2016年12月31日土曜日

大晦日に中華街に行く

今日、中華街に両親と、弟夫婦、姪と一緒に行った。なんでも姪から、両親に「中華街に連れて行って」とリクエストがあったそう。僕も中華街は久しぶりで、神奈川から福岡に引越しをして、約6年になるが、7〜8年振りの訪問ではないかと思う。もちろん、2015年に長崎の中華街に行ったことはあるが、規模からしたら、横浜の中華街が一番だろうと思う。大晦日という時期ではあるが、やはり中華街は混んでいる。11時前の店の開店時間前に、人気店には行列が作っていた。僕らは、路地に入った店に入ったので、あまり混雑はしていなかったが、その店は、あまり客が入らない店のようである。でも、料理は美味しかった。1500円のコースだったが、お腹がいっぱいになった。スープも美味かったが、チャーハンと麻婆豆腐のぶっかけは絶品だった。やはり、本場の味は違う。いい外出になったと思う。

2016年12月30日の睡眠と、31日の健康

昨日、夕方から、友人宅で、忘年会があった。毎年恒例で、30日に開催する。友人宅最寄の駅で集合して、スーパーで食材を買い、鍋をつつきながら、雑談していた。鍋はカニもあったし、デザートにケーキまで出たので、かなり満足。お酒は、缶ビールを1缶だけ飲んで、あとは烏竜茶で済ませていた。

家に戻ったのは、10時半ぐらい。両親が入浴を済ませるのを待って、最後に僕が入浴した。寝たのは、11時半である。

睡眠は、熟睡。早朝3時ぐらいにトイレで起きてしまったが、またすぐ寝てしまった。起きたのが7時なので、まあまあ寝た方。

昨晩に弟夫婦と姪が実家に帰って来ており、今日は姪の希望で、中華街に出かけていった。中華街は、さすがに混んでいた。で、早めに中華料理を楽しんだ。

食後、山下公園に行ったり、赤レンガ倉庫に行ったりしたが、姪が腕時計を欲しいというので、横浜駅まで出て、ヨドバシカメラで、腕時計を物色。姪も多少妥協して、買う品を決めたみたいである。

実家に戻り、しばし、休憩。iPad miniでネットを見ていた。姪は「ドラえもん」に釘付けになっていた。

2016年12月30日金曜日

2016年12月29日の睡眠と、30日の健康

昨日の夕方、実家にいたので、ネットはiPad miniで見ていた。実は、iPad miniだとGoogle Analytics辺りを見るのには、コツがいる。操作性が悪いのである。アプリ版で見ればいい気もするが、アプリ版はどうも使いづらい。で、ブラウザで見てしまうのである。

夕食は早めだった。アルコールは、昨晩も控えていた。まだタミフルを飲んでいるせいもある。料理は、野菜が多く、栄養バランスは良かった。夕食後、果物も食べたので、満足度は高い。

入浴後、体が冷えないうちに布団に入り、自宅から持って来た小説を読んでから寝た。深夜3時まで熟睡。トイレに起きた後、また熟睡で、7時まで寝ていた。

体調は悪くないのだが、喉だけはいがらっぽい。今日でタミフルも無くなるので、インフルエンザもそろそろ抜けるだろう。

朝は、今晩忘年会を行う友人と、LINEでやりとりしていた。昨日、トークを発信したのだが、返信は今朝だったからである。

その後、小説をずっと読んでいた。自宅にいるときには、「たぶん読み終わらなよな」と思っていた「珈琲店タレーランの事件簿 5」だが、読みだすと面白くて、結局昼食を挟んで午後2時ぐらいまで読んでいて、読破してしまった。

昼食は味噌ラーメンだった。福岡にいると、とんこつラーメンが当たり前で、味噌ラーメンなんて、博多か天神に出ないと食べられないので、うまかった。

夕方は、友人と忘年会を行うので、後少ししたら出かける。帰って来て、日記を書くのは面倒なので、3時前という早い時間に書いている。

岡崎琢磨著「珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように」宝島社文庫

人気シリーズ小説の最新作にして、5作目になるのが「珈琲店タレーランの事件簿 5 この鴛鴦茶がおいしくなりますように」である。前作4巻で「そろそろシリーズも終わりかな」と思っていたので、この最新5作目は、ちょっと意外だった。ストーリーは、アオヤマがメインの話で、美星は今回脇に回っている。アオヤマの中学生時代から話は始まり、友達の出来なかったアオヤマを救った眞子との交流から、11年後の現在にアオヤマと眞子が再会するという展開になり、事件につながって行くというストーリーである。眞子には、不倫で苦しんでいるというバックグラウンドがあり、それが物語の進行によって、だんだん真実が明らかにされて行く、という内容になっている。本のサブタイトルである鴛鴦茶とは、香港で飲まれている紅茶コーヒーのことで、物語を象徴する飲み物として、扱われている。今回も、話的には面白いが、ラストのネタバレが、物語途中で予想できてしまい、それがある程度当たってしまったので、少しミステリーとしては寂しい。今回、ある小説が物語と深く絡んでいるので、その小説を読んでいると、より面白いかもしれない。僕は、読む気はないが。それと、その小説や、一部映画のネタバレをしているので、未見の人には、若干注意が必要かも。巻頭に、主人公たちのイラストと、キャラ設定が書かれているのは、サービスかな、と思う。

2016年12月29日木曜日

2016年12月28日の睡眠と、29日の健康

昨日の夕方、ネットを見ていたが、調子は悪くなかった。ただ、タミフルは服用していたので、夕食時の飲酒は控えていた。これで3日間、飲酒していない。ビールは飲む僕にしては、珍しい。

夕食後、実家に帰省する為の準備をしていた。熱が下がらなかったら、帰省をどうしようと、考えていたのであるが、熱も一昨日の夜には微熱を割っていたので、思い切って帰省することにした。もちろん、菌をばら撒かないように、マスクはしていた。

寝たのは9時半である。深夜3時にトイレで起きたが、比較的熟睡できた。朝は、アラームより早めに起きた。熱はなし。体調も悪くない。少し喉がいがらっぽい程度。マスクをして、実家に向けて移動した。

福岡空港は、大規模工事が始まっており、なんか狭い。周囲を見ると、マスクをしている人が結構いる。予防なのか、風邪を他人に移さないようにしているのか。

飛行機は、出発が遅れた。しかし、音楽を聴いていたのと、電子コミックを読んでいたので、あまり時間は気にならなかった。

羽田空港からは、電車で移動。Apple Watch上のSuicaで改札を華麗にスルーした。一度やって見たかったのである。

実家近くまで来て、昼食。味覚も戻って来た感じ。

実家に到着し、午後はのんびりする。Apple TV 3rdのOSをアップグレードしたりしていいた。

スターフライヤーのSKIPサービスで、iPhoneのWalletが暴発

東京に移動するときには、スターフライヤーを利用することが多い。そのスターフライヤーでは、SKIPサービスというのが利用できる。iPhoneなどのスマートフォンのブラウザで、二次元バーコードを表示し、直接保安検査場や搭乗口を通過できる、というものである。以前からiPhoneでこのサービスを利用していた。しかし、今回、搭乗口でブラウザに二次元バーコードを表示し、搭乗しようとしたら、iPhoneのWalletが自動的に起動し、二次元バーコードを隠してしまうので、搭乗に手間取った。何とか切り抜けたが、後で「そういえば、2ちゃんねるでこのトラブルの話を見たな」と思い、飛行機着陸後、調べてみた。すると、スターフライヤーがANAのシステムを利用しているが為の、トラブルであることがわかった。解決方法は、チェックインカウンターで、紙の二次元バーコードを出力するしかないようである。ちなみにANAは、Walletに二次元バーコードを登録できるので、トラブル回避できる。これは、Apple Payの導入によるiOSの仕様変更によるものらしいので、スターフライヤーのような、LCC系航空会社には厳しい状況になりそうである。

2016年12月28日水曜日

2016年12月27日の睡眠と、28日の健康

昨日の夕方、ネットを見ていて、少し気力が増してきたかな、と思った。夕食を済ませて、薬を飲み、しばらくしてから体温を測ったら、36.9度と微熱を少し割り出した。回復の兆しあるなと思った。

月曜は熱もあったし、入浴する気力もなかったが、昨日は汗もかいて体も髪の毛もベタベタしていて気持ち悪かったので、シャワーを浴びることにした。ちょっと賭けに近い気もしたが、結果的には体も髪の毛もさっぱりして、気分が良くなった。

就寝時間は9時だったが、昼寝もしていたので、寝つきは良くなかった。30分ぐらい寝られなかったと思う。寝てもまた夢を見て、深夜3時に目が覚めてしまった。その後はあまり眠れなかったが、6時20分まで何とか布団の中にいた。横になっていたので、体の休息にはなったと思う。

起きてから、枕カバーや下着を洗濯した。もし、会社に行っていれば、この洗濯は通勤用のシャツとかも含まれていて、帰ってきてからアイロン掛けという手間もあることを考えると、強制年休は返って楽かもと思った。

熱を測ると、36.4度まで下がっていたので、解熱には成功した。ただ、ずっと寝ていたせいか、体が痛い。なので、今日はずっと起きていた。

9時半に食料を買い込みにスーパーまで出かけた。本当は出かけてはいけないのだが、独り身なので食料の調達を自分でしなければならない。マスクをして、菌をばら撒かないようにしながら、スーパーで食料だけ買って、すぐに帰ってきた。

後は、ネットを見たりしてくつろいでいた。午後、気力があれば映画見ようかなと思ったが、そこまで気力が湧かなかったので「機動戦士ガンダムZZ」だけ見た。

ここ数日、栄養補給と解熱の意味合いを込めて、コーラを飲んでいた。欧米では風邪とかインフルエンザの時にはコーラを飲むらしい。確かに気分が楽になる。

機動戦士ガンダムZZ 第43話「コア3の少女(後)」

あらすじ

プルツーに囚われたルーやエル、ルチーナを救出するのと、鉱山隕石キケロの作業員をネオ・ジオンから解放するため、ジュドーとルチーナの父親は協力して、作戦を実施する。それは、コア3とキケロのドッキング・ベイをネェル・アーガマのメガ粒子砲で切り離す、というものである。そのために各人が行動を開始する。その頃、プルツーは、グレミーの意図を掴み、ハマーンに反乱を起こす企みを企てる。しかし、ハマーンのプレッシャーが強くて、なかなかそれは出来なかった。プルツーは、囚われの身であるルチーナだけ解放して、ハマーン抹殺を図るが、ハマーン護衛に当たっていたキャラ・スーンに阻まれる。ジュドー達は、ルーとエルの救助に成功するが、その脱出途中でハマーンと再会してしまう。そこにキャラのモビルスーツが墜落し、ジュドーは図らずもハマーンを助けてしまう。ハマーンは、コア3を脱出し、グレミーの反乱に相対することになる。ジュドー達は、ルーとエルの救助の途中、プルツーの攻撃に遭うが、ジュドーはプルツーに道理を聞かせる。そして、ネェル・アーガマのメガ粒子砲が無事キケロとコア3のドッキング・ベイに命中し、作戦は成功する。

感想

物語には登場しないが、プルツーの行動を持って、グレミー・トトがハマーンに反乱を開始したターニング・ポイントになる話である。最初、お笑い要員キャラであったはずのグレミー・トトが、いつの間にか腹に一物あるキャラに変更し、そして、ついに自身の手持ちの強化人間であるプルを使って、ハマーンに反乱を企てるというのは、大幅な設定変更だと思う。ジュドーとハマーンの関係も結構濃厚に描かれていて、物語後半の富野監督ならではの重苦しい展開になってきていると思う。しかし、主要登場キャラ達が意外に陽気なので、Zガンダムほどの重苦しさはない。プルツーも、自身のアイデンティティをジュドーに揺さぶられ、困惑している様子が描かれているのは、終局に向かって、一波乱ありそうである。

「スター・ウォーズ」レイア姫役女優、死去

今朝、ニュースを見ていてショックを受けたのが、大人気SF映画「スター・ウォーズ」のレイア姫役で知られる女優、キャリー・フィッシャーさんが死去されたというニュースである。何日か前に飛行機の中で心臓発作を起こし、病院に緊急入院したが、その後、容態は安定をしていた、という情報をニュースで知って、一安心していたのであるが、深夜になって、このニュースにがっくりきている。僕にとっての「スター・ウォーズ」とは、初めて見た外国映画であり、人生のほとんどは「スター・トレック」と「スター・ウォーズ」で固められていると言ってもいいと思う。その伝説とも化している「スター・ウォーズ」において、レイア姫は、間違いなくかっこいいヒロインだったと思う。昨年末、「フォースの覚醒」において、久しぶりに老いた姿ながら、反乱軍のリーダーを演じていて、その姿に興奮した口だが、もう、彼女の演じるレイア姫が見られないと思うと、かなり寂しい。とにかく、今の所はご冥福をお祈りする、としか言えない。

