2019年4月30日火曜日

2019年4月29日の睡眠と、30日の健康

昨晩、夕食を食べた後、部屋に戻り、ネットを見ていた。その後早めにシャワーを浴び、旅行記の初日をまとめていた。

疲れたのと多少の時差ボケで、21時に就寝。で、朝4時半にトイレで起きてしまい、そのまま眠れなかった。何回かトイレに行き、落ち着いてから朝6時の朝食を食べた。

今日から観光ということで、バンコク市内の9つの寺院をめぐってみた。最初はホテルのすぐそばの寺院で、当然人はあまりいない。そこから少しずつ進んでいった。朝8時に出発して、すでに気温は30度。11時まで休憩なしでワット・プラケオまで見学した。ワット・プラケオでようやくミネラルウォーターを買い、一息入れた。ワット・プラケオは観光客が多くて、写真撮るのも大変だった。

暑いので、iPhoneで4K/60fpsの動画を撮ると、本体が熱々になる。で、バッテリーの減りも早い。なんとか9寺院巡るまでは持ったが、ホテルに帰ってきた時には20%を切っていた。ネットにほとんど繋いでいないのに。

腹も空いたので、ワット・ポー側のレストランでトムヤム・クンを食べる。ライスが付いていたので、スパイシーな汁につけて食べると、うまい。エビも3匹入っていて、食べ応えはあった。料金は観光地料金だったが。

昼食後、残り2つの寺院を制覇したが、疲れでアカシジアが少し出て、また、若干熱中症気味になっていたと思う。最後の寺院からは船が出ていなくて、1つ前のワット・アルンまで戻ったので、歩いた距離はすごい。20000歩を越している。

iPhoneのバッテリーも少なくなったのと、疲れたので、一旦ホテルに戻って、ただいま休憩中。エアコンが効いてきて、涼しい。

バンコク9つの寺院をめぐって運気アップ!

今日、タイの旅行の2日目だが、バンコク市内にある9つの寺院をめぐって、お参りをしてきた。なぜ9つかというと、9がタイの間では縁起のいい数字となっているからである。タイ語で「9(カーオ)」の発音が「進歩、前進(カーオ)」と似ているためとのことである。バンコク市内に9つしか寺院がないわけでもなく、いっぱいあるのだが、その中から9つ選んで見学してきた。寺院は、地球の歩き方の紹介ページを見て、その行動順序だけを変えてみた。行った順は次のとおりである。ホテルから近いところから段々進んでいった。

  1. ワット・チャナ・ソンクラーム
  2. サーン・チャオ・ポー・スア
  3. ワット・スタット
  4. ラク・ムアン
  5. ワット・プラケオ
  6. ワット・ラカン
  7. ワット・ポー
  8. ワット・アルン
  9. ワット・カンラヤーナミット
人があまりいない寺院から、ワット・プラケオのように観光客でごった返している寺院まで色々あったが、どこも日本とは違う、独特の寺院の伝統があった。大仏が置かれている寺院が多かったと思う。特にワット・ポーなどは、あまりに巨大すぎる大仏で、絶句してしまった。ちなみに「地球の歩き方」の例に挙げると、半日コースになっていたが、タクシーやトゥクトゥク等を使わず、歩きと船で行こうとすると、半日では終わらない。昼食も食べて、休憩入れて朝8時から15時ぐらいまでかかる。特に暑期は、かなりしんどい観光になると思う。普通の観光では、ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルン程度しか見ないと思うので、個人旅行した際には、こういう寺院巡りもいいのではないかと思う。

「アベンジャーズ エンドゲーム」史上最高のオープニング成績

タイへの旅行中なので、ネットを見る時間が夜になってしまったが、予想以上だったのが、映画「アベンジャーズ エンドゲーム」がアメリカ国内および国際マーケットで、過去最高のオープニングを残しているというニュースである。アメリカ国内では、週末3日間だけでなんと3億5千万ドルという途方も無い数字を記録した。これは前作「インフィニティ・ウォー」を1億ドル近く超えた数字になっていて、想像を絶する売り上げである。また、国際マーケットでは、5日間の興行収入が10億ドルを突破するという、これもまた異例の売り上げである。漫画が原作、シリーズ物、3時間を越す上映時間、とかなり厳しい条件の中、これまでの記録を次々と塗り替えている「アベンジャーズ エンドゲーム」は、このままいくと、世界興行収入や全米興行収入をどこまで伸ばすのか、期待が持てる。まずは「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の記録を塗り替えられるのかが気になるところである。このような興行的成功を収め、かつ作品の出来もいいというのは、なかなかお目にかかれない。初日に観に行ってよかったなと思える作品である。

