2018年4月30日月曜日

那覇の「いちぎん食堂」で、テビチ汁を食べる

沖縄に来たら、食べたい料理があった。テビチである。もちろん、福岡でも食べられないことはない。しかし、本場のテビチを一度は食べてみたいという願望は、ずっとくすぶっていた。那覇に着いて、「夕食をどこで食べよう?」とネットで探したとき、アパホテル近くに「いちぎん食堂」という大衆食堂を見つけた。こういうのは当たりだよな、と思って店に入ると、メニューに「テビチ汁」があった。650円である。「テビチ汁」とはあるが、実際は定食。テビチの煮込み汁にご飯、小さなポーク玉子までついてくる。当然本場物なので美味い。ここも当たりである。



2018年4月29日の睡眠と、30日の健康

昨日の夕方は普通通りにネットを見た。それから夕食を食べた。今週は旅行に行くので、ごはんを炊かなかった。

夕食後、YouTubeを見ていたが、なんか面白くない。入浴は早めに行い、22時に就寝してしまった。

睡眠は明け方、あまり眠れなかった。なんとなく不満な睡眠だった。

朝起きて朝食を食べ、少し早めに福岡空港に向かった。連休の混雑を気にしたのであるが、連休の前半は今日で終了のためか、思ったほど混んでいなかった。飛行機も満席とまではいかなかった。

福岡空港を定刻の10:30に離陸したが、那覇空港は離発着の機材が混んでいたために少し遅れた。LCCのピーチ・アビエーションで飛行したので、那覇空港はLCC専用ターミナルへの到着。そこから那覇空港国内線ターミナルへはバスの移動になるので、かなり時間がかかった。

国際通りに来たのは13:30頃。宿泊ホテルに荷物を預けて、ようやく昼食を食べた。「田舎」というソーキそば専門店である。

その辺りでアカシジアが来たので、急遽JEFFに入り、ルートビアで気を紛らわせていた。

少し落ち着いて、明日のバスの乗り場を確認しに、那覇バスターミナルへ。だいたい場所はわかったので、国際通りに戻った。まだアカシジアが少し出ていたので、今度はA&Wでフロートを頼んで休憩していた。

16:30に宿泊ホテルである「アパホテル」に。とりあえず荷物を置いてホッとしているところである。

那覇の田舎でソーキそば390円を食べる

今日から3泊4日で沖縄本島に来ている。観光メインだが、当然ながら食事も楽しみの一つになっている。那覇に到着して最初に食べた沖縄そばは、牧志の公設市場近くにある「田舎」という店である。ここを知ったのは旅行作家の下川裕治の著作で登場したからである。ソーキそばが390円と激安なのである。実はこの値段は小サイズのものであり、大サイズになると650円になる。沖縄そば専門店で、規模も小さい。下川裕治の本では、彼が求めた沖縄そばではない、と書かれていたが、僕的には美味しく、満足いくものであった。ソーキも量があり、面と釣り合いは取れていないのが、また面白い。那覇で沖縄そばを食べたい向きには、ここを目指すのもいいだろう。





2018年4月29日日曜日

2018年4月28日の睡眠と、29日の健康

昨日の夕方、ネットを見ていたが結構時間がかかった。ただ、普段の土曜と違い、洗濯物の片付けがなかったので、気分は楽だった。

17時40分から夕食を食べ始め、18時前に終わってしまった。18時からはAbema TVでSuchmosのライブの生中継をずっと見ていた。途中、実家から電話があったので、その時はアンプのボリュームを落として親と会話を交わしていた。

Suchmosのライブが終了した後、入浴し、テレビを見て過ごした。寝たのは22時過ぎだった。

睡眠は4時ぐらいまで熟睡だったが、そこでトイレで起きた。その後はなんとなく眠りが浅い。7時前に目は覚めたが、布団から出たくなくて、7時半まで布団の中にいた。

起きてからは洗濯をして、朝食を食べ、部屋の掃除をした。洗濯も部屋着だけなので量は少ない。掃除が終わってからコーヒーを1杯飲んだ。

今日も映画でも見るかと思い、輸入盤Blu-rayの購入物から「シェイプ・オブ・ウォーター」を選択し、鑑賞した。アカデミー賞4部門受賞の話題作のため、出来は良かったが、バイオレンス色と、性的描写は多い映画だなと思っていた。

映画を観終わってからレビューを書いた。書き終わったら昼。外出し、蕎麦を食べた。その後スーパーに行き、夜のおかずを買って帰った。

午後は明日から行く旅行の準備を始めた。航空券のチケット印字とか、着替えの下着の準備とかのんびり始めていた。

その他はネットを見て過ごしていた。旅行をどうするか、いまだにあまり決めていない。まあ、行ったら行ったで気分で町歩きをするのだと思う。

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、THE SHAPE OF WATER(Blu-ray)/シェイプ・オブ・ウォーター/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。2017年のアカデミー賞で、作品賞、監督賞を含む4部門を受賞した、ギレルモ・デル・トロ監督によるファンタジー・ラブストーリーの傑作。アメリカ政府の研究所に囚われた半魚人と、ろうあ者の女性との愛情を描いた奇妙なラブストーリーではあるが、マイノリティの恋愛ストーリーとして捉えるとわかりやすい映画だと思う。主人公イライザがろうあ者なので、手話で会話をするところは見ていて新鮮な要素であると言える。そして、半魚人がもう一人の主役ということもあり、水がかなり印象的に描かれる映画であるとも言える。水の中での半魚人とイライザのラブシーンは、この映画の象徴と言えるのではないか。そして、サスペンス要素も混ざっていて、クライマックスはその辺が強調されるところもある。アカデミー賞受賞も納得の出来であると言える。

2018年4月28日土曜日

2018年4月27日の睡眠と、28日の健康

昨日の午後、洗濯物を片付けてからネットを見ていた。「アベンジャーズ」はまだ日本での公開の方が時差の関係で早いせいか、アメリカの評価はこれから、という感じだった。ただ、5ちゃんねるの全米興行収入を語るスレで数日前にネタバレの書き込みがあったのを見つけ、「読まないでよかった」と思った。

18時前から夕食を食べていたが、テレビのニュースは南北朝鮮会談の話ばかりでちょっと飽きた。いつもは19時のNHKニュースと21時のNHKニュースは見ているのだが、昨日は19時のニュースだけにした。

入浴は早くに済ませ、寝たのは22時。比較的ぐっすり眠れた。ただ、朝4時にトイレで起きた。また寝てしまったが、7時前に一度目覚めた。その後もウトウトしていて、8時に起床した。

朝食を食べ、輸入盤Blu-rayの発売日チェックと、5月分の注文をしていた。レーザーディスクで買っていて、DVDもBlu-rayも持っていない作品を2-3買い込んだ。$10以下なので安いものである。

10時に精神科の病院の受診。来週が祝日で病院が休みなので、今日の病院は混雑していた。診察を受け、薬を出してもらうまで1時間45分もかかってしまった。

昼食はお好み焼きを食べた。うまかった。食後、久しぶりにユニクロに行き、マーベル・コミックのキャラクターTシャツを買ってきた。昨日映画を見たから、なんかグッズが欲しくなってしまったのである。その後、スーパーに行き、夕食のおかずを買って帰った。

午後は、ネットを見つつ、徐々に月曜から出かける沖縄旅行への準備を始めていた。準備といっても見たい観光地へのバスでの行き方とか、スマホ用三脚の準備ぐらいだけれども。

本日、Suchmosのライブをインターネット配信 18:00から

ここ2-3年、人気が高まっている音楽バンドといえば、Suchmosだろうと思う。ライブのチケットも取りにくい状況にあると言える。そのSuchmosの最新ライブ「YOU'VE GOT THE WORLD TOUR」の最終公演であるパシフィコ横浜のライブを今日、インターネットの11のメディアで生配信することが決まった。そのメディアの中にはYouTube LiveやAbema TV、GYAOなどが含まれている。18:00から最後まで中継されるということなので、チケットを取れなかった人や、興味はあるけれどライブに行くほどではない、という人には最良のサービスなのかもしれない。僕もテレビ番組がつまらないので、このライブの中継を見るつもりでいる。当然Apple TVがあるからAbema TVかYouTube LiveをAVアンプをかませて、テレビの大画面で見るつもりである。直前の書き込みになるが、興味ある人はチェックしてはいかがだろう。

2018年4月27日金曜日

2018年4月26日の睡眠と、27日の健康

昨晩は普通通りにネットを見た。すでに「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のネタバレを始めている5ちゃんねるは用心して見ていた。期待の1本なので、今日映画を見るまではネットの情報を極力シャットアウトするつもりだった。

入浴後、ふと思いつきでApple Watchに音楽を入れ始めた。Apple Watch単体でも音楽が聴けるので試してみたくなったのだが、転送速度が遅すぎた。アルバム6枚を転送したが小一時間かかってしまい、寝たのが22時40分になってしまった。

睡眠はしっかり取れたと思う。朝は普段通り6時45分に起床。年休を取っていたのでもっと寝ていてもいいのだが、朝一番で映画を見るため、いつもの時間に起きることにした。

洗濯をしてから朝食を食べ、少しだけネットを見ていた。映画館のチケット販売状況を見ていたら、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のチケット売上がすごかった。僕が見る朝一番のチケットは完売。夜の22時の回も完売だった。期待に胸が膨らむ。

8時半に家を出て映画館に行く。9時10分には映画館に着いた。初日初回なので、先着特典のポストカードとポスターを貰え、なんか嬉しい。

映画は想像を超えていた。能天気ヒーローものではなく、しっかりと骨のあるストーリーになっていた。しかも、ラストの終わり方が、重い雰囲気を残していた。来年公開の続編が今から待ち遠しいという、とんでもない映画だった。

映画が終わって、久しぶりにラーメンを昼食に食べた。それも博多ラーメンではなく、京都のラーメン。キャナルシティにはラーメンスタジアムというラーメンの店が集合したフロアがあるので、そこで食事をした。

食事の後、天神に出ようかなと思ったが、映画の余韻が強すぎて何か別のことをする気が無くなっていた。なので家に帰り、スーパーで夕食の食材を買ってきた。

家では「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の掲示板の書き込みを見ることにした。もうネタバレしても大丈夫。いい映画を見た余韻に浸っていた。

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(IMAX 3D/ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13)

