2014年3月31日月曜日

2014年3月30日の睡眠と、31日の健康

昨晩、夕食後いつものようにベッドに入って、ラジオを聞きながらうとうと寝ていた。ラジオも春の改変時期でDJが変わったり、番組が終わったりでちょっと寂しい。



寝たのは10時半。最初は熟睡だったが、後半何度か眠りから覚める。体を横にして寝ていたのだが、首が痛くなって目を覚ます、という塩梅である。そのせいで朝起きたときの気分は、あまりよろしくない。



会社に行くと、何か色々やることが飛び込んでくる。頭がパニックになりながら、何とか少しずつ片付けていった。



先週はうちの部署のゴミ捨ての日だったのだが、ゴミ捨てをしなかったら、別の部署から嫌みのメールをいただき、担当部署に「今日掃除してください」と念押しをしに行ってしまった。それでも不安なので、自分で仕方なく、シュレッダーのゴミだけは片付けた。これがなくなると、少しは片付いたように見える。



午後になって、新しい課のメンバーがやってきたので挨拶をする。シングルマザーの人らしい。あまり触れないようにと上司からのお達しなので、挨拶だけに止めておく。



本日は定時で帰る。長かった定時の15分延長も今日で終わり、明日からは5時半に定時で上がれる。ということは、真っすぐ帰れば7時のNHKニュースが最初から見られることになる。

消費増税前の駆け込み需要

今日は消費税が8%になる前の最後の日。会社にいるときはあまり実感していなかったが、帰宅時にそのことを実感させられる事態を目撃した。まず最初が駅。定期券のぎりぎり購入で発売所のコーナーを抜けて、結構行列ができていた。僕は既に購入済みなので、難を逃れたが、今日買っていたらイライラしただろうなと思う。



家に帰ってくるともっと深刻で、夕食のおかずを買いにスーパーに行ったら、もう何もない。野菜もない、総菜もない、パンもない、食品関係がことごとく無くなっていた。かろうじて残っていたフライドチキンと、きんぴらごぼう、カボチャの煮た物を入手出来、何とか夕食の体裁は整えられた。



しかし総菜が全滅とはどういう訳だろう。どのみち賞味期限が限られているから、日持ちせずに結局早くに食べるしかなく、総菜系は早々に8%に対応せざるを得ないと思うのだが。



まあどちらにしても明日から、いよいよ消費税8%。どう家計に影響あるか、見極めていかなければならないと思う。

2014年3月30日日曜日

2014年3月29日の睡眠と、30日の健康

昨日の夕方、ビデオを観ていて、少しだけ夕食の時間が遅くなったら、食べている途中で実家から電話があって、食事が冷めてしまった。まあしょうがないが、食事を途中で止めるのはちょっと良くない。



風呂に早くに入り、10時には寝てしまった。トイレで一旦深夜2時に目覚めたが、また寝てしまった。その後明け方半分眠りから覚めたが、半分眠ったままで、「何か眠い」という感覚のまま寝ていた。ふと気がついて意識的に起きると、もう9時になっていた。まだまだ眠いが、無理して起きた。



9時と遅い起床なので、朝食は牛乳のみにして、簡単に洗濯と掃除をした。それから少しネットを見ていた。今日も天気が悪いので、出かける気分にならない。



昼前に昼食を食べにバイクで出かけた。眼鏡屋でクリーナーを買って、ショッピングセンターでハンバーガーを食べた。その後夕食の食材を買って家に戻った。



午後はあまり気力がないので、映画ではなく音楽ビデオを見ることにした。PerfumeのライブBlu-rayで、まあ何とか1時間半を見通すことが出来た。



視聴後、またお茶の時間に早かったが、喉も乾いたのと、何となく頭がすっきりしないので、コーヒーを飲んでリフレッシュした。ついでお茶菓子も食べる。



その後はまたネットを閲覧。とはいえ大した情報は得られない。

Perfume First Tour「GAME」(Blu-ray)

Perfumeのセカンドアルバム「GAME」のプロモーショナル・ツアーの中から、2008年5月4日のZepp Tokyoと、6月1日のYOKOHAMA BLITZの模様を収録したライブビデオのBlu-ray版。ライブ本編はZepp Tokyoを、アンコールはYOKOHAMA BLITZを収録している。ちょうど「ポリリズム」がブレイクした後のツアーということもあり、Perfumeの3人に勢いがある。演奏曲は半々でファーストアルバムとセカンドアルバムからチョイスされているが、やはり「GAME」の曲が映える様な構成になっていると思う。ライブハウスツアーということなのか、何らかの選択があったのか、収録曲はおそらくライブ全編ではないと思うが、きちんとつながりがある様な構成で、なかなか楽しめる。元はDVD時代のビデオなので、Blu-ray化しても解像度が格段に上がっている訳ではない。ただし、色管理はしっかりしているのであまり不満はない。音声もリニアPCMなので、DVDから変更はないものと思われる。ビデオの演出がいくつかの曲で行われるのは、ちょっと不思議な感じを受ける。それがステージバックのディスプレイと連動しているので、余計にそう感じる。また、ライブではやはり男性ファンが多いのは、時代を感じさせる。収録時間が1時間半を切っているので、あまり長くは感じなかったし、ちょうどいいと思う。

2014年3月29日土曜日

機動戦士ガンダム 第35話「ソロモン攻略戦」

ホワイト・ベースは連邦の船と合流した。連邦の船はジオンのソロモン攻略の作戦を立てていた。先方隊がビーム偏光兵器を散布し、その間に新兵器ソーラーシステムでソロモンを掃射するという作戦である。ソロモンの責任者であるジオンの三男ドズルは、連邦に対し反撃を試みるが、連邦の作戦にはまり、窮地に追いやられる。戦いの中、ハヤトとガンタンクは負傷をし、後退する。ハヤトは自分の不甲斐なさを嘆くが、見舞いに行ったフラウ・ボゥは、彼を慰める。



物語も後半になってきて、次第にジオンが敗戦色の濃い状況になる最初のエピソードだと思う。ガンダム以下ホワイト・ベースのクルー達も連邦の一部という観点で描かれている。そんな中でも、ジオンのドズルの家族想いの面や、ハヤトの自分の不甲斐なさを責めるところなど、人間臭いドラマは健在である。少し前からフラウ・ボゥとアムロの関係の稀薄さを描くような台詞や、表現があったが、今エピソードのハヤトとフラウの会話によって、アムロとフラウの関係はもう終わった物だと認識できると言える。シャアがララァと少しだけ描かれるが、これも意味深な感触はある。

2014年3月28日の睡眠と、29日の健康

昨晩家に着いたのは夜の11時。すぐに風呂に入り、出た後しばらくネットを見ていた。そんなにお酒を飲んだ気はしないが、結構水分を欲しがっていて、水をだいぶ飲んだ。NHKのテレビを点けていると、深夜に国会中継の録画なんかを放送していて、不思議に思った。



寝たのは0時40分。寝付きは今一よくなかったが、寝付くと7時ぐらいまで熟睡。当然それでは睡眠は足りずに、8時35分まで寝ていた。だいたい8時間睡眠なので、文句は言えない。



天気はあまりよくない。洗濯物は浴室で乾燥させ、午前中ネットを見ていた。ゴールデンウィークに行く台湾の旅行会社からの旅行工程表を確認していた。



あいにくの雨だったが、桜を見に11時ぐらいに出かけた。舞鶴公園の桜は見事だったが、雨のため客足も鈍く、どこかのテレビの中継で、ナレーターが「この雨で桜も終わりかもしれません」なんて話していた。



雨が本降りになってきたので早々に花見を切り上げ、博多駅へ。4月の佐野元春の大阪のライブに行くための新幹線のチケットを引き取りに行く。その後一幸舎のラーメンを食べて家に帰った。



午後は台湾旅行の計画を少し練っていた。ホテルが決まったのでどう動くかが決めやすくなった。何となく昨日の飲み会の疲れで調子良くないが、仕事じゃないだけまし。

まんが宇宙大作戦 第12話「魔のスペーストライアングル」

エンタープライズは、デルタ・トライアングルを調査していた。この空域は何隻もの船が消息を絶っている箇所で、その原因を調べにきたのである。そこにクリンゴン船が現れ、エンタープライズに攻撃をしかける。エンタープライズも反撃をするが、突如クリンゴン船は消えてしまった。これが船の消息不明に関係あるとふんだカークは、エンタープライズもクリンゴン船の消えた地点に行き、異次元の世界に突入する。そこは何隻もの船が鎮座していて、脱出を諦めた異星人達が既に新しい生活基盤を組んでいた。クリンゴン船は単独でその異次元の世界エリジアから脱出を図るが、失敗する。それを見ていたスポックは、クリンゴン船との共同作業で脱出するアイデアを思いつく。クリンゴンもそれに同調はするが、密かにエンタープライズを爆破する計画も立てていた。



後のシリーズでお馴染みとなっている異次元への突入と、その脱出を描いた興味深いエピソード。興味深いのは異次元の罠に落ちた異星人達が、既に新しい共同体を築いているということと、その共同体では争いごとは、すべて船長の責任で1世紀の間も罰を受けなければならないという点だろうか。そういうバックグラウンドがありながらも、エピソードは連邦とクリンゴンの共同作業で異次元からの脱出が出来るのか、というハラハラドキドキ感をあおるストーリーになっていること、その中でクリンゴンが密かにエンタープライズ爆破計画を進行させているということがメインで、短い放送時間の中で密度の濃い展開をしていることが面白いと感じるところである。

2014年3月28日金曜日

JEITAがハイレゾオーディオを定義

僕もそうだが、最近ハイレゾがブームになりつつある。その中でJEITA(電子情報技術産業協会)がハイレゾの定義をし、会員各位に通達をしたとのことである。それによると、サンプリング周波数と量子化ビット数のいずれかがCDスペックを超えているものをハイレゾということになる。例えばの話だが、48kHz/24bitや44.1kHz/24bitは、ハイレゾ音源になるという。何か納得出来ない様な感じもするが、JEITAの定義によると、サンプリング周波数、もしくは量子化ビット数がCDのスペック(44.1kHz/16bit)を超えているとされるので、ハイレゾと名乗っても問題ないらしい。個人的には96kHz/24bit以上をハイレゾと言いたいところである。でないと今出した例でハイレゾと名乗ってもCDと大差ないじゃん、ということになってしまう。96kHz/24bitでは確かにCDを遥かに上回る音質になるので、ハイレゾと名乗れる資格があるように思う。まあ業界自体がこれから盛り上げようとしているので、今後色々紆余曲折を経ていくのだろうと思うが、関心を持って見守りたい。

2014年3月27日の睡眠と、28日の健康

昨晩は疲れていたので、夕食後もお酒が飲みたくなった。それでネットを見ながら、焼酎をちびちびやっていた。

で寝たのは10時半。風呂入った後、ちょっとテレビを見入っていたために、少し寝るのが遅くなった。


睡眠の質はそこそこ。朝5時過ぎまでは熟睡だったと思う。一旦目覚めても、また寝入ってしまった。


会社に行き、今日は少しのんびりする。まだやることはあるが、4月に入ってから作業した方がいいという判断もあった。


午後は眠たいので、コンビニに行き、コーヒを買ってきた。これで少しは眠気が覚めた。


定時後も珍しく少し仕事をする。というのも課の飲み会があり、時間調整しなければならなかったからである。


飲み会は福岡では珍しくすき焼き食べ放題という店で、すき焼きを食べた。食べ過ぎでお腹が苦しい。でも満足はした。


家にはまだ帰れていない。iPhoneでこの記事を書いている。


2014年3月27日木曜日

2014年3月26日の睡眠と、27日の健康

昨晩は、休みというのにビデオを1本も見なかった。ただただのんびりしたくて、ぐだぐだしていた。風呂も早くに入り、寝たのは10時ちょっとすぎ。意欲が低いからとにかく早くに寝た。



睡眠は熟睡時間が多かったが、変な夢も見た。移動する椅子に座って大きな建物の中を動いていく夢。何これ、という感じだった。朝はトイレに行きたくて眠りが浅くなったが、アラーム鳴るまで結局寝ていた。