2019年4月29日月曜日

2019年4月28日の睡眠と、29日の健康

昨日は夕方、ネットをMacBook Proで見た後、夕食を食べ、MacBook proをスーツケースに入れた。タイへの旅行にMacBook Proを持っていくつもりだった。13インチタイプで小さいのと、ケーブル類を買ったので、iPhoneとApple Watchを同時に充電できるからである。

早めに入浴し、昨晩は21時半に寝た。睡眠の質はあまり良くない。朝4時半に起きないと飛行機に間に合わないので、7時間弱の睡眠で、熟睡時間はわずか45分だった。

起きてから洗顔をして着替え、家を出た。鉄道は始発電車に乗ったが、結構福岡空港に行く人で混んでいる。空港に着いて、国際線ターミナルに行こうとしたら、連絡バスに長蛇の列。その後もチェックイン、手荷物検査等で30分以上かかり、朝食を食べる余裕すらなかった。

飛行機は8時20分発だったが、若干遅れた。格安航空会社のタイ・ライオン・エアだったので機内食は期待していなかったが、一応シナモンロールとマンゴージュースは出た。ただモニターも機内サービスも何もないので、ただiPhoneで音楽を聴くだけしかできなかった。

機内食を食べた後、少し仮眠をとった。1時間弱、うとうと寝ていた。その後は眠れなかった。

日本時間の14時、タイ時間で12時に飛行機は着いたが、ここからがまた待たされた。連絡バスは来ないし、入国審査は混雑していて30分待ちだし。かなり疲れた。

ドンムアン空港からカオサン通りまではバスで移動した。50バーツと安い。180円ぐらい。1時間でカオサン通りに到着。まず、軽く遅めの昼食をとった。すでに14時、日本時間で16時だった。

その後、カオサン通り近くに予約を入れていたホテルに行き、チェックインをした。疲れたので、しばらく休憩をして、16時からカオサン通り付近を散策。でも、暑くて体がしんどい。なので17時にホテル近くのレストランでタイ料理とビールで休憩および夕食にした。

タイでiPhone XSのeSIMをGigSkyで使用する

僕は割と、SIMフリーiPhoneで、海外現地SIMを利用して、旅行の情報等を集めたり、SNSで発信したりということを過去行ってきている。で、今回、タイのバンコクに旅行を決めたのだが、たまたまiPhone XSを入手してしまったことにより、デュアルSIMを活用して、スマートフォンの日本の電話番号は生かしたまま、データ通信だけ別の業者を使うということを考えた。そして、ネットで知ったのが、GigSkyという仮想通信業者である。これは、App Storeからアプリをダウンロードし、行きたい地域を選んでクーポンを購入すると、何日間で何百MBの通信料が使える、という状態になるものである。今回、1GB2400円のクーポンを購入し、タイのドンムアン国際空港に降りてから、iPhone XSの機内モードを解除し、サブ回線であるGigSkyのみで通信するように設定をしてみた。なんかおかしいのは、GigSkyの通信アンテナが全く立たない状態であるにも関わらず、どうも通信は成り立っているようなのである。IPアドレスからプロバイダーを調べる確認くんというサイトを見ても、どうもGigSkyらしいし、ネットを見ていると、GigSkyのアプリで通信残量が見られるのだが、それが減っていっているのである。おそらく、データ通信だけなので、電波状況が見られない状態になっていると思われる。日本のキャリアがソフトバンクなので、青天井は怖いが、一応Appleのサイトを見ると、データ通信できる回線は一つだけに限定される、とiPhone XSのスペック表にあるから、多分問題ないものと思う。国内でiPhoneを利用している人が海外に行く時には、通信利用が高いのでフライトモードにしてWi-Fiだけ使うという例も多いと思うが、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRはデュアルSIMなので、GigSkyや3HKなどを使えば、比較的安く、しかも手軽に(3HKが手軽とは思えないが。英語でやりとりしないといけないし)海外データ通信が手に入るというのは、朗報ではないかと思われる。恐らく今後のiPhoneや一部Android機は、デュアルSIM内蔵になると思うので、海外に行く時には、これを活用するといいと思う。