アメリカの人気コミック、マーベルのヒーローが大集結した「アベンジャーズ」シリーズの最新作が、この「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」である。マーベル映画の上映開始10周年ということもあり、空前のスケールで物語が語られていく。ストーリーは、全宇宙の生命体の半数を消し去ろうとするサノスが、その目的のために「インフィニティ・ストーン」を集めて宇宙を駆け巡り、その目的を阻止するためにアベンジャーズの面々が立ち上がる、というものである。監督のルッソ兄弟から、ネットでのネタバレ禁止が通達されているので、詳しくは書けないが、多数存在するヒーローの見せ場を偏りなく描いているのは、監督の手腕発揮といった感はある。また、敵であるサノスも、単に悪役というだけでなく、人間味ある描き方をしているので、ヒーロー対悪役の構図も複雑な様相を呈している。そして、驚いたのがそのラストである。この展開でエンディングか?という余韻を残した終わり方になっていて、次回作への展開が気になるところである。エンドクレジット後のおまけ映像も、次回作への布石になっている。今作は、全編IMAXデジタルカメラで撮影されているので、近くにIMAXシアターがある人は、鑑賞代が高くてもIMAXシアターで見るべきである。スクリーン一杯の画面が広がり、迫力が段違いである。

2018年4月26日木曜日

2018年4月25日の睡眠と、26日の健康

昨晩は会社をフレックスで早く帰ったはずなのに、結局ネットを見る時間は変わらなかった。佐野元春の「THE BARN DELUXE EDITION」の宣伝ページを見ていたのもあるし、宅配便の受け取りを待っていたのもある。入浴時間がいつもと変わらず、入浴後のゆとりが少し少なかった。

寝たのは22時10分。火曜の夜が睡眠時間6時間半なので、昨晩はよく寝た。ただ、明け方はちょっと寝つきが悪かった。熟睡時間は5時間を越していた。寝すぎのせいか、かえって体調が悪かった。

会社に行って、品番決定通知書の発行等雑務をいろいろこなしていた。新製品の登録もあった。ゴールデンウィーク前でちょっと忙しい。

明日は年休を強引に入れたので、今日のメールの様子を見ていたが、明日は大丈夫そうである。

定時間際にメールが届き、処理する必要があったので、ほんの少し定時を過ぎて仕事していた。明日休むと、次の出社は5月7日。休みが多いので、いろいろなことを忘れそうである。

家に帰って、夕食を食べるとホッとする。明日は「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を見に行くので楽しみである。

TOKIOの山口達也、女子高生にわいせつ行為で無期限活動停止

僕の記事としては珍しいのだが、テレビの芸能人の話題が大きく取り扱われていたので、ちょっと書いてみたい。ジャニーズの人気グループ、TOKIOの山口達也が女子高生にわいせつな行為をしたということで、書類送検される、というニュースが昨日から話題になっている。今日も14時から山口達也の記者会見があったということで、スマホのYahoo! Japanアプリでも号外を出していたぐらいである。僕が驚いたのが山口達也の年齢が46歳と、僕とそんなに大きく違わないのと、離婚歴があり、子供もいたということ、それにもかかわらず未成年の少女に対してわいせつ行為をしていたという事実である。この騒ぎを受けて、弁護士は無期限活動停止を発表していたが、これで収まるとは思えない。もしこれが一般人なら、その人の人生はそこで終わり、というぐらいの事件である。その点、芸能人はまだ罰が甘いのではないかという気がする。ジャニーズファンには申し訳ないが、もう少し刑罰を厳格化してもいいのではないかというのが個人的感想である。まあ、TOKIOの他のメンバーにとってもいい迷惑ではあると思うが。

2018年4月25日水曜日

2018年4月24日の睡眠と、25日の健康

昨晩は会社の飲み会だった。話は面白くないが、料理はうまかった。鳥の唐揚げと天ぷらが同時に並び、締めにいくらの軍艦巻きが登場したのである。なので、昨日の飲み会はそんなに悪くなかった。

飲み会の後、家に帰ったが電車のタイミングが悪くて、23時に家に帰った。入浴をまずしてしまい、少しだけネットを見た。寝たのは深夜0時である。

朝は5時過ぎにトイレで目覚めてしまった。我慢できないのでトイレに行って用を足して、また寝た。起きたのは普段通りなので睡眠時間は6時間半強。少し眠い。ただ、脳の休息はそこそこ取れているようなので、思ったほど辛くない。

週の半ばなので洗濯をしてから会社に出社した。会社では雑務をこなしていた。統計資料はいじれるところだけいじっていた。

10時半から30分会議に出席。午後も15時から1時間会議である。会議ばかりで神経使う。

昨晩深夜0時と朝の7時、10時、14時半に映画館のチケット売れ行き状況をチェックしていた。金曜から「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が公開されるので見に行きたいと思っていて、チケットの状況を見ていたのだが、ゴールデンウィーク前だからか、かなり混んでいた。

16時15分に会社をフレックス退社した。もともとフレックスで帰るつもりだったが、映画のチケットが混雑していたので、映画館に行ってチケットを確保しようとしたのである。もちろんネットでもチケットは買えるのだが、映画館の招待券を利用したいので、その場合は窓口まで行かざるを得なかった。あまり席は良くないが、なんとか初日の初回分は確保できた。

映画館から家に帰って、スーパーに行き、夕食のおかずを買ってきた。それから洗濯物を片付け、合間にmacOSやiOSのアップデートをかました。そして、夕食をとった。

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のチケットセールス好調

僕は福岡に住んでいるので、IMAXの映画を見る時にはキャナルシティのユナイテッド・シネマ キャナルシティ13のIMAXデジタルシアターを利用している。本日、水曜の午前0時から今週末から来週までのチケットの予約セールスが始まった。昨晩は用があったので深夜0時にネットをチェックしていて、今年の話題作である「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の上映時間を確認した。そのときにはサーバーアクセス過多で席の種類は見られなかった。朝起きて、席の売れ行き状況を確認したところ、いい席はほぼ完売、外れ席だけが残っているという状況だった。僕もネットでチケットは買いたかったが、映画館の割引チケットを持っていて、有効期限が5月末なのでそれを使いたかった。それで、今日の会社帰りに映画館に行って、チケットを引き換えてきた。すでにいい席はないが、なんとか27日の初回上映を確保はできたが、後でチケット販売状況を見たら、空席後わずか、というところまできた。ゴールデンウィーク前の公開とはいえ、同じマーベル・コミックの「ブラックパンサー」よりもセールスが好調のような気がする。すでに一部でネット上でのネタバレが始まっているようなので、初日上映を先に見ないと、後々つまらなくなりそうである。とりあえず27日は年休をとるので、見られるはずである。今から楽しみである。

2018年4月24日火曜日

2018年4月23日の睡眠と、24日の健康

昨晩はネットを普通に見ていたはずだが、意外と時間がかかった。1時間収録の土岐麻子のアルバム「Bitter Sweet」を再生していて、アルバムが終わってもネットを見終わらなかった。

入浴後、薬を飲んで手持ち無沙汰になった。ベッドに横になると眠いので、22時10分に就寝。ただ、あまりよくは、寝ていないと思う。iPhoneアプリのAutoSleepでも熟睡時間が短かった。

通勤時の電車の混雑で、かなり疲れが出た。精神的に参っている感じ。会社に行って、新製品の品番登録の依頼があったが、書類の不備がいろいろあったので、理由をつけて返却した。結局今日は登録できなかった。

統計資料の作成も、脳が枯渇している感じでできなかった。ネットをただ見ているだけ。それも苦痛である。

午後になると、眠気が強くてしんどかった。コーヒーを飲んでもまだ眠い。と行って休憩室では昼寝はできないし。午後はきつい時間だった。

定時になって、iPad Proでネットを見始める。今日は職場懇談会なので、家には早くには帰れない。また、遅い時間になってしまうと思う。寝不足になりそうである。

2018年4月23日月曜日

2018年4月22日の睡眠と、23日の健康

昨日は夕方、ネットを見て、少し早く夕食をとった。あまり早すぎるとお腹が減るのだが、と言っても時間を持て余しているのもなんなので、17時40分に食べ始めた。

夕食後、AVアンプを使ってDOLBY ATMOSの収録ソフトを再生してみた。朝見た「スノーホワイト」のサラウンドがあまり面白くなかったので、比較のつもりで再生した。「アンブロークン」の冒頭の戦闘機のシーンを見たが、やはりDOLBY ATMOSの方が音の密度が違う。

入浴は20時前に行ってしまった。その後はだらだらしていたが、いつ寝たかがよく覚えていない。ラジオは切ってある、部屋の電気も消えている、ベッドの常夜灯は点いている、iPhoneアプリのAutoSleepは設定してある、のでちゃんと寝る支度をしたことになっているのだが、記憶にない。

睡眠は日曜の夜らしく、あまり良くない。明け方4時ぐらいから眠りが浅かった。6時半にトイレで起きて、残り10分ぐらいまたベッドに入り込んだ。

会社に行って、いくつかやることをこなしてから、統計資料の見直しをした。しかし、上司が先週は今週一週間で見直しを、と言っていたのに今朝になって今から見直ししろ、と言い出したので、反発した。それでも渋々対応はし、合わせた数字は提出した。

午後はやる気なくして、ちょっとグダグダしていた。眠いのでウトウトしてしまった。

夕方は会議で神経をすり減らす。会議は疲れる。早く終わったのは幸いである。会議後、少しアカシジアが出てきた。ロラゼパムを頓服で4錠ほど飲んで、症状を緩和させた。

帰宅時には電車に座れたので良かった。朝は雨が降っていたが、その後降っていないので、夕食はスーパーで惣菜を買って帰った。

「機動戦士ガンダム The Origin」は本編映像化せず

「機動戦士ガンダム」放送開始35周年の目玉として劇場での限定公開と、Blu-ray/DVDリリースされてきたのが、「機動戦士ガンダム」でアニメーションディレクターとキャラクターデザインを担当した安彦良和による新たな解釈で「機動戦士ガンダム」を再構築した「機動戦士ガンダム The Origin」のアニメ化だった。当時は劇場に人が入っているという点と、海外戦略の意味合いから、アニメ化された「シャアとセイラ編」、「ルウム戦役編」の後に本編アニメ化があると、噂されていたものである。ちなみに当時はガンダムの生みの親、富野監督の「Gのレコンギスタ」というアニメも放映されているが、こちらは視聴率的に爆死している。しかし、先週バンダイ、サンライズの今後の戦略発表会で、「The Origin」の本編アニメ化はされないことが判明した。どうも福井晴敏の「機動戦士ガンダム:ユニコーン」が評判良かったので、その後を描く物語が40周年を記念する作品になったようである。個人的には富野監督の妙な情念を感じないガンダムには興味ないので、新しいガンダムは見ないと思うが、安彦良和の監督した「The Origin」も決して面白い話とは思わなかった。「ルウム戦役編」は見ないことにしてしまったし、「シャアとセイラ編」も劇場では見たが、購入したBlu-rayは未見。上映時間の割に長く感じるハマれない作品だったように思う。今回のバンダイ、サンライズの発表により、年寄りは追放し、若手登用の意図が見え隠れするが、ガンダムがそれで商売として続くかはよくわからない。ネットでは情報が入ってくるので、様子だけは見ていこうとは思うが。

