2015年11月14日土曜日

スター・トレック エンタープライズ 第68話「フロックス船長の孤独」

あらすじ

エンタープライズの目の前に空間変動が現れる。それを回避して航行しようとすると、約2週間時間がかかる。しかし、トゥポルの調査では、空間変動を通り抜けることが可能という。しかしその空間変動の影響を人間は受けてしまい、脳にダメージを与える、ということでフロックスは自分を残してクルー全員を昏睡状態にすることで、脳へのダメージを回避しようとする。昏睡時間は約4日間だったが、一人になったはずのフロックスは様々な現象に悩まされる。そこにトゥポルが現れ、二人は事態を収束させようとするが、ますます悪化してしまう。

感想

フロックスをただの医者ではなく、指揮官としてみた時にどうなのか、という話。しかし、ストーリーは破綻していると思う。最初、クルー全員を昏睡状態にさせる、とフロックスが話していたのに、トゥポルが現れた時から、つじつま合わないな、と思っていたが、オチがオチなので、ちょっと期待はずれ。フロックスが空間変動の影響を受けない、という設定が破綻していると思う。ただ、後半、フロックスが知識のないワープフィールドを作り出すところは、結構面白いと思う。主要登場人物が活躍しないという点では、評価できるが、あまり出来はいいとは思えない。

0 件のコメント:

コメントを投稿