2014年10月31日金曜日

2014年10月30日の睡眠と、31日の健康

昨晩、家に帰って、まず洗濯物のアイロンがけをしていた。面倒なことを先に終わらそうという考えだったが、意外と早くに終わった。その後夕食をとり、日本酒をちびちび飲みながら、ネットを見ていた。

風呂に入って、薬を飲んで30分で眠くなってきた。ちょうど10時近かったので、そのまま寝た。途中夢を見たし、朝4時にトイレで起きたが、比較的熟睡だったように思う。朝はアラームで起きたが、最初は調子良かったように思う。

会社に行くと、調子が悪くなる。なんか焦燥感が現れ、落ち着いていられなくなったのである。途中コーヒーを飲んで、頭をすっきりさせたが、なんか調子は悪い。

午後はその調子の悪さに耐えるのがかったるかった。午後もコーヒーを飲んで気分転換をしたが、集中力とか、やる気は全然なかった。まあ来た仕事だけはこなしてはいたが、それ以外は自分から課題解決しようとは思わなかった。幾つか課題はあるのだが。

定時を過ぎて、家に帰るとすっきりする。今週末は3連休なので、またのんびりできる。

Appleのティム・クックCEO、ゲイであることをカミングアウト

今日ネットのニュースで知ってちょっと驚いたのが、現在AppleのCEOを務めるティム・クック氏が自らゲイであることをカミング・アウトしたことであろう。アメリカではこの手の同性愛者のカミング・アウトが結構多い。僕の知る限りにおいても、スター・トレックのミスター・カトウことジョージ・タケイ氏もゲイをカミング・アウトして確か結婚式まで行ったと覚えているし、女優だが、「インセプション」等に出演しているエレン・ペイジ嬢もゲイであることを公表していたと思う。この辺、アメリカという国の自己主張の強さが背景にあるような気がしてならない。先にゲイであることをカミング・アウトすることで、周囲の同調を得るという手段のように思える。翻って日本はどうかというと、意外と冷静。もともと戦国時代に同性愛が流行っていたせいもあり、あまり違和感を感じないのかもしれない。まあどちらにしても、マイノリティの人たちが立場をはっきりさせ、その地位を確保するのは悪いことじゃない。多分こういうのは今後も続くと思う。

2014年10月30日木曜日

2014年10月29日の睡眠と、30日の健康

昨晩、宅配便で、佐野元春のVISITORS DELUXE EDITIONというCDとTM NETWORKのQUIT30というCDが届いた。どっちから聞こうと思って、佐野元春を先にした。そしたら、音がいいのでご機嫌になった。マスターからいじったらしいので、音が良くて当然と言えるが、30年前のアルバムとは思えない。ついつい聴き込んでしまい、寝るのが遅くなった。

10時35分にとりあえず布団に入ったのだが、脳が興奮していてなかなか睡眠に入れない。30分-1時間ぐらいベッドで悶々とした上で、ようやく眠りに落ちた。昨晩は珍しく目覚めることはなく、アラームで起きた。

会社に行って、壊れたシュレッダーの買い替えのための事前調査を行った。僕の担当ではないのだが、誰も対応しないので、気が咎めて対応している。で、なんとか自分のいるフロアの各職場から均等で費用を負担してもらって購入するやり方が見えてきたので、各課の責任者に「それでいいか」というメールを送り、現在待ちの状態である。でも多分誰も反対はしないと思う。

午前中はその他に統計資料を作っていた。はっきり言ってやる気が全然起きないのだが、無理して作業していると、なんとかできるものである。午前中で終わった。

午前も午後もなんか落ち着かないので、途中でコーヒーをホットで飲んだ。そろそろアイスの時期は過ぎていると思う。

先週の金曜、朝会で早出したので、今日はその分フレックス退社。早く帰れたので、家でのんびりできる。

総務省、携帯各社にSIMフリー端末の提供を2015年5月以降から義務化

日経新聞や、他のメディアからの情報によると、ここのところ総務省で論議されていた携帯電話、スマートフォンのSIMフリー化だが、2015年5月以降発売される端末については、原則SIMフリーで発売しなければならない、という方向性で決まったようである。SIM解除に別料金を取ることも許されないが、期間の縛りは事業者に委ねた模様。となると、例えばiPhoneに限った場合、来年度秋に出るであろうマイナーモデルチェンジ機からは、SIMフリー対応を各キャリアが扱うことになる。何と無くだが、新しい料金体系になって、2年縛りが厳しくなるのではないかという疑念がある。まあ普通の人は、SIMフリーなんて、ほとんど恩恵にあずかることもないのだろうから、意味ないのかもしれないが。僕みたいにMVNOを見据えてとか、海外で現地SIMを使いたいとかその辺の情報を知っていないと、メリットはあまりないのかもしれない。でも来年は何かが変わるであろうとは思う。スマートフォンの料金は高いから、もっと安くなればいいのだが。(今は高いからMVNOも選択肢に出てくる)

2014年10月29日水曜日

2014年10月28日の睡眠と、29日の健康

昨晩家に帰って、ようやくアカシジアは楽になったが、それでもなんとなく体調は悪かった。ネットを見て早めに風呂に入り、寝たのも早かった。本も読んだが話が難しすぎて、途中で嫌になったのでキリの悪いところで中断した。

睡眠は、前半は熟睡。4時ぐらいからトイレに行きたくて、何回か目を覚ました。しかし眠気が勝り、結局起きなかった。布団を昨晩が少し厚くしたので、寝心地はよい。朝は体調的にはまずまずに戻っていた。

会社に行き、昨日できなかった新製品の品番登録を午前中いっぱいかけて行った。いつもなら焦りとともに作業をするのだが、なぜか今日は冷静な気分で作業していた。実際に40機種と特注品の登録依頼追加で15機種ぐらいを午前中で終わらせたが、集中力はあった。

午後はその分疲れて乗り気ではなかったので、雑務をこなしていた。ハンコ押しだとか、通知書の発行だとか簡単なやつである。それでも疲れてきて、最後はダラダラしていた。

帰宅時にネットを見ていて、佐野元春のアルバムハイレゾ化を知った。購入どうしようか迷う。正直、僕の耳ではハイレゾの効果はほとんど受けられないからである。あくまで気分でしかないので、ためらっているのである。値段もCDより高いし。

佐野元春、EPIC時代のオリジナルアルバム12枚をハイレゾでリリース

今朝、Twitterを眺めていたら、佐野元春に関する情報が流れてきた。で、それを確認に、ソニーが運営しているmoraという音楽配信サイトに入ったら、情報が確認できた。今日10月29日に佐野元春の80年代オリジナルアルバム、「Back to the Street」、「Heart Beat」、「SOMEDAY」、「VISITORS」、「Cafe Bohemia」、「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」が96kHz、24bitのハイレゾ音源で配信スタートしている。各アルバムの価格は3200円で、今回は1曲単位での購入も可能。1曲540円という設定になっている。「VISITORS」に関しては、本日デラックス・エディションのCD+DVDがリリースされるということもあり、ハイレゾの噂はあったが、その他のアルバムに関しては寝耳に水だったので、驚きを持っている。そして、11月19日には、90年代のオリジナルアルバム6枚、「Time Out!」、「Sweet16」、「The Circle」、「フルーツ」、「The Barn」、「Stones and Eggs」のリリースも控えているとのこと。ファンとしては、アナログ音源に近い音質になるハイレゾ化は嬉しいが、予算を考えると、ハイハイと買うわけにもいかないのが、辛い。幸いCDなどと違って、単なるデジタルデータの販売なので、品切れという概念はないだろうから、慌てて購入しなくてもしばらくは販売し続けるだろうという楽観した見込みはある。折を見て、購入検討していきたい。

2014年10月28日火曜日

2014年10月27日の睡眠と、28日の健康

昨日の夕方、ネットをざっと見終わり、夕食を食べてから、少し早めに風呂に入った。またベッドでゴロゴロしていると寝ちゃいそうだったからである。早めに風呂に入ると、少し目が覚める。ニュースを見ながら、ベッドに横になっていた。

翌日は会社があるので、9時45分には就寝した。ただ、寝つきは悪く、また睡眠の質も良くなかった。何回も目が覚め、寝た気がしない。休日英気を養ったから、朝起きた時は疲労感はないが、気分は良くない。

会社に着いてメールを確認すると、30件ぐらい入っていた。とりあえずざっと見て、優先順位をつけ、処理していった。

今日面倒だったのは、壊れたシュレッダーの買い替えにおける費用の分担のやり方を探すのと、新しい商品の品番コード作成の手続き、それから中国からの新製品品番登録53機種だった。特に最後のは、午後アカシジアで辛かったために、思うように処理できず、1/5程度しか入力できなかった。

アカシジアは定時を回っても続き、帰宅時にも背中がそわそわしていた。気持ち悪いので、駅で本日最後のユーパンを頓服で飲み、帰りの電車を座れるチャンスがあるにもかかわらず立って帰宅したら、なんとか解消した。

docomo、営業利益が低迷で、業界3位に陥落

今日の日経新聞の記事によると、docomoの2015年度3月期の営業利益は、6500億円にまで落ち込むそうである。これにより、競合他社と逆転現象が起こり、業界3位の順位に落ちると言われている。まあ多少興味を持ってみたが、落ちるの当たり前だよなと思う。サムスンなどのサポードが手厚くないスマートフォンを投げ売りし、頼みの綱のiPhoneは、他社に比べて一括購入代金が高いから、2年毎の交換しか見込めない。新しい料金プランは、電話をしない層にはとても不公平で、評判が悪い。それでも新プランに1000万件加入しているのは驚きだが。旧プラン廃止だから、仕方なく入っていると思われるのだが、これだと旧プランを残しているau、SoftBankに客が流れるのは当然と言える。さらに加えてLTEの速度の遅さ。これは日本のLTEの平均速度をdocomo1社で下げているとまで言われているぐらいである。そろそろなんかしないといけないのではないかな、と思うのだが、docomoはそんなこと考えていなさそう。コンテンツで稼ぐ気らしいし。僕は現在docomoのMVNOであるIIJmioのSIMをまたテストし始めたところであるが、docomoは土管屋としてしか見てないなと思う。多分IIJmioに契約変えるのではないかと、考えているが、屋台骨のdocomoがインフラしっかりやってくれないと、MVNOは全滅するので、頑張ってほしい。

2014年10月27日月曜日

2014年10月26日の睡眠と、27日の健康

昨日の夕方、姪から電話があった。土曜にお菓子が手に入ったので、姪にプレゼントしたのだが、そのお礼である。で姪と話していると、どうも今度の年末年始にまたディズニーランドに行きたいらしい。また姪に付き合ってディズニーランドを楽しむかな、と思った。

夕食後、コンタクトを外し、ベッドに横になっていたら、うとうとしてしまった。一旦うとうとすると、起きるのは辛いが、とにかく歯磨きと風呂に入らねば、と無理に起きて歯磨きと風呂に入り、その後しばらくしてから就寝した。

睡眠はまあまあ。5時半ぐらいにトイレで目覚めたが、また寝てしまったようで、8時まで寝ていた。ただ、まだ眠い感じはする。

朝食を食べて、洗濯をした後、携帯料金の見直しをしていた。今auで契約しているが、IIJmioにMNPするとどうなるのかシミュレーションしていたのである。その結果は当然ながら、iPhone 6 Plusの購入代を入れても、IIJmioの方が安い。12月にauの更新月だから、IIJmioにMNPを考えてみようと思う。そのために、今サブで回線を持っているIIJmioのSMS付きデータ回線のテストをまたやってみることにした。

昼食を食べにショッピングセンターに出かけ、サイゼリアでランチを食べた。その後スーパーに行くと、100gいくらでの惣菜コーナーができていたので、その惣菜を購入した。