2018年4月22日日曜日

2018年4月21日の睡眠と、22日の健康

昨日の夕方、ネットを早く見終わってしまった。ネットを見た後、テレビでニュースを見ていたが、手持ち無沙汰になったので17時35分ぐらいから夕食を食べてしまった。終わったのは18時過ぎ。

食後、泡盛を飲んでいたら実家から電話があった。父も食事後、横になると電話するのが面倒なので早めにしたと言っていた。それで両親としばらく会話を交わした。

電話後、入浴を済ませてしまった。入浴後はYouTubeの動画等を見て過ごした。昼寝はしたために体調はだいぶ回復はしたが、まだ調子が良くないので21時半に就寝した。

早朝4時までは熟睡。そこでトイレで起きた。トイレ後はまた寝てしまった。朝7時前にApple Watchの通知で目を覚ましたが、そこでは起きず、ウトウト寝ていた。8時前の通知でようやく目が覚め始め、起床をした。

朝は洗濯をして、朝食を食べ、部屋を掃除した。調子は悪くなかった。映画のBlu-rayを見るかと思い、「スノーホワイト」という映画を見た。ただ、あまり面白くはなかった。

映画を見終わってからトイレに行き、その後レビューを書いていた。描き終わったら12時半。服を着替えて中華料理店に昼食を食べに出かけた。時間が少し遅かったので、店は混んでいた。

食事後スーパーに行き、夕食のおかずを買って帰った。午後は家にいたが、お腹の調子が悪く、トイレに何回か駆け込んだ。なので午後は何もしていない。ネットで「スノーホワイト」の他者のレビューを見たのみである。

映画「スノーホワイト」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、SNOW WHITE & THE HUNTSMAN(Blu-ray)/スノーホワイト/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。 グリム童話の「白雪姫」を大胆にアレンジしたファンタジー・アドベンチャー映画になっているが、期待したほど面白くはない。白雪姫を演じるクリステン・スチュワートがコレジャナイ感が強いし、狩人を演じたクリス・ヘムズワースも、なんかマーベル・コミックの「マイティ・ソー」のイメージが強すぎて印象薄いしで、今一つの出来になっている映画である。ただ、アメリカでは興行収入一億ドルを突破し、続編まで作られているので、ヒットはしたのだろうなと思う。全体的に印象に残らない映画で、オリジナルを当然ながら超えてはいない。映像はそれなりに魅力的だが、サラウンドが効果は出ているのだが迫力に欠けるのも映画が面白くない要因の一つだと思う。

2018年4月21日土曜日

クラウドファンディングで入手したiPhone用非接触充電器が怪しい動きをする

2018年4月17日の記事で、クラウドファンディングで入手したFunximの非接触充電器のレビューを書いている。その後、使用を続けてみて、ちょっと不安になった部分もあるのでそれを書いてみたい。まず、Apple Watchの充電ケーブルを装着すると、Apple WatchとiPhoneが同時に充電できる、とあるのだが、そのApple Watchの充電が不安定である。ケーブル自体はApple純正なので問題ないはずだが、非接触充電器の回路がおかしいのか、充電器に乗せているのに、途中で充電が解除され、また充電を開始するという動作を繰り返している。その度に充電器に乗せた時の通知音である「ピーン」という音がなるので、なんか信頼性に欠ける。また、iPhoneのバッテリー残量が25%の時に充電を開始したところ、充電を確認するLEDインジケーターが点滅を繰り返していて、何かがおかしかった。その時点では充電はされていたのであるが。中華製でクラウドファンディングの製品なので、製品の安定性に欠けるような気がする。日本でも販売を開始するようであるが、FunximのX8というPadを見かけても、購入には注意を要したほうがいいかと思う。僕はリスクがあるので使わないようにし始めたところである。

2018年4月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩、キャナルシティで夕食をとった後、コーヒーショップでネットを見て時間を潰していた。映画が20時20分開演なので、1時間以上暇だった。コーヒーショップもガラガラで、1時間以上居ても文句は言われなかった。

映画館は大変混んでいた。映画「レディ・プレイヤー 1」は面白い映画だった。80年代に青春を過ごした身としては、その時代のポップカルチャーが登場するたびに「あるある」とうなずいていた。

映画が終わったのは23時前。それから家に帰って、入浴をし、ちょっとネットを見てから寝たのは1時だった。流石にすぐに眠れた。

夢は見た。電車内でおばさんにスマホを使っているのを咎められる夢である。土曜なので朝、ゆっくり寝ていようと思ったが、身についていたApple Watchの通知が7時前に来てしまい、そこで目覚めてしまった。睡眠時間6時間はちょっと辛い。

朝は洗濯をして、朝食を食べ、それからネットを見ていた。輸入盤Blu-rayの発売日チェックをしていた。寝不足なので体が重い。

気力がないので、ネットを見るのは諦めて、10時から1時間ウォーキングをした。暖かいので、ウォーキングで汗をかいた。気力的にはあまり歩きたくなかったが、歩いているとだんだん体がほぐれて来た。

その後、ショッピングモールに行き、早めの昼食をとった。そのショッピングモールで焼酎のサンプルを配っていたので、もらって来た。そのうち飲むと思う。

家に帰って来てから、昼寝を2時間した。それだけ寝ると、体調はだいぶ復活する。トータルで8時間睡眠になったからである。

起きてからコーラを飲んで、その後洗濯物を片付けた。面倒臭かったが、無事洗濯物をアイロン掛けをし終えた。

2018年4月20日金曜日

映画「レディ・プレイヤー1」(IMAX 3D/ユナイテッドシネマ キャナルシティ13)

アーネスト・クライン原作の「ゲームウォーズ」をハリウッドを代表する映画監督、スティーヴン・スピルバーグが映画化したのがこの「レディ・プレイヤー1」である。2045年の荒廃したアメリカの現実と、仮想空間「オアシス」を交互に描きながら、「オアシス」の管理権を巡って、世界中の人々が競争するのがこの物語の骨子になっている。原作ものの映画化だが、原作に登場するキャラや音楽、映画、ゲームなどの権利の関係で、映画の展開は原作とは異なっている。スピルバーグが監督したせいか、80年代の映画をネタにした展開が多いようにも思う。もちろんそういう小ネタを知らないでも、物語は楽しめるのだが、80年代に青春を生きて来た身としては、この小ネタはかなり物語上楽しめる要素だったと思う。ネット上で散々書かれたガンダムもクライマックスで奮闘。なかなか燃えるシーンだったと思う。原作では分かりづらかった敵の存在も映画化に当たって分かりやすくなっており、勧善懲悪的だったと思う。IMAX 3Dの映像はフルサイズのシーンはなかったものの、「オアシス」のシーンと、現実のシーンで差をつけ、現実の過酷さを分かりやすくしている。音響も素晴らしい効果を発揮していて、5.1chのサラウンドがフルに鳴っていた。ゴールデンウィークに見るにはオススメの一本である。

2018年4月19日の睡眠と、20日の健康

昨晩は、ネットを早く見た。iPhoneの非接触充電はまあまあの速さだった。最初は5-6Wぐらいの速度で充電してたが、途中から3W程度に落ち着いた。75%充電するのに3時間半近くかかっている。

iPad Proの充電もしていたので、寝たのは22時半を過ぎていた。疲れていたのですぐに熟睡。朝5時までしっかり寝ていた。5時にトイレに行きたくなり、目を覚ましたが、結局寝ていた。

朝起きた時の気分は思ったほど悪くない。本来なら年休の予定だったが、上司の仕事の振り方のせいで年休を取り下げざるを得なかった。会社が終わったら映画を見る、という気分でいた。

会社に着いて、上司の指示のもと、統計資料を作り始めた。今日も一日中資料とにらめっこ。神経を使った。ただ、思ったほど疲れを感じなかった。週末なので、気楽な気分になっていたのかもしれない。

結局16時半にギブアップし、上司に現場でのまとめをして、解放してもらった。ため息をつくほど神経を使っていた。

休憩時間に映画館の空席情報を確認していた。スピルバーグ監督の「レディ・プレイヤー・ワン」を見たかったのだが、金曜の20時20分の回は、結構混んでいた。劇場招待券を使いたかったので、ネット予約はできない。劇場窓口でチケットを交換するしかないので、じりじりと神経を触っていた。

定時で会社を後にし、映画館の入っているショッピングモールに向かった。幸い、映画館のチケットはなんとか確保。それで、まずビールと夕食をとった。その後、開演時間まで時間があるので、コーヒーショップでネットを見ているところである。

2018年4月19日木曜日

2018年4月18日の睡眠と、19日の健康

昨晩、家に帰ってきてから、まずビールと晩御飯を食べた。喉が渇いていて、洗濯物を片付ける気力がなかったのである。ビールで喉を潤し、ご飯で力をつけ、デザートにイチゴを食べ、栄養を満遍なく取ってから洗濯物を片付けた。

ネットはその後に見たが、早く帰ったので結構ゆとりがあった。入浴も早く、入浴後、時間が余っていた。ただ、疲労が激しかったので、MacBookには向かわず、ベッドに横になっていた。

寝たのは22時10分。朝5時まで熟睡だったと思う。佐野元春のライブを見に信州に行く夢は見た。そのライブは途中で中断し、帰宅しようとすると電車がない、という面白い内容だった。

会社に行って、「明日は年休をとります」と宣言した。だが、上司が今日中に、と言って指示してきた統計資料の作成が、終わらなかった。数字が全く合わないのである。ずっとツールをいじっていたが、どうしても数字が合わない。結局、気分悪いので、明日の年休を取り消した。疲れているので休みたいところだったが、このスッキリしない状態で休むのも気分悪い。