2019年4月28日日曜日

2019年4月27日の睡眠と、28日の健康

昨日の夕方は、早めにネットを見て、夕食も早く食べた。泡盛を飲んでから実家に電話をかけた。タイに旅行に行くに伴い、両親は「生物に気をつけな」と注意していた。確かにお腹が弱いので、生物は水も含めて、気をつけたい。

電話の後、ベッドに横になってYouTube等を見ていたが、起きる気力がなくなりそうだったので、20時半にはなんとか起きて歯磨きをして、入浴した。その後、「アド街ック天国」を見てから就寝した。

睡眠はまずまず。ただ、朝は6時半には起きてしまった。8時間の睡眠は確保できているが、熟睡時間は2時間45分と少々足りない。体調的には悪くないが。

起きてから洗濯をして、朝食を食べ、部屋の掃除をした。その後、ネットを見たら「アベンジャーズ エンドゲーム」が北米で過去最高のチケット売上になったというニュースを見て、驚いていた。

そんな関係もあり、午前中はマーベル映画の「ドクター・ストレンジ」を見ていた。これはこれで面白い映画だと思う。映像美とサラウンドがマッチしていたと思う。

映画を観終わってからレビューを書いた。書き終わると11時。お腹が減ったので、外に食べに行った。久しぶりにうどん屋でうどんといなり寿司を食べて、満足していた。

家に帰ってきてからは、明日から出かけるタイに向けての旅行の支度をしていた。忘れてはいけないのは、お金、パスポート、飛行機のeチケット、着替え、薬、iPhoneの充電器、などなど。夜になったらMacBook Proもケーブルを外してスーツケースに入れなければ。

荷物をまとめたら、iPhoneのeSIMにGigSkyのクーポン書き込みをしていた。多分これでタイの旅行中、eSIMの方でインターネット通信できるはずだが、あとは実際タイに着かないとわからない。

午後、荷物をまとめると、ちょっとやること無くなって、ゲームをして気を紛らわしていた。

映画「ドクター・ストレンジ」(輸入盤Blu-ray 3D)

レビューの詳細は、DOCTOR STRANGE(Blu-ray 3D)/ドクター・ストレンジ/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。2019年公開の「アベンジャーズ エンドゲーム」の興奮冷めやらぬ中、映画館で一度見た「ドクター・ストレンジ」を輸入盤Blu-ray 3Dで鑑賞したのだが、こちらもヒーロー単独映画かつ、初披露作として、及第点は与えられるのではないかと思う。傲慢な外科医ドクター・ストレンジが交通事故に遭い、失った腕の機能の回復を求めて世界を放浪する中、魔術師と遭遇し、ストレンジ自身が魔術師として成長していくという話は、魔術の描き方を含めて、なかなか面白い。特に、この映画はCGによる都市の回転映像が非常に効果的で、3D効果も抜群な映像を提供している。また、映像はシネマスコープサイズと、IMAX DIGITALの1.90:1のサイズを混合させていて、IMAXサイズのシーンが多いことから、テレビでも映像の没入感がすごい。サラウンドも、最近のディズニーの映画の効果の低さと比較すると、かなりハイレベルでサラウンド効果が出ていて、これも面白い要素の一つになっている。映画館で見たものの、すでに内容をすっかり忘れていたので、ちょうどいいタイミングで映画を見られたと思う。

2019年4月27日土曜日

2019年4月26日の睡眠と、27日の健康

昨晩、ネットを見た後、17時半に夕食をとった。その後、泡盛を飲みながらネットを見ていたが、「アベンジャーズ エンドゲーム」の余韻がじわじわ押し寄せてきて、心が満たされていた。ただ、寝不足で疲れてもいたので、入浴は早めにして、ニュースを見ながらベッドに横になったら、うとうと寝ていた。

22時に目が覚めたので、テレビを消し、部屋の電気を消してきちんと就寝した。そろそろ睡眠の質が上がってもいい頃だが、昨晩の睡眠も今ひとつ。深夜3時に目覚め、朝も6時半に起きてしまった。熟睡時間は3時間取れているが、睡眠負債は返却できないまま。

朝食を食べ、輸入盤Blu-rayの新譜をチェックしたが、情報そのものの量が少ないので、チェックするまでもなかった。その後、Amazonに5月発売のBlu-rayを注文した。