家に帰ると、目が痛いのでコンタクトを外して、メガネに変えた。それで午後はだらだらネットを見ていた。

幸いなことに家にいたために、佐野元春のチケットの書留を待たずに受け取れた。これで11月のライブ2連チャンのチケットが届いたことになる。

佐野元春の2014年秋のツアー、福岡公演のチケットが届く

佐野元春の2014年の秋のツアーのファンクラブチケット先行予約をしたのが、今年の7月ぐらいだったと思う。チケットは当然ながら当選して、発送をずっと待っていた。公園の3週間前にあたる今日、そのチケットがようやく届いた。早速席を確認してみると、先行予約ということもあってか、かなり前の方なので、これは嬉しい。会場となるのはZEPP福岡で、土曜日公演なので、時間的にも余裕がある。後は当日が来るのを待つばかりである。現在、意図的にネット上の情報を封じている。ある程度ネットの使い方を知っていれば、情報を封じるのは、そんなに難しくはない。ただ、福岡公演はツアーのかなりお尻の方なので、実際にライブに行って、セットリストを知って、ネットに書き込んでもあまりアクセス数は望めない。すでにアクセス解析では、この秋のツアーのセットリストを探すキーワードでこのブログや「がちゃんの部屋」に来る人がいるが、当然何も書いていないので、ファンの人は落胆していると思う。そういう意味では、ツアー終盤というのはなかなかつらいところであるが、バンドとしては多分乗っているところだと思うので、それは楽しみである。

2014年10月26日日曜日

2014年10月25日の睡眠と、26日の健康

昨日の夕方、なんとか時間ができて、ビデオを2本見ることができた。その後夕食にしたために、気分的に楽。好きなビデオ鑑賞だが、あまりに量が多くなっているので、負荷になっている。

寝たのは10時15分ぐらい。最初は熟睡だったが、5時半ぐらいに目覚めると、再入眠が難しかった。しかしそれでもベッドの中に入ると、ようやく寝られたらしく、8時まで寝ていられた。

ようやく体調も元に戻った感じ。明日有休を取ったため、今日が休日の中日というのも、気分を楽にしている。部屋の掃除をした後、ネットを少し見て、ビデオを1本見た。

昼前に昼食を取りに出かけ、その後夕食のおかずを買いに行った。いい加減揚げ物も飽きてきたので、今日は簡単に焼ける牛のもも肉を買ってきて、焼肉にすることにした。

午後は映画観る気力もあったので、Blu-rayで映画鑑賞。それなりに面白く、映画観たな、という気分にさせてくれた。

映画の後はレビューを書いて、いい感じに喉が乾いた後、レビューをWebサイトにアップ。それからコーヒーを飲んだ。

映画「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD(Blu-ray)/スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。コミックの実写映画化という内容だが、IMDbでの評価の高さに反比例するかのように、興行収入的には惨敗している作品。テレビゲームとか、カンフーとか、ロック好きには結構楽しめる映画なのではないかと思うが、そういうのに縁のない人には、世界観についていけないと思われる映画である。冒頭から芸の細かい映像表現をしているので、これについていくのは最初は戸惑うと思う。それを乗り越えれば、結構面白いのだが、また登場人物への感情移入の度合が難しい映画で、それも駄目だと、やはりこの映画についてはいけない。結構ハードルの高い映画だと思うのである。個人的には一部登場人物に感情移入できなかったため、主人公スコット・ピルグリムの行動に納得いかないところはあったが、スコットのバトルシーンは、結構カンフーが入っていたので、ボンクラ映画としてはまずまずの面白さだと思った。その辺が作品を楽しめるか楽しめないかの分かれ目だと思う。

ガンダム Gのレコンギスタ 第5話「敵はキャピタル・アーミィ」

あらすじ

宇宙海賊の宇宙船メガファウナに乗り込んだままのベルリたちは、宇宙海賊への借りを返そうとしていた。宇宙海賊のメガファウナは、陽動作戦で大気圏外に出ようとしていた。その中、キャピタル・アーミィがマスクの男をリーダーに、ベルリ奪還を旗印に襲撃してきた。クリム・ニックはモンテーロで出撃するが、マスクの男に苦戦する。ベルリはG-セルフと分離してしまったコアファイターを苦戦しながら、なんとかG-セルフにドッキングさせ、ニックの応援を果たす。

感想

また新たな敵が登場して、ますますキャピタル・アーミィの存在が怪しいものになっていく第5話。ベルリが意外と宇宙海賊のメンバーに馴染んでいるのが印象的である。ニックとのやり取りは漫才のようですらある。そして今回初登場のキャピタル・アーミィのマスクの男、どう見てもベルリのキャピタル・ガードの同級生ルインがマスクをかけて出撃しているようにしか見えないのだが、本当のところはどうなのか、今後の活躍に関心を持たせる。結構戦闘能力はあるようで、ニックのモンテーロを追い詰めているので、ベルリの強敵になりそうな気がする。

2014年10月25日土曜日

2014年10月24日の睡眠と、25日の健康

昨晩も食後、日本酒をちびちびやりながらネットを見ていた。宅配便が届くので、それまで待ってから風呂に入った。1週間体調が悪かったので、昨晩も早くに寝た。それでも3時に目覚めると、なかなか再入眠できない。気がつくと、4時半、5時半と、1時間ごとに目覚め、その都度「もう寝られないなら起きるか」と思ったが、早すぎるので布団の中にいた。結局7時に目覚めたのでそこで起きた。

昨日届いた宅配便はお菓子の詰め合わせで、姪に送ってあげるので、手続きをしていた。今日も体調は今一つだが、休日なのでまだ気分的にまし。ただ、気がせくので早めに病院に通院に行った。

病院では時間が少々かかった。この1週間の疲れのことは話はしたが、特に処方に変更はなく。病院の後、酒屋に行くと、友人と盛り上がっていた芋焼酎の「赤霧島」が売っていたので入手した。

それからだいたい40分程度のウォーキング。体調の不具合が少し解消された。血が巡ったからだと思う。昼食にベーグルと生ビール。なかなか美味しい。食後はスーパーに行き、夕食のおかず等を買い、家に戻った。

少し落ち着いてからビデオを鑑賞。それから洗濯物の片付けと、宅配便の受け取りと少々忙しい。なんか集中力はない感じで、Macに向かっているのも億劫な感じはする。

伝説巨神イデオン 第22話「甦える伝説」

あらすじ

バッフ・クランに伝わる「イデの伝説」。それは勇者が怪獣を倒し、女王を自分のものにしたという言い伝えである。その「イデの力」を求めて、バッフ・クランはソロ星にやってきた。そこでカララの軽はずみな行動から、バッフ・クランはソロ星の地球人移民者に対し、攻撃を仕掛けてしまう。コスモたち移民者は、成り行きで調査団が発掘していた遺跡に乗り込む。その遺跡は変形をして巨大ロボットになった。そして地球人とバッフ・クランの戦いは幕を開けた。

感想

エピソードしては、総集編だが、最初の数話だけの総集編に絞っているために、物語の成り立ちが明白になっていると思う。バッフ・クランと地球人のいさかいも、何がきっかけでそうなったのかが明白になっている。その代わりにその後の展開は放置されているので、このエピソードからいきなり次のエピソードに移っても違和感がないようになっている。

スター・トレック エンタープライズ 第19話「獲物たちの罠」

あらすじ

エンタープライズのクルー全員が、謎のエイリアンの襲撃を受けて、昏睡状態になる。その隙に謎のエイリアンは、エンタープライズから金になるものを次々と盗んでいく。その中でただ一人昏睡状態から回復したタッカーは、トゥポルだけ正気を取り戻すことができ、エイリアンの手によって起こされたアーチャーと協力して、さらに金目のものを探すエイリアンを撃退しようとする。

感想

「あらすじ」本文には謎のエイリアンと書いたが、実はフェレンギがエンタープライズと遭遇する話である。フェレンギと書かないのは、映像内ではフェレンギと称する印はどこにもないし、そもそもフェレンギは「新スター・トレック」で初めて人類と遭遇したことになっているから、「エンタープライズ」で初遭遇したことにすると、歴史が狂うからだと思う。そのせいで「ディープ・スペース・ナイン」でギャグ担当の役割を担ったフェレンギの面白さが、いまひとつの部分はある。フェレンギの一人を演じたのが、「ヴォイジャー」でニーリックスを演じた役者さんなのは、お愛嬌といったところか。まあこういう展開を描かれると、本放送時に低視聴率に喘いでいたというのが、なんとなく実感できる。

2014年10月24日金曜日

2014年10月23日の睡眠と、24日の健康

昨晩は、眼鏡をかけていたので、コンタクトの取り外しがなくて、楽に風呂に入れた。まあコンタクトの外し方も慣れてはきたが、それでも外れない時がしばしばある。そういう時は苦戦する。それがないので、早めに風呂に入れて、風呂上がりを少しのんびりできた。

今日の朝が会社への出社が早いので、昨晩は9時45分には寝てしまった。やっぱりやる気がないからであるが、眠りはあいからわず、浅くて、夢も見て、体調回復とはいかなかった。

朝食後、アカシジア止めの薬を飲んでいるのだが、ついでに以前買っていたビタミンBのサプリメントを飲んでみた。疲労回復にいいかと思ってのことである。

会社に行くと、最初に朝会資料のWeb版作り。それが終わると朝会である。はっきり言って集中力なくて、「早く終わらないかな」とばかり思っていた。終わるとほっとする。

サプリメントを飲んだせいか、少しだけ体は楽。ただ、それでも疲労感は抜けない。気力もわかず、辛い1日を過ごした。午後4時ぐらいになると、アカシジアも発症し、定時までが厳しかった。まあ1時間半我慢だったので、少しは楽。

定時になって帰るとほっとする。月曜は年休入れたので、少し疲れが癒せるかと思う。

iOS 8.1でiPhoneのWi-Fi不安定が解消された模様

この記事は本当は21日に書きたかった内容である。以前、iOS 8.0.2でWi-Fiが不安定になるiPhone 6 Plusの記事を書いている。それでiOS 8.1がリリースされた21日の夜には、アップデートを完了していた。がしかし、修正項目に「Wi-Fiに置いて一部のベースとの接続性の改善を実施」とはあったが、本当に改善されたかは何日間か使ってみないとわからないだろうと思ったので、他のサイトが、実証実験もないまま、ネット上(まあだいたいTwitterのつぶやき)の声を集めて、「Wi-Fiが改善」とか「Wi-Fiは直らず」とか書いていても仕方ないことだと思っていた。それで3日間、電源リセットはせず、普通に使っていて、Wi-Fiが不安定にならないか動作チェックしていた。自宅では、BUFFALOの安物Wi-Fi親機、WHR-G301Nで、40MHz帯域で、光端末からブリッジ接続で、11g/nで接続している。外では通勤時はau Wi-Fi2を地下鉄の駅構内で接続ししている。会社はセキュリティ上、Wi-Fiに接続できないので、4Gのままという構成である。iOs 8.0.2では電源リセット後2-3日で、自宅のWi-Fi電波を見失うというトラブルを抱えていたが、iOS 8.1ではそういうこともなさそうである。速度も、MacBook Airで測った時とそう違いはないので、特に問題にならないと言える。個人的にはiOS 8.1では問題が解消されたのではないかと思える。ただ、まだ様子見であることには違いないが。この記事を書いた後に症状再発の可能性もある。この件は、また何かあれば追記していきたい。

2014年10月23日木曜日

2014年10月22日の睡眠と、23日の健康

昨晩はフレックス退社だったので、家に早く帰れた。で先に洗濯物を片付け、それから夕食にした。その方が気分が楽だと思ったからである。ネットをは一通り見て、風呂に入り、本を少し読んで、10時10分には就寝した。

睡眠はあまり安定しない。途中目覚めるし、夢も見たから、あまり熟睡できていないのだと思う。朝はアラームより早くに目覚め、それでいて眠くてしょうがなかった。

体調もあまり良くない。とにかくだるい。集中力もないから、何もしたくなかった。会社に行って、まず最初にコーヒーを飲んでいた。飲まないと頭が重かったからである。

今日は時間が経つのが遅くて、苦痛の1日を過ごしていた。仕事も辛く、やる気なし。午後もコーヒーを飲んでいたが、眠かったので、午後、少し昼寝をしに行った。調子悪いのがわかっていたから、今日はコンタクトをはめず、眼鏡で出勤していた。それで昼寝ができた。