そう決めると、体が疲労感でいっぱいになった。緊張感も抜け、アカシジアが発症した。ロラゼパムを30分おきに4錠服用し、帰りの電車でようやく落ち着いた。

帰りの電車は混んでいて座れなかった。アカシジアが出ている中の立ち乗車はきつかったが、ゲームをやっていたら少しずつ解消していった。

スーパーでは、昼食と被らないようなおかずを買って帰った。家に帰って、iPhoneとiPadの充電を始めた。

SoftBank、PHSのサービスを2020年7月に停止

今日のネットニュースで知ったのだが、SoftBankとウィルコム沖縄が展開しているPHS事業を、テレメトリを除いた個人向け、法人向けサービス共に、2020年7月に停止すると発表している。つまり、事実上、PHSは2020年7月に消滅するわけで、一時期PHSをよく使っていた身としては、なんか寂しいものがある。僕は最初、お金がないからPHSを契約していたのだが、意外と電波が飛ぶのに驚いた記憶がある。PHSだから電波が届きませんでした、という言い訳があまり使えなかったのである。僕はDDIポケットからWillcomに至る会社と契約していたのであるが、面白かったなと思っている。インターネットを携帯で見られる「京ぽん」という機種を買ったりして、過去からモバイルを実践していたと思う。ただ、Willcomが経営破綻してからは、「この会社ではもうダメだ」と思うようになり、携帯電話会社と契約したりしているが、結局今は、格安SIMの契約と、やっていることはPHS時代と変わりない。どう安く契約して、ネットをフルに使うかに腐心しているところである。まあ一時代は終わったというのが実感である。モバイルの革新がどこまで続くのかは、今後も色々情報集め、場合によっては自分で確かめたりしたいと思う。

2018年4月18日水曜日

2018年4月17日の睡眠と、18日の健康

昨晩、夕食後にネットを見ていたが、かなり疲れていた。入浴をして、再度MacBookの前に座ったら、体がだるかった。起きている気力もないので、22時10分には就寝した。

睡眠は5時ぐらいまで熟睡。そこでトイレで起きた。布団がベッドから落ちていたこともあり、再度寝たが、なんか寒かった。

朝の気力は全くない。とりあえず洗濯をして、朝食を食べ、週末の映画館のスケジュールを確認していた。

会社に行って、まずは雑務をこなした。その後、統計資料を作っていたが、気力がないので頭が全く回らず、アイデアも浮かばなかった。

とりあえずできた部分だけを課長に見せて、アドバイスをもらう。その後、作業に復帰したが、頭が回らないので、途中でやめていた。あまりの疲労ぶりに、今日はフレックスで早く帰ることを上司に告げた。

昼食後もしばらく頭は回らなかったが、だらだらしていたら少しだけ回復したので、その時間だけ、統計資料を作っていた。なんとなく形になってきたので、少し安心する。

16時半にフレックス退社。疲労が帰りの徒歩にも影響し、歩くこと自体が嫌になっていた。なんとか地下鉄に乗り込み、家にヘトヘトになりながらも帰った。

スーパーでは、いろいろ食材を買う。露地物のイチゴが安くなってきていたので、それを買った。デザートにビタミンCを摂取するのも悪くないと思っている。

2018年春の福岡のスギ・ヒノキ花粉は例年の2.7倍飛散

今日夕方のNHKニュースを見ていたら、天気予報で、今年の春の福岡のスギ・ヒノキ花粉の飛散量の総括を放送していた。ニュースによると、2018年春の福岡のスギ・ヒノキ花粉の飛散量は例年のなんと2.7倍に至っているそうである。そして、スギとヒノキの飛散量の割合は、2:8でヒノキの方が圧倒的に多かったとのこと。それだけ飛散したのは、去年の夏の気温が暑かったことが原因として挙げられるということで、今年の春の花粉はしんどかったと思う。スギ花粉の時期にはそんなに大したことないと思っていたのだが、ヒノキ花粉が大飛散が予想外だった。目は痒いし、部屋の中に花粉が入り込んでなかなか除去できないしで、かなり厳しかったと思う。福岡ではヒノキ花粉も終了期に入っているので、ようやくシーズンが終わるということで、ホッとしているが、まだ完全に終了していないので、少し用心は必要である。

2018年4月17日火曜日

2018年4月16日の睡眠と、17日の健康

昨晩、家に帰ったのは普段より30分遅かった。夕食も30分遅いし、ネットを見たのも30分遅かった。ただ、水曜に洗濯物にアイロンかけをしていると比較すると、たいして変わりはしない。

入浴も遅かったのもあって、寝たのは22時半だった。睡眠はちょっと足りない。不愉快ではないが夢を見たし、明け方眠りが浅かった。起きた時も眠くて、頭がぼやけていた。

会社に行き、まず雑務をこなす。その後、統計資料を作っていた。早くも疲れが出ていて、頭が回らないので、なかなか作業は進まなかったが、なんとか先に進んでいった。

午後になると、さらに気力が萎えて、統計資料を作りたくなくなった。無理して作っていたが、頭の回転はほぼ止まっていた。

昼間に会社のPC管理ソフトのバージョンアップが自動で来ていたのだが、プログラムのダウンロードに失敗していた。そして、帰る間際になって、再び自動でアップデートが来て、またダウンロードに失敗していた。早く帰りたいのにこれではどうすることもできないと、情報部門に対策を電話で聞いて、とりあえず今日はアップデートしないことにして、PCをシャットダウンした。

昼から雨がしとしと降っていて、帰りも降っていた。今日もコンビニでおかずを買って家に帰った。家に帰るとホッとする。

クラウドファンディングで入手したFunximのiPhone用非接触充電器のレビュー

2017年12月13日の記事で、KickStarterのクラウドファンディングで、iPhone 8、8 Plus、X用の非接触充電器に対して、投資をしたことを書いている。開発、製造を行う会社はFunximという中国の会社で、圧倒的投資によって、開発、製造、販売が可決している。当初2018年1月発送予定だったが、中国の春節や多数の申し込みがあったためか、発送は遅れに遅れ、手元に届いたのは2018年4月6日だった。届いたので、色々準備をして使用してみたので、そのレビューを書いてみたいと思う。まず、iPhoneとApple Watchを同時に充電できる、という触れ込みだが、Apple Watchを充電するには0.3mか1mの充電ケーブルが別途必要である。手元にあったApple Watch用の充電ケーブルは、長すぎだったので、Appleから別途購入をせざるを得なかった。さて、本題のiPhone Xの充電だが、動作はきちんとする。ただし、宣伝文句にある80%の高効率で充電というのは、実際はできていない。iOS 11.2以降は7.5Wの高速非接触充電に対応しているとのことだが、これが業界標準のQi(チー)に対応していないので、実際は5W以下の充電になっている。MacBook用のバッテリー管理ソフト、CoconutBatteryで充電電力を見ると、3-4W前後での充電になっているようである。なので急ぎの時にはお勧めできない。夜、寝る時に充電器の上に置いておくというのが使い方のスタイルになると思う。急ぐ時にはiPhone付属の有線ケーブル&充電器か、USB Type-Cと12W電源アダプターで充電する方が確実である。ただ、ケーブルをつなく必要もなく、ただ、充電器の上に置いておくだけというのは、心理的に楽である。それがこの非接触充電器を使うかどうかの分かれ目になると思う。

2018年4月16日月曜日

2018年4月15日の睡眠と、16日の健康

昨日の夕方、ネットをMacBookで見た後、意識的にiPhoneのバッテリーを使っていた。クラウドファンディングで手に入れたQi対応の非接触充電をテストして見たかったからである。しかし、売り文句である電源効率の良さはよくわからなかった。あまり早いスピードでは充電されないのである。

夕食は少し軽めになった。単にビールのつまみが少なかっただけだが。カレーを食べたので満足していた。

入浴は早かった。その後、ネットでちょっと調べ物をしていた。それで22時には就寝した。

睡眠はまずまず。夢は見たが、精神的に動揺を与えるものではなかった。朝はアラームが鳴る数分前に目覚めた。

会社に行き、最初に残った統計資料の公開を行った。これで作業する仕事は来月までない。上司が今日は出張でいないので気楽だった。

そのあと、2018年度に提供するように課長から言われている統計資料の作成を始めた。できるだけ手をかけないで作れないか考えているのだが、上司の要望を入れ込むと、手作業がどうしても発生する。毎月作業するので、面倒臭い気がする。何かいい方法はないものか。

午後、会議に出席。1時間の会議のはずが2時間も開かれ、予定が狂ったし、疲れた。定時後は組合もあって、早く帰れなかった。

ただ、急いで帰ったので、普段より30分遅れで家には帰れた。スーパーにもいかず、コンビニでおかずを買って帰った。コンビニも夕食どきのせいか、かなり混んでいた。

iPhone Xのバッテリーの使用時間とスタンバイが同じになるトラブルはiOS 11.3でも再現

4月12日の記事で、「iPhone Xのバッテリーの使用時間とスタンバイが同じになる現象は、iOS 11.3で解消された模様」と書いている。その記事の結びで、「もし再現したら手の打ちようがない」とも書いている。しかし、昨日の日曜日、バッテリーの使用時間とスタンバイが同じになってしまったのである。つまり、再発である。普段と変わったことをやったことといえば、iPhone Xを非接触充電してみたことと、最近珍しく連絡のなかったLINEの通知を受けて、アプリを開いたこと、まだ95%の電池残量がある中でMacBookにケーブルでつないで設定を確認したぐらいである。気になっているのは、バッテリー残量を気にするあまり、設定アプリを立ち上げた状態でそのままいることぐらいだろうか。一時的な解決策は見つけてある。強制再起動である。iPhone Xの場合、音量UPボタンを押して、音量DOWNボタンを押して、再度ボタンを長押しである。それで一時的には解決する。しかし、根本解決ではないので、またいつ再発するかわからない状況である。様子見するしかないのが現状である。

2018年4月15日日曜日

2018年4月14日の睡眠と、15日の健康

昨日の夕方、ネットを普段通りに見た。時間が余っていて、夕食はちょっと早めに取ってしまった。食後は泡盛を飲んでいて、その後実家に電話をして両親と話しした。両親は今週北海道に旅行に行くらしい。羨ましいと思う。

