2014年10月30日木曜日

総務省、携帯各社にSIMフリー端末の提供を2015年5月以降から義務化

日経新聞や、他のメディアからの情報によると、ここのところ総務省で論議されていた携帯電話、スマートフォンのSIMフリー化だが、2015年5月以降発売される端末については、原則SIMフリーで発売しなければならない、という方向性で決まったようである。SIM解除に別料金を取ることも許されないが、期間の縛りは事業者に委ねた模様。となると、例えばiPhoneに限った場合、来年度秋に出るであろうマイナーモデルチェンジ機からは、SIMフリー対応を各キャリアが扱うことになる。何と無くだが、新しい料金体系になって、2年縛りが厳しくなるのではないかという疑念がある。まあ普通の人は、SIMフリーなんて、ほとんど恩恵にあずかることもないのだろうから、意味ないのかもしれないが。僕みたいにMVNOを見据えてとか、海外で現地SIMを使いたいとかその辺の情報を知っていないと、メリットはあまりないのかもしれない。でも来年は何かが変わるであろうとは思う。スマートフォンの料金は高いから、もっと安くなればいいのだが。(今は高いからMVNOも選択肢に出てくる)

0 件のコメント:

コメントを投稿