイナックスから離脱しているから、出来るのかどうかも怪しいが、個人的には期待している。「王立宇宙軍」がアニメおたくたちが作った、一般人向けのアニメだったことから、好きな映画の一つで、おたくに媚びない展開に好感を持っているからである。その姿勢で続編作れば、また面白いものになるのではないかと思っている。


2013年3月21日木曜日

2013年3月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩は、夕食後ベッドでグダグダしていた。「ためしてガッテン」を見つつも、半分居眠りしていた。それで10時20分ぐらいには就寝した。



夜中1時半に一度目が覚めた。その後はあまり熟睡感がなかった。4時、5時と目が覚める。その時に寝相が悪いのか、首が痛くてしょうがなかった。



朝の起床は気分良くない。食事をして、早めの支度で家を出た。気分がよくないので景気付けで佐野元春の「ZOOEY」を聞いて出勤した。



会社に着いてメールを確認すると、なんと珍しくウイルス付きメールが来ていた。当然開くわけでもなく、削除したが、実は社内のPCに入っているウイルス対策ソフトがちゃんと動作するか、試したい気分はあった。



午前中は統計資料の今月最後の資料を作った。それで終わり。後は暇な一日だった。



午後交通事故の件で保険会社から電話があり、過失相殺の割合と、僕の負担額を伝えられた。予想よりは安く済みそう。安心したが、その後心臓が不安感を訴え始め、ユーバンを5錠ほど飲んだ。最初不安感だったものがいつの間にかアカシジアに変わっていた。



定時になったので家に帰る。会社の桜もいい咲き具合である。週末お花見しに行こうかなと考えてしまう。


2013年3月20日水曜日

2013年3月19日の睡眠と、20日の健康

昨晩は、「元春レイディオショー」の予約をして、ちゃんと電気を消してから睡眠に入った。10時20分ぐらいだと思う。途中3時にトイレで目覚めるが、また寝てしまい、7時ぐらいに目覚めた。それでも眠いと思い、まだ寝ていたら9時になっていた。さすがに起きるかと思い、起床した。



朝は天気が悪いが洗濯をして、ネットをずっと見ていた。どうも午前中は眠くて、体もこわばっていた。しょっちゅう伸びをして、眠気覚ましと体のこわばりをほぐしていた。



天気が回復すれば買い物と昼食食べに出かけるところだが、雨がまだ降っていたので、家に引きこもって、昼食は昨日買っておいたカップラーメンで済ませた。そして時間を作ったので大作「ミュンヘン」を観ることにした。164分は長いと思うが、なかなか面白かった。



映画観ている途中でお腹の調子がちょっと悪く、1回映画の再生を止めて、トイレに行ってしまった。そのほかは映画に集中できた。



映画を観終わったのは3時。疲れたので早速コーヒーを飲んで喉の渇きをいやしていた。それからレビュー書きだが、あまり感想が浮かばないので、簡単に済ませていた。洗濯物は乾かないので、室内に入れて、浴室で乾燥させることにした。


映画「ミュンヘン」(輸入盤DVD)

レビューの詳細は、MUNICH/ミュンヘン/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。上映時間が長いので、なかなか見る気にならなかった作品だが、本日天候悪く、自宅で引きこもっていたので時間が作れて、ようやく見られた次第。テーマ的にはありふれているような気もするが、スピルバーグの手腕によって結構飽きさせず見ることができる。しかし、実際の事件を元にしたノンフィクションの本の映画化とはいえ、こんなことが現実にあったのか、と驚かされること極まりない。事実は小説より奇なりとはよく言ったものである。日本にいるとどうもわかりづらい中東の関係が話を混乱させられるが、それでも面白い。




2013年3月19日火曜日

2013年3月18日の睡眠と、19日の健康

昨晩、実はいつ寝たか記憶にない。風呂に入った所までは覚えているが、その後の記憶がなくて、いつの間にか寝ていた。深夜2時に起きると、テレビは点けっ放し、部屋の電気も点けっぱなしで、いつの間にか熟睡していた模様。深夜2時に起きて、電気をすべて消し、再度眠りについた。



朝はふと起きると7時で、びっくりして飛び起きた。どうも昨晩の電気点けっぱなしのときに、ラジオのアラームをセットするのまで忘れていたらしい。当然PCは点けっぱなしになるところを設定により、自動的にスリープに入っていたのでまだよかった。それでも朝自然に起きたので、そんなに調子は悪くない。



会社にはいつもよりちょっと遅く出社。まあ仕事は暇なので、のんびり過ごす。午前中は空腹感で焦燥感を感じていたし、午後は眠くて、ちょっと席を外して居眠りをしにいった。



実際会社の色々な施策にはびっくりすると同時に先行き不明な状況に暗然とさせられるのだが、出来ることは今のところない。ただ見守るしかない。



定時になったので、本日は帰宅。明日休みなのはありがたい。明日雨降るというので、出かけなくてもいいように、本日のスーパーの買い物で大体のものは買っておいた。


映画館離れが深刻化

映画館の入場者数をカウントしている統計団体があるという。その団体の調査によれば、映画館への観客動員数が年々減少しているという。理由はいくつか挙げられると思う。入場料が1800円と高い。レンタルDVDなら300円程度で見られる。指定された時間にいくのが面倒くさい。DVDみたいに一時停止してトイレに行くことが出来ない。自宅でホームシアターが組めるので、好きなように映画が観られる。等々。僕なんかも映画好きだが、映画館には行かない派の筆頭であろう。何せ本サイトで「輸入盤DVDで観た映画のレビュー」なんてページ作っているぐらいだし。しかし、映画館に行かなくなったのは、このサイトでも述べているが、映画館での画質・音質がホームシアターよりも劣っているということに起因しているところが大きい。今は映画館もフィルムよりもデジタル映写機になってきたから、画質・音質はかなりいい状況になっているが、それでも例えばIMAXで観たい映画が上映される、というのでもなければ、Blu-rayで好きな時間に観られるホームシアターの方が利便性は高いと思う。それにどうも日本人は映画自体に興味をなくしている感じが高い。テレビ朝日系列の「日曜洋画劇場」がこの4月からバラエティなども放送する枠に再編されるというところからしても、映画離れが著しいのだと思う。それは残念なのだが、時代の流れなのかもしれない。僕は相変わらずホームシアターで映画は見続けていくつもりである。そのためにテレビも大型のものに買い替えたのだし。


2013年3月18日月曜日

2013年3月17日の睡眠と、18日の健康

昨晩は、映画観たのにも関わらず、夕食時間はいつもの土日と同じ。それで食後小説を少し読み、風呂に早めに入って、ベッドに潜り込んでラジオを聞いていた。するといつしか居眠りしていたので、ラジオを消して、ちゃんと寝た。



