2019年12月31日火曜日

2019年に見た映画一覧とベスト3


2019年も数多くの映画を見てきている。計57本である。それで、昨年に引き続き見た映画のリストと、そのベスト3を改めて表記し、一年の締めくくりにしたい。なお、映画は映画館で見たものと、輸入盤Blu-rayで見たもの、Apple TVを使ったデジタル配信で見たものと、多岐にわたっているので、それぞれに分けてベスト3を書き出したい。

映画館で見た映画一覧とベスト3

  1. ボヘミアン・ラプソディ(DOLBY CINEMA)
  2. アリー/スター誕生
  3. アリータ:バトル・エンジェル(IMAX 3D)
  4. キャプテン・マーベル(IMAX 3D)
  5. アベンジャーズ エンドゲーム(IMAX 3D)
  6. アベンジャーズ エンドゲーム(DOLBY CINEMA)
  7. スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム(IMAX 3D)
  8. ライオン・キング(2019)(IMAX 3D)
  9. ジョーカー(IMAX 2D)
  10. スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(DOLBY CINEMA)
  11. この世界の(さらにいくつもの)片隅に

ベスト3

  1. アベンジャーズ エンドゲーム(IMAX 3D)
  2. この世界の(さらにいくつもの片隅に)
  3. ジョーカー(IMAX 2D)
映画館で見た映画のほとんどはIMAXシアターでの鑑賞だったが、その中でも「アベンジャーズ エンドゲーム」の出来の良さは特質に値する。スーパーヒーロー総集結の映画だが、物語が破綻しない。クライマックスに向けてテンポよく描いているところは、今年のベスト1にふさわしい。上記では2位に位置しているが、実質同率1位なのが「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」である。2016年の「この世界の片隅に」に30分以上の追加シーンを加え、全く新しい視点で描いた作品だったが、168分とアニメ映画では異例の長さにも関わらず、全くだれるシーンがないというのはすごいことだと思う。

輸入盤Blu-rayで見た映画


  1. ヒットマンズ・ボディガード(DOLBY ATMOS)
  2. ジャングル・ブック(2016)(3D)
  3. グリーン・ディスティニー(DOLBY ATMOS)
  4. 崖っぷちの男
  5. ファースト・マン(DOLBY ATMOS)
  6. MEG ザ・モンスター(3D)
  7. ジャスティス・リーグ(3D)
  8. アメリカン・スナイパー(DOLBY ATMOS)
  9. ラスト・アクション・ヒーロー
  10. グリーンブック(DOLBY ATMOS)
  11. パシフィック・リム:アップライジング(3D/DOLBY ATMOS)
  12. ザ・バニシング-消失-(Criterion)
  13. ハンターキラー 潜航せよ(DOLBY ATMOS)
  14. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(3D)
  15. ドクター・ストレンジ(3D)
  16. アイアンマン
  17. スパイダーマン:スパイダーバース
  18. アポロ11 完全版
  19. カリフォルニア・ダウン(3D/DOLBY ATMOS)
  20. エージェント・ウルトラ(dts:X)
  21. バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)
  22. ターザン:REBORN(3D/DOLBY ATMOS)
  23. トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド
  24. ワイルド・スピード
  25. ワイルド・スピードX2
  26. インデペンデンス・デイ
  27. インデペンデンス・デイ:リサージェンス(3D)
  28. ワイルド・スピードX3:TOKYO DRIFT
  29. IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(DOLBY ATMOS)
  30. イエスタデイ(DOLBY ATMOS)
  31. ジョン・ウィック:パラベラム(DOLBY ATMOS)
  32. 地獄のデビル・トラック
  33. ジェームズ・キャメロン 深海への挑戦(3D)
  34. ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション(DOLBY ATMOS)
  35. スノーホワイト/氷の王国(dts:X)
  36. ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(3D)
  37. キングコング:髑髏島の巨神(3D)

ベスト3

  1. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(3D)
  2. ザ・バニシング-消失-(Criterion)
  3. アポロ11 完全版
輸入盤Blu-rayで見た映画では、3D映画やDOLBY ATMOSサウンドトラックの映画が多かったが、1位は映画館鑑賞記念ということで「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を1位にあげる。この作品なくして「アベンジャーズ エンドゲーム」は完結しないからである。アメリカ版は3D仕様ではないので、イギリス版で3D版を見たのもいい思い出である。2位はクライテリオン版の「ザ・バニシング-消失-」。2019年に日本で劇場公開された幻の映画であるが、サスペンス映画として、異色の出来になっていると思う。ハリウッドでリメイクされているが、ラストはこのクライテリオン版の方がより恐怖感が増す。第3位はドキュメンタリーの「アポロ11 完全版」。1969年のアポロ11号の月面着陸をなんと70mmフィルムで撮影していたものを月面着陸50周年の今年、ドキュメンタリーとして公開されたものであるが、70mmフィルムの映像の美しさは、特筆に値する。当時の映像だけで語っているのも目玉である。

Apple TVで見た映画


  1. バード・ボックス
  2. ROMA/ローマ
  3. レディ・プレイヤー 1(DOLBY ATMOS)
  4. アイアンマン
  5. インクレディブル・ハルク
  6. アイアンマン2
  7. シャフト(2019)
  8. ゼロ・グラビティ(DOLBY ATMOS)
  9. アースクエイク バード

ベスト3

  1. ROMA/ローマ
  2. ゼロ・グラビティ(DOLBY ATMOS)
  3. レディ・プレイヤー1(DOLBY ATMOS)
Apple TVで見た映画は、iTunes MovieやAmazon Prime、Netflixと多岐に渡るが、1位につけたいのは「ROMA/ローマ」である。Netflixの配信限定作品ながら、アカデミー賞にノミネートされたことで、高い評価を得ている作品である。僕も鑑賞したが、メキシコのローマ地区の中流家庭の生活を描いた本作は、出来の良い作品になっている。2位と3位はDOLBY ATMOS配信作品から選んだ。Apple TV 4KではDOLBY ATMOSサウンドトラックが提供されているが、「ゼロ・グラビティ」にしろ「レディ・プレイヤー1」にしろ、その効果が優れていて、映画の鑑賞体験が異なる次元に達していると思ったので、ここに位置させた。

これで各部門のベスト3を上げたことになるが、この中から総合一位に上げる映画というと、「アベンジャーズ エンドゲーム」と「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」を同率一位でベスト1にあげたいと思う。来年もまた、良い映画を見られたら幸いかと思う。

2019年12月30日月曜日

映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の音響効果がすごい

昨日、映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の鑑賞後の感想を書いているが、書き忘れたことがあった。ホームシアターを構築している関係上、映像の魅力と音響効果の素晴らしさについて気づいたことがあったのだが、書き忘れていたのである。「この世界の片隅に」も音響効果は5.1chサラウンドではあるが、空襲シーンなどは5.1chとは思えないぐらい素晴らしいサラウンド空間を構築していたのであるが、今回鑑賞した「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、音響効果がパワーアップしている気がしている。鑑賞した劇場の設定もあるのだと思うが、大砲の音は重低音が響き、空襲シーンなどは5.1chとは思えないイマーシヴなサラウンド空間を構築していて、片渕監督のこだわりが音響面でも遺憾なく発揮されていたのである。天井スピーカーなど無いはずなのに、頭上で鳴っているかのような音響効果は、日本映画にしては異端では無いかと思われる。ホームシアターを構築している人は、劇場でその素晴らしさを体感するのもいいかと思う。

2019年12月29日日曜日

映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」(監督舞台挨拶付き/T・ジョイ PRINCE品川)

2016年公開で、予想外のヒットを記録したアニメ映画「この世界の片隅に」。その作品に30分以上の追加シーンを収録し、新たな解釈を与えたのが、この「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」である。アニメ映画としては異例の168分という長尺作品になっているが、だれるシーンが全くなく、あっという間に上映時間が過ぎていくのが、この作品の特徴である。追加シーンは、主に主人公すずさんの心の拠り所になる遊郭で働く女性、リンさんのエピソードが追加になっているが、それ以外にも細かい点が追加収録されていて、様々な登場人物の心の動きがさらに進化していて、複雑な人間ドラマが描かれている。主人公すずさんだけでなく、その他のキャラも深い描かれ方をしているのがポイントである。そして、追加シーンが既存シーンと浮くことがないというのも、この映画の完成度の高さを示している。今回、片渕須直監督の舞台挨拶付きの上映回を鑑賞したが、片渕監督の話では、すずさんの生まれ育った広島の江波と呉は遠いようで実は近い、登場キャラの心のありようも同じで、愛する人が心が遠く、そうでない人が近い、そんな話にしました、と語っていたが、納得の出来栄えである。オリジナルの「この世界の片隅に」の売り上げは抜かせないとは思うが、チャンスがあるなら、是非とも観るべき映画である。

2019年12月28日土曜日

福岡キャナルシティのユナイテッド・シネマのIMAXシアターが休映

今日、5ちゃんねるを見ていて知ったのだが、福岡市のキャナルシティにあるユナイテッド・シネマ キャナルシティ13のIMAXデジタルシアターが2020年1月14日から3月下旬まで休映するという。理由はIMAXレーザーシアターに導入改装をするためで、改装後はより鮮明な画像と、12chのイマーシヴサウンドが体感できるものと思われる。すでに首都圏の昔のIMAXデジタルシアターを導入していた劇場はどこもIMAXレーザーシアターに切り替わりつつあるので、福岡のキャナルシティもそれに追従する格好になる。おそらく今公開中の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」が休映前の最後の映画になるのではないかと思う。年明けの三連休、チャンスがあればもう一回ぐらいIMAXデジタルシアターを体感するのもいいかもしれないと思ったところである。そして、改装後のIMAXレーザーがどの程度の迫力かを楽しみにしていたいと思う。

2019年12月27日金曜日

佐野元春のライブで坂本龍一の観客から苦情

今朝、Twitterで投稿を見ていたら、熊本日日新聞の記事が載っていた。それによると、12月25日は熊本城ホールメインホールで、坂本龍一のライブが開催されていたのだが、ライブの途中から座席が絶えず振動していて、音楽に集中できなかった、という苦情が市に寄せられているという。12月25日といえば、僕も書いているが同じ熊本城ホールのシビックホールの方で佐野元春の「ROCKIN' CHRISTMAS 2019」が開催されており、どうも会場が盛り上がっている「クリスマス・タイム・イン・ブルー」の演奏の時にシビックホールが振動し、メインホールにそれが伝わったようである。市側は上の振動が下に伝わることは想定していたが、下の振動が上に伝わるとは思っていなかった、と話していて、メインホールとシビックホールの運営方法を見直す方向という。図が書けないのでアレだが、熊本城ホールはシビックホールが2階にあり、メインホールは4階、5階に当たる部分に設置されている。それだけ、熊本市民+遠征組の佐野元春パワーが強かったということであり、坂本龍一ファンには申し訳ないことをしたとは思っている。でも、ライブ的には多分佐野元春の勝ちだろうなと思っている。

2019年12月26日木曜日

2020年1月2日にAppleの初売り開催

ここのところ恒例になっているが、2020年の1月2日は、Appleは初売りをするそうである。対象商品は不明だが、最高で24,000円のApple Storeギフトカードがもらえるとある。ここからが僕の予想だが、まずの秋から冬にかけてリリースされた新製品は初売りの対象外になるはずである。初売りで売らなくても売れていく商品だからである。だからiPhone 11/Pro/Pro Max、Apple Watch Series 5、MacBook Pro 16インチ 2019モデル、AirPods Proなどは対象外と見ておいた方がいいと思う。逆に在庫がダブつき気味の旧製品は初売りの対象になる可能性は高い。iPad Proの11インチモデルや、MacBook Proの15インチモデル、AirPods 第2世代などは可能性ありそうである。なので、新製品でなくてもいいと思う向きには、結構お得なセールになるのではないかと思う。新製品が欲しい人は、初売りに限らず、欲しいと思った時に買った方がいい。僕は交通事故の保険金等の整理がまだついていないので、様子見にしておく。MacBook Proで割安感が出たら、買い換えるかもしれないが。あとはiPad Pro 11インチかな。

2019年12月25日水曜日

佐野元春、「Rockin’ Christmas 2019」熊本公演に参加しての感想

2011年から佐野元春は、東京で12月に「Rockin’ Christmas」というライブイベントを毎年開催している。2018年からは大阪、名古屋も開催地になったが、福岡に住んでいる僕には無縁のライブと思うようになっていた。それは12月の平日に開催されるライブであり、遠征するにしても会社を2日間年休を取らなければならないのと、東名阪への遠征費が、年末年始に福岡から神奈川の実家に帰省する僕的には二重に費用がかかって痛い、というのもあった。しかし、今年は「ソウルボーイへの伝言 2019」の熊本公演がプロモーターの手違いにより中止になり、その代わりに25日クリスマス当日に熊本で「Rockin’ Christmas 2019」が開催されることが決まり、これならなんとか行けそうだと、ファンクラブ先行でチケットを押さえ、当日に臨んだ。入場すると、ロビーからしてクリスマスの雰囲気いっぱいだし、開演前のBGMもクリスマスソング一色、セットリストも「みんなの願いかなう日まで」と「Christmas Time in Blue」の2曲のクリスマスソングは演奏するは、開演前に熊本市長の前座挨拶はあるは、「Christmas Time in Blue」のスペシャルゲストで「くまモン」が登場するはで、こちらの想定外のサプライズが多数あり、いいクリスマスを過ごせたなというのが実感である。特に今年後半は身体的にしんどいことが多かったので、クリスマス当日が素敵な夜になったのは、いいプレゼントだと思う。ライブも単にクリスマスを祝うだけでなく、厳しい現実認識を持った上でのクリスマスというセットリストであり、名曲をたくさん聞けたな、と思っている。来年、開催されるかどうかわからないし、開催されても九州では開催しないと思うが、今年の「Rockin’ Christmas 2019」は思い出にとっておきたいと思う。

2019年12月24日火曜日

Windows 7 PCはまだ1492万台が残存

マイクロソフトは、2020年1月14日にサポートを終了するWindows 7からWindows 10へのアップグレードを改めて促している。実はWindows 7が稼働するPCは日本国内だけで12月時点でまだ1492万台残っていて、Windows全体の19%に達しているからである。確かにセキュリティ意識の低いユーザーからすれば、Windows 7でも何の問題もないから、そういう人がWindows 10に移行するのは大変そうである。うちの父も意識は低い人だったが、Windows 7を使っていると「Windows 10にアップグレードしましょう」というメッセージが頻繁に現れるのに嫌気がさし、実家に戻った僕の助けを借りてWindows 10にアップグレードした経験を持っている。僕みたいにPC好きの人が近くにいるならば移行は比較的簡単だが、そうでない人は難しいだろうなと思う。ちなみに個人ユーザーは1492万台の中で679万台で、法人ユーザーは813万台とあるが、法人ユーザーで移行していないのは、業務上問題ないのかなと心配してしまう。この正月、まだWindows 7を使っている人は、できればWindows 10にアップグレードしたらいいと思う。

2019年12月23日月曜日

iPhone、iPadなどに修正困難な脆弱性あり

脆弱性対策情報ポータルサイト「JVN」は、20日にAppleのデバイスのSecureROMには解放済みメモリ使用の脆弱性が存在し、製品に物理的にアクセスできる第三者によって任意のコードが実行されてしまう恐れがあるという。もちろん、これはリモートでの攻撃は無理で、第三者が物理的に製品を手にしなければ心配する恐れはないが、盗難や紛失の際にこの脆弱性を悪用されて、ロックのかかったデバイスをロックを回避して端末をコントロールされる恐れはある。影響を受けるのは、A11チップとそれ以前の製品で、下記範囲で影響を受けるという。

  • iPhones 4sからiPhone Xまで
  • iPad 第2世代から第7世代まで
  • iPad Mini 第2世代および第3世代
  • iPad AirおよびiPad Air 2
  • iPad Pro 10.5インチおよび12.9 インチ 第2世代
  • Apple Watch Series 1からSeries 3まで
  • Apple TV 第3世代および4k
  • iPod Touch 第5世代から第 7 世代

SecureROMはOS起動時に呼び出される読み込み専用のコードが書かれており、パッチによる修正は不可能である。なので、唯一の対策は、最新機種に買い換えるしかないという身もふたもない解決策しかない。もっとも他人の手に渡るようなことがなければ、この脆弱性は効果を出さないので、他人に盗まれたり、紛失したりしなければいいということになる。僕はというと、iPad Pro 10.5インチとApple TV 4Kが脆弱性に該当する。iPad Proは買い換えようとすれば買い替えられるが、Apple TV 4Kは買い替え先がない。盗まれる可能性は低いとはいえ、代替手段がないのは困ったことである。

2019年12月22日日曜日

ドラマ「ザ・モーニングショー」第10話(Apple TV/Apple TV+)

あらすじ

ブラッドリーはチップとコリーと共にミッチの元を訪れ、ミッチへのブラッドリーのインタビューをするための話し合いを行う。しかし、ミッチの話の信憑性を得るにはハンナの話を聞くことが先決と考え、ブラッドリーはハンナに話を聞く。ハンナはミッチとの嫌な記憶を思い出し、精神的に取り乱す。そして、ハンナは薬物の過剰摂取により死んでしまう。その情報を知ったブラッドリーはミッチへのインタビューを取りやめることを決め、チップに話す。チップはミッチの元を訪れ、彼を責めた。チップはフレッドにより「ザ・モーニングショー」のプロデューサーを首にされていた。フレッドはブラッドリーを首にする話をアレックスにしていて、新しいプロデューサーを紹介していたが、アレックスもハンナの死を知り、またブラッドリーの行動を目の当たりにして、「ザ・モーニングショー」本放送の中で爆弾的行動に転じ、混乱を巻き起こす。

感想

「ザ・モーニングショー」第1シーズンの最終回である今作は、ミッチのセクハラ疑惑に始まったストーリーの完結編として、素晴らしい出来に収まった。自分は無実だと主張するミッチの目論見は崩れ、フレッドを首にしようとするチップとコリーの企みは成功し、反目を繰り返すアレックスとブラッドリーは最後に協力し合い、局のセクハラ疑惑に対して一定のけりをつけた話になっている。物語クライマックスの「ザ・モーニングショー」本番のアレックスの告白は、ラストとしては盛り上がる展開であり、感動的な内容になっている。Apple TV+のドラマ群の中では評価の高い「ザ・モーニングショー」だったが、ラストはこれまでにない仕上がりになっている。ドラマとしては4K+DOLBY ATMOSの仕様で配信されたが、その効果は今エピソードで効果的に発揮されている。面白いドラマを見たなと言う気にさせる作品である。

ドラマ「ザ・モーニングショー」第9話(Apple TV/Apple TV+)

あらすじ

ブラッドリーはミッチへのインタビューをしようとする計画を、アレックスに打ち明けるが、アレックスはそれを批判した。番組や局そのものが大きな代償をもたらすためである。しかし、ブラッドリーはミッチへのインタビューを行おうと考えていた。アレックスはブラッドリーの行動を阻止しようと局の上層部であるフレッドに話をして、ブラッドリーを首にしようと考える。その頃、コリーの元にジャーナリストが現れ、チップがフレッドを飛ばそうと考えていることを知り、コリーとブラッドリーがチップに行動を促す。各人がそれぞれの主義に従って行動する中、ミッチはかつて自分と寝たハンナに自分の告発を手助けするよう依頼し、ハンナも条件付きで了承する。天気キャスターのヤンコとクレアのひそかな恋愛模様も、この騒ぎの中で消滅しようとしていた。

感想

物語も佳境に入り、いよいよミッチが自分の身の潔白を証明しようと動き、それに他の人々が振り回されると言う展開になっている。特にミッチのパートナーだったアレックスは自分の立場を守るため、局の上層部であるフレッドに話を持ちかけるなど、各人の立場を守るため、様々な動きがあった。番組プロデューサーであるチップも、自身の身を守るため、コリーに促され、フレッドを飛ばす計画を進めている。この各人の思惑が交錯しているのが、今エピソードの中心になっていて、どう結末を迎えるのか、興味が募る。

2019年12月21日土曜日

BILLBOARD LIVE TOKYO 佐野元春 & THE HOBO KING BAND SMOKE & BLUE 2019

2012年から定期的にBILLBOARD LIVE TOKYOとOSAKAで開催されている佐野元春 & THE HOBO KING BANDのライブ「SMOKE & BLUE」、その初の映像化作品がこの「BILLBOARD LIVE TOKYO 佐野元春 & THE HOBO KING BAND SMOKE & BLUE 2019」である。今回、2019年4月4日の公演の模様を収録し、スペシャルゲストとしてTHE HOBO KING BANDから離れていた佐橋佳幸も参加したライブ映像になっている。僕は大阪のライブを体験しているが、このビデオ化は2-3曲はカットされたものになっていて、ノーカット収録ではない。BILLBOARD LIVEでは1日2回公演を開催していて、2-3曲は曲目が異なっていたので、そこの部分だけカットされているものと思われる。しかし、全国のファンの間でも見られた人が限定されているこのライブの模様がDVD/Blu-rayで収録されているのは大変貴重で、ライブの興奮が蘇ってくる。特にこのライブでは初の「コンプリケーション・シェイクダウン」の演奏は滅多にない機会が与えられ、ご機嫌な気分になっている。元々のライブの演奏時間も短いが、このビデオはわずか64分と言う収録時間で、気軽に見ることができる。アルバム「月と専制君主」と「自由の岸辺」と言うセルフカバーアルバムからの選曲がメインで、ライブならではのアクセントが感じられる。そして、佐橋佳幸も演奏した「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」のジャム度はかなり高い。ファンとしては非常に嬉しいビデオ化であろう。

下川裕治著「新版「生きづらい日本人」を捨てる」光文社知恵の森文庫

アジアを中心に旅行を続ける作家の下川裕治が、タイを中心にした外こもりの日本人をテーマにした一冊が、この「新版「生きづらい日本人」を捨てる」という本である。日本では引きこもりが大きな社会問題になっているが、外こもりという言葉には馴染みがないと思う。引きこもりが部屋から一歩も出ずに社会参画もしない人たちのことを言うのに対し、外こもりはタイを中心に海外で何もせず過ごし、貯金が底をつくと日本に帰ってきて海外で生活するのに必要なお金のために働く人たちのことである。あくまで海外で何もせずに暮らすための仕事なので、日本での仕事は短期になる。そういった外こもりの様々な事例を挙げて、「日本人の生きづらさとはなんなのか」といったテーマに迫っているのが、この本である。新版とあるので、当然旧版もあり、「日本を降りる若者たち」、「「生き場」を探す日本人」、「「生きづらい日本人」を捨てる」と言う三冊の本から抜粋し、再編集を施したものになっている。僕自身、アジアの各国を旅行してきて、日本の生きづらさを感じてはいるので、この本のような事例は目から鱗である。ただ、外こもりがいい見本になるかと言うと、それは違うような気はする。その辺の兼ね合いが今後の課題になると思う。

2019年12月20日金曜日

映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の批評は賛否両論?!