2016年12月27日火曜日

2016年12月26日の睡眠と、27日の健康

昨日の夕方、ネットは一通り見たのだが、体がインフルエンザでだるくて、気力はなかった。夕食を6時前に食べ、タミフルを飲んで、しばらく起きていた。なんかアカシジアっぽい状態になったので、ゲームをして気晴らししていた。ファミコンミニは、こういうとき役に立つ。

入浴する気もなかったので、歯磨きと洗顔だけして、9時には寝てしまった。体調不良ということもあると思うが、昨晩はしっかり寝た。夢も見なかった。朝4時に一旦目覚めてしまったが、再び眠りに落ち、7時まで寝ていた。

朝の時点での体温はやはり38.1度あった。朝食にトーストを食べ、タミフルを飲んで、紅茶を飲んで水分を取った。その後、1時間弱、うとうとと寝ていた。

起きてから、本当は外出してはいけないのだが、食料を買い出しに行かないとと思い、マスクはしてコンビニに出かけた。昼食の鍋焼きうどんと、おにぎり、コーラ、アイスクリーム、弁当を買ってきた。

コンビニに行っただけで汗を結構かいていて、一時的に体温が下がった。ただ、昼食に鍋焼きうどんを食べて、しばらく時間を置いて体温を測ったら、37.2度だった。

午後も1時間ぐらいうとうと寝ていた。起きた後、体温を測ったら、37.5度に上がっていた。しかし、体温の割に体の調子は軽い感じ。タミフルが効いている感じはする。

午後のお茶にコーラとアイスクリームを食べて、リラックスする。体調が万全ではないので、ビデオを見る気にもならない。とにかくやることなくて、暇だが、何かをしたい気もない。

「この世界の片隅に」LINEスタンプが登場

今日、Yahoo!ニュースで知ったのだが、LINEの有料スタンプに「この世界の片隅に」のスタンプが登場したとのこと。価格は240円(税込)。片渕須直監督監修のもと、のんさんが改めてすずさんの声を吹き込んでいる音声付きスタンプになっている。僕個人はほとんどLINEは使っていないので、スタンプを買うかどうかは迷い中なのであるが、イラストも新規書き下ろしで、すずさんの名セリフの数々が音声付きスタンプになっているのは、大変興味ある。トークでこのスタンプを使ったら、面白そうな予感はしている。ファンの方はまずはデモを見てみるのもいいかもしれない。

2016年12月26日月曜日

2016年12月25日の睡眠と、26日の健康

昨日の夕方、なんか体調が悪かった。熱を体温計で測ると、37.4度あった。ただ、風邪とはなんか違う気がしたので、風邪薬は飲まず、とりあえず夕食を食べ、クリスマスケーキも食べた。夕食はなんか味が変だった。

夕食後、熱は38.1度まで上がった。でも、体が気持ち悪いので、シャワーをざっとだけ浴びた。iPhoneの充電が終わってから早めに寝ようと思ったが、充電がなかなか終わらず、9時40分に就寝した。

睡眠の質は悪い。頭痛と発熱により、しょっちゅう目が覚めた。朝4時ぐらいに体温を測ってもやはり38.1度あった。6時45分に一応起きたが、調子悪いので、会社の上司に電話を入れ、今日は休む旨伝えた。

頭痛と倦怠感の中、病院に朝一番で行った。一応ということで、インフルエンザの検査をしてもらったところ、A型のインフルエンザが陽性だった。昨日から発症なので、タミフルをもらってきた。家に帰宅後、タミフルを1錠飲むと、しばらくは37.4度まで下がっていたが、この日記を書いている現在は37.7度まで上がっている。

体調が思わしくないが、寝てばかりもいられないので、起きたり寝たりを繰り返していた。コーラが解熱にいいというので、コーラを飲んでいた。

昼食は何か食べないとと思い、カップうどんとおにぎりを1個食べた。一応食べられる。食欲はあるから、まだマシである。

インフルエンザに感染

昨日、起きた時から少し喉に違和感があった。早朝覚醒のため、調子もおかしかったので、昼に昼寝をしていたが、夕方、なんかだるいので熱を測ると、37.4度と微熱を指していた。その後、夕食を取り、シャワーを浴びて再度体温を測ると、38.1度まで上がっていた。そのまま寝たのだが、頭が痛いのであまり熟睡できず、汗もかいていた。朝、少し早起きして体温を測っても38.1度。今日は会社休んで病院行くかと、調子の悪い中、病院に行って、検査してもらったら、インフルエンザA型に感染していることが分かった。今週は3日間しか会社の出勤日はないが、インフルエンザ感染なので、もう出勤はできない。解熱後3日経たないと出社できないルールになっているからである。病院ではタミフルを処方してもらい、家に戻って1錠を飲むと、少し熱は下がったが、体は相変わらずだるい。木曜に実家に帰省する予定だが、そこまでに熱が下がるか、心配になってきた。本当は熱が下がっても出かけない方がいいのであるが、年末年始は実家に帰省したいので、しばらく自宅で静かにしているつもりである。

2016年12月25日日曜日

2016年12月24日の睡眠と、25日の健康

昨日の夕方、ネットを見て、夕食を食べた。一応クリスマス・イブを意識して、フライドチキンと、サラダを食べた。夕食後、両親と電話したが、年末年始の予定を聞かれたので、「友達との忘年会がある」と言うと、どうも姪が中華街に行きたい、と言っているので、30日の昼に中華街で食事を予定しておくよう言われた。

電話の後、「HOLLYWOOD EXPRESS」を見て、入浴した。なんかだるかったので、9時過ぎに寝てしまった。寝つきは良かったが、11時半ぐらいに一回目覚め、夢を見た後、4時過ぎにトイレで起きたら、眠れなくなった。横になっていたのだが、口の中が気持ち悪く、結局早朝5時半に起床した。

洗濯をし、朝食を食べて、ネットを見ていたが、時間を持て余していたので、佐野元春の35周年アニバーサリー・ツアーのライブBlu-rayを7時前から見始めた。収録時間3時間10分と長尺なので、見終わってもまだ10時になっていなかった。

ビデオを見終わった後、ショッピングセンターに出かけた。2つ買い物があり、1つはAirPodsを入れておくポーチを、もう1つは先日買った守礼門のプラモの塗装色を買ってきた。

昼食はヘルシーに鯖の塩焼きと肉豆腐の定食を食べた。揚げ物にちょっと飽きていたので、うまかった。

夕食のおかずを買ってから家に帰り、少しだけプラモの塗装をしてみた。しかし、模型屋で買ってきた筆では塗装が上手くいかず、結局別の模型屋に再度足を伸ばし、筆を買い直してきた。

早朝覚醒で調子は良くないので、午後は1時間ほど昼寝をした。寝たかどうかはあまり意識していないのであるが、体がすごいだるかったのを覚えている。目覚めてから、意識をスッキリさせるため、コーヒーを飲んで、お茶菓子を食べた。

佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA 「35周年アニバーサリー・ツアー」Blu-rayを見た感想

去年の12月から始まった佐野元春 & THE COYOTE GRAND ROCKESTRA 「35周年アニバーサリー・ツアー」の東京ファイナルの模様をほぼノーカットで収録したライブBlu-rayが、これである。ほぼと書いたのは、僕が福岡公演で見たときと違って、特にライブ前半のMCがカットされているように思うから、ほぼと書いている。曲については、完全にノーカットで、35周年アニバーサリー・ツアーの内容にふさわしい選曲になっている。THE COYOTE BANDが母体のメンバーなので、アルバムCOYOTE以降の曲が結構選曲されているが、THE HEARTLAND、THE HOBO KING BAND時代の曲も選曲されていて、それが比較的レコード、CDのオリジナルアレンジに近い演奏になっているので、普段のアレンジを変えた演奏とは違った魅力に溢れている。普段ライブでは演奏しない曲もいくつかあり、アンコールで演奏された「グッドバイから始めよう」あたりは、涙物であると言える。収録時間が3時間10分と長尺ではあるが、一気に見られる編集がされている。映像について言えば、HD画質で綺麗であるが、意図的なのか、モノクロになったり、ピンボケがあったり、色が滲んだり、静止画が少なく、絶えずカメラが動いている編集になっていて、多少違和感を覚えるところもある。音響はリニアPCMであるが、実は96kHz/24Bitのハイレゾ音源なので、かなり高音質で収録されている。なので、ライブの臨場感がダイレクトに伝わってくる。東京のライブを見ながら、福岡で生で見た時の感動が蘇ってくる傑作Blu-rayだと思う。

2016年12月24日土曜日

2016年12月23日の睡眠と、24日の健康

昨日の夕方、ネットを見ていて、比較的早く見終わってしまった。iMacで見終わり、iPhoneでも主要なサイトは見終わってしまった。それで、6時過ぎには夕食を食べ終わってしまった。

その後、何気なくテレビを見たり、ゲームをしたりしていたが、疲れたので9時半には就寝した。寝つきは良かったが、ふと目を覚ますと、まだ11時半だった。また寝たのだが、なんかの夢を見た記憶がある。次に目覚めたのは3時で、トイレで起きた。そして次に起きたのは7時前で、頭が冴えたのでそのまま起きた。

朝食を食べた後、ネットにかじりつき、AirPodsがApple Store福岡天神に入荷しないかな、とAppleのAirPods購入サイトで5分置きにリロードしていた。昨日、東京3店舗と大阪心斎橋、名古屋栄、仙台と入荷していたので、今日、福岡天神来るかも、と一抹の期待を抱いていたのであるが、9時過ぎに本当に本日在庫あり、の表示に変わった。で、急いで予約をしたところ、無事本日受け取りの予約が取れた。

一安心したので、部屋の掃除をし、トイレも掃除をしてしまった。汚れているのは分かっていたが、AirPodsの予約で手一杯だったため、後回しにしていたのである。

すぐにでも出かけたいところだったが、今日は11時に保険の契約の確認が自宅であり、それまで家から出られなかった。体がiMacにかじりつきだったので強張っていて、しんどかった。

保険の確認が終わって、すぐに着替えて天神まで向かった。Apple Storeに着くと、すぐに商品の引き取りができて、一安心。その後、天神で昼食を食べた。

食後、家に帰る前に家電量販店に寄り、守礼門のプラモデルを作るための塗料とか買おうとしたのだが、欲しい色がなかったので諦めた。そのあたりから、軽いアカシジアが出て、身体がきつかった。ロラゼパムを服用し、コーヒーショップで休憩をし、スーパーで夕食のおかずを買って家に戻ったが、アカシジアはなかなか治らなかった。家でファミコンミニでゲームをし、アカシジアが治まるのを待っていた。

3時前にコーラを飲んで、リフレッシュをしたところ、ようやくアカシジアが治まってきたので、「ガンダムZZ」を鑑賞し、それからAirPodsの設定をした。設定といっても非常に簡単。ただ、iPhoneの画面をタップするだけで済んだ。

AirPodsをApple Storeで入手

AppleがBluetoothヘッドフォン、AirPodsの販売予約受付を開始したのは、12月13日の23時ごろだった。14日の記事で、朝の7時45分ぐらいにApple Online Storeで予約を申し込んだが、その時点で予約は4週間待ち、1月15日配送という状況だったことを書いている。その後、主に2ちゃんねるを見ていると、発売開始日の19日に入手できた、という話と、実店舗のApple Storeに入荷した、という話がいくつか散見された。そして、20日頃に14日の朝7時半ぐらいまでのOnline予約者には、当初の1月15日出荷から早まって、25日の商品発送という流れになっていた。しかし、僕の順番までには到達せず、年末年始の休暇もあって、納期が早まる見込みは限りなく薄くなっていた。23日の朝に2ちゃんねるを見ていたら、実店舗のApple Storeに商品が入荷し、ネットでの商品確保ができた、という話があり、それからずっと確認をしていたのであるが、東京、大阪、名古屋、仙台は当日受け取りの注文を受け付けていたが、僕の住む福岡天神は受付がなかった。がっかりしたものであるが、今日、福岡天神は1日遅れで入荷するかも、と思い、朝8時ぐらいから5分刻みでAppleの予約ページをリロードしていたところ、9時ぐらいに当日入手可能という表示に変わった。早速予約手続きをしたところ、無事、本日福岡天神での商品受け取りができることになった。それで、昼前にApple Store 福岡天神まで出て行き、商品を受け取ってきた。店員さんの話では、2ちゃんねるで情報が流れたので、大量に入庫があったが全てはけてしまった、と言い、いいクリスマスプレゼントになりましたね、と言われた。本当、個人的にもいい買い物ができたと思う。多分、年内の商品入荷は工場の休暇などの影響でないものと思うが、年明けには再開するのではないかと思う。現在Online Storeでは2月11日出荷になっているが、マメに店舗受け取りの日にちを確認していれば、少しは早く入手可能になるかもしれない。また、Onlineも僕がキャンセルした分は、誰かの手に渡ると思うので、少し早くなると思う。先ほど少し使ってみたが、コードが全くないというのは素晴らしく開放的である。革新的製品だと思う。