定時になって早急に帰る。それでも調子は良くない。とりあえず緊張から解放されただけで、頭は重いままだった。

最近の若者は、PCが使えない

ネット上の記事で知ったのだが、最近の若者はPCが使えないらしい。どうも若者中心にスマートフォンの普及がすごくて、スマートフォンのフリック入力はものすごいスピードで入力できるのだが、PCを持っていないため、キーボードを叩けず、入力速度がとても遅いという。これは大学でも問題になっていて、レポートをまとめる際にも、多くの若者がタブレット端末で下書きを行い、清書をPCでようやく出来るという状態であるという。このニュースを聞いたとき、時代は変わったな、と思った。確かに普通のネットの利用では、PCよりタブレット、スマートフォンのほうが簡単にできるように思える。しかし、それって進歩がないのではないかと思われる。PCでは出来るはずのプログラミングが、タブレットや、スマートフォンでは、できないからである。つまり簡易的な利用のはずのタブレットやスマートフォンに依存しすぎて、本来のITの主軸であるはずのPCに疎くなっているのは、本末転倒であると思える。個人的には両方を使い分けられるようになっているのが、理想だとは思う。

2014年10月22日水曜日

2014年10月21日の睡眠と、22日の健康

昨晩も早くに寝た。といってもネットが早く見終わったので、風呂に入り、本を少しだけ読めた。寝たのは10時である。

睡眠の質は良くない。最初に目覚めた時は、午後11時30分だった。その後も眠りが浅くなる。その時に昨日の昼から痛んでいた腹部の様子が、痛みを発し、寝るのが少々苦しかった。

朝は6時35分に起床。洗濯をするためだが、どう考えてもあと5分遅くても十分間に合うっぽい。来週から変えてみようと思う。

昨日よりは体調は回復したが、まだなんか疲れている。午前中は、決裁の確認をしたり、特注品の登録したり、統計資料を作ったりしていた。

午後は疲れが出ていて、何もしたくなかった。仕事をしたくないし、遊びたいわけでもない。とにかく早く会社終わって解放してほしい、と思っていた。体がだるく、眠気も少々あった。

本当は今日アメリカに転勤する人の壮行会があって、その人とちょっと仕事上では関係あったから、参加しようかと思っていたが、体調悪いのと、会場の場所を聞いて、出る気力がなくなったので、欠席にしてもらった。

iPhoneが売れるほど、貿易赤字が拡大?! 消費税10%の判断に影響

産経新聞の記事によると、政府関係者がiPhoneの売れ行きに注目しているという。それはiPhoneが輸入品であることから、iPhoneが売れれば売れるほど、貿易赤字が増大し、消費税10%への指針となる7-9月度の国内総生産(GDP)に影響するということである。これは僕的には意外な展開。確かにiPhoneは輸入品だな。もっともそれ言うと、売れているスマートフォンって、だいたい海外製ではないだろうか。国産メーカーは撤退が相次ぎ、残っているところが少ないと思ったが。消費税10%になると、かなり厳しい出費になるので、個人的には8%のままで止めていただきたいと思っている。SIMフリーiPhone 6 Plusを買った時に消費税の高さに唖然とした記憶があるからである。いつもは少額の品物しか買わないところに、9万円の商品買ったのだから、消費税が高いのは当然なのだが、Apple Careを加えたら、下手なノートパソコン買うより高い金額にめまいを起こしてしまった。それでも日本ではiPhoneが売れるのだから、仕方はない。このまま売れて、消費税10%の導入延期がいいと思う。

2014年10月21日火曜日

2014年10月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩非常に疲れていて、食後に泡盛を飲んでいたら、疲労感が強く出てしまった。風呂に入って、ニュースを横になりながら見て、本も読めずに10時には就寝した。

睡眠はちょっと感じが違った。途中何度か眠りが浅くなるのだが、疲れで強引に睡眠に戻される感覚があった。なんか夢も見たかもしれない。とにかく疲労を取ろうとする体の動きがあったのは確かである。

朝起きた時もまだ疲労は残っていた。会社に行っても疲れたまま。調子悪いから、午後から帰ろうかと思ったぐらいである。

それでもなんだかんだで対応しなくてはいけない懸案が出てきて、帰るに帰れなくなった。いろいろ問題があり、課題解決に他の人と相談、検討せざるを得なかったのである。午後帰れないのなら、フレックスで早く帰ろう、と思ったら、それも打ち合わせで駄目。結局定時を10分過ぎて、ようやく帰れた。

朝から今日はネットでiPhoneのOSの最新版の動向を探っていた。僕の持っているiPhoneのWi-Fiのトラブルが解決されているかが、気になって仕方なかったのである。結論はわからない、だった。で、家に帰ってきて、自分で実験と思い、アップデートをかけた。

「バットマンvs.スーパーマン」に女性のロビンが出演?! エキストラが語る

現在撮影中の「バットマンvs.スーパーマン」。そのキャラの出演の中で、バットマンの相棒ロビンが、どうも女性ではないかという噂が流れている。これは「クランクイン!!」というサイトからの情報だが、どうも撮影中のエキストラの話として、ジェナ・マローンという女優がロビンを演じていると、地元放送局に話をしたそうである。この話を聞いて、「ああ、これって、ダークナイト・リターンズの設定だよな」と思った。フランク・ミラーの描いたバットマンシリーズの異色作、「バットマン:ダークナイト・リターンズ」では、バットマンの新たなる相棒として、ロビンに扮するのが少女だったからである。ダークナイト・リターンズでは、バットマンがスーパーマンと戦う場面があり、その時にバットマンはパワードスーツを着込んでスーパーマンの強大な力に対抗しようとするが、スーパーマンも実は太陽の光が受けられなくて、力が弱っているという設定で、両者の力が拮抗している状態だったと思う。今回の「バットマンvs.スーパーマン」がどういうストーリーになるのかは知らないが、多分ダークナイト・リターンズの影響を受けた展開になるのではないかと思われる。どちらにしても、バットマンもスーパーマンも好きなので、この両者の顔合わせは楽しみである。ただ、バットマンをベン・アフレックが演じるのはちょっと違うなと思うが。

2014年10月20日月曜日

2014年10月19日の睡眠と、20日の健康

昨晩、夕食後、ベッドでゴロゴロしていたが、昼寝を少ししたためか、あまり眠くはなかった。それで小説を読み始めたら、結構面白くて、最後まで読みきってしまった。その勢いで、買いためてある硬派な本まで読み始めてしまった。

寝たのは10時15分。最初は熟睡だったが、深夜3時ぐらいから眠りが浅くて、寝た気がしない。それどころか、なぜかは知らないが首と腰が痛くてしょうがなく、6時過ぎに痛さで目覚めてまくらを取り、体を伸ばして寝ていたぐらいである。

会社に行くと、部長から話があって、社内の机の上の清掃について、課内に徹底するようにという指示があった。それで朝会時に話をして、皆に徹底をした。しかし、僕の机の上にあるテッシュペーパーの箱すらみっともないと言われて、「なんだ、それ?」とあっけにとられていた。

今日は特注品の登録依頼が多く、難儀していた。結構な件数こなした。ちょっとうんざりもしていたが。

午後営業の人から呼ばれて、シュレッダーのところに行くと、どうもシュレッダーが壊れた模様。紙が完全に刃に詰まっていて、モーターが空回りをしている。そうしたら営業の人が「分解して清掃する」と言い出し、それに巻き込まれた。結局1時間あれこれし、直らなかった。紙のホコリがすごく、身体中に浴びたので気持ち悪かった。

そのせいで定時を迎えるのは早かった。帰りは電車が座れなかったが、どうもシュレッダーの清掃で足腰を使っていたらしい。かなり疲れていた。

小渕、松島二人の大臣が辞任

僕が政治の話を書くのは珍しいのだが、今日はトップニュースになっていたので、ちょっと書いてみる。今日は安倍内閣の二人の女性大臣が辞任した。両方とも不自然な行動にまつわる疑惑で辞任をしたのであるが、いつも思うのだが、なんで政治家って、反省をしないで同じようなトラブルを起こすのかな、と思ってしまう。大臣に任命されるということは、それだけ責任を負うということであり、その分身の潔白を保障しなければならないと言えるのであるが、両名共それに対して極めて甘い。小渕大臣は、観劇の支出に対して不明朗な部分があり、松島大臣は、うちわを配ることで、法律に抵触しているというちょっと内容は異なる部分はあるが、どちらにしても同じである。やはりもっと潔白でないといけないと思う。これだから政治家は嫌いなのである。

2014年10月19日日曜日

スーザン・コリンズ著「ハンガー・ゲーム(下)」メディアファクトリー

全米で大ヒットを記録した映画「ハンガー・ゲーム」の原作本の下巻に当たるのが、本書。この下巻では、ハンガー・ゲームでのカットニスのサバイバルが描かれている。その中で、ハンガー・ゲームのオーガナイザーの反則技によって、ルールがいろいろ変更され、カットニスは同郷の出身者であるピータと、恋愛感情のようなものが芽生えてくるが、それが本物なのか、違うのかは本人すら意識していないという展開で進んでいく。映画版と違って、カットニスの死闘が克明に描かれているので、オーガナイザーの反則技も、主人公を危機に陥れるための技として素直に受け入れられる。カットニスがピータのことを恋愛の対象としているかは、本人が子供を持ちたくないという意識を持っていることからも、微妙である。ただ、戦いの中でピータに救われ、それに感謝していることだけは確かなのと、ピータ自身はカットニスのことを本当に好きなのだろうということが、明白に見えてくる。小説を読む限り、この上下巻で物語が完結しているわけではなく、第2巻以降も続く余韻が残っている。実際に小説は第3巻まであるし、物語が続いていくのであるが、その続き具合が小説の最後としては不安定な余韻を漂わせている。

2014年10月18日の睡眠と、19日の健康

昨晩、なんとか食事の後ビデオを見て、いつもの土曜に見ている内容はこなした。それで安心して、早めに風呂に入り、「アド街ック」を見て10時に寝てしまった。

熟睡感を期待したが、夢の中でも会社の上司に叱られている状態で、気分が悪かった。朝も一旦6時15分に目覚めると眠れなくなったが、起きたくなかったので布団の中にいたら、そのままウトウトしたらしく、8時まで寝ていた。

朝食後、洗濯と掃除をし、ネットを見ていた。その後ビデオを1本見て、またネットに戻った。

体調がなんとなく意欲がなく、昼食後の映画鑑賞もしたくない感じだった。昼食後、コーヒーが飲みたくなり、スターバックスに行って、コーヒーを飲みながらiPhoneを眺めていた。

家に帰ってきてから、気分が乗らないので缶ビールを1本飲み、その後昼寝。コンタクトを外して、ウトウト寝ていた。寝ると意欲はますますなくなり、起きるのが辛かったが、3時半に一応起きて、コーヒーを飲んで目を覚ました。

洗濯物を畳み、夕食の支度をして、ネットに向かった。

ガンダム Gのレコンギスタ 第4話「カットシー乱舞」

あらすじ

宇宙海賊のもとに連れて行かれたベルリとノレド、ラライヤは、アイーダの指示のもと監視対象になる。そしてG-セルフを動かすことのできるベルリに対し、クリム・ニックはG-セルフの起動テストを命令する。一方キャピタル・タワーでは、新設されたキャピタル・アーミィによるベルリ救出を名目にした宇宙海賊征伐の軍事行動が開始された。キャピタル・ガードの教官デレンセンは、カットシーの部隊を引き連れ、宇宙海賊に攻撃を仕掛ける。その戦いの中、ベルリはG-セルフでカットシーの攻撃をかわす。

感想

少しずつ謎が明らかになるのと、物語が本格化していく第4話。キャピタル・アーミィがどうもキャピタルと、それに対立するアメリアに対する軍事隊であるようなことが見えてくる。そして宇宙海賊がどうもアメリアの所属であるような感触をも漂わせてくる。その中でベルリが人質になっているのに意外と平然としていて、悲壮感がないのは、彼が素直で、状況に順応しているからである。アイーダの名字も明らかにされ、宇宙海賊のメンバーも徐々に描きこまれてくるので、話が面白くなってきている。