昨晩、T・ジョイ博多で「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の前夜祭上映を鑑賞し、その感想をこのブログに綴っている。で、ファンならば見るべきである、と書いた。書いた後、ネットでこの映画の評価を調べてみた。まだアメリカでは木曜の朝ということもあり、観客の鑑賞はされておらず、観客の評価は不明なままだったが、プレミア上映での批評家の見解は伝えられ始めていて、それは賛否両論だった。映画評論のサイトとして有名な「Rotten Tomatoes」によれば、いいか悪いかを記すトマトメーターの割合は58%で、若干好意的な評価をしている人が多いぐらい。批判的な意見をしている人の中には、「ファンに媚びきすぎな内容」という僕が指摘したような部分を批判する意見もあった。このトマトメーターの数字は、「スター・ウォーズ」シリーズでいえば「ファントム・メナス」に次ぐ悪さだということ。でも、個人的にはスピーディーな展開で、結構楽しめたと思っているので、そんなに悪い出来でもないような気がする。僕の場合、ファンですら批判をしていた「最後のジェダイ」をそこそこ評価しているので、あてにはならないが。ただ、「この世界の片隅に」の片渕須直監督が指摘しているように、今年の冬の映画産業はチケットの売り上げが全体的に悪いそうなので、「スター・ウォーズ」でもいいから何か映画は見て欲しい、というのが関係者の願いではないだろうか。そういう意味では、1番の話題作である「スター・ウォーズ」でも見ておいたらいいのではないかと思っている。

2019年12月19日木曜日

映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(DOLBY CINEMA/T・ジョイ博多)

世界中にファンを持つ人気SFシリーズのスカイウォカー・サガの完結編が、この「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」である。実際の上映開始日は12月20日なのだが、前夜祭上映として大都市限定で19日の18時半から公開され、ここ福岡ではT・ジョイ博多のDOLBY CINEMAで2D上映されている。このシリーズ3作品はシリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスが製作に携わっていないこともあり、過去6部作とは別物の展開と考えてはいるが、過去のシリーズに言及した展開が多く、ファンを喜ばせるストーリーになっている。今作の予告でパルパティーンの笑い声が聞こえたが、ストーリーはパルパティーンが重要な位置を占めている。そして、主人公レイの生まれも明らかになる。レイとカイロ・レンの関係も今作の重要なストーリーである。話的には、なんか「ジェダイの帰還」を思わせるような展開だったが、個人的には楽しめたと思う。過去のシリーズに登場した様々なキャラクターが再登場するのも、ファン的には嬉しい。DOLBY CINEMAの効果は、最大限発揮されていると思うが、前夜祭上映だけ2Dなのは残念。20日からは3Dでの上映になる。この冬の大作映画1番の話題作だと思うので、シリーズを見ている人は、見たほうがいいと思う。

2019年12月18日水曜日

損保ジャパンの対応が杜撰すぎるとネット上で炎上

損害保険ジャパン日本興亜の事故対応が杜撰すぎると、Twitterで炎上しているらしい。なんでも過失割合が「10:0」なのにも関わらず保険金を払ってもらえないなどのとんでも対応が目に余るというのである。それ以外にも病院での治療に損保ジャパンの保険だと、治療打ち切りとか、保険適用できないなど、そんなバカなという話がゴロゴロしている。で、この話を聞いて困惑しているのが僕である。夏の事故で自賠責保険の請求先が損保ジャパンなのである。過失割合から言って、満額もらえるわけはないのだが、実際に想定額より低くなるとすると、ちょっとショック。まだ、体が完全に治っていない中での対応をされると非常に困る。しばらくは様子見だが、結果によっては対策考えないと。しかし、ここにきてなんでこういう炎上するかなと思ったりする。

2019年12月17日火曜日

香港航空、7機差し押さえ

今日のYahoo!ニュースで気になったのが、香港を拠点にする香港航空の所有する機体のうち、空港管理局が7機の飛行機を一部の支払いを怠ったためという理由で、差し押さえた、と流れたことだろう。60日以内に支払いしなければ、空港管理局が差し押さえた7機を売却できる、とされている。実はこれは重要なことで、航空機の差し押さえは、運行停止の前触れであるとアナリストが指摘している点であろう。他のニュースでも報道されているが、現在、香港は政府に対する抗議活動が活発化していて、観光客が激減しているが、それ以前から香港航空の経営は低迷していたという話もあり、香港航空の経営は流動的であると言われている。僕は香港に2回行ったぐらいなので好きな街ではあるが、今の状態では香港に行くのは危険かなと思っている。なので、香港経済が低迷するのはわかるし、航空会社が低迷するのも納得できる。これがどのあたりで落とし所をつけるのかが、気になるところである。

2019年12月16日月曜日

京急、駅名変更を2020年3月14日に実施

前にこのブログに書いた記憶があるのだが、京浜急行電鉄は、来年2020年3月14日(土)に6つの駅名を変更する。羽田空港国際線ターミナル駅が「羽田空港第3ターミナル」駅、羽田空港国内線ターミナル駅が「羽田空港第1・第2ターミナル」駅、産業道路駅が「大師橋」駅、花月園前駅が「花月総持寺前」駅、仲木戸駅が「京急東神奈川」駅、新逗子駅が「逗子・葉山」駅となる。この中で納得いく改名といえば、羽田空港がらみと仲木戸駅の変更ぐらいか。どちらも羽田空港へのアクセスが便利になるという名目が立つし、第2ターミナルの一部は国際線ターミナルに変わることから、国内と国際を分ける必要性がなくなっている。他はどうもピンとこない。どういう意図で改名するのかがよくわからない駅名である。今度の正月は旧駅名で、夏のお盆に帰る時には新駅名というのもピンとこない一つだと思う。

2019年12月15日日曜日

映画「キングコング:髑髏島の巨神」(輸入盤Blu-ray 3D)

レビューの詳細は、KONG:SKULL ISLAND(Blu-ray 3D)/キングコング:髑髏島の巨神/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。11月に「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」という「モンスターバース」シリーズの第三弾を見てしまったので、後追いのつもりで第二弾の「キングコング:髑髏島の巨神」を輸入盤Blu-ray 3Dで鑑賞したのだが、なんかストーリーに見覚えあると思ったら、2017年にIMAXシアターで一度鑑賞していた映画だった。しかし、ホームシアターで鑑賞したこの映画は、そこそこ面白く、クリーチャーたちが画面狭しと暴れまくるシーンは、3D効果もあって、迫力あるシーンに仕上がっている。キングコングといえば、人間に捕まり、見せ物にされるシーンからニューヨークで暴れまくるシーンが有名だが、この映画は髑髏島で大暴れをするだけで、焦点はキングコングを始めとしたクリーチャーたちに襲われる軍隊が、どう生き延びていくかを描いたパニック映画にあると言える。有名俳優を起用して、クリーチャーたちとの戦いを描くことで、物語の面白さを上げていると思う。ラストで今後の展開を予感させ、期待を膨らませる。映画の出来はそこそこだが、3D効果とサラウンドの効果が高いので、その分楽しみが上がっている。

2019年12月14日土曜日

ドラマ「ザ・モーニングショー」第8話(Apple TV/Apple TV+)

あらすじ

ミッチのセクハラ疑惑が発生する前、ミッチは「ザ・モーニングショー」のスタッフ、キャストに愛されていた。ミッチは50歳の誕生日を迎え、スタッフ、キャストのサプライズパーティーを開催され、喜ぶ。その一方で、愛人の存在のせいで本妻との間には確執があった。サプライズパーティーの直後、ラスベガスで銃乱射事件が起こり、ミッチとアレックスはラスベガスに飛ぶ。そのスタッフの中にハンナという新人が採用され、ミッチの愛人だったミアは外された。事件の報道の後、事件のことを知り悲しみに暮れるハンナに対してミッチは優しく接し、そして性的な接触を起こしてしまう。ハンナはそのことを後悔し、上層部のフレッドに話しかけるが、フレッドはそれをミッチの味方に立つことで話を治めようとしていた。その頃テレビでは、映画プロデューサーのセクハラ疑惑を報じていた。

感想

今回の「ザ・モーニングショー」はエピソード初の18禁エピソードになっていて、ミッチがどうやってセクハラ疑惑を行ってきたか、過去の話を丸々1話使って描いている。ミッチ自身は皆に愛されるキャラだったが、女性にだらしないところがあり、それがこのシリーズを貫く女性の権利侵害を起こしてしまったと言える。ミッチにしたら自分に非はないと言いたいのだろうが、テレビを見ている身からしたら、彼は黒であり、糾弾されても仕方ないと思える。過去の話を描いたことで、今後の展開が明確になってきた感がある。この話がどう決着をつけるのか、楽しみになってきた。

2019年12月13日金曜日

佐野元春、2020年2月に「Café Bohemia」再現ライブ開催決定

今朝、通勤電車の中、Twitterを見ていたら、びっくりする情報が掲載されていた。それがタイトルにもある佐野元春の1986年を代表するアルバム「Café Bohemia」の再現ライブが、2020年2月8日の土曜日に、LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)で開催されることが発表されていたのである。バンドメンバーはTHE HOBO KING BANDがメインで、そのほかに様々なゲストミュージシャンが集結するという。チケットの先行予約はWOWOWのネット会員は今日から、次にぴあの先行、一般発売という流れのようである。ファンクラブ先行は今、これを書いている段階ではないので、とりあえずWOWOW先行を申し込んだ。「Café Bohemia」といえば、僕が佐野元春のファンになって初めてリリースされたアルバムであり、思い入れの深いアルバムである。土曜の夜なので、実家に帰るつもりでいれば、なんとか行けるだろう。その前にチケット争奪戦に勝ち抜くことが先決であるが。デビュー40周年の記念する年に、「Café Bohemia」の再現ライブとは、意表をついた展開である。

2019年12月12日木曜日

Mac Pro、購入注文開始

昨日の話になるが、夏頃から話題だけ出ていた新型のMac Proが10日から受注開始になった。最低のスペックでも、3.5GHz、8コアIntel Xeon Wプロセッサで32GBメモリ、Radeon Pro 580XのGPU、256GBストレージで税抜き599,800円と本当にプロ仕様だが、これをカスタマイズすると、なんと5,500,000円もするという化け物みたいな仕様である。その時にはメモリが1.5TBまで拡張し、CPUは28コアIntel Xeon Wプロセッサ、Radeon Pro Vega II Duo × 2のGPU、4TBのストレージという本当のプロしか使わないスペックになっている。一応僕もMacBook ProというProの名のつくマシンは所有しているが、雲泥の差である。このクラスのスペックのマシンを使ってみたい気もするが、それに見合うだけの作業はしないだろうから、当面は今のMacBook Proでいいかと思っている。でも、この仕様のMac Proを使う人たちってどういう人なのか、一回見てみたい気がする。映画のCGI部門なんだろうか。

2019年12月11日水曜日

Apple、iOS 13.3など複数のOSのアップデートを配信

前からネット上で「近々来るのでは?」と噂されていたiOS 13.3、iPadOS 13.3、watchOS 6.1.1、tvOS 13.3、macOS 10.15.2が、今日未明に一気に配信がきた。夜の7時に家に帰ってきて、macOSからアップデートを始め、tvOS、iOS、iPadOS、watchOSの順にアップデートを手配し、8時40分にようやく全てのアップデートが終わったところである。iOSの場合、アップデート後、macOSにバックアップをとるのに暗号化をかけていたので、そのパスワード設定を求められ、うまく設定が通らないので、難儀したこともあった。結局、暗号化パスワードの設定はキヤンセルをしてバックアップをとり、後で暗号化パスワードを設定し直したことで、一応解決。今日は、通勤の行きも帰りもiPhoneの通信が断絶し、ちょっとイライラしたので、今晩のアップデートが効果出て来ればいいなと思っている。それには明日からまた使ってみないとわからない。今年のAppleのOSは出来が良くないので、油断は禁物。まあ、バグも多めに見ておかなければいけないだろう。

2019年12月10日火曜日

「スター・ウォーズ」最新作、前夜祭上映が決定

今年の冬の1番の話題作といえば、「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」ではなくて、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」だろう。僕はこの2作品を見たくて、年末年始に実家に帰るので、どう時間作ろうか考えているのだが、「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」は、12月20日の公開初日の前日の19日の18:30から、大都市圏で前夜祭上映を行うことが決まったというニュースを聞いて、ちょっと心がぐらついている。ここ福岡では、T・ジョイ博多のドルビーシネマでの上映で、13日の0時からチケットの予約をするそうである。体調と気分にもよるが、13日の朝にT・ジョイ博多のサイトを見て、チケットがまだ余っているようなら、購入しようかなと思った次第である。僕の場合、迫力あるスクリーンで見たくて、大抵はキャナルシティにあるIMAXシアターで鑑賞することが多いのだが、ドルビーシネマで見るのも悪くはないと思っている。チケット代が高いので、意外と空席が多い時も多いが、「スター・ウォーズ」なので瞬殺かなと考えている。なのであまりチケットが確保できるとは思っていないのだが、それでも13日の朝には確認だけしようと考えている。ダメなときには日曜に観に行くかなと考えている。「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」はキャナルシティの映画館だと27日公開なので、ぶつかることはないが、実家に帰省するので見に行けない。なので実家に帰る前に「スター・ウォーズ」だけは見ておきたい。いろいろチャンスを試してみたいと思う。

2019年12月9日月曜日

「スター・トレック」出演の俳優、ルネ・オーベルジョノワ氏が死去

ここ2年ほど、僕はこのブログで「スター・トレック:ディープ・スペース・ナイン」のドキュメンタリーについて書いてきたと思う。その「スター・トレック:ディープ・スペース・ナイン」で重要な役柄である保安主任のオドーを演じていたのが、ルネ・オーベルジョノワ氏である。そのルネ・オーベルジョノワ氏が12月8日に肺がんで亡くなったと、Twitterで知らされた。年齢は79歳とのことで、「スター・トレック:ディープ・スペース・ナイン」終了から20年後にこの世を去るとは、なんとも寂しいものがある。ドキュメンタリーはまだBlu-rayでは見ていないが、確かルネ氏のインタビューも含まれていたように思う。ただ、今はルネ氏の逝去について、ご冥福をお祈りするだけである。

2019年12月8日日曜日

Youtubeのチャンネルに紐づくGoogleアカウントを変更する

この12月10日に、YouTubeが利用規約を変更する。その際に心配しているのが、アカウントのYouTube側による削除についてである。収益の見込まれないチャンネルはYouTube側で削除できるとあり、著作権違法気味のコンテンツを無料で公開している僕として、アカウント削除は危機感を持っているのである。YouTubeのアカウントと、メインのメールアドレスが同じなので、アカウント削除は死活問題である。それで、YouTubeのアカウントを変更しようと考えた。具体的には新たにGmailアドレスを取得し、そのアカウントをYouTubeのメインアカウントに変更しようとしたのである。YouTubeにログインして、右上の設定アイコンから「設定」をクリックし、「設定画面」に移動したら、「管理者を追加または削除する」をクリックする。するとブランドアカウントの設定画面になるので、「権限を管理」ボタンをクリックして、右上の人のアイコンをクリックする。「新しいユーザーの追加」で新たに作ったGmailのアドレスを入れ、「役割を選択」に「オーナー」を設定し、「招待」をクリックする。新たに作ったGmailのアドレスで招待メールを確認し、リンクをクリックすれば、オーナーになれる。それから1日経過後に最初のメールアドレスでログインしてブランドアカウントの画面に行き、新たに作ったアカウントをメインオーナーにすれば完了である。今まで使っていたアカウントは削除すればいい。これが効果あるのかどうかはわからないが、しばらく様子見で行こうと思う。

2019年12月7日土曜日

ドラマ「ザ・モーニングショー」第7話(Apple TV/Apple TV+)

あらすじ

ミッチはブラッドリーに接触し、「ザ・モーニングショー」のスタッフの誰がミッチのセクハラ疑惑を知っていたか、上層部のフレッドを退任させるかを知る情報を提供しようと企んでいた。しかし、ブラッドリーはその情報を却下してしまう。その頃、アレックスは離婚の話を娘にしていたが、娘は怒りが募り、アレックスを責めた。「ザ・モーニングショー」は新しいキャストでの集合写真を撮っていたが、ミッチと関係のあったミアの噂話からミアが切れて、マイクで全員に事のあらましを話してしまう。そして、天気予報のヤンコとスタッフのクレアの恋愛関係も人事のセクハラ疑惑の調査対象にされてしまい、二人は苦慮する。アレックスは別れた娘に事実を説明しようとして、娘から拒絶され、ついに切れて娘に八つ当たりをする。そして、ブラッドリーは断ったミッチとの情報交換に乗り出そうとしていた。

感想

今回のエピソードは、「ザ・モーニングショー」の裏話というより、「ザ・モーニングショー」に関わる人たちの企みがあちこちで炸裂している話のように思える。ミッチは逆襲のためにブラッドリーを利用しようとするし、ミッチと関係のあったスタッフのミアは、他のスタッフに揶揄されて自身の考えをぶちまけるし、天気キャスターのヤンコとスタッフのクレアは恋愛関係をセクハラ調査委員会で指摘されぶちぎれるし、アレックスは離婚により、娘との関係が最悪の状態になってしまう。そんな中、ブラッドリーがついにミッチとセクハラ疑惑の情報を入手しようとするのは、次のステップに移行する予兆に思える。今後の展開が気になる一編だった。

2019年12月6日金曜日

SoftBank、3Gサービスを2024年1月下旬に終了

SoftBankが今日公表したところによると、携帯電話の3Gサービスを2024年1月下旬に終了させる、ということである。LTEが普及したため、電波の有効利用のため、としている。SoftBankといえばiPhoneを普及させたキャリアで有名だが、iPhone 5s以前の機種は使えなくなるし、iPhone 5sもVoLTEが使えないので、通話ができなくなるとの話である。まあ、確かにLTEは普及しているとは思う。しかし、時々電波の穴があるので、LTEでも完全ではない。僕の日常生活では、福岡市地下鉄が時々LTEが途切れる箇所がある。そういう時は3Gにも落ちず、圏外になってしまう。これはSoftBankだけでなく、docomoもauも同じなので、3社の設備が共有しているからだと思っている。3Gを止めるのはいいが、LTEのエリア率をもう少し上げてほしいと思ってしまう僕は、贅沢だろうか。

2019年12月5日木曜日

腕が痺れる

8月の事故以来、僕はあまり自分の身の回りのことを書かなくなっている。理由はいろいろある。とにかく、身の回りのことを書くのは避けようと考えていた。でも、今日はネタもないし、辛いので少し身の回りのことを書く。実は2週間ほど前から、腕が痺れる症状が発症していた。最初は軽い痺れだったのであまり気にも止めていなかったが、次第に痺れが強くなり、上半身に時々痺れが来ることすらあった。やむなく、整形外科を受診したものの、「事故の後遺症かもしれないから、脳神経外科に行ったほうがいいのでは」とまで言われた。それでも一応整形外科の範疇ではないことを証明するために、MRIとレントゲンを撮った。そうしたら、頸椎が歪んでいて、神経を圧迫していることが明らかになった。どうも腕の痺れは神経の圧迫らしい。それで、医者から薬を処方されて、今服用しているところである。薬の服用を始めたのが火曜の夜だが、まだ木曜の夜になっても痺れは治らない。若干弱くなっている感じはするが。2週間様子を見て、ダメならまた医者に行くしかないと思っている。

2019年12月4日水曜日

Schroeder-Headzのニューアルバム「ゲスト・スイート」を聴いての感想

Schroeder-Headzといえば、先日の11月28日に福岡でワンマンライブを開催している。僕はその2日後に佐野元春の大分のライブがあったので、肉体的に行けなくて、ちょっと残念な気持ちなのだが、おそらくそのライブで演奏された曲のいくつかは、このニューアルバム「ゲスト・スイート」にも含まれていると思われる。僕は単に「Schroeder-Headzのニューアルバムだ!」とばかりにネット書店に注文し、届くまで情報をシャットアウトしていたのであるが、このアルバム、Schroeder-Headzのデビュー10周年を記念してリリースされたアルバムで、新曲+既存の曲を様々なアーティストとコラボして再構築&リアレンジしているという一種のセルフカバーアルバムに近いものになっている。ポストジャズの異名を取るSchroeder-Headzではあるが、今回はボーカル入りの曲が多いので、ポップ寄りに傾いている感覚がある。まさか、土岐麻子との共作「杏仁ガール~Far Eastern Tale~」まで収録されているとは思わなかった。しかもラストの曲はボーカル渡辺シュンスケの「手紙が届けてくれたもの」。新境地に渡辺シュンスケが乗り出した記念すべき一枚だと思う。ちなみにこのアルバムリリースを記念してか、Apple Musicではこれまで発表したアルバム全ての聴取が可能。前まではJVCケンウッド・ビクターエンターテインメントのアルバムしかなかったので、朗報である。佐野元春ファンでSchroeder-Headzを聞いたことない人は、一度聞いてみるのもいいだろう。

2019年12月3日火曜日

ドラマ「ザ・モーニングショー」第6話(Apple TV/Apple TV+)

あらすじ

カリフオルニア州の火事が深刻になってきた。テレビ局の重役フレッドは、「ザ・モーニングショー」のアレックスとブラッドリーを、火事の取材に向かわせることを決断する。その頃、アレックスは別居中の夫から離婚を切り出され、動揺する。しかし、それでもアレックスはカリフォルニアに取材に向かうことにした。ブラッドリーもコリーに介抱されながら、カリフォルニアに向かうことになった。火災の現場で取材をしていて、ブラッドリーは裕福層が消防士を雇って消化している事実を報道しようとして、アレックスの怒りを買う。結局チップはブラッドリーの案も採用しつつ、飼い主不明の犬を救った男の話も使うことにした。本放送が始まり、犬を救った男の話を始めた途端、アレックスが取り乱し、現場は混乱する。ブラッドリーのリードで何とかその場は収まるが、スタッフに困惑が広がる。そして、ブラッドリーの提案した消防士の話もフレッドに潰されそうになる。しかし、チップはそれを取り上げようと考えていた。

感想

「ザ・モーニングショー」初の取材現場での話ではあるが、キャスター二人の確執と、スタッフの混乱、重役の思惑と、様々な要素が錯綜していて、なかなか面白い展開である。強気の姿勢でいたアレックスが別居中の夫に離婚を切出され、娘に愛されなくなるという不安から、精神状態が安定しなくなるという展開は、興味深い。それを救ったのはブラッドリーというのも皮肉である。一方でスタッフ同士の恋愛が発覚し、それが今後どう影響するのかが気になるところである。また、プロデューサーのチップが重役のフレッドの指示を無視しようと考える様も、今後の展開として要注意である。

2019年12月2日月曜日

Apple、ラゾーナ川崎内に「Apple 川崎」を12月14日にオープン

今年は、Appleの実店舗の出店が相次いでいる。今回、首都圏では東京以外として初の神奈川県の川崎市、川崎駅前のラゾーナ川崎というショッピングモール内に、「Apple 川崎」を12月14日に開店すると、発表した。ショッピングモール内の店舗は日本では初である。東京以外の首都圏出店は意味あることだが、なぜ横浜ではなく川崎なのかは、よくわからない。ただ、ラゾーナ川崎はおしゃれなショッピングモールなので、雰囲気的には合うと思う。14日は土曜なので多分人でいっぱいになると思う。初日はまたノベルティを配るのではないかと予想するので、欲しい人は始発で行ったらいいかと思う。

2019年12月1日日曜日

iOS 13.2.3適用のiPhone 11 Proで博多-大分間で4G通信断が数回発生

11月の記事で、iOS 13.2.2及びiOS 13.2.3適用のSoftBank回線のiPhone 11 Proでも4G通信断が起きることは既に書いている。昨日、今日と大分に行く用事ができたので、博多-大分間をradiko垂れ流しで移動してみた。乗ったのは特急のソニックだった。都市内での移動と違って田舎を走る鉄道だから問題ないかと思っていたが、2時間20分の移動時間の中、何回か通信断が起きている。突然radikoが止まるので、Safariを操作すると、通信が切れて使用できないという状況に陥っていた。ただ、電源OFF/ONではなく、フライトモードON/OFFを15秒間行うことで、元には戻るので、ストレス度はあまり高くないが、それでも使えなくなる状態は気分が良くない。近日中にiOS 13.3がリリースという噂はあるが、この状況が改善するのか、気になるところである。

2019年11月30日土曜日

佐野元春 & THE COYOTE BAND「ソウルボーイへの伝言 2019」を見ての感想

10月から始まった佐野元春 & THE COYOTE BANDの全国CLUB CIRCUIT TOUR「ソウルボーイへの伝言 2019」、その九州唯一のライブ会場であった大分T.O.P.S Bitts HALLでの公演をつい先ほど見てきたところである。今回のツアーは、ファンクラブ先行チケット予約では熊本公演を申し込んでいたのだが、プロモーターの手違いにより熊本公演が中止になってしまい、やむなくプレイガイドでの一般発売でチケットを取ったという経緯がある。一般発売なのでチケットの整理番号は後方の方で、ステージは見づらかった。しかし、10月のツアー開始からネットの情報を意識して触れないようにしてきたので、セットリストはほとんど知らず、新鮮な気持ちでライブに臨むことができた。本来ならば、ツアー最終公演であったはずなのでセットリストをバラしてもいいのだが、ツアー初日のクラブチッタ川崎のライブが台風による延期でツアーファイナルになってしまったのと、僕の持つ別のサイトでレビューを書くのでそちらに譲るとして、THE COYOTE BANDの演奏力が上がっていると感じるライブだった。アンコールも入れても2時間に満たないライブだったが、新曲もあり、めずらしい80年代の曲もあり、バラエティに富んでいると言える。来年デビュー40周年を迎える佐野元春だが、そのアクティビティに期待を持たせるライブであったと言える。ただ、少しハウリングが多かったのは残念。9年ぶりの大分公演だが、福岡から遠征して良かったと言えるライブだった。

2019年11月29日金曜日

富野由悠季監督、令和元年度文化長官表彰を受賞

「機動戦士ガンダム」などの生みの親として知られる富野由悠季監督。アニメの発展に貢献した人ではあるが、これまで賞とは無縁の人生を送ってきた。いくつかの海外のアニメの賞は受賞もしてはいるが、功労賞的意味合いが強く、富野由悠季監督が達成してきたロボットアニメの発展に鑑みてみれば、その功績を評価されていないと言ってもいいだろう。しかし、今日、いいニュースが飛び込んできた。それがタイトルにもある令和元年度文化長官表彰の受賞である。これまでのアニメ世界の発展に寄与したとして、その賞が授与されることになったようである。今年は、漫画家の高橋留美子も受賞しているが、富野監督の受賞は、富野アニメファンとしては嬉しいニュースである。富野由悠季監督の作るガンダムシリーズはDVD、Blu-rayで全部揃えるほどハマっているが、やはり独特の間の取り方が、富野監督らしいと思っている。今まで評価の低い人だったが、今回の受賞で評価が上がれば、これほど嬉しいことはない。今日から一部劇場で「Gのレコンギスタ」映画版の公開が始まっているが、それを後押しするかのような受賞だと思う。

2019年11月28日木曜日

Apple、AirPods Proの生産台数を「月産200万台」に引き上げ

Appleが10月末に発売したAirPods Proの販売が好調だという。現在、AirPods Proの月産台数は100万台程度だというのだが、受注が大幅に積み上がっているとして、生産委託先に月産200万台に引き上げるよう指示したというニュースがForbesの記事にあった。実際、日本での受注状況は、Apple Online Storeで今注文してもクリスマスには間に合わない状況である。もちろん、実店舗のApple Storeには若干ながら入荷が続いているようで、朝のピックアップに間に合えば、クリスマス前に入手することも可能ではあるが、期待はできない。僕は既に書いているように10月29日の朝に注文したので、11月1日に入手できて、すでに楽しんでいるが、ノイズキャンセリング機能の恩恵は存分に預かっている。通勤時に地下鉄の騒音で音楽が聞き取れないことが多かったのだが、それがノイズキャンセリング機能で打ち消されて、音楽を純粋に楽しんでいる。何より、Appleのエコシステムの一つとして、接続が簡単になっていることも、使い勝手の良さを示している。音質は特にいいとは思わないが、悪いわけでもない。こんな感じかなというレベルまでは上がっている。買い増しや買い替えを考えている人は、早めの行動をとった方がいいであろう。

2019年11月27日水曜日

「いきなり!ステーキ」が失速、営業赤字に

「いきなり!ステーキ」といえば、割安でステーキが食べられるチェーン店である。ここ数年、店舗を拡充してきた。しかし、今年1年の成績はよくない。2019年12月期の営業利益は、7億3100万円の営業赤字になると公表している。上場以来発の営業赤字になるとのこと。運営元のペッパーフードサービスは、チェーン店同士の競合を理由として挙げているが、それはちょっと違うのではないかなと思っている。基本は度重なる値上げで割安感がなくなったのと、ステーキをそんなに何回も食べに行く食べ物ではなかったという点だろうか。僕はマリノアシティにある「いきなり!ステーキ」を一回だけ行ったことがあるが、値段の割にそんなに美味しいとは思わなかった。最近マリノアシティに行っていないこともあるが、行ったとして「いきなり!ステーキ」で昼食を楽しむかといえば、そんなことはないと思っている。ステーキを昼食に食べるのにはなんか抵抗感があるのである。他の客もそんな感じを持っている人が多いのではないかと思っている。ステーキを食べるからには美味しい牛肉を格安で食べたいという欲求はある。でも、「いきなり!ステーキ」ではその望みは叶えられない。それが客離れになっているのではないかと思う。これから、ペッパーフードサービスがどう新たな戦略を立ててくるのか、関心はある。でも、ステーキを食べに行くことはあまりないかなと思っている。

