2013年9月30日月曜日

2013年9月29日の睡眠と、30日の健康

昨晩夕食後、ちょっとビデオを見ていた。昼寝したので、夜早いうちは起きていようと思ったためである。音楽物なので、気楽に見られた。



寝たのは10時。最初は熟睡だったようだが、深夜3時ぐらいから眠れなくなる。1時間に1回目を覚ます。その間も浅い眠りで、眠れないいらだちを覚えていた。眠りが浅いから、朝は楽に起きれるが、気分は良くない。



会社に行って、とりあえず占有率の集計を行う。それから、出向者のPCをセッティングしていた。



午後になるといつものようにアカシジアが出てくるが、出向者のPCの設定で何かをしていたのと、ユーパンの効果か、あまりひどくならずに短時間で解消された。



定時で上がり、ゆっくり帰る。朝雨降っていて、折り畳み傘を持って更衣室に行ったので、帰りも更衣室に寄らねばならない。それで早くは帰れないと判断して、ゆっくり帰った。


佐川急便、Amazonから撤退

東洋経済の記事によると、佐川急便が大口顧客であるはずのAmazon.co.jpから手を引くという。事情は、どうもAmazonの送料無料の配達料を佐川が負担してきていたが、限界に達したためということらしい。確かに送料無料というのは顧客にとっては魅力的だが、宅配業者がそれを肩代わりしていたのでは、体力が持たないと思う。で今後Amazonがどこと提携するかというと、これまで通りヤマト運輸だという。ヤマト1社で対応しきれるのかという疑問もあるが、サービスではヤマトは感じいいので、これはいい傾向かなと思う。しかし、Amazon1極化はちょっと不安もよぎる。そういう僕もしょっちゅうAmazon使っているが。


2013年9月29日日曜日

小室哲哉「Digitalian is eating breakfast」(DVD)

小室哲哉の初ソロアルバム「Digitalian is eating breakfast」のプロモーショナル・ツアーの中から、横浜アリーナと神戸ワールド・メモリアル・ホールの模様を収録したライブDVD。実はこのDVDは再発版である。初回版と異なっているのは、ボーナス・トラックとして「20TH CENTURY BOY」が追加収録されている点。TM NETWORKおよび小室哲哉の人気が一定程度あるのか、80年代のCD,DVDは入手が意外に容易である。画質も悪くないし、音質はアップしているかと思うところがある。アルバム「天と地と」から2曲、「Digitalian is eating breakfast」から4曲、TMのカバーで1曲、ボーナスが1曲という構成で、程よい長さである。小室の洋楽指向がよく現れたメンバー構成で、サポートメンバーの大半が外人というところにもリズム感の洋楽指向が現れている。


2013年9月28日の睡眠と、29日の健康

昨晩も10時過ぎには寝てしまった。途中でトイレに起きたが、比較的熟睡だったと思う。ただ、睡眠が足りているかというと、足りていない。朝8時20分過ぎに起きたが、まだまだ眠い。



朝一番で洗濯と掃除をして、ネットに向かう。佐野元春の「No Damage」というベストアルバムのデラックス版が出るというので、タワーレコードで注文。結構レアアイテムになりそうだが、Amazonで注文受け付けていないので、タワーにしてみた。



それから届かない輸入盤Blu-rayの「グランド・イリュージョン」の再発送依頼をアメリカのAmazonにする。トラブルに巻き込まれたことは今までなかったので、手続きに戸惑ったが、なんとか出来た。



11時前に家を出て、ちょっと本屋に行くが、特に買う物はなく。早めの昼食を取って、スーパーで夕食を買い、家に帰ってきた。映画見るかと思ったが、どうも集中力がないので、あきらめて昼寝する。1時間ぐらい寝ていた。



起きてコーヒーを飲み、何かビデオ見ないと減らないなと思って、PerfumeのライブBlu-rayを見ることにした。初期の曲なので、ちょっと戸惑うが、面白いことは面白い。


Perfume「Fan Service bitter」(Blu-ray)

2006年12月21日に原宿アストロホールで開催された"~Perfumeがいっぱいサンタ呼んじゃいました♪~"の模様を収録したビデオのBlu-ray版がこの「Fan Service bitter」。まだ「チョコレイト・ディスコ」リリース前のPerfumeということで、一般には知られていない状況でのライブではあるが、Perfumeの若さ故の迫力みたいな物は感じる。収録曲は、メジャーデビュー後に加えて、メジャーデビュー前の曲も何曲か入っている。この辺は聞いたことないので、ちょっと新鮮。彼女たちの靴を見ていると、この時期から既にハイヒールの靴なので、ダンスがすごいなと思わせるところはある。アンコールで「Twinkle Snow Powdery Sbow」が入っているのは誤算的嬉しさがある。


2013年9月28日土曜日

機動戦士ガンダム 第6話「ガルマ出撃す」

地球に降り立ったホワイトベースだったが、シャアの策略により、ジオンの制空圏に入り込む。そこはザビ家の四男、ガルマが待ち受けていた。ガルマはシャアのアドバイスの元、ホワイトベースに攻撃をしかける。リードとアムロ達の間に挟まれた格好のブライトは、ガンタンクで攻撃を指示するが、ジオンの攻撃にガンダムの出撃を指示せざるを得なくなる。アムロはブライトの指示に苛立つが、ガンダムで出撃をして敵を撃退する。しかし、精神的疲労がアムロを襲っていた。



舞台を地球に移しての展開は、ザビ家の四男・ガルマが出てきたことで新たな展開を見せる。アムロがブライトの指示のまずさにイライラしているのが展開からよくわかって、同情する。というブライトもリードとアムロに挟まれて、辛い立場にいるなと言える。まだ他のキャラクターはそんなに立ってはいないが、ハヤトがガンタンクでアムロにアドバイスしているのが、印象的。ハヤトは兵士としてはそんなにすごいキャラではないが、今エピソードでは、結構的確なアドバイスしているなと思う。


2013年9月27日の睡眠と、28日の健康

昨晩は会社を早退したので、夜の時間のゆとりはあった。テレビを見ていたが、先週連絡のあった「うまさでっかいぞう冷蔵庫」の代替え商品の荷物がいつ届くか分からないので、8時50分まで待って、歯磨きを始めたら、荷物が届いた。ビール1ケース。商品券のほうは今日の午後届いた。



寝たのは10時20分ぐらい。最初は熟睡で、後半眠りが浅い感じだったが、8時過ぎまで寝ていられたので、体調は悪くない。朝食を食べ、洗濯物をする。



今日は月一度の通院の日で早めに出かけた。主治医といくつかの会話を交わし、薬をもらってくる。だいたいそれが終わったのが10時20分ぐらいで、それから天神に出かけた。



天神というよりは長浜と言ったほうがいいが、そこにあるクアハウス「ゆの華」で少しリラックスする。温泉にゆっくりつかり、体をほぐす。結構ガチガチに凝っている感じ。昼食にビールとそばを食べて、マッサージチェアでマッサージを行なってのんびりしていた。



帰りに沖縄物産店の「わしたショップ」によったら、タイミングよく「石垣島ラー油」が売っていたので、購入して家に帰る。それからスーパーに行って、おかずを買って家に戻った。


スター・トレック ヴォイジャー 第155話「対決する時空」

ヴォイジャーは正体不明の重力場に出くわす。そこから放射されているパルスを受けたヴォイジャーは、船体が複数の時空に分かれてしまう。パルスの直撃を受けたチャコティは、ドクターの治療薬のおかげで、複数の時空を行ったり来たり出来るようになっていたので、まだα宇宙域に来る前のジェインウェイを拉致し、説得して二人で解決策を模索する。しかし、複数の時空の中にはセスカとケイゾンという危険なメンバーもいた...。



スター・トレックではおなじみのパラレルワールドのエピソード。主役がチャコティというのが珍しいぐらいかと思うが、またまた出てくるかというセスカとか、過去の様々な事件が話の骨格をなしているので、まあ悪くはない。大人になったナオミとイチェブも協力するのが微笑ましい。時間をけっこう色々いじっているような気もするが、出来としては悪くない。


石垣島ラー油を沖縄物産店「わした」福岡店で入手

石垣島ラー油というのが有名なのは、何年か前に石垣島に旅行に行った時に知った。その頃食べるラー油がブームで、その先駆けみたいな扱いだった。石垣島ラー油は入手困難なアイテムで、石垣島に行っても入手出来なかった。後日オークションで定価の2倍という値段で買ってみたこともある。それ以来忘れていたのであるが、今日温泉に入りにいった帰りにふと沖縄観光物産店「わした」福岡店に行ってみたところ、入り口に掲示されていた「本日石垣島ラー油、25個のみ入荷」という張り紙を見て、驚いた。でショップ内を探すと、まだ2個残っている。これは買わねば、と思い他の調味料や食材とともに無事購入出来た。しかし後で思うと、ラー油ブームはもう去ってしまったのだなと思ってしまった。僕が店に入ったのは12時45分ぐらいで、開店からかなり時間が経っている。それでも売れ残るということは、人気が落ち着いたのかなと思わざるを得ない。まあ久しぶりに手に入れたので、少し食を楽しもうと思う。


天然温泉 天神ゆの華に入ってみた

福岡市に住んで2年半、市内にクアハウスがあるとは思ってもみなかった。たまたまGoogleで検索したらヒットしたのがこの「天然温泉 天神ゆの華」。入湯料が700円と東京辺りのクアハウスより安いので、行ってみた。



場所は天神から長浜の辺り。実際に行ってみると、あまり規模が大きい訳ではない。入場口の券売機でチケットを買って受付に渡すスタイル。タオルは有料で売っているが、買うと300円ぐらいかかるので、結局入湯料が1000円というのと変わりない。



浴場は1階と2階に別れていて、奇数日と偶数日によって男女の入る浴場を変えている。本日は偶数日なので1階。更衣室はそれなりの広さ。浴室はくの字になっていて、十分な人数が体を洗えるようになっている。それに沿うようにして室内の浴槽がある。泉質はカルシウム・ナトリウム-塩化物温泉で、透明な湯。少しぬるめなので、十分に浸かっていられる。



露天風呂もあり、こちらもぬるい。天気はいいので気分も良い。客層は年配の方が多い感じ。



1階には食事どころもあり、そばが売りのようである。そばが500円程度なのは安いと思う。味はまあこんな物かなというところ。セットでいなり寿司とエビ天ぷら2本を選ぶことも出来る。いなり寿司はちょっと味が濃いがうまい。湯上がりで喉が渇いたのでビールを潤すとおいしい。



今回は体験しなかったが、こういうクアハウスおなじみのマッサージもある。少し安い感じはするが、それでも10分1000円程度はする。



体が強張っていたので、今回の入浴は体をほぐすのにいい感じだった。また機会があれば行ってみたい。

IMG_0185.JPG


2013年9月27日金曜日

2013年9月26日の睡眠と、27日の健康

昨晩は洗濯物のアイロン掛けをしていたので、少しネットを見るのが遅くなった。それでも寝たのはそんなに遅くない。定番サイトを覗いた後、あまり他のサイトを覗かなかったので、寝たのは意外と早い。一昨日の睡眠の質が良くなかったので昨晩はいいかと思ったが、昨晩も前半熟睡、後半浅い眠りと不満の残る睡眠になっていた。