会社に行くと、メールが20件ほど入っていて、てんてこ舞いになった。昨日休んだ報いが来たと思ったが、ぼやいてもしょうがないので、とりあえず片付けていった。



結構集中力もあったが、仕事していくとかなりの疲労感を感じていた。それでも止められないので、来るメールを少しずつ片付けていった。



定時少し前に力尽き果てて、ダウン。そのまま定時で上がった。職場の人から飲みに誘われたが、明日課の飲み会だし、疲れていたので今日は断った。

映画「アナと雪の女王」、春の興行界で一人勝ち

今年の春の映画の興行は、圧倒的にディズニーの3D CGアニメの「アナと雪の女王」が一人勝ちしているとの報が、興行通信社から発表された。なんと公開開始10日間で興行収入30億を稼ぎ出し、トータルで100億も夢ではないという。そのあおりを食らったのが他の映画で、全く売り上げが上がらないという。「アナと雪の女王」は本国アメリカでも大ヒットを記録し、ディズニー映画の「トイ・ストーリー3」に迫る勢いだという。僕もヒットするだろうなと思ってアメリカ盤のBlu-rayを注文入れている。ただ、アメリカでは3D仕様は出ないらしい。色々情報が錯綜していて、Best-Buy専用で3D版Blu-rayが出るとか、噂はあったが、実際にはアメリカでは3D版Blu-rayは出ないようである。イギリスでは普通に3D Blu-rayが出るとか。僕ならアメリカ盤注文入れたので、日本盤の3Dに期待したいところ。日本盤で出なければ、イギリス盤買うしかないけれど。どちらにしても大ヒットするからには人を引きつける何かを持っているのだと思う。出来のいい作品と予想出来るので、観てみたい。

2014年3月26日水曜日

2014年3月25日の睡眠と、26日の健康

昨晩もそんなに遅くない時間に寝てしまった。今日が休みだが、とにかく寝たいという感じだった。結構熟睡で、朝7時過ぎにトイレに行きたくて目を覚ましたが、結局トイレにも行かずに8時半まで寝てしまった。



今日は洗濯の日だが、外は大雨なのでベランダに干せない。浴室に干して乾燥機能を働かせた。



午前中はネットを色々見ていた。その中で既に書いたが佐野元春のハイレゾ音源を購入した。最近ハイレゾが流行っているので、こちらも少し手を出したくなっている。



11時過ぎには雨は一応止んでいたので、ショッピングセンターまで歩いて行って、昼食と夕食の買い物をして帰ってきた。とにかく家にいたい、あまり出歩きたくない、という気分だったので、早々に帰ってきた。



午後はたっぷり睡眠を取っているにもかかわらず意欲が低く、眠気を催してきたので、2時ぐらいから1時間昼寝を取ってしまった。ここのところ過眠になっている感じがある。



3時過ぎに起きて、とりあえずお茶菓子とコーヒーで目を覚ます。意欲はまだわかないが、洗濯物のアイロン掛けをして家事をこなす。夕方はネットを見て過ごす。

佐野元春「No Damage」がハイレゾ音源でリリース

本日、26日から佐野元春の初期のコンピレーションアルバム「No Damage」が、moraで96kHz,24bitのFLACハイレゾ音声で配信開始された。ここのところ音楽業界ではハイレゾ音源がブームになりつつあるが、ソニーも佐野元春の初期のアルバムのハイレゾ音源に手をつけ始めたということである。早速購入手続きをしてダウンロードしてみたが、自然な音質という印象がする。元々ハイレゾ音源は、クラシックやジャズなど、音質にこだわる人向けのフォーマットであるといえるが、佐野元春の場合、結構アナログ音源にこだわっている人なので、今回の「NoDamage」のハイレゾ化は、かつて発売されたアナログレコードの再現という感じはする。PCでもいくつかのメディアプレイヤーソフトで再生可能なフォーマットなので、興味のある方はダウンロード聴取をしてみてはどうだろう。ちなみに価格はハイレゾ音源にしては抑えめの3000円である。たいていのハイレゾ音源は4000円越す場合があるので、まあまあの価格設定だと思う。

2014年3月25日火曜日

2014年3月24日の睡眠と、25日の健康

昨晩はネットを見る時間がかかってしまい、風呂に入る時間が少し遅かった。それでもあまりやる気が出ないので、寝たのは10時半。睡眠の質はいい。夢を見た気もするが、基本熟睡で、アラーム鳴るまで起きなかった。



会社に行き、さて4月からの組織変更に伴うメーリングリストの作成をするかと思ったが、何故か仕事をしたくない、脳が仕事を拒絶しているという感覚に襲われ、かなり無理をして作業をしなければ、進んでいかなかった。それは午前、午後を問わず感覚につきまとわれ、仕事自体は3時でとりあえずまとめることとなった。



その代わりに飲み物をコーヒーにしていたせいかもしれないが、昼食後も眠くはならなかった。代わりに温かいコーヒーよりは冷たい炭酸飲料を飲みたい気分。



明日は今年度最後の年休を入れたので、気分は楽だが、気がかりな点はいくつかある。もっともその気がかりな点は僕がどうこう出来る物ではなく、責任者クラスの判断によるものだから、任せるしかないのだが。



定時で上がり、気分が何となく塞ぎがちの中、家路に着いた。明日休みだというのに気分はすっきりしない。

radiko、有料でエリアフリー化、4月1日より

インターネットサイマル放送のradiko、これまでもIPアドレスによる聴取制限をかけてきていたが、強者は僕も含めて、あらゆる手段を講じてエリア外聴取を試みてきていた。それがこの4月1日、radiko自体が月額350円(税別)の支払いでエリアフリーの方針を固めたということである。これは多分これまでの違法エリア外聴取の撲滅が狙いだと思う。まあ僕としては月額350円なら払ってもいいかなと思うが、それでもせっかく先日Mac上にAndroid端末のエミュレーターを構築して、無料でradikoエリア外の聴取方法を作ってきたので、今更金払うのもなんだかなと思ったりする。しかし、radiko側が有料とはいえ、地域外フリーを導入するということは、こういうアプリの排除が狙いであるといえ、しばらくは様子見だが、多分課金をする羽目になると思う。どうなるか、要注目ではある。

2014年3月24日月曜日

2014年3月23日の睡眠と、24日の健康

昨日の午後、コーヒー飲んだ後、結局映画を観直した。それで映画のレビューを書いていたら、夕食の時間。いつものネット閲覧は夕食後にした。それでも平日よりは早いので、少しゆとりがあった。寝たのは10時20分ぐらい。昼寝までしたので眠れないかと思ったが、比較的熟睡。朝5時20分にトイレで起きたが、再度寝てしまった。



朝の気分はまあまあ。会社に行ってから、席の引っ越しをする。2014年度の組織変更に合わせて、席も移動になったのだが、今度の場所は何か空間が狭い。それでストレスを感じてしまい、午後はアカシジアが発症した。幸い短い時間で回復したので、夕方は楽になっていた。



しかし、それ以外にも何故か右の胸と背中が痛くて、ちょっと気分が塞ぎがち。筋肉痛みたいな感じだが、胸と背中が痛くなる様な労働はしていないので、理由不明で気持ち悪い。この3連休もずっと痛かったし、何か気分が乗らない。



午前中課の臨時ミーティングがあり、課の一人が急遽東京に異動することになったと告げられた。先週変更ないという話が出たのに、急すぎると思った。東京に帰れていいなと、ちょっとうらやましい気分になった。



定時になって早々に家に帰る。そろそろ緊急経営対策の15分勤務時間延長の期限が来る頃なので、それが待ち遠しい。少しでも早くに帰りたい。

台湾の学生ら、行政院に突入 中国とのサービス貿易協定反対で

ゴールデンウィークに台湾を旅しようとしている身としては、ちょっと気にかかるのが今回の台湾の学生らが、中国とのサービス貿易協定反対で、デモを繰り返し、ついには行政院に突入までしてしまったという話。今の日本では考えられない様な事態だが、台湾の若者はまだまだ気骨があると見える。とは言うものの、旅行の安全が脅かされることがあっては困るし、それより国家として世界に認められていない台湾が、中国に飲み込まれるのではないかと思われる今回の貿易協定を承認してしまって、大丈夫かという気もする。台湾が中国に飲み込まれれば、当然今度は日本の南西諸島、具体的には尖閣諸島に厳しい当たりをしてくると思われるので、ここは学生に頑張っていただきたい。

2014年3月23日日曜日

2014年3月22日の睡眠と、23日の健康

昨晩はネットを早めに見て、夕食も早かったので、夜が結構余裕があった。「アド街ック天国」を見ようと早めに風呂に入ったのもあって、ゆったりしていた。結局ネットを徘徊していたので「アド街ック天国」はあまりまじめに見ていなかったのであるが。



寝たのは10時ちょっとすぎ。睡眠は相変わらず今ひとつな感じ。深夜4時にトイレで起きたが、また寝てしまった。7時ぐらいに目を覚ましたが、まだ眠いなと思って寝てしまった。で今日も8時半まで寝ていた。この3連休は毎日8時半まで寝ていて、睡眠時間は十分な気はする。でも体調は今ひとつな感じ。



午前中はネットを見ていて、11時にウインドウ・ショッピングを兼ねて、昼食を食べに行った。ファミレスで、焼き肉料理を食べたので、まあ満足。



午後は映画を観始めたが、30分経過後、集中力が切れて、視聴を断念。布団に入り、うとうと寝ていた。



3時に起きてコーヒーを飲んで目を覚まし、再度映画を観直す。今度は英語字幕の出し方を変えたのもあったのと、うとうと寝が集中力を回復したのがあったのか、2時間集中して観られた。その分ネットを観る時間は遅く、映画のレビューを書いた後、夕食を取り、それからの閲覧となった。

映画「エリジウム」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、ELYSIUM(Blu-ray)/エリジウム/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。本サイトでも書いたが、最初は面白いのに最後はなんだかな、と感じさせるちょっと残念な映画だと思う。やはりスターが出てくるので、見せ場を作らなければ、というハリウッドのスターシステムに飲み込まれた残念な作品という感が強い。エリジウムというユートピアと、ロサンゼルスというディストピアの対比は良かったのに、その映像を最後までは維持出来なかったのは、やはり惜しいと言わざるを得ない。ジョディ・フォスターが久々の出演だが、かなり歳取ったなと実感する。それでも品のいいおばさんという印象は変わらないけれど。彼女の役も今ひとつなので、もったいないと感じてしまう。

2014年3月22日土曜日

機動戦士ガンダム 第34話「宿命の出会い」

アムロはサイド6にいる父に再度会いに行こうとして、雨に降られる。雨宿りをしようとしたアムロは、ララアと出会ってしまう。そこで何かがアムロの中で生まれた。父との別れを終えたアムロは、車を泥にはまってしまい、身動き取れなくなる。そこに現れたのはシァアとララアだった。偶然とはいえ、宿命の出会いにより、アムロは緊張をする。ホワイト・ベースはサイド6を出発しようとしていたが、ミライの元許嫁、カムランが護衛をかってでる。断るミライだったが、スレッガーの平手打ちにより、カムランにお願いをする。サイド6を出発したホワイト・ベースは、コンスコンの艦隊と交戦をし、これをかわす。



今エピソードは、アムロとシャア、ララアの出会いを描いたという意味で、重要なエピソードである。今まで敵同士で戦ってきた二人ではあるが、人間としての出会いはアムロとシャアにはなかったので、その二人が生身の状態で出会うというのは、かなり重要である。そして謎の少女、ララアとの出会いもアムロを大きく変えていくきっかけとなる。コンスコンとの戦いでアムロの反射神経が拡大して行くのは、その一環だろうと思われる。もう一つのエピソードとしては、ミライと元許嫁、カムランとのぎこちない関係を描いたという点で、複雑な人間関係を表していると思う。ミライのためと動くカムランを既に見切っていたミライと、それが分からないカムラン。カムランを拒絶するミライを殴るスレッガーとミライとの関係、その辺の微妙な人間模様は、ガンダムがただのロボット物で終わっていないことを表していると思う。

2014年3月21日の睡眠と、22日の健康

昨晩は休日特有の早めの夕食をとり、食後ネットを見たり、ベッドに寝っ転がりテレビを見たりしていた。祝日ということもあり、「ミュージック・ステーション」が3時間特番だったので、それを流し見していた。