2019年11月26日火曜日

首里城再建の寄付をする

10月31日の記事で、沖縄の首里城が火事で焼失した記事を書いている。その時にはショックだ、というような内容を綴っている。その頃から、首里城再建の動きがあれば、少しでも寄付したいとは思っていた。いつも聞いているFM横浜はなぜか沖縄推しの放送局なので、日本ユネスコ協会連盟と連携して、寄付を募り始めていた。それは見たのだが、銀行振り込みだと手数料がかかるので、ちょっと敬遠していた。しばらく経って、クレジットカードのセゾンカードから、寄付先等未定だがクレジットカードを使うと貯まるポイントで首里城再建の寄付ができる、という話が聞こえてきた。それで僕はセゾンカードのポイントを少し利用して寄付することにした。セゾンカードはメインカードではないので、ポイントもあまり溜まらないし、溜まったポイントの使い道もなかったので、ちょうどいい寄付になると思った。ささやかなポイントだが、先日、寄付の手続きをした。また、首里城が再建されて、荘厳な建物が見られればいいなと思っている。

2019年11月25日月曜日

楽天カードで会員サイトにログインできないトラブル発生

僕はたまたま、早めに会員サイトにログインして10月度の利用明細を印刷して、手持ちのレシートと共にチェックしていたから助かっていたが、楽天カード会員サイトと、楽天ペイが23日の土曜日から、断続的に利用できないトラブルが発生している。原因は九州の電力系通信会社、QTnetの電源設備更新作業の不具合が原因とのことだが、解決はまだ完全にはしていない。27日は楽天カードの引き落とし日なので、この週末にチェックする人も多かったのではないかと思うが、このトラブルでチェックできなかったのではないかと思われる。現在でも、楽天ペイは使えるようになったが、楽天カードの利用明細は、12月以降の分が見ることができない状況である。利用限度額も見られず、会員情報も変更できないので、ちょっと危ない感じが漂ってくる。楽天は時々利用するが、こういうトラブルを起こしてしまうと、一気に利用者が冷める。出来る限りの早期復旧を期待したい。

2019年11月24日日曜日

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(輸入盤Blu-ray 3D UK)

レビューの詳細は、GODZILLA:KING OF THE MONSTERS(Blu-ray 3D UK)/ゴジラ キング・オブ・モンスターズ/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。2014年にリメイクした「GODZILLA ゴジラ」の直接の続編にあたるこの映画。今作ではゴジラの他にキングギドラ、モスラ、ラドンといった東宝映画の「ゴジラ」シリーズでお馴染みの怪獣たちが登場し、画面狭しと大暴れするところが見どころの映画である。というか見所はそこしかない。人間ドラマは薄いのであまり印象に残らないし、人間と怪獣の立ち位置も微妙。とにかく怪獣が大暴れして、バトルを繰り返せばいいのだろ?!というスタンスで映画を作っている節がある。なので、怪獣が大暴れするシーンを楽しめる人には面白い映画だが、ドラマ重視の人にはつまらない映画になってしまう。僕的にはドラマはどうでも良くて、怪獣が大暴れするシーンが満載なので楽しめた口である。普段はワーナーの3D Blu-rayはアメリカ版を買っているのだが、今作はアメリカ版の3D Blu-rayリリースを知らなくて、イギリス版の3D Blu-rayを購入している。イギリス版の3D Blu-rayはジャケットがカバー付きなので、得した気分にはなれる。日本では東宝が権利を持っているので、アメリカ版にしろ、イギリス版にしろ、日本語字幕も吹き替えも入っていない。その点は注意が必要。イギリス版にリージョンコードは入っていない。

2019年11月23日土曜日

ドラマ「ザ・モーニングショー」第5話(Apple TV/Apple TV+)

あらすじ

「ザ・モーニングショー」の金曜の放送が終わった後、スタッフルームにミッチが訪れた。ミッチは自分を擁護する者はいないか、と尋ねたがアレックスを含め誰も擁護しなかった。ミッチは局を去り、局の上層部は新たな問題に直面していた。ニューヨーク・タイムスがミッチのセクハラにあったスタッフを新たに見つけ出し、そのスタッフにインタビューをして紙面に載せようとしていたのである。上層部は脅しをかけるが失敗し、苛立ちに苛まれる。アレックスは夜にニューヨークの演劇を支援するチャリティを主催し、そこでコリーと奇妙なデュエットをする。ブラッドリーは昼間、マスコミのインタビューを受け、夜はスタッフの誕生パーティに呼ばれていた。その最中、ニューヨーク・タイムスの記事が発信され、皆、動揺する。アレックスはミッチと極秘に出会い、お互いの気持ちをさらけ出す。ブラッドリーはバーテンダーと行為に及び、それを後悔する。

感想

今回のエピソードは、結構長い収録時間で「ザ・モーニングショー」自体の放映時間以外の登場キャラの性格を描き出すことに、集中している感がある。アレックスやミッチ、ブラッドリー、コリー、チップといったキャラのミッチのセクハラ疑惑における立場について、詳細に描くことで深刻さが増していっている様子が窺える。ミッチが局を訪問した時には誰も彼を支持しなかったのが、スタッフの誕生パーティの中ではミッチを擁護する雰囲気すら現れ、一筋縄ではいかないところが面白い。ブラッドリーの父も登場し、彼女の今後に影響を与えそうで、意味深である。

2019年11月22日金曜日

CINEBENCHでMacBook Proのベンチマークをする

11月14日の記事で、MacBook Pro 16インチモデルの発売について書いていて、「できればほしいが、すぐには買わないと思う」というような書き方をしていたと思う。その中で、現行使っているMacBook Proの2017年13インチモデルの性能がどれくらいか、知りたくなってきた。そこでネット上でしばしば見かけるベンチマークソフトのことを少し調べ、Mac App Storeで無料で配信されているCINEBENCHというベンチマークソフトのことを知り、インストールをしてみた。そして、動作確認をしたのだが、今回インストールしたVersion 20ではCPUの性能だけに特化した内容なので、CPUの性能がどれくらいかがわかる仕組みになっていた。測定してみると、マルチスレッドで962というスコアであり、シングルスレッドでは362というスコアになっていた。2017年モデルだからというより、Intel Core i5のデュアルコアという性能の限界が見えたような気がする測定結果だった。普通にWebブラウジングやWebページ制作にはそんなに困らないスペックだが、動画編集にはちょっと厳しいかなというところである。

2019年11月21日木曜日

SIMフリーiPhone、販路拡大

iPhone 5sから日本でSIMフリーiPhoneの発売が始まった。取り扱っているのはApple Online StoreとApple Storeの実店舗であり、それが長らく続いてきた。それが、11月22日から一部量販店と、Apple Premium Resellerの一部でSIMフリーiPhoneの取り扱いを開始するという。量販店はヨドバシカメラとビックカメラの東京と大阪の店舗のみで、Apple Premium ResellerではC smart、B-PARK+、misumi STORE、NEWCOMの全店舗が取り扱いをするという。このSIMフリーiPhoneの販路拡大には、総務省の携帯キャリアに対する料金施策の対抗策とも言われている。それは、これまでキャリアがiPhoneを割引しながら月々の料金を高く取ることで元をとっていたものを、総務省が問題視して、端末代と通信代の分離を目論んだことによっている。僕個人としては、iPhoneのSIMフリーの販路拡大はいい施策だなと思っている。今使っているiPhone 11 ProもSIMフリーだが、海外に旅行に行く際に、SIMフリーじゃないと旅行時の通信代がバカ高くなるからである。SoftBankの場合、SIMロック端末だと1日で2980円の費用がかかってしまうが、SIMフリー端末の場合、数日で数百円から1000円台で済んでしまう。自分が使っているiPhoneが海外で格安で使えるのは、とても便利である。そのため、SIMフリーiPhoneの普及が進めばいいと考えている。

2019年11月20日水曜日

香港民主化デモ、終息見えず

僕は毎日某巨大掲示板の特定のスレを覗いているのだが、ここ数日、異常にスレの進行の早い話題がいくつかある。その中で気がかりなのが、香港のスレである。元々は香港に旅行に行く人のための情報交換スレだったのだが、ここ何ヶ月か、民主化デモの過激な行動と香港警察の法律を逸した行動に対し、政治色を秘めた投稿も多くなっていたのである。特にここ1-2週間は書き込みも多く、読むのに苦労している。それは、民主化デモを行う若い人たちの行動が暴徒化して、警察もそれに呼応するかのように過激になっていくのに対応しているかのようである。僕個人は、2015年と2017年に香港に旅行に行ったこともあるので、香港は好きな街である。また、機会があれば行きたいとは思っているが、ここ1-2ヶ月のデモ化運動を見ていると、「しばらく行かない方が安全」と思わざるを得ない。香港警察は旅行者でもデモ隊の中にいれば容赦なく逮捕する、ということが明らかになっているからである。それは昨日、今日のニュースでも報じられていた。香港は一種の内戦状態にあると言わざるを得ず、旅行には適さない場所に変わり果ててしまった。このデモ化運動の行末がどうなるのかは分からない。デモ隊の敗北も予想されるし、中国共産党の介入もありうると思っている。でも、個人的には香港は開かれた世界であってほしいと思っている。中国の一都市ではなく、独立した存在であってほしいという想いである。しばらく様子を見ながら、デモ化運動の結末を見守りたいと思っている。

2019年11月19日火曜日

iOS 13.2.3とiPadOS 13.2.3が本日リリース

今朝、通勤時に地下鉄内でiPhoneを使って某巨大掲示板を見ていたら、iOS 13.xを語るスレの書き込み数がやけに多かった。まさか、またiOSのバージョンアップではないだろうか、と思って書き込み内容を見たら、案の定iOSとiPadOSの最新バージョン、13.2.3がリリースされたという書き込みが多かった。前回のバージョンアップからわずか10日での次のバージョンアップに、さすがに「どこまでバグ修正入るのだよ」と言いたくもなったが、それでも帰宅時にはバージョンアップを適用していた。今回のバージョンアップには、システムの検索と、メール、ファイル、メモ内の検索が動作しない不具合の修正が入っているということである。前回のバージョンアップで、一応4G通信のバグに対処はしているので、今回のバージョンアップにはその修正は含まれてはいない。どうも掲示板によるとiOS 13.3でモデムファームウェアが更新され、そのバグは直るらしい。今回のバグにはあまり影響を受けてはいない僕だが、リリースされたら適用するのが慣しになっているので、適用は済ませておいた。明日から、また通勤時に使って動作を見るつもりである。

2019年11月18日月曜日

Apple Watchのミラネーゼループを購入し、装着する

僕は、Apple Watchを初代、Series 2、Series 4、そしてSeries 5と使い続けている。その中で、初代の頃から憧れだったバンドがある。ステンレススチールでできているミラネーゼループバンドである。ネットで写真を見たときに、「スタイリッシュだな」と思ったものである。しかし、初代Apple Watch発売時から、ミラネーゼループバンドは値段が高かった。16800円もしていたので、ちょっと気軽には手を出せなかった。その頃、Amazonで偽物のミラネーゼバンドを購入したこともある。確か2000円程度ではなかったか。しかし、あまり使い勝手は良いとはいえなかった。磁石でバンドを止めるのだが、だんだんバンドの締め付けが緩んでくるのである。それで、偽物のミラネーゼループバンドは使わなくなり、スポーツバンド一本槍になった。今年のApple Watch Series 5発売時にバンドの価格改定や新色の発売もあり、純正ミラネーゼループバンドが16800円から9800円に値下げされた。それでも、Apple Watch Series 5購入時には買わなかった。Apple福岡でiPhone 11 Proなどと一緒に買うのに、ミラネーゼループバンドだけ納期がかかってしまうためである。予算がオーバーしていたというのもある。その後も頭の片隅にミラネーゼループバンドのことが引っかかっていたが、1ヶ月は我慢した。だが、ついに買いたくなり、昨日、11月17日の朝にAppleのOnline StoreでApple福岡に在庫のあるミラネーゼバンドを確保し、Apple福岡に出かけていって、品物を受け取ってきた。それから1日半身につけているのだが、純正だけあって、快適である。ミラネーゼループバンドでは寝るときに夏掛けに引っかかるかと思ったが、それもなかった。寝るときにAutoSleepという睡眠測定アプリを使っているので、Apple Watchは腕につけたまま寝るのである。無段階調整のため、腕の太さにフィットし、実に快適である。純正なので磁石が緩むこともない。しばらく、Apple Watchのファッションとして、使いこなしていけそうである。

2019年11月17日日曜日

映画「アースクエイク バード」(Apple TV/Netflix)

レビューの詳細は、アースクエイク バード/Apple TVで観た映画のレビューを参照のこと。リドリー・スコットが製作を担当し、アリシア・ヴィキャンデルが主演の東京を舞台にしたミステリーということで、期待して見たのがこの「アースクエイク バード」であるが、ちょっと期待外れ気味だったかなと思わざるを得ない。レビューの詳細でも書いたが、主人公ルーシーを被写体にして写真を撮る禎司という男を演じているのが、3代目J SOUL BROTHERSのメンバーの一人なので、演技力がなく、何を考えているのかが全くわからない。そこが不満点としてあげられると思う。その代わりに東京の撮影は、なかなか実在の東京をなぞっている感じがして、ハリウッド映画にありがちな変な日本という雰囲気はあまり感じられなかったように思う。物語は主人公ルーシーにかけられた殺人事件の容疑を、警察の事情聴取と、主人公の回想シーンで構成されていて、どのように殺人事件が起こっていったのかが分かる仕組みは面白い。ラストはそういう展開かと思ったものである。主人公たちの異国の地で暮らすという違和感がちゃんと描かれているようには思う。ただ、出来はあまり芳しくはないので、期待はしないほうがいいかもしれない。

2019年11月16日土曜日

ドラマ「ザ・モーニングショー」第4話(Apple TV/Apple TV+)

あらすじ

「ザ・モーニングショー」の共同司会者としてブラッドリーを選んだアレックス。ブラッドリーの初登場となる月曜の朝がやってきた。最初は台本通りにアレックスとブラッドリーのやりとりが行われていたが、ブラッドリーが台本を無視して自己紹介を始め、15歳で中絶した話までしてしまったことで、SNSが炎上してしまった。局の上層部は怒り心頭だったが、コリーはその様子を楽しんでいた。「ザ・モーニングショー」の視聴率も上昇していたので、そのまま番組は継続して放送されていた。金曜日に前任者のミッチの性的暴行疑惑を告発した元スタッフのアシュリーへのインタビューがあり、ブラッドリーがインタビュアーになることが決まっていた。そして、金曜日がやってきて、ブラッドリーがアシュリーにインタビューをするが、ここでまた台本にない質問をして、番組スタッフが大混乱に陥る。その頃、番組のセクハラ問題を調査する調査員が番組スタッフにミッチの疑惑について調べていた。

感想

ブラッドリーが「ザ・モーニングショー」の司会者として初登板する月曜からの1週間を描いたのが第4話であるが、ブラッドリーが台本にない話をしてしまったことで、番組スタッフが混乱する様子が赤裸々に描かれていて、なかなか面白い。特にブラッドリーが15歳で中絶した話をしたことにより、アメリカ全土で論争が起きる様子は、いかにテレビの影響が強いかを示すところである。そのブラッドリーがミッチのセクハラ問題について元スタッフのアシュリーに台本にないインタビューをするところが物語のクライマックスで、ブラッドリーのアクの強さと、番組の存在そのものが危うくなる事態に次回への興味が募っていくところがある。

2019年11月15日金曜日

macOS Catalinaでウイルス感染するも、時間経過で検出しなくなる

11月13日の夜、家に帰ってきてMacBook Proを立ち上げ、ネットを見ていたら、macOS CatalinaにインストールしているVirus Scanner Plusが突如、ウイルス感染の警告を出してしまった。その警告によると、JS:Trojan.ScriptInject.A residentというトロイの木馬がなぜかmacOSのローカルスナップショットのSafariのキャッシュに潜んでいるという。macOSのローカルスナップショットなので、どう削除していいか調べたら、macOSのTimeMachineをOFFにして、ターミナルで以下の方法を取ればローカルスナップショットを削除すればいいとわかった。

tmutil listlocalsnapshots /

とコマンドを打つと、以下のようにリストが出てくる。

com.apple.TimeMachine.2019-11-12-233020.local
com.apple.TimeMachine.2019-11-14-075151.local

ここで、11月12日のスナップショットを消したい場合、以下のコマンドを打つ。

sudo tmutil deletelocalsnapshots 2019-11-12-233020

これで、スナップショットは消えるので、トロイの木馬は消えたと思っていた。しかし、1日経った14日の夜にMacBook Proを立ち上げると、消したローカルスナップショットの後に作られたローカルスナップショットで再びトロイの木馬は検出されていたのである。対処しようがないと頭を抱えながら、しばらく放置してSafariでネットを見ていたら、自然に次のスナップショットが作成され、過去のスナップショットは消え、そこではトロイの木馬は検出されなくなったのである。Virus Scanner Plusの定義ファイルが更新されたのもあるが、11月13日の検出は誤爆であった可能性がある。ちなみにこのトロイの木馬がmacOSを狙ったものかは不明。WindowのブラウザのIDとパスワードを盗み取るトロイの木馬っぽいというのが調べた限りだが、11月13日にこのJS:Trojan.ScriptInject.A residentで検索かけたときにはいくつかのサイトが引っ掛かったのだが、11月15日現在、検索では出てこない。検索で出てきたサイトは怪しいウイルス対策ソフトのインストールを勧めていたので、その誘導かもしれないと思っている。

2019年11月14日木曜日

16インチMacBook Proが発売開始

ここ何ヶ月か、新しいMacBook Proの噂で某巨大掲示板は持ちきりだった。しかし、その噂は噂のままで、Appleからの公式発表は何もなかった。今夜未明、突然その新しいMacBook Proは発売開始された。ディスプレイサイズは16インチで、従来の15インチから1インチ大きい。だが、ベゼルレス化を図ったことで、サイズはあまり変わっていない。キーボードがここ数年の主流だったバタフライキーボードからシザー構造のキーボードに戻った。バタフライキーボードは、ゴミや埃がキーに詰まり、リコール対象になる程不評だったので、改善されたと見るべきか。驚くのは性能と価格で、僕が持っている2017年度13インチMacBook Proにくらべると、性能は遥か上を行き、価格はおそらく買った時とほぼ同じ。30万円程度でそこそこの性能のつるしモデルが買えるのではないかと思う。実際、カスタマイズしようとすれば、ノートタイプとしては異例の64GBメモリまで搭載できる。このスペックを見て、思わず買い換えようかと思ったほどである。今は病院の入院費の支払い等で大枚叩いているので買わないが、買い換えてもいいかなと思っている。しばらく様子を見てみたい逸品である。

2019年11月13日水曜日

iOS 13.2.2インストール済みのiPhone 11 Proでも4G通信断は発生

ここ数日、iPhone 11 ProでiOS 13.2.2をインストールした状態での4G通信断について、いろいろ書いている。月曜の記述では、「なんか怪しい」と書いたような気がする。今日、朝洗濯をしたので出社時間は月曜、火曜より15分ぐらい遅くなった。当然福岡市営地下鉄は15分遅れで乗った。この電車は通勤ラッシュで非常に混んでいたのであるが、乗車途中、SoftBankの回線でTwitterを見ながらApple Musicでストリーミング聴取をしていたら、やはり回線断が起きてしまった。Twitterを見ている間に、突然写真や動画が表示されなくなるので、症状が出てきたと悟った。Apple Musicはキャッシュがあるので再生は続いていたが、アートワークは表示されなくなった。結局、コントロールセンターからモバイルデータ通信のOFF/ONをしたことで症状は改善。その後、帰りの地下鉄では、途中シグナルバーが消える事態になったが、自動復帰した。結局iOS 13.2.2でも完全な修正にはなっていない模様である。ただ、iPhone XSやXの時でも福岡市営地下鉄の回線は、時々回線を見失うことがあったので、それが増幅している印象である。まあ、au版iPhone 5の時のLTEエリア詐欺と3Gパケ詰まりに比べれば、まだマシな方だが、ちょっとストレスになりそうである。

2019年11月12日火曜日

映画「この世界の片隅に」公開3周年を記念

今朝、通勤時にTwitterを見ていて気付いたのだが、今日、11月12日は、2016年の同日に「この世界の片隅に」が公開されてから、3周年を迎える日だった。僕は世間の評判を聞いてから見たので、3年前の12月末に見に行った記憶があり、どうしても11月が公開日という意識が低いのだが、それでももう初めてこの映画を見てから3年の月日が経っているのである。考えたら、最近の映画の中で、この映画ほど回数を見た映画はないのではないかと思う。大抵は1回、多くて2回という映画が多い中、「この世界の片隅に」は5-6回も見ている。そして、この12月20日には、長尺版の「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」がここ福岡でもユナイテッド・シネマ キャナルシティ13で公開されることが決まった。この日はなんと「スター・ウォーズ:スカイウォーカーの夜明け」も公開されるので、どちらを見るか悩んでしまうが、今の心情では「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」かなという気がしないでもない。「スター・ウォーズ」はジョージ・ルーカスが脚本も監督もしない段階で、すでに別のシリーズになっているという感が強いのである。先行上映版を見た人からは絶賛の声も上がっているし、しばらくまた、「この世界の片隅に」の世界観に浸ってみようかなと思う次第である。

2019年11月11日月曜日

iOS 13.2.2のiPhone 11 Proで通勤時に使った結果は...

先週の金曜の夜、iOS 13.2.2のアップデートをiPhone 11 Proに施していた。しかし、テストをするのは今日の月曜だと思っていた。朝晩の通勤ラッシュに4G通信が途切れて、電源再起動をするようなら、バグフィックスとは言えないからである。今日はApple Musicを垂れ流し(と言いながら、iPhone 11 Proに格納されている曲も結構再生しているので、ずっと垂れ流しというわけでもなさそうだが)にして、ネットを見ていたのであるが、結論から言うと、4G通信は途切れなかった。実は5ちゃんねるを見るときや、Twitterを見るときに、なんかつっかえるような動作をしていたことはある。データの読み込みに時間がかかっているかのような感じである。しかし、電源再起動まで必要はなかったし、時間はかかったもののデータの読み込み自体は最後まで普通に行われたので、iOSのバグフィックスは修正が一応効いているのだと言わざるを得ない。とは言え、安定性はまだまだのような感じもする。ネットの書き込みを見ていても、まだ修正が効いていないという話を度々見かけるので、この問題は長引きそうな気がする。僕もしばらく様子見である。

2019年11月10日日曜日

映画「スノーホワイト/氷の王国」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、THE HUNTSMAN WINTER'S WAR(Blu-ray)/スノーホワイト/氷の王国/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。グリム童話の白雪姫を大胆にアレンジしてヒットした「スノーホワイト」の続編が、この「スノーホワイト/氷の王国」であるが、タイトルにもあるスノーホワイトこと白雪姫が映画には登場しないという、勘違いを生むことになっているこの映画。ストーリーは「スノーホワイト」で白雪姫を助けることになる狩人、エリックが主人公で、彼とコンビを組む女性にサラを備え、悪の女王で前作で死んだはずのラヴェンナを蘇らせるため、鏡の力を借りようとする氷の女王フレヤとの戦いを描いたものになっている。「スノーホワイト」もあまり面白い映画ではなかったが、今作「スノーホワイト/氷の王国」もあまり面白い映画とは言えない。グリム童話から離れた独自のストーリーになっているのだが、設定が面白くないので、ストーリーが陳腐化している。音響がdts:Xだったので期待したのだが、DOLBYイネーブルスピーカーでの環境では、あまり音の広がり感や高さ方向の音響は望めず、この手の映画でありがちなサラウンドだけ効果的、という展開も期待したほどではなかった。映像だけは大変綺麗で、Blu-rayの効果が唯一発揮されていると思う。他人にはあまりお勧めできない映画だと思う。

2019年11月9日土曜日

ドラマ「ザ・モーニングショー」第3話(Apple TV 4K/Apple TV+)

あらすじ

放送業界のイベントの席で、アレックスは不在になっている共同キャスターとして、ブラッドリーを指名することで、波紋を広げる。事前に手筈を整えていなかったアレックスだったが、放送局のコニーはそれを容認する。「ザ・モーニングショー」の視聴率は下がっていて、アレックスを解雇するのにブラッドリーの指名は好都合だったからである。ブラッドリーは戸惑いを隠し切れないが、コニーの話により、「ザ・モーニングショー」のキャスターを引き受けるようになっていく。アレックスは、「ザ・モーニングショー」の脚本についても口を出すようになるが、スタッフはそれに反感を買い始めていた。そして、アレックスが担当しようとしたミッチの性的暴行被害の女性へのインタビューもアレックスからブラッドリーに変更になった。一方、ミッチは自分の正当性を表現しようと、ドキュメンタリー監督と会話を交わしていた。そして、アレックスとブラッドリーのコンビによる「ザ・モーニングショー」のスタートを切る月曜の朝がやってきた。

感想

シリーズも第3話目になって、本格的に話が動いてきている感がある。この物語の本質はというと、男性と女性の対立がテーマなのではないかと思わせるところがある。そもそものスタートが男性キャスターのミッチの性的暴行疑惑により、彼が降板するところから来ているし、一人で番組を背負っているアレックスも、女性とは思えない強気の姿勢で番組を仕切り、首にされないよう必死でスタッフに食いついてくる。そしてブラッドリーはもともと強気の女性で、「ザ・モーニングショー」に相応しくない性格の持ち主と、すべてのキャラが腹に一物を持ったところが面白い展開を呼んでいると言える。その中で、新生「ザ・モーニングショー」がどう放送されるのか、ミッチの反撃はどう展開するのか、アレックスとブラッドリーの関係は発展するのか、など色々先々を期待させるところでこのエピソードは終わってしまう。すでに第4話目は配信済みだが、次回が楽しみである。

メニュー詐欺のニュースがあったコメダ珈琲店で、ミニコメバスケットを頼んでみる

2-3日前のネットのニュースで、「コメダ珈琲店のミニコメバスケットがメニュー詐欺だ」ということで、話題になっていた。メニュー詐欺と言ってもメニューより貧弱なのではなく、メニュー写真より量の多いサンドウィッチが出てきて、逆メニュー詐欺状態になっている、というものである。それを聴いて興味を持った僕は、今日の昼食にコメダ珈琲店に入り、コーヒーとミニコメバスケットを注文してみた。で、現れたミニコメバスケットであるが、ニュースで言われているほどに量が多いわけではなかった。ただ、サンドウィッチに挟まれている玉子の量はメニューより多いかなとは思った。コメダ珈琲店のサンドウィッチ類は量が結構多く、食べるとしばらく何も要らなくなるぐらいなのだが、今回注文したミニコメバスケットは、通常量で食べ過ぎにはならないと思った。でも、美味しかったので、よしとすべきである。

2019年11月8日金曜日

iOS 13.2.2リリース、iPhoneの4G通信途切れの問題解消か?!