深夜2時ぐらいにトイレで一回目覚める。その後は明け方目が何度か覚めた。さすがに昨日の昼とかに昼寝までしているせいか、眠り過ぎで頭が痛い。という訳で朝の気分はあまり良くない。



会社に行って、先週末にちょっと気になったことを取り組んでみた。そうしたら色々問題発生し、関係各所に色々お願いをしないといけない羽目になった。それでも後でドタバタするよりは早めに問題発覚の方がいいので、まあよしとするかと思った。



月曜恒例のアカシジアは本日も出現。午後はちょっと辛かった。幸い急ぐ仕事は午前中やってしまったから、午後は仕事しなくても何とかなった。



夕方同期に呼ばれて、打ち合わせコーナーに。会社の大規模な施策についての話で、話を聞いていても、何か会社に未来がないと感じさせるどうしようもない内容だった。同期も色々心配しているようで、話し相手が欲しかったというところ。



定時過ぎて上司と少し打ち合わせしてから家に帰った。今日は刺身食べるぞと思っていたので、刺身を買って帰った。


佐野元春、6年ぶりのニューアルバム「Zooey」を聴いて

発売日が先週の水曜日、3月13日で、レビューを書くのが本日というのはちょっとタイミングを逸していると言わざるを得ないが、作品を何回か聴かないと、どうにも書く内容が見いだせなかったので、今日になってしまった。一言でいうと今回のアルバムは、東日本大震災以降の人の生きる道、男女の恋愛感情について、率直に書かれた曲が多いアルバムだと思う。前作「COYOTE」が架空のロードムービーのサウンドトラックだとするならば、今作は、ロックンロールの初期衝動が強いアルバムだと思う。佐野元春の声もすっかり高音は出なくなり、いぶし銀の声になってきたが、歌いたいことはよくわかるような気がする。特に印象に残るのは、「世界は慈悲を待っている」、「ポーラスタア」、「君と一緒でなけりゃ」辺りだろうか。「君と一緒でなけりゃ」の最初に歌われる「人間なんてみんな馬鹿さ」というフレーズはかなり衝撃的。「スーパー・ナチュラル・ウーマン」の女性器発言もすごいが、今アルバムは、詩が特に印象的に感じる。こういうアルバムを待っていたのはいいが、やはり前作から6年も待たされるのは辛い。次回作は2-3年内にだしてほしいと思う。


2013年3月17日日曜日

2013年3月16日の睡眠と、17日の健康

昨晩実家に電話して、バイクの修理代のこと話したら、「中古の新しいの買った方がいいのでは?」と言われてしまった。それは僕も考えているところで、相手の自動車の修理代が出てきてから、検討したいと思う。



風呂に早くに入って、少し小説を読んでベッドに横になりながら「アド街ック天国」を見ていたら眠くなってきた。それで10時前だったが消灯して、眠りについた。結構熟睡度が高くて、8時ぐらいまでほとんど起きなかった。もっともたぶん7時ぐらいからトイレに行きたい感じはしていたのだが。



本日も洗濯をして、部屋の掃除もしてしまう。午前中はやる気なくて、ネットを見ていても気力がなかった。



早めに昼食食べに行って、スーパーで夕食のおかずを買って、12時に家に戻った。映画観ようとシステムを立ち上げたが、どうも集中力なくて、物語に入っていけないのであきらめて、昼寝をしてしまった。うとうとと2時間ぐらい。その間お腹の調子も悪くて、トイレに行ったりしていた。



3時にコーラを飲んで目を覚ますと、少し映画を観る気力が出てきたので、上映時間の短い「コングの復讐」を観ることにした。大した映画ではないが、制作時期を考えると、特殊効果は素晴らしいと思った。ただそれだけの作品だが。


映画「コングの復讐」(輸入盤DVD)

レビューの詳細は、SON OF KONG/コングの復讐/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。レビューでも書いたが、上映時間が短いのにテンポの悪い作品。怪獣が動くのは結構制作年度考えると驚きだが、それでもあまり面白いとは言えない。クライマックスの嵐のシーンも唐突で、なんでこんな展開になるのか考えてしまう。主人公デンハムの反省のなさも疑問を覚えてしまう。ヒロインのヘレンはちょっと好みなのでよかったが、映画的には華がない。聞くところでは制作費も格安だったそうで、出来は推して知るべしというべきか。




2013年3月16日土曜日

∀ガンダム 第49話「月光蝶」

ギンガナム艦隊と、ディアナ・カウンターとの戦いは続いていた。戦いの中、ジョセフはホワイトドールをグエンから奪い返したが、その機体をロランに返す気はなく、自身で戦いに挑もうとしていた。一方ギンガナムはしびれを切らせてターンXで出撃。味方であるマヒロー部隊を自ら沈めて、ターンXの月光蝶システムを起動させてしまう。それを阻止しようとハリーとポゥの共同戦線でターンXに挑むが失敗し、ロランに機体の戻ったホワイトドールが、ターンXに戦いを挑む。



物語も佳境に入って、話が激しく転換する。そうした中でもこれまでに登場した数々のキャラクターたちが、それぞれの思惑の元、行動していくのはとても面白い。チョイ役のキャラまで見せ場を作っているのが、今エピソードの見所であろう。そしてもう一つの見所は、ターンXの攻撃力のすごさ。あまり目立った動きのなかったターンXが、今エピソードでは無双機体となって活躍するのは見応えがある。こんな化け物モビルスーツにどうロランが挑むのか、最終回が見物である。


2013年3月15日の睡眠と、16日の健康

昨晩は、テレビが面白くないなと思いながら点けていた。郵便局の人が佐野元春のニューアルバムを届けにきたのが8時過ぎだったと思う。風呂に入ってから、アルバムをじっくりと聴いた。いい感じのアルバムである。レビューはどう書こうか考え中。



寝たのは10時半ぐらいだったと思う。熟睡で、朝7時ぐらいまで寝ていた。その時間にトイレで起きて、もう一度布団に入ったが、あまり眠れず、8時に起きた。



洗濯をして、どうしようか考えたが早めに医者に行くことにした。ネットを見る気分でもなかったからである。医者と言っても定期的な精神科の方なので、単に薬が切れたからもらいにいったにすぎない。



病院は今日はやけに空いていた。あっという間に診察が来て、あっという間に薬を調合してもらい、30分ほどですべてが終わってしまった。時間が早いと思ったが、その後ちょっと歩くことにした。



歩いた後、早めに昼食をとり、早めに家に帰ってきた。それで朝見損なった「Hollywood Express」と佐野元春のニューアルバム「Zooey」のビデオの方を続けて鑑賞した。佐野元春、やはりいい。