寝たのは10時半位。睡眠の質は今ひとつ。しばしば眠りが浅くなる。4時にトイレで起きて、再度寝るが、寝付きがいいとはいえない。それでも結局8時半までは寝ていた。



朝起きて、朝食をとり、ネットを1時間ぐらい見ていた。それから耳鼻科に出かけた。花粉症の対処薬が切れたので、もらいに行ったのである。多分1時間半ぐらいかかるだろうなと思って行ったが、大体そのぐらいかかった。iPhoneでネットを見ていたので時間は潰せたが。



昼食は、久しぶりにうどんを食べる。まあおいしい。食後は食材を買いにスーパーに。ふと気がつくと、スーパーのそばに鯛焼き屋が出来ていた。どうも1ヶ月前にオープンしていたようだが、いつもは夜に行っていて店が閉まっていたので、気がつかなかった。



午後は少し体がけだるいので、ベッドに横になってぐだぐだしていた。どうもやる気が起きないのはしんどい。15分ぐらいはうとうと寝ていたらしい。3時にコーヒーを飲んで目を覚ます。



3時半ぐらいから「まんが宇宙大作戦」を観る。この時間ぐらいから少し体がしゃきっとする。

まんが宇宙大作戦 第11話「ミクロ人間の恐怖」

超新星を探査中のエンタープライズは、ある種の救難信号を受け取る。ただし、それはこれまで見たことのない信号だった。カークはそれを受け取りソースを探査することを決める。信号の発信源の惑星に行くと、惑星から衝撃波が発信されていて、エンタープライズを飲み込む。そしてその衝撃波を受けたカークたち乗組員は、どんどん体が縮んでいく現象に襲われる。船が操作出来なくなる恐怖に襲われながらもカークたちは解決法を探し、カーク一人が惑星に乗り込むことで、体が縮む現象は止まる。その結果分かったことは、その惑星にはテラテン人というミクロの住人がいたこと、彼らは惑星の火山の影響で生命の危機に襲われているということだった。カークはクルーの体を元に戻すことで、交換条件に彼らを救助する。



カークたちがミクロの体に縮んでいくという、多分今の技術では映像化出来るが、1970年代のSFXではかなり無理のある設定を、アニメならではの設定で描かれた、ユニークな一篇。カークたちが体が縮んでいくことで、数々の困難に突き当たるが、最終的にはその原因も分かり、スター・トレックらしい解決法で話が終わるという、面白いストーリーである。ミクロの住人テラテン人は、元々地球からの移住者という設定もストーリー的に無理がないと思う。カークがテラテン人たちにどう対応するのかが、最後まではっきりせずやきもきされるが、ちゃんと良い落とし所を見つけている。しかし、体が縮むという設定はエンタープライズが巨大化するというのと同じで、慣れた機器が操作出来ないというジレンマを抱えていて、驚きに満ちている。

2014年3月21日金曜日

機動戦士ガンダム 第33話「コンスコン強襲」

中立コロニーであるサイド6に入港したホワイト・ベースは、戦争行為を禁じられてしまう。その中でミライは親が選んだ許嫁のカムランと再会する。しかしお互いの価値観の違いから、心はすれ違っているばかりであった。サイド6でアムロは父テム・レイと再会する。しかしテム・レイはサイド7での戦闘行為の影響で酸素欠乏症にかかり、正常な判断が出来なくなっていた。アムロは落胆する。ジオンのドズルは、ホワイト・ベースを撃破しようと、部下のコンスコンに攻撃を命じる。サイド6の領域外で修理を行おうとしたホワイト・ベースは、コンスコンの強襲を受ける。しかしアムロ以下パイロットの活躍により、12機のリック・ドムを3分で撃墜され、撤退を余儀なくされる。



前話に続いて、物語冒頭はちょっとしたミニエピソードが入る。前話ではザクレロという酷いモビルアーマーが出てきたが、今話では後々活躍をするブラウ・ブロが登場して、エピソードに謎を投げかけることに成功している。ただ、本編のエピソードはそんなところにはなくて、ミライと元許嫁のカムランとのすれ違いや、アムロと父テム・レイとの不毛な会話など、登場人物の心境に影響を与える様なストーリーがメインである。ミライに許嫁がいたというのも前から少し匂わせていたところはあるが、今話でその辺がはっきりしてきたし、その価値観の違いも明確になってきている。そしてアムロは母に続いて父も実際には失ったも同然の状態になったことで、自立せずにはいられないという設定になっている。後半のコンスコンのリック・ドム12機全滅のシーンは、アムロのニュータイプが覚醒したかの様な表現になっていて、この辺の唐突さが面白い。来週は更に後半の目玉のキャラ、ララアが出てくるので見物である。

2014年3月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩は、風呂に入った後、突然虚脱感に襲われ、あまり夜更かしせずに布団に入った。意欲がなかったので、すぐに眠れるかと思ったが、あまり寝付きは良くなかった。布団に入って30分ぐらいは眠れずにいたと思う。



その後の睡眠もしばしば眠りが浅くなり、満足な睡眠とはいかなかった。何回目かの眠りの浅い時に時計に目をやると、6時半だった。トイレに行きたいので一旦起きてトイレに行き、再度うとうとするために布団に入った。眠れないなと思っていたのだが、気がつくと8時40分だった。



朝一番で洗濯をし、JR西日本のサイトで新幹線のチケットを購入。4月の佐野元春のビルボードライブ大阪でのライブに合わせて、日帰りで新幹線のチケットを予約したのである。JR西日本の会員になると、博多-新大阪間が片道1万と格安で行けるので、それを目当てに購入した。



11時前に運動のために外出。1時間ぐらいウォーキングした。昼食は食べたいものがないので、長居の出来るマクドナルドでハンバーガーをかじっていた。



午後はネットで台湾の旅行の下調べをしていた。ゴールデンウィークの台湾旅行は完全フリープランなので、自分で行きたいところに行かなくてはならない。それで行き方等を調べていたのである。



午後の早い時間に洗濯物を取り込んでアイロン掛けし、午後のお茶を飲んだ。それから「まんが宇宙大作戦」を観賞。上映時間が短いから、楽でいい。

まんが宇宙大作戦 第10話「侵入した愛の妙薬」

カークたちは、詐欺師のハリー・マッドを捕まえた。ハリーは、愛の妙薬を労働者に売りつけようとしていたのである。これがインチキであるために捕まったハリーだったが、その妙薬をもってチャペル看護婦をそそのかし、脱出を試みる。チャペル看護婦もだまされる気はなかったのだが、密かに愛するスポックに気を持ってもらいたいという思いから、その薬を試してしまう。するとスポックもチャペルのことを愛し始めてしまう。ハリーはシャトルで脱出を図るが、その際に妙薬を艦内の通気口にまき散らしてしまい、クルー全員が愛に目覚めてしまう。逃げたハリーとチャペルを追ってカークとスポックがある惑星に追いつくが、そこで岩石上の生命体に襲われ、危機一髪の状態になる。



「宇宙大作戦」で人気の出た詐欺師ハリー・マッドを再度登場させて、コメディタッチで描いた面白い一篇。「宇宙大作戦」でもあまり活躍の場はなかったチャペル看護婦が、今作ではメインのキャラとして扱われていて、スポックへの秘めた愛をハリーに突かれてしまうところに、面白みがある。しかし、ハリーの妙薬が、偽薬ではなく、本当に効く薬でカークにもマッコイにも、またその他クルー全員に効いてしまい、カークたちが危機一髪の時に全員役に立たない状態にあるのは、爆笑ものである。そしてその妙薬は効果が切れると、今度は憎悪に転じるというのもいい設定である。製作スタッフが「宇宙大作戦」を良く理解しているのが分かるエピソードである。

2014年3月20日木曜日

2014年3月19日の睡眠と、20日の健康

昨晩、「元春レイディオ・ショー」の最終回を録音したものを聞きながら、Yシャツのアイロン掛けと、ネット閲覧をしていた。考えたらこの放送は足掛け5年。多分1回も聞き漏らさなかったと思う。僕の生活の一部になっていて、それが無くなるのは、ぽっかり穴があいた気分である。



寝たのは11時近かった。昨日の夕方ユーパンを複数錠飲んでいたためか、比較的熟睡。朝早くにトイレに行きたくて目が覚めたが、結局行かないでそのまま寝てしまった。



会社に行っても体調的にはそんなに悪くない。週末前の木曜ということで、リラックスしていたと思う。



品番の体系書の更新があったのだが、自分でいちいち上司に説明に行くの面倒だから、商品企画の担当者に決裁の自動化のシステムを使わせようとしたら、上司から「ちゃんといつからスタートするというのを明確にしてから使ってくれ」とクレーム喰らってしまった。うーんとうなっていたが、とりあえず様子見て来週考えることにした。



午後は少し落ち着かない。薬こそ飲まなかったが、ちょこちょこ休憩に行っていた。席に座っているのが何となく我慢出来ない感じだった。



定時を過ぎると開放感に溢れる。この週末は3連休なので、かなりのんびり出来る。

富野由悠季監督、新作「ガンダム Gのレコンギスタ」を今秋に公開

前にも少し書いたが、今年は「機動戦士ガンダム」放送開始35周年ということで、いくつかのイベントが予定されている。その中の一つが、富野由悠季監督が放つ「Gのレコンギスタ」という話を以前書いている。今日、バンダイから公式にアナウンスがあり、「ガンダム Gのレコンギスタ」という正式名称で、今年の秋から公開を開始するというアナウンスを発表した。ストーリーは、宇宙世紀ではなく、リギルド・センチュリーを舞台として、数年前から噂になっていた宇宙エレベーターを舞台にしたストーリーになる模様である。キャラクターデザインは、吉田健一、メカデザインは、安田朗、刑部一平、山根公利となっている。ようやく公式発表になったことで、富野監督の久々の新作が観られる訳だが、半年先なんて、ちょっと我慢するのも厳しい気がする。地上波テレビで放映するのか、WOWOW等の有料テレビで放映するのか、それとも劇場公開とDVD/Blu-rayでの発表になるのか、定かではないが、このウェーブには乗りたいと思う。

2014年3月19日水曜日

2014年3月18日の睡眠と、19日の健康

昨晩は「元春レイディオ・ショー」の最終回ということで、録音を万全にしておいた。いつものFMチューナー+Blu-rayレコーダーに加えて、Macの AndroidエミュレーターでRazikoを稼働させ、そちらでも予約していた。薬飲んでいるので、起きて聞いているのはちょっと無理だった。



ただ、睡眠自体はあまりよろしくない。熟睡感はない。なので寝起きはとても悪い。しんどい状態で会社に行った。



会社の今日のイベントは、上司とのこの1年間の業務任務の遂行度合いの面談。とりあえずやることはやっているので、そこだけアピールはしていた。それに対して上司の反応も悪くはなさそう。無事に面談が終わり、ほっとしていた。



その後がまずかった。決裁の電子データ化したので、とりあえず近々で決裁上げる分を、その仕組みに落とし込んだら、どうしてだか知らないが、途中の決裁者の名前が間違っていた。本来の決裁者に戻すのに四苦八苦して、出来ずに結局決裁の承認自体をすべて振り戻しにせざるを得なかった。担当者に詫びの電話を入れ、再度決裁を上げてもらうよう要請した。



午後は何となくアカシジアが出ている感じ。夕方になるにしたがって強くなり、ユーパンを複数錠飲んだ。会社が終わってもアカシジアが無くならず、帰宅途中の駅でユーパンを1錠舌下服用して、座らずに立って帰ったら、ようやく落ち着いた。

バンダイ、ガンダム35周年記念で「シャアペンとセイラ万年筆」を発売、製造元はセーラー万年筆

2-3日の前の話になるが、バンダイから発表があった。それは「機動戦士ガンダム」放送開始35周年を記念して、「シァアペンとセイラ万年筆」を発売するというものである。「シャアペン」は、シャープペンシルとポールペンのコンボセットで、握りの部分にシャアの制服をかたどったデザインになっている。シャープペンシルとボールペンは当然赤しかない。「セイラ万年筆」は連邦の制服をかたどったデザインで、ピンクのインクで文字を書くことが出来るというもの。ちなみに「セイラ万年筆」は(「シャアペン」もそうだが)、文具メーカーで有名な、セーラー万年筆が製造するとのこと。値段も6000円台と割と手頃なようだが、ネタにするのにはちと厳しいかなと言えなくもない。僕は買わないが、多分売り切れるとは思う。