先日から「スター・トレック:ディープ・スペース・ナイン」のドキュメンタリーのネット配信の案内が、クラウドファンディングの出資者限定で来ていたので、今朝はそれを鑑賞。MacBook Proの小さい画面で、しかも英語字幕での鑑賞だったが、それなりに楽しめていた。

ドキュメンタリー鑑賞後、ショッピングモールに出かけて行って、早い昼食をとった。それから夕食のおかずを買って、家に戻った。

ニュースでも「アベンジャーズ エンドゲーム」絡みの記事が多くなってきた。初日の日本の興行収入は、ディズニーの映画史上最高の売り上げだったとのこと。今回は初めて「名探偵コナン」に勝てるかも、と思った。

午後は少し昼寝をした。うとうととしていたが、ようやく昼寝によって睡眠負債を解消できている。今晩しっかり眠れればいいなと思っている。

スター・トレック:ディープ・スペース・ナインのドキュメンタリーを鑑賞

2017年にIndiegogoでクラウドファンディングによる出資を募り、目標額に達したために制作が決定されたスター・トレック:ディープ・スペース・ナインのドキュメンタリー、「What We Left Behind:Looking Back at Star Trek:Deep Space Nine」が2018年のプレミア上映の後、ようやく出資者限定で4月26日から99時間限定のインターネット配信が実施されている。僕もこのクラウドファンディングには出資をしていて、このたび見ることができたわけだが、視聴の制限として、内容の紹介や、ネタバレは絶対禁止、視聴URLや動画のコピー等も禁止と厳しい状態であるために、内容の紹介を書くのは控えたいが、スター・トレック:ディープ・スペース・ナインのファンの人ならば、見るべき作品であると言える。作品自体は、2019年5月13日にアメリカで一晩限りの劇場公開を経て、おそらく今年のいずれかにBlu-ray/DVDで、まずは出資者に対して発送をしてくると思われる。Blu-ray/DVDはアメリカのディスクディストリビューターが制作するので、もしかすると、一般の人も買えるようにするのかもしれないが、その辺は判明していない。出資者はエンドクレジットに名前が載る権利を有しているが、僕も掲載されていたので、満足である。

2019年4月26日金曜日

Googleで「サノス」と検索すると...

今日から「アベンジャーズ エンドゲーム」が公開されたのだが、そのキャンペーンの一環として、Googleで「サノス」と検索すると、面白いことが起きる機能が実装された。「サノス」と検索すると、「アベンジャーズ」や「サノス」に関する検索結果が出てくるのだが、右端にインフィニティ・ガントレットの絵が表示されている。それをクリックすると...。面白い結果が出てくるので、是非とも試してみてほしい。ちなみにその現象が起きた後、もう一度インフィニティ・ガントレットをクリックすると、元に戻る。

2019年4月25日の睡眠と、26日の健康

昨晩、22時前にベッドに横になった。体調不良だったので、早く寝るかと思ったのである。体を横にすると、すごくだるく感じた。しかし、なかなか寝付けなかった。30分以上意識は目覚めていて、眠りに落ちなかった。

睡眠の質はいいんだか、悪いんだかわからなかった。熟睡時間は十分取れているのだが、深夜2時半に目覚め、また寝た後、朝5時半に目覚めてしまい、眠れなかった。結局6時には起床し、今日も睡眠負債はマイナス状態。ただ、体はだるいが、意識は結構しっかりしていた。

洗濯をして、朝食を食べ、少しネットを見ていたが、映画「アベンジャーズ エンドゲーム」のネタバレを排除するために、ネットの閲覧を自己制限かけていたので、少々窮屈。特にTwitterはここ2-3日見ていないので、ニュースに疎くなっている。

8時半に映画館に向かって家を出た。普通の人は通勤、通学をする時間なので、地下鉄は混んでいた。映画館に到着し、チケットを発券してから、シアターが開場するのを待っていた。「アベンジャーズ エンドゲーム」を見る人が多く、劇場はほぼ満席。期待度高い映画なんだなと思った。

映画は素晴らしかった。去年の「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の衝撃のラストから、どう話を展開させていくのか、想像をしていたが、こちらの想像なんか軽く吹き飛ばす予想外の展開に、コンセッションで買ったドリンクを飲むのを忘れるほど、物語に没頭していた。そして、ラストの感動が心にしみた。

