2016年5月8日日曜日

El Capitanのメモ帳のデータをTime Machineから戻す方法

普段、表題のようなことは手動で行うことは少ないと思う。Mac OS Xの場合、移行アシスタントで、全データを元に戻せるからである。しかし、僕のようにウイルスに感染していて、それを初期化するためにOS Xをクリーンインストールした場合に、メモ帳のローカルのデータが消えたままになっていて、戻し方が分からなかった。当然Time Machineが動いているので、バックアップデータそのものはあることは分かっていたが、どれがメモ帳のデータなのかが分からなかったのである。日本のサイトをGoogleで調べていたが、解決策はなかった。しかし、アメリカのAppleコミュニティサイトで調べたところ、答えが出ていたので、忘備録として、ここに記しておきたいと思う。

メモ帳のローカルに保存しているデータは、以下のディレクトリの計6ファイルになる。
  • ~/Library/Containers/com.apple.Notes/Data/Library/Notes/ の NotesV6.storedata** ファイル
  • ~/Library/Group Containers/group.com.apple.notes/ の NoteStore.sqlite** ファイル
これをTime Machineのデータが存在した時期から復元すれば、消えたメモ帳データは復元できる。もしOS Xのクリーンインストールをしてしまい、メモ帳のデータが消えた時は、これを参考にしてほしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