会社に行くと、昨日の出向者のPCのトラブルの続きが待っていた。どうも出向者のためにこちらでPCのセッティングまでしないといけないようである。その仕事が回ってくるので、渋い顔になる。人のPCをいじるのはあまり好きではないからである。自分のPCじゃないので、好き勝手にやってはいけないという意識が働くから、いやなのである。と言っても上司命令なのでやらざるを得ない。



今日の調子はあまり良くなく、集中力を欠いていた。でメールもちょっと嫌なメールが2通ほど入る。とりあえず放置していたが、上司がどう動くかで決めようと判断していた。



先週やけに早くに会社行って、早朝出勤になってしまったので、本日フレックス退社。5時前に退社したので、気分がいい。早くに家に帰って、夕食を食べながら天気予報などを見ていた。


au iPhone5sの電波状況(福岡市営地下鉄)

auのiPhone5sを購入して約1週間になる。通勤時にネットを見るため、福岡市営地下鉄内で使うことが多い。その電波状況をちょっと書いてみたい。これはiPhone5の時にも大差ないが、地下鉄内では8割型はLTEで接続出来ている。しかしながら、一部地域では1x(○)が出現する箇所がない訳でもない。iPhone5sで調べると、天神-赤坂駅の下り(姪浜方面)でこれが出現する。赤坂駅に着くと、auのWi-Fiを掴むので、それで電波が切り替わって、再びLTEになるが、下りだけなのがちょっと謎。おおむね不満はないが、どうせなら全駅でLTEで掴んでほしいとは思う。ちなみに職場ではiPhone5の時は3Gで、パケ詰まりが度々あったが、5sではLTEで掴んでいるためにきわめてスムーズな通信状況である。5sにして、不満はかなり小さくなったと言えると思う。


2013年9月26日木曜日

2013年9月25日の睡眠と、26日の健康

昨晩も10時20分ぐらいには就寝した。当初は飲み会の予定だったので、飲み会が無くなったことで、寝るのが普通の時間になってある意味楽だった。睡眠は最初熟睡だったが、後半結構眠りが浅かった。睡眠不足を感じていた。



本日は洗濯物を洗濯してそれから会社に出社。昨日上司に言われた出向者への新しいPCの送り届けの手続きを行った。それが実はドタバタで、発送手配をし、宅配業者に引き渡した後、上司に報告したら、上司が情報セキュリティがどうのこうのと言い出して、取り戻す羽目になったのである。それが夕方5時ぐらいで、業者に何度も電話かけたりして大変だった。で定時には品物が戻ってこないと分かり、仕方ない、残業するかと思ったら、課のメンバーが代わりに受け取ってくれるという助けを得て、定時で帰れることが出来た。しかし課のメンバーには悪いことしたなという感触があり、帰りに何となく精神的に不安になり、アカシジアが発症してしまった。


パナソニック、スマホ市場から撤退

本日ロイターや、朝日新聞が伝えたところによると、パナソニックは個人向けスマートフォン市場から撤退することが判明したとのこと。今後は法人向けスマートフォンと、個人向けの携帯電話に特化するという。docomoがiPhoneを取り扱うというニュースが飛び込んで以来、このニュースはなるべくしてなったかなと思える。iPhoneの魅力と人気に対して、それを上回るAndroidのスマートフォンを作るのは容易ではないと思う。特に今販売しているパナソニックのスマートフォンは、Androidのアップデートにも対応していないので、セキュリティホールの対応も出来ないという弱点を有している。そう考えると、傷の浅いうちに撤退というのは理にかなっているようにも思える。ただし、携帯電話だけで今後やっていけるのかという疑問もある。何にせよ、日本の携帯電話市場は大きな転換点を迎えていると思う。


2013年9月25日水曜日

2013年9月24日の睡眠と、25日の健康

昨晩の睡眠は熟睡の一点につきる。朝5時過ぎにトイレで起きたのだが、その後も熟睡。とてもよく眠れた。もっとも寝ても寝てもまだ足りない感じはするのだが。



会社ではだらだらしているが、集中力はあるほう。文章がよく頭の中に入っていける。アカシジアもなし。比較的良好だった。



夕方統計ツールの勉強会があり、出席する。特に役に立つ内容ではなかったが、人の資料を見せてもらうと勉強になる。本当はその後懇親会の予定だったが、出席者の都合がつかずに中止に。それで普通通りに家に帰った。



夕食はエイの唐揚げを食べたが、あまりおいしくなかった。自分で味付けに醤油を垂らしたりしたぐらい。2度と食べないと思う。


iPhone5s/cのシェア争いはSoftBankがトップ、au,docomoの順に

携帯電話の機種別販売ランキングを取っているBCNという会社がある。その会社のこの週末のiPhone5s/cの販売台数ランキングによると、なんとSoftBankが45%強のシェアを確保しトップ、ついでau、docomoの順であることが明らかになった。これはとても意外である。と言うのもSoftBankの今回のiPhoneの売りがあまりなく、せいぜい他社と同じの指紋認証、カメラ強化ぐらいしかないからで、auの800MHzLTEによるエリア拡大、docomoの安定したエリア確保による安心性、と言った売り文句が全く見当たらないのと、ヨドバシカメラの在庫状況を見ていてもそんなに売れている感じがしなかったからである。このBCNという会社のランキングは、実は量販店の一部やApple Store、キャリアの直販店のデータが入っていないという不正確さが目立つのだが、それでもデータとしてSoftBankが売れているという情報を耳にすると、やっぱり長年取り扱ってきた成果かなと思う。


2013年9月24日火曜日

2013年9月23日の睡眠と、24日の健康

昨晩、夕食後早々に風呂に入った。テレビが面白くないからだが、実は風呂に入る前、ひかりTVで「沖縄ローカルニュース」という番組を見て、久々に沖縄の雰囲気に浸っていたのである。こういう番組があるから、ひかりTVの解約戸惑うのである。



寝たのは10時前だったと思う。最初は熟睡で、後半夢を見た。5時半にトイレで起きてまた寝ると夢を見て、寝付きはあまりよろしくない。起きたときに深い眠りから覚めたような感じだった。



会社は特にやることないので、暇をつぶしていた。いつもだと週明けはアカシジアが出る物だが、今日は夕方まで持った。夕方後1時間というところで、軽く出たので、薬を服用して定時で退社した。



課の連絡会の中で、会社の従業員が自宅でファイル共有ソフトを使って違法ファイルをインストールしたとかで、逮捕されたという話を聞く。気をつけないといけないなと思う。


iPhone5s/5cの初日3日間の販売実績は全世界で900万台

今朝の産經新聞を見ていて驚いた。iPhone5s/5cの全世界での初日3日間の販売台数が900万台と、iPhone5の500万台を大きく越していることが明らかにされたからである。個人的には、色の偏りがあって、今ひとつ盛り上がりに欠けているなという感触は持っていたが、それでも日本も含め、世界各国で大きな販売をしていることになる。個人的に元々狙っていたスペースグレイが、在庫過多だったので、すんなり購入出来たことも個人的に「売れていないのでは?」と思った理由である。これからシルバーやゴールドも入荷してくるだろうから、さらに売れることが予測される。しばらくはiPhoneの話題で持ちこたえられそうな気がする。


2013年9月23日月曜日

2013年9月22日の睡眠と、23日の健康

昨晩、夕食後、ベッドに横になっていたら、うとうと寝ていた。起きたくはないが、風呂に入らねば、と思い、9時半に風呂に入った。出てからTVで話題の「半沢直樹」のクライマックスだけ見た。香川照之のオーバーリアクションがインパクトあったなと思う。



寝たのは10時40分ぐらいで、明け方までは熟睡だった。朝方眠りが浅くなり、7時前に目が覚めてしまったが、そのままベッドに横になっていたら、またうとうと寝ていたようである。8時過ぎに起床した。



朝食、洗濯をした後、Blu-rayの注文を出す。それからネットを見ていた。iPhone板を見ていたが、そろそろ更新スピードが下がった感じ。手に入れた人も相当数いることだろう。



で僕のiPhone5sは、液晶画面の保護シールが気泡が入っていて、見苦しいので、近所の家電量販店にシートを買いにいく。それからショッピングモールで昼食と夕食の買い物をする。



午後は映画を観る。最初気分が乗っていなかったが、作品の内容が面白いので、途中から集中力が高くなった。上映時間も1時間35分なので、短くてよかった。



映画観終わった後はレビューを書いていたが、喉が渇くので途中でコーヒーを飲む。スーパーで沖縄フェアをやっていたので、サーターアンダギーをお茶受けに食べる。


映画「怪盗グルーの月泥棒」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、DESPICABLE ME(Blu-ray)/怪盗グルーの月泥棒/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。大ヒットを記録し、続編の「怪盗グルーのミニオン危機一髪」まで作られるぐらいの成功を収めた第1作。レビューでも書いたが、ベースは疑似親子愛が形成されるまでの過程を描いたユーモラスな作品だと思う。子供から大人まで存分に楽しめる作品だと思う。グルーを演じているのが、スティーヴ・カレルなので、お笑いも存分にある。おすすめの一作。




2013年9月22日日曜日

海外で使用のWi-Fiルーターレンタル業者からクレジットカード番号流出

昨日メールを見ていて、頭を抱えた出来事がある。昨年台湾に行ったときにレンタル業者からWi-Fiルーターをレンタルして、その時の支払いと保証としてクレジットカードを使用した。その会社のサーバーに不正アクセスがあったということで、なんとクレジットカードの番号と有効期限が流出した可能性がある、という内容だった。メールと、経緯をWebで確認したが、どうも今ひとつはっきりしないので今日その会社に電話をかけた。で分かったことは「流出したのはあくまでもクレジットカードの番号と有効年月日なので、個人情報は漏れていない」、「個人情報は漏れていないので、不正利用の危険性はそう高くない」、「それでも安全性を高めるのなら、カードの切り替えを行ってほしい」という内容だった。今のところ僕もカードの使用履歴を見ていて、不正利用はないと思っているが、しばらく様子見かなと思う。公共料金等カード支払いが多いので、カードを切り替えると手続きがとんでもなく大変になるというのもある。


2013年9月21日の睡眠と、22日の健康

昨日の夕方、「スター・トレック ヴォイジャー」が2時間スペシャルだったので、ネットを見始めたのはちょっと遅かった。でも6時には夕食を食べられた。その後実家から電話があり、ビデオを1つ観て、風呂に入った。



9時過ぎに薬を飲んだら、9時半には眠くなったので、そのまま寝てしまった。明け方トイレに行きたい感じがして少し眠りから覚めたが、結局トイレに行くことなく、そのまま寝ていた。気がつくと8時を回っていて、まだ眠たいがとりあえず起きた。



今日は何しようと思ったが、午前中は散髪の予定が入っていて、午後映画を観たい気分ではなかったので、ちょっとバイクで走ってみようと思った。



散髪に行ったら、店の人が昔の佐野元春のファンだったらしく、話が盛り上がってしまった。佐野元春ファンの人を見かけることは少ないので、珍しいと思った。髪の毛は短くなってさっぱりした。



