2014年10月5日日曜日

ガンダム Gのレコンギスタ 第2話「G-セルフ 起動!」

あらすじ

ベルリによって拿捕されたG-セルフは、新設されたキャピタル・アーミーによって調査が続けられたが、何も解読出来なかった。そこに宇宙海賊のカーヒルがモビルスーツを操って、襲撃する。カーヒルの目的は、アイーダの確保と、G-セルフの奪還だった。キャピタル・ガードのドレンセンは、ベルリにG-セルフに搭乗して宇宙海賊の追撃を指示する。そのベルリは、アイーダの事が気にかかり、彼女の救助に向かう。そこで彼女と遭遇したベルリは、G-セルフに搭乗して、カーヒルを落とす。そしてその事を知ったアイーダに責められる。

感想

段々登場人物が増えて来て、話がややこしくなってくるエピソードだが、基本はモビルスーツ戦なので、展開としてはスピーディーな内容になっている。G-セルフがベルリによって起動してしまい、カーヒルの操るモビルスーツと対戦をするが、特殊な力によって、あっさりとカーヒルを撃沈する様は、謎が増えた印象を受ける。アイーダがベルリを責めるのは、宇宙海賊側にも理由があるので、その混乱をどうベルリが咀嚼していくかが、物語の肝になると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