2014年10月18日土曜日

伝説巨神イデオン 第21話「敵戦艦を撃沈せよ」

あらすじ

ギャムスの攻撃をかわしたソロシップは修理も終わり、亜空間飛行に移行した。その頃、バッフ・クランのハルルは、これまでに集めたイデの力のデータを本国に持ち帰ろうと、ドロワザンを亜空間飛行に移行させた。しかし、イデの力がパワーアップしていて、ドロワザンはソロシップに惹きつけられるようになる。ソロシップとドロワザンは戦いを強いられるが、ドロワザンの方が不利だった。そこに何者かがハルルに脱出ポイントを知らせる。ハルルはそのポイントで亜空間飛行を解除するが、ソロシップも同時に解除し、2艦は白兵戦を行うようになる。

感想

ここにきて、イデの力がなぜか知らないが、パワーアップしていて、ソロシップとバッフ・クランがその力に巻き込まれて戦いを強いられる話。あまりにイデの力がパワーアップしているので、途中でイデオンがドッキング分離を起こしてしまうほどである。今エピソードでハルルは一旦退場し、新しい敵が出現することになる。ギジェも復活の模様。で来週はこれまでの総集編。話がだんだん佳境に入りつつある中で、一旦整理しようという意図があるものと思われる。

2014年10月17日の睡眠と、18日の健康

昨晩は、週末の開放感に浸れていた。会社の嫌なことも一瞬だけだが心の隅にどけておくことができた。食後、泡盛を飲んで、気分良くしていた。

入浴後、週末の昼間にやろうかと思っていた、Mac OS X Yosemiteのインストールを行った。夜ということでファイルのダウンロードに時間がかかり、結局アプリのアップデートまで含めると、2時間かかった。

寝たのは11時半。だが睡眠の質は良くない。しばしば眠りが浅くなり、不愉快に感じた。それで朝は6時15分に目覚めると、もう眠れそうになかったので、そのまま起きた。土曜日だが、早起きしていろいろしようと思った。

洗濯をし、朝食を食べてから、ちょっとMacをいじり、8時過ぎに家を出た。せっかく早くに起きたので、太宰府にある九州国立博物館で、開催中の国立故宮博物院展を見学に行ってみようと思ったのである。目玉の肉形石を見たかったからである。

9時40分に会場に到着すると、すでに40分待ち。それでも少しずつ列は動いていたので、まだ我慢はできた。肉形石は入館してすぐに展示されていたので、じっくり見る。まさに豚の角煮と言ってもいい出来栄えで、2年前に台湾に旅行した時にも見たが、今回感激度が増していた。

その後は混雑の中、展示物を眺め、1時間半ぐらいで会場を出てきた。腹も減ったので、太宰府天満宮の参道で昼食を取り、天満宮にお参りをしてから家に戻った。

2時に家に着いて、1時間はちょっとネットを見、それからコーヒーを飲んで、洗濯物を畳み、ビデオを1本見た。ここまで来てようやく少し時間のゆとりができた感じである。

スター・トレック エンタープライズ 第18話「幻を狩る惑星」

あらすじ

エンタープライズは、恒星の軌道上にない、はぐれ惑星を発見する。そこにはヒューマノイドの存在はなかったが、生命体はいくつかいるようなので、上陸して、探査に出た。その惑星で、アーチャーたちは、異星人と遭遇する。別の惑星から来たその異星人は、この惑星の生命体を狩るためにやってきていたのであった。合流した夜、アーチャーは美しい女性から、助けを求められる。ヒューマノイドがいないはずの惑星で女性を見たことに対し、アーチャーは疑念を抱くが、次第にその女性の正体と、アーチャーに接触してきた意味を知る。

感想

アーチャーがはぐれ惑星に住む特殊な能力を持った可変種の命を救うために、一計を案じるスター・トレックらしい一編。最初、単に獣を狩る種族だと思っていた異星人が、実は可変種を狩ることに命を掛けていて、また、可変種自身がその狩られることに恐怖心を持って、異星人に対抗しているところが一種の立場を表していると思える。アーチャーはその立ち位置を少しだけ変えて可変種に有利になるように対応を取ったところが、面白い。それも異星人に知らせずに。単純な善悪では片付けられない展開だと思う。

九州国立博物館で台北国立故宮博物院展を見に行く

今年の6月あたりから、福岡県の太宰府にある九州国立博物館にて10月に台北故宮博物院展が開催されるという話を聞いていて、ちょっと関心を持っていた。2年前に台北に観光に行った際に、国立故宮博物館に見学は行っていて、展示物でも人気の高い、翠玉白菜と肉形石は見物している。とは言うものの、その時には予備知識がなかったため、人気が高く、見るのに苦労するとは知らなかった。で、今回、日本で故宮博物院展を開催するということで、チャンスがあれば見に行きたいなと思っていた。先週末は台風の接近ということもあり、行くのを躊躇していたが、今日は穏やかな天気ということもあり、見物に行った。

朝は8時過ぎに家を出て、9時40分ぐらいに九州国立博物館に到着したが、この時点ですでに40分待ちだった。ただ列はダラダラ動いているので、あまりストレスにはならなかった。入場ゲートを潜ると、すぐに肉形石の展示になっていた。改めてじっくり観察すると、とても精巧に作られているのが分かった。まあこれを見るだけでも価値はあるのだが、その他の展示物も、中国4000年の秘宝コレクションがいっぱいで見る価値はある。肉形石の展示は、この20日までなので、ほとんど時間はないが、機会があれば見ておいたほうがいい。

2014年10月17日金曜日

2014年10月16日の睡眠と、17日の健康

昨晩、面倒になったので夕食のおかずは、駅前のコンビニで買ってきた。そのため時間に15分のゆとりができ、洗濯物のアイロン掛けに当てられた。それでネットを見てもあまり遅くならずに、9時過ぎには風呂から出て来れた。

で疲れたので10時に就寝。ストレスがあったが、睡眠の質は少しマシ。途中夢も見たし、眠りが浅くなる事もあったが、一応朝起きた時には昨日の落ち込んだ気分は、かなり解消されていた。

午前中、統計資料の作成をし、ネットにアップをし、課長職以上に情報発信をした。これで暇になり、後はだらだら。といっても午後に重たい仕事があるので、気分は若干Blue。

その重たい仕事とは、昨日のゴミ捨ての方法についての周知徹底で、関係者に集まってもらって、説明をしたのだが、一人、こちらの予想通り、反発があった。で、その話を一応受けて、上司に報告したら、当然だが叱られて、再度リカバリーでその担当者に強く指示をした。そうしたら、一応同意したみたいである。

更に抜けている部署のフォローもしろ、と指示を受けて、各部署の責任者に話に行ったので、精神的に疲れた。ただ、各部署の責任者は、基本的に快諾していただいたので、まだ良かった。

夕方になると、そんな精神的負担が重なったのか、アカシジアで苦しんだ。夕方なので、何とかユーパン頓服で、定時まで我慢し、そのまま帰ってきた。来週は来週で問題ありそうだが、一旦は2日間リセット出来ると思うと、ほっとする。

Apple、OS X Yosemiteをリリース

今日の深夜2時、Appleのスペシャルイベントがあった。新製品の発表会で、iPad Air 2、iPad Mini 3、Mac mini、iMac 27inch Retina 5K Displayと、かなり多岐に渡っていたが、僕が関心あるのは、Mac OS X 10.10 Yosemiteであろう。前回からOSは無料で配布される事になったが、今回もその例に漏れず、無料でアップグレード出来る。しかし、インストールファイルが5GB以上とかなり巨大なので、時間のある週末しかアップデート出来ない。今回のYosemiteの最大のポイントは、iPhoneとの連携強化だろうと思う。iPhoneに着信した電話をiMacで受信出来るとか、iMacで作っていた文章をiPhoneで加工出来るとか、シームレスな連動が可能な点がポイントかと思う。まだアップデートしていないので、iPhone 6 PlusのiCloud Driveはオフにしてある。Yosemiteにしてからは、これの連携が効くので、オンにしてみようと思う。どちらにしても今晩は止めておきたい。アクセス殺到でファイルのダウンロードに時間かかりそうだし、ただいまiPhone 6 Plusとの同期・充電でOSをいじれる状態にはないからである。

2014年10月16日木曜日

2014年10月15日の睡眠と、16日の健康

昨晩は寝るのがちょっと遅くなった。ネットを見ていたら、Java、Adobe Flash Player、Adobe Air、Firefox、Thunderbird、Windows Updateと、何かありとあらゆるアプリのアップデートがあって、それの適用に追われてしまったからである。一気に来るのは勘弁して、と言いたくもなる。が適用しておかないと、ウイルス等の対応に遅れるので、とにかく適用はしておいた。

寝たのは10時45分。睡眠の質はあまり良くない。トイレこそ起きなかったが、やっぱり熟睡感は得られない。6時半に目覚めたので、そのまま起きて洗濯をしつつ、朝の支度をしていた。

会社に行って、今月最後の統計資料を作成した。これはまあそんなに手間がかからず出来たので良かった。が、別の社内清掃のチェックで、ゴミ捨てがなっていないと、指摘を受け、上司から叱られたので、気分が悪く、ずっと不機嫌な状態のままだった。上司からは「メールで徹底するのではなく、各部署の担当者に直接きちんと説明して、説明が徹底されたか見届けろ」とまで言われて、頭を抱えていた。

午後はずっと気分悪いまま過ごしていた。担当者は今日捕まらないので、明日説明するしかないし、今日は何も出来ない。ストレス溜まったままだった。

定時になってさっさと帰る。帰りに音楽でも聞ければ少しは気分転換になったかもしれないが、運悪く、Bluetoothのヘッドフォンが電池切れのため音楽が聴けずに、気分もリフレッシュ出来ない。それで家帰ってきて、食後に泡盛飲んで、憂さを晴らす事にした。

docomo、定額通話料金に加入一千万件突破

NTT docomoが公表したところによると、スマートフォン向けの通話定額サービスと、それに付随する定額パケット通信料の加入者が一千万件を突破したと言われている。大体加入者の2割程度だろうか。でも、これ、ネット上ではとても不評なのである。大体において、家族4人の全員加入を見通した検討をしないと、それ以外の加入者に取っては、割高になるからである。特に現在LINEなどの無料通話アプリが急速に普及している中では、どう考えても割高感は拭えない。それで、別の料金体系も存続していれば、まだいいのだが、docomoの場合、既にこのプランしかスマートフォンを使用するのに選べない、という罠が潜んでいるから、不評なのである。実際、話を聞いたところによると、iPhoneの商戦において、SoftBankとauは機種の在庫を切らしている事が多いのだが、docomoだけ余っているとか。まあ僕もdocomoからお帰り割の案内来ていたが、docomoにそのまま移動するなら、IIJmioにMNPする方がましだと思っているので、docomoはないなと思う。

2014年10月15日水曜日

2014年10月14日の睡眠と、15日の健康

昨晩家に着くと、宅配便不在の票が2つ入っていた。それで今日の夜の再配達手配を依頼し、それからネットを見た。

眠たかったので、昨日は10時過ぎに寝た。ユーパンを1日の限度量である0.5mg×6錠を飲んでいたので、熟睡かと思ったが、意外と眠りは浅い。途中でトイレで起きたり、朝はアラーム鳴る前に目覚めたりで、熟睡感はない。

朝の支度をしていて、iPhoneに産經新聞のアプリで本日の新聞のデータをダウンロードしようとしたら、通信がWi-Fiにならなかった。Wi-FiのOFF/ON、機内モードのON/OFFでは改善せず、電源のOFF/ONでようやく改善した。それをやっていたので、出勤は少し遅れた。