散髪が終わったのは12時で、そこから橋本の木の葉モールにバイクを走らせた。行ったことはなかったが、思っていたよりもそんなに大きくなかった。昼食どうしようと思って、サブウェイのサンドウィッチを食べた。サブウェイなんか入ったの10年ぶりぐらいじゃないかと思う。サブウェイのチェーン店あまり見かけないし。



そのショッピングモールで、夕食等の買い物もし、家に戻って後はだらだらネットを見ていた。さすがにdocomoのiPhone5sは品切れを始めている模様。やっぱりdocomoブランドは強い。でもauのiPhoneも快適でiPhone5を下取りに出しても買い替えてよかったと今のところは思っている。実際は連休明けの通勤から実験開始だが。


木の葉モール橋本は意外と小さかった

福岡市の西区に木の葉モール橋本というショッピングモールがある。地下鉄七隈線の終点橋本駅に直結しているショッピングモールである。実はポストに入っているフリーペーパーでここの存在を知った。しかし、電車で行こうとすると、一旦天神まで出て乗り換えという不便さから、これまで行ったことがなかった。今日、天気がいいのでふとバイクで行ってみようと思った。バイクなら20分ぐらいあれば行けそうだ。で昼に行ってきてみたのだが、個人的感想としては、意外とこじんまりしているという印象。確かにいろいろなショップはあるが、思ったほど巨大でもなく、ざっと見て回るには数十分もあればいい感じ。フードコートにマクドナルドがない変わりにサンドウィッチのサブウェイがあるのがちょっと目新しいかなとは思う。まあ多分今後行くこともないだろうとは思う。近所のイオンと足を伸ばしてマリノアシティに行けば済む話なので。


2013年9月21日土曜日

機動戦士ガンダム 第5話「大気圏突入」

ホワイトベースはサラミスの指揮下の中、大気圏を突入しようとしていた。しかし、そのわずかな時間の中でシャアはザクでホワイトベースに攻撃を仕掛ける。アムロのガンダムが迎撃に出るが、ザクを仕留めようとする余り、ガンダムは自力で大気圏突破をしなければならなくなる。



物語が大半戦闘シーンという面白いエピソード。ガンダムハンマーが初登場。単なるハンマーだが、ザクを一撃で撃破するなど、意外と強力な武器なので笑ってしまう。ガンダムと言えばリアルロボットアニメとして名が挙がっているが、今回の大気圏突破の方法はスーパーロボットの特権を利用した感じで、ちょっとチートかなと思わなくもない。ここからガンダムはさらに困難な時期を迎えることになる。


2013年9月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩、アカシジアが出ていたことは書いた。が家に帰って、朝夕に出ているアキネトンと、ユーパンを飲んでiPhoneの設定をしていたところ、じきに治まっていった。そわそわ感から、肩凝りに近い物になり、それが緩和されていく感覚だった。



ネットを見始めたのは9時。10時過ぎにとりあえず見終わったので風呂に入った。出てからも少しネットをやり、11時20分には就寝できた。かなり体が疲れていて、すぐに熟睡に入れた。



しかし、朝は起きるのが早い。5時ぐらいに目が覚め、後はあまり眠れなくなった。結局起きたのは平日と変わらない6時45分。天気はいいので洗濯をして、ネットを見ていた。



9時にPerfumeのメジャーデビュー8周年記念のイベントの発表があると聞いていたので、確認したら、ただの団扇配りと、抽選会でグッズプレゼントだったので、参加しないことにした。その代わりに10時ぐらいからウォーキングに出かけた。もちろんiPhone5sのLTEエリア確認を含めてである。近所を歩いてみたが、これまで3Gに落ちて、インターネットラジオが途切れる場所でも、ちゃんと受信できるようになった。



昼食はラーメンを食べた。でスーパーに行って夕食を買って家に帰る。午後はちょっと昼寝。30分ぐらい寝ていたと思う。起きてからコーヒーを飲み目覚ましをして、アイロンがけをする。



「スター・トレック ヴォイジャー」は今日は2時間エピソードだったので、ちょっと長い。そこそこ面白かったが、予定が狂った。


スター・トレック ヴォイジャー 第154話「裏切られたホログラム革命」

ヒロージェンがかつてヴォイジャーから技術供与を受けたホログラムの反撃にあい、負傷する事件が起きた。責任の一端を感じたジェインウェイはホログラムの船を捜索するが、ホログラムの船はドクターを誘拐する。ドクターはそこでホログラムのリーダー的存在であるアイデンの説得にあい、ホログラムの解放をジェインウェイに説得する。しかし受け入れられなかっために、仲間を裏切ってホログラムに手を貸す。ヴォイジャーやヒロージェンから逃亡するホログラムは、惑星を見つけて新たな生活を送ろうとするが、アイデンが誇大妄想に取り付かれ、ヒロージェンを逆にハントし始める。



「ヴォイジャー」では度々取り上げられるホログラムの人権についての2時間の大作だが、目新しい物は特にない。ホログラムという光で出来たプログラムが様々な機能を追加して、人間に近づくとその人権はどうなるのかが今回のテーマだが、話としてはホログラムが暴走を起こしているようにも思える。特に指導者であるアイデンの行動は、当初はヒロージェンに狩りをされる被害者だったはずが、いつの間にかヒロージェンを追いかけるハンターとしての立ち位置になり、あまり同情できない役回りをしている。ドクターがどう行動取るかが今回の見せ場だと思うが、ドクターの機能制限だけでは結局のところ、収まる問題でもないのだろう。


ヨドバシカメラのiPhone下取りキャンペーンは、auの施策とは別

昨晩iPhone5sに機種変したが、機種変した動機の一つが、iPhone5を下取りでポイントがもらえるキャンペーンをauがしていたというのもある。僕は32GBのiPhone5を使っていたが、これだと26000円、ポイントがついて5sの残積に充当できるということなので、機種変の決意が固まったというところである。しかし、ヨドバシカメラのサイトを見てみると、その実施時期が、auでは11/30までとなっているのに、ヨドバシカメラでは9/30までと異なっていて、疑問に思っていた。その際は実際に昨日下取りをしてみて気づいた。auの下取りキャンペーンはauのポイントで充当なのに対し、ヨドバシカメラの方は現金支払いだったのである。現金一括の方がいいので、ヨドバシの施策で乗ったが、期間が短いので、購入検討中の人は早めの方がいいかも。ちなみにヨドバシカメラはケースや付属品もすべてそろえないと基本は下取りしないとのことである。昨日は本体だけでも下取り満額で引き取ってもらえたけれど。


「うまさでっかいぞう冷蔵庫」リコール対応不可能、代替景品に

1ヶ月前にサッポロビールのプレゼントキャンペーン、「うまさでっかいぞう冷蔵庫」という缶ビール専用冷蔵庫が、ACアダプターの不具合により、リコールになったことを書いた。それから約1ヶ月、昨日事務局から電話があった。その内容はリコールしてACアダプターの再設計を検討したが、改良は不可能なため、冷蔵庫の再配達は出来なくなった、という物だった。その代わりにビール券と、ビール1ケースをプレゼントとして送るとのこと。このキャンペーンの当選人数は2000人なので、2000人の方はその代替景品になることになる。逆にこの冷蔵庫、オークションなどで落としたら高値つくのではないかと思ったり。まあ安全性は保証できないが。しかし、プレゼントでここまで丁寧に対応するサッポロビールに好感を持った。こういうところで企業の良心が出てくる。


2013年9月20日金曜日

2013年9月19日の睡眠と、20日の健康

昨晩は、iOS7のインストールをしていて、なかなか出来のいいOSに感心していた。これだとiPhone5sも期待持てそう。



寝たのは10時過ぎだったと思うが、夜中3時に目覚めてしまった。その後はあまり眠れない。意識が結構長くハッキリしていて、眠った感がないのである。それでも朝は意外と楽に起きれた。



今日はiPhone5sと5cの発売日だが、とりあえず様子見かなと思ったので有休とらずに会社に行った。通勤途中にあるSoftBankのショップを見たら、8時頃に10人程度が並んでいたようである。



会社ではふとやる気が少し出て、イントラネットのコンテンツを改善してみた。前から目標には挙げていたのであるが、やる気力出なくて、放置していたのである。今日は一気にやったので、まあまあの出来になったと自負している。



合間にインターネット等でiPhone5sと5cの販売状況を見ていたが、5sのシルバーとゴールドはどこも入荷していないようである。しかしグレーは結構在庫残っている感じなので、会社を早退し、博多のヨドバシカメラに向かった。



で結局iPhone5を26000円現金下取りしてくれるということで、機種変をしてしまった。グレーは自分の希望色なので文句もない。なんだかんだで2時間ぐらいかかって、機種変した。



待ち時間に夕食を外食で済ませ、時間をつぶしていた。疲れたのか、アカシジアが軽く出ていて、商品受け取り後のサインするときとか、ちょっと震えていた。誰にも気づかないレベルだが。



8時過ぎに家に帰り、食後の薬とユーパンを服用し、落ち着かない中、iPhoneの設定をしていた。9時過ぎには終わり、後は充電するだけである。


iPhone5s設定中、800MHz帯LTEはちゃんと動作している

ようやく自宅に戻って、iPhone5sの設定を行っている最中である。iOS7の操作感は、昨日、今日で試してみてなかなかよかったと思うが、実際iPhone5sに期待するのは800MHz帯のLTEがどうかということである。でまだ設定中なのだが、インプレッションを書くと、これまでiPhone5でアンテナ感度2本だった室内が、4本立っていて、電波が回り込むな、というのが実感できる。iPhone5ではLTE詐欺にあったような物なので、今回の800MHz帯LTEの対応は、歓迎したいところである。


iPhone5sに機種変

ここ一週間ぐらい、2ちゃんねるを中心に、iPhone5sの情報をずっとチェックしていた。ただ、発売初日の入荷数が極めて少ないという話があり、無理して会社を有休取っても手に入らないだろうという判断から、通常出勤をし、お祭り騒ぎには参加しない予定だった。しかし、休憩中にネットを見ると、自分の希望していたグレー色のみはヨドバシカメラ博多店で在庫があることが判明し、急遽予定を変更して、会社を早退し、手続きをしに行ってしまった。iPhone5の残積も残っているが、これは乗り換えた方が快適だろうという判断で、現在手続き中である。あとは現物の受け取りと、iPhone5の下取りを残すのみ。楽しみである。


2013年9月19日木曜日

2013年9月18日の睡眠と、19日の健康

昨晩もそんなに寝るのは遅くなかった。ただ、自分では熟睡したつもりが「ぐっすり〜ニャ」で確認すると、熟睡できていない様子。確かに朝起きたときに体がだるい。気分はよろしくない。



会社に行って、上司とメールでトラブルの解決策を図る。上司は研修中なので、リアルタイムでやり取りできないからである。ストレス溜まるが、とりあえず解決策が見えてきて、部長に話に行くと、部長の考えが拍子抜けする内容だったので、がっくりくる。すごいフラストレーションがたまった。



本来ならば新製品の品番登録の話がきてもいいはずだが、商品企画の人から話がないので、暇でしょうがない。気分的にも何もしたくないし、とにかく時間が過ぎるのを待つ。



明日はiPhone5s,5cの発売日で、仕事も暇だから休もうかとも思ったが、暇なときにiPhone5で調べてみると、入荷数がとてつもなく少なそうな情報なので、一旦様子見にすることにした。それに2ちゃんねるの情報では、iOS7にしたKDDIのiPhoneが動作が快適だという話も聞いたので、まず無料の方から試してみたいという気持ちもあった。



定時過ぎて早々家に帰る。食事をして、洗濯物をアイロンがけし、さっそくiPhoneのアップデートする。フレッツ光にしたのでアップデートは快適。1.24GBもの大きなファイルも3分ぐらいでダウンロードして、あっという間にアップデートできた。


KDDIのiPhone、秋葉原のヨドバシカメラでは入荷予定なし?!