その後少し眠くなったので1時間ほどベッドに横になった。眠れはしなかったが、少し体が楽になった。3時にコーヒーを飲み、それから洗濯物を片付ける。これが大変。労働したという感じである。


スター・トレック ヴォイジャー 第130話「愛しのフェア・ヘブン」

航行中のヴォイジャーは大量の中性子線の波をかぶることが判明した。その波を乗り切るために、万全の体制を取るジェインウェイだったが、クルーの士気を高めるため、パリスの考案したホロプログラムの町、フェア・ヘブンへのクルーのアクセスを許可する。そこに訪れたジェインウェイは、マイケル・サリバンというバーの主人と恋に落ちる。ジェインウェイはサリバンの性格を自分好みにして、恋を楽しむのだったが、しょせんはホログラムということに気づいて、彼との付き合いを断ってしまう。そしてヴォイジャーは中性子線の波の中をなんとか航行する。



今回はジェインウェイの恋がメインの話であるが、まさかホログラムのキャラに恋するとは思いもしなかった。それも自分好みに性格を変えてしまうのだから、結構やり手でもある。最も艦長職という職業柄、なかなかプライベートもない人なので、こういう話もあってもいいかもしれない。ジェインウェイの悩みを聞いてアドバイスするのが、聖職者に扮しているドクターというのが、面白い。ドクターにぴったりの役柄である。


2013年3月15日金曜日

2013年3月14日の睡眠と、15日の健康

昨晩は組合があったので帰りが遅くなり、さらにバイクを取りにいったので、家に着いたのが7時半を過ぎていた。すぐに食事をとり、食後ネットを見ていた。1時間ぐらいでネットも見終わったので風呂に入り、そこで時間が空いたので「元春レイディオショー」を聞きながらYシャツにアイロン掛けしていた。おかげで寝たのは、11時。2日続けて11時なので、睡眠が足りていない。途中で起きることはなかったが、朝は辛かった。



会社に行って、雑用を1時間ぐらいすると、今日も暇だったので、時間を潰すのが辛かった。午前中は空腹で焦燥感を感じていたし、午後は何となくアカシジアっぽい感じでそわそわしていた。



帰宅ちょっと前に上司に呼ばれると、会社の経営が思わしくないので、緊急経営対策を行うと通知された。ボーナスカット、勤務時間の15分サービス化、残業代のカット、福利厚生費のカットなど、結構痛い。2013年度の収入はかなり減りそうなので、少し無駄遣い減らさないとなと思った。まあAV機器は買い替えたばかりなので、もういらないし、後はBlu-rayソフトを少し買い控えるしかないかなと思った。


福岡市営地下鉄、地震の誤報で電車停止

本日の夕方、地下鉄に乗って自宅への帰宅を急いでいた。そうしたら途中の経路で突然緊急停止してしまった。車内アナウンスからは、「地震が発生したとの情報があったので、緊急停止した」と言っていたが、電車に乗っていて地震の揺れは感じなかった。数分後、再びアナウンスで、「地震は誤報でした」というアナウンスが。こんなこともあるんだ、とちょっと意外に思った。それで帰宅を急ぐ心が少し和らいでしまった。本当に地震だったら、大変なことになるから、まだ誤報でましだと思う。


2013年3月14日木曜日

2013年3月13日の睡眠と、14日の健康

昨晩は佐野元春のライブのインターネット中継を観ていたが、途中休憩があったので、その間に食事を済ませ、洗濯物を片付ける時間はできた。もちろんアイロンがけはできなかったが。ライブ視聴後、風呂に入り、ネットを見てから11時前に就寝した。ただ興奮していたのか、寝つきはあまりよくなかった。



途中目が覚めたような気もするが、あまりはっきりとした記憶はない。朝はやっぱり眠たい。食欲もない中、朝食を流し込んで、会社に行った。



会社で提出する統計資料を一個作った後、完全に暇になった。メールすら来ない。ただ電子書籍を眺めて時間を潰していた。



定時後は組合の集会があったので早くに帰れなかった。いつもだと大した内容がないのだが、今回は給料削減の話まで出てきたから、ちょっと衝撃である。基本的には福利厚生費とボーナスの削減だが、詳細は明日以降にならないと分からないらしい。



事故を起こしたスクーターの修理見積もりが出たので、会社帰りに取りに行く。大したことないと思っていたら、工賃が結構かかって、予想外の金額になってしまっているので、どうしようか悩んでいる。修理しないと後々まずそうだし、中古バイクに買い替えるのもどうかなといったところ。相手の修理代金が出てきてから考えようと思っている。


2013年3月13日水曜日

佐野元春「ZOOEY」発売記念@恵比寿リキッドルーム・ライブ生中継

本日3月13日は佐野元春の誕生日であると同時に15枚目のニューアルバム「ZOOEY」の発売日である。それを記念してファンクラブ限定でライブを開催するということは知っていたが、九州から平日東京に行くのは無理なので、あきらめていた。それが急きょ発表されたYouTubeでの生中継。これは大変ありがたく、待ち遠しい日になった。会社から急いで帰り、開演10分前にはPCの前に鎮座することができた。19時少し過ぎて生中継が始まり、佐野元春の新曲から始まるのかと思いきや、Coyoteバンドの中の3人(渡辺シュンスケ、高桑圭、深沼元昭)の持ち歌から始まった。これは意外な展開で、深沼元昭を除いては、聞いたことない曲なので、新鮮に感じられた。それが30分ぐらいあって、その後佐野元春登場で、「Coyote Bandのテーマ」ののち「ZOOEY」から「世界は慈悲を待っている」、「虹をつかむ人」、「ポーラスタア」、「スーパー・ナチュラル・ウーマン」、「ビートにクス」、「ラ・ヴィータ・エ・ベラ」を楽しむことができた。ちょっと短いかなとも思ったが、これで第一部終了。20分の休憩ののち、トーク・セッションで第二部を開始。佐野元春とCoyoteバンドの制作裏話などが面白おかしく聞けて、爆笑の時間だった。心配していたのが、自宅のインターネット回線が時々不調になるので、映像が止まらないか気にしていたのだったが、今夜は調子よく、九州にいながらにして、東京のライブを堪能できた。こういう企画はとてもいいことだと思うので、またやってほしいなと思う。


2013年3月12日の睡眠と、13日の健康

昨晩は早く寝ようと思ったが、iPhoneの充電に時間がかかったので、寝たのは10時20分ぐらいだった。まあまあの熟睡だが、ちょっと朝方は眠りが浅い。天気悪いと聞いていたので、昨晩洗濯をしてしまって、浴室に干していたが、ちょっと乾きが悪いので、乾燥にして家を出た。