今朝、通勤途中の地下鉄の中でiPhoneを見ていたところ、今日の未明にiOS 13.2.2がリリースされたことを知った。iOS 13.2から10日も経っていない中のリリースだが、今回のリリースノートの中に、「モバイルデータ通信を一時的に利用できなくなる場合の問題に対処」という文言があった。docomoを中心に4Gが途切れ、再起動しか解決策がないという問題の修正が含まれているものと思われる。実はこのブログを書いている今、ようやくiOS 13.2.2をiPhoneに適用中なので、実際に修正されたかは、来週の月曜の朝を待たなければならない。福岡市地下鉄のラッシュの時間でテストをして、初めて修正されたかがわかるからである。ちなみにiOS 13.2.1がリリースされていないのは、実はHomePodの文鎮化問題で、iPhoneのHomeアプリからiOS 13.2.1がこっそりリリースされていたため、一般のユーザーには知らない状態だからである。それにしても、今回のアップデートで問題が解決していると良いなとは思っている。某巨大掲示板ではあまり情報が上がっていないので、問題が解決したかがよくわからないのである。月曜の通勤ラッシュのテスト待ちである。

2019年11月7日木曜日

iPhone 11 Proで4G途切れにより、電源OFF/ONをする羽目に

11月5日の記事で、福岡市地下鉄の天神駅で、iPhone 11 Proの4G通信途切れを初体験という記事を書いている。その時には、コントロールセンターからモバイルデータ通信のOFF/ONで元に戻ったと書いてある。しかし、今日の通勤時、4Gの通信途切れが再発した。今日は朝の支度が遅くなったので、ラッシュの真っ只中という具合で、立ってiPhoneでネットを見るのも難しい状況だったが、今日は天神駅ではなく、赤坂駅より少し姪浜寄りの箇所で4Gの通信途切れが発生した。Apple Musicのストリーミングは継続していたが、その時間帯、ネットではなくAutoSleepの睡眠ログを見ていて、操作誤りにより、App Storeを立ち上げてしまったら、App Storeが開かない。それで、他のアプリを立ち上げてみたが、どれも開かなかった。今日はコントロールセンターからモバイルデータ通信をOFF/ONしてみたが回復せず、仕方なく電源をOFF/ONしたところ、改善した。SoftBankのキャリアはあまりトラブルが発生していないという話だったので、ついに自分の機体にも発生したか、という思いである。ただ、帰りの地下鉄は、トラブルになりそうでならず、無事に通信できていたので、原因がわからない。発生箇所も違うし。明日1日会社に行けば週末でお休みだが、明日どうiPhone 11 Proが動作するか、気になっている。少なくとも、iOS 13.2では問題は解決はしていないとは言える。

2019年11月6日水曜日

Apple Watch用アプリ「BatteryPhone」でApple WatchとiPhoneの電池残量が取得できない場合の解決策

僕は、iPhoneにインストールして便利に使っているアプリの一つとして、「BatteryPhone」を挙げる。これはApple Watchにもインストールされるアプリで、Apple Watch上でApple WatchとiPhoneの電池残量を30分間隔で通知してくれるアプリである。しかし、iOS 13.2およびwatchOS 6.1をインストールしたiPhone 11 ProとApple Watch Series 5で、電池残量が取得できなくなってしまった。大抵はiPhoneとApple Watchの電源をOFFしてから再起動を掛ければ改善するのだが、今回は改善しなかった。それではどうやって改善したかというと、実はApp StoreのBatteryPhoneのダウンロードサイトのユーザーのレビューに解決策があった。そのレビューには作者からの返信があったのだが、それによると、Apple Watchから一旦BatteryPhoneをアンインストールし、再度インストールすればいいらしい。それで、僕もBatteryPhoneをまずアンインストールした。デジタルクラウンを押すと全てのアプリが表示されるので、BatteryPhoneのアプリを見つけ、長押しするとiPhoneと同じように右上に×マークが出るので、それを押してアンインストールをする。その後、iPhoneのWatchアプリから、再度インストールするという仕組みである。それを行ったところ、電池残量の正常な表示がされるようになった。BatteryPhoneを使っていて、残量表示が動かない時には、この手段を覚えておくといいかもしれない。

2019年11月5日火曜日

IPhone 11 Proで、初の4G通信途切れ問題発生

10月14日と25日の記事で、福岡市営地下鉄内でストリーミング垂れ流しでiPhone 11 Proを使用し、世間で問題になっている4Gが途切れ復帰しないというトラブルが僕の環境では当てはまらない、という記事を書いている。僕のキャリアはSoftBankなので、トラブルの発生自体が少ないものと思っていた。しかし、今日、2ヶ月ぶりに会社に出社し、出社途上の福岡市営地下鉄で、4Gのアンテナマークが立っているのに、通信できないという話題の問題についに当たってしまった。場所は天神駅で、たまたまiPhoneから少し目を離した隙に、何が起きたかわからないが、モバイルデータ通信が途切れ、ネットに繋がらなくなったのである。電源再起動は最後の手段と考え、最初はフライトモードにして元に戻したが、復帰せず。次にコントロールセンターからモバイルデータ通信をOFFにして、その後ONに戻したら、幸いなことにモバイルデータ通信は復帰した。一部のアプリは強制終了させて、再起動をかけなければならなかったが、思ったほど深刻なトラブルにはならなかったようなので、とりあえず安心と不安が混ざった感情を抱いている。今晩は会社の飲み会で帰りが遅く、帰宅方向の同じ人もいるので、確認取れないが、明日、又テストがてら朝のネット閲覧をしてみようと思う。天神で問題が再発するかが肝である。

2019年11月4日月曜日

ドラマ「ザ・モーニングショー」第2話(Apple TV 4K/Apple TV+)

あらすじ

ミッチの性的暴行疑惑ののち、アレックスは自分の立ち位置が危ういことに危機感を感じていた。すでに放送局上層部は、アレックスを首にして新しい顔に入れ替える計画を立てていた。アレックスは、共同キャスター承認権を契約更新の条項に入れるよう秘書に念を押すが、話は進まなかった。局の上層部であるコニーは、炭鉱の労働環境を取材し、SNSで話題になってしまったブラッドリーに接近し、彼女を「ザ・モーニングショー」のレポーターにしようと考えていたが、部下のチップは彼女との面談を適当に流し、断ってしまう。アレックスたちは、放送の授賞式に出席することになるが、チップはミッチに出席しないよう念を入れる。そして、アレックスたちの席にブラッドリーが座ることによって、話はややこしくなる。その頃、ミッチを告発した女性スタッフに対して、「ザ・モーニングショー」の別のスタッフは、番組に出るよう説得する。

感想

「ザ・モーニングショー」の第2話は、ミッチの性的暴行疑惑によって、アレックスの立ち位置が悪くなり、アレックスが苛立ちを隠せなくなっているというのがメインの話になっている。アレックスが自分の立場を守ろうと色々行動するのだが、それが効果を発揮していないところが、アレックスの危機感を表していると思う。その一方で局の上層部であるコニーが、地方局のレポーターであるブラッドリーを買っているのが、妙に印象に残る。ブラッドリーとアレックスの立場も物語の中心にあるものだが、コニーが何を考えているのかがはっきりせず、物語に関心を寄せる展開になっていると思う。性的暴行疑惑をかけられたミッチの立場も今後色々ありそうで、次回の展開が気になるところである。

映画「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、THE HUNGER GAMES:MOCKINGJAY PART 2/ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。スーザン・コリンズの人気ヤングアダルト小説「ハンガー・ゲーム」シリーズの最終章の後編が、この「ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション」である。このシリーズは鑑賞するたびに軽い失望に襲われてきたのだが、シリーズ完結篇となるこの作品も、残念ながら軽い失望を覚えざるを得ない。そもそも「ハンガー・ゲーム」という人殺しゲームの設定自体が予想と違って面白くなかったのに加え、その「ハンガーゲーム」で一躍有名になったカットニスという少女が次第に「ハンガーゲーム」主催者に対する反乱の象徴になっていく展開も、今一つ乗れず、シリーズを見るたびに期待が萎んでいったのであるが、この作品も例に漏れず、期待外しの感が逃れない。音響がDOLBY ATMOSなので、反乱軍とキャピタルとの戦闘シーンは迫力あるサラウンド効果を発揮していて、そこの部分だけは見応えあったのだが、ドラマがダメである。ようやくシリーズも完結し、これでスッキリした部分があるので、これでよしとすべきであるが、他人に勧められる映画かと言われると、勧められないなと思う。

2019年11月3日日曜日

タイフェスティバル福岡2019に行ってくる

昨日の夕方のテレビのニュースを見ていたら、ローカルニュースで、天神中央公園で昨日と今日、「タイフェスティバル福岡2019」を開催している、と報じていた。今年のGWにタイのバンコクに行き、タイに関心のあった僕は、せっかくの日曜なので天神に行ってみるかと、今日の午前中、天神中央公園で開催されている「タイフェスティバル福岡2019」に行ってみた。午前11時から開始とのことで、11時少し前に会場に着いたのだが既に出店のお店は営業を始めていて、食べ物が食べられる状態にあった。せっかくなので、タイ料理を食べたいと思い、シンハーの生ビールとカーオカームー(豚の煮込み乗せご飯)、トムヤムヌードルをいただいた。天気が悪いので今ひとつ気分は乗らないが、それでもタイに行った気分にはなる。500円以上の買い物をすると抽選会に1回参加できるチケットがもらえるので、3回分チケットをもらい抽選会に参加したが、残念ながら外れ。刺青のシールと、飴をもらってきた。タイの雰囲気はよく出ていたと思うし、今日もテレビのスタッフが取材に来ていたので、そこそこ話題になっているイベントではないかと思う。僕個人もタイ料理を食べられて、良かったと思っている。

ドラマ「ザ・モーニングショー」第1話(Apple TV 4K/Apple TV+)

あらすじ

ネットワークテレビ局の人気番組、「ザ・モーニングショー」に事件が起きる。キャスターのミッチに性的暴行疑惑が持ち上がってしまったのである。その情報を聞いたもう一人のキャスター、アレックスはスタッフに指示して、自分一人が原稿を描き、視聴者と共に寄り添う姿勢を取ることに決める。番組は成功をして、視聴者に訴えかける内容になっていた。ミッチは自宅で報道関係の情報を仕入れていたが、自分は無罪であることを訴えかけ、闘う姿勢を見せる。その頃、地方テレビ局のブラッドリーは炭鉱の雇用問題で現地を訪れ、その中の一人と喧嘩になってしまう。その模様がSNSで拡散し、「ザ・モーニングショー」のスタッフの目にも止まり、ブラッドリーを「ザ・モーニングショー」に出演させることにする。ミッチの事件を発端に、テレビ局の上層部はアレックスも降板させ、新たな顔を探し始めるべく、独自の動きをしていた。

感想

11月1日からサービスがスタートした、Apple TV+。その中でドラマがいくつか用意されているが、放送局の内幕を描くような展開を期待して視聴したのが、この「ザ・モーニングショー」である。収録時間は1時間3分で、物語が「ザ・モーニングショー」のキャスターであるミッチの性的暴行疑惑を発端に、「ザ・モーニングショー」のキャスター入れ替えまで話が大きくなっていくという展開を描いている。比較的じっくりと物語を描いているため、登場人物のキャラが立っている感触を受ける。シリーズはまだ続くので、第2話以降も楽しみである。Appleが制作しただけあって、4K DOLBY VISION+DOLBY ATMOS収録で、HD環境しかない僕の視聴機器でも、DOLBY ATMOSは再生できる。DOLBY ATMOSの効果は、ドラマということもあり、音楽メインの広がり感が感じられるところであるが、物語に引き込まれる感触はある。

2019年11月2日土曜日

1年無料に惹かれ、Apple TV+の定期購読を申し込む

昨日から、Appleの映像サブスクリプション、Apple TV+がスタートした。僕は最初その気がなかったのだが、10月に買ったiPhone 11 ProのApple TVアプリにバッチがついていて、見ると、Apple TV+の1年購読無料の表示があった。それで、少し調べてみると、昨日から3ヶ月以内に定期購読を申し込み、視聴を開始しないと、1年の無料購読はできない、と説明に書いてあった。なので、1年は無料だからとりあえず定期購読してみて、1年後、視聴が続いていれば定期購読継続、視聴が続かなければ購読解除すればいいやと考えて、定期購読の申し込みをした。9月12日以降購入したAppleデバイスを持っていれば、定期購読自体はそのデバイスじゃなく、別のApple製デバイスで登録でも1年無料の定期購読になるようである。僕はDOLBY ATMOSサウンドトラックが目的なので、Apple TV 4Kで登録したが、定期購読の概要を見ると、来年の11月まで無料になっている。あとは、どの番組を試しに見てみるかと言うことになる。明日か明後日にこのブログに感想を書いているのではないだろうか。

映画「ゼロ・グラビティ」(Apple TV/iTunes Movies)

レビューの詳細は、ゼロ・グラビティ/Apple TVで観た映画のレビューを参照のこと。かなり前の話だが、輸入盤Blu-ray 3Dでこの映画を鑑賞している。その時は3D映像の没入感が素晴らしく、称賛した覚えがある。しかし、その後Blu-ray 2Dで音響がDOLBY ATMOSのバージョンもリリースされたものの、現在は入手困難でプレミア価格がついている始末。そんな中、iTunes Moviesを検索したところ、配信でHD画質ではあるものの、DOLBY ATMOSサウンドトラックを収録した本作が売られていたので、購入をして鑑賞した次第である。映像はHD画質で2Dであるので、映像的な没入感は乏しい感じがする。しかし、DOLBY DIGITAL PlusによるDOLBY ATMOSの効果は絶大で、サラウンドチャンネルやオブジェクトオーディオの音の方位感、移動感が素晴らしく、それを堪能するだけでもこの映画を購入する価値はあると思う。DOLBY DIGITAL PlusでのATMOSなので、Blu-rayのDolby TrueHDと比較すると音質面で不利になっているはずだが、鑑賞した限りにおいてはその差は分からず、素晴らしい音響効果を上げている。値段も1500円とまずまず手頃なので、DOLBY ATMOS環境を持っている人は、この映画を購入して鑑賞する価値があると思う。

2019年11月1日金曜日

AirPods Proのノイズキャンセル機能は、素晴らしい

2019年10月29日の記事で、僕はAppleのインナーイヤー型イヤフォン、AirPods Proを予約したことを書いている。その間にも巨大掲示板では、一足早く入手した人からの称賛の書き込みが溢れていた。書き込みではしばしば、「スティーヴ・ジョブズが生きていたら喜んでいただろう」と書き込みが見られ、期待にワクワクしたものである。配送は今日だが、都合の良いことに、今日は在宅勤務だったので、いつでも受け取れる状態にあった。AirPods Proは午後3時ごろ届き、仕事の最中、梱包材を開封してセッティングだけしてみた。そして、在宅勤務終了後、スーパーに買い物に行く際に、AirPods Proを耳に装着して音楽を聴きながら向かっていった。この時のノイズキャンセリング機能は素晴らしかった。交通量の多い道路の脇の歩道を歩いていたのであるが、車の音がガソリンエンジンの音からモーターの唸り程度に軽減していたのである。そして、スーパーで買い物をして、レジで並んでいる際に、ノイズキャンセリング機能をOFFにしてレジの人との会話に備えようとしたら、如何にスーパーの雑音が多いかが改めてよく分かった。代金を支払い、再びノイズキャンセリング機能をONにしたら、スーパーの雑音がものの見事に消えたのである。音質も、外部ノイズが消えた分、よりクリアになった感がある。これは、来週から会社に通勤するのだが、地下鉄のノイズがどう消えるかが楽しみである。

2019年10月31日木曜日

首里城焼失

今朝、起きてから洗顔をして、Apple Watchを手首に装着して間もなく、通知が来た。Yahoo!ニュースの号外で、何かと思ったら、なんと沖縄・那覇の首里城が延焼中という通知だった。その後、首里城の延焼は拡大し、結局7棟が焼失するという最悪の結果を迎えている。僕は、何回か沖縄を旅行していて、2016年には、那覇&首里街歩き2016年2日目/首里城周辺と識名園を巡る/がちゃんの部屋というページで、直近の首里城見学の様子を記している。沖縄病にかかり始めている僕としては、首里城の焼失は人ごととは思えない。あの、琉球王朝を感じさせる復元された首里城は、見応えある建築物だったと思う。まずは原因究明が先だと思うが、是非ともまた復元して、沖縄の人や、沖縄ファンのナイチャーの人たちが唸るような建築物を再現して欲しいと思う。

2019年10月30日水曜日

macOS 10.15.1とwatchOS 6.1がリリース

昨日(10月29日)に、iOS 13.2とiPadOS 13.2、tvOS 13.2がリリースされた。このことは記事にはしていないのだが、昨日の朝、ネットの情報を得て、iPhone 11 Pro、iPad Pro 10.5inch、Apple TV 4Kに適用をしたところである。しかし、気になったのは「macOS 10.15.1とwatchOS 6.1のリリースはされないのか?」ということだった。ここしばらくのAppleのアップデートリリースのタイミングを見ると、全てのデバイスのアップデートが同日に一気に来ることが多かったため、通常ならmacOS 10.15.1とwatchOS 6.1も来てもいいはずだった。しかし、昨日はこれら2つのアップデータは来なかった。今朝、起きてからネットの情報を探ると、macOS 10.15.1とwatchOS 6.1のアップデータが来ていることがわかった。それで、とりあえずmacOS 10.15.1だけMacBook Proに適用をしていた。watchOS 6.1は健康管理の関係上、朝にアップデートはせずに夜に充電するときに適用するつもりである。それでも、昨日、今日でAppleのデバイスのOSのアップデータはリリースされたことになる。今回のOSシリーズはバグが多いので、修正ファイルの適用は必要不可欠なので、まだの人は適用をしたほうがいいと思う。

2019年10月29日火曜日

AppleのAirPods Proを予約注文する

ここ10月に入ってから、ノイズキャンセリング機能を持ったインナーイヤー型のAirPodsが10月に発売されるという噂が、ネット上を駆け巡っていた。僕はその話には半信半疑だったのだが、今朝起きてiPhoneの情報サイトを見ていると、なんと昨晩の遅くから発表会なしで予約受付を開始している、という記事を見かけ、びっくりした。記事を見た後、すぐにAppleのサイトを見ると、確かに予約注文を受け付けている。朝7時前の時間では、福岡には11月1日に配送予定、と書いてある。AppleからはApple Watchのミラネーゼループを買おうか買うまいか、考えていたのであるが、AirPods Pro(という名称の新型)の発売開始にあたって、ミラネーゼループのことなど消し飛んでしまい、AirPods Proを注文してしまった。今、僕はAirPods 2を使っているが、オープンエアー型なため、地下鉄の駅などでは音楽がかき消されがちで、そこが不満と言えば不満だった。今度のAirPods Proはノイズキャンセリング機能があるので、より音楽を楽しめる状況にあると言える。この記事を書いている19時現在では、2-3週間の待ち期間が発生しているようで、朝、考えもせずに予約して良かったと思っている。ただ、3万円という金額の出費は痛いなと思ってもいるが。

2019年10月28日月曜日

36営業日ぶりに会社の仕事を自宅で行う

土曜日の記事で、会社のおじさんが僕のノートPCを自宅に持ってきた、という話を書いている。その記事のラストは、これは自宅で仕事しろ、ということなのかな、という推測で終わっている。土曜日、PCのメンテナンス時にメールソフトを立ち上げてみたところ、400通以上の未読メールが溜まっていて、サーバーがパンクしていたのも気になった点である。それで、昨日の夕方、上司に「自宅で在宅勤務を行うがいいか」という了承を得て、今朝、8時から36営業日ぶりに会社の仕事を自宅で行った。まずはメールのチェックと、処理すべきメールの選り分けを行ったが、実際は540通のメールがあり、サーバーがパンクしていたので、過去のメールを保存領域から消さなければならないぐらいだった。メールのチェックは11時半ぐらいまで続いて、ようやく未読はなくなった。それから、処理しなければならないメールをまたチェックし、簡単な内容の物から手を付けていった。昼食休みも会社に合わせて、12:45から45分。コンビニに行って弁当を買ってきて、昼食にした。午後は、久しぶりにアカシジア が出たので、自宅なのをいいことに少し業務から逸脱。ロラゼパムが効いた。そして、17:30に本日の業務終了。自宅で誰もいず、ラジオがかかっているだけなので、集中力が増した。業務終了後はスーパーに行き、夕食のおかずを購入。大分会社通勤時のペースに近づいてきた。明日も在宅勤務で調整取るつもりである。出社は来週以降かな。

2019年10月27日日曜日

ドキュメンタリー「ジェームズ・キャメロン 深海への挑戦」(輸入盤Blu-ray 3D)

レビューの詳細は、DEEPSEA CHALLENGE 3D(Blu-ray 3D)/ジェームズ・キャメロン 深海への挑戦/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。邦題にもある通り、映画監督のジェームズ・キャメロンが、子供の頃からの夢である深海に潜るということを実際に行った様子を収めたドキュメンタリー映画。日本では劇場未公開で、ビデオだけリリースされた状態なので、よほどのジェームズ・キャメロンファンでない限り知られていない作品であると言える。面白いのが、監督を務めているのはジェームズ・キャメロンではなく、別の人が担当しているということ。さすがに自分自身で主役を務め、ドキュメンタリーのナレーションまで自分で担当しているので、演出までは手が回らなかったか。作品内容は、キャメロンの海をテーマにした映画の紹介とメイキングを含みながら、キャメロンが少しずつ海底にチャレンジする様子が10年単位で描かれている。作品の中心になるのはマリアナ海溝へのチャレンジで、それを行うために潜水艦の製造とテストをニューブリテン海溝で行うところが、作品の目玉になっている。「アバター」で3D映画の爆発的ヒットを起こした人物だけあって、このBlu-rayも3D映像で収録されていて、立体感や奥行き感はかなりある。3Dテレビは既にどのメーカーも生産しておらず、Blu-ray 3D自体も縮小傾向だが、3Dテレビを所有している身としては、その効果の恩恵にあずかれている。

2019年10月26日土曜日

会社のノートPCが自宅に来るので、メンテナンスをする

2019年8月31日に事故で入院してから、身の回りのことはほとんど書いていないが、入院時に会社の管理職のおじさんがしばしば見舞いにきた。見舞いとは名ばかりで、僕の担当している仕事を代わりに処理しようとして、中身が全く分からないので、僕に面会がてら内容の説明を聞きに来ていたのである。それは、僕が病院を退院してからも続き、先日など夜の7時半から9時まで自宅で説明をしなければならないというハードさだった。その時に管理職のおじさんは、「今度来る時にあなたのノートPCを持ってきます」と話をしていたのであるが、昨日の夜、SMSで「今日の昼いますか? ノートPC持っていきます」と話がきた。昼はいたので、了承すると、今日の午後2時ぐらいにノートPC一式を持ってきた。それを受け取り、動作確認をしたのであるが、会社の専用線の接続は問題なかったが、ウイルススキャンソフトのバージョンと、Windows 10のパッチが古いままだったので、警告が出てしまった。それで、本来週末の休みの日ではあるが、午後2時から4時半ぐらいまで、ノートPCのメンテナンスをしてしまった。これは、どうも在宅勤務でいいから来週ぐらいから復帰しないか、という意味合いあるのかなと感じている。とりあえず、保険の申請書の一部は書き上げて郵送しているので、あとは別の診断書待ちなのと、会社の保険の請求を調べなければならないぐらいで、だいぶゆとりはできているのであるが。睡眠時間が足りておらず、6時間半-7時間ぐらいしか取れていないのが、気になるところである。明日と、月曜の朝の体調と相談しながら、どうするか考えたい。

2019年10月25日金曜日

4G通信が途切れると問題になっているiPhone 11 Proをradiko垂れ流しで移動テストしてみる

10月14日の記事で、「4G通信が途切れ、その後電源再起動しないと復帰しないiPhone 11 Proを福岡市営地下鉄で使ってどうなるか」という内容を書いている。その時は、「特に問題は生じていない」と書いたのであるが、今日、事故の後始末で病院に医師の診断書作成依頼をしにリハビリ専門病院と大学病院に行く必要が出てきた。それで、もう一回フィールドテストをしてみようと思った。僕のキャリアはSoftBankで、上記トラブルの発生回数は少ないとはあるが、全く症状が出ていないわけでもなさそうである。まず、自宅の最寄駅からリハビリ専門病院までマイクロバスで移動したのであるが、その間、radikoを垂れ流しで聴いていた。その時は特に異常はなし。リハビリ専門病院で用事を済ませ、リハビリ専門病院からマイクロバスと福岡市地下鉄空港線と七隈線を使って大学病院までradiko垂れ流しの5ちゃんねる及びTwitter閲覧をしていたのであるが、これも異常がなかった。大学病院で用事を済ませ、天神まで戻り、天神で昼食後空港線で帰っていったのであるが、radikoは垂れ流しで問題はないが、Facebookに記事投稿時に写真を添えたらエラーが発生してやり直しになってしまった。とはいえ、4Gが切れたわけでもなく、再度投稿したら問題なく投稿できたので、異常は認めない状況になってしまった。この4Gが切れて電源再起動をしないと使えないトラブルは、docomoで多く発生しているが、少なくとも僕の場合、異常は認められないという結論に達してしまった。来週、iOS 13.2がリリースされると噂されるが、このリリースでトラブルが解決すると、安心できるのだが。