先ほどツイッターで秋葉原のヨドバシカメラのiPhone入荷情報の張り紙を写真でアップしているのを目撃したが、docomoとソフトバンクは入荷予定ありになっているのに、KDDIだけなんと予約受付の張り紙があるのみで、現時点で入荷の見込みは立っていない様子。今から並ぶ人は覚悟した方がいいかも。


2013年9月18日水曜日

2013年9月17日の睡眠と、18日の健康

昨晩は、ネットを見て風呂に入った後、10時過ぎたらとてつもなく眠くなった。本を読まずにそのまま寝た。最初は熟睡だったが、明け方何度が眠りから覚める。鼻詰まりもしていてちょっと苦しい。



今朝は会社の朝会の準備があるので、いつもより25分早く起床。そんなに眠くはないが、調子がいい訳でもない。朝食を食べて会社に行く。



会社でメールを見ていると、気が滅入ってきた。社内イントラネットの情報開示について上司に相談したのであるが、冷たい回答で、突き放されてしまったので、自分で考えないといけなくなったからである。個人的ポリシーならあるのだが、それは会社の情報はすべて公開というセキュリティを無視した考えなので、上司の承認は得られない。結局どこに落とし込むかが課題になった。



午前中は特注品の登録と、ジャンル変更に伴うトラブル解消に費やされた。精神的に疲労する。



その一方でiPhone5sへの買い替えの調査もしなければならず、色々忙しい。多分20日には手に入らないと思っているが、今のiPhone5を下取りに出して5sに買い替えるにはいくらかかるか、シミュレートはしたい。



会社は定時で上がった。気分がもやもやしているので、夕食はビールの他に日本酒も少し飲んで憂さを晴らしていた。


iPhone5c、予約が極わずか

この10日から予約が開始されたiPhone5c、その予約割合がきわめて少ないという話がネット上で流れている。やはりユーザーは5sへの期待が大きいらしく、そのあおりを食らって5cは動きが少ないのだそう。大体において廉価版と言いながら決して安くない金額に、外装もポリカーボネイトの何かちゃちなケースでは、食指が動かないのも納得する。でも20日に販売するのは、7割程度が5cなのだと言う。5sは指紋認証の技術の歩留まりが悪く、きわめて少量しか入荷しないとか。5sを要望している僕には多分会社もあるから入手できないかなと思っている。週末に予約、10月か11月に入手という感じになるのかなというのが予想である。とりあえず今の5でiOS7をいじってみるかという気持ちになってきた。


2013年9月17日火曜日

2013年9月16日の睡眠と、17日の健康

さすがに昨晩になると、ネットでのiPhoneクーポン情報も出尽くしてきた。僕のところには5250円の機種変代のクーポンしか来ていないが、世の中すごい人がいて、157にクレームつけてポイントをゲットしている人も多いと聞く。僕もやってみたが、軽くあしらわれた。全然安くiPhone5sは購入できそうにない。



夜早めに本を読んでいて、読み終わったので、とりあえずレビューを書いた。まあまあ面白かった。で早めに就寝。明け方何度か目覚めるとなかなか寝付けなかったし、鼻が詰まっていたが、それでも寝た方らしい。



会社に少し早くに行ったが、金曜の有休できたメールはほとんど作業には関係ない。朝一番で統計作業を行って、後は暇だった。



午後はやっぱり週始めということでストレス溜まるのか、アカシジアが出る。何かしていないと辛いので、キータイピングの練習ソフトを使ってキーを叩き、気を紛らわせていた。ユーパンとの相乗効果か、比較的早くに楽になった。



定時を迎えて早めに帰る。フレッツ光の支払いの手続きが漏れていたらしい。家帰って書類を確認し、夕食後、書類を記入していた。


TCL・チャイニーズ・シアター、資本が中国に移り、改装が終了

かつてはマンズ・チャイニーズ・シアターとして知られていた映画館が、中国資本のTCLに経営権が映り、TCL・チャイニーズ・シアターとして生まれ変わったというニュースを聞いた。このチャイニーズ・シアターはハリウッド大通りにあり、スターの手形や足形などが残されているハリウッド一の観光スポットである。その映画経営権が中国資本に変わったというのはちょっと驚き。元々戦前の中国の雰囲気をかもした劇場ではあったが、まさか経営権まで中国になるとは、意外としか言いようもない。もっと驚くのがその中のシアターの一つはフィルム版IMAXシアターであるという点。世界最大の大きさを誇るという。こういう話を聞くと、日本のIMAX DIGITALのスケールの小ささにがっかりしてしまう。もっとも日本の映画ファンのIMAXに対する冷遇を考えれば、やむを得ないが。何かの機会があれば、観に行ってみたいなと思う。


2013年9月16日月曜日

米澤穂信著「氷菓」角川文庫

ジャンルとしては青春ミステリーの部類に入るのではないかと思う、米澤穂信の初期の作品がこの「氷菓」。何事にも積極的に関わろうとしない高校生、折木奉太郎が姉の有無を言わさぬ命令により、廃部寸前の古典部に入部することから物語は始まる。この古典部には名家のお嬢さんである千反田える、漫研の古い付き合いである伊原、友人である里志が入部する。そして日常で起こる謎に対して奉太郎が何故か省エネスタイルを放棄して解決策を出していくという展開である。その謎は最終的には古典部の文化祭への出品物である文集「氷菓」と、千反田の叔父である関谷に過去話をされ、怯えた記憶しかない千反田のその謎に集約していく。この作者は「ボトルネック」でもそうだが、主人公が虚無的な感じのするところが持ち味である。その虚無的な主人公がいかに周囲の期待に応えていくか、そこがポイントであると思う。ミステリーではあるが、学園ドラマでもあるので、青春物ととらえるのがよく、元々は若者向けのジャンルで発刊されている。物語としては読みやすいし、キャラも立っていると思う。主人公の心境の変化が大きなポイントである。


2013年9月15日の睡眠と、16日の健康

昨晩は夕食はまあ少し早め。その後easyCAPを少しいじってみた。画質は少々悪いが、Blu-rayレコーダーの録画物をMacに移動できるのは魅力。もう少し色々いじってみようと思う。



本を少し読んで、10時半に就寝。朝まで起きることなく、8時に意識が戻った。そこで起床。洗濯をし、朝食を食べる。



9時半に11月の飛行機の東京への片道切符を予約する。佐野元春の「SOMEDAY完全再現ライブ」を見に行くためで、宿泊は実家を予定している。明日また東京から福岡のチケットを9時半に予約しないといけない。仕事中だが、予約優先。



少し早いと思ったが、天気いいので今日もウォーキングに出かけた。台風の影響か風が強いので、歩いていても心地よい。約1時間歩いてショッピングモールに到着。まずコーヒーで喉を潤し、しばらくウインドウショッピングをしてから、昼食を食べた。気持ちよいのでビールを昼食に追加。値段は張るが楽しい昼食になった。



ショッピングモールから一番近い駅までもウォーキング。しかし靴擦れで足が痛くなった。歩き方に癖があると思う。途中のスーパーで夕食を買って家に帰った。



午後は2ちゃんねるを中心に見ていた。そろそろiPhone情報も出そろった感じ。後は手に入るか入らないか。それは20日休めるか休めないかにかかっている。


銀座のApple Storeに既に10数人のiPhone購入の行列ができる

さる9月10日にiPhone5sと5cの発売のアナウンスがあった後、早くも銀座のApple StoreにiPhone5sの購入のための行列ができているという。まだ13人程度で、今日は台風の影響で土砂降りの中でも頑張って並んでいるという。一番乗りの方は栃木県の44歳の会社員だそうで、仕事どうしているのかなと思ってしまう。10日も仕事休んで並ぶというのが世間一般では考えられない。普通の人だとせいぜい有休とって20日の早朝から並ぶぐらいしか出来ないのではないかと思う。僕はどうしようか検討中。仕事的にはそんなに忙しくはないが、予約があると思って13日に有休使ってしまったので、20日は何となく取りづらい。元々週4日しか稼働日ないので、20日休むと3日になってしまい、バランス悪いというのもある。もう少し考えたい。


ビデオキャプチャーコード easyCAP FS-VC200を試す

Blu-rayレコーダーにラジオの番組を録音している。これがHDDに収録されている訳であるが、PCにコピーしたくなった。となると必要なのは、ビデオキャプチャーコードである。ネットで調べてみると、easyCAPというキャプチャーコードがMacでも使えるらしい。しかし調べを進めていくと、日本で流通しているeasyCAPというキャプチャーコードはすべて偽物で、本家は今ezCAPと名乗っているらしい。もっとも本家も偽物も両方とも中国なので、大した違いはないと言えそうなので、あえて偽物のFS-VC200という機械を買ってみた。Amazonで920円という安さなので、使えなくても損はない。Macで使うには、フリーソフトのEasyCapViewerをインストールする必要がある。で実際に使ってみた感想だが、画質はあまりよくない。カラーノイズが乗ってしまう。また解像度もVHSレベルまで落ちるようだ。レーザーディスクの「佐野元春/ナポレオンフィッシュツアー'89」をダビングしたのだが、元々モノクロでノイズが乗っているところに、前述のノイズが乗るので、少々きつい。音質は厚みが無くなる印象。ステレオ感も少し薄いと思う。まあVHSのデジタル化には何とか使えるかなという感じはする。


2013年9月15日日曜日

2013年9月14日の睡眠と、15日の健康

昨晩は、Blu-rayラックを組み立てていたので、ネットを見るのは少しだけ普段の土曜日から比べると、遅かった。途中で夕食を挟み、実家に電話してからまたネットの続きを見ていた。風呂には少し早くに入り、本を読んだり、iPhoneでネットを見たりして、リラックスしてから眠りについた。10時20分ぐらいだったと思う。



睡眠は比較的熟睡。明け方眠れなくなったが、そのまま寝ていたら、結局起きたのは8時半。少し寝すぎかなと思ってしまった。



朝食はあまり食べたくない。ここのところシリアルを食べているのだが、味に飽きた。明日からまた食パンにしようと思う。



食後部屋の掃除をして、ネットを見ていた。ここのところiPhoneの情報ばかり追っている。どうもiPhone5cは人気なさそうなので、比較的入手が容易なのではないかと思う。