会社に行くと、また新製品の品番登録依頼。他の簡単な作業をこなしてから、それに取りかかったが、量は少ないので、割と早くに終わった。

その後は意欲がないので、だらだらと過ごしていた。ただ、夕方は明日の朝、職場内の清掃度チェックが入るので、見回りをしたり、机の埃取りをしたりしていた。

30分弱残業してから、家に帰る。当然電車はいつもより遅い。何か去年の15分ただ働きの状況を思い出した。

iPhone 6 Plus(iOS 8)でのWi-Fiの不具合発生

この問題はどうも機械(iPhone 6 Plus)というよりOS(iOS 8.0.2)の問題のような気がするが、ネット上でWi-Fiに関する不具合がいくつかレポートされている。その不具合としては、速度が極端に遅くなる、Wi-Fiの接続が途切れる、Wi-Fiのアクセスポイントを検出出来ないなど、色々ある。最初、僕はこの問題にはあまり気にしていなかったのであるが、ここ1-2日の間に、Wi-Fiが検出出来ず、無線LAN親機があるのにも関わらず、4G回線にしか接続出来ないという事態に遭遇した。とりあえず、電源のOFF/ONを行うと、症状は改善するのであるが、いつ再発するかのトリガーが不明なため、対処法がない。ネットでは、iPhoneのネットワークの設定のリセット、無線LAN親機のリセット、iPhoneの位置情報のWi-Fiネットワークの停止、などいくつかの改善策が出ているが、どれも確実なものではない様子である。今のところ頼みは、近日リリース予定のiOS 8.1での改善なのだが、これもβ版での話によると、改善しない可能性がありそう。iPhoneの初物には大抵トラブルがあるものとは理解しているが、やはりこういうのは困ってしまう。本体の問題ではないと予想されるので、iOSのバージョンアップで改善を期待したいところである。

2014年10月14日火曜日

2014年10月13日の睡眠と、14日の健康

昨晩も夕方、ネットを観ると暇になった。NHKはずっと台風情報のニュースを流し続けている。ここ福岡では、あまり激しい雨も風もなく、台風の影響はさほど受けなかったので、幸運だった。

夕食後、またApple TVでYouTubeの動画を観ていた。テレビがつまらないからで、こういう時には、ガジェットが役に立つ。それで、昨日観た「プレミアム・ラッシュ」のメイキング映像も、ついでに観てしまった。意外な所で、CGが使われているので、びっくりした。まあスタントの凄さも驚きであるが。

眠いので、10時過ぎに就寝。が、翌日から会社なせいか、睡眠の質は良くない。しばしば目覚め、目覚めると再入眠まで時間がかかった。寝不足の感はある。

支度をして外に出ると、結構涼しい。一気に秋が来た感じ。明日から上に何か羽織るものを用意しないといけないなと思った。

会社では特にやる事がないので、のんびりしていた。どのみち、午後はアカシジアが出るので、何も出来ないだろうという判断である。

で、予想通り、午後はアカシジアに苦しめられた。軽い症状ではあるが、肩から首の辺りがむずむずして気持ち悪く、集中力が0になった。ユーパンを頓服で50分置きに飲んでいたが、一日の最大量0.5mg 6錠を5時に飲んでからようやく軽くなってきた。

定時を過ぎて家に帰る時、iPhoneでネットを観る。駅のWi-Fiが何故かTwitterの読み込みに手間取るので、2ちゃんねると天気予報を先に読んで、電車が動き出してから、Twitterを読んでいた。

ドスパラ、3999円でPCなしでレコードをMP3化出来るレコードプレイヤーを発売

AV Watchの記事によると、ドスパラが、自身の直販サイトである上海問屋で、3999円のレコードプレイヤーを発売開始した。このプレイヤーの特徴は何かと言うと、このプレイヤーにUSBメモリを差し込めば、PCに接続しなくても、レコードの音源をMP3化出来る、というもので、お手軽感を狙っていると思う。そのためか、EPシングル盤の45回転、SP盤の78回転には未対応。33回転1/3しか再生出来ないと言う。スペックはともかく、手軽にアナログレコードをデジタル化出来るのはいいのだが、高音質でMP3化出来るかと言うと、疑問がある。アナログ機器は、はっきり言って物量勝負みたいなところがあって、価格が高い、重量が重い、というような機械が高音質を実現出来る。それがこの3999円の機械で出来るのかと言えると、ちょっとな、と思うところがある。レコード盤を痛めつけて終わりではないか、というのが僕の考えだ。まあアナログレコードは、今でも数万円台で、買おうと思えば買えるので、その気があったら、買ってみたい。実家と自宅に数枚、アナログレコードは保管している。

2014年10月13日月曜日

2014年10月12日の睡眠と、13日の健康

昨晩、食後にYouTubeを見ていた。いつもなら日曜の夜はラジオを聞いているのだが、惰性で聞いているだけで、面白い訳でもないので、YouTubeの動画をApple TVとテレビで見た方が夜を過ごすのに良かった。

ネットの情報で、「ガンダム Gのレコンギスタ」のエンディング曲「Gの閃光」がハイレゾで提供されている事を知り、試しに購入してみた。ハイレゾなので値段が少し高めだが、曲はノリがいい。2-3回聞いてしまった。

寝たのは10時40分ぐらい。途中トイレで目が覚めたら、次に寝付くのに時間がかかった。睡眠の質としては不満があるのだが、ふと気付くと、8時を回っていたので、寝た事は寝たらしい。そこで起きて、朝食を食べた。

午前中はネットを見ていた。台風の状況が気になるので、ニュースをあさっていたが、鹿児島に上陸した割には、福岡市はあまり強い風雨ではない。ただ、外に出る気にはなれないので、家でのんびりしていた。

昼食はカップラーメンで済ませ、昨日観る気のなかった映画を今日は観た。あまり会話の読解力はなかったが、作品自体は水準の面白さだったので、最後まで完走した。Blu-rayの映像と音質の良さにうっとりしていた。

映画見終わった後は、レビューを書こうとしたが、頭がヒートしていて何も書けない。で、アイスコーヒーを作って、それを飲みながらレビューを書いた。コーヒーがいい具合に頭に働いて、レビューが書き進められた。

時々、テレビを点けているが、どのチャンネルも台風情報で、その威力を思い知った感じがする。休日なので出かけなくて良かったと思う。

映画「ブレミアム・ラッシュ」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、PREMIUM RUSH(Blu-ray)/プレミアム・ラッシュ/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照の事。上映時間が91分と、かなり短い作品ではあるが、テンポがいいのもあって、比較的楽しい映画に仕上がっている。日本でも同様のサービスは東京を中心にあったような気がするが、自転車で荷物をデリバリーするというサービスは、ニューヨークという街ならではの雰囲気を伝えてくれるような気がする。監督は、「ジュラシック・パーク」などの脚本を担当したデヴィッド・コープなので、水準の出来は確保されている。とは言うものの、水準以上のものにはなっていないのも事実で、途中、自転車の疾走感がちょっと中だるみするような感触もある。クライマックスの悪徳警官マンデーに起きる不幸は、中国社会の逆鱗に触れた罪をしょってしまったためと思われるが、物語自体が半分中国人社会の闇を描いているような気がするのは、気のせいではないと思う。物語冒頭が、主人公ワイリーの事故現場から始まるが、物語自体は最後その事故を過ぎてからその次まで描かれているので、サスペンス度は高いと思う。

2014年10月12日日曜日

2014年10月11日の睡眠と、12日の健康

昨日の夕方、2ちゃんねるブラウザ「BathyScaphe」をたまたまいじっていたら、いくつかの板が移転していた事を知った。最近スレッドの更新がないなと思っていたら、板の移転によりデータが更新出来なかったらしい。で板を移動させて、データを更新させた。スレッドによってはかなり新着レスがあったりして、びっくりした。

夕食後、実家に電話をかけ、近況を話し、しばらくテレビを見ていた。で風呂に入り、10時には寝てしまった。深夜3時までは熟睡だったが、そこでトイレに起きると、ちょっと眠りが浅い感じがした。それでも起きてみると、既に朝8時。歯を磨き、洗顔をして朝食を食べた。

午前中はネットをだらだらと見ていた。途中で「Gのレコンギスタ」を視聴し、その感想を書いたりしていたが、基本ぼーっとしていた。気力が全然起こってこない。

台風が近づいていると言うが、午前中は雨は降らなかったので、食材を買いにスーパーには出かけた。昼食のお弁当と、夕食のおかずを買ってきた。

昼食後、映画を見ようと思ったが、何か気力が出ず、集中力に欠けるので、結局見るのを諦めた。で気分的にビールが飲みたかったので、ビールを飲みながら、午後もネットをだらだら見ていた。

3時にはコーヒーを飲みながらポテトチップスを食べていた。ポテトはおいしいなと思いながら、どこかで歯止めかけないと全部袋ごと食べてしまうぞと、思っていた。

ガンダム Gのレコンギスタ 第3話「モンテーロの圧力」

あらすじ

宇宙海賊のメンバーの一人、クリム・ニックは、カーヒル大尉の失敗をあざ笑い、一人モビルスーツ、モンテーロで出撃をし、アイーダ救出に向かう。そのアイーダは、キャピタル・アーミーの尋問を受けていたが、キャピタル・ガードが、人類のエネルギーであるフォトン・バッテリーを独占しているという自身の主張を曲げなかった。そこにニックが襲撃する。デレンセンたちは、モビルスーツ、カットシーで迎撃に出るが、モンテーロに太刀打ち出来なかった。そのどさくさに紛れ、アイーダはG-セルフを動かしてしまう。アイーダを追っていたベルリやノレド、ラライヤは一緒にG-セルフに搭乗し、宇宙海賊の元に行く羽目になる。

感想

新キャラ、クリム・ニックが大暴れする興奮のエピソード。モビルスーツ、モンテーロがライフルやジャベリンでキャピタル・アーミーのカットシーやレックスノーを撃破するのは、見ていて爽快である。しかし、モビルスーツ、モンテーロにトイレが付いているのは、なかなか面白い。これまでのガンダムシリーズでは絶対描かれないシーンであるといえる。今エピソードで、ベルリやノレドたちが、宇宙海賊の元に行く羽目になるが、ベルリが今後どう行動するかが、物語を引っ張っていくと思う。G-セルフ自体にも謎がかなりありそうだし、G-セルフを動かせる3人、ベルリ、アイーダ、ラライヤが揃って宇宙海賊に行くというのは、今後の展開に期待を持たせる。

2014年10月11日土曜日

2014年10月10日の睡眠と、11日の健康

昨晩も、ネットを見ながら泡盛をちびちび飲んでいた。ストレス溜まっているから、お酒がおいしい。

風呂に入った後、体を冷やしていたら、足に凄い疲れが出てきて、iMacに向かっている気になれなくなった。眠気もあったので、10時に就寝した。大体熟睡であったように思うが、7時には起きていた。睡眠の質としてはもう少し寝たいところである。

今日はまだ台風の影響をあまり受けていないので、洗濯をして、ネットを見ていた。体が強張っていて、ネットに向かう集中力のようなものはなかった。それで10時過ぎには体を動かしに、ウォーキングに出かけた。

ウォーキングの途中でマクドナルドに寄り、昼食を取って、スーパーで食材を買い込んでいた。台風が来て家から出られなくてもいいように、野菜を買っておいた。既に冷凍庫には冷凍食品があるので、それでしのげる。

家に帰ってきてからはビデオを鑑賞。それが終わるとネットに再び向かったが、眠くてちょっと辛かった。昼寝しようかと思ったが、それはしないで早めのコーヒーを飲んで、洗濯物を片付ける事で目を覚ましていた。

伝説巨神イデオン 第20話「追撃・双子の悪魔」

あらすじ

バッフ・クランのハルルは、一旦母星に帰ろうとしていた。しかし、その前にギャムスに巨神の一部でももぎ取ってくるよう指示する。ギャムスは、部下の双子の戦士を呼び寄せ、ソロシップに攻撃をしかける。双子の戦士はまだ修理の終わっていないソロシップに効果的な攻撃を行っていた。そのためにコスモたちはイデオンで出撃出来ないでいた。しかし、攻撃が激化したとき、イデオンのゲージが上がり、ソロシップはバリアで守られる。そしてイデオンが出撃し、双子の戦士とギャムスを葬り去る。