午前中は提出する販売統計をメインにやっていた。この前の事故の後、結構時間がとられたが、提出する資料はすべて納期に間に合わせていて、それだけは自慢してもよいかもしれない。



その後はなぜか特注品の依頼も来ずに、また暇になった。怪我した足がかゆくなってきて、掻くと痛いので、軽めに掻いていた。



本日は佐野元春のライブYouTube生中継の日なので、結構そわそわしていて、時間が経つのが長いと感じた。定時が終わった時にはほっとしたものである。それで早々に家に帰り、今、中継を待っているところである。ビールの用意もしてある。


2013年3月12日火曜日

2013年3月11日の睡眠と、12日の健康

バイクがショップに修理見積もり中で手元にないから、会社帰りにスーパーへ歩いていくと、やっぱり10分ぐらい余計にかかる。それで天気予報は見られず、最初のニュースも頭欠けの状態。なんで事故ったのか今でも心苦しめる。



寝たのは10時半ぐらい。最初は熟睡。明け方眠りが浅くなるというのはいつもの通り。今日はさすがに会社に最初から行かなくてはならない。仕事がたまっているので憂鬱な気分。



会社で最初の仕事はこの1年の業務成果の確認を上司とすること。一応これが給与に反映されることになっているので、重要といえば重要だが、実はこれとは関係なく成果は決まったりするので、あまり意味はないともいえる。とりあえずアピールだけはしておいた。



それから金曜から僕を苦しめている新製品の品番登録を集中して行った。なぜかここに来て特注品の登録も依頼が増えてきて、パンク状態だったのだが、何とか午後になって解消していった。



バイクショップから破損したバイクの修理見積もり代が提示されたが、予想以上の金額にあぜんとした。下手したら中古のバイク買えるかもと思った。保険効かないのは痛い。



今日は定時近くまで忙しく、とにかく疲れた。会社帰りだけは音楽効いてリラックスして帰る。家帰ってのビールはうまかった。


トヨタ労組、お見合いパーティを実施する

SAPIOの情報によると、自動車会社のトヨタの労働組合、トヨタ労組はお見合いパーティを実施しているという。要はかつて社内恋愛、結婚というのが一般的だったのに、それが今や低迷していることから、社内恋愛を後押しするのが目的だという。ここのところ組合はどうも組合員のことを考えて仕事していないのではないかと思わせる向きもあるが、このトヨタ労組の活動を見る限り、ちょっとうらやましく思う。最も自分の会社でこういうのやっても、僕は参加しないだろうなと思う。人付き合いが元々苦手で、かつメンタルな病気を持っている身としては、どうしてもためらいが生じてしまうからである。ただ、時々人に頼りたいときもあって、そういうときはカップルがうらやましく思うときもある。うちの会社の労組もこういう企画できないのかなと思う。


2013年3月11日月曜日

2013年3月10日の睡眠と、11日の健康

昨晩、ネットを早く見終わると、どうも悪い方向、悪い方向に物事を考えがちなので、ネットを遮断し、その分スティーヴン・キングの「ザ・スタンド」を読んで気晴らしをしていた。寝たのも早くて10時前。薬のせいか、意外と早くに入眠出来た。睡眠の質は割といいが、明け方プチ覚醒が数度起きた。そしてトイレ行きたくなって寝ていられなくなったのが7時過ぎ。



起きて洗面していると早くも電話。母からで、自賠責保険の範囲を確認しておいた方がいいよ、というものだった。それで9時に保険会社に電話したが、あくまで自賠責は対人対象で対物では対象にはならない、ということを確認したに終わった。



11時に警察に出頭するように指示されているので、午前中は落ち着かなかった。それでTMNのライブビデオなんか見たりしている訳だが、11時ちょっと前はなるようにしかならないと思っていた。



警察署での事情聴取は、個室ではなく、普通の事務机のところで対面で行われた。基本的な内容の間違いはないので、サインと検印をする。減点は約1ヶ月後に発生するが、免停にならない限り、連絡はないとのこと。また、検察に書類は送付するが、2-3ヶ月待って検察から出頭要請が来なければ、猶予が与えられて、罰則もなしということだった。終わる頃には心も落ち着いていた。



警察出頭後は、会社に向かう。仕事がなぜかこういうときに限って山積みだからである。いつもは暇だ、と書いているのに、金曜と今日、そして明日辺りは、パンク寸前である。途中でアカシジアも出たが、とにかく仕事しないとたまる一方なので、我慢して仕事していた。



4時半ぐらいにいったん出来る範囲での作業が終わった。まだやらなければならない作業もあるが、それは明日でもいいと判断しした。それでコーヒーで休憩を取り、定時になったら、そうそうに帰宅した。いつも寄るスーパーはバイクがないので歩いていった。おかげで天気予報は見られなかったが、ニュースが見られたのは良かった。東日本大震災からもう2年かと思った。僕の九州生活も2年である。


TMN 「WORLD'S END I」 Rhythm Red Live

TM NETWORKがTMNに改名してから最初のアルバム「Rhythm Red」のプロモーショナルツアーのうち、小室哲哉のキーボードをフィーチャーしたライブ映像がこの「WORLD'S END I」である。VHS、レーザーディスクの時には「WORLD'S END II」とは別売りであったが、DVDの大容量を踏まえ、今映像は2つを同時収録している。収録時間が約30分と短く、また曲的にもカットイン、カットアウトが多々見られるので、フル演奏がそんなに楽しめるものでもない。小室哲哉のキーボードも激しいものがあるが、宇都宮隆のダンスも相当なもので、インパクトが大きい。しかし、1991年の時代のものを2013年に観ると、違和感を感じるものも大きい。やはり時代が違うと感覚が違ってくるという例であろう。


2013年3月10日日曜日

2013年3月9日の睡眠と、10日の健康

昨日の夕方、父から電話があったので、とりあえず現状の事故状況を話ししていた。父はあまり心配していないそうで、「そんなに重い扱いにならないだろう」と考えているとのことだった。ただ、ちょっと別の件で今不安になっている。



昨晩は暖かいので早めに風呂に入り、早めに寝てしまった。昼寝しているからどうかと思ったが、意外と眠れた。朝は少々眠りが浅くなったが、8時半まで寝ていられた。



気分は相変わらず不安があるが、少し気分転換しようと、午前中歩いてきた。足のケガはまだ少し痛い。湿布薬貼っているが、あまり効き目がない感じ。



早めに歩きに出たために、昼の食事も早かった。で気分転換をと思って、アクション映画を観ることにした。どうかと思ったが、意外と不安な気分は映画観ているときには緩和されるらしい。多少は気分転換になった。