11時に家を出て、今日も家電量販店に。と言っても今日はAVケーブル買いに行っただけだが。その後定期券を購入し、久しぶりになじみの中華料理店で昼食。スーパーに行って夕食のおかずを買う。



午後は映画鑑賞。ここのところ自宅映画は観ていないので、久しぶりという感じがある。いい映画だったので、感銘を受けた。


映画「レスラー」(輸入盤DVD)

レビューの詳細は、THE WRESTLER/レスラー/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。監督が「レクイレム・フォー・ドリーム」のダーレン・アロノフスキーということで、どんな映像になるのかと思ったが、結構意図的に映像を作っている感覚がある。それが主人公の孤独感をよく表しているような印象を受けた。レスリングするしか能のない主人公を突き放した感じで描いていることで、この映画の魅力を表しているようである。アカデミー賞を始め各映画賞のノミネートも納得できる作品である。




2013年9月14日土曜日

機動戦士ガンダム 第4話「ルナツー脱出作戦」

連邦の前哨基地であるルナツーにたどり着いたホワイトベースだったが、司令であるワッケインの頑な態度によって、ブライトやアムロたちホワイトベースの操艦に関わった人物とガンダム、ガンタンクを操縦した人物は隔離されてしまい、ガンダム、ホワイトベースは封印される。そこにシャアが予想もしないノーマルスーツでの潜入を試み、破壊工作を行う。そのために緊急出撃しようとした戦艦マゼランは出発口で破壊され、他の戦艦が出撃できなくなる。ザクでホワイトベースとガンダムの破壊を狙うシャアに対して、隔離から解かれたアムロがガンダムで出撃をする。



主人公たちがたまたま所属することになった連邦のひどさが最初に伝わるエピソードとなったのが、この第4話。ルナツー指令のワッケインの杓子定規な態度によって、ブライトたちが隔離されてしまうというひどい話がメインである。味方であるはずのワッケインが全然味方にならないところが、ガンダムの描き方の特徴と言えるかもしれない。そのワッケインもホワイトベース艦長のパオロの意見には耳を傾け、最後はブライトたちの助けとなるので、物語的にはいいのかもしれないが。パオロが死んでしまうのは妙に余韻を残す。一方シャアの戦略はいつも連邦の先を読むところがあって、なかなか面白い。


2013年9月13日の睡眠と、14日の健康

昨晩は、早めの夕食と、デザートの後はやることなくて暇だった。iPhone5cの予約に心そぞられるものもあったが、本命は5Sなので、ちょっと我慢。寝たのも早くて、10時ちょっとすぎだった。



睡眠はまあまあだったが、明け方あまり眠れなくなっていた。眠れないのでいっそのこと起きようかとも思ったが、じっと横になっていると次第に睡眠に落ちていった。起きたのは8時過ぎだった。



今日は洗濯も掃除もないので、ネットでiPhone5Sの情報を取得。考えたら今iPhone5の残積残っているので、機種変すると出費が痛いことも判明。どうしようか考えてしまうが、今のパケ詰まりはちょっとイライラするので買い替えたい。



それでWOWOWの映画情報番組を見た後、近所の家電量販店に行った。店員と色々話して料金プランのチラシをもらってくる。とりあえず来週の週末にどうなっているか、それからだなと考えていた。



昼食はマックでビックマックを。無料クーポン券ももらう。期間限定だが、只でビックマック食べられるので、後で引き換えてこよう。



午後はネットを見ていて、途中から「スター・トレック ヴォイジャー」を観始めたら、宅配便が2つも来た。一つはBlu-ray用ラックで、もう一つはキャプチャーコード。「ヴォイジャー」観終わった後は、ラックを組み立て始めた。部屋に既にBlu-rayやらCDやらが積んどく状態になっているので、それを解消した。


Blu-ray用ラックを追加購入する

僕がBlu-rayコレクターであるのは、本サイトの映画レビューを見れば明らかであろう。そのBlu-rayだが、購入本数が多すぎて、2本あるラックでも収まらなくなってきた。ラック1本で250本のBlu-rayが収納できる。それが2本ということは、500本近いBlu-rayがあるということであろう。実際は限定版のサイズの大きいBlu-rayやCDもあるので一概には言えないが、それでもかなりの数になる。それで前々からお財布と相談して追加ラックの購入を考えてきたのであるが、この連休に思い切って購入した。それが今日届き、先ほど組み立てしたところである。既にCDやBlu-rayのかなりの本数が収納されている。これでしばらくは大丈夫だが、これ以上増えるとラックの置き場もないなとちょっと不安。


スター・トレック ヴォイジャー 第153話「偽りのナイチンゲール」

ヴォイジャーは大規模修復を行っていた。その中で物資を探しに出かけたキムとセブン、ニーリックスは医療用物資を運んでいるというクレイラー人を、攻撃を仕掛けているアナーリ人の手から他国の戦争には干渉しないという規約を破り、助けてしまう。成り行きでクレイラー人の信頼を得たキムはジェインウェイを説得し、彼らを母星に連れて行くことになるが、実はクレイラー人の運んでいたものは医療品ではなかった。



久々にキムが主役のエピソード。いつまでも少尉のままのキムが、クレイラー人を助けるためとはいえ、一時的に艦長の役目を負い、その指揮判断に苦悩する姿が描かれる。クレイラー人の運んでいたものは医療物資ではなく、武装兵器であったが、それを知ったキムの判断に物語の肝が描かれていると思う。もう一つのエピソードが元ボークチャイルドのイチェブがトレスに恋をするという話。こちらも脇役キャラであるはずのイチェブのキャラに深みを与える話として興味を引かれるものがある。


2013年9月13日金曜日

機動戦士ガンダム 第3話「敵の補給艦を叩け!」

ホワイトベースは連邦の基地のあるルナツーに接近していた。しかし、シャアの追撃がないのを疑問に思い、艦に登場する主要人物の多数決で、シャアが物資の補給を受けているのを叩くという結論に達する。アムロとリュウはガンダムとコアファイターで、補給艦を攻撃するのだったが、素人ばかりのホワイトベースと、ガンダムを阻止するシャアのザクの奮闘により、ムサイは何とか補給を受けてしまう。



登場人物のキャラの対立と関係が結構面白い第3話。素人であるはずのアムロがリュウに戦い方を指示したり、ブライトに対するアムロの複雑な感情、アムロのシャアに対するライバル心、セイラとブライトの関係など見所はたくさんある。映画版ではカットされたが、旧型ザクが登場するのも今エピソードの特徴である。まああっという間にガンダムに倒されるが。


DOLBY SYSTEMの開発者、レイ・ドルビー氏死去

DOLBYと言えば、世代によってその印象は変わるだろうが、僕にしてみると、最初はカセットテープのノイズリダクションシステムである「BOLBY B」が印象深い。もっともなじみがあるのはDOLBY SURROUNDから始まる一連の映画館の音響システムで、DOLBY DIGITALやDOLBY TrueHDなどと体感してきている。そのシステムを作っていたのがドルビー・ラボラトリーズで、その創業者であるレイ・ドルビー氏が亡くなったということ。つい先日BOSEの創業者も亡くなったばかりで、個人的にいい製品を残している人たちが故人になっているなという感覚がある。とりあえずご冥福をお祈りしたい。


2013年9月12日の睡眠と、13日の健康

昨晩は疲れたのでインターネットの調整は程々にし、少し読書をしてから眠りについた。本日有休で会社を休んでいるために朝はゆっくりでいいはずだったが、明け方目覚めるとあまり熟睡できず、7時20分ぐらいに起床してしまった。



午前中洗濯して、少しネットを見ていたが、落ち着かないので10時頃から久々のウォーキングに出かけた。夏が暑かったので1ヶ月半ぶりぐらいのウォーキングになり、運動不足で体がなまっているのを実感した。



一旦家に帰り、書類を持って家電量販店に。インターネットのキャッシュバックについての質問をしに行ったのだが、その過程で不要なオプションが一杯つけられているのを知り、愕然とする。情弱と言われても仕方のない状況だった。もちろん家に帰って、不要なオプションはすべて外した。



昼食はサイゼリアでランチメニューを。ビールを飲みたいと思ったが、バイクで行っているので飲めない。家に帰ってからも忙しかった。



iPhoneの情報を色々待っていたのだが、なかなか出てこない。厳しいなと思いつつ、待っている。


スター・トレック ヴォイジャー 第152話「セブンになったドクター」

デルタフライヤーで彗星を調査中のキムとセブン、ドクターは異星人に捕虜にされる。容疑はホログラムのドクターが敵と誤認されたためである。危機を脱するためにドクターはセブンの意識下に入り込んで、セブンの体を借りて難を逃れる。そして捕虜の扱いとしては破格の待遇を受けることになるが、船長に求愛されたり、医師に共感したりと様々な体験をする。その中でもドクターとセブンは脱出の策を練る。



セブンとドクターが主役を張ると、なんか笑える話が多いような気がするが、今エピソードもその一つ。なんとセブンの体を借りてドクターが意識をコントロールするというハチャメチャな設定が笑いを呼ぶ一篇。セブンにとってみればいい迷惑だろうが、実際はまた少し人間というものを学んでいるので、セブンとドクターの成長話とも言える。しかし、異星人の光子体に対する敵意と、その見直しはちょっと不思議な感じがする。バックグラウンドがあまり説明ないので、唐突感がある。


Yahoo!BBの余計なオプションの解約手続きをする

少し前にYahoo!BB with フレッツ光のオプションをどうするか書いたと思う。がしかし罠はそれだけでなかった。今日契約した量販店に行って聞いてきたところによると、契約書に以下のオプションが契約になっていた。

・BBフォン

・チャリティホワイト

・BBフォンオプションパック

・BBセキュリティ

・BBライフ

・BBライフホームドクター

・オフィスKINGSOFT

・BBホーム

・BBマルシェ

・BBお掃除&レスキュー

・Yahoo!プレミアム

・光BBユニットレンタル

・ULTRA WiFiセット割

・WiFi地デジパック

書いているだけで気が遠くなる。これらがすべて契約済ということは金額も相当持っていかれるということである。光BBユニットレンタルとULTRA WiFiセット割、WiFi地デジパックはちょっと解約するのに違約金発生しそうだが、それ以外は不要なので、Webと電話で解除手続きをした。電話ではなんと10分もかかってしまうぐらいの量である。後でちゃんと解除されたか確認せねば。無駄金は出したくない。


2013年9月12日木曜日

2013年9月11日の睡眠と、12日の健康

昨晩もネットの調整をしていたために寝た時間は10時40分ぐらいだった。疲れていたのですぐに眠れたが、寝付きはあまりよくない。途中嫌な夢を見てびっくりし、その衝撃で目が覚めるという気分の悪い中途覚醒を起こしたぐらいである。「ぐっすり〜ニャ」でもノンレム睡眠の時間は短い。



会社に行って、朝に特注品の登録と、不要品番の削除を行っていた。不要品番は340機種分あり、約1週間かけて削除していった。



それが終わると、ちょっとネットの勉強。自宅インターネットのIPv6について色々調べていた。がネットワークの知識に乏しいので、どうも理解できない。契約しているオプション機器の不要、必要にも関わってくるので、その辺の調べはもっと必要に思えた。