感想

段々イデの力が発揮され始めるエピソードだが、基本的にバッフ・クランの戦士がイデオンとソロシップを攻撃し、結局戦死するというパターン化されつつあるストーリーである。ギャムスなんて、どう考えても噛ませ犬だなと思ったら、あっけなく戦死したので、拍子抜けする。物語も中盤に入って、イデの力が少しずつ発揮されてくるのが、謎を呼んでいて、その辺は面白い。地球人側もそれを扱いかねている感じがよく伝わってくる。そういう意味では、地球人もバッフ・クランもイデに振り回されていると言える。

スター・トレック エンタープライズ 第17話「果てしなき心の旅」

あらすじ

星雲に近づきつつあるエンタープライズは、8年も宇宙を放浪しているバルカン船と出会う。そのバルカン船はエンジンが不調だったため、エンタープライズは修理に応じる事になった。バルカン船に搭乗しているバルカン人は、ユニークで、感情のコントロールを出来ている人たちであった。その中のトラリスは、トゥポルに関心を示し、彼女の抑圧されている感情を表に出そうと試みる。しかしその行為によってトゥポルは倒れてしまう。一方エンジニアのコヴの父が重病で、連絡を取りたがってとバルカン大使からアーチャーに連絡が入る。しかし、コヴは連絡を取るのを拒否する。アーチャーは、一緒に仕事をしているタッカーに説得するよう依頼する。そうしてタッカーは、何とかコヴを説得する。

感想

今回のエピソードは、バルカンの本質を描いた物語ではあるが、地味な内容であると思う。バルカンの特徴は感情を抑圧して排除するところにあると思うが、それをコントロールして、より感情豊かに生活しているバルカン人が登場し、トゥポルにもそれを強要するところが、淡々と描かれている。実際トゥポルも試してはみるが、そのために医務室送りになるぐらいまで追いつめられてしまう。そういう意味では、バルカンの感情を押し殺すという行為は、普通のバルカンに取っては重要な要素なのだと思う。一方でコヴのような父との距離があるバルカン人がタッカーの教えによって和解するようなもう一つの側面も描かれていて、バルカンの感情に対する考えが透けて見える。

2014年10月10日金曜日

2014年10月9日の睡眠と、10日の健康

昨晩、なんか一通りネットを見た後、眠たくなった。もちろん薬も飲んでいたのだが、疲れが出てきた様子である。それで10時過ぎに布団に入ったら、熟睡だった。

夢も見ず、6時半にトイレで起きた。後20分ぐらい寝ていられたが、トイレが我慢出来ないので、一旦起きた。で再度布団に入って、うとうとしていた。

会社に行くと、今日も来年度新製品の品番マスターの登録。今日の分はかなり量が多い。という事は、来年これだけ新製品出すつもり?と頭を抱えたくなる状況だった。

午前中それで終わり、かなり疲れた。午後は追加で出て来るか待っていたが、今日は追加はなし。午後は何となく落ち着かないので、ユーパンを飲んで、ドリンクをがぶ飲みしていた。

定時になってさっさと片付け、家に帰ると、電車がぎりぎりで1本早いのに乗車出来た。電車は混んでいたが、途中駅でかなり降りたので、そこからは座って帰れた。台風も近づいているので、食料を買い込み、家に戻った。食料は明日も買い込むつもりである。

Amazon.com、この冬にN.Y.C.に実店舗を開店か?

ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、インターネットショップ大手のAmazon.comがこの冬にニューヨーク・シティのエンパイア・ステート・ビルの真向かいに実店舗をオープンする見込みだと報じた。ここでは、ネットで予約した商品の受け取りが出来るほか、Kindleといった電子書籍の機器が購入出来るという。でも、日本だと、セブン・イレブンが既にネットで注文、近所のセブン・イレブンで受け取り、というサービスを行っているので、後追いのサービスという事になる。まあアメリカではセブン・イレブンが出版物のコンビニ受け取りをやっていないのだろうけれど、元々「リアル店舗を破壊する」が是正のamazon.comが、リアル店舗を作るというのは何か矛盾している。これはAmazonがリアル店舗に勝てない事を意味しているのではないかという推測も出来る。日本ではこういうサービスをするのは大分後だろうから、様子見かなと思う。Amazonは何でも揃うけれど、配送に時間がかかるのが、難点かなと思うので、結局リアル店舗のいい点を取り込むという事なのだろう。

2014年10月9日木曜日

2014年10月8日の睡眠と、9日の健康

昨晩は洗濯物を片付けて、外に出て、皆既月食を堪能した。普段こういう天体ショーは、深夜から早朝の事が多く、寝ている僕としては見られない事が多いのであるが、今回はじっくり見られた。iPhoneで写真も撮ってはみたが、やはり広角レンズなので、点にしか見えなかった。

寝たのは10時半。昨晩も夢にうなされた。またまた嫌いだった上司が夢に出てくるのである。もうその上司も会社にいないから、会う事はないはずなのだが、なぜ夢に出てくるか。疑問である。

朝は支度に手間取り、少し遅く家を出た。普段が少し会社に着くには早いので、今日はちょうどいい感じだった。頭の中では仕事の段取りが渦巻いていて、会社に到着してから、その手順通りに作業していった。

今日も苦労したのは、新製品の品番マスター登録。事業計画用の登録なので、いつもの1/3の範囲でいいのだが、それでも気は使う。ストレスが高くなる要因である。ただ、今年は去年と比べると、機種数が少ない感じはある。今年出し過ぎたか、と思うぐらいである。

その登録で、1個間違いを起こしてしまったので、情報システム部門に電話を入れ、対応策を話していたら、依頼表が変わったのでそれを送るねと言っておいて、ついに今日は来なかった。忘れられているか。明日、また電話しよう。

今日も精神的に疲労したので、家帰ってのお酒はおいしい。あまり酒は飲まない方が色々精神薬を飲んでいる僕的にはいいのだが、やっぱりストレス解消には、酒は必要。

タレントの伊集院光が、iPhone 6 Plusに機種変更した事を後悔

10月6日の伊集院光がDJをするラジオ番組で、伊集院光が、「iPhone 6 Plusに機種変した事を後悔している」と発言している事が明らかになった。やはりサイズが大きすぎるらしく、「iPhone 6にすれば良かった」とぼやいていると言う。僕もPlusユーザーだが、まあ使い勝手に慣れてきた事もあり、そんなに不満はないなと思う。逆にSIMのテストで今まで使ってきたiPhone5sを引っ張り出してくると、「小さ過ぎ」とびっくりする事もある。既にiPhone 6 Plusの大きさに慣れているのだと思う。今回は、結構会社の上司の煽りもあって、半ば強引に購入しているところもあり、何か面白い事しないとなと思っていたのであるが、SIMフリーという面白さと、5.5inch大画面という面白さで、元は取れているかなと思う。まあ道具なんだから、それぞれが自分にあった使い方をすればいいと思う。

2014年10月8日水曜日

SIMフリーiPhone 6 Plusで、IIJmioのSMS付きSIMを利用したレポート

2日前に、SIMフリーiPhone 6 PlusにIIJmioのSMS機能付きnanoSIMを導入した事を書いた。今日確認のために、一旦auのiPhone5sのSIMに戻したのであるが、この2日間利用したレポートをまとめて見たいと思う。

まず、速度であるが、Twitterとか、2ちゃんねるを専用アプリで見る分には、不満のないスピードである。IIJmioのSIMはクーポン利用の高速LTE使用と利用しない低速200kbpsのモードがあるが、今回は高速LTE使用だけで試している。ただ、WebブラウザのSafariを使った時、普通のWebサイト(スマートフォンに最適化されていないサイト)を見ると、画像のダウンロードに時間がかかるため、読み込み動作にラグが生じる。それがauのLTEどう違うのか確認するために、今晩戻した次第であるが、元々docomo回線のLTEは遅いと言われているので、IIJmioは更に遅くなっている可能性はある。

エリアについてであるが、僕の普段の利用形態(福岡市営地下鉄内での使用と、会社の内部で窓際から15m程度離れたところ)では、LTEの表示がされているので、エリアは広いと言える。ただ、休憩室に行くと、時々3Gに落ちる事もある。休憩室は窓際だが、アンテナの設置位置と関係あるのかもしれない。

キャリアメールがないので、メールはWebメールか、プロバイダメールを設定する必要はある。まあSIMフリーiPhoneを使う人はキャリアメールは重視しないから、関係はない。

そんなこんなで、意外と使えるというのが印象である。12月にauの更新期限が来るので、その時までにまた何回か試してみて、キャリアをMNPするかしないか決めたいと思う。

ちなみにSIMを入れ替えると、iMessageとFaceTimeは少し時間がかかるが、きちんと電話番号でアクティベートする。これは昔SIMフリーiPhone4Sでdocomoで利用する際に、アクティベート中になったままというバグがなくなっている事を意味する。ただ、これはSMS対応SIMじゃないとアクティベートしないかもしれない。これらのアクティベートは、国際SMSを送って確認するからである。

2014年10月7日の睡眠と、8日の健康

昨晩、少し悩んだが、夜のうちに洗濯をする事にした。朝早くに起きて洗濯するのがきつかったからで、まだ夜がそんなに冷え込んでいない今なら夜に干しても、乾くだろうという判断からである。風呂に入っている間に洗濯機を回し、風呂を出てからしばらくして、外に干した。

寝たのは10時半だったが、あまり睡眠の質は良くない。ちょこちょこ目覚めるので、熟睡感はない。それでも今朝の気分は悪くない。眠いがまだ昨日より気力がある、という感じ。

会社に行ってメールを見ると、嫌な内容が。2015年度新製品のマスター登録依頼が山のように来ていた。今年は早過ぎじゃない?と去年の資料を確認したら、去年は11月の末頃だった。気分が悪くなったが、やらなければ先に進まないので、とりあえず登録していった。幸いだったのは、去年登録して結局新製品として実現しなかった品番が今年もエントリーされていたので、登録の手間が少し楽になった事だろうか。

午前中は統計資料も1個作った。それで精神的に疲労が大きかった。午後はちょっとだらだら。何か来るかもと思っていたのであるが、夕方に2015年度新製品品番マスターの追加が来たぐらいか。これも面倒で、内容見て、「これは明日回し」と判断していた。

家に帰って、空を見上げると、皆既月食。ニュースでもやっていたので、夕食後、洗濯物を片付けてから、家を出て写真に撮った。まあiPhoneのカメラなので、点にしか見えないのは弱点だが。

サムスン第3四半期で約60%の減益

韓国の大手メーカー、サムスンの販売不振が厳しい模様である。第3四半期の販売見込みは、営業利益が前年同期比の59.7%減の38億ドルになる模様だと、ロイターが伝えている。経営が厳しいのは理由が簡単で、経営の根幹をなしているスマートフォン市場でシェアを落としているからである。これは中国の地場メーカーが格安スマートフォンを続々リリースしていて、格安市場で足場を失っているからである。高付加価値市場はiPhoneがあるしで、高付加価値市場もシェアが取れない。その上に為替がドル高円安で韓国ウォンに対して厳しい状況なのも、原因であると言える。まあ前からサムスンに対していいイメージを持っていない僕としては、このニュースは驚かないし、逆に台頭してきている中国メーカーのスマートフォンがどんなものか、逆に気になっているぐらいである。日本メーカーはスマートフォン市場で全然シェアは取れないし、機能も出来の悪いのしか作れなかったので、衰退するのも仕方ないと思うが、サムスンですら、衰退しつつあるのは、世界は動いているのだな、と実感させられる。

2014年10月7日火曜日

2014年10月6日の睡眠と、7日の健康

昨晩、みおふぉんのnanoSIMが来たので、ワクワクしながら、SIMフリーiPhone 6 Plusに入れた。最初は動作が緩慢だったが、次第に動くようになり、感激していた。SIMフリー機の面白いところである。

昨晩は小説を少し読み、10時半には就寝した。ただ、深夜2時半にトイレで起き、その後あまり熟睡出来ないので、睡眠不足と、疲労感が朝あった。気分はあまり良くない。

会社に行っても気力がないので残っている統計資料を作る気が起きなかった。まだ締め切りまで3日あるので、今日はだらだら個人的な勉強に費やすか、と勝手に決め、その通りにした。