クラウドファンディングに出資したiPhone X用の非接触充電器が手元にあるので、昨晩試してみた。ただ、充電速度は遅い感じがする。また、いろいろテストして、記事に書きたいと思う。

寝たのは22時15分だった。朝5時までしっかり寝たが、そこでトイレに起きたら寝つきは悪くなった。僕が憎んでいる元上司が夢に出てきて、僕に指図するするので、ものすごい気分が悪くなった。

朝は眠くて眠くて、8時まで寝ていた。そこで起きて、洗濯、朝食、掃除を済ませた。映画を見ようかなと思ったが、集中力がないのと、お腹の調子がおかしいのでやめてしまった。

iPhone Xの非接触充電のチェックをしていたら、またバッテリードレインが始まってしまった。午後、チェックをしていたが、使用時間がスタンバイと同じ時間になりそうだったので強制再起動をかけた。

昼食は久しぶりにサブウェイのサンドウィッチを食べた。フードコートは、混んでいた。ショッピングモールで何か買おうかと思ったが、気分が晴れないのでやめにした。

午後はだらだらと何をするでもなくネットを見ていた。気力がなかった。

Mac用バッテリー 管理ソフト、CoconutBatteryの有料版を購入する

僕はMacBook Pro用のバッテリー管理ソフト、CoconutBatteryを使用している。MacBookのバッテリーの管理というより、充電中のiPhoneのバッテリー充電状況をチェックするのに利用していることが多い。そのCoconutBatteryだが、基本的にはカンパウェアなのだが、CoconutBattery Plusという有償アプリもある。CoconutBatteryの設定画面でライセンスを購入して登録すると、Plusになるというものである。大きな違いは、iPhoneやiPadなどの充電状況をWi-Fi経由で知ることができるため、MacBookに接続しなくても直接電源に接続して充電する状況でもバッテリーの状態が管理できる、というものである。今回、物は試しにとこのPlus版を購入してみた。価格は$11なので1200円ぐらい。そんなに高いものではない。登録をすませると、充電中じゃなくてもiPhoneやiPadのバッテリー状況がMacBookで確認できるので、便利である。今、非接触充電を試しているのだが、その際の充電状況を確認するのには利用できそうである。非接触充電は、別途記事を書きたいと思う。

2018年4月14日土曜日

2018年4月13日の睡眠と、14日の健康

昨日は夕方早く家に帰ったので、夕食は早かった。18時すぎには終わっていた。食後、疲れたので泡盛を少し多めに飲んでネットを見ていた。夜には宅配便でネット通販したケーブルが届く予定だったが、それが結構早かった。19時半には届いていた。iPhoneとApple Watchを非接触充電できる充電器用のケーブルで、早速設定した。ただ、使うのは日曜になりそうである。

入浴は早く、その後のんびりしていた。寝たのは早く22時15分だった。朝4時までよく寝たと思う。そこでトイレに起きたら、寝つきが悪かった。何回か目覚めたが、それでも7時半まで寝ていた。

睡眠時間が長いので、起きた時の気分は悪くないし、疲れもなかった。洗濯をして、朝食を食べ、それから輸入盤Blu-rayの発売日チェックをしていた。

今日は歯医者に通う日なので、9時半ぐらいから色々支度をしていた。天気が良くないが、雨はまだ降っていなかった。ただ、危ないので傘を持って出かけた。歯医者は30分で治療が終わった。

昼食までの時間が早いので、スーパーに行って、昼食用の弁当と夕食のおかずを買ってきた。家に着くと11時で、早いが昼食を食べてしまった。

AVアンプでイマーシヴなサウンドの映画を見たかったので、昼食後、アクション映画を見た。土曜に映画を見るのは珍しいが、そこそこ楽しんでいた。

映画を見終わったらレビューを書いていた。ちょっとレビューを書くのに疲れた。その後、午後のコーラを飲んで、洗濯物を片付けていた。それからゴールデンウィークに行く沖縄のことを少し調べていた。

映画「エンド・オブ・キングダム」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、LONDON HAS FALLEN(Blu-ray)/エンド・オブ・キングダム/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。大ヒットをした「エンド・オブ・ホワイトハウス」の続編なのだが、配給会社がSONYからUNIVERSALに変わっているという変な状態の映画である。ストーリー的には後には何も残らないその場限りのアクション映画ではあるが、この輸入盤Blu-rayはdts:Xによるイマーシヴ音響で収録されているので、その再生環境があると、映画の面白さがワンランク上がる。アクションシーンにおいて、音に包み込まれる感覚が素晴らしく、自分が映画の中にいるような感覚が味わえるので、ストーリー的には凡庸だが面白さは強調されるきらいがある。映画本編のストーリーは、アメリカの正義を強調しすぎの感じはする。トランプ大統領の主張と同じ匂いのする映画だと思う。それと主人公マイクが無敵すぎでテロとの戦いもハラハラ感は少ない。マイクが勝つことが明確すぎるからである。映画の評価はかなり低いが、何も考えずにアクションシーンだけ楽しむにはそれなりに楽しめる映画である。

2018年4月13日金曜日

2018年4月12日の睡眠と、13日の健康

昨晩、ネットを見ていたが、体がだるかった。疲労が溜まっている感じだった。ネットは普段通りに見て、入浴をして、22時15分には就寝してしまった。

睡眠は若干質が悪い。明け方何度か目覚めた。朝起きた時の目覚めは悪くなかったのだが、会社に行ったら、頭が回らないことに気づいた。

頭が回らないので、統計資料の作成がほとんどできなかった。考えることができないので、こういう作りにしようとか、と言ったような思考力が失せていたのである。

それでもお試し版を作り、上司に見せた。すると上司からアドバイスが帰ってきた。ただ、午後はもう頭が全然回っていないので、何もできなかった。

午後は雑務だけこなし、あとはぼーっとしていた。疲れたのと、朝早く出社しているのもあって残業時間が増えていたので、今日は16時にフレックス退社をした。

帰りも頭が回っていなかったので、ブログのテーマを考えるのも億劫だったが、なんとか興味のあった記事は見つけ出した。

家に着いたのは17時半で、食事には早かったが、ビールを飲みたくて、早めに食事をしてしまった。ビールを飲んだので少し思考力が戻った。今日はネット通販の品物が届く予定なので、しばらく待ちそうだが、それはそれとして、週末はのんびりしたい。

AppleのHomePod、売れ行き不振

今年の2月にアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売を開始したAppleのスマートスピーカー、HomePod。その売れ行きが不振と言われている。発売後10週間のシェアは10%ということだが、3週間後の週間シェアはわずか4%だという。販売店でも1日に10個未満しか売れていなくて、生産を下方修正しているという話まで飛び出す始末である。元々後発なので販売には厳しいところがあるのに加え、機能がAmazon EchoやGoogle Homeにも劣っているし、価格が高いというのも原因のようである。僕も日本で発売されたら買おうかな、と以前書いたこともあるが、ここまで悲惨な状態だと、購入にも躊躇する。少なくとも日本で発売される際にはradiko対応をしないと、まず売れないと思う。radikoというコンテンツの威力はかなり大きいと個人的には思っている。Spotifyの対応もできればしてほしいが、Apple Musicのライバルなので対応はしないだろうと思う。まあ、様々な理由からか、日本での発売は未だ未定なので、当面Google Homeでスマートスピーカーを堪能する状態である。意外とSpotifyの無料シャッフル再生が知らない曲も聴けていいのである。

2018年4月12日木曜日

2018年4月11日の睡眠と、12日の健康

昨晩は夕食後、洗濯物にアイロン掛けをしていた。2日分のシャツとハンカチ程度なので、そんなに時間はかからなかった。その後ネットを見て、入浴したのは21時。入浴後は気力が失せていて、22時15分には就寝した。

睡眠の質はそこそこだと思う。ただ、4時にトイレで起きてしまってからは、寝つきが悪かった。朝の気分はそんなに悪くない。

会社に行き、統計資料の作成を続けた。昨日問題が解決したと思っていた統計データだが、正確に確認すると、データ値が違っていた。それを解決する策を探したのだが、見つからなかった。

午後までそんな作業をしていて、15時から会議に出た。小1時間会議を行い、終わった時にはヘトヘトになっていた。もう何も考えたくなかった。休憩室でお茶菓子とコーヒーを飲んで休憩し、その後も仕事はしなかった。

定時ごろは疲れがピークに来ていた。家に帰る時も意識が半分飛んでいた。電車で座ってiPhoneでネットを見ていたらようやく回復してきた。

スーパーで夕食のおかずを買い、家に帰ってご飯を食べたら、体がリラックスモードになってきた。

iPhone Xのバッテリー使用時間とスタンバイが同じになるトラブルはiOS 11.3で解消の模様

2018年2-3月にかけて、iPhone Xのバッテリーの使用時間とスタンバイが同じになって、バッテリーが異常消費するというトラブルに見舞われている。その際には解決策として、ネットワーク設定のリセット、iPhone Xを新しいiPhoneとして初期化、iCloudのOFF/ON、などを試してきて、一時的には解決するのだが、結局トラブルに戻っているという事態に陥っていた。iOS 11.3のベータ版を試したユーザーからは、iOS 11.3にアップデートすればトラブルは解決するとネット上で発言していたが、確証は持てなかった。iOS 11.3が正式リリースされたのは3月30日で、その日の夜にアップデートしている。その後、約2週間iPhone Xを使用してきて、トラブルになりそうなiCloudを経由するメモの使用や、iMessageの使用などもしてきた。しかし、今回は流石にバッテリーの使用時間とスタンバイは同じにならず、異常消費もなさそうである。なので、iOS 11.2.6でバッテリーの異常消費に見舞われている人は、iOS 11.3にアップデートすることをお勧めする。まだ、最終確定はできないが、おそらく問題は解決で決着すると思う。まあ、この記事書いた後でトラブル再発すると、手の打ちようもないのだが。

2018年4月11日水曜日

2018年4月10日の睡眠と、11日の健康

昨晩、iPhoneの充電をしてから、バッテリーの消費度合いを確認していた。予想に反して、バッテリー漏れはしていなかった。iOS 11.3にあげたのが理由かどうかは知らない。ただ、iCloudを使っても異常は起きなかったことになる。iOS 11.2.5-6あたりの異常はなんだったか分からないが、とりあえず正常である。