午後になるとどうも集中力を欠く。アカシジアではないが、それに近い感じ。イライラして一つの文章に集中していられない。長い時間を何とか過ごし、かろうじて定時まで持ちこたえた。



明日は有休を入れているので、今晩からゆとりがある。気分的に楽。


Apple,iPhone5S/C発表で株価下げ

Appleの株価がiPhone5S/Cの発表で、失望感が広がり、2日間で約8%下がっているという。どうもCの方の価格が新興国にとっては高すぎる、というのと、Sの新機能が指紋認証だけで目新しさに乏しい、というのがその市況の失望を買ったようである。確かにそれは言える。個人的にはLTEのバンド拡充は結構大きなメリットと思っているが、それは日本でのことであり、アメリカの会社であるAppleではそれほどアメリカ国内では重視されていないのかもしれない。何より問題なのは、スティーヴ・ジョブズ亡き後の製品の革新性が薄れていて、無難なところに落ち着いているところが失望感を買っているのかもしれない。今後Appleはかつてジョブズを追い出した後の迷走を繰り返すのか、それともIT企業のトップを維持するのか、個人的にも関心ある。


2013年9月11日水曜日

2013年9月10日の睡眠と、11日の健康

昨晩インターネットの回線の調整をしていたら寝るのが遅くなりそうになったので、途中で打ち切って10時半に強引にベッドに横になった。しかし、脳が興奮していてなかなか眠れない。30分ぐらいベッドで寝返りを打っていた。



途中もたびたび眠りから覚めて寝付きが悪かったのだが、「ぐっすり〜ニャ」では結構熟睡している様子。ただ朝の寝起きは悪い。



朝食を食べながら会社に行く日にしては、珍しくインターネットをチェック。新型iPhoneの情報を得るためだが、KDDIが800MHzLTE対応ということで、ちょっとほっとする。



会社に行き、特注品の登録依頼があったので、まずそれをやり、それからしばらくの間、その特注品のキャンセル品の品番削除手続きをしていた。結構単調で疲れる。



その後はまたインターネット回線の勉強をする。もはや仕事とは言えないが、どうせこれまでもしていないのだから、大した違いはない。



午後になると、開発中の新製品の実地テストやっていたので、参加する。こういうのは面白い。



定時になり、速攻で帰ろうかなと思ったら、海外に赴任する営業の挨拶あったので帰り損ねる。まあ出遅れたときの普段の電車で帰れたのでよしとする。


iPhone5Cは13日より予約受付、5Sは20日当日予約なしで発売

今朝ほどiPhone5Sの発売の話を書いたが、販売に関して詳細が分かってきた。iPhone5Cと呼ばれる廉価版は、13日に予約受付開始で、20日発売、iPhone5Sは20日から当日発売のみ。これが何を意味するのかよく分からないが、5Sには指紋認証機能があって、その歩留まりが悪いから予約受け付けられるほど生産できないという話もある。どちらにしても20日は会社だから多分入手は無理。しばく様子見だと思うが、今使っているiPhone5がパケ詰まりするので出来れば買い替えたい。20日夜と21日に家電量販店とか回ってみたいと思う。


iPhone5S発表、KDDIの800MHzLTEに対応

今日未明、新型iPhone5Sの発表があった。基本的機能はiPhone5と同じだが、CPUが64bit対応になり、パワーアップしているとのこと。そして指紋認証も機能として付いているという。しかしKDDIユーザーとして気になっていたのが800MHzLTEに対応するかしないか。現行のiPhone5は800MHz帯が3Gでパケ詰まりがよく起こっていたので、800MHzLTEの対応いかんで顧客サービスが低下が伺えたが、800MHzLTEは世界でKDDIだけしか使っていないバンドなので、その対応の有無が取りざたされていた。今回ITMediaの記事で正式に対応されることが分かったので、後はKDDIの既存ユーザーの優遇策いかんで、5Sに乗り換える案も出てくる。docomoからも正式に発表されたし、ユーザーの選択肢が広がるのはいいことである。


2013年9月10日火曜日

2013年9月9日の睡眠と、10日の健康

昨晩は、ネットを早くに観終わったので、風呂に早くに入り、出た後本を読んでいた。本が結構面白い。読み終わったらレビューするが、この作家の作品は前にも読んでいるので、なじみがある。



10時20分ぐらいに就寝。さすがに昨晩はほとんど熟睡。朝まで1度眠りが浅くなった他はずっとぐっすり寝ていた。朝は深い眠りから一気に浮上してくる感じ。まだ寝足りないというのが本音である。



会社に行って、今日はやることないなと思い、ネット関係の調査をしていた。調べれば調べるほど、奥が深く、色々勉強にはなった。ただ、まだ勉強し足りない感覚はある。時間が必要な感覚である。



今日は調子も良く、気分も悪くなかった。定時を回って早々に家に帰る。今日はいつも行くスーパーが臨時休業なので、コンビニで食材を買って、夕食にした。


Yahoo!BB with 光フレッツの余分なオプションをどうするか

この土曜日にYahoo!BB with 光フレッツの開通がしたところであるが、家電量販店での契約のため、余分なオプションが色々付いている。今それをどうするか検討中であるが、僕の契約の場合、以下のオプションが付いている。

・ひかり電話エース

・リモートサポート

・フレッツスポット

・ひかりTV

・光BBユニットレンタル

・WiFi地デジパック

・ウルトラWiFiセット

これらを出来るだけ効率的に運用したいのだが、調べてみると、色々罠がありそうだ。例えばひかり電話エースを解約すると、NTTのモデムがルーター機能を失うので、別途ルーターが必要だし、光BBユニットレンタルを止めるとIPv6での接続が出来なくなるし、でなかなか判断に迷う。まだ1ヶ月ぐらいは猶予があるので、じっくり調査して考えたいと思う。


2013年9月9日月曜日

2013年9月8日の睡眠と、9日の健康

昨晩は、食後ベッドに横になっていたのだが、別に眠くもならず、意識はしっかりしていた。早めに風呂に入り、ちょっとビデオを見て、本を読んでから就寝した。寝たのは10時半。



明け方あまり眠れずに意識が結構戻っていた。「ぐっすり〜ニャ」では全然ノンレム睡眠になっていない。つまり脳の休息はあまり取れていない。それでも昨日佐野元春のライブドキュメンタリーを見てご機嫌な気分だったので、気分は悪くなかった。



会社に行って、金曜日に懸案だった新製品の登録を朝一番で行った。これで気分が楽になる。その後は気が向くと作業し、疲れてくればだらだらするという具合で過ごした。



午後はアカシジアが出たが、4時過ぎになってからだった。それもかなり軽く、途中で帰宅したので帰宅途中で緩和されていた。


映画「パシフィック・リム」が熱烈なファンを獲得

僕も観賞して、レビューを書いている「パシフィック・リム」。公開から1ヶ月を経て、興行収入14億を稼いでいるという。そして観賞した人からは絶賛の声がtwitterなどで拡散しているという。確かにこの映画、面白い。こういう映画は日本のアニメや特撮の家芸だと思っていたが、それをハリウッドが越してしまったところが面白い。ただ、日本にしろ、本国アメリカにしろ、配給会社のワーナーと製作会社のリージェンダリーがその続編の配給を巡って紛糾し、結局ワーナーは積極的な宣伝をしなかったということだから、その売り上げは限定されたものになっている。これで腰を入れた宣伝をしたならば、もっとヒットしていたのではないかと思う。そろそろ劇場公開も終了で、次はBlu-ray/DVDの発売が待ち構えているが、売れるだろうか。


2013年9月8日日曜日

2013年9月7日の睡眠と、8日の健康

昨晩の夕食、500mlのビールを飲んだ。いつもは350ml缶だが、この夏暑かったので500ml缶も1パック買っておいたのである。で飲んだ後異様に酔った。頭痛がしてきたのである。これは珍しいことで、結構しんどかった。



ひかりTVもフレッツ光の加入時の強制オプションでつけられてしまったので、とりあえず配線をして専門チャンネルを視聴。ガンヘッドのプロモビデオが見れたのでとりあえずよかった。



眠かったので9時半には就寝。朝5時ぐらいまでは熟睡。その後はあまり眠れず。7時半になってトイレが我慢できずに起床した。



何故か知らないが体が筋肉痛。体調としては気分が良くない。洗濯と掃除をして、ネットを少し観ていた。



10時前に家を出て博多に向かう。楽しみにしていた佐野元春の「Film No Damage」を観に行くためである。時間は早めにして、本屋でちょっと本探しをしようと思った。



本屋ではブログのアクセスアップの方法論の本を買ってみた。いつもはこの手の本は買わない。ネット上の情報から試行錯誤していた。ちょっと興味があったのでギフト券もあったということもあり、購入した。



映画は100席ぐらいの小スクリーンで観客約半分の50人程度とちょっと寂しい。佐野元春の地方での人気のなさを実感する。しかし映画自体はすばらしかった。多くの映像は既発売のビデオで見られるものだが、一部見られない貴重な映像や、リニューアルされた映像と音響がど迫力だった。これぐらいの迫力が自宅でも味わえたらなと思った。



映画が終わったのは1時。博多駅の地下街でうどんとカツ丼のセットを食う。うまかった。それからヨドバシカメラ行ってMac用のビデオキャプチャーを探すが値段が高いので、とりあえず止めておく。



2時に博多を後にし、途中スーパーに寄って食材を買って帰る。家でのんびりコーヒーを飲みながら、ブログを書く。


映画「佐野元春/Film No Damage」

今から30年前の1983年に全国の公会堂やホールで公開されたまま、その行方が分からなかった佐野元春の初期のライブ・ドキュメンタリーがこの「佐野元春/Film No Damage」である。2010年頃にはそのフィルムの所在は明らかになっていたらしいが(それはユーキャンの佐野元春全集の宣伝でも明らか)、当時の16mmフィルムとマスター音源をデジタルリマスタリングして、映像と音響をブラッシュアップしたものがこのたび2週間(一部では1週間)の期間限定で劇場公開に至った。収録の音源としては、ビデオ「Truth'80-'84」や、「Live Anthology」に収録されている曲目と大差ないが、デジタルリマスタリングされた映像は、大画面でも耐えうる画質に向上しているし、5.1chにリミックスされた音響は、その広がり感、ダイナミックレンジの拡大が半端ない。また、ビデオには収録されていないバックステージや、ジョン・レノンのパロディなどは当然ほとんどのファンが観たことないはずなので、その価値は計り知れない。初期佐野元春の熱狂的なステージが30年経っても興奮を引き起こすことに、強い感動を覚える。音楽ドキュメンタリーとしてもいい出来ではないかと思う。


2013年9月7日土曜日

ガンヘッド2025(プラモデル/ビデオクリップ)