2014年3月18日火曜日

2014年3月17日の睡眠と、18日の健康

昨晩風呂に入った後、IIJmioのiPhone用データSIMの登録と、設定をやってみた。無事に設定が出来、データの送受信も出来てほっとした。SMS対応なので、iMessageとFaceTimeの電話番号での登録も「アクティベート中です」と止まることもなく、無事に済んだ。



で寝たのは11時近かった。何か興奮していたから、寝るのが遅くなったのである。睡眠の質はあまり良くない。何度も眠りが浅くなり、熟睡感がない。それで朝の寝起きも悪かった。



会社に行き、いくつかの資料作りをしていた。気まぐれで資料を作っている。本当は段階的にやらなければならないのだが、精神状態もあるので、気分が向いた時に一気に作る、というやり方をしている。



午前中の課のミーティングで、2014年度の課のメンバーには変更がないことが発表された。これまで通り継続して業務をするということで、とりあえず変なところに飛ばされないことが分かったので、ほっとしていた。



午後はいつものように眠くなるので、コーヒーを飲みに行ったりして眠気を覚ましていた。でも3時ぐらいまでは眠かった。



定時を迎えて早々に帰ると、外の気温はかなり暖かい。コートが邪魔である。春だなと感じていた。

うつ病などの精神疾患で休職中の社員の42%は退職、との報道

今日の中日新聞のネット版の記事によると、労働政策研究・研修機構(東京)が調査した結果、うつ病などのメンタルヘルスの不調で会社を休職した人のうち、休職中と、休職後職場復帰した人の42.3%が退職に追い込まれていることが判明した、という。この数はかなり大きいといわざるを得ない。僕もメンタルの不調を体に抱えている身であり、薬の服用と、ストレスを溜めない様な業務の仕方をせざるを得なくなっている。しかしそのおかげか、今のところ病気が再発する予兆はなく、何とか多少の不自由はあっても、人並みの生活はおくれている。しかし、一歩間違えば、このような退職を余儀なくされるパターンも十分にあり得る訳で、人ごとではない。うつ病でもそうだが、十分な休養と、リハビリが取れないことがこういう事態に繋がっていると想像出来る。1年半も休職してきたから、休養の大切さと、リハビリの必要性は理解しているつもりである。その点の社会としての整備がまだまだ遅れているのではないかと想像出来る。まあ健常者は「怠け者」というかもしれないが、こういう病気はなってみないと辛さは分からないので、自分第一で考えていいと思う。僕もそうしているつもりである。

2014年3月17日月曜日

SIMフリーiPhone4SにIIJmioの格安データSIMを導入する

以前、台湾で購入したSIMフリーiPhoneにb-mobileの格安SIMを入れていたことがあった。このときは一時の貯金の減から、契約から1年弱で解約をした。貯金の他にも、150kbpsの低速ブラウジングがちょっと使い勝手悪かったのと、radikoがポートを塞がれていて聞けないために、使えないという印象を受けてしまったところがある。更にb-mobileのSIMカードはデータ通信オンリーなため、アンテナピクトが立たずに、電波強度が分からないという弱点もあった。



それがここに来てあるインターネットサイトで、格安SIMがiOS7.1ではうまく動かないというレポートを耳にし、ゴールデンウィークに再び台湾に行くのに日本でのSIMが使えないと、台湾でのプリペイドSIMが使えないのではないかと思った。そこで再び格安SIMの契約をすることにしたのである。今回の契約に当たって調べたことは、アンテナピクトが立つ方法でデータ通信オンリーが出来ないかということと、テザリングが出来るかどうかということである。いくつか調べた中で、無難そうだったのがIIJmioのウェルカムパックだった。データ通信オンリーだが、SMSが使える。SMSが使えると、どうも電話回線を保持するためにアンテナピクトも立つらしい。要はiPhoneのアンテナピクトは電話回線の電波強度を表示しているということである。



でAmazonで調べてみると、本来3150円の契約料が、2280円でパックとして売っていることが判明した。それで先日Amazonで購入をした。本日SIMカードが届き、先ほど設定をした。SMS対応で1029円という低額契約で、4月からは1GB/月までは高速で通信可能、その後は200kbpsで通信可能ということだった。テザリングは、APNの設定をそのままコピーしていれるだけで大丈夫だった。アンテナピクトも無事立ち、これでサブのモバイル端末としてiPhone4Sが使えることになる。これはお勧めかもしれない。回線自体はdocomoの3Gなので、エリアは広いと思う。後は速度がどの程度出るか、低速になったときの経過時間がどうかを徐々に使っていきたいと思う。

2014年3月16日の睡眠と、17日の健康

昨晩は少し寝るのが遅くなった。Blu-rayプレイヤーが不調なため、動作確認していたためである。ただ、解決はしていない。



最初は熟睡だったが、2時過ぎに目覚めると、後は浅い眠りしかなかった。朝起きたときの気分の悪さは天下一品である。



会社に行き、とりあえず午前中は色々仕事をした。午後は何か眠いのとアカシジアでちょっと辛かった。



アカシジア出ている時に休憩室に行ったら、顔見知りのおじさんがいたので、世間話をしていた。面白いことにアカシジアを発症している時に、誰かと会話を交わしていると、症状が軽減するのである。それは僕の場合、症状がストレスから来ていることに起因するのではないかと思っている。



定時で上がって会社を出るととても暖かい。ようやく春だなと感じていた。

OPPO BDP-103 ファームウェアアップ後、動作不良に

買ってから1年が経ち、活躍の場を広げているOPPOのBDP-103。しかし最新ファームウェア「BDP10X-70-0218」を当ててからというもの、どこか動作がおかしい感じがしている。それをここに記しておく。



・dsfファイルを再生中にフロントパネルにはSACDと表示されるのに、テレビのディスプレイでは、DSD to PCMと異なった表示がされる。(これは既に記事済み)

・輸入盤のBlu-ray「キャリー」(2013年)を再生中、38分辺りで動作がフリーズし、電源切る以外の動作を受け付けなくなる。電源OFF後、該当箇所を再度再生しても問題は再発せず。

・DVD「まんが宇宙大作戦」、「機動戦士Zガンダム」を1話(約22分程度)再生後、ディスクをストップさせ、ディスクを取り出そうとすると、イジェクトボタンを押してもディスクが排出されない。リモコンでも本体のボタンでも全く反応なし。ここで一度電源を切り、再度立ち上げてからイジェクトボタンを押すと反応する。



個人的には故障というより、ファームウェアにバグがある様な気がしている。まだこれだけでは報告するのに情報が少ないので、しばらく調査をしてみるつもり。

2014年3月16日日曜日

2014年3月15日の睡眠と、16日の健康

昨晩はそれなりに早い時間に寝た。10時過ぎだったと思う。朝5時ぐらいまで途中何度か目覚めたし、5時過ぎにトイレに行って、また寝た後もしばしば目覚めた。それでも朝ゆっくりのために睡眠的に不足感はなかった。



起きたのが9時近かったので、あっという間に時間が流れていった。洗濯と掃除をして、ちょっとネットを見たらもう11時になっていた。消費税対策で、缶ビールをもう1ケース買っておくかと思ったので、酒屋に行き、缶ビールと焼酎を1本買っていた。



で会社への通勤の定期券も期限切れ近いので、これも購入。普段使わないセゾンのクレジットカードを使った。いつも使っているクレジットカードは、ゴールデンウィークの台湾旅行の費用代で枠が厳しいので避けていた。



昼食を食べて、夕食のおかずを買い、家に帰ってDVDを観た。映画版の「機動戦士ガンダムII」を観ようと思っていて、ちょっとタイミングを逃していたものを、今日ようやく観ることが出来たのである。テレビシリーズを観続けている身としては、映画版の神編集はすごいと思う。



映画見終わった後は、喉が渇いていたので、コーラを飲んだ。これがうまい。それでブログをちょっと書き、後はのんびりしていた。

映画「機動戦士ガンダムII 哀戦士編」(DVD)

大ヒットを記録した「機動戦士ガンダム」の続編に当たる作品。テレビシリーズの中盤を再編集及び新作画追加シーンで構成されている。富野監督の編集が神すぎるために、テレビ版と比較して、人間ドラマの様相が高くなっているといえるのが本作の特徴であるといえる。また、テレビ版では該当話数では触れることのなかったニュータイプという概念を物語のあちらこちらに入れ込み、アムロのニュータイプへの覚醒を少しずつであるが語っている。テレビ版でスポンサーの要請で仕方なく出したGアーマーに変わって、長距離支援兵器であるコアブースターに入れ替わっているのも、よりリアルな戦争映画としての仕掛けであるといえる。アムロのニュータイプへの覚醒がメインストーリーではあるが、セイラの兄であるシャアへの思い入れだとか、カイとミハルの悲しい恋の顛末など、重要なエピソードはきちんと描いているので、キャラが立って来ていると思う。





2014年3月15日土曜日

コミック「ガンダムを創った男たち。下巻」大和田秀樹 角川書店

上巻に引き続き、ガンダムにまつわる逸話をギャグ漫画で語った待望の下巻。下巻では劇場版公開における松竹と富野監督の攻防や、「アニメ新世紀宣言」にまつわる逸話、「板野サーカス」で知られる板野一郎氏のエピソードなど、上巻以上に興味深い話が読むことが出来る。特にエルメスのピットの動きを板野氏が担当していたなんて、僕としては驚きの逸話で、非常に面白く読ませていただいた。松竹との攻防も、松竹側が単に「宇宙戦艦ヤマト」の次のムーブメントを求めていて、最初はガンダムを軽く見くびっていたものが、次第にガンダムの底力を認めざるを得なくなるという点で、面白いと感じるところではある。テレビシリーズでおもちゃを売るためにやむなく出したGアーマーを、あっさりと映画版でコア・ブースターに書き換えるなど、ドラマとしての完成度を映画版で求めていることがよく分かり、富野監督の意気込みを感じ取れるところがある。当時ブームにハマっていた人には、この上下巻のコミックは貴重な資料として存在するのではないかと思う。

機動戦士ガンダム 第32話「強硬突破作戦」

シャアはザンジバルでホワイト・ベースを追いかけていた。その途中、かつての部下、ドレンが指揮するムサイの艦隊があることを知ったシャアは、ドレンにホワイト・ベースの頭を抑えるよう指示する。ドレンはムサイ艦隊でホワイト・ベースに攻撃を仕掛ける。ホワイト・ベースはスレッガーもGファイターで出撃させ、強行突破を図る。そしてアムロは、ガンダムでムサイ艦隊を撃破する。



今回のエピソードは、冒頭でザクレロという出来損ないにもほどがあるモビルアーマーが出てきて、ガンダムと戦うというどう考えても、スポンサーの意向で出来た様な取ってつけた様な話がついているのが余計だと思う。まあそれがあるから後半のムサイ艦隊で、アムロの出撃が遅れ、カイたちのモビルスーツ戦での苦戦があるのだと思う。ようやくアムロのニュータイプ的感のひらめきの様なものが、今回の戦いからでてくるが、まだニュータイプという言葉自体が出てきていない。ガンダムがバズーカを持って出撃するのに、ムサイに攻撃を仕掛けているときはビームサーベルというのも、このアニメにはよくあることだが、違和感を感じる。

2014年3月14日の睡眠と、15日の健康

昨晩、週末ということでのんびりした。ネットを見て過ごし、10時半ぐらいには就寝した。ストレスもないせいか、6時半までは熟睡だった。夢も何もなし。6時半に目覚めると、ちょっと眠りが浅くなったが、布団の中の心地よさに、8時ぐらいまではうとうとしていた。



朝は調子があまり良くはない。何となく意欲が低い感じ。ネットを見ていても気力が感じられなかった。それで早めに月一度の病院への通院に行った。



病院はあまり混んではいなかったが、それでも1時間以上かかった。一応症状は伝えておいたが、特に薬に変更もなし。



買い物が多くあったので、病院から家電量販店に行き電球を買って、昼食を取り、スーパーでビールとお米と牛乳と夕食のおかずと色々買い、一旦家に戻って荷物を片付けた。



気力がなかったが、天気もいいことなので、意識してウォーキングに午後は出かけた。約1時間程度のウォーキング。脳内ではちょっと意欲の低下で歩くのが嫌だったが、意識して気力を出し、歩いていた。歩いた後は気分が少し良くなっていた。