映画は3時間という長尺の作品だったので、終わったのは13時を回っていた。映画の感動を心に感じながら、レストランで食事をとり、家に帰ってきた。

家に帰ってきてから、ネットのSNSとか掲示板を解禁。ネタバレされてももうOK。でも、GW中にもう一回見にいくかなという気がしている。今回はIMAXだったので、今度はDOLBY CINEMAで見られたらいいなと思っている。

映画「アベンジャーズ エンドゲーム」(IMAX 3D/ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13)

マーベル・シネマティック・ユニバースの一つの到達点であり、前作「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の続編となる映画が、この「アベンジャーズ エンドゲーム」である。この10年、数々の作品が作られてきたが、その集大成とも言えるストーリーに、ファンならば、笑いや感動、涙など、感情を揺さぶられること確実な作品である。「インフィニティ・ウォー」の衝撃のラストから、どう話を持っていくのか気になったが、予想をはるかに上回る展開に、上映時間の長さも気にならない。予告編で、「インフィニティ・ウォー」に出てこなかったヒーローたちが登場していたが、その彼らの活躍も、見どころの一つだろう。ラストは、感情を揺さぶられる終わり方で、シリーズの一区切りがついたことが、明確に表現されている。もちろん、マーベル・シネマティック・ユニバース自体は続くのだが、一つの終わりであることに間違いはない。監督の意向により、できるだけネタバレしないよう、僕もこの記事を書いているところであるが、鑑賞後のネットのネタバレは控えたほうがいいと思う。

2019年4月25日木曜日

2019年4月24日の睡眠と、25日の健康

昨日、1時間早く家に帰ってきて、洗濯物にアイロンをかけても、まだ時間にゆとりがあった。夕食を少し早く食べ、ネットを見てから入浴した。薬を飲むと、やはり5時間睡眠が体に堪えているのか、眠くなってきた。iPhoneの充電があるので、ベッドに横にはなって眠りはしなかったが、少し休んでいた。

寝たのは22時10分。睡眠の質は思ったほど良くない。しばしば眠りから覚める。それでも睡眠時間は8時間は確保でき、3時間半は熟睡時間は取れている。それでも、体調はまだ思わしくなかった。一日中、胃がムカムカしていて、脳の回転も悪かった。もちろん、睡眠負債は借金から返せていない。

会社では、午前中会議が1つ、課長との面談が1つあった。どちらも無難な線で切り抜けた。課長に対しては文句もいろいろあるが、それを本人にぶつけたところで状況が変わるわけでもないから、その部分は飲み込んで、もう少し建設的な意見を話していた。

午後は居眠りはしなかったし、アカシジアも出なかった。ただ、統計資料のアドバイスを課長にお願いしていたら、アドバイスが来たのだが、頭が回転しないので、それをどう実現するかが見えなくて、結局何もしなかった。GW明けに考えればいいか、とちょっと楽観的に考えていた。

定時になって帰宅。明日は年休で、待望の「アベンジャーズ エンドゲーム」を観に行く日である。今晩も早めに寝て、体調の回復を期待したい。

映画「名探偵コナン」のネタバレがTwitterで拡散中

僕は見る訳ではないから直接の被害はないが、ファンの人にとってはかわいそうなのが、映画「名探偵コナン」のネタバレがTwitterで拡散中という話である。それも、Twitterで「これから名探偵コナンを見に行く」とかツイートすると、リプライする形で、「犯人は〇〇」とか、「ラストは××」とツイートが戻ってきて、ファンの期待を裏切るような状況になっているという。それに対する対策はというと、本質的にはTwitterに何も書かないとか、Twitterを映画を見るまで見ないとか、そういう対策しか取れないところがある。実はここ2日ばかり、僕はTwitterを見ていない。「アベンジャーズ エンドゲーム」のネタバレ回避のため、意識的に見るのをやめているのである。すでに1週間ほど、5ちゃんねるの映画板を意識的に見ていないし、Yahoo!のニュース記事は見るが、読者の意見は一切見ないように徹底している。明日の午後になれば、映画も見終わるからネタバレもいいが、それまではなんとか意識的にSNSを避けた方が良さそうである。

2019年4月24日水曜日

2019年4月23日の睡眠と、24日の健康

昨日、この日記で「アベンジャーズのチケットは、今朝予約するつもりである。」と書いた。入浴後、なんか心配になって、深夜0時まで起きていようかなと思い始めた。しかし、MacBook Proをいじっていると、肩が凝り、疲れたので、やはり寝ようと思い、薬を飲んでベッドに入った。しかし、眠れない。目がさえ切ったままなのである。22時半にベッドに入ったが、23時半になっても眠れない。それで、結局深夜0時の映画館のチケット発売開始をリアルタイムで待つことにした。