2019年10月24日木曜日

ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」アンドリューとデイブの特別編

人気料理番組「ザ・シェフ・ショー」第2シリーズのラストを飾るのは、YouTuberのアンドリュー・レイと、「アグリー・デリシャス」のデイビット・チャンをゲストに迎えてのエピソード。アンドリューとは、オニオンスープや朝食を調理する。ロイの話によると、オニオンスープを作るのに玉ねぎをただ炒めるのではなく、ジャムを作るように加熱するのが良いのだという。実際ジャム化した玉ねぎをベースにしたオニオンスープを見ていると、美味しそうという印象を受ける。朝食は、ジョンの家にある古いパンとハッシュド・ポテト、卵の料理。こちらも美味しそうである。デイビッドとは、キムチの作り方を描いている。本来ならキムチは数ヶ月掛かって出来るものだが、今回は簡易型の作り方なため、1-2週間で出来るという。それでも美味しそうである。今日のエピソードで第1シーズン第2シリーズは完結するのであるが、続編は作られるのか、興味深いところではある。第3シリーズになるのか、第2シーズンになるのか、それともこれで完結か分からないが、続編が作られたら、また鑑賞したいと思う。

2019年10月23日水曜日

ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!~」スカイウォーカー・ランチ

今回の「ザ・シェフ・ショー」の舞台は映画の音響効果で有名な、ジョージ・ルーカスが所有するスカイウォーカー・ランチ。スカイウォーカー・ランチでは従業員の食事の素材は、全て地産地消で作られているという。それも農薬を使うこともなく、様々な植物を植えることで、野菜の葉っぱを食べられないようにするなど、工夫が垣間見える。ジョン・ファヴロー自身も「アイアンマン」の音響製作でこのスカイウォーカー・ランチを利用していたという。その地産地消の食材を利用して、様々な料理を調理するというのが今回の特徴である。ジョン・ファヴロー自身がアニメ「クローン・ウォーズ」の登場キャラの声を当てていたということで、もっぱら「スター・ウォーズ」の話に終始していたが、それでも肉料理やサラダなどが次々に手早くできてくるのが、見事な出来栄えだった。ルーカスの所有するスタジオは滅多に映像として紹介されないので、今回のエピソードは見応えがあった。

映画「地獄のデビル・トラック」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、MAXIMUM OVERDRIVE(Blu-ray)/地獄のデビル・トラック/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。モダンホラー小説の帝王、スティーヴン・キングが自身の短編小説を自ら監督、脚本を担当して映画化したのが、この「地獄のデビル・トラック」であるが、原作のホラー度合いは影を潜め、悪ノリB級映画として仕上がっているのが、この映画の特徴である。サウンドトラックをAC/DCが務めたことにより、ホラーとしての怖さはほとんどなく、意志を持った機械によって惨殺される登場人物もギャグにしか見えないという出来は、あらかじめできの悪い映画という認識だけ持って鑑賞すれば、そこそこ面白いのだが、小説で恐怖を描くキングが映像を担当しても怖くないという真逆の性格を持ってしまっている。キング自身がB級映画ファンなので、自身の映画もそのノリで作ってしまったというところであり、ファンの期待は裏切られているのが実態である。昔、レーザーディスク全盛期にはキングのサイン入りレーザーディスクの発売が告知されていたが、結局発売中止になり、ようやくBlu-rayでこの作品を通して観ることができた。画質もサラウンドも決して褒められたものではないが、キング唯一の監督、脚本作なので、貴重な映画であるとは言える。

2019年10月22日火曜日

映画「ジョン・ウィック:パラベラム」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、JOHN WICK:CHAPTER 3-PARABELLUM(Blu-ray)/ジョン・ウィック:パラベラム/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。キアヌ・リーヴスの代表作になった「ジョン・ウィック」シリーズも早くも第三弾。シリーズを重ねるごとに評価や興行収入は右肩上がりで、今作ではシリーズ最高の興行収入を叩き出しているが、なぜか日本ではあまりヒットせず、「ジョーカー」に惨敗している始末。ジャンルが違うので一様には言えないが、アクション映画としては、「ジョン・ウィック:パラベラム」は出来が良い部類の映画になっているかと思う。前作、前々作からストーリーが続いているので、シリーズを見ていないと主人公ジョン・ウィックに感情移入するのが難しいのではないかと思うが、見ている人には、最初からジョン・ウィックに感情移入できて、派手なアクションシーンに溜飲を下げる思いではないかと思う。この4K UHD Blu-rayに同梱のBlu-rayでは、音声トラックにDOLBY ATMOSが収録されているので、ガン・アクションシーンなどで音が空間に広がる効果を発揮し、シーンの効果を最大限にしていると言える。もちろん、4K UHD Blu-rayではDOLBY VISION収録なので、よりカラフルな色彩を発揮できるものであると思う。4K再生環境を持つ人にはオススメしたい映画である。

2019年10月21日月曜日

土岐麻子「PASSION BLUE」特典Blu-ray「SAFARI TOUR」の感想

土岐麻子の最新アルバム「PASSION BLUE」は三形態で発売されている。CD本編のみのバージョンと、CD+DVDのバージョン、CD+Blu-rayのバージョンである。DVD、Blu-rayはTOKI ASAKO LIVE 2018“SAFARI TOUR”2018/09/08 SAT@HULIC HALL TOKYOのライブ映像と、「Black Savanna」、「名前」のビデオクリップが収録されている。ライブ映像が圧巻で、なんと15曲もライブから収録されていて、収録時間が80分にもなるという具合である。僕個人は福岡でのライブを見てきているのだが、福岡のセットリストと比較しても2曲ほどカットされている以外は、大多数の曲はそのまま収録のようである。もちろん、MC部分はカットされているが、ライブビデオとしては、そのカットがありがたく感じる。15曲も入っているため、ライブの雰囲気が存分に楽しめる。2ch STEREOではあるが、AVアンプのモードをDOLBY SURROUNDにしておくと、音が室内に充満するようで、なかなか臨場感たっぷりの音響である。ただ、画質という点では多少黒浮きしているのと、解像度がBlu-rayにしては物足りない感じがするのが、残念なところである。映像がシネマスコープサイズで収録されているのも、映像の迫力をもたらす結果になっていると思う。土岐麻子の金年のアルバムでは、大抵DVDが特典に入っていて、アルバムの前のツアーの映像が収録されているが、今回は魅力的なライブ映像であったと言える。

2019年10月20日日曜日

映画「イエスタデイ」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、YESTERDAY(Blu-ray)/イエスタデイ/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。世界中で発生した12秒間の停電により、ザ・ビートルズが存在しない世界の中で、ただ一人ザ・ビートルズの曲を覚えている主人公ジャックが、ザ・ビートルズの曲を歌うことで世界中のヒットメーカーとして成功を収めていくが、逆に恋人との関係が危うくなっていく姿を描いたコメディ映画。ジャックの才能を買ったミュージシャンとしてエド・シーラン本人が本人役で出演しているのも、この映画の目玉の一つで、彼の存在が大きいことを示している。ザ・ビートルズの存在がない中でのジャックが歌うザ・ビートルズの曲というのが、この映画の中心になり、ザ・ビートルズファンならハマる映画になるのではないかと思われる。ザ・ビートルズ以外にも世界から消えた存在というのがユニークで、ミュージシャンではオアシス、嗜好品ではコカ・コーラ(なのでこの映画ではペプシが中心になる)、タバコがこの映画の世界から消えているのも面白い。現在劇場公開中だが、あまり日本ではヒットしていないようであるが、作品としてはそこそこ面白いと思っている。

2019年10月19日土曜日

Apple TV 4KでNASにあるDOLBY ATMOSデモトレイラーを再生する方法

以前、DOLBYのサイトから、DOLBY ATMOSのデモトレイラーを入手する方法を書いている。割とこの記事は好評なようで、アクセス数もそこそこある。一方、Apple TV 4KはDOLBY ATMOSに対応しているが、DOLBY ATMOSを再生するには、iTunes MovieかNetflixの4K契約か、Amazon Primeの数少ない映画で対応するしかなかった。Apple TV 4Kでも気軽にDOLBY ATMOSのデモをしたかったのだが、DOLBYのデモトレイラーでは、Apple TV 4Kでの再現は今まで不可能だった。しかし、ここ最近状況が変わっているようである。NASに収録したDOLBY ATMOSのデモトレイラー、具体的にはmp4ファイルの音声トラックがDOLBY DIGITAL PLUSの仕様ならば、NASのファイルを再生するアプリのうちいくつかは、DOLBY ATMOSに対応をし始めているのである。僕は、昔料金を払ってMrMCというNASのファイルを再生するアプリを使用しているが、これが最近DOLBY ATMOSに対応したようで、昨日テストしたところ、DOLBYのデモトレイラーはDOLBY ATMOS/PCMというデコードで再生ができている。ただ、無料のVLCではDOLBY ATMOSの再生は無理だった。ネット上の話ではInfuse 6も対応しているという話はあるが、僕は未確認である。どちらにしても、DOLBY ATMOSのデモトレイラーをApple TV 4Kでも楽しめることがわかったので、テストには使えると思う。

2019年10月18日金曜日

映画「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、IT(Blu-ray)/IT/イット “それ”が見えたら、終わり。/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。モダンホラーの帝王、スティーヴン・キングが1980年代中盤に発表した「IT」の2度目の映像化作品。最初の映像化は1990年代のテレビミニシリーズだったが、この1990年代の作品は未見。今回、初の映像化作品を見ることになった。スティーヴン・キングの小説を映像化すると、大抵は駄作に陥るのだが、それは小説の長さをわずか2時間の映画に収めることに無理があるのと、ホラーならではの怪物を映像化することに無理があったと思うのだが、今回の「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」は、長い小説のうち、主人公の少年少女時代だけを描き、また、恐怖の存在であるピエロのペニーワイズのモーフィングをCGで描くことで、それらの課題を克服していて、出来の良い作品になっていると思う。2019年の秋には大人になった主人公たちが再度ピエロのペニーワイズに挑む続編が作られるということで、楽しみが増えたと言える。原作のタイトルは「IT」だけで、映画化される際に邦題が「“それ”が見えたら、終わり。」というサブタイトルまでついている。スティーヴン・キングファンならば、「IT」の意味がよくわかると思うが、映画をそんなに観ない人にとっては、このサブタイトルは関心を引くものになっているのではないかと思う。個人的には余計なサブタイトルだと思うが、やむを得ないだろう。

SoftBank版iPhone XSがラクウルで満額買取で売れる

先週の金曜日、Apple福岡でiPhone 11 Proを購入した。すると余るのがSoftBank版iPhone XSである。僕の場合、新しいiPhoneを購入すると今まで使ってきたiPhoneは中古売買のラクウルで売ることにしているので、今回のiPhone XSもラクウルで売却することにした。ラクウルの買取金額は、10月14日現在で73000円だった。iPhone 11 Pro発売開始日の9月20日の段階では78000円だったので、5000円値下がりしていることになるが、それは仕方なかった。SoftBank版iPhone XSも、SIMロックを解除したSIMフリー状態にしておかなければ、買取はしてもらえないようである。僕の場合、海外旅行等でiPhoneを活用するので、SIMロックは解除していた。それで、10月14日に宅配便の人に引き取りにきてもらった。iPhone XSはシリコンケースと、ガラスフィルムをつけて使用していたので、外装の汚れ等は全くと言ってもいいほどなかった。機能も問題ないようである。それで、10月17日に査定が終わった。買取値段だけ見て、まだ手続きはしていないのであるが、満額回答の73000円で買取してくれるとのことである。iPhone 11 Proの購入価格は140000円ぐらいしているので、その半額程度は回収できたことになる。逆にいうとiPhone 11 Proを標準希望小売価格の半額で買えたという見方もできる。ここのところ出費が増えているので、この買取価格は助かるところである。

2019年10月17日木曜日

佐野元春アルバム「或る秋の日」、オリコンウィークリーチャート14位発進

この10月9日に佐野元春のニューアルバム「或る秋の日」がリリースされた。今回、CDは受注生産限定盤だったこともあり、生産数を絞っているなという印象を受けた。発売日前日の10月8日からオリコンのアルバムデイリーチャートで、3日連続10位という位置につけていて、「これは売れているのかな」という感触を持った。しかし、16日にウィークリーチャートが発表され、残念ながらウィークリー第14位、販売推定枚数は4988枚とちょっと残念な結果に終わった。何年か前の佐野元春のアルバムだと10000枚程度は売れていた記憶があるので、今回の5000枚弱という売り上げは、佐野元春の企画物アルバム程度の売り上げと同じと見て良い。CD自体が売り上げが落ちているという現実を見ても明らかなように、時代がストリーミングに移行しつつあるのかなという気もするが、佐野元春の今回の「或る秋の日」が、あまり世間にアピールできていないような気がする。買う層はコアなファンだけという感じで。個人的には素晴らしいアルバムなので、もっと多くの人に聞いて欲しいと思うばかりである。

2019年10月16日水曜日

ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」ホグ・アイランド

「ザ・シェフ・ショー」の第2シリーズは、誰かがゲストで、室内の調理場で調理するというのが特徴だった。しかし、今回のエピソード「ホグ・アイランド」は、サンフランシスコのホグ・アイランドでの牡蠣の養殖をエピソードの冒頭に持ってきているところに、今までとは違った展開を見せている。牡蠣の養殖のコツなどを養殖者が話をして、養殖の状態を画面で見せるところで、牡蠣について知識を得ることができる。では、牡蠣の養殖に対しての話だけかというと、そこは料理番組。生牡蠣のドレッシングがけや、アオサと呼ばれる海藻のサラダ、ムール貝の蒸し煮など、バーベキュー形式で調理をしていくところは、やはり「ザ・シェフ・ショー」である。でも、ロイ・チョイが牡蠣を合計100個食べたというのは、食べ過ぎでは、と思ってしまう。牡蠣って栄養が高いので、食べ過ぎは体に悪いのでは、と余計な心配をしてしまう。僕なんかも生牡蠣で当たった記憶があるだけに余計である。それでも美味しそうな生牡蠣で、食べたくなってきた。そろそろシーズンになる頃である。

iOS 13.1.3、iPadOS 13.1.3がリリース

今朝、起きてからiPhone絡みの情報サイトを見ていたところ、今朝未明にiOS 13.1.3とiPadOS 13.1.3がリリースされているという情報を得た。それで早速インストールしてみた。iOS 13.1.3にしろ、iPadOS 13.1.3にしろ、一部で騒がれているiPhone 11 Proのdocomo回線でのモバイルデータ通信が切断される問題を解決するアップデートではない。リリースノートには少なくともその問題を解決するという文言は見つけられなかった。とはいうものの、その他様々なバグを修正しているので、適用可能デバイスを持っている人は、アップデートしたほうがいいのは、言うまでもない。

2019年10月15日火曜日

Apple Watch Series 5のバッテリーは使いようで1日持つ

Apple Watch Series 5の最大の特徴は、常時点灯モードがあるということだろう。Series 4までのApple Watchは普段は画面が完全に消灯していて、手首を捻って自分の顔に向けた時だけ時計として時刻を表示させるようになっていた。Series 5になって、普段の画面でも表示輝度を落とし、また描画速度を毎秒1秒に抑えることで、時計の常時点灯が可能になっているのである。しかし、その分バッテリーの持ちはあまり良くなく、18時間が動作限界であるとされてきた。僕は先週の金曜に購入するまで、掲示板で先に入手した人の意見に目を通してきて、買い換えるか、Series 4のままで行くか検討してきた。結局は買い替えたのだが、僕のApple Watchの使い方は、22時に100%の充電状態で腕に装着し、朝6時45分まで就寝中にAutoSleepという睡眠測定アプリで睡眠をモニターしている。そして、朝は洗顔の間は時計を外しているが、その後も腕に装着し、各種通知を受信して、19時まで使うというパターンである。それをApple Watch Series 5で当てはめると、動作時間が足らないことになる。そこで、22時から6時45分までの睡眠時間中は、Apple Watchをシアターモードにして、一切画面表示させないようにした。それをした上で、その他の時間は常時表示モードで運用していたのであるが、少なくとも自宅で使っている限りにおいては、19時まで使用して残量38%で着地するようである。なので、就寝時間だけシアターモードで画面表示させなければ、僕の使い方でも1日持つことになる。これは大きな収穫で、夜の睡眠モニターができるというのは大いに役に立つところである。

ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」ゲリラタコス

Netflixで好評配信中の「ザ・シェフ・ショー」シリーズ2。今回、ジョン・ファヴローとロイ・チョイが挑むのは、タコス。メキシコ料理であるタコスを独自のアレンジで調理しているウェス・アヴィラとともに、まず朝食用のブリトーを作り、その後、サツマイモを使ったタコスや、別メニューのタコスを調理するという展開である。メキシコ料理は、スパイスが効いていて美味しいのはわかっているが、調理の様子を見ていると食べたくなってしまう。特に店オリジナルのサツマイモを具にしたタコスは、どんな味がするのだろうと、興味を惹かれるものがある。この第2シリーズでは、ロイ・チョイの出番はあまりなく、ジョン・ファヴローが毎回料理人に手ほどきを受けながら料理を作っていく、という展開が多く、まさにジョン・ファヴローの作品なんだなと実感させられる。

2019年10月14日月曜日

iPhone 11 Proを福岡市地下鉄で使ってみた結果

iPhone 11 Proを先週金曜日に購入した。そのiPhone 11 Proだが、ネット上では「モバイルデータの4Gが途切れてしまい、電源再起動しなければ復帰しない」というトラブルで溢れかえっている。iPhone 11 Proでdocomo回線の時にそのトラブルが発生する確率が高まるわけだが、その事実は知りながら、先週金曜日にiPhone 11 Proを購入していたのである。それは、僕が契約しているキャリアがSoftBankであり、docomoに比べればトラブルの発生割合が少ないことを掴んでいたからである。とはいうものの、実際に鉄道やバスに乗って移動中に使えるかどうかをテストしないと事実はわからないわけである。今日、朝起きて映画を見に映画館に行く気になったので、福岡市地下鉄に乗って移動することになり、iPhone 11 Proのフィールドテストができると思っていた。せっかくなので、Apple Musicでストリーミング再生を行いながら、ネットを見ていたのであるが、地下鉄内で2箇所、電波のつかみが悪くなり、4Gから電波が0になる瞬間があった。でも、キャッシュが効いているので、Apple Musicは途切れなかったし、電波の復帰後はそのままモバイルデータ通信も復帰し、特に電源再起動の必要性も感じなかった。少なくとも、福岡市地下鉄でのフィールドテストでは、大きな問題もなく、iPhone 11 Proは使えると言ってもいいと思う。

映画「ジョーカー」(IMAX 2D/ユナイテッドシネマ キャナルシティ13)

アメリカンコミックの「バットマン」で、バットマンの最大の宿敵であるジョーカーの誕生秘話を描いた作品が、この「ジョーカー」である。ベネチア国際映画祭で最高峰の金獅子賞を獲得したことで、この映画の評価が高まったと言え、アメリカでは、10月公開の映画としては、過去最高の興行収入を挙げている。映画は、貧しいながらもコメディアンを目指すアーサーという男が、幾たびかの事件を起こし、次第に悪役であるジョーカーに変貌していく様を描いているのだが、バットマンをよく知らない観客に対しても理解できるように作品ができているので、この映画を見るための前知識はあまりいらないと思う。アーサーと彼を取り囲む人々との交流が、次第にアーサーを追い込んでいくのだが、アーサーが最初から精神を病んでいて、薬を飲んで治療しているのは、ジョーカー誕生の引き金にもなっていて、興味深い。アーサーの住むゴッサム・シティが裕福層と貧困層に分かれて対立しているのは、現代の世情を写しとっているかのようである。アーサーが落ちていく様は、見ていて痛々しいものがあるが、アーサーを演じたホアキン・フェニックスの名演で、彼に感情移入できるようになっているのが、映画の出来を高めている。IMAXでは珍しく2D映像だが、画面サイズがほぼフルスクリーンなので、迫力を感じる。必見の映画の一つであると言える。

2019年10月13日日曜日

macOS CatalinaでiPhoneやiPadがWi-Fi同期できない場合の対処策

MacのOSがmacOS Catalinaに変わって、一番困ったのは、iPhoneやiPad等のデバイスの管理が、iTunesからFinderに変わったことではないかと思う。macOS CatalinaをMacBook Proにインストールして数日経つが、まだ使い勝手に慣れないでいる。その中で困ったことが一つあった。iPhoneやiPadとMacとの同期をLightningケーブルではなく、Wi-Fiで行う場合である。Lightningケーブルで接続したときに、「Wi-Fi同期をする」という項目にチェックを入れているのだが、Lightningケーブルを取り外すときにFinderの取り外しボタンを押してしまうと、Wi-Fi同期に移行しないのである。また、何かのはずみでWi-Fi同期を解除してしまうと、そのまま復帰しないということもある。これまではWi-Fi同期が外れるときには、いちいちMacBook Proの電源を再起動していたのだが、ふと、ネットで別の調べ物で知った方法で、電源の再起動をかけないでも、FinderにてiPhoneやiPadとのWi-Fi同期が行えることがわかったので、忘備録としてここに書いておく。それは、optionキーを押しながらdockにあるFinderを右クリックすると、メニューが出てくる。その中で「再度開く」という項目をクリックすると、Finderの再起動が行われる。その時にiPhoneやiPad等とのWi-Fi同期ができているはずである。これを使えば、電源再起動をしなくてもいいので、覚えておくといいだろう。

映画「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、THE FAST AND THE FURIOUS:TOKYO DRIFT(Blu-ray)/ワイルド・スピードX3:TOKYO DRIFT/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。大ヒットシリーズの第三弾で、東京を舞台にカーレースを繰り広げるアクション映画がこの「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」である。しかしながら、映画評論家の批評は芳しくなく、興行収入もシリーズ最低で、これを持って「ワイルド・スピード」シリーズは終わるものと思っていたが、実はこの第3作の監督続投で第4作目も製作され、大ヒットしたのでシリーズ継続になっているのである。今作は、ラストで意外な人物がカメオ出演する以外は全て新しい登場キャラでストーリーが進むので、「ワイルド・スピード」シリーズとしていいのか悩むところであるが、カーレースを舞台にした映画という意味ではシリーズの一作と見てもいいと思う。映画評論家の批評は芳しくないが、僕としては意外と楽しめた一作である。それは、日本でカーレースを行うという離れ技を描いたところや、サラウンドが効果的に使われていて、物語に入っていけるところがあるからである。もちろん、日本が舞台なので、日本語がかなりセリフとして使われており、輸入盤Blu-rayでの鑑賞ながら、セリフのヒアリングがかなり楽であった、というのもある。日本人キャストも豪華で、千葉真一が登場するところなど、「オォ」と思わせるところがある。素直に映画を見ると、それなりに楽しめる映画になっているのではないかと思う。

2019年10月12日土曜日

映画「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」(輸入盤Blu-ray 3D)

レビューの詳細は、INDEPENDENCE DAY:RESURGENCE(Blu-ray 3D)/インデペンデンス・デイ:リサージェンス/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。1996年に公開され大ヒットを記録した「インデペンデンデンス・デイ」の20年振りの続編がこの「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」なのであるが、正直つまらない映画だと思った。物語が淡々と進んでいくだけで、メリハリがないので、ツボに嵌れなかったというのが大きい。また、前作から続投のキャラもいるが、ギャラの関係で今作に出てこないキャラもいて、そのキャラの子供が登場するというのは、感情移入できないものがあった。前作はB級映画的大作映画だったが、今回はそのB級的要素がはぎ取られていて、話が盛り上がらないのである。3D映像とdts-HD MA 7.1chの効果がそこそこあり、そちら方面だけで一応は楽しんだが、作品の内容の評価としては、低くつけざるを得ない。他人にお勧めできるかというと、お勧めできない内容だなと思う。配信レンタルなら安いからいいが、Blu-rayを買ってまで見る映画ではないと思う。

2019年10月11日金曜日

iPhone 11 ProとApple Watch Series 5をApple福岡で購入する

9月の事故による病院への入院中、しばしばAppleのiPhone 11 Proについての記事を書いている。入院中だったので、予約受付開始日も予約できるかだけチェックし、結局は注文を入れなかった。それは予約を入れても、引き取りができないからである。病院に転送するという手もあったが、転送して手に入れたところで設定も何もできないのだから、手に入れることはできなかった。病院を退院した後、いろいろな手続きを行わなければならなくなり、今日、天神を経由して病院に行くことを決めた。天神に寄るということは、Apple福岡に寄れる時間はあるということである。実は入院中からiPhone 11 ProとApple Watch Series 5の在庫状況だけはチェックしていて、Apple Online Storeでは納期が2-3週間かかるiPhone 11 Proが、Apple福岡では当日入手可能であることは、確認をとっていた。それで、今朝在庫をチェックして、iPhone 11 ProとApple Watch Series 5 スペースグレイアルミニウムケースが当日受け取り可能であることを確認して、オンラインで支払いをしていた。事故の中でもiPhone XSやApple Watch Series 4は機能を保ってはいたが、傷はついていて、できれば買い替えたいとも思っていた。病院に事故の診断書作成依頼をするために出かけたのだが、先に天神のApple福岡に寄り、iPhone 11 ProとApple Watch Series 5を引き取ってきた。週末とはいえ、平日の朝一番だったので、店内は空いていて、かなり早く品物を引き取ることができた。予約をしていない人たちの列は10数名といったところだろうか。その後、病院を2カ所尋ねて診断書作成を依頼し、自宅に帰ってきて、とりあえず先ほど一応のセットアップを終えたところである。実際に使うのは明日の病院通院の時の待ち時間になるかと思うが、docomoの回線でトラブっているiPhone 11 ProがSoftBank回線でどうなのかは、興味ある。Apple Watch Series 5の常時点灯機能はなかなか便利である。