家に戻ってちょっと休憩の後、洗濯物の始末を行う。何か落ち着いていられない感じ。その後コーヒーを飲んで、「まんが宇宙大作戦」を観た。

まんが宇宙大作戦 第9話「不思議の星のアリス」

カークたちは乗組員の休暇にかつて訪れたことのある遊園惑星を再訪していた。しかし、上陸したマッコイが首をはねられそうになり、緊急転送を行う。その中でウフーラだけが、機械に捕まり、星を管理するコンピューターと対面する。この遊園惑星の管理者が死亡し、コンピューターは事実上の管理者となり、宇宙船を人間の管理者と勘違いして、人間を抹殺しようとしていたのである。カークたちはウフーラ救出のために再度上陸し、勘違いしたコンピューターに対面するために、ある作戦を練る。



スター・トレックではよくある発達したコンピューターが、人間を排除しようとする展開。宇宙大作戦の「おかしなおかしな遊園惑星」の続編ともいえるストーリーだが、今回は人間の考えていることが現実になるというのではなく、生命体の管理者が死亡したためにコンピューターが独自に発達し、コンピューターが人類を排除するために現実を作り出すという逆の展開になっている。ラストはコンピューターに自身の能力を悟らせ、遊園惑星のきちんとした管理者になるという話で面白い。大体スター・トレックは高度に発達したコンピューターは、人間を超えるのか、という問いかけが多いが、今回の話のその一つであろうと思われる。実際は人間の方がコンピューターより上回っているところに落ち着くが、現実の世界では一部コンピューターの方が上回り始めているようにも思える。その辺がSFと現実の違いであろう。

2014年3月14日金曜日

2014年3月13日の睡眠と、14日の健康

昨晩疲れていて、酒が飲みたくなった。といっても日本酒とか焼酎ではない。ビールが飲みたかった。夕食時に缶ビール1本飲んだが、食後ネットを見ながらもう1本飲んだ。何か酔っぱらって気分がいい。



寝たのは10時半。あまり感覚的にはないが熟睡だったらしい。というのも、深夜に四国で地震があり、iPhoneに緊急地震速報の通知が来ていたのに、気づかなかったからである。これでは多分本当に巨大地震来た時にも熟睡していて、大怪我負いそうである。



朝は5時50分に目が覚めて、その後質が悪かった。それでも週末ということもあり、起きたときの気分の悪さを除いては、割と調子いい。



会社に行って、ふと社内イントラの新規項目作成についても、「そういえばこの前の課内ミーティングでメンタルの不調者が増えている」という話を思い出し、ささっとうつ病チェックページを作ったりしていた。



今日は自宅で沸かしたお湯をインスタントコーヒーで割り、それを会社に持っていったので、目は冴えていたし、体調も比較的良かった。



アカシジアも出ることなく、定時で帰宅。雨が一日中降り続いて、寒かったので家に帰るとほっとした。

テレビ東京以外の地上波放送から、韓流ドラマが消える

この春で、これまでマスコミがブームとして煽ってきた韓流ドラマがテレビ東京を除く地上波放送で、放送終了になり、枠が消えるそうである。これを朝鮮通信が伝えていて、「最近の日韓の関係悪化が原因」と言っているらしい。まあそれは多分関係あるだろうが、その前に韓流ブーム自体が何かずっとマスコミのねつ造の様な気がしてしょうがないのだが、気のせいだろうか。少なくとも韓国に2度も旅行に行ってはいるが、ブームに乗せられて、というよりは「旅費が安い」とか「北朝鮮との境界線を見たい」という特殊要因が大きくて、僕的にはブームに煽られた気はしないのだが。韓国は最近、どうもマスコミの報道を見る限りではちょっと敬遠したい国になりつつある。あまりに自分の被害者意識が強すぎて、辟易してしまうところがある。日本もきちんとけじめつけないところに弱点はあるものの、ここまでいわれると、かえって反発したくなってくる。韓国はその辺の日本国民の感情を理解していないのではないかと思う。被害者意識だけ前面に押し出せば、反発も生まれると思う。そういう意味では、日本が右翼化しているというよりは、単に韓国という国に嫌悪感を抱いているだけのように思う。その辺をもう少し考えるべきである。

2014年3月13日木曜日

2014年3月12日の睡眠と、13日の健康

昨晩、洗濯物をアイロン掛けしながら、「元春レイディオ・ショー」を聞いていた。番組が終わるということで、佐野元春が特別に作った「ラジオ・デイズ」のシングルバージョンがオンエアされ、なかなかよかった。



風呂に入った後、眠くて10時15分には就寝した。しかしトイレで深夜3時に目覚めてしまった。その後再度入眠したが、朝起きた時に気分は良くなかった。



会社に行っても仕事をする様な体調ではなかった。それでも朝の1時間、決裁の電子化を始めるにあたってのPowerPoint資料をおおざっぱには作った。来週にかけてブラッシュアップすればいいという考えだった。



体調が不良なため、集中力がなく、時間が経つのも遅かった。午後は眠気が来て辛かったし、精神的にも安定していなかった。夕方になっても調子は回復せず、定時後、組合の集会でようやく開放感に満たされ始めた。



家に帰るのが遅くなったので、夕食はコンビニの弁当と、缶ビール。疲れたのでアルコールによる癒しは必要である。

中国当局のネット規制が困難になる

ワシントン・ポストの記事によると、中国当局によるインターネットの規制が困難になりつつあると報じている。原因は簡単なことで、Googleの検索結果がSSL対応になり、暗号化された検索結果を規制かけることが困難であるという理由である。実はこれ、中国だけでなく、Web管理者にとっても頭の痛い問題である。色々なWebサイト分析ツールが世の中にあるのだが、どのキーワードで自分のサイトやブログに訪問するのか、それが分からないのである。例えばGoogleが提供しているGoogle Analyticsですら、Not Providedと表示され、自社の検索結果を表示しないという自爆状態で、僕個人もオーナーとしてはデータが見られずに困っているのだが、これがどんどん一般化されそうな感じなので、そのうち分析ツールで検索キーワードは使えない状態になるのではないかと、個人的には感じてしまう。一方では個人の自由が奪われている国に恩恵をもたらすが、一方でオーナーに不便を強いるという矛盾した状態になっていくのだろうなと思っている。

2014年3月12日水曜日

2014年3月11日の睡眠と、12日の健康

昨晩は、2台のiPhoneとAppleTVのOSのバージョンアップで、結構忙しかった。それで寝たのは少し遅かった。色々頭の中を駆け巡ることがあり、寝付けなかったのである。



寝ても夢を見たりしてあまり熟睡感はなかった。朝5時50分にトイレで起きたとき、実はトイレに行く夢を見ていて、不思議な感じはする。



会社に行き、朝一番で販売統計の課長クラス以上への配信を行った。そうしたら、上司から「今度は金額ではなく、販売台数で語ってほしい」と指示を受けた。これまで計画が台数では正確ではないので、金額で語っていたのだが、金額も為替の影響で正確ではなくなっているという話である。来月は考えないと。



午前中腹痛に悩まされていた。トイレに行っても出ないのであるが、度々トイレに行きたい欲求が来て困った。



午後は昼食食べた後のせいか、眠くてしょうがなかった。コーヒーを飲んでも目は覚めない。といって居眠りに行っても眠れる訳でもない。足もアカシジアで落ち着かないし、辛かった。



定時になってから家に帰れるとき、気分は楽だった。やはり会社行くこと自体がストレスになっている気がする。

テレビ東京、震災の日に「エイリアン4」を放送

3月11日は東日本大震災から数えて3年が経過したということで、どのテレビ局もCS放送のショップチャンネルも含めて、地震のあった2時46分には黙祷の放送を流していたという。ただし、テレビ東京だけは違っていた。なんと午後のロードショーで「エイリアン4」を放送し続けたというのである。震災の記憶新しい中、エイリアンと人類の戦いを描いたヒット作第4弾を中断も何もせず、放送し続けるテレビ東京は、やはり独自の観念を持つ放送局として記憶しておくべきではないかと思う。ちなみに「エイリアン4」の原題は「ALIEN:RESURRECTION」で、直訳すると、「エイリアン:復活」となる。誰かがTwitterで、「実はテレビ東京はちゃんとこの復活にかけて、エイリアン4を放送したのでは?」と穿った見方をしているむきもあるようだが、テレビ東京側は「それはない」と言っているので、偶然であろう。どちらにしても万年最下位の放送局が最近好調なのは、このような独特の番組編成にあるのではないかと思う。このまま突き進んでいただきたいと切に願う。

2014年3月11日火曜日

Apple TVもOSをひっそりとアップデート

iPhoneやiPadなどに使われるiOSのバージョンアップで、ネット上は祭りになっているが、その影でひっそりとAppleTVもOSのバージョンをアップしている。31件のセキュリティの脆弱性を改善しているそうで、結構ネットワークがらみの修正が多い。まあメディアプレイヤーなので、ネットワークに繋がることが前提だとは思うし、そのための脆弱性が発生するのも分かる。が、何かその筐体と性格上、いまいちiPhoneなどに比べて深刻さがないような気がする。iPhone,iPadなども攻撃される恐れがあまりないせいか、深刻さはAndroid端末に比べて低いと思うが、AppleTVだとなおのことあまり意識が向かわない。でもとりあえず所有されている方はアップデートしておいた方がいい。

iOS7.1リリース、iPhone他に対応、細かな改善を実施

今朝、Twitterを見ていたら、「iOS7.1」がリリースされたとのつぶやきがあり、「えっ」と思っていたのであるが、2ちゃんねるの「iOs7.xを語るスレ」でそれが本当であることを確認した。通常iOSのリリースは、β版からGMと呼ばれる最終β版を経て、一般公開に至るというのが普通なので、今回はそのGMがないまま一般公開したことになる。それで早く最新iOSを入れてみたくてうずうずしていたのであるが、家に帰宅して、インストールをしてみた。まず改善点で良かった点は、カレンダーの日本の祝日が自動でつくようになったという点である。今までは有志のスクリプトを入れる必要があったのが、それが無くなって幸いした。後はまだ試していないが、Siriの男性版登場と、音声合成の自然な言い回しに変わっているところが挙げられる。どうも今回のアップデートは、細かいユーザーインターフェースの改善がメインのようである。もっともその他に目玉として、CarPlayという車のナビでiPhoneを操作出来る機能もあるし、全体的に改善と呼ぶにふさわしいといえる。ただ、今回もモーションセンサーの誤差は修正されず。もうこれは単なる誤差として諦めた方がいいかも。それかしつこくApple Storeで交換に走るか。ネット上では7-8回交換して正常品ゲットとかいう人もいるらしい。モーションセンサーの誤差は残念だが、それ以外はまあ出来のいいOSの様な気がする。バグの修正もされているので、アップデートは早めの方がいい。

2014年3月10日の睡眠と、11日の健康

昨晩は、10時半に寝た。ユーパンを複数錠飲んでいたので多分熟睡だと思っていたが、変な旅の夢を見た以外は比較的熟睡で、朝6時40分に目覚めた。起きたのはその10分後。体調的には悪くない。



会社に行って、統計の資料作りと、社内イントラの改善をしていた。本社が社内イントラのアクセス数と、改善項目について毎月の報告を求められていて、2月のアクセス数が減少になっているので、対策案を求められているのである。アクセス数の増減はあり得るのに、その対策を取れとは、無茶だとは思うが、何かしないと報告出来ないので、とりあえず少し改善をしてみた。



午前中の課のミーティングで、来週には組織変更の話がオープンになると聞いた。今週木曜に決裁が降りて、異動者には個別対応とか。しばらく心臓に悪そうな気がする。



午後、お腹の調子が悪く、下っていた。風邪引いている訳でもないし、食事も気を使っているのに何でと思った。気分もそちらに気を取られ、あまり集中力がなかった。



定時を迎えて、家に帰る。今朝、ネットでiPhoneのiOS7.1がリリースされたということで、騒ぎになっているので、早くインストールしてみたかったのである。食事後、今インストールをしている途中である。