朝から眠くて意識がぼけるので、午前中からコーヒーを飲んでいた。それでも眠い。昼食を食べ、午後は少し改善したが、やっぱり眠くて午後もコーヒーを飲んだ。

みおふぉんをiPhoneに入れたので、色々試してみたいが、自分の席でiPhoneいじるのはまずいので、我慢していた。休憩時にちょっとテスト。みおふぉんはdocomoの回線使っているので、docomoのLTEの回線が利用出来るという訳だが、元々docomoのLTEは遅いので、MVNOであるみおふぉんは、更に少し遅い。ブラウザで画像が多くあると、表示まで時間がかかる感じはする。ただ、エリアは多分自分の環境では、auより広い感じはする。

定時で家に帰るが、会社にいた緊張から離れたためか、帰りに軽いアカシジアが出た。ユーパンを舌下で服用し、何とかなったけれど。

マクドナルド、11年振りに今期最終赤字170億

日経新聞の電子版によると、ハンバーガーチェーン店のマクドナルドが、今期の見通しを発表し、最終的に170億の赤字になる見込みである事を公表した。これは、チキンマックナゲットの材料仕入れ先である中国で、消費期限切れの鶏肉を使用していたのが発覚し、客離れが進んだ事が原因だという。僕は、鶏の消費期限切れが発覚した後でも、大体月に2回ぐらいはマクドナルドに行っていたと思う。ナゲットを食べないから関係ないというのもあったが、どうもあのジャンクフードの味にはまっているところがあって、食べないと気が済まないからである。また、独身なので一人でレストランに入るのは少々気が引けて、マクドナルドのような気軽に入れる店が重宝する、というのもあった。しかし、僕がよく行くショッピングセンターのマクドナルドは、事件発覚前後でそう変わりないように思える。混んでいるのではなく、何となく空いている感覚である。事件が起きなくても客足が遠のいているような気がしてしょうがない。マクドナルドじゃなくても、違うハンバーガーショップがあれば、そちらでもいいのだが、それでもマクドナルドのジャンクフードの魅力にはかなわないと思う。多分これからも月に1-2回はマクドナルドに通う生活は変わらないような気がする。

2014年10月6日月曜日

SIMフリーiPhone 6 Plusで、docomoのMVNOであるみおふぉんを使う

僕がSIMフリーiPhone 6 Plusを購入した事は既に書いた。で最初はauのSIMロック版iPhone5sのSIMを差して使っていたのであるが、ネット上では、iPhoneの購入後、最初に差したSIMでキャリアのSIMロックがされるという話が横行していた。SIMフリーがそれではおかしいとは思っていたが、実際のところは自分で試してみないといけないと、判断した。そこでSIMフリーiPhone4Sに差していたIIJmio、通称みおふぉんのSIMをMicroSIMからnanoSIMに切り替えて、SIMフリーがきちんと動作するか、テストしてみる事にした。先週の火曜の夜にみおふぉんのSIM変更を申し込み、約1週間の後、本日docomoのMVNOであるみおふぉんのnanoSIMが届いた。auのiPhone5sに使っていたSIMをみおふぉんのSIMに差し替え、電源を起動させると、時間はかかったが、無事docomoのキャリアが出現した。それからWi-Fi環境で、IIJmioのサイトから構成プロファイルをインストールし、通信がちゃんと確立している事を確認した。LTEに関しては、どうも接続まで時間がかかる感じはする。iMessageとFaceTimeのアクティベートも時間はかかったが、無事出来ている。みおふぉんのSIMはデータ専用ではあるが、SMSの利用が可能なタイプにしてあるので、アンテナピクトの表示がちゃんとされ、多分SMS対応によるものだと思うがiMessageとFaceTimeも問題なくアクティベート出来ている。これで明日以降、しばらくみおふぉんで動作チェックをしてみるつもりである。docomo回線を使うので、docomoの品質を試してみる事にもなり、キャリアのMNPを考慮すると、タイミングいいテストになると思う。

2014年10月5日の睡眠と、6日の健康

昨晩、早めにコンタクトを外し、眼鏡に変えた。それで夕食後、ベッドでゴロゴロ出来た。日曜の夜は何か空しい。やはり休日が終わる事による辛さがあるのだと思う。

就寝したのは10時15分ぐらい。朝4時まで熟睡出来たが、トイレで起きた後、夢を見てあまり眠れなくなった。首付近も硬直して、痛くて仕方がない。

朝の支度に手間取り、家を出るのが遅くなったが、台風の影響で電車のダイヤも乱れていたので、結局そんなに遅刻はしなかった。

午前中は、週末に溜まっていたメールの処理で追われた。首の硬直がなかなか取れず、午前中は厳しかった。

昼から販売統計の元データが届いたので、統計データを加工して、資料作りをしていた。普段月曜の午後はアカシジアが出て、落ち着かない時間を過ごすのだが、今日は発症せず、資料作りに集中出来た。その代わりに精神的には疲れた。コーヒーを珍しく2杯飲んで、一息ついていたぐらいである。

定時で家に帰るが、大分涼しくなった。秋を感じるところである。

台風でNHKが番組内容変更

今朝、台風18号が首都圏を直撃した。そういう関係もあって、首都圏のテレビ局はどこも台風関連のニュース一色になっていたようだ。NHKも例外ではなく、朝の連続テレビ小説を中止するまでに至っている。しかし、考えたら九州辺りが被害にあっても、全国放送でニュースはあまりやらないのに、首都圏だと全国的なニュースになるのは、何か納得はいかない。というかそもそも今の地上波デジタル放送は、SD画質で3チャンネル取れるのだから、それをうまく活用したら良いような気がするのは気のせいだろうか。九州福岡辺りでは、SD画質で大濠公園の花火大会とか、ソフトバンクホークスの試合をマルチチャンネルで放送している例が結構あるので、ニュースもメインチャンネルで放送し、サブで通常放送したらいいのではないかと思うのだが、駄目なのだろうか。大体NHKはEテレもチャンネルとして持っているので、そちらも活用すれば、更に利便性高まると思うのだが。NHKのみならず、テレビ局のテクノロジーの活用方法を考えてほしいと思うところである。

2014年10月5日日曜日

2014年10月4日の睡眠と、5日の健康

昨晩実家に電話したら、母が足の不調により少し入院していた事を知った。大した病気ではないらしいので良かったが、歳だよなと思った。で父が家事を代理していたので、母としばらく話していた。

歯磨きを早めにし、それから風呂に入って、テレビを1時間見てから10時過ぎに就寝した。朝の4時までは熟睡。そこで起きてトイレに行き、再度寝た。その時に昔の嫌な上司が僕に対してお詫びをするという気分の悪い夢を見ていた。で目が覚めたとき、7時半だったが、まだ眠いので8時までうとうと寝ていた。

朝食を食べ、洗濯をし、掃除もしてから、深夜に録画した「ガンダム Gのレコンギスタ」を観賞。自宅のテレビで観られるというのは、やはり楽しい。初回スペシャルで1時間枠だったが、ストレートに観られた。

昼食はファミリーレストランで回鍋肉を。その足でスーパーに行き、夕食のおかずを買って帰る。家に帰ってきてからは、2週間ぶりに映画を観る。気分が乗っているのと、睡眠が十分なので、集中力はある。映画はそれなりに面白く観られた。

映画見終わって、レビューを書いている時、外でサイレンが鳴り響いていた。何事かと思ったが、サイレンだけでアナウンスはない。消防車がサイレン鳴らして走って行ったので、どこかで事故があったと思うのだが、それ以上は分からなかった。

映画「地球が静止する日」(輸入盤DVD)

レビューの詳細は、THE DAY THE EARTH STOOD STILL/地球が静止する日/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照の事。個人的にはそこそこ面白かった映画だと思ったが、本国米国でも日本でも評価がかなり低い映画である。オリジナルの1951年版が東西冷戦の狭間における人類の危機を描いていたのに対し、今作では人類が引き起こす環境汚染における地球の危機と、分かりづらいテーマになっているのも理由だと思うが、基本リメイク版というのは、オリジナルを越す事が出来ない出来になっている事が多く、この作品も例外ではないと思う。ただ、個人的に面白いと感じたのは、VFXとサラウンドによる不思議な静けさを保った作品だなという第一印象が、物語全編を通して感じられたのが、印象に残っているからで、ストーリーからすると、厳しいのではないかと思う。登場人物が何をしたいのかがよく分からないところは、脚本の失敗を実感させるが、でもジェニファー・コネリーの美しさに見とれていた僕としては、評価的に水準点を与えたいと思う。ちなみにこのDVDは1951年版のオリジナルも同梱されている。昔テレビかなにかでオリジナル版を見た記憶はあるが、その印象はやっぱり50年代の出来なんだなという事で、自分の生理には合わない感覚を持っている。

ガンダム Gのレコンギスタ 第2話「G-セルフ 起動!」

あらすじ

ベルリによって拿捕されたG-セルフは、新設されたキャピタル・アーミーによって調査が続けられたが、何も解読出来なかった。そこに宇宙海賊のカーヒルがモビルスーツを操って、襲撃する。カーヒルの目的は、アイーダの確保と、G-セルフの奪還だった。キャピタル・ガードのドレンセンは、ベルリにG-セルフに搭乗して宇宙海賊の追撃を指示する。そのベルリは、アイーダの事が気にかかり、彼女の救助に向かう。そこで彼女と遭遇したベルリは、G-セルフに搭乗して、カーヒルを落とす。そしてその事を知ったアイーダに責められる。

感想

段々登場人物が増えて来て、話がややこしくなってくるエピソードだが、基本はモビルスーツ戦なので、展開としてはスピーディーな内容になっている。G-セルフがベルリによって起動してしまい、カーヒルの操るモビルスーツと対戦をするが、特殊な力によって、あっさりとカーヒルを撃沈する様は、謎が増えた印象を受ける。アイーダがベルリを責めるのは、宇宙海賊側にも理由があるので、その混乱をどうベルリが咀嚼していくかが、物語の肝になると思う。

ガンダム Gのレコンギスタ 第1話「謎のモビルスーツ」

あらすじ

宇宙エレベーターに乗り込んだキャピタル・ガードの候補生ベルリは、訓練の途中、宇宙海賊の襲撃を受ける。その中の1機、G-セルフは、時間稼ぎのために単独で注意を引きつけるが、たまたまモビルスーツ、レクテンに乗り込んだベルリの機転により、G-セルフは、キャピタル・ガードに拿捕される。G-セルフの搭乗者、アイーダは、「G-セルフは、搭乗出来る人間が限定される」と語ったが、ベルリには何故か反応し、起動してしまう。そのG-セルフを見て、1週間前にキャピタル・ガードに保護されたラライアは、激しく動揺する。

感想

富野監督15年振りのテレビシリーズの第1話である。既に劇場で先行上映を観ているので、ストーリーは分かってはいるが、やはり富野節という説明を結構省略する展開には、興奮を覚えてしまう。モビルスーツがかっこわるい気もするが、実際に動くとそれなりに魅力を感じる。登場キャラが、また個性的で、これまでのガンダムシリーズと一線を画しているので、この後の展開が楽しみである。

2014年10月4日土曜日

スーザン・コリンズ著「ハンガー・ゲーム(上)」メディア ファクトリー

アメリカのヤングアダルト小説の中で大ヒットを記録したシリーズ第1弾の上巻が本作、「ハンガー・ゲーム(上)」である。小説の成功が映画化をも果たし、映画自体も大ヒットを記録している。かつてアメリカと呼ばれた国の成れの果てがキャピトルと12の地区で構成されるパネムという国であり、そこで毎年12の地区から「贄」として少年少女が選出され、ハンガー・ゲームという殺し合いのゲームに参加させられるという話である。映画を先に観ていたので、ある程度話の筋は知ってはいたが、原作を読むと、深い描写が多く、パネムという国家とその周辺の12の地区の関係が詳しく描かれており、内容の良さに納得してしまう。基本的に主人公、カットニスという少女の視点から物語は描かれているが、彼女の住む第12地区の描写や、キャピトルとの対比、ハンガーゲームに至るまでの過程が、細かい描写で、世界観を作るのに貢献していると思う。下巻はおそらくハンガー・ゲームの攻防がメインになってくるので、その辺は楽しみである。映画版で観た時にはどうしてもハンガー・ゲームがゲーム・オーガナイザーの自分たちの都合でルールを変えるという展開になじめない雰囲気を醸し出していたが、小説だとそれすらも主人公の生命の危機を煽るものになっていて、ちゃんとリアリズムを持っていると感じる。