2019年10月10日木曜日

ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」ピッツァーナ

この9月から配信されている「ザ・シェフ・ショー」の第2シリーズの第2話目は、イタリアのナポリの伝統料理であるピッツァと、ミートボールを提供するダニエレ・ウディティがゲストで、ナポリ風ピザと、ミートボールを調理するところが、今回の話である。面白いのは、ナポリの風味を活かすため、ピザのソースはかなりシンプルであるということや、ミートボールの1個の重さが45gに限られているというところだろうか。ダニエレの家族がナポリ出身であることや、他の店との差別化のために、ナポリの味を生かしたピザやミートボールなどを料理しているところに、今回の特徴が現れていると思う。ピザやミートボールの完成度の高さに、食欲をそそられる内容である。

下川裕治著「12万円で世界を歩くリターンズ/赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラディッシュ編」朝日文庫

旅行作家として有名な下川裕治のデビュー作が、「12万円で世界を歩く」という作品だった。これは、編集部から12万円を渡され、その予算内で世界各国を旅行していく、という内容で、貧乏作家として名を馳せてしまった下川裕治の記念すべき作品である。実際は旅行していく中で予算が尽きてしまい、追加で予算をもらって旅行するという展開が多かったが、12万円という限定された予算内でどう旅行していくかは、読み応えがあった。それから30年の月日が経ち、この企画を今、実施したらどう変わるのか、という意図で「12万円で世界を歩く」で訪問した国々を再度12万円という予算で旅をするというスタイルをとっているのが、この「12万円で世界を歩くリターンズ」である。今回は、サブタイトル通り、赤道、ヒマラヤ、アメリカ、バングラディッシュに限定して12万円で旅をしていくし、バングラディッシュに至っては旅行ではなく、そこで住まいを確保して生活するというスタイルになっているが、今回の旅行が12万円で旅行できたのかというと、ちょっと怪しい。飛行機のLCCを使えば12万円内で旅ができるところを、あえて30年前と同じバスの旅を敢行したために、予算超過、というパターンが多かったのである。バスの衰退と、LCCの発達という予想外の展開が、今回の旅で如実に現れていたように思う。なので、今作を読む前には「12万円で世界を歩く」を読んでからの方が分かりやすいと思う。

2019年10月9日水曜日

佐野元春ニューアルバム「或る秋の日」を聞いての感想

今日、佐野元春のソロ名義でのニューアルバム「或る秋の日」がリリースされた。Amazon.co.jpでは、プライム会員に入っていたので、昨日の午後、CDが届き、夜聴くことができた。昨日と今日、アルバムを通して聴くことができたので、その感想を書いてみたい。もともと、佐野元春 & THE COYOTE BANDがアルバム「MANIJU」をリリースしたときに、「佐野元春ソロ名義でのアルバム発売を計画している」という話だったが、何らかの都合で一旦は延期になり、今回改めてネット配信曲4曲と新曲4曲の計8曲で構成されたアルバムになっている。最初に聞いた感想は、「収録時間が短い」ということである。CDで聞いた後、MacBook Proに取り込んだのだが、収録時間はわずかに30分という短さ。ミニアルバムみたいな印象を受けた。そして、曲たちが、演奏がTHE COYOTE BANDとのコラボとしながらも、人生の秋を感じさせる演奏と歌詞が印象深いものになっている。人生の秋ということで、男性と女性の愛情も若い時と違って、別れたり、再会したりとなかなかしみじみさせるものがある。すでに発表されている4曲もTHE COYOTE BANDと製作した他のアルバムからは毛色が違っているが、新曲4曲は、絶対に他のアルバムには入らないだろうと思われる内容である。今回、大人の心情を歌ったアルバムを出したことで、佐野元春が新境地を切り開いた感がある。この週末からスタートするクラブ・サーキット・ツアーでは、このアルバムからの曲が聞けるのかわからないが、できれば演奏して欲しいなと思う。

ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」セス・ローゲン

Netflixで今年の初めから配信された料理番組「ザ・シェフ・ショー」。最初は8話構成で配信されていたのであるが、この9月から第1シーズンにさらに追加で6話プラスされた。今回見たのは、その追加された話の第1話で、ハリウッド俳優、監督のセス・ローゲンをゲストに迎えて、鶏肉料理を2つ作っていく様子が描かれている。登場キャラは前回と変わらずロイ・チョイとジョン・ファヴローなので、その腕前には安心して見ることができる。セス・ローゲンはコメディ映画専門なので、今回の料理を作る際にもギャグをいろいろ加えていて、楽しいエピソードになっている。鶏肉料理の一つは、様々な調味料を混ぜてソースにしたものを鶏肉と一緒に煮込むというもので、手間がかかっている。それでも、見た目とても美味しそうな料理に仕上がっているのは、この番組ならではだと思う。ご飯を炊く際に高機能の炊飯器が出てくるのであるが、その使い方に戸惑っているファヴローと、チョイの様子がおかしかった。これから残り5話を見ていくと思うが、これも楽しみである。

2019年10月8日火曜日

macOS Catalina正式版がリリースされたので、MacBook Proにインストールする

今朝、目が覚めて朝食をとり、MacBook Proをスリープから復帰させると、AppleのPagesやNumbers、Keynote等のアップデートが来ていた。それを見ながら、「もしかしてmacOS Catalinaの正式版が来たのかな」と思った。それで、ネットで調べると、今日の未明、macOS Catalinaの正式版がリリースされていた。昨日、iPhoneやiPad Pro等のアップデートをしたばかりなので、macOS Catalinaの正式リリースは都合よかったので、朝からデータをダウンロードして、インストールすることにした。ダウンロードファイルは8.09GBもあったが、1ヶ月前にWi-Fiルータを買い換えたので、比較的スムーズにダウンロードが進んだ。しかし、インストールでつまづいた。インストール自体は何回か再起動を繰り返したもののそこそこうまくいったのだが、最後の「Macの設定」という項目で1時間待っても、設定が終わらなかったのである。5ちゃんねるの書き込みを見ていると、同様の事例があり、電源強制終了と、PRAMクリアで無事完了した、という記述も見かけた。それで、僕も電源強制終了をかけ、そのまま起動したところ、無事立ち上がった。まあ、どこかおかしな点もあるかもしれないが、現時点ではわからない。起動させるとデスクトップに「場所が変更された項目」というショートカットができる。Catalinaとそれ以前のmacOSではセキュリティの保護方法等が変わっているために、その過去のセキュリティファイル等が収納されているようである。多分使うことはないと思うが、今はそのまま残しておいてある。Catalinaは、iTunesがなくなり、「ミュージック」、「Podcast」、「TV」の3つに分裂していて、iPhone等の管理はFinderで行うことになる。また、SideCarというiPadをサブディスプレイにできる機能も搭載で、面白いOSになりそうである。これからCatalinaを使い込んで行こうかと思っている。

2019年10月7日月曜日

リリースから7日後にiOS 13.1.2をiPhone XSにインストールする

僕は9月と10月の第1週は病院で過ごしていた。病院にはiPhone XSを持ち込んでいて、病院の売店で充電器を購入できたので、ネットからの情報は収集できていた。当然、iOS 13シリーズのリリースラッシュも知っている。そして、iOS 13シリーズの不具合の情報も知っていた。しかし、自分では確かめられなかった。病院にはWi-Fiがないので、iOS 12.4.1からiOS 13シリーズにアップデートできなかったのである。今日、めでたく病院を退院でき、自宅に1ヶ月と1週間ぶりに戻って、片付けものを少しした後、iOS 13.1.2をiPhone XSに適用することにした。キャリアがSoftBankなので、4G回線が落ちるという不具合の発生確率は少ないと読んだ。iPhone XSをMacBook Proに接続して、iTunesからのフルインストールをしようとしたら、1ヶ月もバックアップを取っていなかったせいもあり、バックアップで少々時間を使ったが、問題なくiOS 13.1.2にアップデートできた。iOS 13.1.2のリリース日が10月1日だったので、7日後にようやく最新OSを適用したことになる。適用後は自宅にずっといたので、動作不具合等はまだ遭遇していないが、会社の人からの仕事の相談は、iMessageで通知を受けたので、多分問題なさそうな気がする。明日以降、買い物に行く時等にテストしてみるが、そこで何が起こるかをまた、気になることがあればこのブログで書きたい。

2019年10月6日日曜日

NHK R1ラジオの「うたことば」で佐野元春特集を聞く

今週、佐野元春のニューアルバム「或る秋の日」がリリースされる。それに合わせたわけでもないだろうが、今週から佐野元春をフィーチャーした番組が増えている。今日の午後放送された、NHK R1ラジオの「うたことば」という番組での佐野元春特集もその一つであろう。この番組は佐野元春が出演しているわけではない。ただ番組の枠内、全て佐野元春の曲と話題で進行していくという最近では珍しい番組だった。NHKはらじる★らじるとradikoでインターネット配信をしているので、番組当初から途中まではradikoで、途中からはらじる★らじるの聞き逃し配信で、番組を聴取していた。佐野元春ファンには、「知っているよ、その話」的な内容だったかもしれないが、ラジオから佐野元春の曲が流れるのも久しぶりなので、個人的には楽しめたし、やっぱり僕は佐野元春ファンなんだな、と実感させられた。選曲は前半は意外な曲たちで、後半は定番曲という印象だったが、素直に楽しめたのは良かったと思う。らじる★らじるでは、1週間の聞き逃し再配信サービスをしているので、聞き逃したファンの人は聞いたらいいと思う。50分×2本の番組がある。

2019年10月5日土曜日

病院の退院日が決まる

僕が事故で、ある大病院に入院したのは、8月31日の土曜のことだった。その1週間後の9月6日の金曜に、今入院しているリハビリ専門病院に転院している。それから、怪我の治療と、リハビリを集中的に行ってきた。最初は外傷性くも膜下出血のため頭の働きは悪く、腰の骨も折れていたので足や腰の筋肉は固かった。それも徐々に回復してきて、退院の2文字が頭をよぎるようになっていた。最初に入った病院で、「全治1ヶ月ぐらいかな」と見込みを言われてきたのもある。今週の頭、主治医が珍しく顔を見せ、「そろそろ退院を考えてもいいと思います。カンファレンスでテーマにしますから」と言われ、期待していた。しかし、その後、主治医は一切顔を見せず、10月5日の土曜日まで放置されていたのである。気分がやきもきしながら、今日まで待っていたのだが、ようやく主治医と話しが出来、来週前半に退院したい旨を告げると、了承してもらえた。その後は早かった。病棟に戻ると看護師さんが次々やってきて、10月7日の月曜に退院できることになった。ようやくこれで、自宅でゆっくり出来そうである。とはいえ、事故の後始末はつけないといけないので、忙しいことには変わらないのだが。それでも自由度は全然違う。月曜が楽しみである。

2019年10月4日金曜日

病院のリハビリ訓練で天神まで出向く

僕が事故で病院に入院していることは、このブログでは時々書いている。まだ、退院の目処はついていないが、今日の午後、2時間半の外出訓練が認められた。当初、理学療法士さんとは、実際に自宅から会社まで通勤できるかのシミュレーションを行おうか、とも話ししていたが、色々な調整の結果、病院から天神までバスと地下鉄でたどり着き、街中を歩く、と言うプランに固まった。それで午後の3時前に病院を出発し、天神に出た。理学療法士さんから「どこ行きたい?」と尋ねられたので、先週の土曜日にオープンした新しいApple福岡に行ってみたかったので、リクエストしたら、OKが出たので、Apple福岡でウィンドウショッピングを楽しんだ。iPhone 11 ProやApple Watchなどの新製品の実物が見られたのは、楽しいことだった。また、Apple福岡の後は、珍しくアイスコーヒーを飲んで、気分が良くなった。足腰は結構疲れたが、久しぶりに一時退院して、外の空気を吸えたので、精神的にはよかったと思う。

2019年10月3日木曜日

土岐麻子「PASSION BLUE」を聞いての感想

昨日、土岐麻子のニューアルバム「PASSION BLUE」がCD発売と共に、ストリーミング配信でも配信された。CDはまだ聞けてないのだが、Apple Musicでのストリーミング配信は聞けたので、聴いた感想を少し書きたい。まず、今回のアルバムがプロデューサー、トオミヨウとの三度のコラボなのが意外だったが、前々作「PINK」、前作「Safari」と合わせて、シティポップ3部作と銘打たれると、「そう言えば、そうなるかな」と納得してしまう。「PINK」では陽気なポップ、「Safari」では重いトーンのポップときた土岐麻子が、今回の「PASSION BLUE」では変則的な音を出すポップとして完成しているのが、聴きどころである。そして、アルバムタイトルが示すように、「憂鬱な情熱」がテーマのこのアルバムは、歌詞もその意図を多分に含めたものになっていて、なかなか複雑である。それでもポップとして成立しているのは、見事としか言いようがない。アルバム収録時間がわずか41分とアナログレコードにも収録できる長さなのも、この作品のポイントではないかと思う。個人的には3枚、トオミヨウプロデュースだったので、次は別の人を立てて欲しい気もするが、それでもこのアルバムの完成度は高く、評価できるものになっていると思う。このアルバムをテーマにしたツアーも年末年始に予定されているが、今から楽しみである。

2019年10月2日水曜日

ティム・クックCEO、Apple Cardの海外展開を計画

この8月からアメリカ国内でサービスが開始されている、Appleが提供するクレジットカード、Apple Card。このApple Cardの海外展開について、計画がある旨をドイツを訪問中のティム・クックCEOが、ドイツのマスコミに対して開示している。ただ、クレジットカードの法律や規制が国によって違うため、一筋縄ではいかない部分もあるようではあるが、クックCEOとしては、世界で展開したい思惑があるようである。では、日本での展開は、ということになるのだが、今回の話では具体的な国を挙げたのはドイツだけで、他の国は挙げていないので、当分サービス提供にはならないものと思われる。基本がiPhoneのWalletに登録するカードで、物理的カードが名前しか書いていないシンプルさは、なかなか好奇心をすするものではあるのだが、しばらくは様子見になりそうである。

2019年10月1日火曜日

iOS 13.1.2でモバイルデータ通信が途切れる模様

僕は入院中の身で、実際に試したわけではないから、確実なことは言えないが、iOS 13にアップデートした新しいiPhone 11 Pro/iPhone XS辺りで、移動中にモバイルデータ通信が途切れて、iPhoneを再起動かけないと、通信が復旧しないという例が散見されるようである。移動中だと、基地局のアンテナをハンドオーバーすることになるが、その時、アンテナの本数が少なくなると、圏外になり、自動復旧しないのだという。それも、トラブルの事例が多いのは、docomoで、auが若干、SoftBankはほとんど見かけない、という状況である。docomoはMNVOも含まれるので、格安SIMを使っている人も、トラブルに巻き込まれている可能性大である。で、現在iOS 13.1.2までリリースされているが、これでもトラブルは解決していない模様。iPhoneのハードの問題か、iOS 13の問題かの切り分けもできていない状況である。とりあえずの解決法はないので、Appleにトラブルを伝えて、解決を目指す方がいいと思う。iPhone本体を交換しても、改善しないようなので。

2019年9月30日月曜日

SoftBankからSMSでiPhoneの一括設定の変更依頼が来る

今日の午後、iPhone XSをいじっていたら、メッセージ・アプリに通知が来た。内容を読んでみると、SoftBankの157からのメッセージで、aaa@i.softbank.jpのパスワードをリセットしたので、一括設定の入れ直しをしてほしい、という内容だった。リセットされたのは、パスワードが長い期間変わっていないとか、簡単な文字で構成されているとか、不正アクセスがあったとか、などである。最初、詐欺メールかなと思ったが、一括設定のURLはかつて入れた時と同じURLだったのと、説明サイトがSSLだったので、多分本物だろうと判断して、iPhoneの設定アプリから一括設定のプロファイルを削除し、改めて入れ直した。aaa@i.softbank.jpのアドレスは使ったことがないのだが、まあ、何かSoftBankからの連絡に使われることもあるだろうと思ったので、再設定して気分も一新である。後は、Wi-Fiが使えるといいのだが。今までは、うまく動いていなかったので。

2019年9月29日日曜日

PC-8001ミニ、ハル研究所が一般向けに販売開始

以前にPC-8001ミニの話題を書いたことがあったと思う。その時は、NECのノートPCのおまけとして、抽選でもらえるという仕組みになっていて、一般の人は、手の出ない代物だった。それが昨日から、ハル研究所がPC-8001ミニの一般発売を開始したのである。昨日から予約受付で、10/5から商品を発送という流れである。価格は本体が25000円と比較的手頃。本体にUSBキーボードと、HDMIケーブルを通じてモニターに繋げば、PC-8001の機能そのままにBASICが使えて、プログラミングもできるという優れもの。PC-8001と言えば、学生だった頃の憧れのパーソナルコンピューターで、それが現代に復活するのは、なかなかユニーク。今のPCの性能からすると、かなり貧弱だが、往年の名機を使えるチャンスととれば、面白い。気になる存在である。

2019年9月28日土曜日

スパイダーマン3作目、ソニーとMCUとで共同制作

マーベル・コミックスのキャラクターでスパイダーマンは、映画化権利をソニーが所有しており、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では、ソニーとマーベル・スタジオを所有するディズニーとで調整が行われ、MCUのキャラとして、独自作品2本、他のキャラとの絡みで3本、映画が制作されている。しかし、「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」公開後から、ソニーとディズニーの関係が怪しくなる。「スパイダーマン」3作目の制作費と収益の配分をめぐって交渉が決裂し、「スパイダーマン」3作目はMCUが絡まないとされ、多くのファンを嘆かせたものである。しかし、今朝、事態は急変する。ソニーとディズニーの制作費と収益の配分で折り合いがついたので、「スパイダーマン」3作目もMCUの中で起こる話として、2021年7月に劇場公開されることが決まったのである。これは嬉しいニュースである。「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」のラストが、「えぇ?」となる終わり方だったので、MCUの世界観ではない「スパイダーマン」では、話が通じなくなってしまうからである。これで次回作も、ケヴィン・ファイギが製作を担当する作品になり、期待感が持てる。今から先の話だが、楽しみである。

2019年9月27日金曜日

土岐麻子の2020年1月の福岡公演を予約する

僕は、ここ数年、土岐麻子にハマっている。きっかけは、佐野元春のサポートを続けるキーボーディストの渡辺シュンスケがプロデュースをしたのが、土岐麻子ということで、聴いてみると、シティポップの王道を行く楽曲に心地よさを覚えていた。既に過去2回アルバムのプロモーショナルツアーに参加していたが、今回の2019年-2020年のニューアルバムのプロモーショナルツアーは、あまりチェックしていなかった。25日にチケットぴあを覗いたところ、一般発売前の先行抽選受付を行なっていた。福岡では、2020年1月12日の日曜日に天神のイムズホールで開催されるとのことで、その頃には普通の生活になっているだろうと考えた。それで、チケットぴあの先行抽選受付に申し込んだのだが、昨日の夜抽選の結果発表があり、無事チケットが確保できた。当然、来週発売のニューアルバム「Passion Blue」もネットで予約済みで、楽しみが増えた感覚がある。当面、Apple Musicで聞くことになると思うが、自宅に帰ったら、CDでじっくり聴きたい。そして、ライブに備えたい。

2019年9月26日木曜日

Amazon Echoにニューモデル登場

今朝未明のAmazonの新製品発表会は、Amazon Echoのニューモデルが発売されるという内容だった。具体的には、Echo Studioというハイレゾ対応モデル、Echo Flexというコンセント直付のモデル、Echoの第三世代、Echo Dotの第三モデルで時刻がデジタル表示出来るタイプの4つである。僕はこのニュースを聞いて、「7月あたりのプライムデーからやけにEchoの値引きを繰り返しているな。AppleのHomePodに対抗しているのかな?」と思いつつ、7月から台数を増やしていったのだが、単純に新機種発売に備えて、旧モデルを在庫処分していただけだった。とは言うものの、AppleのiPhoneと違って買い換えようかな、とは思わなかった。多分できることはそんなに違いがないと思うからである。Echo Studioのハイレゾ再生、DOLBY ATMOSには関心を寄せたが、Amazon Music Unlimltedに入っていないと無意味だし、入る気もない。Apple Musicで十分と言う気がしている。で値段も高い。バーゲンで買ったEchoシリーズと違って、標準希望小売価格である。なので、様子見でいいかなと思っている。

2019年9月25日水曜日

PayPayアプリをインストールする

PayPayと言えば、昨年末、総額100億円の還元セールを開催して、多くのスマートフォンユーザーを狂気に陥れたバーコード決済として、名高い。僕もその一人であり、昨年末は、いろいろなものを購入して、還元セールに巻き込まれていた。しかし、僕のiPhoneには今までPayPayアプリはインストールしていなかった。Yahoo!JAPANアプリでもPayPayは利用できたので、敢えてPayPayアプリはインストールしてこなかったのである。しかし、ここ最近になって、Softbank携帯との連携が強化されることが見えてきた。11月にはサーティワンアイスの無料配布があるが、そのクーポンをPayPayアプリで配信することが、今日のメールで明らかにされたのである。それどころか、Softbank携帯と契約しているとYahoo!のプレミアム会員になり、これまではTポイントで期間限定のポイントを配布していたが、これもPayPayでの付与に変わるようである。Tポイントだと使い道がなかったが、PayPayならコンビニでお茶でも買えるので、使い道はある。そうしたこともあり、今日、PayPayアプリをインストールしてみた。当然ながら、Yahoo!JAPANアプリでPayPayを使うより、使いやすいし、ポイントも溜まりそうである。Apple Payも含めキャッシュレス決済は色々乱立しているが、今後、うまく使い分けていきたい。

2019年9月24日火曜日

2019-2020年末年始の帰省の航空券を確保する

夏休みが終わった頃から、各航空会社は2019-2020年の年末年始を含む、半年分のチケットを販売し始めた。僕は最初、「9月に入ってから買おう」と考えていた。しかし、交通事故で病院に入院してしまい、先のことが見通せない状況が続いていた。それでも、2019-2020年の年末年始は実家に帰りたいとは思い、ふと、全日空のサイトを覗いてみた。すると、僕が考えていた12/28-1/4の福岡-羽田便は、価格の安い席が、後10-29席のみ残っているという緊急事態に陥っていた。それで、今日の朝、iPhoneを使って全日空の飛行機の座席を確保した。事故にあって助かったのは、iPhoneが壊れなかったことだろう。iPhoneがあるお陰で各種チケットの予約が、インターネットを通じて予約出来る。お陰様で、一番安い座席のチケットが確保できた。往復で3万円を切る価格なので、安いと思う。後は、いつ退院できるか、であろう。早く退院したいのだが、許可が下りない模様。まだしばらく病院生活が続きそうである。

2019年9月23日月曜日

佐野元春、「ソウルボーイへの伝言2019」の大分公演を確保する

以前、佐野元春の秋のツアー「ソウルボーイへの伝言2019」の熊本公演をファンクラブ先行で申し込んだら、熊本公演がプロモーターのブッキングミスで、中止になったことを書いたと思う。その後、熊本公演の代替え案として、「Rockin' Christmas」が熊本でも開催されることが決まったが、平日なので、悩み中である。そんな中、この土曜日の21日に、全国のプレイガイドで、「ソウルボーイへの伝言2019」の全国のライブハウスのチケットが一般発売された。気になって、土曜の夜にプレイガイドを見たところ、ツアー最終公演の大分のライブは、まだチケットが余っていた。その時は、まだ動かなかったが、日曜の夜に見たところ、大分は依然として余っているものの、他地域は売り切れが目立ち始めた。大分の公演は土曜の夜開催なので、福岡からは午後に出れば、間に合うだろうと見込みを立て、取り敢えず確保することにした。僕はチケットぴあでチケットを確保したのだが、e+もローソンも現時点でチケットは余りがあるようである。一般発売なので、入場番号はよろしくないが、それでも佐野元春の久々のライブ、楽しみになってきた。後は、熊本の「Rockin' Christmas」をどうするか、もう少し考えたい。行きたい気持ちはある。

2019年9月22日日曜日

新型車からCD/DVDプレイヤーが消える

今日のYahoo!ニュースで気になったのが、トヨタの新型カローラから、車内オーディオ機械としてオプションででも、CD/DVDプレイヤーが存在しないことになった、というものである。じゃあ、車内オーディオはどうするの?というと、近年のスマートフォン普及に伴い、スマートフォンを接続して、CD/DVDの代わりに音楽や動画を見せる仕様になっているのだという。確かに、ここ最近のスマートフォンの普及や、各キャリアの大容量データ通信契約を見ていれば、CD/DVDがなくても、スマートフォンからデータを取り出せば、事足りることに気づく。僕は車は運転しないが、Apple Musicを契約して、次第にストリーミング配信に囚われていくのを実感しているから、自動車の車内オーディオがCD/DVDからスマートフォンに切り替わっていくのも、時代の流れかな、と思わざるを得ない。世界で数少ないCD/DVD売り上げを誇る日本も、徐々にストリーミング配信に流れが変わってきているのだろうと思う。

2019年9月21日土曜日

iPhone 11 Proの予約は2-3週間待ち、だが、店頭ピックアップは当日可

先日、iPhone 11 Proの予約状況は芳しくないのでは?という記事を書いている。それは、予約開始日の13日の21時にサイトにアクセスしたら、予約できそうだったからである。それから時間が経過し、昨日、iPhone 11 Proが発売されたのだが、Apple Online Storeの予約状況を見ると、どの色、どのストレージでも、2-3週間の待ちが発生している。iPhone Xの4-5週間待ちに比べれば短いものの、予約状況は改善されて、売上が上がってきているように見える。しかし、今日の昼、Apple Store Appで在庫状況を見たところ、郵送の方は2-3週間かかるのだが、当日にAppleの実店舗で受け取れるピックアップを見たら、昼の段階でどの色もどのストレージも選び放題で、今日中の受取が可能だったのである。流石にこれを書いている17時ではミッドナイトグリーンは在庫がなくなっていたが、その他はまだ在庫があった。なので、急にiPhone 11 Proを欲しくなった向きには、Apple Online Storeで在庫をチェックして、実店舗で受け取ると、早く入手できるかと思う。状況はしばしば変わるので、こまめに見ておくことが、早くiPhone 11 Proを入手するコツである。