2014年3月10日月曜日

佐野元春、「ラジオ・デイズ」のシングルバージョン発表

本日、佐野元春公式サイトMWSが報じたところによると、明日11日(火)の「元春レイディオ・ショー」で、番組のオープニング曲としても使われているアルバム「COYOTE」収録の「ラジオ・デイズ」をシングル曲に再収録して発表するとなっている。そして番組終了後からはiTunes Storeでダウンロード販売開始とのこと。後2回で「元春レイディオ・ショー」が終了してしまう中で、このシングルバージョンの発表は驚きを禁じ得ない。本来ならCDシングル辺りで出てくれると、何かコレクション的価値もあると思うのだが、今の時代、ダウンロード販売が主になりつつあるのだから、やむを得ない。とはいえ、既に6年前の曲を新たに追加収録、編集を行って発表というのが意外である。どうミックスが変わるのか、とても興味を引いている。聞けるのは時間の都合により明後日になってしまうが、非常に楽しみである。

2014年3月9日の睡眠と、10日の健康

昨晩夕食後、ネットで買った「ガンダムを創った男たち」の上巻を読んでいたら、面白くてまるまる1巻、読み終えてしまった。まあ関係者公認のギャグ風実話の漫画化という展開だが、ガンダムの人気の強さを思い知らされる漫画だと思う。



寝たのは10時半。睡眠薬を飲んでいるので最初の4時間は大体熟睡。しかし深夜2時にトイレで起きた後は、あまり眠れなかった。僕が自転車で四国に佐野元春のライブを見に行くという変な夢まで観た。眠れないから体を横にして眠ろうとするのだが、体が痛くて、眠りは浅かった。



会社に行くと、販売統計の元データが届いていた。午前中はそれを使って作業に没頭。実は寝不足で首がものすごい凝っていて、調子が悪かったのだが、作業自体はコピー&ペーストだけなので、何とかなった。



午後は眠くて半分寝落ちしかけていた。ここのところ月曜の午後の調子が変わってきていて、アカシジアが出るのは夕方にシフト、午後は眠い、というように変わってきている。今日もそんな感じで、辛かった。



退社してもアカシジアが続くので、ユーパンを数錠頓服で飲んで、帰りの電車は座らずに立っていた。それで何とかアカシジアから解放された。

日本だけ、Windowsタブレットが売れ出す

販売会社の統計によると、全世界ではシェアたった2%しかないWindowsのタブレットだが、ここ日本では様子が違ってきているという。2月単月でのシェアはなんと15%。世界と比較しても異常な売れ行きである。なんでそんなことになっているのかというと、あるゲームがタブレット端末でするのに適しているからだという。そのゲームは「艦これくしょん」。元々Webブラウザ上で動くゲームなため、デスクトップ、ノートPCでは動いていたのだが、タブレットとなると、iPadはFlashが動かないために対象外。そのためにタブレットながらWindows8.1がフルで動くWindowsタブレットがユーザーの指名買いになっているのだという。一部メーカーでは生産が追いつかず、お詫びの広告も出しているのだとか。本当、何が起こるか分からないのがITの世界であるが、まさかゲームが起爆剤になって、底辺をさまよっていたWindowsが復活するとは思いもよらなかった。これはしばらく様子を見ていると面白いかも。何せOSはWindows8.1そのもので、Officeもついてきて5万円程度で買えるのだから、かなりお得と思う。Appleはどう出るか、日本独自と割り切って何もしない方向に走りそうだが。

2014年3月9日日曜日

コミック「ガンダムを創った男たち。上巻」大和田秀樹 角川書店

35年前に製作され、未だに人気を誇る「機動戦士ガンダム」。その製作秘話をなんとギャグ漫画として振り返ったものがこの「ガンダムを創った男たち。上巻」である。ギャグ漫画なので、富野監督を始め、安彦良和氏、大河原邦男氏など、ガンダムにかかわった人たちがかなりデフォルメされて登場している。とは言うもののギャグではあるが実際のエピソードを元にしてあるので、読んでいて飽きがこない。この上巻では、企画の段階からテレビシリーズ本放送時のエピソード、映画化への布陣などが描かれていて、興味深い。富野監督がつるっ禿なのは今であって、35年前じゃないだろうとか、安彦氏が2枚目すぎるとか、大河原氏が工場のおっさんって何やねん、と異論は色々あるだろうが、ちょうどテレビシリーズのBlu-rayを見ている身としては、裏エピソードが効果的に描かれていると思う。なんでこの「ガンダム」が今でも人気を保っているのかというと、やはり漫画の中で描かれているように人間ドラマをきちんと描かれているからであろうと思う。それは声優たちでも同じで、古谷徹氏や、池田秀一氏のエピソードは、興味深いものがある。下巻は映画化についての攻防になると思われるが、この漫画は買いだと思う。





2014年3月8日の睡眠と、9日の健康

昨晩、夕食後両親と電話して、それからベッドに横になっていた。そうしたら2時間ほどうとうと寝てしまった。あまりに眠いので、「歯だけ磨いてちゃんと寝よう」と思ったが、結局起きて歯を磨くとやっぱり風呂にも入りたくなったので、風呂に入って11時15分に就寝した。



睡眠は熟睡で、途中1回だけ目を覚ました。8時まで寝ていられたが、まだまだ眠い。ただ、今日宅急便が届く予定なので、あまり遅くまでと思ってそこで起きた。



体調はまだあまりよくない。眠たいし、頭が重い。今朝もコーヒーを飲んで頭をすっきりさせようとしたが、あまり効果無かった。



午前中はだらだらとネット観賞。気分が乗らない。11時に出かけて昼食と夕食のおかずを買って家に戻った。



午後は映画を観ようとは思っていたが、どうも気分が乗らないし、集中力もないので、止めて昼寝を2時間ほどした。3時前に起きて、コーヒーとお茶菓子を食べた。



その後、やっぱりなんか映画は観たいと思うようになり、上映時間の短い「ゼロ・グラビティ」を観賞した。さすがに昼寝したせいか、集中力は上がっている。何より映画を観ることによる心の栄養がいい感じである。

映画「ゼロ・グラビティ」(輸入盤Blu-ray 3D)

レビューの詳細は、GRAVITY(Blu-ray 3D)/ゼロ・グラビティ/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。アカデミー賞で監督賞を含む7部門を制覇した傑作。映画館で観たいとは思っていたが機会がなく、結局珍しくBlu-rayを購入してすぐに観るという機会に恵まれた。映画としてはサンドラ・ブロック扮するストーン博士のサバイバルを描いたものだが、本サイトでも書いているが、どうやって撮影したのかよく分からないぐらい精密な宇宙の無重力空間と、その虚無な広大な空間表現が映画の魅力になっていると思う。一部映画館では新音響システムDOLBY ATMOSで上映されたそうで、多分その映画館での音響効果は凄まじいものであったことが、このBlu-rayの5.1chのサラウンドの緻密さを聞いているだけでも想像出来る。テレビで3Dだと少々効果は薄れるが、それでも多分2Dで観賞するよりは迫力が違うと思うし、監督の意図したものを掴むにはテレビでも3Dで観ることが必須と思われる。ちなみに原題のGRAVITYは重力を意味しているので、邦題の「ゼロ・グラビティ」だと、無重力になってしまい、意味が180度違うと思う。クライマックスを考えるとやっぱり原題の方がしっくり来るが、日本人になじみのないタイトルなので、あえてゼロをつけたのだと思う。

2014年3月8日土曜日

機動戦士ガンダム 第31話「ザンジバル、追撃!」

ホワイト・ベースは連邦の首脳の指示により、ジオンの囮としてジャブローを出発する。新しくスレッガーが搭乗してきて、メンバーを引っ掻き回す。そのホワイト・ベースを追って、シャアの乗る戦艦ザンジバルが迫る。シャアはモビルアーマー、ビグロと、リック・ドム2機をホワイト・ベース攻撃に出撃させ、自身はザンジバルからホワイト・ベースに攻撃を仕掛ける。セイラは、攻撃を仕掛けているのが兄のシャアではないかと考え、動きが鈍かった。それをサポートするアムロにも危機が迫る。



いよいよ再び宇宙を舞台にしてのストーリー展開となる。これまでも少しずつ描かれていたシャアとセイラの兄妹の関係が前話と今回で深く描かれ、次第にシァアの存在そのものの過去が明らかになってきているように思う。今エピソードから新キャラとしてスレッガーが搭乗。結構軽いキャラで、こんなだったっけ?と思ってしまったが、仕事はきちんとしているところは、歴戦の勇士という感じ。ガンダム対ビグロの戦いがあまり描かれなかったのは残念だが、アムロが気絶するという珍しいシーンが見られるので、ちょっと印象に残る。

2014年3月7日の睡眠と、8日の健康

昨晩は週末ということでのんびり出来た。それでも眠いので早めに布団に入ったら、熟睡だった。夢を見た記憶もあまりない。朝5時か6時に目を覚ましたが、また寝てしまい、7時半までぐっすり眠れた。ここのところ休日が意外と朝早かったので、久しぶりに長時間睡眠が取れたと思う。



天気もいいので、洗濯物は外に干していた。それから午前中はネット閲覧。しかし、平日と同じく、まだまだ体調的にはよろしくなく、頭が重くてコーヒーを飲んでも改善しなかった。集中力を欠いた感じ。仕事じゃないからまだいいけれど。



11時に家を出て、バイクのガソリン入れと、ショッピングセンターでのジーンズのポケットの穴空きの修繕をお願いした。それから昼食と夕食の買い物。今日は気分じゃないので運動しなかった。



午後ものんびりネットを見ていた。頭の中はゴールデンウィークの台北でどこ観光しようか、悩み始めたところ。



2時に洗濯物を取り込み、アイロン掛けをしていた。面倒は作業は早めに取りかかる方が後々楽。

まんが宇宙大作戦 第8話「魔星メーガスの半獣人」

エンタープライズは宇宙の誕生を目撃するために銀河の中心に入った。しかしそこで宇宙嵐に見舞われ、危機一髪となる。それを救ったのがメーガスという惑星に住むルシアンという男だった。メーガスは地球で言うところの魔法が使える星で、カーク達のいる世界とは次元の違う場所だった。そこでカーク達はメーガスの住人に発見され、裁判にかけられる。メーガスの住人はかつて地球にも訪問していたが、地球人がその力を恐れて、彼らを迫害したのである。スポックが弁護人となり、地球人はそれから成長していることを徐々に説明する。



魔法が使えるというエピソードで、最初「無茶な話だな」と思っていたが、よくよく見続けていると、地球人の野蛮さが年代を重ねる事にどう洗練されていって、成長したのかを表すスター・トレックらしい話になっていたと思う。しかし、ルシアンが悪魔であるという設定は面白いが最初違和感を感じたのも事実である。こういう話は新スター・トレック:ザ・ネクスト・ジェネレーションのQの様な人間を超越した存在として描いた方が、よりスマートに思える。ネタとしては面白いが、ちょっと漫画チックな展開なのは残念である。

2014年3月7日金曜日

2014年3月6日の睡眠と、7日の健康

昨晩、夕食後にどうしてもビールをもう1本飲みたくなった。普段そんなことないので自分でも驚いていたが、欲望におもむくまま、缶ビールを追加で1本飲みながら、ネットを見ていた。精神的には満足。



寝たのは10時15分だった。途中夢は見たが、比較的熟睡。朝5時にトイレで目覚め、再度入眠した。朝は起きるのが辛かった。



会社に行ってもやることないので、ゴールデンウィークに行く予定の台湾のことを調べていた。大体無事行けるのかはっきりしないが。



と言うのも未だに組織変更の発表がないからで、休憩時間に事情通の管理職のおじさんに聞いてみたが、そのおじさんも知らないみたいだった。下手すると4月にはなくて、5月辺りになるかも、という噂もあって、なかなか落ち着かない。早くはっきりさせてほしいものである。ゴールデンウィークはのんびりしたい。



午後は足が何となくそわそわし、集中力を欠いていた。ユーパンを頓服で飲み、コーヒーも飲んだりしてリラックスに努めたが、夕方4時過ぎまで精神状態はあまりいいとは言えなかった。