入浴後、疲れたので22時15分に就寝。途中何度か目が覚めたような気がしているが、結構寝ていたらしい。朝はアラームがないと起きれなかった。

洗濯をしてから会社に出社。メールを見ると、また企画部長から統計資料の修正を指示され、「めんどくさい...」と思っていた。仕方なく修正し、返信をした。

その作業もあったので、他のいくつか細々した作業もついでに行った。疲れが溜まっていたので、軽い作業を処理していた。

その後はまた統計資料の作成。なかなか課長の指示通りの資料ができなくて、ストレスが溜まり、頭の回転が悪くなっていた。

午後、疲労が溜まって頭が動かなくなったので、別の統計資料を作った。そちらは定型業務なのであまり考えずに済む。

それが終わって、また元の作業に戻った。夕方近くに意図した形にデータが加工でき、「やった」と思った。そこで疲れがピークに来たので作業はやめて休憩していた。

定時で帰宅。帰りの電車も混んでいるが、途中で座れた。アカシジアも出なかった。スーパーで夕食のおかずを買い、家に着くと気楽になっていた。

タニタの食堂、秋田から撤退 薄味が敬遠される

今日のYahoo!ニュースで面白い記事を見かけた。低カロリー、減塩の食事で話題を集め、各地に店舗を展開しているタニタの食堂だが、なんと秋田では撤退をせざるを得なくなったという。開店当初は客も入っていたのだが、だんだん売上が落ちるようなってしまい、撤退せざるを得なかったという。どうもその原因は減塩にあるようである。タニタの食堂を訪れた秋田の人は、「減塩が味が薄くて馴染めなかった」と発言している。秋田では昔から味の濃い、塩分の強い料理が普及しているため、タニタの食事では満足できなかったのでは、というのが専門家の見解である。なるほどな、と思った。僕はタニタの食堂は行ったことはないのだが、ごく稀にタニタの作ったプリンを食べることがある。低カロリーなので安心して食べられるのだが、量が少なく、ちょっと満足感が少ない気もしていた。昔ながらの味に慣れてしまうと、タニタのような健康食は体に合わないのかもしれない。タニタも「地域に合わせた味作りは今後していく」と発言しているので、健康食ながら地域にあった美味しい食事を出してくるのではないかと思う。まあ、でも一回ぐらいはタニタの食堂に行ってみたいものである。

2018年4月10日火曜日

2018年4月9日の睡眠と、10日の健康

昨晩は、普通通りにネットを見ていた。音楽にiTunes Matchで自分の持っているアルバムをかけていたことが、最近の行動とはちょっと違うことぐらい。

入浴後、薬を飲んだら疲れがどっと出た。眠いので22時には就寝した。睡眠はまずまずだが、深夜3時半にトイレで起きてしまった。トイレ後、また寝たがその後の睡眠も深かった。

朝は起きたくなかった。気力はない。それでも会社には行った。午前中から販売統計の資料作り。2018年度版の資料の構成をあーでもない、こーでもない、と悩みながら考えていた。それは上司に一旦確認する16時ぐらいまで続いた。

午前中は会議があったので、途中作業は中断。午後も疲れたので途中休憩を入れた。それでも上司に相談した後は、疲れが出て何もしたくなかった。それでも焦りみたいなものはあり、メールや隣の人から相談された事項に対して対応していた。

定時には切り上げる。疲れで頭が飽和状態で家に帰った。午前中、iPhoneのバッテリー異常消費の原因になりそうな操作を意図的に試してみたのだが、どうも再発しそう。午後、バッテリーの減りが少し早かった。逆を言えば、iOS 11.3のインストールをした12日前から今日まで、そのアプリは使用しなかったことになる。

iOS 11.3でウィジェットの天気予報が正常に表示される模様

2017年9月23日の記事で、「iOS 11ではウィジェットの天気予報がうまく取得できない」という内容を書いている。やはり気になる人も多いのか、アクセス数は割と多い。この時の記事では、「フィードバックはかけておくが、多分修正されないだろう」と結んでいる。これはiOSのバグな訳だが、先日公開されたiOS 11.3にて、このバグは修正された模様である。実はiOS 11.3にアップデートした後もウィジェットを見ることがほとんどなくて、確認していたわけではないのだが、リリースノートにこのバグの修正が載っていたと思う。それで、今日時間をあけて何回か試してみたところ、正常な位置情報で正常な天気と気温が表示されていた。前は同じ位置で時間だけ変えて表示させてみても、正しい天気は表示されなかったのだが、今日の表示は正常な感じだった。なので気になる人でiOS 11.3にアップデートしていない人は、アップデートすべきだと思う。iOS 11.3の目玉はバッテリーの消耗度合いがわかるところにあるのだが、微妙なバグフィックスも多いので、アップデートして損はないと思う。

2018年4月9日月曜日

2018年4月8日の睡眠と、9日の健康

昨日の夕方は、16時からネットを見て、17時にご飯を炊き始めた。なんか仲村清司氏の本を読みたくなり、手元にある本を読み返していた。

体がだるいので、夕食をとり、炊いたご飯が冷えるまでの間は起きていたが、あとはベッドでゴロゴロしていた。なんとか入浴もして、ラジオを聴きながらベッドに横になっていたら、寝落ちしていた。幸い22時10分にはいったん目を覚ましたので、AVアンプや部屋の電気を全て消して、再度就寝した。

睡眠は日曜の夜にしては熟睡だったと思う。佐野元春にサインをもらう夢は見たが、あとは意識がなかった。5時過ぎにトイレに行きたくて目が覚めたが、また寝てしまった。

朝の気分はあまり良くない。月曜の朝なので憂鬱である。会社に通勤する時の音楽もスローテンポの曲で始めた。

会社に着いて、メールを見るとまた面倒臭い内容が届いていた。2018年度の販売計画の数字が前に作ったデータと、計画の数字とで違うと指摘されたのである。まあ、2018年度は課長からも統計資料を作り直しと言われていたので、渋々ながら指摘の部分をチェックし始めた。それは今日1日かかる作業になってしまった。

休憩もあまり取らないので、疲れが溜まっていった。午後は軽いアカシジアが出た。ロラゼパムを服用し、ちょっとiPad Proでゲームをプレイして気晴らしをした。幸いすぐにアカシジアは収まったので、作業を続行させた。

定時ギリギリまで作業は続き、定時で切り上げた。残業してまでやる仕事ではない。帰りはまたアカシジアが出ていた。辛い状態の中、家に帰った。ビールを飲んだら、ようやく落ち着いた。

佐野元春、新作「自由の岸辺」初回限定DVDにビルボードライブ東京の映像を収録

佐野元春のセルフカバーアルバム「自由の岸辺」は5月23日にリリースされる。この作品には初回限定版としてDVDが同梱されたものが発売されるが、そのDVDの内容がHMVのサイトで明らかになった。全5曲収録で、「夜に揺れて」、「ハッピーエンド」は、ミュージックビデオなのだが、「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」、「ブルーの見解」、「僕にできることは」の3曲は、2017年11月29日のビルボードライブ東京でのライブ映像が収録されるとのことである。佐野元春のビルボードライブはこれまで何回か開催されているが、今まで映像化したことは雪村いづみとのコラボ曲「トーキョーシック」だけだったので、今回3曲だけとはいえ、DVD化されるのは意義があることだと思う。まあ、地方のファンのためにどこかの公演をDVD/Blu-ray化してもらえれば本当は一番いいのだと思うのだが、それでも今回の「自由の岸辺」、初回限定版がかなり注目になったと思う。

2018年4月8日日曜日

2018年4月7日の睡眠と、8日の健康

昨日の夕方、佐野元春のライブビデオを見てからネットを見た。17時からネットを見て、終わったのが18時。いつもの土曜日と同じ時間に夕食をとることができた。

両親は旅行に出かけているので、昨晩は実家に電話しなかった。泡盛を飲んだ後、録画していた「ベストヒットUSA」という番組を見た。佐野元春がゲストで出ていたからである。

その後、入浴をして、「アド街ック天国」をだらだら見ていた。体がだるいので、22時には就寝。熟睡ができて、よく寝たと思う。明け方トイレに行きたくて少し目覚めたが、基本的にはしっかり睡眠がとれたと思う。気がついたら7時を回っていた。

起床後、洗濯をして、朝食を食べ、部屋の掃除をした。だいたいこれで1時間。その後コーヒーを飲んで目を覚まし、映画のBlu-rayを見た。せっかく新しいAVアンプを買ったので、DOLBY ATMOS対応の映画を見ようと思って、「ボーダーライン」という映画を見た。なかなか面白い映画だったと思う。

映画を見終わってからはレビューを書き、その後昼食を取りに出かけた。今日もちょっと寒い。冬の格好をして出かけた。昼食に皿うどんを食べ、スーパーで夕食のおかずを買って家に戻った。

家では先々週と先週にiPhone Xで撮影したビデオをiMovieで編集し、YouTubeにアップロードした。まあ見る人は少ないと思う。単なる自分の好奇心のみである。


その後は椅子に座ってMacをいじるのもだるいので、ベッドに寝っ転がってiPadでネットを見ていた。途中でお茶菓子を食べ、洗濯物を片付け、ご飯を炊く準備をした。

映画「ボーダーライン」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、SICARIO(Blu-ray)/ボーダーライン/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。「メッセージ」や「ブレードランナー2049」の監督を務めたことで知られるドゥニ・ヴィルヌーヴが、その名を一躍知らしめることになった映画がこの「ボーダーライン」だが、緊迫感漂ういい出来の映画になっている。物語はメキシコからの麻薬密輸を阻止しようとするアメリカ国防省の特殊部隊に配属されたケイトというFBI捜査官を中心に描かれているが、その背後にはアレハンドロという男が妙に印象に残り、この男がラストはメインになってしまうちょっと面白い構成になっている。メキシコというと、なんかあまり治安が良くない印象にあるが、この映画もそれを如実に描いていて、メキシコ自体が映画を形作る要素になっていると思う。今回、AVアンプを新調したのでDOLBY ATMOSで鑑賞したが、銃撃シーンなどでその空間表現力に素晴らしい出来を示している。ただ、意外と台詞のみのシーンも多く、その分銃撃シーンとの対比がはっきりしていると思う。