2019年9月20日金曜日

スター・トレックDS9ドキュメンタリーのポスター届く

何回か書いているが、2017年の2月に海外のクラウドファンディングサイトで、「スター・トレックDS9」のドキュメンタリーのBlu-ray等の製作資金を投入した。当時投入したのは、Blu-rayの購入資金と、ピンバッジの購入資金だけだった。だが、資金調達完了後も、いくつかのアイテムが投入され、ポスターもその中に入っている。ポスターは、7月にインターネットの資金投入者専用サイトでpdfファイルでダウンロード可能になり、僕も無料でもらっている。英語の情報では、ポスターはBlu-ray購入者には無料発送するようなことが書かれていたが、7〜8月は発送がなかった。それが、9月になって急に発送されたのである。郵便局の配達だったので、郵便局に連絡して配送先を変更してもらい、昨日受け取った。ポスターの図柄というと、「スター・トレックDS9」の主人公、ベンジャミン・シスコのイラストで、なんと出資者の名前でイラストが描かれているという力作である。当然、僕の名前も書いてある。ポスターの発送は意外であり、もらえて嬉しいという気分である。

2019年9月19日木曜日

Perfumeの楽曲がストリーミング配信開始

昨日、Perfumeがベストアルバム「P Cubed」をリリースしたのだが、このベストアルバムリリースにあたって、一つの噂があった。それは日本におけるストリーミング配信を開始するのではないかという噂である。実は、Perfumeは海外ではすでにApple MusicやSpotifyなどで楽曲をストリーミング配信していて、先進国では日本だけストリーミング配信をしていない状況だったのである。それが、昨日、ベストアルバムリリースと同時に、過去の楽曲からベストアルバムまで主要配信サイトでストリーミング配信を開始したのである。昔は、中田ヤスタカの作る楽曲が面白くてPerfumeにハマったこともあったが、最近はあまり聞かなくなっていた。当然CDも買っていない。昨日のストリーミング配信開始に気になったので、聞いたことのないアルバムを1枚分聞いてみた。相変わらずのPerfume節で懐かしい感じがした。今後もCDを買う気にはなれないが、Apple Musicでのストリーミング配信ならば、たまには聞いてもいいかな、と思っている。

2019年9月18日水曜日

佐野元春、Rockin’ Christmas 2019を東名阪、熊本で開催

昨日、佐野元春の公式サイト等で発表があったのだが、2011年から続く年末恒例のライブ「Rockin’ Christmas 2019」が今年も開催される。今年は、昨年同様の東名阪に加えて、熊本でのライブも予定されている。なぜ、熊本かと言えば、佐野元春の地方ツアー「ソウルボーイへの伝言2019」の熊本公演が、プロモーターのブッキングミスにより、中止になってしまったことに対するお詫びの意味も込められていると思う。毎年、「Rockin’ Christmas」は指をくわえていた。年末、実家に帰省するのにも費用がかかり、また、ライブが平日であることから、参加するのに躊躇して、いつも行かないでいた。今年は東名阪よりはるかに近い熊本でライブということで、今迷っている。平日なので、年休を1日半取らなければいけないのだが、現状取れるのかは未定である。ファンクラブ先行は、3週間ぐらい受付期間があるので、少し考えてから、申し込むかどうか決めたい。熊本は12/25のクリスマス当日というハマった日付なので、できれば見たいとは思っているのだが。

2019年9月17日火曜日

Apple福岡、9/28に移転オープン

前々から、天神にあるApple福岡天神店が移転するという話は聞いていた。ただ、それがいつかは未確定で、雲をつかむような情報しかなかった。それが今日、正式な移転日が決定し、場所を少し移動することがわかった。住所は、福岡市中央区天神2-5-19で、天神西通りのスターバックスの真向かいになるとのこと。移転日だが、9/28の10時からとなっている。これまでは、ルーチェという商業ビルのテナントを借りていたのだが、今度は単独ビルになるとのことである。多分、他のStoreがそうであったように、開店ノベルティが配られるのではないかと予想されるので、9/28は早起きしてApple福岡に行ってみるのもいいかもしれない。ノベルティがない可能性もあるが。店名もApple福岡天神からApple福岡に変わるみたいなので、期待大である。ちなみに、Appleの公式サイトでは、壁紙を提供中。九州の人は、ダウンロードして、iPhone等の壁紙にするのもいいと思う。

2019年9月16日月曜日

MacBook Proの位置情報が分からない

病院に入院してから2週間は経過している。自宅は鍵はかけてはいるものの、いろいろ心配は募る。気になっていたのは、MacBook Proがちゃんと自宅にあるかどうかである。それを調べる方法は、iPhoneの「iPhoneを探す」アプリで解決できるかも、と思った。「iPhoneを探す」アプリでは、「Macを探す」機能も入っていて、MacBook Proがスリープ状態ではなく、Wi-Fiに繋がっていれば、MacBook Proの現在地が分かるようになっている。しかし、僕のMacBook Proがスリープ状態で、オフラインになっているせいか、現在地の特定ができなかった。多分泥棒とかには入られてはいないとは思っているのだが、それでも、心配のタネは減らないままである。

2019年9月15日日曜日

Amazon.comの認証パスワードが正しいのに、認証できない

ここ最近、iPhone XSでばかりネットを見るようになって、いろいろ不具合が出てきている。先日は、Twitterアプリの個人認証が飛んでしまい、復旧に1日近くかかった。で、昨日はAmazon.comでの個人パスワード認証問題である。8/31に注文したBlu-rayが発送され始めているので、Amazon.comの「order」という項目を確認したかったのだが、個人認証の正しいパスワードを入れても、入れても「パスワードが間違っています」と表示され、「order」にたどり着かなかった。インターネットで調べてみると、時折こういう問題が発生するらしく、パスワードを間違うと、メールアドレスに10分間だけ有効のワンタイムパスワードを発行するのだという。メールボックスを確認すると、確かにワンタイムパスワードが届いていた。それで一旦は事なきを得たのだが、元々のパスワードが使えるわけでもなかった。それで結局のところ、パスワードを変更することにして、問題に対処した。パスワードの変更後は、問題なくアクセスできる。今回は、アメリカのAmazon.comで起きた問題だが、日本のサイトでも起きる可能性がないわけでもないので、トラブルが発生したら、まずメールボックスを確認することをお勧めする。

2019年9月14日土曜日

新型iPhoneの予約が芳しくない?!

昨日、9/13の21時から、新型iPhoneの予約を受け付けていた。何度も書いているが、僕は入院中の身なので、退院して、入院時の費用確定時まで、買い替えはしないつもりである。とは言え、気にはなったので、21時にiPhoneのApple Storeアプリでアクセスができるかだけ、試してみた。すると、なんと21時30秒にサイトにアクセスできてしまった。買わない予定だったので、そこでテストは終わったのだが、iPhoneの売り上げが芳しくないかな、と思った。で一晩経って、今朝、Apple Storeアプリで受注状況を見ていたら、あまり受注が芳しくないのがわかってしまい、「やっぱりな」と思ってしまった。iPhone 11 Proの256GBモデルでは、ミッドナイトグリーンの色だけは、20日の発売から2-3週間の待ちという状況ではあるものの、スペースグレーは7-10日待ち、シルバーは5-7日待ち、ゴールドはなんと発売日着が可能と、あまり待たされない状況だったのである。ミッドナイトグリーンは、三眼レンズの形状から、アニメ「装甲騎兵ボトムズ」に出てくるスコープドッグにそっくり、という話があり、それで人気があるのだと思う。でも、どの機種も、Apple福岡天神での受け取りは、20日に可能の表記があり、やはり受注が芳しくないのが目立ってしまう。僕は、病院を退院して、費用精算してから、考えたいと思う。

2019年9月13日金曜日

iPhone XSのApple下取り額と、ラクウル買取額の差に驚く

僕は只今、病院入院中の身だから、今日の夜9時のiPhone 11 Pro争奪戦には参加できない。取り敢えず、指をくわえて見ているだけだが、気にはなったので、朝、Apple Storeアプリで購入シミュレーションをしてみた。そこでは、既存のiPhoneを下取りに出すか、出さないかを選択できる項目があり、以前との違いが明確になっていた。で、AppleにiPhone XSの買取額を表示させたところ、約48000円という値段が出た。思ったほど高くないので、いつも利用している「ラクウル」に買取額を調べてみたところ、箱とか、付属品が揃っていて、最大で78000円と、Appleより大幅に高い買取額になった。Appleの方は、おそらく本体のみの買取額だと思うが、これだけ差が出ると、「ラクウル」で売った方が得かな、と思わざるを得ない。もちろん、「ラクウル」が、今後値を下げることも予想できるので、楽観視はできないが、9/13現在では、「ラクウル」に売った方が得である。

2019年9月12日木曜日

Twitterで謎のアカウント凍結と、フォロー0の衝撃

昨日、Twitterアプリを使おうと、アプリを開いてみたところ、何故か本人確認の認証画面になっていた。仕方ないので、まずはGoogleのreCAPTCHAで、ロボッではないことを確認し、かつスマートフォンのSMSに番号を発行することで、取り敢えず、本人認証は突破したのだが、その後が悪夢だった。アプリを開いても、ツイートが流れてこないのである。最初は「なんかあったかな?」と余り気にも止めていなかったのだが、今朝になってもツイートが流れてこないので、ふとプロフィールを確認したところ、なんとフォロー数は0になっていた。慌てて、インターネットで事例を確認したのだが、どうもこういうアカウント凍結の場合、解除後にフォロー&フォロワー数が0になる例は多く、時間が経過するのを待つしかない、というのが結論だった。そして、昼頃確認したところ、フォロー数は0のままだが、実際にはフォローしていて、いくつかのツイートが流れるようになったのである。まだおかしい点がいくつかあるが、一応はタイムラインが正常化されたようなので、よしとする。でも、一時期は本当焦った。

2019年9月11日水曜日

新型iPhone 11 ProとApple Watchは当面買わない

11日の深夜2時、Appleはカリフォルニアの本社で、新型iPhone 11と11 Pro、11 Pro Max、Apple Watch Series 5の発表会を開催した。すでにメディアから数々のリークが流れていたので、今回も発表会は答え合わせという気がしないでもない。それでも、iPhone 11 Proの三眼カメラなどには、気を引かれるものがあったし、Apple Watch Series 5のディスプレイ常時点灯で18時間バッテリーが持つ、という機能には、心を惹かれた。ということで、新型iPhoneやApple Watchを買いたい気分ではあるものの、とりあえずは買い控えを考えている。1番の理由は、僕が交通事故で病院入院中で、オンラインで注文をしても、品物は受け取れないし、病院を受け取り先に指定しても、今度はセットアップができない。病院は、Wi-Fiすらないのである。それに、入院費がいくらかかるか、という問題もある。まずは治療やリハビリに専念して、自宅に戻ってから考えてもいいのではないか、という思いがあり、今回は初回ロットには手を出さないことにした。まあ、マスメディアでは、「今年のiPhoneは売れない」と書きまくっているので、僕もその一端に加担しそうである。

2019年9月10日火曜日

ソフトバンクの「半額サポート+」は得か?

昨日、総務省の新しい方針に従って、ソフトバンクが新しい機種割引制度を、13日より開始すると発表している。これは、ソフトバンクユーザー以外でも利用できるものであるが、「半額サポート+」というプログラムに入る必要がある。「半額サポート+」は、月々390円かかるので、この辺は割高だなと感じている。そして、「半額サポート+」の料金以外にも機種代の支払いは必要である。ただ、48ヶ月払いにしておいて、25ヶ月目以降に機種を返却し、新しい機種に買い換えると、最大で25ヶ月目以降の機種代が免除されるというものである。最大で半額の機種サポート費用が出るものの、壊さずソフトバンクに機種を返却しなければならないので、リスクは高い。これを見て、「このサービスは得だなあ」とは思わなかった。こんなプログラム入るなら、Apple StoreでSIMフリーiPhoneを購入して、使っていたiPhoneは中古販売業者に売った方が、気分的にはよっぽどいい。その方が得に感じる。

2019年9月8日日曜日

自宅の宅配便を病院に転送する

僕が病院に入院してから1週間が経過するが、僕が自宅を留守にしている間に、宅配便の不在通知表が2枚届いていた。気がついたのは、ネットショップでの配送状況確認サイトで、「届けられなかった」と書いてあったからである。2つの品物のうち、一つはそれで、もう一つはネットショップのコールセンターに問い合わせて、不在になっているのを知った次第。で、どうしたかというと、入院している病院の住所まで転送してもらったのである。これも、入院している病院と、僕の自宅が数キロしか離れていないため、可能だったことであるが、転送先に病院の住所を書いて、届くまでは少々不安だった。昨日の朝、手続きを済ませ、今日の朝、病院の僕の手元に届いた。これで、自宅不在時でも、病院に宅配便を転送できることがわかったが、問題は退院時の荷物をどう持ち帰るか、という問題に突き当たる。

2019年9月7日土曜日

病院でiPhoneが使えて重宝する

病院に入院して、気がかりだったのは、iPhoneが病室で使えるかというのと、充電器の存在だった。前者は、メールやインターネットを見るぶんには病室内でも可能、電話をするときは決められた場所で、という条件だったので、保険や警察、通販会社との連絡も取れ、とりあえず安心している。後者は厄介だった。大学病院では看護師さんの私物を借りて充電していた。しかし、リハビリ専門病院に移転するにあたり、個人の充電器を持っていないと、と思い、看護師さんに無理言って大学病院内の売店を物色させてもらった。その結果、2600円以上するが、充電器を見つけたので購入した。そして、専門病院に移転したのである。お陰で、こなさなきゃならない作業もiPhoneで完結でき、気が楽になっている。今の時代、スマートフォンの有無は入院時でも大きく左右すると思う。まあ、この記事を読む人に入院の可能性は少ないと思うが、もし入院するような事態になったら、スマートフォンの有無、充電器の有無は大きく左右される事態だと思う。

2019年9月6日金曜日

大学病院で研修生と話をする

僕はこの1週間、大学病院にいたのだが、大学病院にいると、予想外の展開も待っていることがある。それが、大学生との対話会である。もちろん、大学生は未来の病院の医師を目指していて、その研修の一環として、患者との対話会が組み込まれたのである。僕のところにも2日続けて別々の研修生が、やってきた。話はというと、病気や怪我の話ではなく、研修生の興味ある、旅行や映画といった話に終始してしまったが、僕がアジアやアメリカを一人旅している話などすると、目を輝かせていた。若い研修生だから、早いうちに海外の経験を積んだ方が、自分のためになると、僕なんかは思っている。今回の対話会でそのきっかけになれば、嬉しいことである。

病院を転院

前回、交通事故で病院に入院したことを書いた。脳のくも膜下出血と腰の骨破損という大怪我だが、最初は大学病院に入院していた。だが、治療からリハビリに移行するにあたり、専門病院に転院したのが今日である。ここでも、様々な誓約書への署名や、知能テストなど、うんざりするほど試験を受けたが、とりあえず今日は終わったみたいである。後は、明日のリハビリに備え、ゆっくり休みたい。 

2019年9月5日木曜日

交通事故で入院中

このブログは、「毎日書く」ことを目的にしているため、ここ何日間かの書き込み停止に、気にされた方もいるかもしれない。実は、8月31日の土曜日に自動車事故に遭遇し、いまも入院中の身である。では、なぜ入院中でも書けるのかというと、たまたまiPhoneの充電コードを看護婦さんから借りられて、iPhoneの充電ができたのと、少し気力が戻ってきたからに他ならない。車に跳ね飛ばされ、外傷性くも膜下出血と、左腰椎横突起骨折等、いくつかの怪我はあるが、今の所生きている。体がだるいので、次にいつこのブログを書けるのか、不明だが、気力があったら、また書きたい。とりあえずはご報告まで。

2019年8月30日金曜日

バッファローのWi-Fiルーター不具合でTP-LinkのWi-Fiルーターに買い換える

僕がバッファローのWi-Fiルーターを買った時期は、あまり記憶にない。ただこれまで使っていたWHR-1166DHPという機種は5-6年前に発売されていた機種で、IEEE 802.11acがDraft仕様であったことから、多分4-5年は使っていたのではないかと思う。最初は接続デバイスが少なかったので、そんなに不具合を感じなかった。それがここ数ヶ月、Amazon Echoを3台購入したあたりから不具合を感じるようになった。何もしていないのに、Amazon Echoが「インターネット接続されていません」と、動作できなくなったり、突然MacBook Proの5GHzのWi-Fiが接続断していたりする例が増えたのである。考えてみれば、Wi-Fiルーターには5GHzの帯域では、MacBook Pro、iPhone XS、iPad Pro、Apple TVが、2.4GHz帯にはAmazon EchoとDotで計3台、Nature Remoというスマートリモコン、Epsonのプリンターと、かなりの数の端末が接続している。そのせいでバッファローのWi-Fiルーターにかなり負荷がかかっていると思われた。それで、急遽新しいWi-Fiルーターを購入してリプレースすることを考えたのである。最初は新しいバッファローのWi-Fiルーターに買い換えようと考えていたのであるが、Amazonでの評価が高くない。レビューには「ブチブチ切れる」という言葉がよく見かけた。それで、TP-Linkという中国に本拠地を置くメーカーのAmazon限定製品であるA10というWi-Fiルーターに買い換えることにした。中国製なのには一抹の不安もあったが、日本支社もあることから、まあ悪くないだろうと判断しての購入である。値段も7500円と、バッファローのよりグレードアップしているのも、購入の決断になった。昨晩、商品は届き、昨日の晩にバッファローのWi-Fiルーターを撤去し、TP-LinkのA10を導入した。スマホで簡単設定、という売り文句もあったが、とりあえず各デバイスでSSIDをつかみ、パスワードを入力して全てのデバイスで登録していった。動作チェックは今後継続してみないとわからないが、今のところおかしなところはないようである。これで、家庭内のWi-Fi環境が改善すれば、いい買い物になったと思う。

2019年8月29日の睡眠と、30日の健康

昨晩、家に着いてから、Amazonで購入したWi-Fiルーターが届くのを待っていた。この辺の事情は別途書くが、要は今まで使っていたWi-Fiルーターで色々不具合が出ていたので、買い替えを決めたというわけである。夕食を済ませ、ブログ記事を書いていたら、郵便局の人がWi-Fiルーターを届けてくれた。それで、早速開封し、セッティングを行った。1時間ぐらいかかっただろうか。なんとか新しいWi-Fiルーターに各デバイスを接続して、うまく動くようになった。

その後になってネットを見たので、歯磨き、入浴が21時半過ぎになってしまった。なんとか寝たのは22時40分で、結構疲れていた。睡眠は時間が短かった。朝5時過ぎに目覚めると、眠れなくなった。6時15分までベッドにいたが、そこで起きてしまった。熟睡時間は3時間45分も確保できていたが、7時間半の睡眠なので、頭はぼーっとしていた。

会社は午前中、何もしなかった。頭が重く、思考できなかった。今日はそのままかなと思っていた。

午後、ストレスマックスになる事態が発生した。ストレス源は当然課長である。事業部のイントラネットをどうするかについて、一度決まった話をまた蒸し返してきたのである。これまでの過程で、課長が今のイントラネットを気に入っていないのはわかったが、僕個人としては、これを別の仕組みに切り替える気は無く、その手間も考えると、嫌だった。課長がヒートアップしてぎゃあぎゃあ言うので、こちらはだんまり。ストレスが思い切り溜まった。

今晩、会社のイベントがあったのだが、もともと体調がすぐれないので、16時にフレックス退社する予定でいた。それが、ストレスマックス上乗せで、フレックス退社することになり、かなりイライラした。それがアカシジアを誘発し、余計つらくなった。自宅近くの駅に着いたら、小雨が降っていたので、仕方なくコンビニに入り、夕食の食材を買って家に戻った。アカシジアが辛いので、家に着いたらゲームをして気を紛らわしていた。

2019年8月29日木曜日

2019年8月28日の睡眠と、29日の健康

昨日、断続的にシーリングライトを買い替えるか考えていた。せっかくAmazon Echoがあるので、音声操作でシーリングライトをON/OFFしてみたいと思い始めたのである。しかし、その前にトラブルが発生していた。宅内のWi-Fiルーターが、機器の繋ぎすぎか、接続が頻繁に切れるようになってしまったのである。Wi-Fiルーターも買って数年経っているので、結局Wi-Fiルーターの新しいのを購入することにした。

夕方にネットを見て、早めの夕食とニュース、天気予報を見ていた。今日はなんとか天気の情報が少し良くなりそうな感じである。昨日は生きた心地がしなかった。

入浴を済ませ、Wi-Fiルーターの機器選定で悩み、せっかくなので今使っているメーカーとは別にした。それを注文入れ、22時過ぎには就寝した。

睡眠は比較的しっかりとったと思う。それでも朝5時ぐらいには目を覚ました。その後はあまり寝ていない。熟睡時間は3時間だったが、頭がすっきりしない。天気は雨は止んでいたが、安全のため、傘は持っていった。電車はダイヤが乱れていたが、結果的には普段乗る時間に電車に乗っていた。

会社では、昨日休んだので、メールの処理をしていた。その後、企画台数の集計を行なった。残り1シリーズだけが「0」のままなのだが、元データがないので、これは算出できないなと思っている。

午前中から体調は悪く、なんか落ち着かなかった。昼食前後で軽いアカシジアになったので、ロラゼパムを4錠飲み、ゲームをして気を紛らわした。15時の会議どきにはなんとか落ち着いていた。

昨晩注文したWi-Fiルーターが今日届くというので、iPad ProのAmazonアプリで配送状況をチェックしていた。夕方16時過ぎに不在の表示が出ていたので、そこでiPad Pro上で再配達の手続きをした。

定時で今日は帰れた。電車も普段通りの運行。雨も降っていなかったので、スーパーに行って、いろいろ食材を買ってきた。

佐野元春、2019年秋のツアーで熊本公演を中止

今日の会社からの帰り、Twitterを見ていたら、「えぇー!」と言いたくなる投稿がされていた。佐野元春 & THE COYOTE BANDの2019年の地方都市ツアー「ソウルボーイからの伝言2019」の熊本B.9 V1での2019年11月29日の公演が中止になったというのである。中止になった原因は、プロモーターのブッキング・ミスとのことで、多分日程を勘違いして予約をしていたのではないかと思われる。ちょうど、今日は佐野元春ファンクラブでの先行予約の当落発表日であるが、熊本公演を申し込んだ人は、前述の通り、公演が中止になったので全員落選になっている。プロモーター側は、早急に別の会場、別の日程でファンクラブ先行をやり直すとしているが、僕も佐野元春ファンクラブに入って長いが、こんなプロモーターミスによる落選なんて、初めてである。これなら土曜日開催の大分公演を申し込んでおいて、1泊2日の温泉&佐野元春ライブにしておけばよかった、と後悔しきりである。とりあえずは、新しい熊本公演の日程が出てくるのを待つしかない。その上でどうするか考える。一般チケット発売はまだ先なので、考える時間はあるだろう。

2019年8月28日水曜日

2019年8月27日の睡眠と、28日の健康

昨晩、大雨の中ようやく家に着き、食事をとりながらNHKニュースを見ていた。大雨の被害はひどく、無事帰れたので安心していた。今日、天気がどうなるか気になったが、とりあえず普段通りの生活をしていた。

入浴後、思いつきでAmazon Echo Dotの置き場を玄関からベッドに変えてみた。その作業をしてしまったので、血圧が上がっていた。それでも早く寝るかと、22時20分にはベッドに横になった。

睡眠の質は悪くない。朝5時過ぎに一度目覚めたが、また寝ていた。ただ、6時半には目覚めており、アラームが鳴るのを待っていた。6時半に起きて洗顔、髭剃り等してしまうとアラームが止められないからである。アラームが鳴って起きて、テレビをつけると、大雨特別警報が出ていて、電車もダイヤが大幅に乱れていた。洗濯をして、朝食を食べながら出社をどうしようと迷ったが、この調子だと出社できても自宅に帰宅するときの担保ができない、と判断し、課長に今日は会社を休む、と電話連絡を入れた。

iPhoneには、災害安否確認通知も来ていたので、その回答をして、あとはNHKのニュースを見たり、ネットで情報を集めたりしながら、午前中を過ごしていた。佐賀市の大雨による水没は衝撃だった。

時間はあったので、3台あるAmazon Echoの設定を色々変えてみた。結果、ベッドにあるEcho Dotのウェイクワードを他のEchoと変えることで使いやすくなった。

昼前、雨が小降りになったので、コンビニに買い出しに向かった。幸いコンビニに行っている間は小康状態だった。昼食を食べ、午後も情報収集していた。

3台のAmazon Echoの配置を変更

2019年8月25日の記事で、自宅に3台のAmazon Echoを設置した旨を書いている。その中で、リビングはAmazon Echo、玄関にAmazon Echo Dot、洗面台に2台目のAmazon Echoを設置したと書いた。玄関にEcho Dotを置いたのは、帰宅時に玄関からエアコンをコントロールしようと目論んだからである。しかし、もともと1Kの賃貸マンションに住んでいる身としては、玄関のEcho Dotはあまり有益ではなかった。それよりもリビングでテレビ+AVアンプをつけていると、テレビの音声によってリビングのEchoに音声コマンドを送り込むのが難しいことが気になっていた。リビングのEchoはテレビの右隣のPCデスクの奥まったところに設置しており、テレビがついているとテレビの音声にマスキングされ、声が届きにくいのである。それで、Echo Dotをベッドの物置場のところに移動させ、また、ウェイクワードを他のEchoと変更することにした。それにより、テレビがついていても、Echo Dotの方で音声コマンドが認識しやすくなり、音声操作がしやすくなっている。リビングのEchoは音楽やradikoメインで使っていくが、Echo Dotはテレビ起動時の音声コマンド指示用に使っていこうかと思う。