機動戦士ガンダムZZ 第42話「コア3の少女(前)」

あらすじ

ジュドー達は、コア3に潜入するべく、鉱山隕石のキケロに取り付いていた。キケロは間も無くコア3にドッキングする予定だったからである。そのキケロの中は、ネオ・ジオンに徴用され、不満を抱く作業員達がいた。彼らと協調しようとするジュドー達だったが、作業員の管理者が、キャラ・スーンで、ジュドーに会ったことで精神に異常をきたし、精神安定を図られる。作業員達は、ジュドー達を利用して反乱を起こそうとするが、作業員のリーダーの娘、ルチーナがジュドー達をかばったため、ジュドー達は解放され、協調することになる。その頃、グレミー・トトもコア3に配備され、配下のプルツーがジュドーの気配を感じ取って、キケロに潜入する。そして、作業員達と残ったルーやルチーナなどを拉致して、その場を去っていった。

感想

物語が佳境に入り、序盤で出てきたお笑い要員、キャラ・スーンや、プルツーなどが再登場する結構重要な回。キャラは、精神改造されているようで、最初は認識していたジュドーを、途中からは認知しないようになってしまうキツい展開になっている。プルツーも、ジュドーに地球での戦いの仕返しをしようと企むが、ルチーナに「悪い人ではない」と言われ、精神の動揺が見られる貴重な回になっている。そろそろ、序盤の登場キャラと、中盤以降の登場キャラが集結し、次第に佳境に入っていく様子がありありと現れていて、次の展開が気になるところである。

2016年12月23日金曜日

2016年12月22日の睡眠と、23日の健康

昨晩、フレックスで早く帰ったので、夕食は早めに食べた。何もしていないが、会社に行くだけでストレスを感じているので、解放された気分である。食後、ネットを見ながら、伊藤銀次のインターネットラジオを聞いていた。佐野元春がゲストで出ていた。ネットも見終わり、少しファミコンミニで遊んでみたりした。

入浴後、年賀状に手書きのコメントを書き込んでみた。年賀状には写真を印刷したので、黒いボールペンではダメだろうなと思って、先日文房具屋に行ったら、白い色のボールペンを見つけたので買ってきて、それで書いていたのである。書き終わったので、今日発送することにした。

寝たのは10時過ぎだったと思う。熟睡かと思ったら、子供のゴキブリに襲われる夢を見て、深夜2時にトイレで起きた。その後、なかなか再入眠できなかった。1時間ぐらい布団の中で「眠れない」と思いながら、寝返りを打っていた。

寝たと思ったら、6時過ぎにまた目が覚めた。もう眠れないので、起きてしまった。ただ、体はだるい。洗濯をして、朝食を食べた。天気が悪いので、洗濯物は今日も浴室干し。洗濯物を干した後、「がちゃんの部屋」の映画のレビューに書いた日付を追加した。ここ1-2週間かけて追加していたが、今日、終わった。

その後は、AppleのBluetoothヘッドホンAirPodsが天神のストアに入荷しないかずっと見ていたが、入荷しなかった。他の店には入荷していたのに。仕方なく、今日は映画を見る予定で出かけるつもりだったので、少し早く出かけて、天神に寄ることにした。

Apple Store天神に寄って見たが、やはりAirPodsは入荷していなかった。しょうがないので諦めて、映画館まで移動。途中の「かろのうろん」という福岡で有名なうどんの店に初めて入り、肉うどんを食べて満足していた。

映画は今更ながら「君の名は」を見た。大ヒットを記録しているとはいうものの、予告編だけでは食指の浮かなかったこの映画、面白いのか、つまらないのか、実際に見ないとダメだなと思って、見に行ったのだが、予想外に面白かった。今年は邦画のアニメの出来がいいなと思った。

映画鑑賞後、コーヒーショップでコーヒーとケーキをいただく。それから帰宅し、スーパーで夜のおかずを買って家に帰った。そして、洗濯物を片付け、ようやく一息ついたところである。

映画「君の名は。」ユナイテッドシネマ キャナルシティ13

今年一番のヒットを記録し、まだまだ観客動員を増やし続けるお化け映画がこの「君の名は。」である。実の所、公開から数ヶ月も経って、劇場に足を運ぶようになるとは思ってもみなかった。切っ掛けは「この世界の片隅に」を偶然劇場で観てしまい、感動のあまりネットで感想等を観ていたところ、「君の名は。」に対しての否定的見解が多くて、実のところどうなのだろうと、疑問に思ったのが、その理由である。その他にも割引料金で映画が鑑賞できる、という理由もあったが。で、観た感想だが、そもそも作品としての比較をする事自体、意味がない、と言える。「君の名は。」は、ボーイ・ミーツ・ガール、ガール・ミーツ・ボーイの話であり、それに相当のSF設定を混ぜ込んだ良作だと思う。冒頭からして、主人公の瀧と、三葉の体と心が入れ替わる、というSF的面白さがあるのだが、物語後半では、それに輪をかけたSF的展開がストーリーを引っ張り、二人の関係をより強固なものにしていく、という話の面白さがあると思う。しかも、瀧は東京、三葉は飛騨という全く離れた地域でのやり取りや、お互いの名前をすぐに忘れてしまい、思い出せなくなる、という切なさも物語に込められていると思う。なので後半の展開は、どうオチをつけるのか、かなり引き込まれる部分がある。そして、ラストは、いいまとめ方だなと思う展開になっている。戦時中の市民の暮らしを描いた「この世界の片隅に」とはジャンル自体が違うので、どちらも出来はいいとしか言いようがない。ただ、「この世界の片隅に」の方が鑑賞後のどう表現したらいいかわからない、複雑な印象は受けるが、「君の名は。」の方は、割りかし明瞭な感情表現できると思う。とにかく、アニメでここまでできる、という素晴らしさがこの作品には溢れていると思う。

2016年12月22日木曜日

2016年12月21日の睡眠と、22日の健康

昨晩、夕食後、洗濯物のアイロン掛けをした。当然、時間がかかり、ネットを見る時間は遅くなる。その合間を縫って、宅配便が色々届いた。輸入盤Blu-rayに始まり、佐野元春のアナログレコード、ライブBlu-rayと、忙しかった。梱包箱も部屋に溢れかえり、「これは明日のゴミの日に捨てないと駄目だな」と思った。

ネットを見て、入浴後、我慢できなくて、佐野元春のライブBlu-rayを少しだけ見た。音響がなんとハイレゾなので、音質はいい。今年の1月に福岡市民会館で見たライブを彷彿とさせる映像だった。

寝たのは10時半。睡眠は比較的深かった。ただ、夢で子供ゴキブリに襲われるという内容を見た。朝4時にトイレで起きたが、また熟睡してしまった。アラームがないと起きれなかった。

天気が強風なので嫌な予感がしたが、案の定、電車のダイヤが乱れていた。とりあえず、無理やり来た電車に乗ったが、そのせいでiPhoneを取り出すこともできず、ただ、音楽だけ聞きながら、地獄の通勤になっていた。博多駅に着いた時にはホッとしたものである。

会社では時々雑務が入る他は、比較的暇だった。ただ、雑務の処理が面倒くさい。なんか、最近仕事をするのが嫌になっている感がある。しないと給料はもらえないのだが、できれば、定型の退屈な仕事はしたくない、という気持ちがある。

上司から朝の連絡で、「3連休に入るので仕事の取りこぼしがないように」と言われたが、特にやる仕事もないので、帰りはフレックスで早退することにした。

4時半に会社を出て、珍しくバスに乗り博多駅まで行き、博多駅から電車で家に戻った。天気予報だと帰る頃には雨が止むはずだったが、実際は降っていたので、コンビニでご飯のおかずを買って帰った。

Apple Payを西鉄バスで使う

10月のiOSとwatchOSのアップデートで、iPhoneとApple WatchでApple Payが利用可能になった。たまたま、東京駅開業百周年記念Suicaを持っていたこともあり、SuicaをiPhoneで吸い取り、Apple Watchに移動させていた。ただ、Suicaの利用範囲は限定されていて、なかなか交通機関での利用機会がなかった。11月に糸島市付近で営業している昭和バスで、Apple Watch上のSuicaで乗車してみたが、その時にエラーが起きて、料金の2重取りをされてしまった経緯もある。で、今日、会社をフレックスで早退する機会があったので、雨模様だったこともあり、いつもなら会社から駅まで歩いていくところを、あえてバスでApple Watch上のSuicaを利用してみることにした。福岡市のバスは、西鉄バスが支配しているので、西鉄バスは自社のICカード、nimocaを利用することができる。ネット上ではSuicaとnimocaは相互利用可能になっているはずなので、Apple Watch上のSuicaも利用できるはずだった。まだ帰宅時間に少し早いので、バスも混雑していなくて、Apple Payのテストには支障がないと思った。で、実際の結果だが、何の問題もなくスムーズに決済が通った。11月の昭和バスのトラブルがあったので気になっていたのだが、今回は問題は何もなし。来週、年末年始休暇で実家に帰省するが、羽田空港から実家近くの駅までの鉄道の支払いもApple Watchで行けそうだと、ちょっと安心する次第である。

2016年12月21日水曜日

2016年12月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩、ネットを見ていたら、AppleのBluetoothヘッドフォン、AirPodsの商品出荷が当初1月15日到着予定の人の一部まで始まっていることに気づき、「自分の予約分も早まらないかな」と期待していた。残念ながら、今のところ、当初の予定通り2017年1月15日到着の予定しかないのだが、少しは早まるのではと個人的に思っている。

寝たのは10時だったが、寝つきは悪く、睡眠の質も悪かった。夢を見て、深夜3時にトイレで起きた。その後、あまり眠れなかったが、医者の言うようにベッドから離れることはしなかった。

朝は少し寝ていたようだが、アラームで起こされた。水曜日なので、洗濯の日でもある。天気予報があまりいいこと言っていないので、洗濯物は、浴室乾燥にかけた。

会社に行っても、やることがないので、AirPodsの勉強をしていた。音質は特段優れているわけでもないが、やはり操作性が抜群らしい。それを知るたびに、「早く手に取って見たい」と余計思う始末である。

午後、眠気が少しあり、早い時間に軽いアカシジアも出た。ロラゼパムを合計4錠飲んで、なんとか症状を緩和したが、出ているときは落ち着かなくて、所在がない感じである。

定時で家に帰り、スーパーでご飯のおかずを買って帰った。夕食をとっていると宅配便が来て、輸入盤Blu-rayを届けてくれ、夕食後に洗濯物のアイロン掛けをしていると、別の宅配業者が佐野元春のBlu-rayとアナログレコードを届けてくれた。なんか梱包箱だけで部屋の一角を占めている。明日のゴミ捨ての日に処分しなければ。

佐野元春35周年アニバーサリーライブのBlu-rayが届く

11月に発売が告知されてから、待ちに待っていたのが、佐野元春のデビュー35周年アニバーサリーライブのライブビデオである。なんという幸運か、クリスマス直前に発売ということで、ちょっとしたプレゼントになったと思う。すでに今年の5月(だったと思う)にスカパーでテレビ放映版として、2時間10分のカット版が放映されているが、今回のBlu-rayは完全ノーカット。3時間10分という長尺だが、その分見応えがあると思う。実は、このBlu-ray、Amazonで予約していて、半分予約したことを忘れていて、今週になって、「いつ発送だろう?」と思い出す始末だった。で、サイトを見ると、なかなか発送されないし、21-24日到着予定、とあるから、逆に心配になっていたところである。同じく佐野元春の関連品で言えば、初期3部作のアナログレコード再販も同時に注文していて、こちらも一緒に届いたので、佐野元春関連への出費は大きい。あとは、いつ、見るかということになる。早ければ今週末の3連休だが、もしかすると年明けの成人の日の3連休になるかもしれない。まあ、なるたけ早く見たいと思う。Blu-rayのスペックも音質がハイレゾなので、期待大である。

2016年12月20日火曜日

2016年12月19日の睡眠と、20日の健康

昨日の夜は、普通にネットを見て、入浴をした。特にやることもないので、10時過ぎには寝てしまった。昨晩の寝つきは悪くない。夢を見たような気もするが、記憶にあまりはっきりとは残っていない。途中で起きることもなく、6時45分に自然に目が覚めた。

朝は天気が悪いので、とりあえず傘は持って出た。幸い雨には降られなかったが、いかにも降りそうで、気分的にはよろしくない。

仕事も比較的暇で、やることないので遊んでいた。ただ、会社の組織変更の話で、ちょっと気になる情報を知った。僕に関係あるかは分からないが、注意していてもいいかもしれない。

午後、営業の人からスマートフォンに連絡が入っていたので驚いていたら、どうも昔お世話になった下請け会社さんが福岡に訪問していたので、声をかけてくれたらしい。それでその会社さんの社長と仕事の後、ちょっと昔話に花を咲かしていた。