2018年4月7日土曜日

2018年4月6日の睡眠と、7日の健康

昨晩は、週末なのでリラックスしていた。ネットを見ながら音楽を聴いていた。入浴した時間はそんなに遅くなかったと思う。

寝たのも22時15分ぐらいだった。最初は熟睡だったのだが、深夜3時に目覚めてしまい、その後あまり眠れなくなった。寝ようとするのだが、意識がはっきりしてしまい、眠りに落ちない。「深夜3時に起きてもな...」と思いながらベッドに横になっていた。

なんとか朝6時までベッドの中にいて、そこで起きた。洗濯をして、朝食のパンを食べた。その後、溜まっていた郵便物に目を通した。

朝7時半からDVDを1本見た。寝不足で頭が重いのだが、日本語音声なのでなんとか見られた。それからレビューを書いた。

9時半に病院に通院のため家を出た。外は冬に逆戻り。寒かった。病院は妙に混んでいた。結構待たされたが、1時間とちょっとで薬を調合してもらうところまできた。

病院の後、マクドナルドで早めの昼食。その後、スーパーで夕食のおかずを買って帰った。

午後は昼寝を1時間半ぐらいした。ウトウト程度だが、結構効果はあったと思う。起きてからはジュースを飲み、お茶菓子を食べた。

その後、洗濯物にアイロンをかけ、佐野元春のライブビデオを見ることにした。1時間半の収録時間だというので、ネットを見る前に見てしまうことにした。

佐野元春 AND THE HOBO KING BAND「THE BARN TOUR '98 LIVE IN OSAKA」2018 REMASTER EDITION(Blu-ray)

佐野元春がハートランド解散後、新たに結成したTHE HOBO KING BANDとともにアメリカのウッドストックで録音をしたカントリーロックの名盤「THE BARN」。その「THE BARN」のリリース20周年を記念して制作されたのが「THE BARN DELUXE EDITION」である。マテリアルはアナログレコードとBlu-ray、DVD、写真集で構成されているが、その中のBlu-rayはかつてVHS、DVDで発売されていた「THE BARN TOUR '98 LIVE IN OSAKA」を可能な限り高画質、高音質化したものに仕上がっている。また、オリジナルのビデオではカットされてしまった「マナサス」を収録しているのも今回のポイントである。映像を見る限り、高精細という感じではないものの、VHSやDVDでは再現の難しかった色乗りの完璧さは、このBlu-rayで十二分に伺える。音質もBlu-rayの大容量の中、PCM 2.0chで収録していて、高音質を堪能できるようになっている。このライブは「THE BARN」のプロデューサーであるジョン・サイモンやTHE BANDのガース・ハドソンがゲスト出演していて、特別な一夜を演出したものになっている。収録時間が87分と長いので、当時のライブ構成がどうだったのか、その一端を垣間見ることができる。THE HOBO KING BANDが当時からジャム・セッションを得意としてきたのがよくわかる映像であり、見ていて心地よいものを感じるところである。できれば大画面のテレビとステレオスピーカーとアンプで見たいところである。

映画「NIAGARA:Miracles,Myths & Magic」(輸入盤DVD)

レビューの詳細は、NIAGARA:Miracles,Myths & Magic/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。IMAXフィルムで製作されたドキュメンタリー映画の一つで、DVDの初期にリリースされたものの一つ。7ヶ国語の音声トラックを収録し、日本語音声も入っているので、どこかのIMAXシアターか博覧会で上映されたものとは思われるが、映画情報サイトでは邦題の情報はわからなかったものである。北米最大の滝であるナイアガラの歴史について学べる内容にはなっているが、近年のBlu-rayでのIMAXシーンを含んだ劇場映画を鑑賞した後だと、画質の悪さは如何ともしようがない。また、サラウンドも5.1chではあるがDOLBY DIGITALなので音が薄い感じはする。かつては日本でも販売されていたDVDではあるが、多分今は入手困難であろうと思われる。できればBlu-rayあたりで再発して欲しいところだが、売れないので無理だろうと思う。

2018年4月6日金曜日

2018年4月5日の睡眠と、6日の健康

昨晩は、さすがに疲れたのであまりAVアンプをいじらないようにしていた。それでもデモ映像は通して見てみた。一部の動画はなぜかDOLBY ATMOS収録ではなく、PCM出力になってしまっていた。でもその解決策を探る気力はなくて、22時20分には就寝した。

睡眠は結構深かったようである。夢も見たのだが、iPhoneにインストールしたAutoSleepというアプリで睡眠状態を見てみると、5時間熟睡となっていた。それでも明け方トイレに行きたいのを我慢して寝ていたので、朝の気分はあまり良くない。たっぷり睡眠がとれているはずだが、調子は良くなかった。

会社に行き、朝から会議。1時間半と長いので疲れた。その後、ちょこちょこイントラネットをいじっていた。それも午前中で終わった。

午後はやはり眠い。ウトウト寝そうになる。夜の睡眠もたっぷりとっているはずなのに、まだ眠いとはどういうことか、自分でも不思議だった。

定時近くなると、疲れでアカシジアが軽く出ていた。ロラゼパムでとりあえず押さえておく。

定時で帰宅し、地下鉄の駅に着くと、若い女性二人が行き先の違う電車を待っていた。それを見ていたら、二人ともiPhone Xを使っていたので、珍しいと思っていた。幸い、帰りの電車は座れ、その間にアカシジアも収まったので、よかった。

iOS 11.3でパックマンが遊べない

タイトルは、「iOS 11.3でパックマンが遊べない」と書いたが、アプリとしてのパックマンが遊べないわけではない。実はSafariでGoogle検索で「パックマン」と検索すると、検索結果の一番トップにGoogleのイースターエッグで、Google仕様のパックマンのゲームが遊べるのである。迷路がオリジナルではなく、Google仕様な他は、普通のパックマンと同じ。アプリをインストールすることもなく、Safariを起動して「パックマン」と検索すれば遊べるので重宝していた。しかし、iOS 11.3に上げてから、Safariの仕様が変わったせいで、Googleのパックマンは遊べなくなった。画面に表示されるのだが、パックマンのコントロールをしようと指をスワイプすると、画面が動いてしまい、ゲームに反応しなくなってしまったのである。これが地味に痛い。ゲームをあまりiPhoneやiPadにインストールしていない僕的には、ブラウザゲームというのは重宝するところであり、ゲームをしながら音楽も聴けるので一石二鳥だったのだが、今後はそれができなくなってしまうことを意味している。iOS 11.3.1以降での修正に期待したいが、まあ無理っぽいかなと思う。

2018年4月5日木曜日

2018年4月4日の睡眠と、5日の健康

昨晩は少しだけ早く家に着いたので、夕食後、洗濯物にアイロンをかける時間もゆとりがあった。しかし、その後ネットを見ていたらまた佐野元春のインタビュー記事を見かけてしまい、それを読んでいたために入浴が遅くなった。

入浴後は、AVアンプのDOLBY ATMOSのデモ映像を見ていたので、寝るのが遅くなった。22時40分というギリギリ8時間睡眠を確保できるかどうかというタイミングで寝た。

睡眠は比較的熟睡だったが、奇妙な夢は見た。また、明け方布団をはいで寝ているのに気づき、布団をかけ直した。睡眠時間は8時間を少し切っていて、朝起きた時、疲労感が残っていた。

会社に行き、朝一番で販売統計の公表と、分析データを書いていた。その後、別の事業部の人からの要請で過去のデータを転送していた。

それが終わると、疲労感で何もしたくないので、ダラダラしていた。ただ、ダラダラも疲れる。時間が経つのは遅くて、疲れが溜まっていった。

午後になると眠くてしょうがなかった。居眠りをしかけたが、なんとか寝ずには済んだ。コーヒーを飲んでも目が覚めず、眠気は残っていた。

本日も定時で帰宅。ちょっと涼しくなっていた。帰り道に雨に降られたが、自宅近くまで戻ると雨は止んでいたのでスーパーで色々買い物ができた。

ハリウッド俳優のドウェイン・ジョンソンさんがうつ病との戦いを告白

ハリウッド俳優のドウェイン・ジョンソンさんは、今、一番売れている俳優ではないかと思う。かつてはプロレスラー、ロック様として人気だったが、今は俳優として成功している。そのドウェイン・ジョンソンさんがかつてうつ病にかかっていたことを告白し、大きな話題を集めている。ドウェイン・ジョンソンさんがうつ病になったのは、大学を卒業してプロのフットボール選手になって1年が経った頃だという。怪我のため、フットボールを諦めざるを得ない状況で、そのタイミングでガールフレンドとも別れてしまったのが原因だという。しかし、ドウェイン・ジョンソンさんにとってもっとひどい状況もあったという。15歳の頃、家の立ち退きを迫られた時に、母が道路に飛び出すのを思いとどめた状況だったという。今の彼からは想像もできない事件だが、結構苦労している人なんだなと思う。それよりも、こういう人生に成功した人が、過去には苦労を重ねているという話も、スターとしての山あり谷あり人生を見せられているようで、興味深い。もちろんそういう体験があるから、他人に対しても親切になれるという話になっていて、心強いものを感じさせる。まだまだ偏見の多い精神病だが、こういう有名人のカミングアウトが偏見を正す方向に行ければ、と思う。

2018年4月4日水曜日

2018年4月3日の睡眠と、4日の健康

昨晩は普段通りネットを見て、入浴した。入浴後、DOLBY ATMOSやDTS:Xのデモ映像を配布しているサイトを見つけたので、いくつか試してみた。それで寝るのが少し遅く、22時半になってしまった。

睡眠は熟睡だが、明け方5時ぐらいにトイレに行きたくて目が覚めた。ただ、眠い方が優っていたので、そのまま寝ていた。トイレが我慢できなくなった6時半に起床した。

週の半ばなので洗濯をしてから会社に行った。早起きしたので、洗濯も早く終わり、普段より早く会社に着いた。

午前中から午後の2時20分ぐらいまで統計資料を作っていた。最初に1つ作って、終わったのが11時。コーヒーの休憩を入れて、よせばいいのに2つ目の統計資料を作り始めてしまった。それで14時20分に完了した。

昼前には疲れたので作業を中断して、少し休憩を入れた。昼休みも休憩を入れるつもりだったが、佐野元春の「THE BARN DELUXE EDITION」の宣伝でTHE HOBO KING BANDのメンバーのロングインタビューを見かけてしまったので、ついつい読んでしまった。それで疲れは取れなかった。