2019年8月27日火曜日

2019年8月26日の睡眠と、27日の健康

昨晩は、夕食の後、ゴミを捨てに出した。福岡市のゴミ捨ては夜なのである。ゴミ収集車が深夜回収に来る。

ゴミ捨ての後、ネットを見ていた。そして、歯磨きと入浴を済ませた。入浴の後、薬を飲んだら気力が失せた。それで、22時過ぎには就寝してしまった。

睡眠は質が高かったように思う。熟睡時間も3時間15分取れていたし、睡眠負債もない。ただ、朝起きた時の雨の降りかたに、「会社行きたくないな」と思ったのは事実である。支度はしたものの、雨の降りが少し弱まってから、会社に向かった。しかし、駅から会社で足元が濡れた。

会社では、最初、昨日できなかった品番登録を行った。そして、商品の企画台数を入力する仕事に手をつけることにした。その過程で、品番はあるのに計算されていない箇所を発見した。いろいろ調べると、どうも品番の後に全角スペースが入っているのが原因らしい。全角スペースを取り除くと、無事集計できた。

午後、少し眠くて居眠りをしてしまった。仕事も気力があまりなく、その気になるまで時間がかかった。気力のないときは、ネットを見ている。まあ、それすらも見たくない時も多いのだが。

定時で帰宅したが、帰りの電車は大雨の影響で間引き運転していた。普段乗る電車は運休し、次の電車が運行していた。その次の電車に乗車でき、なんとか家に戻った。

福岡市で大雨、避難準備情報

今年の福岡市の夏は、大雨が結構降った年になるだろうと思う。梅雨末期の大雨、台風、そして今日の低気圧と、とにかく大雨が多く降る。そういう時に会社に出勤すると、まず、通勤で電車が動くのかと心配になり、電車が動いて会社に着けば、今度は会社から帰れるのか、という心配をしなければならない。今日もそんな日である。朝から大雨が降り続き、まず会社に行くのにしんどい思いをした。足元はずぶ濡れ、靴下も濡れて会社でサンダルに履き替えるぐらいである。で、会社にいたらいたで、トイレ等に行く時に外を見ると、土砂降りにびっくりする。そして、「早退しないで、定時帰宅で電車が動くのか」と心配していた。しかし、17時に会議があり、結局定時に会社を後にしたのだが、電車は案の定ダイヤを間引いていて、普段の車両には乗れなかった。ただ、次の電車は来たので、なんとか無事に家に帰宅できた。帰宅時に、電車の中でYahoo!ニュースを見ると、自宅付近が避難準備対象地域になっていた。とはいうものの、どこに避難したらいいかがよくわからないし、住んでいるところは平地なので、避難しない方が今の所安心かなと思つている。明日の雨の降りかた次第だが、会社を休みたいなというのが本音である。土砂降りの中、会社には行きたくない。

2019年8月26日月曜日

2019年8月25日の睡眠と、26日の健康

昨日の午後、3台目のAmazon Echoが届いたので、セットアップをしていた。ウェイクワードが設定できないというトラブルもあったが、iPhoneのアプリからMacBook ProのSafariでのセットアップ画面に切り替えて、ウェイクワード変更もできた。後で、歯磨きの時にラジオを聴いていたが、やはり音質は良い。聴きやすい。

その関係でネットを見始めたのは少し遅かったが、途中で普段のペースになり、結局夕食もそんなに遅くはなかった。週末なので、本物の生ビールを飲み、レトルトのカレーを食べた。

食後は泡盛を飲んで、しばらくしてから歯磨きと入浴をしてしまった。これで、あとは薬を飲んで寝るだけになった。ベッドに横になってラジオを聴いていると、ウトウトと居眠りに入る。22時に目覚めたので、電気を消してちゃんと就寝した。外が涼しいので、エアコンも切った。

睡眠は十分に取れていたようである。熟睡時間が3時間15分も確保できている。でも、体調的には今ひとつだった。朝から涼しく、雨が降っていたのも関係しているかもしれない。

会社に行って、管理職のおじさんと製品の企画台数のカウント方法について打ち合わせをしたが、どうも噛み合わないので、諦めた。僕はこの人、好きじゃない。

午後、ホストコンピューターに品番を登録していたが、トラブルに見舞われた。原因は、ホストコンピューターのバグ。今日から新しいシステムに切り替わったのだが、そこでバグが見つかったのである。登録は、明日以降に延期になった。

15時過ぎから軽いアカシジアに悩まされていた。ロラゼパムを飲むがなかなか効かない。結局ロラゼパムを5錠飲んで、会社を退社する頃にようやく効いてくる感じだった。

2019年8月25日日曜日

3台目のAmazon Echoを自宅に設置

僕のスマートスピーカー遍歴は、最初にGoogle Homeから始まり、途中からAmazon Echoを追加、Amazon Echoにradikoのエリアフリー機能が来たのと、Apple Musicのサービス開始に合わせて、Google Homeを撤去、売却するところから加速している。Amazon Prime DayでAmazon Echo各シリーズが半額セールしていたので、Amazon Echo Dotを購入し、洗面所に設置した。これで、歯磨きや入浴時にも音楽やラジオを楽しめると思ったのだが、Dotのスピーカーは貧弱なので、入浴時には厳しいところがあった。昨日の朝、ネットを見ていたら、Amazon Echoのセールがまた始まっていて、半額まで行かないが4割引以上になっていたので、3台目のAmazon Echoを追加で購入した。そして、今日の午後、商品は到着した。これで、洗面所に置いていたAmazon Echo Dotは玄関に移設し、帰宅時のエアコン動作に利用することにして、購入したAmazon Echoは改めて洗面所に設置した。当然Dotより音質は良いので、歯磨き時や入浴時に今までより聞き取りやすくなるはずである。AppleがHomePodを発売しているので、そちらも気になってはいるのだが、radikoが使えない時点で、今の所購入に躊躇してしまっている。値段も高いし。Amazon EchoでもApple Musicは使えるので、不便はあまり感じないし、当面Amazon Echo3台での稼動で楽しもうかなと思っている。

2019年8月24日の睡眠と、25日の健康

昨日は夕方、ネットを見ていた。早く見終わったので、ベッドでゴロゴロしながら本を読んでいて、17時半に夕食は食べてしまった。夕食後は泡盛を飲み、土曜の夜恒例の実家への電話をして、会社の愚痴を話していた。

電話の後、YouTubeでAppleのスマートスピーカー、HomePodの使用レビューを見ていた。といっても買うわけではない。昨日、Amazon Echoをもう1台追加購入したので、スマートスピーカーはもういらない。気にはなるが。

早めに入浴し、22時には寝てしまった。睡眠の質は普通だったと思う。深夜3時にトイレで起きたが、また寝てしまい、7時まで起きなかった。なんかの夢は見たと思う。熟睡時間も2時間50分と十分な時間が取れた。

起きてから洗濯をして、朝食を食べ、部屋を掃除した。掃除が終わってからAmazon Echoの配送状況を見たが、午前中の到着はないと判断し、午前中は映画を見ていた。

映画を見終わってから、昼食と夕食、明日からの朝食の食料を買いにスーパーに行った。色々買ったので、2500円も出費。結構かかるなと思っていた。

家に帰ってきてからは昼食。カツ丼が食べたかったので買ったのだが、スーパーの惣菜にしてはうまい。

昼食後、映画のレビューを書く。それが終わると、ネットで映画の評判を読んでいた。Amazon Echoはどうも午後着になりそうなので、午後はベッドでゴロゴロしながら、到着を待っていた。

Amazon Echoは15時半近くに到着。セットアップをする。色々トラブルもあったが、設定完了した。Amazon Echoが2台になり、Amazon Echo Dotが1台あるので、Echo 1台目はリビングに、Echo 2台目は洗面台に、Echo Dotは玄関に置いた。

映画「インデペンデンス・デイ」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、INDEPENDENCE DAY(Blu-ray)/インデペンデンス・デイ/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。1996年の映画ということで、今回視聴したBlu-rayも比較的ローンチ後早くに出たパッケージを購入後10年以上経過してから視聴したのだが、意外と画質、音質が良く、サラウンドの迫力が素晴らしく、結構興奮して見てしまった作品である。続編の「インデペンデンス・デイ:リサージェンス」を見たいと思っていたのだが、第1作の内容をすでに忘れていたので、かつて輸入盤レーザーディスクで鑑賞したこの映画を再鑑賞した次第。圧倒的な力を持つ異星人の地球侵略に対し、人類が意外な方法で反撃するという展開だが、異星人にコンピューターウイルスが効くのか、とか、科学者デヴィッドが使っているコンピューターがAppleのコンピューターであり、このころから「正義の味方はApple製品を使う」というハリウッドの法則が生きていて笑ったり、酔いどれ元軍人が大活躍するとか、アメリカ大統領が先頭切って戦闘機を乗り回すとか、ツッコミどころが多々ある映画である。でも、そのあたりのツッコミを許せてしまうおおらかさがこの映画にはあると思う。アメリカの独立を訴えかけているアジテーション映画でもあるが、それはそれで面白い。このころのローランド・エメリッヒ監督の映画はそれなりに面白かったと思う。「ゴジラ」以降迷走し出す気がする。

2019年8月24日土曜日

2019年8月23日の睡眠と、24日の健康

昨日、会社の仕事でヘトヘトになって家に帰宅した。食事をしてから泡盛を飲んで、ブログを書き、ネットを見た。ブログの記事書きに時間を取られ、ネットを見終わる時間も遅かった。Amazonで注文した佐野元春のアナログレコードも不在通知が入っていたので、再配達の手配をしたのも時間がかかった理由である。

寝た時間も22時半を過ぎていた。iPhoneの充電が終わらないからである。睡眠は最初のうちはしっかり寝ていたが、朝4時過ぎから目が覚め、なかなか眠れなかった。6時半までベッドの中にいたが、ちょっと寝足りない。熟睡時間は3時間半取れているので、まだマシだが。

朝起きて、洗濯をして、朝食を食べた。洗濯物を外に干してから、アイスコーヒーを飲みながら、輸入盤Blu-rayのチェックと、新作映画の予告編を見ていた。その後、ネットを見ていて、Amazon Echoが半額近い値引きセールをしているという情報を入手し、もう一台ポチってしまった。

10時から歯医者で歯石とり。40分ぐらいかかった。その後、スーパーに行き、食材を買って帰ったら、ちょうど宅配便の人が来ていて、佐野元春のアナログレコードを受け取れた。

気候が少し涼しかったので、歩くかと思ったが、1km歩いたところで雨が降り出して、慌てて家に戻った。昼食を食べた後、再チャレンジで歩きに行こうとしたら、雨は止んでいなかったので、歩くのは諦めた。

午後はブログの記事書きで時間がかかった。その後、洗濯物にアイロンをかけ、だらだらとした時間を過ごした。

Bloggerの更新情報をIFTTTで送信

僕は、これまでBloggerの更新情報をPINGOO!というサービスを使って行なっていた。PINGOO!ではいくつかのブログ更新PING受付サイトのURLにPINGを送信し、かつTwitterにも更新情報を発信してきた。しかし、7月の末あたりからアクセス数が急減し、会社の夏休みにふと調べていたところ、PINGOO!で更新情報を発信しているはずが、実際にはできていなかった、ということに気づいたのである。更新情報が出てこないから、アクセス数が少なくなっている、と判断し、何らかの代替手段を検討していた。そこで有効そうなのが、IFTTTを活用したPING送信とTwitter発信だった。夏休みに設定をして、今日まで様子を見ていたが、この方法が有用そうなので、忘備録として下記に記しておく。

PING更新のIFTTT登録方法

  1. まずIFTTTのアカウントが必要なので、これはとっておく。
  2. IFTTTの「If This Then That」の「This」で、「RSS Feed」を探す。見つけたら、「New feed item」を選択し、「Feed URL」にBloggerのRSS FeedのURLを入力する。BloggerのRSS FeedのURLは、「[サイトURL]/feeds/posts/default?alt=rss」である。そして、登録をする。
  3. 続いて、「That」で「Webhooks」を選択する。「Make a web request」をクリックし、URLにPING送信したいURLを入力し、確定させる。PING送信先は、Googleで予め調べておく。「PING 送信先」というようなキーワードで、最新の生きているPING送信先が見つかるはずである。
  4. 最後に確定をさせ、IFTTTに登録すれば完成。あとはブログ記事更新のたびにPINGを送信する。
Twitter発信のIFTTT登録方法
  1. IFTTTのアカウントを取っておくことは前提条件なので、ここでは省略。
  2. Searchフィールドで「Twitter」を検索し、「Services」タブで「Twitter」を選択する。
  3. 「Blogger投稿からtwitter画像付き自動投稿レシピ」を選択する。
  4. これを登録することで、Bloggerの記事を更新したときに、自動的にTwitterに投稿される。Bloggerに写真が添付されていれば、Twitterにもその画像は添付される。
なお、上記手段であるが、Blogger更新後直ぐに行われるわけではない。数分~数十分かかることが普通なので、焦らず確認すること。IFTTTの「Activity」で動作状況はチェックできる。


2019年8月23日金曜日

2019年8月22日の睡眠と、23日の健康

昨晩は、自宅近くの駅に降りた後、パラパラ雨が降り出していた。駅前のコンビニは通り過ぎ、駅と自宅の中間だったので、折りたたみ傘を出して別のコンビニに行こうと思ったら、すぐに雨は止んだので、結局スーパーに行った。

家に帰り、夕食をとった後、洗濯物にアイロンをかけていた。それは意外と早く終わったが、ブログの記事書きに時間を取られ、ネットを見終わる時間が21時を過ぎていた。それで、歯磨きの時間と入浴時間が遅かった。

それでも寝たのは22時15分である。入浴後、薬を飲むとだるくて起きていられなかった。しかし、睡眠の質はあまり良くない。何回も目を覚まし、熟睡時間も2時間15分とだいぶ少なくなった。朝、起きた時の気分は悪かった。

会社に行って、午前中は統計資料の商品の企画台数を算出するための基礎データを探していた。昨日の続きである。意欲がほとんどなかったが、なんとか一通り調べた。ただ、企画段階の品番と、実際の品番にズレがある資料が多く、使い物にならず、どうしようか迷っていた。

そんな時に課長から、社内イントラネットの今後のあり方を資料としてまとめろ、と指示が来たので、気分転換にそちらを作業したところ、「箇条書きではなく、表にまとめろ」と無茶な回答が来た。何をこだわっているのか、と腹が立つが、表に書き換えて、メールでこっそり送っていた。

そんな作業があった後、気力が完全に失せていた。頭は回転せず、なんかアカシジアも発症している。それで、定時まで何もせずにいた。

Amazon Echo+Nature Remoでエアコンの操作ができなくなった時の解決法

僕は、今、Amazon Echo+Nature Remoで、エアコンやテレビのオンオフ、チャンネル変更等を音声指示で行なっている。8月の上旬、つまり会社の夏休み前までは、家に帰ってきて、「コンピューター、冷房つけて」というと、エアコンの冷房が一発で起動していた。しかし、夏休みの間、実家に帰省をしていて、1週間ぶりに自宅に戻ってきてAmazon Echoに「コンピューター、冷房つけて」と声を出しても、「すいません、どの端末ですか」と聞かれ、エアコンの電源が入ることがなくなってしまった。「すいません、どの端末ですか」の後に「エアコン」と発声しても、「すいません、エアコンというデバイスを見つけられませんでした」と返答が帰るのみ。ところが、意外な解決法が見つかった。「コンピューター、冷房つけて」とAmazon Echoに指示すると、「すいません、どの端末ですか」と帰ってくるのだが、ここで「冷房」と言えば、エアコンの冷房の電源が入ることを見つけ出したのである。つまり、「冷房」というキーワードを2回言えば、一応は音声指示でエアコンはつけられることがわかった。しかし、夏休みの間、Amazon Echoのバージョンアップでもあったのかな、と疑念を抱いているところである。操作方法が知らないうちに変わるのは、困ることである。まだまだスマートスピーカーが不完全な品物である例といってもいいと思う。

2019年8月22日木曜日

2019年8月21日の睡眠と、22日の健康

昨日の夜、夕食は食べていたが、軽いアカシジアに悩まされていた。食事の後、缶ビールの缶をゴミ捨てに出して、しばらくゲームをして気を紛らわしていた。

それで、ネットを見る時間が遅くなり、入浴時間も遅くなった。ただ、実際に寝たのは22時半だが、その時間になったのはiPhoneの充電が終わらなかったからに他ならない。iPhoneの充電が終わっていれば、20分早く眠れたはずである。

睡眠の質は今ひとつ。何回か目を覚ました。熟睡時間も2時間半と、普段通りのちょっと少ない状態に戻った。朝は起きるのが辛かった。

週の半ばなので、洗濯をしてから会社に行った。業務量が重たくて、課長からうるさいほど指示の入る統計資料は、今日、いくつかの資料を削除し、ページを直してようやく発行した。しかし、後1週間で8月度の集計をしなければならない。気が重くなる。

削除した資料の中には、新製品の企画台数の数字があった。これのメンテナンスをしばらく全然やっていなかったので、正確な数値が出てこないというのがあった。メンテをしなかったのは、作業がとてつもなく面倒くさいからである。それと資料によっては算出できないというのもあった。ただ、これを洗い出して、作成するしかないと、管理職のおじさんに諭され、仕方なく、リストアップを行なった。これがまた大変で、時間がかかったし、今日は終わらなかった。午後の作業分が間違って保存できなかったのも痛い。

その他、諸々会議や品番登録など疲れる作業があり、休憩している暇すらなかった。飲み物すらなかなか飲んでいなかったのである。でも、疲れたので、定時で帰った。

沖縄の竹富島が9月から入島料「300円」を徴収

今日のYahoo!ニュースで驚いたが、逆に納得してもっとしっかりやれ、と思ってしまったのが、沖縄県の竹富島がこの9月から任意で入島料300円を徴収することになった、というニュースである。これは、地域自然資産法に基づくもので、観光客たちをターゲットにしている。観光客の多い竹富島は、自然の景観が損なわれる危機に瀕しているといい、自然環境の保護や、開発業者に渡った土地の買い戻し島の資金にこの入島料を充てたい考えであるという。僕も、竹富島観光1泊2日の旅2018/がちゃんの部屋という記事で、1泊2日の竹富島観光を行い、その環境の素晴らしさに触れているところであるが、確かに昼間は観光客多すぎだし、中国人たちはマナーも悪いし、リゾートホテルはあるしで、次第に竹富島本来の良さが失われているような気がしている。今回実施される入島料は、あくまで任意で300円以上となっているが、どうも検討段階ではフェリー代に300円上乗せの案もあったという。実際には協力金としての線引きが難しいために断念したそうだが、個人的にはこのフェリー上乗せ案で強引に徴収しても良かったのではないかと思わざるを得ない。どちらにしても、全国初の試みということで、竹富島がどう環境保護を進めていくか、気になるところである。

2019年8月21日水曜日

2019年8月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩は、久しぶりの会社で疲れた。夕食を食べ、ネットを見ながら音楽を聴き、入浴時にも音楽を聴いていた。入浴後、薬を飲むと、疲れて何もしたくなくなった。それで、ベッドに横になって、体を休めていた。もちろん、22時過ぎには就寝してしまった。

睡眠は比較的取れているほうだと思う。何回か目が覚めかけたが、その都度寝てしまい、朝まで起きなかった。熟睡時間も3時間47分と異常に取れている。それでも、朝はやはり眠かった。

会社に行って、朝一番は何もすることがなかった。しかし、課長が統計資料の確認で、ダメ出しをしてきたので、さらに改善すべく、作業せざるを得なかった。それに一日費やされ、かなり疲労した。ダメ出ししてきたのは、企画台数が品番によって入っていないのは、ダメだということで、結局管理職のおじさんのアイデアでは対応できず、今月は削除するしかないという結論になってしまった。それが出てきたのは夕方定時過ぎ。その辺りでアカシジアも出ていた。

遡って昼休み、iPhoneでネットを見ていたら、佐野元春がニューアルバムを10月にリリースするというニュースを知って、そのままiPhoneでAmazonのアプリを開き、速攻で予約を入れた。

定時ちょっと過ぎて会社を退社。帰りはアカシジアで気持ち悪かったが、スーパーに行って、食材を買って、家に戻って夕食を食べた。蒸し暑いので、缶ビールはうまかった。

佐野元春、ニューアルバム「或る秋の日」を10月9日にリリース

今日の昼休み、食事も終わり、さてネットでも見るかとiPhoneを鞄から取り出したところ、画面に通知が表示されていた。そこには「佐野元春、ニューアルバム"或る秋の日"を10月9日にリリース」と、佐野元春公式アプリDaisy Headsからの通知が表示されていた。突然のニューアルバム発売の告知に、一瞬戸惑い、詳細な情報を探し始めた。たまたま、昼休みにはTwitterを見ることが多いので、Twitterを見ていたが、まだ、書き込みが少ないせいか、情報はほとんどなかった。それで佐野元春公式サイトMWSを見に行くと、詳細な情報があった。それによると、これまでiTunes StoreやApple Musicで配信されてきたアルバム未収録の曲4曲に加え、新曲4曲を足した全8曲構成でアルバムを出すとのことで、今回は佐野元春個人名義でのリリースとなっているのが特徴である。THE COYOTE BANDでもなく、THE HOBO KING BAND名義でもない佐野元春名義のアルバムは久しぶりではないかと思う。もう一つ、特徴と言えるのは、今回のアルバムリリースは、CDの通常盤とデジタル配信版しかなく、CD盤は受注生産限定商品になっていることにある。アナログ盤も予定はされているものの、発売日は未定。なので、10月9日に聞けるのは、CDかApple Music、Spotifyのストリーミング配信、iTunes Storeのダウンロード配信のいずれかになる。今回の曲たちは、人生の秋にたどり着いた男と女の世界を描き出すということで、タイトルナンバーの「或る秋の日」から始まり、「私の人生」、「君がいなくちゃ」、「みんなの願いかなう日まで」など、いずれも渋い曲が並んでいる。これまでのTHE COYOTE BANDとのコラボによるアルバムとは一味違う雰囲気のアルバムになりそうで、今から楽しみである。すでにネット通販ショップでは予約を受け付けているので、興味のある人は早めの予約をしたほうがいい。

2019年8月20日火曜日

2019年8月19日の睡眠と、20日の健康

昨日は休みだったので、夕方にネットを見てしまい、夕食も早かった。夕食後は泡盛を飲んで、ベッドに横になって音楽を聴いていた。また、寝てしまいそうなので、20時過ぎには歯磨きをして入浴を済ませた。

寝たのは22時10分。昨晩の睡眠は理想的だった。8時間半の睡眠時間で、熟睡時間はなんと5時間。睡眠負債もなく、よく寝たと朝、思った。それでも実は朝5時過ぎに一度目覚めているのである。

しばらくぶりの会社なので、スローペースでスタートしたいところだったが、統計資料の作成で、管理職のおじさんに見てもらった関係で、朝からストレスマックスになった。それがひと段落すると、いくつかの資料を作った。

11時半にロラゼパムを服用したのだが、その直後ぐらいからなんとなくアカシジアに襲われた。15分間隔でロラゼパムを3錠投入し、冷房の壊れた休憩室でゲームをして、なんとかしのいだ。幸い、昼食の時間になると、だいたい落ち着いた。

午後はどうも居眠りを少ししていたようである。意識がない時間があった。15時から課の連絡会。その後、だらだらと過ごした。

定時になって家に帰ろうとしたら、土砂降りの雨で、事務所から出られなくなった。15分ほど待ち、雨が少し弱くなったのを見てから家に帰った。それでも雨は結構降っていて、足元はずぶ濡れだった。

大気不安定で、大雨に降られる

ここ10日ばかり、台風10号の影響や、前線の活発な動きで、大雨に降られることが多くなっている。会社の夏休みの15日、池袋に映画を観に行った帰り、自宅近くで突然の土砂降りで、足元がずぶ濡れになったことは、記憶に新しい。そして、今日である。今日は未明から、大気の状態が不安定で、大雨が降っていたが、昼間は止んでいたので「多分このまま大丈夫だろう」と思っていた。しかし、17時過ぎからYahoo!天気で大雨注意報が次々に告知されるので、不安になった。そして、定時になって、更衣室に行こうとしたら、外は土砂降り。どう考えても傘が役に立たないほどの降り方であった。しばらく建物の中で雨の降り方を見ていて、少し弱まったところを見計らって、更衣室に行き、会社を後にしたのだが、博多駅までの天気も結構激しく降っていて、ズボンは裾がずぶ濡れになった。帰り道だったので、まだマシだが、この天気、しばらく続くという。なんかすでに夏は終わりかなという気がしないでもない。

2019年8月19日月曜日

2019年8月18日の睡眠と、19日の健康

昨日は、夕方にネットを見てしまい、夕食も17時半から食べてしまった。夕食後、炊いたご飯を冷まし、泡盛を飲んでいた。炊いたご飯が冷えたらラップで包み、冷凍庫に入れて、炊飯器の釜を洗った。

その後、ラジオを聴きながらiPad Proでネットを見ていたが、半分うたた寝していた。眠かったが、20時45分に無理やり起きて歯磨きをし、シャワーを浴びた。

寝たのは22時である。ただ、昼寝と夜のうたた寝が悪影響を及ぼしたのか、眠りの質はあまり良くなかった。深夜3時と早朝5時に目覚め、また寝たものの6時過ぎに目覚めて起きてしまった。睡眠時間が8時間を切っており、熟睡時間も2時間15分と足りなかった。

起きてから洗濯をして、朝食を食べ、ネットを見ていた。眠くて仕方なかったが、アイスコーヒーを飲んだり、背伸びをしたりして眠気を取っていた。

10時に自転車屋に自転車の修理をしに行った。幸い、すぐに修理してもらって、また使えるようになった。ただ、自転車を自転車屋に持っていくのが結構しんどかった。汗をかなりかいた。修理が終わったらスーパーに行き、昼食と夕食のおかずを買って家に戻り、今度はショッピングモールで靴下を買ってきた。

昼食は11時半前には食べていた。午後は時間が空いたので、今日も映画を見た。「ワイルド・スピードX2」という映画で、アクションものである。映画を見た後はレビューを書いて、サーバーにアップした。

レビューを書き終わったら、午後のお茶菓子とコーラをとった。気分転換になる。