その後、ちょっとアカシジア気味で、ロラゼパムを1錠だけ飲んだ。12月にしては気温が高く、喉が乾く。ドリンクを結構飲んでしまった。

本日も定時帰宅。帰りも雨は降らず、スーパーに行けた。

映画「ブレードランナー2049」の予告編が解禁

1982年に劇場公開され、劇場公開時にはヒットしなかったものの、ビデオの普及とともにその存在が大きくなっていたSF映画の傑作、「ブレードランナー」。その続編について、いろいろ噂されていたが、正式に「ブレードランナー2049」として2017年に公開されることが明らかになった。そして、その予告編がYouTubeで配信されている。「ブレードランナー」で、監督と対立をし、作品そのものに否定的だったハリソン・フォードも再出演をすることが明らかになり、あの未来世紀の感覚が再び蘇るのかと思うと、今から公開が楽しみである。考えたら、「ブレードランナー」の舞台設定である2019年まで、気がつけば、あと2年ちょっと、「ブレードランナー」で描かれた世界と今の世界が予測通りだったのか、違った世界なのか、微妙なところだが、空飛ぶ自動車は普及まで至らないし、アンドロイドも登場はしなかったが、別の面で映画を超えたテクノロジーが我々を取り巻いていると思う。そうした中での「ブレードランナー2049」の世界観がどうなるのか、興味津々である。


2016年12月19日月曜日

2016年12月18日の睡眠と、19日の健康

昨日、家に帰ってから、洗濯物を畳み、夕飯の支度をして、買い物の片付けもしてからネットを見ていた。時間的にはちょうどよく、ネットを見終わると、夕食の時間になった。

夕食後、ネットで封印していた「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」の情報に触れた。今の所、批評家、観客両方から好意的な評価を受けているようで、アメリカでは結構ヒットしているようである。日本は「妖怪ウォッチ」に今年も負けている。子供には勝てないということか。ちなみに「この世界の片隅に」はギリギリ踏ん張って10位にランキング。

昨晩寝たのは10時過ぎ。睡眠の質は悪く、何度も意識が目覚めかけた。昨晩は、そこで目を覚まして時計を確認する、ということをしなかったのが、いつもと違うところである。なので、朝の眠さは多少和らいでいる。

会社に行って、メールが多いだろうな、と覚悟していたが、思いの外少なくて、拍子抜け。朝1時間でメールなどの雑務処理を終えた。

その後、アクセス数が少なくなっているイントラネットの改善を少しだけしていた。正直、誰でも書ける=他の人の修正が困難となってしまい、手の施しようがない。どこに何があるかが全然わからず、修正しようがないので、放置せざるを得ない。

午後は、軽くアカシジアが出た。ロラゼパムを飲んで、症状が軽減するのを待った。

この年末に及んで、会社では職場懇談会をやるというので、日にちを気にしていたのだが、来週の火曜日になったので、金曜の祝日にまた、映画館に映画を観に行く予定を入れた。世間では散々話題になっていながら、いまだ観ていない「君の名は」を見る気になったのである。まあ、映画館のメンバーズに加入し、映画が1000円で観られるから、というのも理由である。でなければ、「君の名は」は見ることはなかったと思う。

定時になり、家に帰宅。今日は12月にしては暖かい。夕食どうしようと迷ったが、結局鳥の唐揚げを食べていた。昼も鶏肉料理だったのだが、昨日の晩は、魚の練り物だったので、魚は避けたいな、と思っていたところである。

沖縄の守礼門のプラモデルを購入する

ここ2-3日、ネットを見ていて、驚いたことがあった。沖縄の首里城を囲む門の一つ、守礼門が、実はプラモデルになっていることを知ったのである。僕が沖縄好きなのは、このブログや、がちゃんの部屋~映画と旅行の偏愛の旅行記を見れば分かるかと思うが、まさか、プラモデルで守礼門があるとは知らなかった。ただ、本当昔ながらのプラモデルなので、今のガンダムシリーズみたいに、ランナーからニッパーで部品を切り取り、はめ合わせるだけ、というわけにはいかない。部品の取り付けは接着剤が必要なようだし、それらしい雰囲気を出すには、塗装も必要と、かなり手間はかかりそうである。それでも、なんとなく守礼門を手元に持っていたい、という気になったので、ヨドバシカメラに注文してみた。まだ、届いていないのだが、値段も950円とリーズナブル。フジミ模型というところから発売されている。ネットショップの在庫はあまり多くはないようで、買うなら今しかないかも。というか欲しい人いるのかよく分からないが。僕は来年になったら、塗料とか買い集めて、のんびり作ろうかな、と思っている。

2016年12月18日日曜日

下川裕治著「週末ちょっとディープな台湾旅」朝日文庫

ここ数年続いている下川裕治の「週末」シリーズの最新作が本書「週末ちょっとディープな台湾旅」である。下川裕治が台湾について触れるのは、これが初めてではない。すでに「週末台湾でちょっと一息」という本を刊行している。なので、今作では、「週末台湾でちょっと一息」では触れられなかった、マニアックな内容が事細かに記載されている。それは食の話であったり、ビールの話であったり、蒋介石の話であったり、ビーフンの話であったり、とかなり突っ込んだ内容になっている。台湾を数度訪れた人ならば、納得してしまう内容になっているのではないかと思われる。ところで、この本の最終章は、台湾の話ではない。沖縄についての話になっている。下川裕治はかつてはアジアの旅に出たり、アジアから帰る際に、必ず沖縄を経由していたが、ここ最近は沖縄を経由しなくなっていることに触れ、沖縄がアジアの都市という立ち位置から、東京に近い都市という立ち位置に変わっていることに言及している。これは、以前レビューを書いた仲村清司著の「消えゆく沖縄」と連動しているような気がする。一応、この章はLCCが台湾と沖縄をつなぐというところでオチを持っているが、あえてこの本で沖縄を取り上げたのは、意図してのことのような気がする。台湾の話だけではないところが、この本の魅力である。

2016年12月17日の睡眠と、18日の健康

昨日の夕方、ネットを見た後、ちょっとファミコンミニで遊んでいた。ドンキーコングという懐かしいゲームをやり始めたのだが、結構難しい。昔のゲームでも、面白いものは面白い、ということを再認識した次第である。

夕食を食べた後、ネットを見ていた。が、映画のページには触れないようにしていた。今日、「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」を見に行くので、ネタバレを嫌ったためである。幸い、わかっている事実以外のネタバレには遭遇しなかった。

寝たのは10時過ぎである。夢は見たものの、比較的熟睡だったと思う。深夜3時にトイレで起きてしまったのだが、その後の再入眠が深かったので、朝7時に目覚めた時、体調の不良は感じなかった。

洗濯をして、朝食を食べ、部屋の掃除をしてから、ネットを見ていた。実はプラモデルで沖縄の守礼門が存在していることを昨日知り、少し悩んだが、ヨドバシカメラに注文入れていた。価格が1000円以下というのも手頃だと判断したためである。

映画「ローグ・ワン」を見に行くのに、9時半に家を出た。映画は12時スタートだが、天神に寄って、タワーレコードで「この世界の片隅に」のサウンドトラックCDと、ジュンク堂で沖縄の関連本を買いたかったためである。10時少し前に天神に着き、タワーレコードのあるパルコの開店を待った。タワーレコードにすぐに行き、店内を探すと、結構大量にCDは並んでいたので、1枚買ってきた。サウンドトラックとはいうものの、コトリンゴというアーティストのアルバムと捉えることもできる。ジュンク堂では、少々高いが、沖縄の出版社であるボーダーインクの街歩き本を買ってみた。最初はその本じゃないのを買うつもりだったが、気が変わった。

11時過ぎに映画館のあるキャナルシティにたどり着く。さすがに日曜なのでキャナルシティは大混雑。映画のチケットを発券し、先に昼食を食べに天ぷら屋に入ったら、ここも大混雑していた。

映画「ローグ・ワン」は、公開初日から先着順でポスターがもらえる、と聞いていたのだが、16日の金曜日に全てはけてしまったものと思っていた。しかし、今日入場すると、ポスターはもらえた。なんか不思議な気分になった。

「ローグ・ワン」は久しぶりのスター・ウォーズで、なかなか面白かった。エピソード4につながるエピソードなので、どうまとめるか気になったが、うまい終わり方だったと思う。

映画を観終わって、疲れたので川端商店街のぜんざい屋で、ぜんざいを食べた。甘くて、美味しい。なんかいい気分になった。

映画「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」ユナイテッドシネマ キャナルシティ13 IMAX 3D

ルーカス・フィルムがディズニーに買収されてから、スター・ウォーズの映画が色々企画に登るようになったが、昨年の「フォースの覚醒」に引き続き、2016年の年末に公開されたのが、この「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」である。ただし、今回の「ローグ・ワン」は、シリーズとしての映画ではない。最初の「スター・ウォーズ」の冒頭で語られた、反乱軍が帝国軍の最終兵器、デス・スターの設計図を盗み、帝国軍に初の打撃を与えた、という字幕の部分を2時間の映画にしてしまったのである。なので、作品のラストは決まっている。反乱軍が、ダース・ヴェイダーから逃れるところまでがラストに来るのは、分かってしまっている話なのである。それまでの過程で、シリーズの世界観を壊さずに、ストーリーが入念に語られているのがわかる良作である。決して、シリーズには登場しない主人公たちを描き、かつスター・ウォーズの世界を拡張するというのは、なかなか興味深いものがある。また、シリーズと共通するのは、親子の絆ではないかと思う。主人公、ジンとデス・スターの開発者である父との絆が、ジンの行動力の源となっており、スター・ウォーズには欠かせないものになっている。ダース・ヴェイダーが、物語にインパクトを与えているのも、作品の質を高めていると思う。ファンサービスで、あのドロイドたちも一瞬登場し、楽しみを与えている。ラストは、第一作に繋がるため、唐突感のある終わり方をするのだが、その置いてきぼり感は、また、たまらないものになっている。

2016年12月17日土曜日

2016年12月16日の睡眠と、17日の健康

昨日の夕方、洗濯物を片付けてから、ネットを見た。それでも、夕食の時間は早かった。夕食を食べた後、泡盛を飲みつつネットを見て、泡盛を飲み終わってから、音楽を聴きながら「この世界の片隅に」の劇場パンフレットを読んでいた。実は映画館で劇場パンフを買うのは珍しいことで、普段は「どうせ後でBlu-ray/DVDを買うからいらない」と思っていたのだが、この映画だけは何か特別な気がして、買ってしまったのである。

就寝したのは10時だが、寝つきが悪く、10時半になっても眠れなかった。気がつくと眠っていたようだが、昨晩も夢を見たことを覚えており、熟睡感がなかった。深夜3時トイレで起きると、さらに寝つきが悪くなり、しばしば眼が覚めた。6時にもう寝ていられなくなり、起床した。

朝食を食べた後、年賀状を印刷するかと、作成ソフトで宛先を印刷し、裏面の写真を選択して、文字を書き足した。適当に作ったものだが、今年を象徴する写真を選んだ。印刷自体はスムーズに進み、あっけなく終わった。

しばらくネットを見ていたが、今年最後の精神科の受診があるので、10時前に家を出た。病院はそんなに混んでいるとは思わなかったが、結構待たされ、薬をもらうまで1時間半かかった。主治医に夢をよく見ることは告げたが、特に薬は変更なし。とりあえず「眠れなくても横になっていてください」とは言われた。

病院の後、カレー屋に入り、昼食でカツカレーを食べた。寒いので、体が温まるカレーとかは美味しかった。食後、家電量販店に行ってみたら、ファミコンクラシック・ミニが入荷していた。すでに買ってしまっているので、余計に買う気は無かったが、そろそろ在庫も潤沢になりつつあるのかな、と思っていた。転売屋もそろそろ終わりだろうと思う。

スーパーで夕食のおかずを買い、家に戻って「ガンダムZZ」を鑑賞。その後、Webサイトの修正を少ししていたが、疲れたので、ちょっと横になった。ただ、眠れないので、すぐに起きてネットを見ていた。3時にコーラを飲みつつお茶菓子を食べた。体調は良くなく、頭が痛かった。

機動戦士ガンダムZZ 第41話「ラサラの命」

あらすじ

サラサは、ハマーンに会いに行こうとしていた。全ての悪の根源であるハマーンを改心させようとしたのである。それを心配したラサラと、モンドがサラサに同行して、タイガーバウム内に入り込む。しかし、スタンパに発見されてしまい、スタンパは自分の女性好きを邪魔したモンドを、モビルスーツで踏み潰そうとしていた。それをかばったラサラは、死亡してしまう。サラサたちを心配したジュドーたちも現場に駆けつけ、ジュドーはハマーンに会いに行く。ハマーンは、ニュータイプであるジュドーを、味方に引き入れようとしていた。しかし、恥をかかされたスタンパがそれを邪魔する。ピンチのジュドーだったが、エルたちの援護や、ビーチャのZガンダム参戦により、事態は急変する。モンドもガンダムMk.IIで戦いに参加し、スタンパを始末する。そして、ネェル・アーガマはタイガーバウムを出港する。ハマーンは、マシュマーの部下に助けられる。

