2014年10月20日月曜日

小渕、松島二人の大臣が辞任

僕が政治の話を書くのは珍しいのだが、今日はトップニュースになっていたので、ちょっと書いてみる。今日は安倍内閣の二人の女性大臣が辞任した。両方とも不自然な行動にまつわる疑惑で辞任をしたのであるが、いつも思うのだが、なんで政治家って、反省をしないで同じようなトラブルを起こすのかな、と思ってしまう。大臣に任命されるということは、それだけ責任を負うということであり、その分身の潔白を保障しなければならないと言えるのであるが、両名共それに対して極めて甘い。小渕大臣は、観劇の支出に対して不明朗な部分があり、松島大臣は、うちわを配ることで、法律に抵触しているというちょっと内容は異なる部分はあるが、どちらにしても同じである。やはりもっと潔白でないといけないと思う。これだから政治家は嫌いなのである。

0 件のコメント:

コメントを投稿