2014年10月3日の睡眠と、4日の健康

昨晩は、結構疲れていたので、夕食後、泡盛を飲みながらネットを見ていた。iPhoneの充電もしていたが、iMacに接続して充電をしていたために、結構時間がかかり、途中眠くなったのに眠れないという事態に陥った。充電は3時間半かかった。残量30%から100%の充電でこれなので、もっと減ったらより時間かかるのではと思う。

疲れていたから熟睡ではあるが、朝4時過ぎにトイレで目覚めたら、あまり眠れなくなった。結局今朝も7時には目覚め、そこで起きた。

天気はいいので洗濯日和である。台風の影響か風が強く、心地よい。朝はネットを見て少しリラックスしていたが、体が強張っていたので早めにウォーキングに出かけた。

今日は歩いて1時間かかる農協の直売所まで行く予定だった。幹線道路をてくてくと歩き、1時間かけて農協の直売所に着いた。結構人気のところなのか、店内は大混雑。ネットで最初に総菜等もあると聞いていたので、それを探して当りを付け、一旦食堂でうどんを食べてから総菜を色々買った。

帰りは歩くのは疲れるから電車で帰る。で家に帰ってきてビデオを観る気になっていたので、「スター・トレック エンタープライズ」を観賞した。午後はネットを見ていたが飽きてきたので、早めにコーヒーを飲み、洗濯物のアイロン掛けをして、「伝説巨神イデオン」も観賞した。

伝説巨神イデオン 第19話「ギャムス特攻指令」

あらすじ

植民星アジアンを離れたソロシップは、修理のために海水だけの惑星に到着する。しかしそこにバッフ・クランの新たなる武士、ギャムスが登場し、ソロシップとイデオンを奪取しようとする。ソロシップ内では、時間稼ぎのためにカララがギャムスの元に出向いて和平を交渉しようとするが、既にその意志はギャムスにはなかった。カララは負傷し、イデオンはパワーが上がらずにギャムスの放った新重機動メカに苦戦をする。

感想

ここに来て、ようやくソロシップ内部の搭乗員の間でまとまりが見え始めている事が分かるエピソードである。搭乗員の安全を確保するためにイデオンとソロシップをバッフ・クランに引き渡すという交渉を考え出すという事は、時間稼ぎの意味もあるとはいえ、これまでのクルーの間からは出てこない考えだと思う。もっともバッフ・クラン自身が既にそういう交渉ごとを受け止めるだけの余裕がなく、自身の手柄のために行動しているので、和平が成功する訳もない。今エピソードでカララが負傷するが、カララの立ち位置がよりソロシップのメンバーの一員という方向に固まって来ていると思う。

スター・トレック エンタープライズ 第16話「引き裂かれたクルー」

あらすじ

シャトルポッド1で調査に出かけていたタッカーとリードは、エンタープライズとのランデブー地点であるアステロイドベルトに向かった。マイクロ特異点の影響でセンサー、通信類が故障しているシャトルポット1は、アステロイドベルトでエンタープライズの残骸を発見する。他の異星人に何とか救出してもらおうとするタッカーと、自分の死を受け入れる準備を始めたリードは事あるごとに対立するが、それでもぎりぎりの状況で生き延びていった。そしてアルコールをきっかけにリードの本音が聞けるようになる。それにタッカーもうなずくしかなかった。

感想

物語の大半がタッカーとリードの二人芝居で進行するこのエピソードは、二人のキャラの掘り下げに成功していると思う。特にいつもは感情を露わにしないリードが実はトゥポルの事を意識していたとか、とんでもない悲観主義者であるとか、色々分かって興味深い。もっとも見ている視聴者からすると、リードの悲観主義には結構いらいらさせられるところはある。この辺のキャラの作りは、これまでの「スター・トレック」シリーズではあまり見られなかったように思う。まだ人類が宇宙に出ていくのには未熟である、という設定がこういうストーリーを作らせるきっかけになっていると思う。タッカーは、元々アーチャーらと一緒に登場する回数が多いので、キャラの作り込みはある程度出来ているので、今エピソードの掘り下げもそんなに深くないと思う。特典の削除されたシーンでは、もう少し深い描写もあったが、本編ではカットなので、そう感じるところはある。

2014年10月3日金曜日

2014年10月2日の睡眠と、3日の健康

昨晩、とても疲れていたので、夕食後、酒屋で買ってきた泡盛を飲まなければ気が済まなかった。疲れを酒でごまかすという戦法で、あまりいい方法ではないが、酒が飲みたくてしょうがなかったのである。当然その後眠くなり、10時過ぎには就寝した。

疲れているから熟睡かと思ったら、深夜0時に一度目が覚め、その後、母がいなくなるという夢を見てうなされ、朝は気分が良くないという状態で目覚めた。週末という事もあるが、疲れは溜まっていた。

会社に行くと、こまごまとした作業が色々ある。疲れで動きたくないのだが、とりあえずメール出来ている分だけは処理せねばと、気力を出して処理した。

10時からは打ち合わせ。ある部署が会社のイントラネットにページを作りたいので相談に乗ってほしいという話だった。うちの会社のイントラネットは、Wiki形式なので誰でも簡単に作れるという話をして、例題をいくつか提示して、その部署で作ってもらう事で決着した。

午後は疲れから完全に身動き取れなかった。仕事だけではなく、既に何もしたくない状態。家に帰りたいと思ったが、何とかチョコレート食べたり、コーヒーを飲んだりして、会社にいる事だけは出来た。

定時で帰ると、外は涼しくなってきた。そろそろ本格的な秋なんだなと思った。疲れが少しだけ解放された感じ。

SoftBank、米独立系映画会社に出資

今日の日経新聞のニュースで驚いたのが、SoftBankがアメリカの独立系映画会社、レジェンダリー・エンターテインメントに対し、約270億円の出資をしたという事だろう。つい先日も、DreamWorks Animation SKGに対し、買収計画を打ち上げていたが、今回は金額が映画会社への出資にしては小額とはいえ、作品の新興国へのセールスなど、新たな収入源を確保した感はある。ただ、レジェンダリー・エンターテインメントは、独立系なので経営基盤が弱く、これまでワーナーの配給で映画上映をしていたが、その取り分をめぐってレジェンダリーとワーナーがトラブってしまい、最終的に2015年からはユニバーサルとの提携でレジェンダリーは映画製作、公開をして行く事になると聞いている。これが裏目に出なければいいと思うのだが。とにかく映画というのは本当水物の興行なので、当たれば大きいリターンが得られるが、コケタ時の赤字も大きくなるというジレンマが存在する。もっともSoftBankの経営手法を見ていると、博打をやっているかのような借金自転車操業なので、どっちもどっちという気はする。まあどうなって行くのかは、関心はある。

2014年10月2日木曜日

2014年10月1日の睡眠と、2日の健康

昨晩は、家帰ってきたのが早くて、洗濯物も早く片付いたので、ネットを見る時間が確保出来、早めに寝る事が出来た。疲れているから朝4時までは熟睡。4時にトイレで起きた後も、再度入眠した。何か夢を見た気もするが、内容の記憶がない。アラームで起きた時にはまだ眠かった。

今朝は調子が悪かった。コンタクトが目にフィットせず、左目がずっと違和感あった。そんな中朝一番で朝会に出ていたので、集中力が切れていた。

朝会終了後、メールをようやくじっくりと読む。何か従業員のグループ登録のエラーが出ていて、なんだ?と思ったら、昔の登録データが、何らかの理由で管理者が外れたために第二管理者にされていた僕のところに警告が来ていたのだった。もう10年近く放置のグループだったので、セキュリティ上の安全性を考慮し、すべて削除した。

午前中は特に忙しくて、色々な統計資料を発行しなければならなかった。頭はフル回転したが、その影響で、午後は脳が疲れ切って、「早く帰りたい」とばかり考えていた。実際疲れ切っていたので、チョコを食べたり、コーヒーを飲んだりして、何とかごまかしていたぐらいである。

定時後家に帰ってくる途中、酒屋で泡盛を買って帰った。お酒が飲みたい気分であった。

鶏の唐揚げにレモンかける? かけない?

livedoorニュースによると、鶏の唐揚げにレモンをかけるかかけないかで、熱い議論が続いていると言う。その中である論文が、「唐揚げにレモンをかける事で油の摂取を押さえられる」と発表した事で、この論争が更にヒートアップしている。僕は唐揚げにはレモンはかけない方だが、まあレモンがかかっても文句は言わない。そういう食べ方もある、ぐらいの認識でいる。友人とクアハウスに行き、昼からビールを飲んでいる時、つまみに鶏の唐揚げを注文すると、友人は100%唐揚げにレモンをかけるが、これにも文句は言わない。味のバリエーションが広がるぐらいの認識でしかない。しかし、唐揚げに思い入れのある人は、この論争に結構熱く語っているようだ。このブログを読む方は、どちらであろう?どちらにしても鶏の唐揚げはおいしい、というのが結論だと思うが。

2014年10月1日水曜日

2014年9月30日の睡眠と、10月1日の健康

昨晩、ふと自分のiPhone 6 Plusは本当にSIMフリーとして動作するのか気になった。で、手元にiPhone4S用のIIJmioのMicroSIMがあるので、一回テストしてみるかと、IIJmioにSIMカードの変更を依頼してみた。時間は少々かかるが、nanoSIMが届き、実際に動作すれば、しばらくIIJmioの回線状況がどうかテストしてみることができる。MNPの検討もしないといけないので、タイミングとしてはいい感じである。

昨晩は少し小説を読み、10時半に就寝した。熟睡だったように思うが、明け方ちょっと眠りが浅かったようにも思う。アラームで起きた時は眠かった。週の半ばなので、洗濯をして会社に出社した。

会社は上期が終わり、少し体制変更があったので、メーリングリストの整備をしていた。その後、統計作業を行い、続けて新製品の品番登録、再び統計資料作成と、午前中は忙しかった。

昼食は会社の食堂にしては珍しく、秋刀魚の塩焼きがメニューにあった。自宅ではグリルがないので秋刀魚の塩焼きは食べられない。これ幸いとばかりに秋刀魚の塩焼きを取って、食事を楽しんだ。

午後はちょっと疲れたのでリラックスしていた。統計資料の提出期限までかなり時間もあるので、あまり慌ててやる事もなかった。

定時になる少し前から机を片付け、定時になってからすぐに会社を後にした。それで電車は一本早いので乗れた。家にも早く帰れて、洗濯物の片付けが早めに終わってよかった。

iPhone 6、転売価格暴落で自殺者、中国で

Yahooニュースによると、iPhone 6 / 6 Plusの中国での発売が決定し、10月17日から約9万4000円から発売されるという。その中で、中国でのiPhone 6の需給バランスが崩れていて、転売価格が暴落しているそうである。転売目的でiPhone 6を購入したものの、暴落により約1777万円の損失を出した転売屋が自殺をしたと中国メディアの京華時報が伝えている。まあこれはひと事になってしまうが、自己責任だよなと思ってしまう。中国人は全世界でのApple Storeで傍若無人にiPhone 6を買い付けようとしていたと聞いていて、その態度にちょっと反感を感じていたから、ひと事のようにその死を感じるのだと思う。彼らが転売目的でiPhoneを買い付けるなんて事をしなければ、各国のiPhoneの最新版を使いたいファンがもう少し容易に手に入れる事ができたのだと思うし、そういう転売という利ざやを稼ぐ方法に反対する感情があるから、余計である。日本人でもそういう事をやっている人は多いが、既にヤフオクではプレミア価格にはならなくなってきて、手間賃考えると、大した儲けになっていないので、まあ真っ当ではない資金獲得はどこかで歪みを起こすのだと思う。