感想

なんでこのタイミングで登場するのだ、と思ったサラサとラサラだが、今エピソードで退場。ラサラが命を落とすという悲しいストーリーで、幕を降ろす。サラサは、あえてハマーンとジュドーの対峙を防いでいたが、結局対峙するのは防げなかった、という話である。視聴者からすると、俗物のスタンパが、モンドの手によってこの世を去るのは、気分がいい感じである。ハマーンは、なぜジュドーをそこまで自分の手にしようとするのか、疑問もあるが、カミーユよりはバイタリティがあり、シャアほど冷たい男でもない、といったところだろうか。

2016年12月16日金曜日

2016年12月15日の睡眠と、16日の健康

昨晩は、今日に年休を取ったので、リラックスできていた。今日をどう過ごすか、夜に考えていた。障害者自立支援の継続申請をしに役所に行くことは確定なのだが、というよりそのために年休を取ったのだが、それが終わって、どうしようと迷っていた。「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」は日曜に観に行くことにしていて、チケットを確保しているので、この映画は対象外だった。結局、今日、どうするかは、起きてから決めることにし、10時過ぎに就寝した。

睡眠は少しマシだったが、やはり夢は見た。それと、朝5時半にトイレで起きてしまい、その後、口の中が気持ち悪くて、寝ていられなかった。6時前に起床し、洗濯をして、朝食を食べた。夜明けは7時を回ってからようやく空けるくらい遅くなっていたので、洗濯物はまだ星空の中、干していた。

とりあえず、眠たいのは確かだが、迷った末、今日も映画を見に行くことにした。どうしても心から離れない「この世界の片隅に」を2度目の鑑賞をすることにした。ただ、映画を観る前に本屋とかにも寄りたかったので、9時半前に家を出た。

最初、役所に寄り、障害者自立支援の継続申請をしてきた。今年から、マイナンバーも申請に必要だということをネット上で確認していたので、マイナンバーが書かれた紙も持参した。手続きは滞りなく行われ、用事は終わった。

今日は真冬の寒さで、冬服でも寒かった。役所の用事の後、天神に出て、Apple Storeに寄ってみた。もちろん、AirPodsは予想通り売ってはいなかった。なんでも来週20日ぐらいに入荷らしいが、手に入らないと思う。

その後、本屋に寄って、本を買ってきた。まだ、読んでいない本も多いのだが、天神や博多まで出ないと買えない本も多いので、出た時に買っておく。

昼食はラーメンを食べた。博多ラーメンではなく、札幌ラーメン。博多ラーメンに飽きていたので、札幌ラーメンはうまい。冷えた身体に効いた。

午後は「この世界の片隅に」の2度目の鑑賞。原作コミックまで買って読んでからの2回目の鑑賞だが、却って、泣いてしまうシーンが多くて、涙をこらえるのに必死だった。本当、いい映画だと思う。

映画を観終わって、コーヒーショップでコーヒーを飲んで、少し気分を落ち着かせた。その後、帰宅し、荷物を置いてスーパーに行って夕食のおかずを買ってきた。

家に戻ってからは、洗濯物のアイロン掛けをしていた。それが終わると、気分的に楽になった。

映画「この世界の片隅に」ユナイテッドシネマ キャナルシティ13(2回目の鑑賞)

全般、映画館で最初の鑑賞をして、感動のあまりに原作コミックまで買ってしまったのが、この「この世界の片隅に」である。世間では、「ローグ・ワン」が公開されている中、あえて2回目の鑑賞をしてみた。ストーリーは最初の鑑賞と、原作コミックで大体掴んだので、2回目の鑑賞は、細部を中心に鑑賞しようとしたのだが、やはり、心を揺さぶられるシーンの連発で、涙無くしては観られない映画であることを再確認するしかなかった。それでも、原作から改変されたシーンは、改悪とは思わなかった。遊女のりんさんのエピソードは、映画のストーリーでは、あれでいいのだと思うし、すずさんが次第に北条家の一員になっていく様は、カタルシスを感じるものがある。晴美さんのエピソードのところは、実験的映像を使っていて、かなりのインパクトを与えている。すずさんの声を担当した「のん」さんも、イメージにぴったりである。映画館で複数回映画を見るということはあまりないが、この映画には、それだけ見る人に何かを考えさせる力を持っていると思う。単なる戦争映画ではなく、家族のあり方を問うている作品だと思う。

2016年12月15日木曜日

2016年12月14日の睡眠と、15日の健康

昨晩、洗濯物のアイロン掛けをしていたので、ネットを見始めるのが遅くなった。そのせいで、入浴も遅くなり、寝るのも遅くなった。ただ、あまり遅くまで起きていないように意識はした。今日が、会社の朝会の準備で8時出社なので、6時20分に起きなければならないからである。

睡眠は、最初熟睡で、途中から夢を見た。ここのところ、毎日夢を見たことを覚えている。朝もトイレで4時に目覚め、その後、寝つきが悪かったし、睡眠の質にはかなり不満である。疲れが取れないのが問題かな、と思う。

朝はそれでもアラームで起きた。朝の支度は、そんなにかからず済んだ。昨日で食パンが切れたので、コンビニで惣菜パンを買っておいたから、朝食の手間はかからない。それで出社をしたのだが、まだ、外は暗いままだった。冬を感じた一瞬だった。

会社に着いて、朝会資料のWeb版を作成する。今月はやけに見込みの数字の表が多いので、削除するのに手間取った。その後は、朝会のオペレーションを担当。今回はトラブルなく進んだ。ただ、朝会中寒いし、あくびは出るしで大変だった。

朝会終了後、資料をイントラネットに上げ、メールの処理をしてから、コーヒーを飲んだ。寒いので、コーヒーはうまかった。その後は、ダラダラしていた。商品企画から、品番の体系書の更新があったので、決裁を回したら、上司が釘を刺しに商品企画に言っていた。で、条件付きで決裁が可決になったので、僕も決裁可決のメールに注記していた。

午後は眠いし、アカシジアが軽く出るしで、ちょっと辛かった。定時が来るのが待ち遠しかった。午後のコーヒーブレイク中に、明日、休みを取って、区役所に障害者自立支援の更新手続きをしに行こうと、福岡市のサイトを覗いていたのだが、どうもマイナンバーも必要になったらしい。確認しておいてよかった。明日、忘れずカバンの中にマイナンバーを入れて行こうと思う。

ここ3日間降っていた雨もようやく止んで、今日はスーパーに寄れた。食材と、洗剤、お酒をいろいろ買った。やっぱりコンビニよりはスーパーの惣菜の方がうまい。

AirPods、予約開始2日目ですでに6週間待ち

昨日、Appleの新型Bluetoothヘッドフォン、AirPodsの予約を入れた話を書いた。昨日の朝、予約した段階で、4週間待ちの1月15日到着予定だった。それでも実は予約注文としては早い方なのかもしれない。今日になって、いくつかのサイトが伝え、また、実際にAppleのサイトを覗いたところ、予約から現在のところ6週間待ちになっているのである。まあ、Apple信者(僕みたいなもの)でiPhone 7/7 Plusを購入している人は、ヘッドフォンのLightning化で、自由度か少なくなっているから、買う人は多いのだろうと思う。また、単純にAAC伝送のBluetoothヘッドフォンとして、関心がある人もいるかもしれない。iPhoneに最適化されたこのBluetoothヘッドフォンは、画期的だと思っている。生産数を少なく見積もりすぎたのか、それとも予想外の人気ぶりなのかは分からないが、とにかく、今の所、簡単に手に入る品物ではないことは確かであろう。可能性としては、来週20日よりApple Store実店舗での販売開始でどう在庫が残るかではないかと、思う。来週は3連休あるので、Apple Storeに行ってもいいかな、と思っている。在庫があれば買うし、なければ、オンラインの注文を待つだけである。

2016年12月14日水曜日

2016年12月13日の睡眠と、14日の健康

昨晩、早く家に帰ったので、iPhoneなどのiOSやwatchOS等をアップデートしていた。どれも問題なく、アップデートできたのだが、実は今日の午後になって、ニュースでApple WatchのwatchOSをアップデートしたところ、文鎮化する現象が発生し、一旦アップデートファイルを引っ込めるという事態になっている。幸い、僕のApple Watchは文鎮化せず、普通に使えている。

入浴後、少し本を読んで、10時には寝てしまった。昨晩も眠りの質は良くない。夢は見た。朝4時にトイレで起きた。眠りが浅い。である。それでも朝のアラーム時には深い眠りにいたようである。

水曜なので、洗濯をしてから出勤する。朝は雨が降っていなかったが、天気予報で降る、と言っていたので、傘は持って行った。電車の中でネットを見ていたら、AirPodsの予約開始を知って、慌てて、注文を入れた。でも到着まで1ヶ月待ち。まあ待つしかないか、と言ったところ。

会社に着いて、メールの処理を朝一番でした。その後、統計資料の公開と分析をし始めたら、なんかデータがおかしいことに気づいた。1機種しか11月に売れていないという変な統計になっていたのである。慌てて再確認し、集計方法が間違っていることに気づき、早急に修正をして、そこから分析を再度し直し、メールで発信した。

その後は、気力もないので、何もせずにいた。午前中は眠くて、あくびばかりしていた。昼食後は、少し眠かったが、飲み物を飲まないことで、胃への負担を減らし、眠気を強くすることを避けた。ただ、集中力は全くと言っていいほどなかった。

定時になり、帰宅する。明日は8時過ぎには会社に行かなくてはならないので、早起きか、とため息ついていた。月曜から、ずっと帰りは雨なので、今日も夜のおかずはコンビニで調達。明日の朝のパンも調達した。スーパーに行けていないので、コストが上がっている。いつ、雨が止むのか、気になっているところである。

AirPods、12月13日23時より予約受付開始、ただし年内出荷は極わずか

今朝、ネットを見ていたら、「AirPodsが予約受付開始した」という情報を得た。慌てて満員電車の中、Apple Storeアプリを開いてみると、確かにAirPodsの予約を受け付けていた。しかし、僕がこのアプリを開いた7時45分の段階で、すでに注文から4週間待ち、1月15日ごろの到着になっていた。とりあえず、これ以上納期が遅れるのも嫌なので、電車の中で、さっと注文を入れてみた。AirPodsとは、Appleが開発する革新的なBluetoothヘッドフォンである。コードが全くないヘッドフォンなので、2-3日前に、技術的トラブルがあり、年内出荷が厳しいのでは、という記事も書いている。それが今回、急な予約開始で戸惑っているところである。あとで休憩時間等に調べてみると、13日の23時頃から、予約を開始していたらしい。で、数時間で年内の出荷分は完了し、あとは4週待ちという状態である。一応、年内出荷という形にはなったが、大半は年明けで、事実上来年の発売といってもいいのではないかと思う。ここのところ、Bluetoothのヘッドフォンをいろいろ買ってきたが、ようやく本命が来た感じはする。4週間待ちといっても、年末年始休暇もあるから、実時間はもっと短いと思っている。

2016年12月13日火曜日

2016年12月12日の睡眠と、13日の健康

昨晩は、普段通りの生活だった。ネットを見て、入浴し、ゲームを少しして、本を読んだ。「この世界の片隅に」を読んでしまったために途中で中断していた下川裕治の本を再開し始めた。テーマはディープな台湾。これも面白い。台湾は好きなところである。

寝たのは10時10分ぐらい。途中、夢を見たので、眠りは少し浅い。朝4時ぐらいに目が覚めたが、また寝ていた。アラームが鳴るときには深く寝入っていて、起きるのが辛かった。

通勤時にネットを見ていたら、iOS 10.2がリリースされたことを知った。それで、今日はフレックスで早退することにした。当然、いつも始業時間より早くに会社に行っているから、できることである。

会社に着くと、事業部長が僕の席で電話していた。それで、しばらく自分の席につけなかった。5分ぐらい待たされたと思う。それで、PCを立ち上げるのが遅くなり、メールを見たのが始業時間後だった。

メールにはいくつかの雑務があり、まず、それを処理した。その後は、暇なので、ダラダラしていた。精神的にはなんか落ち着かない。午後になると、ご飯で満腹になったせいか、眠くて、多分居眠りをしていた。もちろん、誰もツッコミを入れなかったので、いいかどうかはわからないが、寝ていたのは事実である。

フレックス退社なので、4時半に会社を後にした。雨が結構降っていた。夕食は、コンビニのおかずを買って帰った。

5時45分に家に戻ってきたので、まず、Apple Watchのソフトウェアをアップデートし、着替えた後、iPad miniのアップデートを同時進行させた。iPad miniのアップデートが終わった後、夕食を取りながら、Apple Watchのアップデートの確認をしていた。そして、夕食後にiPhoneのアップデートを行った。どれも、IIJmioの動作確認が取れているので、安心して、作業ができた。

iOS 10.2リリース カメラアプリのシャッター音が小さくなる

本日、iOS 10.2がリリースされた。最初、ネットでの反応は良くなかった。2ちゃんねるのiOS 10.xを語るスレでも、なんかはっきりしない書き込みが多かった。でも、次第にITメディア系列のニュースサイトで、iOS 10.2のリリースが明確になってきた。iOSとともに、WatchOSとtvOSもリリースされている。今回のiOSの目玉の機能だと、日本では、カメラのシャッター音が小さくなったことが挙げられると思う。今までのシャッター音は、爆音すぎて、使うのにはばかれるぐらいだったので、小さくなったのは朗報である。また、スクリーンショットを撮る際には、マナーモードスイッチをオンにすれば、完全に消音状態になるとのこと。僕はスクリーンショットはしないので、あまり意味はないが、スクリーンショットをする人には、朗報だろう。そういう意味では、今回てのアップデートは、新機能というよりは、従来のバグや不満点の改善といった意味合いが大きいと思う。脱獄などイレギュラーなことをしている人を除けば、アップデートすべき内容だと思う。