映画観終わった後は、レビューを書いて、久しぶりにコーラを飲んでいた。暖かいから喉が冷たいものをほしがるのである。明日警察出頭なので不安はあるが、なるようにしかならないだろうと思う。


映画「デスペラード」(輸入盤DVD)

レビューの詳細は、DESPERADO/デスペラード/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。この映画を初めて観たのは輸入盤レーザーディスクだったが、その画質の良さと、作品の面白さに、その後しばらく何回かアクションシーケンスを中心に再見したものである。その後様々な事情から映画のDVD/Blu-rayが溜まる一方で、消化しきれなくなると、次第に観なくなってしまった映画だが、今回久しぶりに再見してみて、その面白さをたっぷり堪能できた次第である。ギャグシーンも多いが、バイオレンス色が堪能できる作品だと思う。この作品にはクエンティン・タランティーノ監督も俳優としてゲスト出演。意味なくあっさり殺されるので面白いと思う。とにかくアクションシーンのけれん味は見事なもので、バンデラスには拳銃の銃弾当たらないのに、バンデラスが撃つとぼこぼこに当たるというお約束が堪らない。暇つぶしには最適の作品だと思う。




PacketiX近日廃止、VPN Gate.netに移行

Radikoのエリア外受信用としてこれまで活用してきたPacketiXだが、これが近日廃止になるというアナウンスが、SoftEtherよりなされている。これは、Windows 8対応だとか、VPNの機能強化を目的としてサーバー機能とクライアント機能をバージョンアップするのが目的である。では、後継ソフトは何かというと、VPN Gate.netに移行するという。これも同じくSoftEtherからで、今のところRC2がリリースされていて、これは無料のようである。リリース情報見る限りにおいては、正式版になっても無料のような感じもするが、保障の限りではない。正式版は有償になる可能性もある。どちらにしても、これまで利用できていたPacketiX3.0は廃止になることは確定で、様子見になる必要がある。


2013年3月9日土曜日

∀ガンダム 第48話「ディアナ帰還」

ジョセフはホワイトドールをグエンから取り返そうと、独断で行動しようとし、フランやロランたちも同行することになる。ホワイトドールは月光蝶を稼働させ、地球の一部を廃墟と化す。それを目撃したコレン・ナンダーはディアナの元を訪れ、戦線復帰を懇願する。ディアナはギンガナム部隊を押さえ込むために、地球で反乱を起こしたフィル少佐の元にたどり着き、ミラン執政官やフィル少佐たちに「ギンガナム部隊の排除」を改めて指令する。



話も佳境に入り、かつて登場していたキャラたちが再び今エピソードで再登場する。それらが複雑な物語を構成するので、しっかり見ていないと話が分からなくなってしまうと思う。当初は月の使者ディアナ・カウンターと地球の軍隊ミリシャとの局地戦だったものが、今はディアナカウンター+イングレッサ・ミリシャ以外のミリシャ対ギンガナム部隊+グエンの率いるミリシャという構成に変わってしまい、話がややこしくなる要因だと思う。しかし、ターンAの月光蝶システムはかなり恐ろしいシステムのように思える。


2013年3月8日の睡眠と、9日の健康

昨晩は、昼前に医者行った後に夕食を買ってきていたので、会社帰りにコンビニで甘いものをちょっと買っただけで、直行で家に帰り、少しリラックスしようとしていた。ビールを飲むと気分が安定し、ネットも普通に見られた。



寝たのは10時ちょっとすぎだと思う。すぐに眠れて、最初は熟睡だった。朝方ちょっと眠りが浅くなり、7時過ぎに眠れなくなって起きた。朝はあまり食欲ないがトーストをかじる。



洗濯をしたが、福岡の大気はPM2.5が基準値超えるというので、浴槽内で乾燥させることにした。



午前中ネットで事故の調査をしていてストレスたまってきた。実際事故のショックというのはまだある感じで、精神的にちょっと不安定である。



10時にバイクショップに行って、バイクの修理の見積もりを依頼する。こちらは保険がないから、自腹である。相手の車も自腹で払わないといけないから、かなりの出費になりそう。頭が痛い。



大気汚染と気分によりウォーキングしたくなかったので、スーパーで昼食と夕食のおかずを買って早々に家に戻り、昼食食べた後は昼寝をして気分を安定させようとした。



起きた後コーヒーを飲んだのだが、ストレスのせいか、腹痛が起こり、トイレに2-3回行ってしまった。トイレ行きつつもなんとか洗濯物のアイロンがけを終わらせ、「スター・トレック」を鑑賞することは出来た。


スター・トレック ヴォイジャー 第129話「遥か彼方からの声」

かつてエンタープライズに乗船していたレジナルド・バークレーは、現在地球でパスファインダー計画に加わっていた。それはヴォイジャーとの交信を可能にできるかという実験だった。バークレーはそこで孤独のあまり仕事に取り付かれ、上司の命令を無視して自分の構築したシステムにてヴォイジャーと連絡をとろうとする。しかしそれを上司に咎められ、バークレーはかつてのカウンセラー、ディアナ・トロイとカウンセリングを受けることになる。



ヴォイジャーのエピソードの中では結構重要な話で、孤独にデルタ宇宙域を航行しているヴォイジャーが、ようやく宇宙艦隊と交信できるというイベントが発生する。それをやったのが独断で走る「新スター・トレック:ザ・ネクスト・ジェネレーション」の脇役キャラ、バークレーというのが意外性があり、面白い。バークレー以外にもディアナ・トロイが登場したり、名前でピカード艦長、DS9などが登場するので、全シリーズを見てきている身としてはにやりとするエピソードだと思う。


2013年3月8日金曜日

2013年3月7日の睡眠と、8日の健康

昨晩交通事故を起こしたことを書いたが、家に帰ってきてからはネットで情報収集と、父への電話でアドバイスをもらっていた。どうも今回の事故では7:3ぐらいでこちらの過失が大きくなりそうである。とりあえず打撲した足が痛くて、風呂入るのに難儀した。



情報も整理つかないので、まず10時半に就寝。しかし2時過ぎに目を覚ますと、足が痛くてしばらく眠りに入れなかった。その後の睡眠も安定しない。



朝は7時半に起きた。昨晩事故後に会社に電話入れていたので、午前中は医者に行って診断書をもらう予定だった。早めに行こうと、9時前に外科に行ったが、病院は既に年寄りが多くて、結構待たされた。気分的にiPhoneでネットを観る気にもなれなくて、テレビの国会中継を観ていた。



1時間ぐらい待った後にようやく診察。レントゲン撮影もしてもらって、約2時間かかったが、足は骨折もなく、単に打撲だけで済みそうなので(後でむち打ちなどの症状でなければ)、とりあえず一安心。事故の相手に電話を入れて、警察の出頭は行ってもらうように依頼する。