統計資料を作った後、疲れでもう気力はなかった。5ちゃんねるを見ていたが、疲れは抜けない。帰って時間が経つにつれ、アカシジアも出てきた。

定時で帰宅し、アカシジアが軽く出ている中、歩いて駅まで行った。電車は空いた席を強引に座って帰宅。座ったのでなんとかアカシジアは楽になった。

自宅近くの駅に着いたら、霧雨。なので面倒になってコンビニで夕食のおかずを買って帰った。

OPPO、Blu-rayプレイヤーの新規開発を中止

昨日、ブログを書いた後でニュースを見て、ちょっと驚いたことがある。Blu-rayプレイヤーやDACコンバーターなどで定評のあるOPPO DIGITALが、Blu-rayプレイヤーの新規開発を中止する、と発表したのである。既存の機種の販売中止はしないし、過去の機種の保守も継続するとは言っているが、今後新機種が発売されることはないのだそうである。これにはAV機器の市場の規模の小ささが関係ある。ここ数年ホームシアター関連の市場は縮小の一途をたどっているという。日本にいると円盤中心の市場のためあまり感じないが、アメリカあたりだとストリーミング配信が中心になりつつあるようである。そのような中、巨額の開発費を投じてプレイヤーを作っても投資回収できないというのがその真相のようである。そうなると、4K UHD Blu-rayプレイヤーを提供する電機メーカーは限られてきてしまうが、そもそも4K UHD Blu-rayが普及するか不明なので、しばらく様子見かなと思っている。幸い配信ストリーミングではApple TVで対応済みなので、円盤がなくなっても映画は自宅で見られる。音質はBlu-rayに比べ落ちそうだが。

2018年4月3日火曜日

2018年4月2日の睡眠と、3日の健康

昨晩、はやる気持ちを抑えてDOLBYのサイトからDOLBY ATMOSのデモ音源をダウンロードした。USBメモリにコピーし、AVアンプで再生してみた。異様なリアリティはあるが、高さ方向の再現性は良くはなかった。それでも、ATMOSの魅力にとりつかれていた。

寝たのは22時20分である。睡眠は比較的熟睡だったが、変な夢は見た。朝も5時ぐらいに目は覚めた。トイレに行きたいと思ったがそのまま寝ていた。今日は会社の仕事があるので6時起床。眠たい。

会社に出社し、朝の朝会の準備と運営を行う。これが早く終わったので、統計資料を作り始めた。ただ、あまり集中して作るとアカシジアが発症するので、あまり根を詰めないようにしていた。

午前中で対外向けの資料と、対内向け資料を2つ、作った。そこで昼食。午後は仕事をしなかった。疲れるのが嫌だったからである。残りの作る資料は3つだが、1日に1つ作ればいいと思っている。

昨日作ったメーリングリストだが、やはり一部不備が指摘されたので、合間に修正していた。仕方ないとは思う。

午後になって、企画の課長が今更ながらまた資料作成の要求をしてきた。しかも今日中に、という。仕方なく資料を作り、その課長に提供した。

今日も定時で帰宅。今日はアカシジアが珍しく帰りも出なかった。穏やかな気分の中、家に帰った。

DOLBY ATMOSのデモ音源をDOLBYのサイトで入手

昨日の記事で、eBayでDOLBY ATMOSのデモBlu-rayディスクを買おうとして買えなかった、という話を書いている。その後半で、DOLBYのサイトからデモ音源のファイルがダウンロードできることまでは書いた。そのページは、Dolby Labs Websiteというページになっている。Windows版とMac版があるが、Mac版は単にダウンローダーのアプリをインストールして、Windows版と同じmp4ファイルをダウンロードし、USBメモリに保存するだけなので、Windows版のmp4ファイルをダウンロードして保存しても問題はない。ファイルがmp4なので、解像度はフルHDであるが、音質はDOLBY ATMOSではあるがDolby TrueHDコンパチーブルではなく、DOLBY DIGITAL PLUSコンパチーブルである。なので音質的にはBlu-rayより若干劣ると思われる。USBメモリに保存するので、AVアンプもしくはBDプレイヤーがUSBメモリを再生できることがポイントである。とりあえずデモ音源なので、リアリティはあるが、やはりスピーカーのセッティングの問題のせいか、高さ方向の再現性は悪い。フロントのリアリティは異常なくらいあるが、ちょっと残念である。それでもとりあえずDOLBY ATMOSのテストに無料で使えるのには、助かる面はある。他のサイトでもデモ音源はあるみたいなので、いくつかダウンロードしてみたい。

2018年4月2日月曜日

2018年4月1日の睡眠と、2日の健康

昨日、昼寝をしたにも関わらず、夕方の調子は今ひとつだった。ネットを見て、ご飯を炊き、ベッドで横になっていた。食事は普通に取れた。その後はアンプをいじっていた。DOLBY ATMOSの効果を確認していた。

入浴は早く、その後ダラダラしながら22時には寝てしまった。熟睡だったが、朝4時45分にトイレで目覚めた。小便が我慢できなかった。その後はまた寝てしまった。

朝は普段通り起床。朝食をとり、会社に向かった。会社ではメールに目を通し、確認事項をチェックし、それからファイルサーバーのアクセス権の修正と、メーリングリストの2018年度版を作り始めた。もちろん先週ある程度作っているので、今日は比較的楽。ただ、作ったリストをサーバーにアップロードするだけだった。

それでも終わったのは午後の14時半ぐらい。結構時間がかかっている。サーバーの処理がリアルタイムではなく、登録依頼すると1時間後に反映されるシステムのためである。新しいメーリングリストの作成と同時に2017年度版のメーリングリストは削除していった。古いのは使わなくても金を取られるから、早め消さないと。

その作業終了後、気力が失せた。アカシジアも出て辛かったので、何もしなかった。度々休憩室にこもりゲームをしていた。

定時になり帰宅。帰りの電車は座れた。休憩中にDOLBYのサイトでDOLBY ATMOSのデモ音源を配信しているを見つけて、家でダウンロードするのが楽しみになった。

eBayでPayPalが使用できない

この土曜日に新しいAVアンプを購入し、セットアップした。新しいAVアンプなので、DOLBY ATMOSや、DTS:Xに対応している。それで手持ちの映画でDOLBY ATMOS対応のBlu-rayをいくつか再生してみたが、セッティングが悪いのか、どうも高さ方向の音が出ない。それでebayでDOLBY ATMOSのデモディスクを探してみた。すると大体3000円程度で売っているセラーがあった。それを買ってみようと、PayPalで支払いを選択したのだが、なぜか、「Sorry, this payment option isn't available.」と出て物が買えなかった。原因がわからず、PayPalに問い合わせの電話をしたが、PayPal側に異常はない様子。PayPalの他にもクレジットカード支払いにも受け付けるとあるが、売り手がタイなのでクレジットカードを使うのは躊躇していた。昨晩、それで買えなくて、今日も昼休みに試してみたのだが、やはり買えなかった。それで調べているうちに、どうも売り手の信用が少ないとPayPal側でプロテクト機能が働くのでは、という情報を見かけた。確かにタイから購入するのはリスクがある感じはする。そんなことを調べているうちに、DOLBYのサイトでmp4のDOLBY ATMOSデモ映像を配信しているのがわかったので、こちらはただとばかりに今、ダウンロードしている最中である。これで自宅環境のDOLBY ATMOSの状態がわかるようになる。

2018年4月1日日曜日

2018年3月31日の睡眠と、4月1日の健康

昨日の15時半に注文していたAVアンプが届いた。それからすぐに開封し、今まで使っていたAVアンプから機器類のHDMI配線やスピーカー配線を繋ぎなおした。だいたい再生できるまで1時間かかっていた。

機器類の再生テスト中に実家から早い電話があった。テレビに映像を映しながら、両親と話をした。その後もいくつかテストをした。DOLBYイネーブルドスピーカーだと、やはり高さ方向の移動感が少ない。ただ、フロントのサラウンドは妙にリアリティあった。

18時に夕食をとり、その後、ようやくネットを見た。だいたい1時間ぐらい。Apple TVで音楽を聴きながらネットを見ていた。その後、入浴し、またAVアンプのテストをしていた。

寝たのは22時過ぎである。前日が5時間しか寝ていなかったので、すぐに眠れた。しかし、朝は今日も5時に目が覚めてしまい、眠れないので5時半に起床した。

AVアンプはRadikoプレミアム対応なので、今までMacBook Proで再生していたラジオをAVアンプで再生させ、それを聴きながら朝食をとり、洗濯をして、掃除もした。

せっかくなので7時半ぐらいから映画のBlu-rayを今日は鑑賞。残念ながらDOLBY ATMOSサウンドトラックではなく、dts-HD MAのサウンドだったが、今までのAVアンプとはちょっと音の傾向は違っていた。

映画を観終わって感想をネットに書いた。その後、Amazonで買ったスピーカー用の金具を返品する手続きをした。結局DOLBYイネーブルドスピーカーを買ったのと、使っていないBOSEのスピーカーは壊れていたので金具は不要になってしまった。そのため返品をすることにした。

ヤマト運輸の配送店に返品の商品を持ち込み、発送手続きをした。その後は昼食を食べて、スーパーで夕食の買い物をして家に帰った。

家に帰ると宅配便の不在票が入っていた。買った覚えのないのに宅配便なので不審に思ったが、ビール会社のキャンペーンのプレゼントが当選したのだった。

午後は寝不足解消のため昼寝。radikoの音で時折目が覚める。低域の音でビクッとなるのである。

映画「バース・オブ・ザ・ドラゴン」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、BIRTH OF THE DRAGON(Blu-ray)/バース・オブ・ザ・ドラゴン/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。ブルース・リーがサンフランシスコでカンフーの道場を開いていて、その弟子がアメリカ人であるということから中国人社会から激怒され、少林寺の僧であるウォン・ジャック・マンとブルース・リーが戦ってリーの主張が認められたという事実をベースにした映画ではあるが、その事実だけをベースに、物語自体は完全にフィクションになっているがために、出来が悪い作品になってしまっている。カンフー映画としても、あまり魅力的ではなく、主人公がリーではなく、その弟子であるスティーヴという若者なので、話の腰を折られた気分になる。物語としては短い96分ではあるが、盛り上がりに欠けるため、意外と長く感じるところである。日本ではどうも劇場公開はされず、イベント上映になる模様なので、ビデオリリース時に見る可能性が高いと思うが、ブルース・リーファンであっても別に見なくてもいいのでは、と思われる映画である。