2016年12月12日月曜日

2016年12月11日の睡眠と、12日の健康

昨日の夕方、ネットを見ていたら、郵便局の人が荷物を届けに来た。1個は昼に来て、不在だったので再配達の依頼をしたシェーバーで、もう1個はファミコンミニだった。ネットを見終わった後、早速ファミコンミニをAVアンプに接続し、遊んでみた。AVアンプには前面にHDMI端子とUSB端子があるので、無事動作した。ゲームは今プレイしても、結構難しい。単純なゲームが多いのだが、それでも操作が追いついていない感じである。しばらく楽しめそうである。

夕食時には缶ビールは飲んだが、夕食後は泡盛は飲まなかった。たまに酒を控えた方がいいだろうと思った。8時に入浴し、しばらくファミコンミニで遊んでいた。

iPhoneの充電が終わった10時半に就寝した。昨晩も夢を見た。自分が閉ざされた部屋の中にいる、という夢である。閉じ込められているのに、妙に落ち着いている様子だったのが、印象に残っている。早朝4時にトイレで起床。お腹は痛かったが、特に排便しなかった。

朝はアラームが鳴る20分前に目覚めた。結局5分前に起床して、朝の支度をした。会社には、一応行く。今日はやる気がまだあったので、朝一番で統計資料を作っていた。今月は新製品が登場したので、作業がちょっとややこしくなったが、2時間ぐらいでできた。

途中、トイレに行ったりして、作業を中断させながらも、なんとか終了し、その後は暇になった。今週末の金曜は年休を取りたいので、申請だけは出していたが、上司が会議続きで話す機会もないので、ちょっと放置。水曜あたりに申請が可決していなければ、話を通さないとな、と思っている。

昼食は課のメンバーが食事に行かないので、先に行ったら、事業部長と2人で食べる羽目になった。途中でもう一人、秘書の人が加わったが、それでも3人。寂しい食事だった。

定時になり、家に帰ろうとしたら、雨が降っていた。天気予報とは違う、と思ったが、折り畳み傘は持っているので、濡れずに済んだ。しかし、夕食のおかずはコンビニで買う羽目になった。

Apple、AirPodsの年内発売は無理か?

当初、10月下旬に発売が予定されていた、AppleのBluetoothヘッドフォンAirPods。10月下旬に発売延期のアナウンスが出たまま、もう12月も半ばになろうとしているのに、未だ発売開始のアナウンスがない。この調子では、クリスマス商戦に間に合う見込みは少ない、と言わざるを得ない。では、AirPodsがなぜ発売が遅れているのかを考えると、関係者がウォール・ストリート・ジャーナルに語ったところによると、技術的な問題が解決できていないかららしい。通常、Bluetoothヘッドフォンは、片方のヘッドフォンで両チャンネルの音声を受信し、それを左右に振り分ける、という仕組みで動いているとのこと。それに対し、AirPodsは同時に両チャンネルの音を左右で受信するような仕組みになっていて、そこで接続がうまくいかないなどの問題の解決ができていないのが原因ということである。それ以外にもマイクも内蔵しているので、バックグラウンドノイズの除去にも手を焼いている、ということらしい。僕個人もAirPods待ちに疲れて、Blutoothヘッドフォンを購入してしまった口だが、AirPodsが出たら、購入しようかな、と漠然と考えている。なので、一刻も早く技術的トラブルを解決して、商品化してほしい、というのが実態である。

2016年12月11日日曜日

2016年12月10日の睡眠と、11日の健康

昨日の夕方、調子が回復しつつあったので、ネットを見た後、ビデオを1本見た。その後、少し早い夕食を取って、実家に電話をかけた。「睡眠の質が悪い」ことを話すと、「病院の先生に相談したほうがいい」と言われた。

電話の後、早くに入浴し、「アド街ック天国」を見ていたが、眠くなって9時40分には寝てしまった。ただ、睡眠の質はやはり良くない。深夜1時に目覚め、夢を見て、早朝4時にまた目覚め、また夢を見て、結果的に6時45分に起床した。

洗濯をして、朝食を食べ、部屋の掃除をした。睡眠の質は悪いとはいうものの、気力はある。なので8時15分から映画をBlu-rayで見た。実は「この世界の片隅に」をもう一回劇場に観に行こうかとも思ったのだが、精神的にきついので、自宅ホームシアターを稼働させたのである。観たのは「マッドマックス 怒りのデス・ロード」という「この世界の片隅に」とは全く影響を受けない作品。でも、この映画も面白かった。音響効果がすごく、自宅のシステムが唸りを上げていた。

映画を観終わって、レビューを書いた。書き終わるとちょうど昼食時間なので、外出して昼食を食べた。その後、本屋に行ったがめぼしい本もないので、コーヒーを飲んでスーパーに行き、夕食のおかずを買って帰った。

家に戻り、缶ビールを飲みながらネットを見ていたが、酔いでだるくなったので、ベッドに寝っ転がって、電子書籍版「この世界の片隅に」を読んでいた。2回目の読書だが、面白い。

3時前に紅茶を入れ、どら焼きと一緒にいただいた。酔いが少し残っていたので、紅茶は酔いを覚ますのに良かった。金曜の夜に注文したシェーバーが多分夕方に届く予定なので、もう家からは出ない。

映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」(輸入盤Blu-ray 3D)

レビューの詳細は、MAD MAX:FURY ROAD(Blu-ray 3D)/マッドマックス 怒りのデス・ロード/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。映画としては、アクションの究極を行くかのような映像と、東京立川のシネマシティで爆音上映会を開催したというぐらいに、音響の優れた作品であると思う。自宅で3D映像とDolby TrueHDで映画を鑑賞したが、その映像の迫力と、音響の迫力にかなり魅力を感じた映画である。逆にいうと、ストーリーそのものは大した話ではないと思う。映画自身が映像と音響によって物語っている典型例とも言え、これは自宅にホームシアターシステムがある人ならともかく、普通の人には、機会があれば劇場での爆音上映での参加が、この映画を楽しむ正しい楽しみ方ではないかと思う。「がちゃんの部屋」でも書いたが、主役はマックスというより、シャーリーズ・セロン扮するフュリオサではないかと思うので、マックスの存在感がちょっと薄い。それでも、映画としては面白いと思う。

2016年12月10日土曜日

2016年12月9日の睡眠と、10日の健康

昨晩、夕食後に泡盛を飲んで気分を解放していた。が、疲れを呼んでしまった。入浴後、疲れのために起きているのが困難だった。それで10時に就寝したのだが、体はだるいのに、寝つきが悪く、浅い眠りのまま、深夜0時になってしまった。

その後は夢を見たし、朝も5時半にトイレで起きたら、眠れなくなった。仕方ないので5時40分に起床し、洗濯をして、朝食を食べた。

洗濯物をまだ暗い空の中干して、眠いのでコーヒーを飲んで目を覚ました。それからこのブログの記事をiPhone用のアプリBlogTouch Proで書いてみた。使い勝手は結構いい。あとは写真の投稿がどうかだと思う。

体はだるくて仕方ないので、あえて10時過ぎから1時間弱、ウォーキングで体を動かした。意識して運動することで、だるさを取ろうという考えである。歩くと気分はよくなるが、やっぱり体はだるいままだった。

昼食をマクドナルドで取り、スーパーで夕食のおかずを買って家に帰った。昼から「ガンダムZZ」を鑑賞し、しばらくネットを見ていたが、やはり体がきついので、ベッドに横になって、1時間ほど昼寝をしてしまった。

さすがに昼寝を1時間すると、体は少し楽になった。最も寝起きは頭がすっきりせず、ぼーっとしていたが、コーヒーを飲んでお茶菓子を食べ、それから洗濯物のアイロン掛けをしていたら、意識は戻ってきた。

機動戦士ガンダムZZ 第40話「タイガーバウムの夢」

あらすじ

ネェル・アーガマは、中立のスペースコロニー、タイガーバウムに入国した。タイガーバウムでは、戦闘状態が厳しく制限され、モビルスーツや火器類が封鎖される。そして、クルーも隔離されることになる。そのタイガーバウムの長スタンパは、女性に目がなく、ルーやエル、サラサなどを自身のハーレムに呼び寄せる。ハマーンも一緒にハーレムに入った。別行動させられたジュドー達は、コロニーの子供達の襲撃を受ける。それは、ガンダムを売って金にしようという企みだったが、ジュドー達に逆襲されジュドー達を助ける羽目になる。ジュドーとイーノは女装し、スタンパのハーレムに潜入する。そして、スタンパのコレクションのモビルスーツで、ルー達を救助する。その救助活動の中、ジュドーはハマーンと対峙してしまう。

感想

話がメインストーリーではないかな、と思いきや、意外なところでジュドーとハマーンの対峙という盛り上がりを見せるエピソード。ハマーンはジュドーに同志になれと言うが、ジュドーにはその気がないところが、ハマーンの読み違えがあると思う。スペースコロニー、タイガーバウムの長であるスタンパの助平ぶりは、笑うしかないが、実はモビルスーツのコレクションは、結構面白い。ガンダムが活躍せず、ジオン時代のモビルスーツ、ズゴックやアッガイ、ゴックなどが動き回るのも、変わったエピソードだと思う。

ファミコンクラシックミニを購入する

ファミコンクラシックミニの発売を知ったのは、インターネットのニュースサイトだったので、9月末ぐらいだったと思う。その時は、「こんなの発売されるんだ」ぐらいの気持ちしかなかった。で、11月の発売日に再びネットで発売を知って、購入の気持ちが湧いてきて、ネット通販のサイトを見て回ったら、軒並み売り切れ、転売の新古品が定価の2倍以上で出品されているという事態だった。僕個人は、ファミコンには思い入れはないし、過去、ファミコンで遊んだ記憶もない。しかし、安い価格で過去のファミコンを再現、となると、購入意欲が湧いてくるのも事実である。それでも定価の倍の値段を出してまでほしい、というのではないので、ネット通販のサイトを時々眺めていて、在庫ありにならないかな、と思っていた。もちろん、このゲーム機は限定商品ではないので、いずれは手には入る、とは思っていた。それが、昨日の夜、ヨドバシカメラで別の家電商品を確認しようと覗いたところ、たまたま運良く、在庫が入っていた。それで、即決で注文を入れ、商品の確保をした。今日の朝見たら、すでに販売休止中に戻っていたので、タイミングが良かったと思う。多分、他の方の情報を推測すると、週末に在庫が入る感じである。ほしい方は、まめにサイトを見ているしかないと思う。

2016年12月9日金曜日

2016年12月8日の睡眠と、9日の健康

昨晩、夕食後にネットを見て、入浴したら、疲れがどっと出た。「この世界の片隅に」のコミックを読み返そうかな、とチラッと思ったが、疲労感が大きく、起きていられないので、10時に就寝してしまった。体を横たえると、疲労感が全身に広がっていた。

睡眠は熟睡だったが、夢はやはりなんか見た。内容は覚えていない。5時にトイレで起きた後、鼻詰まりであまり眠れなかった。それでも、朝、起きた時の疲労感はあまりなかった。週末なので、気分が上がっていたのかもしれない。

会社に行き、午前中は、隣の管理職のおじさんにメーリングリストの作成方法をレクチャーしていた。この人も何ヶ月か後には定年退職なので、教えても意味はないのだが、とりあえず2-3ヶ月ぐらいはメーリングリストは使うみたいなので、丁寧に教えていた。

昼前から、「今日は午後帰ろうかな」、「今日はフレックスで帰ろうかな」とか考えていた。もう気力が失せていたのである。しかし、上司が席を外していたりして、なんか早退するタイミングを逸した。結局定時まで会社にはいた。午後は眠りはしなかったが、疲労感がまた出てきていた。