定時になると、ほっとする。今週末は映画観ようと思う。先週Macいじっていて観られなかったので。

佐村河内守氏、記者会見を行う

以前クラシック音楽の期待の星として知られる佐村河内守氏にゴーストライターがいたことを書いた。その時は面白がって書いていたものだが、今日、本人が記者会見をしたというニュースが入ってきたので、追記してみたい。まず耳が聞こえない、という話だったが、本人釈明の通り、ある程度は聞こえるそうである。それで障がい者保険は返納するらしい。当然だと思う。障がい者ではないのだから。でゴーストライターの発言については、嘘と言い切り、名誉毀損で訴えるという。これはどうかなと思う。ゴーストライターが作曲したのは確かだし、佐村河内氏に作曲能力はないと見る。ここは素直にゴーストライターの能力を認めて、彼を持ち上げた方が、結果的にいいのではないかと思う。まあ僕にはあまり縁のないジャンルの音楽なので、影響も少ないが、こういうことを日常茶飯事に行われていては、音楽業界もファンにそっぽ向かれる日は近いと思う。ちゃんとお金出してCDを買ってくれる人に対して、誠実な行動取らないとと思う。

2014年3月6日木曜日

2014年3月5日の睡眠と、6日の健康

昨晩、気分が乗ってついゴールデン・ウィークの旅行の申し込みをしてしまった。会社の組織変更が明らかにされないので、ちょっと不安もあったのだが、明らかになった時に申し込みが満席とかいうのも嫌なので、思い切って申し込みをしていた。行く予定のところは台湾である。2年前にも行っているが、今回は前回見られなかったところを中心に見たいというのがある。値段もゴールデンウィークにしては安い方。



それをやっていたために寝たのは11時過ぎていた。最初は興奮していて寝付きが悪かったが、次第に落ち着いてきて、熟睡に落ち入った。今朝も4時に目を覚ますと、眠りの質は悪くなったが、昨日ほどではない。



会社に行くが、午前中は頭が重かった。集中力欠如の状態。で午後はアカシジアの一種で足がそわそわしていて落ち着かないので、コーヒーを飲んで、我慢していた。あまりに酷いのでユーパンも1錠頓服で飲んだが。



やることもあまりなかったので、今日は一日過ごすのは辛かった。何とか定時を迎えた時にはほっとした。会社帰りは早く家に着きたかったので、スーパーにおかずを買いに行くのを止めて、駅前のコンビニに行った。

2ちゃんねるのまとめサイト、閉鎖の危機

2ちゃんねるのまとめサイトが閉鎖の危機に瀕しているという。ここ半月ばかり、2ちゃんねるの運営が少しおかしいのが明らかになったが、新しい管理会社になった後、どうもVIPの自治で記事の転載を禁止するかどうかの意見収集をしたところ、圧倒的多数で転載禁止に表が集まったのだという。それを受けて、他の板でも転載禁止の動きが活発になってきたという。個人的にはこのまとめサイトって、検索エンジンの上位を占めている割には情報が足りなくて、いつも不満に思っていたので、まあまとめサイトが無くなっても気にはしないが、2ちゃんねるのニュース板とか自体がスレッドの最初がマスコミの記事の転載をしているので、自分で転載しておいて、そのスレッドの伸びを転載禁止とは何事か、という感覚もある。多分世界でも類を見ない掲示板である2ちゃんねるだが、そろそろ曲がり角に来ているのかもしれない。アクセスする住人の高齢化も進んでいるというし、ある種の終わりを示し始めたのかもしれない。

2014年3月5日水曜日

2014年3月4日の睡眠と、5日の健康

昨晩寝たのは10時半。すぐに就寝出来たが、何か夢を二つ見た様な気がする。一つはiPhoneを分解している夢、もう一つは僕が会社でSEに飛ばされ、悪戦苦闘している夢だった。後の方の夢は嫌な夢だなと思う。



朝4時ぐらいに目覚めると、熟睡出来なくなった。うとうとが精一杯。それでいて、朝起きるのは辛い。洗濯もあるので早めに起きたが、ちょっと厳しかった。



会社に行くと、後頭部が凝りで調子悪い。10時半にアイスコーヒーを飲んで、午後も3時にアイスコーヒーを飲んでいた。



午後は午後で何となくアカシジアっぽい状態。とにかく足が落ち着かない。貧乏揺すりをしながら、耐えていた。



仕事は今日は暇だったので、あまりストレスは感じない。ただただ定時が来るのを待っていた。



定時までにユーパンを3錠服用。後で鞄に新しい分を準備しておかなければ。

SeesaaBLOGに移って1ヶ月、アクセス数激減

auのLOVELOG終了に伴い移動してきたSeesaaBLOG。今日で丸1ヶ月である。しかし、従来のLOVELOGで稼いでいたアクセス数は、激減している。大体1/3-1/4ぐらいに落ち込んでいる。まだLOVELOGの方のインデックスはかなり残っているし、SeesaaBLOGの方に移動して、インデックスされている記事も検索エンジンでは評価されていないらしく、順位がかなり低いか、圏外である。とりあえず対策として、HTMLの加工を行い、h2タグに日付、h3タグに記事タイトルとなっていたのを逆にしたことが挙げられるが、効果はまだ未知数。全般的に検索エンジンからの訪問者が激減なので、インデックスだけでは駄目ということだろう。しかし、手の打ちようもあまりない。打っても効果が出てくるまで時間かかるので、それを見極めるのが大変ということがある。当面は静観しながら淡々と記事を書いていくしかないのだろうと思う。

2014年3月4日火曜日

2014年3月3日の睡眠と、4日の健康

昨晩夕食後、ネットを見ていたが、何か口が寂しい気がしていた。デザート食べたい気分。デザートではなくてもお菓子とか。でもちょうど手頃なのがなくて、我慢してしまった。ネット時にはアカシジアも残っていて、それも影響しているかもしれない。



寝たのは10時半。夢でPerfumeのマネージャーをやっていた。マネージャー、大変だなと思っていた。それ以外も何か夢は見たが、あまり記憶にない。どちらかというと熟睡度が高い感じ。朝も6時40分まで寝ていられたし。



会社に行って、決裁の電子化のテスト送信を行った。とりあえず今の所順調に動いているが、まだ最後まで行っていない。明日辺りに完結するかなと思う。



午前中から午後にかけて統計資料の作成。ちょうど特注品の登録依頼も全然来なかったので、集中して出来た。



11時からは課内ミーティング。そろそろ来年度の組織変更のアナウンスあっても良さそうなものだが、今のところ小出しにしかない。はっきりしないと安心してゴールデンウィークの予定を立てられないのだが。



その課内ミーティングでちょっと嬉しいことが一つ。会社の経営状況が悪いのでカットされたボーナスが一部戻ってくるとのこと。経営状況がある程度改善したので、利益還元するそうである。何か嬉しい。



午後はのんびりコーヒーを飲んでいた。喉が渇くので、アイスコーヒー。なかなかおいしい。



定時になって家に帰る。歩いて帰ると汗をかく。でもまだ寒い日が続くらしい。

Windows XP,サポート終了後に毎月アップグレードの通知を発信

今年の4月9日にWindows XPのサポートが切れる。ずいぶん現役で活躍したOSだと思うが、さすがに長過ぎだとは思う。それでもXPから買い替えないユーザーは多いらしく、サポート終了後、毎月9日のWindows Updateで、「XPからWindows8.1への買い替え」を通知する施策をとるそうである。何か地上波デジタル放送のテレビ買い替えに似ている気もするが、それでも買い替えない人はいるのだろうなとは思う。僕は新しい物好きなので、とりあえずバーチャル環境でWindows8.1を入れて遊んでいるが、今のPCの性能でXPを使うと爆速な気はする。しかし、セキュリティホールを抱えたOSは使う気にはならない。危なすぎると思う。ここで言っても仕方ないが、ブログや本Webサイトのアクセスログを見ていると、結構XPの方が多くて、「いいのだろうか、これ?」と考えてしまう。見ている人もいるかもしれないから言うが、そろそろOS(と場合によってはPCそのもの)を買い替える時期に来ていると思う。多分性能も安定してきて、十分に使えると思う。

2014年3月3日月曜日

2014年3月2日の睡眠と、3日の健康

昨日このブログを書きながら、VirtualBoxにWindows8.1をインストールしていた。時間はかかったが、完了し、動作確認も出来たが、達成感とともに何か貴重な休みを潰してしまったというむなしさも感じていた。



夕食後、ベッドに横になったが、寝てしまうとまずいので、早めに風呂に入り、9時半には就寝してしまった。さすがに土曜の深夜の睡眠が足りていないために、昨晩はすぐに眠れて、朝5時までは熟睡だった。



5時ぐらいに目を覚ましかけると、ちょっと熟睡ではなくなる。眠りが浅い感じ。それでもアラームが鳴る頃には深い眠りにあったように思う。



会社に行き、ゴールデン・ウィークどうしようか考える。会社の組織変更の話が明らかにされていないので、今のところ何も手配していないのであるが、どうも実家に帰るのは手遅れのようである。帰るのはいいのだが、こちらに戻る飛行機の手配が厳しい。いっそどこか旅行に行こうか考え始めたところである。



それでも上司の指示により動いている決裁の電子化の仕組みを上司に提示し、とりあえず了解をもらう。明日テストを行ってみようと思う。



後は細かい雑用を粛々とこなしていった。今日は意外と時間が経つのが早い。アカシジアは会社にいる時には出なかったが、帰宅時に出て、家で夕食を食べた後も続いていた。

第86回アカデミー賞、作品賞に「それでも夜は明ける」が受賞

映画ファンにとって1年で最大のお祭りはこのアカデミー賞であろう。今日の朝からこの授賞式が開催された。本命の作品賞は、黒人監督初のアカデミー賞受賞となる「それでも夜は明ける」が受賞したということで、日本でも公開にも弾みがつきそうな感じである。この作品、黒人の奴隷制度を扱っているということで、かなり重たい作品だと思う。それでも過去の忌まわしい記憶をきちんと検証するところはいかにもアメリカ映画らしいと思う。監督賞以下主要部門は結構ばらけたが「ゼロ・グラビティ」がかなりの賞を受賞したということで、Blu-rayで観るのが楽しみである。本来ならばIMAXで観るのがベストな作品だとは思うが、残念ながら劇場公開時には行けなかったので、Blu-rayを楽しみにしている。話題を振りまいていた「アメリカン・ハッスル」と「ウルフ・オブ・ウォールストリート」が受賞出来なかったのはちょっと残念。レオナルド・ディカプリオは賞に縁のない残念な役者だと思う。演技力あるのに。どちらにしてもこの2-3月に輸入盤ではBlu-rayが発売されるので、自宅で観られるのはいいタイミングだと思う。

2014年3月2日日曜日

Mac上のVirtualBoxにWindows8をインストールする

先日、VirtualBox上にAndroid端末のエミュレーターをインストールしたことを書いた。そこでその発展系として、VirtualBox上にWindows8をインストールしたので、ここに書いておく。



まず必要なのがWindows8のインストールディスクだが、あいにくと持っているのは、Windows8のアップグレードディスクのみである。まずこれをISOファイルに変換する。ディスクをドライブに入れ、Finderから「アプリケーション」-「ユーティリティ」-「ディスクユーティリティ」を起動する。DVDドライブを選択し、画面上部の「新規イメージ」を選択する。すると小画面が出てくるので、ファイル名を分かりやすいものにし、「イメージマスター」を「DVD/CDマスター」にして「保存」する。しばらくするとファイルが保存されるので、拡張子の「cdr」を「iso」に書き換える。これでまず第一段階は完了である。



VirtualBoxを起動し、画面上部の「新規」を押す。「名前とオペレーティングシステム」画面が出てくるので、名称を適当に(今回は「Windows8」とした)、「バージョン」を手持ちのWindowsのバージョンに合わせたものに設定し、「続ける」をクリックする。



次はメインメモリのサイズを決める項目である。初期状態では1024MBになっているが、これでは少々足りないので、倍の2048MBに修正する。



続けてハードディスクの容量を決める項目である。ここは「仮想ハードドライブを作成する(C)」にチェックが入っていることを確認し、「作成」をクリックする。続けてハードディスクのファイル形式を決める方法だが、「VDI」を選択して「続ける」。次は「物理ハードドライブにあるストレージ」を選択する場面だが、ここは「固定サイズ」で選択する。最後に「ファイルの場所とサイズ」だが、仮想ドライブのファイル名とそのサイズを決める部分である。ファイル名は適当なものを。サイズであるが、初期状態は25GBとちょっと少ないので、最低でも64GBにすると良い。最後に「作成」ボタンを押すと、仮想HDDの作成が始まる。これには数十分かかる。