その後保険会社とやり取り。任意保険に入っていないので、損害は自腹で払わなければならないし、やり取りも自分で行わなければならない。それを考えると不安感に襲われ、精神が不安定になる。



それでも午後は会社に出社した。上司に状況報告をし、月曜に警察に出頭するために午前中は休む旨伝えた。保険を調べると、自身の傷害保険は使えそうなので、その申請だけはしていた。



後は新製品の品番登録をゆっくりやっていた。特注品の定型フォーマットとは違い、色々変更点があるので、ゆっくりやった。元々精神的にダメージあったところにこの神経を使う仕事は頭に堪えた。



定時で帰るときには妙な不安感に襲われていた。途中でユーパンを飲み、家帰ってビールと夕食で少しは落ち着いた。


佐野元春、ニューアルバム発売記念ライブをYouTubeで生中継

2013年3月13日は佐野元春のニューアルバム「ZOOEY」の発売日である。この日、ファンクラブ会員限定で、東京のリキッドルームでアルバム発売記念ライブを開催するという報道はファンクラブ向けにされていた。もちろんファンクラバーである僕は情報は知ってはいたが、平日に東京に出張っていくのも費用や仕事の関係上無理だなとあきらめていたら、本日公式サイトがこのライブをYoutubeで完全中継するという発表を行っていた。これは特に地方のファンにとってはうれしいニュースではないだろうか。僕も地方に住む身なので、今回の英断に拍手喝采である。

佐野元春「ZOOEY」特設サイト


2013年3月7日木曜日

2013年3月6日の睡眠と、7日の健康

昨晩は洗濯物を片付けていたので、寝るのがちょっと遅くなった。しかし、「元春レイディオショー」を聞いて新曲が聴けたのは、よかったと思う。



朝は眠い。途中何度か眠りから覚めた気もするが、あまり記憶にない。熟睡感が多いように思う。



会社に行き、ようやく統計元データが出てきたので、午前中はその加工をやっていた。これで少し安心する。



午前中上司から案内があり、課の4月からの体制も現状通りという発表があった。一方でリストラの話もあるのだが、今のところは追い出し部屋への異動はない様子でほっとしていた。



午後は新製品の品番登録と、それにまつわる各種資料の作成に追われた。結構忙しく、お茶すらろくに飲まなかった。



定時で帰り、ほっとした気分でいたところに交通事故を起こしてしまった。色々後を考えると、大変なことをしたなと思う。



家に帰ったのは7時35分。警察の調書も終わり、とりあえず解放されたのでまず夕食、それから医者探しをした。インターネットがあるから色々事情は調べがいがある。


交通事故を起こす

今晩、会社帰りにスーパーに行った。その帰り、僕のバイクが狭道で、大通りに出ようとしたときに、直進してくる車と接触してしまった。悪い方でいえば、多分僕の判断ミスの方が大きいと思うが、とりあえず、急ブレーキかけたのと、そんなに速度出ていなかったので、バイクのフロントパネルが壊れたのと、今のところ足のふくらはぎにこぶが出来たぐらい。相手は女子大生でおろおろしていた。一応警察の現場調査をしてもらい、明日医者に行って警察に出頭するか、示談にするか決めようと思っている。事故を起こしたというのに意外と冷静な気分でいられるのは、なんでだろうと思うが。


2013年3月6日水曜日

2013年3月5日の睡眠と、6日の健康

昨晩は、帰りが遅かったので、ネットは早めに切り上げて、10時半に寝るようにした。洗濯物をどうしようかと思ったが、今朝の起床時間を10分早めることで対応することにした。もちろん「元春レイディオショー」は録音準備してである。



睡眠は前半熟睡、明け方眠りが浅いといった感じである。朝などはアラーム鳴る前に目を覚ましていた。朝の支度しているときにラジオから佐野元春の曲が流れてきてちょっと気分が良くなる。



会社に行ったのだが、できる仕事がない。統計作業をしないと締め切りがあるのだが、その元データが出てこないのである。とりあえず明日提出しなければならない資料は、ある一部分の資料だけあれば何とかなるので、関係各所に調整して、夕方までにだしてもらうことにした。



それまでは時間が有り余っていて、3時に同期から品番の調査依頼がくるまで退屈でしょうがなかった。軽くアカシジアも出ていたような気がするし、うとうとしかけていた。



3時からは結構集中力持って仕事をしていた。5時に統計資料用のデータが出てきたので、明日朝一番で作業できるように、データの加工だけはやっておいた。



本日は定時で帰宅。気温が上がって春を感じていた。


シャープ、サムスンと資本提携

今日のニュースでびっくりしたのがこのシャープとサムスンの資本提携。シャープの経営が思わしくないのは周知の事実だったが、まさかライバルメーカーと行ってもいいぐらいのサムスンと資本提携するとは思わなかった。その裏には台湾のメーカーとの資本提携がうまくいっていないのと、秋に予定されている社債の償還による資本の強化が挙げられるようである。しかし、ただでさえ韓国メーカーに追い上げられているのに、日本独自の技術力を韓国メーカーに売り渡す羽目になってもいいのかという疑問が残る。何か日本メーカーの終焉近しと行った感触がするのである。シャープはもう保たないという気がする。


2013年3月5日火曜日

2013年3月4日の睡眠と、5日の健康

昨晩はふと気になって、iPhoneアプリでテレビとAVアンプとBDプレイヤーのリモコンアプリをインストールしてみた。iPhone4SZがなかなか使い出が見つからないので、いっそのこと自宅でリモコン代わりにしようかと思ったぐらいである。



寝たのは10時半。深夜3時までは熟睡。その後はいつもの通りちょっと眠りが浅い状況である。会社に行って朝会に出席。「追い出し部屋」の強化の話があって、事前に同期から情報仕入れていたから、あまり驚かなかった。



その後は統計資料の作成。それと特注品の登録。今日はアカシジアもでなくて、楽だった。



夕方になって席替えが行われた。事業部長が個室から我々と同じフロアに出てきたのに合わせて、引っ越しになった。そのせいで定時には帰れず。会社出たのは6時過ぎだった。



夕食はコンビニで済ませ、早々に家に買える。昨日Amazonからの荷物の配達を今日の夜に指定してしまったので、今それを待っているところである。


朝日生命、「追い出し部屋」を撤去する

今日のYahoo!ニュースによると、昨年末にパナソニックで話題になった「追い出し部屋」を報道後、初めて朝日生命が撤去すると伝えている。朝日生命の「追い出し部屋」は早期退職に応じなかった社員を集めて、自分で業務先を探させるというもので、明らかに嫌がらせであろう。こういう会社の態度は当たり前である。社員を大事にしない会社は社員に逆襲される時が来ると思う。そういう意味ではうちの会社、この手のことをさらに強化するというから何考えているのだか、と言える。自分の身が危ない可能性も含め、こういう施策は止めてほしいと思う。