会社を上がった後、家にまっすぐ帰るか、寄り道するか少し迷ったが、疲労感の方が大きく、まっすぐ家に帰った方がいいと思ったので、普段通り家に帰った。夕方4時半ぐらいからお腹が空いていたので、夕食が楽しみだった。家に帰って、缶ビールを飲みながらの夕食は、リラックスできるひと時である。

iPhone用Bloggerエディタ「BlogTouch Pro」を購入する

このブログはGoogleのBloggerというシステムを利用して書いている。このBloggerだが、普段はiMacのSafariで書いているので不便はないのだが、旅行時とかに外出先で書きたい時に不便を感じるところがある。それは、iPhone用のBloggerアプリがあまりない、ということである。Googleが公式に出していたBloggerアプリは、更新を終了し、すでにiPhoneからも「使わないように」という警告が出てくる始末である。それで、この秋までMoBloggerというアプリを使っていたのだが、これも作者の家の事情で更新が終わってしまい、iOS 10では使用できなくなってしまった。ここしばらくはBlogumaという無料のアプリを使ってみていたが、無料なので余計な広告がしばしば入り、使いづらいし、ラベルが反映されないとか、写真のアップロードに異常に時間がかかるとかで、ちょっと敬遠していた。そんな中、探していたのがBlogTouchという無料のアプリなのだが、こちらは使い勝手が良さそうだったが、なんと無料版では記事の公開ができないというトンデモ仕様。有料版のBlogTouch Proが使い勝手が良さそうだが、価格が600円もするという強気の値段で手を出せずにいた。それが、昨日だけなのか、恒久的なのかはわからないが、360円に値下げをしていた。4割の値引きなので、心理的に手を出しやすい、ということで、とりあえず買ってみた。まだ、BlogTouch Proから書く機会はないが、無料版の体験から、そこそこ使えそうな気はする。今後、出かけた時の書き込みに使ってみようかと思う。

2016年12月8日木曜日

2016年12月7日の睡眠と、8日の健康

昨晩、家に帰って夕食を食べた後、洗濯物の片付けに追われた。そのため、ネットを見始めたのが遅くなり、入浴したのは9時過ぎだった。あっという間に夜のひと時が終わってしまい、なんか侘しい感じがした。

寝る前に「この世界の片隅に」の原作コミックを読み始めたら、やはり面白いのでついつい読み進めてしまい、結局全部読み終わってしまった。それで、寝たのが11時になってしまった。睡眠の質はあまり良くない。なんか嫌な夢を見た気がする。それで、朝、起きた時、疲れが残っていた。

会社に入ったが、疲れで何もしたくないので、ダラダラしていた。まだ年休が余っているので、使おうかな、と思ったが、結局使わずじまい。

午後に至っては、眠くて、本気で寝ていたように思う。幸い、誰も咎めなかったのと、電話の音ですぐに目覚めたので、大事に至らなかったが、疲れは溜まっているな、と思った。

定時になり、家に帰る。帰りに音楽を聴いていたら、Bluetoothヘッドフォンの電池が切れた。公称6-7時間の連続駆動と思ったが、確かに7時間半で切れたと思う。これで、充電タイミングがつかめたと思う。

こうの史代著「この世界の片隅に(上・中・下)」双葉社(電子書籍)

映画版「この世界の片隅に」にハマって、映画ではよく分からなかった部分が知りたくて、購入したのがこの電子書籍版の原作コミック「この世界の片隅に」である。基本ストーリーは、映画も原作コミックも変わりはないが、映画化に当たって、なるべく「反戦映画というレッテルを貼られないように配慮した」とあるように、映画版は、主人公すずの性格が、原作よりも明るめになっているように思う。逆にいうと、原作版は少し影があるというか、色々悩むことの多い若い女性、という描き方をしているように思う。ただ、原作が「反戦コミック」かというと、それも違っていると思う。原作にもギャグは結構あるし、読んでいて、引き込まれる描写は多いと思う。映画では分かりづらかったすずが出会う遊郭の女性、リンとの関係が、原作では結構物語の中心にあるので、この辺はあえて映画では外したのかな、という気はする。また、終戦後の台風の描写は、原作ならではの描写で、映画版でカットされたのはちょっと惜しいと思う。映画版も相当なリサーチを重ねていると聞くが、原作もかなり入念なリサーチを重ねた上で書かれているので、リアリティがあるし、映画を自宅で追体験するには、現状ベストかと思う。双葉社というあまりメジャーではない会社からの出版なので、ここに来ての人気に版が追いついていなくて、手に入らないことも多いと思う。そういう意味では、電子書籍版は、デジタルデータなので、デバイスがあれば、すぐに読めるのは大変便利である。

2016年12月7日水曜日

2016年12月6日の睡眠と、7日の健康

昨晩、泡盛のお湯割りを飲みながら、ネットを見ていた。泡盛のお湯割りは美味しい。1日の疲れが和らぐようである。飲みながらネットを見ていたせいか、ネットを見るのに時間がかかった。入浴したのが9時を回っていた。

入浴後、iPad mini 4にダウンロードした「この世界の片隅に」のコミックの中巻をを読み出したら、止まらなくなって、結局読み切ってしまった。映画と表現方法が違うが、映画で描ききれなかった設定が、原作コミックを読むとよく分かるので、相互補完しているな、と感じた。

寝たのは10時半。でも、寝つきは悪かった。体は疲れているのに、頭は冴え切っていて、睡眠に落ちなかった。ようやく寝付いても、夢を見たりして眠りは浅い。ちょっと不満の残る睡眠である。

朝、起きた時、調子はあまり良くなかったが、風邪というわけでもないので、洗濯をし、会社に行った。この冬一番の寒さということなので、朝はコートを着て、手袋もして出勤した。

会社では、朝一番でメールの処理をし、それから販売統計のイントラネットへの掲載を行なった。掲載だけだったら簡単なんだが、掲載した、というメールを発信するにあたり、何らかの分析文書を書かなければならず、苦労した。毎月、これを書くのは気が重いし、神経を使う。それでも、1時間半をかけて、統計資料の掲載を終えた。

一息つけると、お腹が空いてきた。昼食が待ち遠しかったが、会社の社食は食べたいものはあまりないので、ヘルシーな野菜たっぷりのおかずを取っていた。何かの調査によると、野菜をたくさん食べる方は、幸福な気分になれるという研究結果があるらしいので、野菜は食べるようにしている。

午後は、管理職の方から、新製品の販売の統計について、資料の追加を求められたので、資料を加工し、その人に提出をした。その後は、暇になった。

定時に迎えた後、家に帰宅した。電車は混んでいて、座れなかったが、途中で座ることができた。

「産経新聞」スマートフォン用アプリでの紙面の無料公開を終了

11月末あたりから、告知されていたのだが、今日、産経新聞は、スマートフォンアプリでの紙面の無料公開を終了し、有料公開に移行した。僕がこれまで朝の通勤時に産経新聞アプリで、産経新聞の東京版を読んでいたのは、ひとえに無料公開である、という一点に尽きる。新聞で情報は得たいが、他社の電子版の費用は、紙面版と変わりないか、紙面プラス1000円という高さによるので、無料というのはありがたいところであった。もちろん、産経新聞には癖があり、結構紙面の内容が右翼系だったというところはある。左翼系の大手、朝日新聞を仮想敵とみなして、事あるごとに批判していたのは、ご愛嬌といってもいいかもしれない。それを割り引けば、情報収集には悪くない新聞だった。しかし、無料で公開しているのには、費用がかさんでしまうのだろう。実売購読数が大手と比べてもかなり少ないというのもあったのかもしれない。結果的に、産経新聞は、紙面のそのままの公開を有料アプリに移行し、元々あったアプリはニュース速報アプリに変わってしまったのが今日である。まあ、ニュース自体は知りたいので、ニュース速報アプリでもいいと思うが、阿比留瑠比氏の偏ったコラムとか、漫画が読めなくなるのは寂しい。もっともそのために有料代1800円/月を払う気はないのだが。しばらく、ニュース速報アプリでニュースを見てみて、不要と判断したら、削除してもいいかな、と思っている。ニュース自体はYahoo!ニュースでも情報は入るし。

2016年12月6日火曜日

2016年12月5日の睡眠と、6日の健康

昨晩、燃えるゴミの収集日だったので、夕食後、一気にゴミをゴミ袋にまとめて、捨ててきた。特に、いろいろ思うところあって、一時取っておいたBlu-rayを配達されるのに使われたダンボールは、すべて廃棄。少し部屋がすっきりした。

入浴後、iMacで「この世界の片隅に」の原作コミックを読書。日曜に買った時にはiPad mini 4にダウンロードしたのだが、iMacと同期をかけたので、iMacでも読めるようになった。

寝たのは10時過ぎだったと思う。昨晩もなんか面白くない夢を見ていたと思う。ただ、その内容は覚えていない。朝、起きた時の調子はあまり良くない。それでも一応会社には行く。

会社では、何もする気が無かったので、だらだらしていた。眠くて、調子が本調子ではないというのもある。途中でコーヒーを飲んだが、頭はすっきりとはしなかった。

11時ぐらいから腹が減って、気が散っていた。昼食の時間が待ち遠しかったが、昼食のメニューは今ひとつ。八宝菜が無難かな、と思ったので、それを食べたが、満腹度は足りない。

午後もだらだらと。時間が過ぎるのが長かかった。定時を迎えた時にはかなり精神的には疲弊していた。

会社を後にすると、外気がかなり冷えていた。冬だな、と思いながら、家に帰ってきた。空を見上げると、星が綺麗に瞬いていて、そのそばを飛行機が飛行していた。

「この世界の片隅に」、観客動員が上昇中

この日曜に観賞し、衝撃を受けた「この世界の片隅に」。映画鑑賞後に、原作コミックを買うまで物語に惹かれた僕だが、今日のエンタメニュースで、さらに驚く事実が明らかになった。普通、映画の週末興行収入は、大抵最初の公開週が最高の収益を上げて、その後、だいたい7割程度の割合で落ち込んでいくのが普通なのだが、この「この世界の片隅に」は、違っていて、毎週末に興行収入が前週を越し、ランキングでも僕が見た週末ではなんと4位にランキングするという異例の人気ぶりを示している。しかも、この映画、他の日本映画と違い、配給元が弱小なので宣伝もあまりできず、ネット上のSNS等でしか宣伝できないというのに加えて、主役のすずを演じた「のん」は、事務所とのトラブルで映画・ドラマ等に起用してもらえない能年玲奈。どう考えても逆風しかない状況で、よくここまでヒットしていると考えるべきだろう。年末に向かって、さらに拡大公開に向かうとのことで、さらにヒットする可能性がある。僕個人としても、この映画はヒットしてほしいな、と思っているので、気になる方は、ぜひ見ていただきたいと思う。

2016年12月5日月曜日

2016年12月4日の睡眠と、5日の健康

昨日の夕方、洗濯物を外から取り込んだのだが、雨のため、生乾きだった。それで、浴室に放り込み、室内乾燥をかけた。それからご飯の支度をし、ネットを見ていた。その間も、「この世界の片隅に」の事が気になり、いろいろネットで感想を読んだりしていた。挙句に電子書籍で原作コミックまで買う始末。僕にとって衝撃の作品だったという事である。

それでも、夕食はちゃんと取り、早めに入浴した。実は9時からNHKラジオ第2で、「機動戦士ガンダム」の富野由悠季監督の講演会が放映されると、聞いていたからである。これは結構真面目に聞いていたが、この人の感性は独特で、結構面白い。「ガンダム」が生き残っているのも、富野監督の意向が反映された結果かな、と思っている。

寝たのは10時過ぎ。なんかの夢は見た。眠りはちょっと浅い。何回かトイレに行きたくなり目が覚めかけたが、結局寝ていた。アラームで起きて、ようやくトイレに行った。

通勤は、電車がトラブルで遅れ、会社の入門にカードリーダーの不具合でトラブり、散々だった。メールでは雑務のメールが入っていたので、朝一番でそれを処理した。

その後は、静かに統計資料の作成をする。今日発行するわけでもないが、早めに動いた方が、後々楽だということが分かっているから、早めに処理した。

昼食は、課のほとんどの人が何かの急ぎの仕事を抱えていたので、一人で食堂に向かった。程なく、2人ほど、遅れて合流。少し会話を交わしながら、昼食を食べた。普通の味噌ラーメンを食べたので、美味しかった。

午後は、暇なので、ダラダラしていたが、アカシジアが軽く発症して、辛かった。ロラゼパムを何錠か服用して、休憩室でゲームを行ったりして、なんとか交わしていた。

定時で家に帰る。朝、買い物をしなければならない雑貨をiPhoneに記録していたが、それをスーパーで確認した。買うものが多くて、頭が混乱する。iPhoneを見ながら、買い物かごに品物を入れて行った。

「この世界の片隅に」、原作コミックを電子書籍で購入

昨日、映画「この世界の片隅に」を見た感想を書いた。いい映画だったので、余韻が深く残り、何か関連本に触れたいと思うようになっていた。しかし、映画館ではパンフレットは売っていなかったように思うし、実は売っていても精神的に衝撃を受けていたため、買い物がまともにできない状態だったのである。そんな状態だから、原作本を本屋で探そうかと思っても、本屋に行く気力もなかった。家に戻ってきて、少し落ち着いてから、「やはり原作コミックは読んでみたい」と思うようになった。Amazonでは、電子書籍版と紙版が売っていたが、押しは電子書籍版のようである。で、Appleの電子ブックで売っていないかな、と調べたら、売っていた。上中下で各巻540円。紙の版だと700円する上に何日か届くまでかかる。それで、昨晩、思い切って電子書籍版の「この世界の片隅に」を買ってみた。映画は映画特有のフォーマットはあるが、漫画も漫画特有のフォーマットがある。この作品は、どちらも出来は良さそうで、電子書籍版でもそれは堪能できそうである。漫画だから、多分あっという間に読み切ると思うが、作品の世界観を深く感じ取りたいと思う。