実は少し前から本サイトの方の訪問者で、検索キーワードで「ガンヘッド2025」で来る方が少なからずいたので気になっていた。当然本サイトでは「ガンヘッド」の輸入盤DVDのレビューを書いているのだが、「2025」って何かなと不思議がっていたのである。実はコトブキヤというメーカーが出したガンヘッドのプラモデルのことなのだが、先ほど「日本映画専門チャンネル」で、このプラモデルを使用した宣伝ビデオの放送があったので、チャンスと思い見てみた。タイトルが「ガンヘッド2025」となっていて、舞台設定は「ガンヘッド」の13年前にカイロン5が反乱を起こしたときのガンヘッド大隊の突入で、コトブキヤのプラモを使って撮影をしたものになっている。ほんの数分のクリップなのでストーリーはあってなきがごとしだが、プラモの出来が良く、ガンヘッドのスタンディングモードとタンクモードをワンカットで再現するなど、魅力はある。プラモが出ていることも驚きだが、値段も約1万円と高額なので、これも驚きである。しかし、劇場公開時にはコケたものの、実は根強い人気があるということに驚きを禁じ得ない。本サイトの閲覧も結構あるし。


機動戦士ガンダム 第2話「ガンダム破壊命令」

連邦のモビルスーツの存在を知ったジオンのシャアは、モビルスーツを確認したスレンダーらとともにサイド7に潜入する。目的は連邦のモビルスーツの情報収集である。しかし、シャアは実の妹であるらしいセイラと遭遇してしまい、動揺する。一方ホワイトベース側は、正規の軍人がほとんど全滅し、サイド7の避難民が艦の運営を任される状況だった。そうした状況でホワイトベースは連邦の基地があるルナツーにむかって出航するが、シャアは自機のザクを操って攻撃を仕掛ける。アムロはガンダムで迎撃に出るのだが、シャアに翻弄されるのだった。



この第2話でホワイトベース側(要は主人公側)の主な登場人物がほぼ出そろってくる。ホワイトベースの艦長は負傷し、まだ新兵と言っていいブライトが艦長を代理することになり、アムロは正式にガンダムのパイロットとして認知される。その戦いを巡って二人の間には険悪感が漂っているが、状況的には仕方ないと思われる。だがブライトのアムロに対する態度はちょっと厳しすぎるかなと思わなくもない。一方シャアは今回本格的にキャラとして動きだし、どうも妹であるらしいセイラと遭遇する。この二人の因縁は当然後半で生かされてくることになり、物語に深みを与えている。しかし思うのだが、キャラの実年齢とドラマを見る側から見た想定年齢が、ずれがあるような気がしてならない。みんな実年齢より大人びているというのが実感である。


2013年9月6日の睡眠と、7日の健康

昨晩は結構疲れていた。ネットを観る気力はあまりなくて、定番のサイトを巡回した後は風呂に入り、少し小説を読んでいた。ベッドに横たわると体が重く、10時半には寝てしまった。



それでいて熟睡出来るかと思うと、5時ぐらいから眠りが浅くてあまり気持ちのいいものではない。7時半に眠れなくなって起床した。



先週もそうだが、今週の週末も雨。洗濯物が外に干せないのが辛い。午前中ビデオを1本と、WOWOWのHOLLYWOOD EXPRESSを観て、11時に買い物に出かけた。



元々昼食もとるつもりだったのだが、ショッピングセンターに着いたときにNTTの業者から電話があって、「20分後に工事に向いたい」と当初の午後の予定から繰り上がって連絡が来てしまった。あわてて昼・夕食の食材を買って家に戻った。



家に戻ると業者が来ていて、早速工事をしてもらった。時間にして1時間20分ぐらいかかっただろうか。工事の様子を見ながら、ドキドキしていた。無事に工事が終わって業者が帰ると、とりあえず昼食をとった。



昼食後は端末の設定。最初資料に必要事項が書いていないので困惑していたが、いくつかの資料見ていたら設定方法が分かったので、無事にネットに接続できた。通信速度は圧倒的速さ。これならストレスなくネットが見られる。



早めに午後のお茶を飲んで洗濯物をアイロンがけしてから「機動戦士ガンダム」のBlu-rayを観る。時間が余ったから出来ることで、当初の予定通りに工事が午後だったら観られないところである。


機動戦士ガンダム 第1話「ガンダム大地に立つ!!」

宇宙世紀0079、地球連邦軍とジオン公国軍の間で独立戦争が勃発した。戦争はこう着状態に陥り、8ヶ月が過ぎていた。辺境のコロニー、サイド7では連邦軍がジオンのザクに対抗する新型モビルスーツの開発を進めていた。それを察知したジオン軍は偵察を送るが、功を焦る新兵ジーンの勝手な行動により、コロニー内は戦場になる。コロニーに住むアムロ・レイは連邦の新型軍艦ホワイトベースに住人を避難させようと父と交渉している最中、偶然連邦の新型モビルスーツに乗り込むことになる。そしてザクとの死闘が始まった。



生誕から30年を過ぎて未だに人気の高い「ガンダム」シリーズの記念すべき第1作がBlu-rayでリリースされたので、改めて購入して鑑賞をしてみた。ストーリーとしては1話は完璧に完成度が高いと思う。主人公アムロ・レイが連邦の新型モビルスーツ、ガンダムに乗り込む経緯が無理なく設定されている。また、その中で父とあまり交流がないことや、コンピューター好き、幼なじみがいる、などの情報が断片的に振り分けられているので、物語の好奇心も高い。さすがに30年以上前のアニメなのでフィルムの状態がすばらしく良好という訳にもいかないが、Blu-rayの解像度は満足するところがある。


フレッツ光開通!

このBLOGでもたびたび書いていて、その処理のテンポの悪さにいい加減イライラしていたフレッツ光だが、ようやく本日工事が終わった。当初は午後1時からということで11時過ぎに買い物に行ったら、業者が前の工事を早く終わったらしく、「11時40分ぐらいに来てもいいか」と連絡あったので、あわてて買い物をして自宅に戻った。戻ったときには工事業者が到着していて、それから約1時間半、通線工事を行っていた。で無事に工事も終わり、業者は引き上げていった。それから最初が苦労した。設定方法がいろいろな書類に散らばっているので、どれがどれだかよく分からないのである。しかし、いろいろ目を通していく中で、ようやく端末の設定方法が分かり、無事設定も終わってただいまネット接続をフレッツ光で行っているところである。速度は当然だが速い。100Mbpsは確実に出ている。これまでマンション専用回線で8Mbpsしか出ていないのに比べると天と地の差がある。まあ出費は痛いが、快適なネットライフを楽しむためには仕方ないと思う。


スター・トレック ヴォイジャー 第151話「幻の帰還計画」

ヴォイジャーに艦隊本部からホログラムが送られてきた。送り主はバークレーで、ヴォイジャーの近くにある赤色巨星を使えば数日で地球に帰還できる方法があるという。それを聞いて色めきだつヴォイジャーのクルーは、早速準備に取りかかるが、ドクターだけはバークレーのホログラムの対応に何か違和感を感じる。一方艦隊本部ではホログラムの送信に2度も失敗していることに、不審を覚え、調査を行う。その結果分かったのはフェレンギがホログラムを盗んで、自分の利益のために使おうとしていることだった。そうとは知らないヴォイジャーは目標座標に近づいていく。



久々にゲストキャラとしてバークレーとディアナ・トロイが登場して、ヴォイジャーの帰還計画についての話が展開する。しかしそれを邪魔するのがヴォイジャーの登場では久しぶりのフェレンギということで、相変わらずの儲け主義で笑わせる。ハリーが地球帰還に心躍らせるが、失敗に終わったことで、その落ち込み具合がよく分かるのはちょっとかわいそうな感じ。バークレーが相変わらず上司とそりが合っていないのは、彼らしいかなと思う。


2013年9月6日金曜日

2013年9月5日の睡眠と、6日の健康

昨晩はネットを見ていたかったが、無理矢理気分を変えて出来るだけ早くに就寝することにした。ここのところ、ネットで情報を得ることが多くて、時間が足りないのだが、睡眠不足は疲れるので、適当に切り上げた。



朝4時まではまあまあ眠れたが、夢で大便を漏らすという内容を見て、その時間にトイレに行ってしまった。実際は大便は出なかったのだが、とりあえずトイレで小便だけは出して再度就寝。朝は眠くて気分も良くなかった。



会社に行っても1つを除いてやることなく。その1つとは新製品の品番登録だが、実は数年前に仮品番で登録されていて、今の体制に合っていないので、その修正依頼を情報部門にしていてただ回答を待つばかりなので、何も出来なかった。



回答が来て中身を確認したら、さらにトラブルがあって、その修正依頼を再度情報部門にかける。で今日は何も出来ず。かなり辛い時間つぶしだった。



定時を迎えて早々に帰る。帰りに映画館に寄って、佐野元春の「Film No Damage」の日曜日の公演を予約してくる。まだチケット予約しているのは2人しかいなくて、大丈夫かと心配していた。


ついにdocomoからiPhone発売

今朝の朝日新聞と日経新聞から始まって、全マスコミが報道しているので、多分間違いはないだろうが、ついにdocomoからiPhoneが発売されるようだ。正式には11日に発表ということだが、これで3キャリアすべてでiPhoneが発売されることになる。これを受けて、docomoの株価は上昇をしているようだ。さて、個人的にはどうしようという思いがある。今のKDDIのLTEがエリアが狭いのはちょっと不満だが、新型iPhoneではエリア拡大という話もあるし、とりあえず選択肢が広がったのはいいことだと思う。ただし、国内メーカーはこれでスマートフォンは死亡、docomoのサムソンも死亡だろうなと思う。まあしばらく各社の施策を比較して考えたい。


2013年9月5日木曜日

2013年9月4日の睡眠と、5日の健康

昨晩は洗濯物のアイロンがけしながら1ヶ月ぶりの「元春レイディオショー」を聞いていた。相変わらずご機嫌なサウンドが聴けるので楽しい。



寝たのは10時20分ぐらい。朝まで結構熟睡で起きなかった。朝起きたときの気分は悪くない。



会社に行く支度をしながら、Tジョイ博多のスケジュールを確認する。土曜日から佐野元春の「Film No Damage」が上映されるからである。多分夜1回だろうという予想に反して日中に2回上映ということで、土曜はインターネット回線の工事があって出かけられないから、日曜に観に行くことにする。



スケジュールがはっきりしたので、気分よく会社に行く。今日は新製品の登録依頼があったり、特注品の登録抹消があったりと、そこそこ何かはあった。新製品の方は困ったことが発生して、情報部門に作業の依頼をしたために今日完結できなかったのが残念である。



定時を少し回って帰宅。風が心地よい。台風も去って秋めいてきたという感じはする。


作家の曾野綾子が「子供が出来たら女性は会社を退職せよ」と発言

作家の曾野綾子が週刊現代の記事の中で「子供が出来たら、女性は会社を退職せよ」と発言したことで、結構ネット上を中心に賛否が上がっているという。独身の僕が言うのもなんだが、本当のことを言えば、女性には子育てはしっかりやってほしいという感じはする。なんか保育所に預けるのは子供がかわいそうというのが感じる感覚である。と言って男性が仕事一筋で子育て放棄していいとも思わない。理想論で言えば、男性も残業なしで定時で退社して、夜は子育てをする、というのがいいだろう。ただ、現在の経済は残業代込みで立てられているところがあって、残業を減らすのはきついのも事実である。再度僕で言うと、残業はしていないが、まあ少しずつ貯金は増えている。やろうと思うと出来るのではないかと思う。子育ては難しいが、何か解決策はありそうに思える。今までの日本流を捨てる必要はありそうだが。