2013年3月4日月曜日

2013年3月3日の睡眠と、4日の健康

昨晩は夕食も早かったし、風呂に入るのも早かった。小説はようやく第3巻が読み終わり、10時前には薬が効いて眠くなってきたので、早くも就寝してしまった。最初の数時間は熟睡だった。しかし深夜3時半にトイレで起きると、その後はあまり熟睡とは言えなかった。6時ぐらいから目が覚め始め、アラームが鳴るまでうだうだしていた。



会社に行き、仕事をしようと思ったが、社内の体制が変わり、統計資料の元データも変わりそうなので、一日待つことにした。その代わりに多少は今日は特注品の登録依頼があった。



午前中は空腹で焦燥感を感じていた。朝食欲はないのだが、それでも食パン1枚は少ないかもしれない。



それで午後になると突然アカシジアが出て困る。朝ビタミン剤を服用していたので、症状は軽いが、といって耐えきれるものでもない。席を外したり、ユーパンを頓服で6錠飲んだりして、なんとか正常状態に戻そうとした。



定時を過ぎて、調子も戻ったので家に帰る。買い物リストを今日は持っていたので、買い忘れずに品物を買えた。


2013年3月3日日曜日

スティーヴン・キング著「ザ・スタンド III」文春文庫

キングの中でもとびきり長い大作の中盤に当たるのが「ザ・スタンド III」。Iでは致死性の高い細菌兵器の蔓延と世界が崩壊していく様を、IIでは崩壊後の生き残った人々が少しずつ集結しつつある姿が描かれていたが、このIIIでは、生き残った人々が、善の象徴であるマザー・アバゲイルと、悪の象徴であるランダル・フラッグの元にそれぞれ集結していく様が描かれている。どちらかというと、善の象徴であるマザー・アバゲイルに集結する主人公たちの描写が長く、ランダル・フラッグはまだ謎の存在という位置づけにある。そして、マザー・アバゲイルの元に集結した人々は、代表を決め始め、再びあるべき人間の生活を再会しようとするところまで描かれている。その彼らが最後にはランダル・フラッグの元にスパイを送り込むという決定を下したのは、物語が大きく転換する予兆を見せている。悪のメンバーの中では、ゴミ箱男のラスベガスまでの旅の過程が詳しいのみで、まだ詳細は明らかにされない。そして、マザー・アバゲイルの元に集結した人の中でも、悪の要素を持ちかけている面々がいるというのは、今後の主人公たちの直面する問題に影を落としそうな気がする。物語も半分を過ぎて、いよいよ本筋に入って来ると思う。


2013年3月2日の睡眠と、3日の健康

昨晩は夕食後、いつもしている実家への電話がなかったので、「∀ガンダム」をさっと観てしまい、その後プラズマテレビをいろいろいじくっていた。実はこのテレビ、スマートテレビというだけあって、Webブラウザも搭載しているのである。でもこれをテレビのリモコンで使うのは結構不自由。多分スマートフォンとの連携で使うのが賢いと思うが、それはおいおい試してみようと思う。



昨晩寝た時間は記憶にない。多分10時には寝たと思うが、気が付くと深夜3時で、エアコンはつけっぱなし。トイレに行きたくて起きたのだが、その後はあまり熟睡できなかった。



朝はちょっと早いが7時半に起床。洗濯と部屋の掃除を行う。AVアンプも昨日処分できたので、部屋が少し広くなっていて、掃除しやすい。



ここ2週間ばかりあまり歩いていないので、午前中10時過ぎから1時間10分ほど歩いてきた。だいたい1万歩程度。体脂肪率とBMIが下がらないので運動も必要だと感じた次第。外は寒くて、体を動かすと血流が熱くなってくるのを感じた。



昼食はインドカレーを食べて満足する。それから家に戻って映画を観る。ちょっと物語に入り込み切れない感じはあったと思う。出来は普通の映画だと思う。足が冷たくて、ちょっと意識が逸れる。



映画観終わった後は、喉が渇いているのでコーヒーを飲んで、レビュー書き。これに1時間ぐらいかかってしまう。その後洗濯物をたたんで、お米を炊く準備をしてようやく時間が取れる。


映画「キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー」(輸入盤Blu-ray 3D)

レビューの詳細は、CAPTAIN AMERICA:THE FIRST AVENGER(Blu-ray 3D)/キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。個人的にはあまり面白いとは思えなかった映画だが、世間的にはそこそこの評判のようである。ヒーローにしては弱いというのがちょっと引っかかっている感はある。ここの所スーパーヒーロー物をずっと観てきているが、作品として標準的な映画はこの作品ではないかと思う。ちょっと物語の起伏がないような感じのするところが、評価の下がった原因かなと思ったりする。プラズマテレビに買い替えて初のBlu-rayでしかも3Dということで期待しすぎたのかもしれない。3Dはあまり効果を感じられず。ちょっと平面的に感じた。その分音響は素晴らしい。音で映画を引っ張っていっているよい例だと思う。




2013年3月2日土曜日

∀ガンダム 第47話「ギンガナム襲来」

ギンガナムと手を組んだグエンは一足先に地球に帰ってきていた。地球に残存するミリシャの兵とギンガナム隊が武力衝突し、圧倒的な兵力の差でギンガナム隊が有利に進む。一方残った船を整備したディアナたちも遅れて地球に戻り、リリ・ボルジャーノンが残っているミリシャとディアナ・カウンターの協定をもくろむ。グエンとディアナたちは中立地帯で対峙し、お互いの言い分をぶつけあう。



再び地球に戻っての話。牧歌的な展開の多かった∀ガンダムだが、ここにきて話がシリアスに展開していっているように思う。それでも話は分かりやすいとは思うが、かつては地球人対ディアナ・カウンターだったのが、ディアナ・カウンター+ミリシャ対グエンの部隊+ギム・ギンガナムというのは、予想だにつかない組み合わせだと思う。ホワイトドールがまだグエンの手元にあるので、これをどう奪取するのかが今後の鍵だと思う。


2013年3月1日の睡眠と、2日の健康

昨晩夕食後に両親と電話したために、ちょっとネットを見るのが遅くなった。それでも風呂上がりに少し本を読み、11時ぐらいには就寝した。最初寝付きが悪かったが、次第に熟睡に陥っていた。



