2019年2月24日日曜日

最低男優賞にドナルド・トランプ大統領、ラジー賞で

明日、25日にアカデミー賞が発表されるが、昨日、最低映画大賞を決めるラジー賞が発表された。2018年のラジー賞は、最低男優賞にアメリカ合衆国大統領であるドナルド・トランプが選ばれた。当然、ドナルド・トランプ大統領が劇映画に出ているわけではないが、トランプ大統領を描いたドキュメンタリー映画で、ノミネートされ、並み居る強豪を押しのけ、最低男優賞と、最低スクリーンコンボ賞で2部門受賞したのである。この辺のギャグぶりは、アメリカの自由さを描いているようで、大変興味深い。最近、トランプ大統領の支持率がかなり下がってきていることを考えると、結構的を得た受賞なのかもしれない。そういう意味では、受賞しても当然という気がする。

0 件のコメント:

コメントを投稿