2015年11月23日月曜日

MacBookやiPhoneのバッテリーのへたり具合がわかるアプリ「coconutBattery」

MacBookやiPhoneといったデバイスでは、リチウムイオンバッテリーが搭載されている。これは、ある回数(例えばiPhoneならば400回の充放電)を越した時に新品の容量の80%になるように設計されている。しかし、普通に使っていたのでは、バッテリーのへたり具合はわからない。それを解決するのが「coconutBattery」というアプリである。iPhone版は、App Storeで有料販売しているのだが、MacBook版は、カンパウェアなので一応無料で利用できる。何よりMacBook版で利点になったのは、最近のバージョンアップでiPhoneのバッテリーのへたり具合もわかるようになったことである。Current chargeで充電中の現在の容量が、Design capacityで、どのくらいiPhoneのバッテリーがへたっているかがわかるようになっている。Loadcyclesが満充電、放電の回数を表している。僕のiPhoneをチェックすると、すでに最大充電量が90%を割る数値になっていて、充放電回数165回と少ない割には、バッテリーがへたっているな、という印象を受ける。iPhone 6 Plusなので、バッテリーの容量は大きいから、まだ少し余裕はあるが、そろそろ2日に1回の充電では多少厳しい感じである。普通、こういう情報はわからないので、このアプリは使い勝手があると思う。ちなみにインストールしているMacはiMacなので、Mac側のバッテリーは表示されない。当然と言えば当然だが。

0 件のコメント:

コメントを投稿