2013年9月4日水曜日

2013年9月3日の睡眠と、4日の健康

昨晩、涼しかったので、窓を開けて室内の空気を入れ替えていた。雨が降っていたので気温がかなり下がっていて、外気の方が涼しいのである。



寝たのは10時20分ぐらい。最初寝付けなかったが、しばらくすると寝付いていた。5時ぐらいまでは大体熟睡。トイレ行ってからはちょっと眠りが浅い感じである。起床時の気分はまあまあ。



水曜は洗濯の日なので、少し早めに起きる。支度が終わってから洗濯物を浴室乾燥機で乾かす。それでも出勤はいつも通り。



今日は本気でやることなくて、ストレス溜まっていた。途中で来週やればいいやと思っていた統計作業を終わらせてしまった。来週どうしよう?と悩むぐらい簡単に終わった。



夕方になってアカシジアが出た、と同時に特注品の登録依頼がぼろぼろ出てくる。嫌な予感がしていたのだが、定時前にいろいろくる。しかも緊急依頼とか書いてあるので、対応せねばならぬ。結局2件名残してほとんど対応した。



定時終わる頃には天気も回復しているので、気分よく帰宅できた。


KDDI iPhone 5のパケ詰まりはほぼ解消と田中社長が発言

色々問題のあるKDDIのiPhoneだが、先日開催されたネットワークの説明会の中で、田中社長は、「iPhone 5のパケ詰まりはほぼ解消している」という趣旨の発言をしている。本当かなと思ったが、僕がパケ詰まりを起こすのは次の状態のときなので、そうじゃないときはどうか考えてみた。

・条件は3Gのときがデフォルト(LTEのときも少しあるが割愛)

・2ちゃんねるブラウザBB2Cを使って2ちゃんねるを見ているときにパケ詰まりが頻発する。

 →safariやMercuryと言った普通のブラウザで2ちゃんねるを見るとどうなるか実験してみた。

 →普通のブラウザで見ると、パケ詰まりはほとんどない。

以上のことから、BB2Cに問題があるような気がしてきた。もうしばらく様子見だが、3Gのパケ詰まり、福岡市内ではあまり問題ないような気がする。


2013年9月3日火曜日

下川裕治著「週末台湾でちょっと一息」朝日文庫

アジア旅行の紀行記で有名な下川裕治が、たびたび訪れながらも、これまで文字にしたことのなかった台湾を書き下ろしで記したのがこの「週末台湾でちょっと一息」。下川裕治のことなので、世間一般で言われる観光地はほとんど取り上げられていない。しかし、一度でも台湾(少なくとも台北あたり)に滞在し、ツアーでなく自分で街歩きをした者からすると、共感を感じる部分も多いのではないかと思う。僕個人は、台湾でビールを飲むのが面倒くさいというところに共感を感じた。この本自体は多分台湾に旅行に行った人が改めて台湾を振り返るとか、再度台湾の別のところに観光しようか、というような場合にその魅力を発揮する本なのではないかと思う。出版社がメジャーどころではないので、入手は難しいかもしれないが、一読をお勧めする。


2013年9月2日の睡眠と、3日の健康

昨晩、本を読み終わった。それで気分よく睡眠に入れた。ここのところの雨続きで気温が下がっていて、夏がけをかぶって寝ていた。



朝5時までは熟睡。そこでトイレに起きた。再度寝たが、今朝の目覚めの状態は比較的良好。天気は相変わらず雨で鬱陶しい。



会社に行くと、とりあえず統計資料作るかと思い、午後1番まで作っていた。本来ならば来週末までの締め切りなので、まだ作らなくてもいいのだが、何か後で時間取られそうな業務が発生しそうで、いやなので早めにやっていた。



午後は逆にやる意欲失って、ぼーっとしていた。時間をつぶすのも辛い。定時を迎えたときにはほっとしていた。



雨が止まないので、夕食は近所のコンビニで済ます。昼に1日分の野菜を食べたので、まあ健康的だなと思う。


ほぼ実物大のドラえもんぬいぐるみ、19万4000円で発売

ニュースを見ていたら、今日からなんとほぼ実物大のドラえもんが発売されることが分かった。その値段もすごくて、19万4千円ちょっとという高額値段である。誰がそんなの買うのだろうと思うが、ネットで見ていると、甥や姪に買い与える叔父、叔母が多いとか。うーん、自分も叔父の立場だが、そんなの買えないぞ、と思う。いや、買っても姪の実家に置く場所ないだろうと思って躊躇してしまうだろう。まあ売れ行きがどうなるか、興味津々ではある。


2013年9月2日月曜日

2013年9月1日の睡眠と、2日の健康

昨晩は夕食は少し早め。ネットラジオを聞きながらベッドに横になっていたら、昨晩もうとうと1時間ぐらい寝ていた。なんでこんなに寝るかなと思いつつ、起きれないのでしばらくベッドの中にいた。9時半に起きて風呂に入り、10時半に再度就寝した。最初はちょっと寝付き悪いと思ったが、実際には比較的熟睡取れたようである。



朝は5時半ぐらいから何となく目覚めていた。起きるのは辛くないが、何故か体の節々が痛い。体調不良を感じながら出勤した。



先週の金曜からずっと雨が降っているが、今朝も降っていた。会社に着いて、午前中はやることなし。何となくアカシジアを感じながら、だらだらしていた。



午後はアカシジアが出始めたが、予想より早くに8月の販売実績表が来たので、それの加工をしていたら、ユーパンの効果と相まって、意外と早くにアカシジアが解消された。解消されると、精神も安定する。



定時で帰るが、天気は悪いまま。ただ、自宅近くに着くと雨は止んでいるので、スーパーに行って食材を色々買い込む。


宮崎駿監督、長編アニメから引退

今朝の産經新聞の一面まで飾ってしまったのが、世界的に有名なアニメ監督、宮崎駿が現在公開中の「風立ちぬ」を持って現役引退するということである。年齢的には確かに厳しいものがあるのだと思うが、スタジオ・ジブリの後継者育てがあまりうまくいっていないような気がするので(息子の吾郎の作品の評判の悪さを考えると)、今後ジャパニメーションを世界に届けたブランドがどうなっていくのか、気になるところはある。個人的にはジブリの作品に関心はないので、「機動戦士ガンダム」の富野由悠季監督がどう動くかが個人的な関心にある。今なんか新作の準備しているらしいけれど。またガンダムものらしいので、ちょっと楽しみ。


2013年9月1日日曜日

2013年8月31日の睡眠と、9月1日の健康

昨日の夕方、何かネットの調子が悪かった。DNSサーバーが不調のようで、サイトの接続が出来ない。諦めてテレビを見ていた。



夕食後、ベッドに横になっていたら、2時間ぐらいうとうと寝てしまった。起きて風呂入らなきゃと思いつつも、起きられない。10時ぐらいにようやく起きて風呂に入って、しばらく体を覚ました後、11時過ぎに再度ちゃんとした就寝に入った。



睡眠は結構熟睡で、朝なかなか起きれなかった。8時ぐらいに何となく意識を取り戻したが、ベッドから出るのがいやで、うとうと寝ていたら、9時を回ってしまった。ここで渋々起床。朝食を食べながら洗濯をし、簡単に部屋の掃除もした。



今日も外は雨なので、出かける気にならない。午前中「新世紀エヴァンゲリオン」の「DEATH(TRUE)2」を観ていたが、首がなんか痛くて凝っていた。



昼食は軽くカップラーメンで済ませて、午後からも「エヴァンゲリオン」の劇場版を観ていた。リメイクされた最終回2話を観て、ちょっとうつ気分。この作品は今見てもインパクトあると思う。



映画見終わった後は、ベッドに横になりながらネットを見ていた。のんびりしていた。首は凝っているので、痛む。


新世紀エヴァンゲリオン劇場版 第25話「Air」/第26話「まごころを、君に」

第25話「Air」

カヲルを殺したことで極度の自閉に籠るシンジ。ミサトやレイに恐怖し、心身崩壊状態のアスカに頼るだけの状態だった。最後の使途が消えたことで、ゼーレは人類補完計画を発動させる。それにはまず邪魔なNERVを排除する必要があった。戦略自衛隊を動かし、NERVを総攻撃する。シンジやアスカにも危機が迫っていたが、アスカはATフィールドの意味を理解し、奇跡的に復活する。そして戦略自衛隊をエヴァ2号機で撃破する。そのエヴァ2号機に量産型エヴァが襲いかかる。



第26話「まごころを、君に」

ミサトによって生かされたシンジは、エヴァ初号機に乗るが、エヴァ2号機の惨状を目のあたりにし、世界を拒絶する。そしてロンギヌスの槍がエヴァ初号機を依り代として人類補完計画を発動させる。人々がLCLの液体に返り、個を失っていく中、シンジは一人世界の行く末を拒んでいた。



TVシリーズではスケジュールや、監督の意図により描かれることのなかったもう一つの最終回が、この劇場版新世紀エヴァンゲリオン 第25話「Air」と第26話「まごころを、君に」。TVシリーズでは碇シンジの心のありようを中心に描いていたが、実は劇場版でもその展開はあまり変わっていない。第25話「Air」は、かなりのスペクタクルで、アスカの奇跡の復活と活躍、ミサトやリツコの生死の行方、そういった話を中心に描いてはいるが、主人公のシンジは何もしないで、ただ「死にたい」と願うばかりである。生きる希望を失ったシンジが自分の意志を持ってどう世界を変えていくかが、第26話「まごころを、君に」で描かれているが、TV版の最終回「世界の中心でアイを叫んだけもの」をもう少し丁寧に描いたもので、シンジが他者を拒みながらも他者なくては生きていけないということを悟る部分が、同じ展開だと思う。自分の存在を認めること、夢は現実の続きだと気づくことが、TV版の主張をより強化しているのではないかと思う。ラストは監督の庵野秀明の知人の話からインスピレーションを得たらしいが、アスカの「気持ち悪い」という台詞は意味深である。シンジが気持ち悪いのか、世界が気持ち悪いのか、どうとでも取れる台詞である。


新世紀エヴァンゲリオン劇場版 EVANGELION:DEATH(TRUE)2

新世紀エヴァンゲリオンの劇場版で、最終回をリメイクするにあたり、最初に付け加えられたTVシリーズの総集編。シンジが初めてエヴァに乗るところからレイとの交流、アスカの登場、そしてカヲルとの交流とその抹殺を約70分という時間の中で描かれている。TVシリーズの総集編ではあるものの、時系列での編集にはなっていない。各キャラクターの心理状況を中心に再編集されているので、物語としては不完全なところが見受けられる。しかしながらTVシリーズの後半部で顕著だった登場人物の苦悩が全般的に描かれており、その鬱屈感は半端なものではない。TVシリーズで初期に顕著だった能天気な感じは影を潜めている。多分初見の人にはなんだか分からない映画だと思う。あくまでTVシリーズを見ている人へのサービスのような映画だと思う。