出来たWindowsの仮想ファイルを「起動」させると、最初に製作したisoファイルが選択されているはずなので、それを確認し、その後は画面の指示に従って、Windowsをインストールする。ただし、使用したディスクがアップグレード版なので、最初のインストールだけでは、アクティベーションが出来ない。一度インストールが完了したら、再度、最初のisoファイルから再インストールをする必要がある。これは別にVirtualBoxの制限でも何でもなくて、アップグレード版で新規インストールをするには、2度インストールをする必要があるというMicrosoftのWindowsの仕様によるものである。2度目のインストールでも、アクティベーションがうまくいかない場合もあると思う。その際は電話認証を行う必要がある。僕の場合、かつてWindows7環境でWindows8をアップグレードしていて、その時に自動アクティベーションを使っているために、今回は電話での認証となった。



Windowsが立ち上がったら、忘れずにWindows Updateをしておくこと。セキュリティホールへの対応と、Windows8.1へのアップグレードにはWindows Updateが必要だからである。Windows8.1にはストアから無料でアップグレード出来る。ただし時間は相当かかる。1時間以上かかるので、気長に待つこと。



以上で、MacでWindowsを使う方法を記載した。何かの参考になれば幸いである。

2014年3月1日の睡眠と、2日の健康

昨晩、夕食後ベッドに横になっていたら、いつものようにうたた寝してしまった。8時ぐらいから9時半まで。起きなきゃと思うものの、起きれない。9時半に意識して起きて、歯を磨いて風呂に入った。



そこでそのまま寝れば良かったのだが、つい、VirtualBoxにWindows8をインストールしようと思い立ったのが、間違いの元。結局ドツボにはまり、深夜1時まで格闘していた。でもWindowsのライセンス認証で電話認証を行ったのだが、深夜1時にオペレーターが出てくるとは思わなかった。どこの国で働いているのだろう。



睡眠は熟睡だが、Windows8の構築のことで頭がいっぱいで、時間は短かった。朝7時に目が覚めてしまい、そのまま起きた。睡眠時間6時間の休日なんて初めてではないか。



洗濯、掃除を簡単に済ませ、Macの前で色々悪戦苦闘していた。そうこうするうちに散髪に行く時間になったので渋々Macから離れて、散髪に行った。



散髪の時間もWindows8のことが頭を離れなかったが、とりあえずぼさぼさの頭もすっきりした。本当はその後外食しようと思っていたのだが、雨が降り出していたので、コンビニで食材を買って早々に家に帰った。



午後もMacの前で悪戦苦闘。結局昨晩の努力を無にして、再度Windows8をインストールし直した。



午後2時ぐらいに雨が上がっていたので、ちょっと眼鏡屋にだけ出かけた。鼻のパットが壊れかけていたので、交換を依頼に行ったのである。交換費は無料だったが、店員に勧められて、眼鏡クリーナーを買ってしまった。525円と格安だが。

2014年3月1日土曜日

機動戦士ガンダム 第30話「小さな防衛線」

ホワイト・ベースに乗り込んでいたカツ、レツ、キッカの3人はジャブローの育児所に預けられることになった。しかし、彼らはホワイト・ベースが恋しく、脱走してホワイト・ベースに戻ろうとする。その最中、シャアがジャブローに潜り込んで、破壊工作をしようとしているのを発見し、連邦のモビルスーツGMに仕掛けられた時限爆弾を除去してしまう。作戦が失敗したシャアは撤退するが、途中で妹であるセイラと出会ってしまい、彼女に「船を降りるよう」お願いする。



元々子供向けのアニメであるガンダムの中で、その子供に共感出来るようにホワイト・ベースの子供達が活躍をするという、いかにもありそうな設定の話。でもその他にもアムロが軍のやり方に不満を述べたり、カイがしっかり立ち直って子供達を援助したりと、次第にホワイト・ベースの乗組員がまとまっていく様子が描かれている。ブライトですら、軽口で「自分がいない方が気楽だろう」と言っていたりするし、その辺は面白い。このエピソードは、映画版ではもっと意味のあるシーンになっているが、それはテレビ版で未だに語られない「ニュータイプ」という概念を主に持ってきているかいないかによると思う。

2014年2月28日の睡眠と、3月1日の健康

昨晩風呂に入った後、このブログに記事を書くためのチェックとして、VirtualBoxとAndroidエミュレーターの操作をしていた。こういうパズルを解く様な作業は嫌いじゃない。ただ、体が凝って仕方なかった。



寝たのは10時45分ぐらい。すぐに就寝出来たが、何か夢は見たと思う。朝6時にトイレで起きたら、寝られなくなったので、6時半という平日より早い時間に起床して、洗濯と朝食をしていた。



朝からAndroidエミュレーターのテスト。Radikoの録音も出来ることが分かり、結構精神的に高揚していた。



とりあえずMacから離れたのは10時半にHollywood Expressを観るためだった。その後、久しぶりに運動しようと、1時間ぐらいウォーキングしていた。途中脳が運動を拒絶していて、何もしたくないという気分に襲われていたが、無理して歩いていると、その気分は薄れていった。



昼食はカレーの専門店で。昨日の昼もカレーだったが、今日はインドカレーとナンなので、そんなに飽きはこない。昼食後ショッピングを行い、夕食の準備をして家に戻った。



午後はのんびり洗濯物のアイロン掛けをしたり、ラジオを聞いたり。何をするでもなく時間を過ごしていった。

まんが宇宙大作戦 第7話「惑星ファイロスの巨人」

エンタープライズは未知の惑星を調査していた。そこでスールーが植物の刺の毒にやられ、生命の危機を迎える。それを救ったのはその未知の惑星の住人である植物人だった。植物でありながら人間以上のテクノロジーを持つファイロス人は、知的生命体が運んできた疫病にやられ、絶滅寸前だった。それを救ったのが地球の優性戦争時代に平和をおさめようと画策していたケニクリアスだった。しかしケニクリアスもクローンで何世代も命をつないでいた。ケニクリアスはスポックを自分の後継にと選び、スポックのクローンを作ってしまう。カークらはスポック救出のために策を考えだす。



いかにも「宇宙大作戦」の1エピソードにありそうな展開の話。スポックのクローンが巨大化してしまうところなど、結構無茶な展開だが、その巨大化したスポックがちゃんと元のスポックの精神を持っていて、カークの理論に納得している点などは、面白い展開だと思う。同じくクローンである優性人類のケニクリアスも、カーンの話を知っていると、「ああそういうことなのね」と設定を生かした展開に感心してしまう。それにしても植物が人類以上のテクノロジーを持っていて、他の知的生命体を力で押さえつけて平和にしようという点は、あり得ない設定とはいえ、妙につぼにはまる。

razikoで録音したファイルをMacにコピーする方法

先のエントリーで、Macでradikoの地域外聴取についての記事を書いた。そこではVirtualBoxとovaファイルを使ってAndroidエミュレーターをMac上に作成し、そこでradikoを聴取する、というものだった。その記事では録音については「有料アプリが必要」と記載しているので触れなかったが、その後明らかになったことも含めて、表題通り、razikoで録音したファイルをMac上にコピーする方法について、記載したと思う。



まずrazikoだが、これ単体でも1番組だけなら予約録音は可能である。これは番組表から録音したい番組を選択すれば、「予約録音」というボタンが現れるので、これをクリックすれば予約録音出来る。実際にはrazikoでの聴取には初期状態で約3分の遅延があるので、冒頭に約3分別の番組が録音される。



録音された番組はどこに登録されるかだが、これを探すには「ESファイルエクスプローラー」を使う。ホーム画面の右上にあるアイコンをクリックすれば、インストールされているファイル一覧があって、「ESファイルエクスプローラー」が見つかるはずである。なければ、Google Playから検索し、インストールをする。/mnt/sdcard/raziko/にファイルは保存されている。このディレクトリを覚えておく。



Google PlayからDropboxを検索し、ダウンロードする。そしてインストールをする。これはMac側も必要で、MacにもDropboxをダウンロードし、インストールをする。アカウントを取得すれば、Dropboxは起動するはずである。このDropboxの管理フォルダがファイルを共有するフォルダになる。Android側のDropboxの右上のアイコンをクリックして、「ここにアップロード」をクリックする。先ほど覚えておいたディレクトリをたどって、録音したファイルをアップロードする。しばらくすると、Mac側のDropboxのフォルダにrazikoで録音したファイルが現れるので、適当なフォルダに移動する。MacではQuicktimeで再生が可能である。

Macで地域外radikoを聴取する方法(VirtualBox使用)

これまでradikoの地域外聴取にはVPN Gateを勧めてきた。というのも方法が簡単だったからである。しかしながら、不具合も色々あった。それは希望する地域の聴取を出来るとは限らないということと、元々PacketiX時代から運用している筑波のサーバーが時々おかしくなり、サーバーがダウンしたり、地域判定が東京ではなくなったりするという欠点を抱えていた。そこで別の方法でMacで(多分Windowsでも同じだと思うが)地域外radikoを聴取するための方法を探し当てたので、ここに紹介する。



使うのはOracle社の提供するVirtualBoxと、Androidエミュレーターであるovaファイル、それからAndroid端末で使用できるradiko for Androidとrazikoである。簡単に説明すれば、Mac上でスマートフォンのAndroid端末をエミュレートして、仮想スマートフォン上で地域外radikoの聴取が出来るrazikoというアプリを稼動させるということである。



VirtualBoxはリンク先から自分のOSにあったものをダウンロードしてインストールをする。「VirtualBox platform packages」の方で問題はない。続いてovaファイルをダウンロードする。リンク先は怪しいが、ウイルスではなく単なるAndroidエミュレーターのインストールファイルなので、ダウンロードしてもかまわない。気になる方はダウンロード時とダウンロード後にウイルススキャンをすることをお勧めする。その後、ダウンロードしたovaファイルをダブルクリックして、VirtualBoxの画面が起動するので、「インポート」を選択する。するとVirtualBoxで登録がされるはずである。



続いて、VirtualBoxの画面上部にある緑の矢印をクリックし、Androidエミュレーターを起動させる。しばらく待つと、「Welcome」画面になるので、初期状態の英語から日本語に切り替えて、開始を押す。続く画面でタイムゾーンの設定になるので、日本を選択し、時刻を合わせる。



途中でGoogleのログイン画面が出てくるので、既にGoogleのサービス(Gmail,Analytics,ウェブマスターツールなど)を利用している人は、そのアカウントを使ってGoogleに登録をする。クレジットカード等の入力項目があるが、radikoを聞くだけなら料金は発生しないので、その辺は適当にスキップする。その後位置情報サービスの利用を聞かれるので「使用する」を設定する。それで登録は完了である。



ホーム画面が出てくるはずなので、まずMacのメニューバーにある「Machine」から「Disable Mouse Integration」にチェックを入れる。するとAndroid画面上で、「マウスを統合するか」という英文が出てくるので、「統合する」を設定する。これで、Androidエミュレーターの画面上でマウスが動作させられる。Macの場合、元に戻るには、キーボード左の「Command」ボタンを押せばいい。Windowsは右の「Ctrl」らしいが未確認。また、時計の辺りをクリックすると、スライドバーの様な絵文字が出てくるので、これをクリックし、設定画面に入る。「設定」をクリックし、「ディスプレイ」で、スリープの動作を「常時起動」にしておく。と言うのもエミュレーターのバグで、一度Androidがスリープ状態に入ってしまうと、ロック画面から復帰が出来なくなるためである。



ブラウザから検索でGoogle Playを探しGoogle Playストアにアクセスする。検索でradikoとrazikoを探し、インストールする。どちらもインストール時に「Wi-Fi接続時に自動的にアプリを更新しますか」ときかれるので、必ず「後で行う」を選択すること。これでインストールが完了し、razikoを起動させれば、初期状態で首都圏のラジオが全国どこでも聴取できるはずである。聴取エリアを変更するには設定画面から行えばOK。



番組を録音するにはraziko拡張というアプリを購入する必要があるが、今回はそこまでトライしていないので、省略する。こちらのほうのradiko聴取にまつわる不具合としては、radikoアプリのバージョンアップによってrazikoが対応できない恐れがあるということである。そのために前述のアプリインストール時に「自動更新を後で行う」に設定しているのである。これでMac OS X 10.9 Mavericksでもradiko地域外聴取が可能になる。