朝は7時ぐらいにトイレで目覚めるが、またその後寝てしまい、起きると8時40分だった。まだ眠たいというかだるいが、とりあえず起きて朝食を食べ、洗濯をした。



午前中はネットを見て、いろいろなことが起こるのを待っていた。まずマンション内の火災感知器のテストに立ち会い、11時20分ぐらいにテレビが到着したので、設置を行っていた。



リサイクルショップが午前中来る予定だったが、来ないのでテレビの設定が終わった後にとりあえずスーパーに行って食材だけ買って帰る。でそのときにリサイクルショップから電話あったので、昼食は慌ててカップラーメンとおにぎり1個でさっさと済ました。



しかしリサイクルショップの人はカーナビの地図がうちのマンションに対応していないので迷子になってしまい、結局待った末にバイクで逆に先導する羽目になった。それから下取りの見積もりを出してもらい、金額に納得したので引き取ってもらった。



それらが終わるとようやくほっと一息つけた。コーヒーを飲んで、洗濯物をアイロンがけし、まず「スター・トレック」を観ることでプラズマテレビの大きさを堪能していた。


スター・トレック ヴォイジャー 第128話「果てしなき疑惑」

ヴォイジャーは重力波の歪みを感知してその空域に行ってみると、そこでは異星人の宇宙船ジャンプ装置があった。それを使えば地球への帰還も短縮できそうだと考えたジェインウェイは修理を手伝う。その中でセブンは、ボーグテクノロジーを使い、自分の脳に圧倒的な情報量を転送する。その結果彼女はヴォイジャー内での陰謀説を作り上げ、ジェインウェイとチャコティのお互いを不信感に陥らせる。そして暴走したセブンは、装置を破壊しようとデルタ・フライヤーで出て行ってしまう。



すべてのきっかけはセブンが効率的な情報の処理を考えたためのヴォイジャー内での陰謀進行説が、ジェインウェイとチャコティに影響を与えるという結構笑える話であるが、考えたらセブンの理路整然としたいつもの行動が二人にその陰謀説を信じ込ませる訳であって、セブンらしいとも言えなくはない。それにしてもまた今回もヴォイジャーは少しだけだが帰還までの日数を短縮。だんだん地球が近づいていると言える。


液晶テレビとAVアンプをリサイクルショップに売る

プラズマテレビが届いたことは書いたが、それで問題となるのが今まで使っていた液晶テレビと、AVアンプの処分である。普通に再生資源として処理すれば、廃棄料として数千円支払わなければならない。そこで思いついたのがリサイクルショップへの売り払いである。これなら少なくともこちらが支払うことはなく、買い取ってもらえる。それで「リサイクルマート」というショップに電話をして、両方を引き取ってもらうことにした。まあ3Dグラス代ぐらい出ればいいかと思ったが、実際は思っていたよりも高額だった。AVアンプがネットでの買い取り価格より若干安かったが、テレビはまだ2年しか使っていないことから、まあまあの金額で引き取ってもらえ、3Dグラス代以上を手にした。これで部屋の整理も少し落ち着いたと思う。何か気落ちした印象。


パナソニックのプラズマテレビTH-P50VT5が届く

ここの所色々AV機器の買い替えを続けているが、その最後となるのがこのプラズマテレビである。ある事情で格安で50型の3D対応プラズマテレビが手に入ることになり、購入を決断したのである。Blu-rayの3Dソフトがそれなりに増えてきているので、その対応機器の整備は結構待ち遠しかった。プラズマテレビと言えば既にパナソニックしか選択肢がないが、それは気にしない。AV機器としてのパナソニックの性能の評価が割と高いことが理由としてあげられる。今まで37型の液晶だったが、さすがに50型になると結構大きい。画質はというと、液晶のくっきりはっきり画質に比べると、何か違和感感じるなというのが第一印象。黒の締まりがない感じがする。慣れてくれば画質はこちらの方がいいはずだが。でとりあえず再生チェックで、3Dのソフト「タイタニック」を試してみた。画面が大きいから奥行き感抜群で、画面も暗くなるから落ち着いた印象がある。これで2-3年は機器を買い替えなくてもいいかなと思う。


2013年3月1日金曜日

2013年2月28日の睡眠と、3月1日の健康

昨晩は会社の課の飲み会だったが、飲み会自体が短い時間で終わったので、家に帰れたのが9時45分。すぐに風呂に入り、ネットを見ても11時には眠れた。睡眠不足は大敵だから早く眠れるのはありがたい。



朝は6時まで眠れた。トイレに行きたかったが、眠たいのでそのまま寝ていた。その後またうとうと寝てしまい、アラームが鳴ったときにはびっくりして起きていた。



水曜に会社を有休で休んだとはいえ、やっぱり週末は疲れが出る。会社に着いて仕事を始めたときには、気分が乗らなかった。それでも午前中は統計資料を作っていた。



午前中11時ぐらいから空腹で精神的にイライラしていた。朝食を食べているのにも関わらず、しばしば10時半ぐらいから空腹でイライラするときがある。食事をとるのが1時近いので、結構苦しい。



午後はやることなんにもなし。暇をつぶすのも大変だった。去年と比べて特注品の登録依頼が圧倒的に少ないのはどういう訳だと不思議がっていた。



夕方に集会がある。会社の新体制になっての社長の挨拶がメインでめぼしいものはない。実は今朝同期から会社のリストラに関しての資料をこっそり見せてもらったので、ひどいなと思っていたところで、その話出るかなと思ったのだが、まだ時期ではないのか、出なかった。



定時で家に帰る。スーパーで夕食を買い、食事をとる。食後、すぐに実家から電話。明日用事があるから今日電話したのだという。リストラのうわさ話を親に話していた。


iTunes Store,2ちゃんねるブラウザを排除の方向

今日の2ちゃんねるでの話題が、iPhone用アプリ、「GraffitiPot」という2ちゃんねるビューアがAppleの審査からはねられて、iTunes Storeに登録不可になったというニュースだった。これはなんでかというと、「暴力行為やポルノ等へのアクセスが容易すぎる」という理由らしい。「GraffitiPot」が今回審査からはねられた訳だが、その他の2ちゃんねるブラウザも次第にStoreから抹消されるとのこと。これ、BB2Cを日常使用している僕的には非常に困る。もちろん当面は使える。いったんダウンロードして、インストールしているのだから。しかし、2ちゃんねるの仕様が変わった場合など、アプリのアップグレードが必要になったときに、アップデートが出来ない。したがって、いずれは使えなくなるということになってしまう。Safariなどで見るのも変わらないのに、アプリだけ審査ではねられるのは、ちょっとおかしいが、文句を言ってもAppleは規定が厳しいからどうしようもない。ちょっとiPhoneの使い方を変える必要でてくるかも。