2016年12月4日日曜日

2016年12月3日の睡眠と、4日の健康

昨日の夕方、ネットを見終わった後、気分が少し上がっていたので、「HOLLYWOOD EXPRESS」を見た。その後、ニュースや天気予報を見た。今日は残念ながら、雨みたいである。

夕食後、買って貯蓄していた波照間島の泡盛「泡波」を1本開けた。1本といってもミニボトルなので100mlしか入っておらず、1回で飲みきれる量だった。飲んでいる途中で実家から電話があり、近況を話した。

8時に入浴し、10時前には寝てしまった。ただ、睡眠の質はあまり良くないと思う。眠りが浅く、途中何度か目覚めた。最終的には6時40分に起床した。洗濯をして、朝食を食べ、部屋の掃除をした。

9時過ぎまではネットを見ていた。大したことはしていない。今日は映画を見るつもりでいたので、9時半前に家を出た。出てすぐに雨が降ってきてしまったのが残念である。

映画はキャナルシティのユナイテッド・シネマで「この世界の片隅に」を見にいった。劇場自体が100名ちょっとしか入らない小さな劇場だったが、観客動員はかなり良い。満席に近いのではないかと思う。映画が始まってしばらくしてから、途中入場した女性がいたのが、ちょっと邪魔、だった。一瞬映画への没頭感が途切れてしまった。これがあるから映画館で映画を見るのはリスクを感じるのである。

で、その「この世界の片隅に」は、かなり心にずしっとくる映画だった。正直、映画を観終わった後、精神的に来てしまい、昼食をどうしよう、とか、この後買い物しよう、とかあまり考えられなくなっていた。昼食は食べたが、なんか買い物に行く気力がなくて、家に戻って来た。

「この世界の片隅に」を見る前には、できるだけ情報はシャットダウンしていたのだが、映画を観終わった後なので、他の人の感想も知りたくて、積極的にネットで感想等を見ていた。評判はとてもいい。この映画は多分僕の2016年ベスト1にあげてもいいのではないかと思っている。(これまでは「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」がベスト1だった)

映画「この世界の片隅に」ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13

映画の公開開始前から、インターネットで今話題の「君の名は」より傑作だ、という評判を受けていたこの「この世界の片隅に」。主役のすずの声を演じた能年玲奈改め「のん」の声の演技も相まって、かなり話題になっていた。本日、この「この世界の片隅に」を鑑賞したのだが、素晴らしい出来の映画だった。映画の舞台は太平洋戦争末期の広島、呉。ここに嫁いできた主人公すずの何気ない日常が描かれているのが、この映画の特徴である。もちろん、戦争が絡むので、何気ない日常は、次第に崩れて行くのだが、様々な事件が起こりながらも、健気に生きて行くすずのありように、心打たれるものがある。呉が舞台なので、広島の原爆に対する描写が少ないところも、この映画をインパクトを与えるものになっている。ストーリーは、すずと彼女を取り巻く人々の生き様を中心に描き、彼女の周囲の人々は、あまり死なずに生き延びるところも、作品を印象付けるものがある。もちろん、全員が生き延びるものではないし、すず自身が無傷なわけでもない。それでも呉という軍のある街でのありふれた生活は、世界の片隅でも、ドラマがあることがわかる。小規模公開のため、観客動員の面では不利な映画だが、見る価値のある作品である。

2016年12月3日土曜日

2016年12月2日の睡眠と、3日の健康

昨晩、夕食後に泡盛のお湯割を楽しんでいた。11月に那覇に行った際に買ってきた古酒の泡盛だが、これがお湯割にすると、とてもおいしい。あっという間に飲み終わってしまい、楽しみがなくなった。

入浴後、ふと気になったiPhone、iPad用アプリのMoneytreeという資産管理アプリをインストールしてみた。Apple Payでの支払いが増えて、入出金が分かりづらくなっていたので、一元管理できる、という触れ込みのMoneytreeを入れてみたのである。銀行やクレジットカード会社の登録に手間取り、時間がかかったが、自分の総資産と、支払いが一目瞭然とするのは面白かった。

Moneytreeをいじっていたので、寝たのは11時だった。睡眠の質は良くない。浅いし、トイレで起きたら、まだ深夜2時だった。トイレの後、寝たのだが、次に目が覚めた時、鼻が詰まっていて、寝ていられなかった。結局5時40分に起床。眠いが、休みなので良しとする。

洗濯をし、朝食を食べて、Moneytreeをまたいじっていた。残念ながら、財形貯蓄の管理まではできないようで、それが残念だった。そこまでできると、完璧だと思ったのだが。

10時前に歯医者に通院。いつものように磨き残しの歯石を取ってもらうが、今日の担当者はちょっと乱暴で、歯が少し痛かった。我慢していたが、早く終わらないかな、と思っていた。

歯医者の後、100円ショップで書類ファイルを購入。その後、昼食に牛丼を食べ、コーヒーを飲んでリラックスしていた。コーヒーを飲んだ後、スーパーで夕食を買って、家に帰った。

家に戻って、「ガンダムZZ」を鑑賞し、その後、書類ファイルに旅行のパンフレット等を整理し始めた。かなり乱雑に部屋の隅に散らばっていたので、整理できて、幸いだった。

iPhoneのアプリもちょっと整理。使うものをインストールし、使えなくなったものはアンインストールした。

機動戦士ガンダムZZ 第39話「サラサ再臨」

あらすじ

サイド3に向かっていたネェル・アーガマは、民間船を救助する。しかし、その民間船の中には、ネオ・ジオンのハマーンが正体を隠して存在していた。ハマーンは何かを企んでいる様子だった。その後、ネェル・アーガマは、別の民間船も救助する。そこにはムーン・ムーンのサラサとラサラが乗っていた。サラサは、ネェル・アーガマに邪悪の意思が取り巻いていると、警告する。ハマーンの部下が、発信器を船外に放出し、民間船に潜んでいたネオ・ジオンのモビルスーツが、無傷でネェル・アーガマを手に入れようと、動き出す。民間人の身分確認でハマーンらを見破れなかったことを責められたモンドは、百式で勝手に出撃するが、苦戦する。しかし、ジュドーとのコンビで、モビルスーツは排除する。ハマーンは、サラサに邪悪の根源だと警告される。

感想

最初は、何か大したことのない話かと思いきや、ハマーンが変装してネェル・アーガマに潜入し、何かを企んでいる、という謎めいたストーリー。それにムーン・ムーンのサラサとラサラが再登場するのも、話的には意外である。今回は、ミスをしたモンドが、汚名挽回を図る回としても、印象に残る。モンド自身がモビルスーツで戦う、というエピソードがあまりないからである。次第に話は深い方向に向かっているような感じはする。

2016年12月2日金曜日

2016年12月1日の睡眠と、2日の健康

昨晩、普通にネットを見ていたのだが、なんか入浴時間が遅くなった。それに、入浴後に読書もしてしまった。そのために、就寝は10時半とちょっと遅くなった。

睡眠の質はちょっと良くない。深夜2時にトイレで起きた後、変な夢を見た。アラームが鳴る少し前に目覚めたが、今日は普段通り、気分は良くない。

会社ではボーナスの支給日であるが、最近は社長のメッセージも何もなく、ただ、銀行口座にお金が振り込まれるだけなので、ありがたみもない。

午前、午後と、少し雑務をこなした以外は、大した仕事はなかった。ただ、上司を狙った勧誘電話を受ける羽目になってしまい、精神的にちょっと不安定になった。午前に電話が2回あったのである。いずれも「会議中」という言葉を話すと、すぐ切れるのだが、いつ架かってくるのかを考えると、精神的に不安になった。それで、ロラゼパムを本来の抗不安剤として飲むことにした。今日はそれで効いたようである。

昼食も、課のメンバーが全然行くそぶりを見せないので、先に行ってしまった。後で聞くと、一人の管理職の人は、徹夜で資料を作っていたらしい。

定時を迎えて、さっさと家に帰る。ボーナスが入ったので、今日も寿司を食べた。スーパーの寿司だから、安い。食事は美味しかった。

手袋をした手で、iPhone 7 Plusが操作できない

今朝は格別寒かった。この冬一番ではないかと思う。で、寒いので、手袋をして会社に行った。もちろん、普通の手袋ではなく、スマートフォンの操作ができる、という触れ込みのユニクロの手袋である。しかし、手袋をして、iPhone 7 Plusのロック解除をしようとしたところ、詰まってしまった。手袋のために指紋認証しないのは当然だが、指の静電容量自体をホームボタンが認識しないので、ロック解除ができないのである。仕方なく、操作するときには手袋を外して操作をし、また手袋をしたが、この上なく不便だった。で、後で色々実験してみた。確かにスマートフォン対応手袋なので、ロックが解除されてしまえば、操作は容易に可能であるが、ロック解除ができない。そこで、アシスティブ・タッチだったら、このトラブルを解決できるのでは、と思った。アシスティブ・タッチとは、iPhoneを何らかの理由で物理的に操作できない人向けの仮想ボタンである。これは、スクリーン上に表示されるので、ロック解除後のiPhoneが普通に操作できるならば、アシスティブ・タッチも使えるはず、と思ったのである。で、試した結果だが、残念ながら、ロック解除にはかなり難がある、と言わざるを得ない。なぜか、ロック解除時にはアシスティブ・タッチの感度が悪くて、手袋してからではうまく動かないのである。この辺は、まだ調査する必要はあるが、これからの寒さが募る中、寒さに耐えてiPhoneの操作を取るか、暖をとる代わりにiPhoneを割り切るか、二択になりそうである。

2016年12月1日木曜日

2016年11月30日の睡眠と、12月1日の健康

昨晩、夕食後、洗濯物にアイロンを掛けていた。気分は良くない。ちょっと落ち込んでいた。ただ、聞いていた音楽が癒しを与えていた。アイロンを掛けた後、ネットを見ていて、少しずつ、気分が持ち直した。音楽も色々聞き、気分転換になった。

ネットとか見るのにも時間がかかり、入浴も遅くなり、寝たのは11時近かった。睡眠は熟睡だと思うが、夢は見た。内容は忘れたが。朝、トイレで起きると、6時半だった。その後、少しだけ寝て、アラームで起きた。

今朝は珍しく、会社に行きたくない、という気分ではなく、意外とさっぱりしていた。食事をし、会社に僕のテンションからすれば張り切って、出社した。音楽がそれに拍車をかけたのも一つだと思う。

午前中は、統計資料の作成に追われた。月初なので、そういう仕事がある。仕事はしたくはないのだが、何か作業すると、そこに没頭していく感はある。

午後は、データが集まらないので、統計資料の作成は中断。眠くて、半分居眠りした。でも、隣のおじさんたちの会話で、ふっと現実に戻された。

朝の通勤時のネット閲覧で、エイズ対策の募金をする(PRODUCT)REDの事を思い出し、どうしようか考えた末に、iPad mini 4のケースの(PRODUCT)REDバージョンを注文入れてしまった。明日、ボーナスが入るので、多少散財してもいいかと思った。

定時を迎え、家に帰った。夕食をどうしようと考え、たまには揚げ物ではないものを食べるかと思い、刺身を買った。刺身はまあまあだったが、なんか食べた感じが少ない。油っぽくないから、物足りないのだと思う。

世界エイズデーに、iPad mini 4のProduct Redのシリコンケースを注文する

今朝、通勤時にネットを見ていたら、Appleが今日の世界エイズデーに合わせて、(Product)Redと呼ばれる赤い製品をいくつか発売したと、書かれていた。(Product)Redとは、「グローバル消費財メーカーが、(Product)Redという共通ブランドの商品を開発、販売し、収益の一部をエイズ等の疫病の対策に使われる」プログラムのことで、Appleは、これまでもずっとこのプログラムに賛同していて、オプションケースとかに(Product)Redの製品を投入していた。今回、新たにiPhone用のバッテリー内蔵シリコンケースなどを投入したのだが、僕も、ちょっと気になって、iPad mini 4用のシリコンケースに(Product)Redの製品があるか、確認した。実は、iPad mini 4用には、これまでプラケースを使っていたのだが、1年経ってかなり傷つき、ゴミも入っていたのでかなり汚い印象を受けていたのである。ボーナスが入ることもあり、気になっていたiPad mini 4のシリコンケースを買ってみるか、と思い立ち、(Product)Redのシリコンケースを注文した。ただ、赤、という色は、かなり強烈なので、スマートカバーの白と合うか、微妙だとは思う。場合によっては、スマートカバーも買い換えるかもしれない。でも、たまには役に立つ買い物をすることもいいかな、と思う。