チケットが簡単に買えたかというと、そうではない。やはり初日に観たいファンが多いので、サーバーがアクセス過多で、エラーを連発しっぱなしだったのである。途中からMacBook ProのSafariに加えて、Google Chormeも同時に使用し、どちらも再読み込みを継続してチケットの確保に動いた。結局チケットが取れたのは0時48分。いい席はほぼ埋まっていたが、なんとか見通しの良い場所を確保できた。

寝たのは深夜1時。眠りは浅く、しかもなぜか5時半に目が覚めると眠れなくなった。6時に起床し、洗濯物を洗い、早めの朝食をとった。睡眠時間5時間弱で、熟睡時間は2時間15分程度。また、睡眠負債を抱えてしまった。体調は悪い。

会社では、隣の席にいる管理職のおじさんが、昨日からBIツールの使い方について色々質問してくるので、ちょっと鬱陶しかった。僕の時なんか誰も助けてくれないのだから、そのおじさんも自分で調べてよ、と思った。でも、実際は手助けしていたが。

午後、寝不足で居眠りするだろうなと思っていたら、居眠りはしなかったが、アカシジアが出て困ってしまった。ロラゼパムを4錠服用し、ゲームを1時間程度していたら、楽になった。

眠れないので、今日は会社に早く出社した。なので、帰宅時もフレックスで早く帰ろうと思った。当初16時を予定していたが、帰りそびれて、16時半になってしまった。それでも、普段より1時間早い。家に帰って、洗濯物にアイロンをかけても、まだ余裕がある。

「アベンジャーズ」チケット争奪戦で確保

今週金曜日から、全世界待望の「アベンジャーズ エンドゲーム」が上映開始される。映画館であるユナイテッド・シネマ キャナルシティ13のチケット予約は、今日の深夜0時からだった。去年、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」のチケットの予約の時には、劇場招待券を使いたくてチケット予約開始日の水曜の夕方、劇場まで赴き、チケットの確保をしたが、その時点で結構席は埋まっていて、座席はあまり選べなかった。今回、前作以上に混むことが予想されたのと、いち早く予約開始した109シネマズでは結構完売の話も聞いたので、普段なら起きていない深夜0時まで起きていて、水曜の午前0時からユナイテッド・シネマのサイトで予約を開始した。しかし、流石に人気のためか、サイトが繋がらない。繋がったかと思うと、「しばらく経ってから接続しなおしてください」の画面が出るばかりである。結局再読み込みを繰り返し、50分を経過したところで、ようやく予約画面が出てきて、席は確保できた。その時点で相当の席は売れていて、その早さにびっくりしている。今朝、起きて映画館の予約サイトを見ると、完売には至っていないものの、残席わずかでもう端のほうしか残っていな状況である。なんとか深夜に起きていて、良かったかなと思っている。

2019年4月23日火曜日

2019年4月22日の睡眠と、23日の健康

昨晩、夕食後にゴミを捨てに行き、それからネットを見た。入浴後、早めに寝た。22時10分だった。

睡眠の質は悪くない。ようやく元に戻った感じ。8時間半の睡眠で、熟睡時間は3時間半、質の良い睡眠も7時間確保でき、調子は悪くなかった。

ただ、会社では、ストレスが溜まっていた。一番のストレッサーは課長である。今まで使っていたメーリングリストのメンテで、今年の春は組織変更もなく、人員の入れ替わりだけだったので、2018年度のメーリングリストを継続使用と考えていたのだが、メールアドレスに2018という数字が入っていたため、「2019に切り替えろ」とクレームを受けたのである。それをするにはお金がかかる旨伝えたが、課長は関係者に確認しろ、と指示してきたので、フラストレーションが溜まった。

その他にも頭の痛い問題がいくつかあり、神経をすり減らしていた。そのため、頭の中が真っ白になっており、他のことを考えるゆとりがなかった。

今朝のTwitterを見ていたら、映画「アベンジャーズ エンドゲーム」のIMAXシアターのチケット予約が一部映画館で始まったが、初回完売の劇場がいくつか出ているというので、僕も心配になった。一応金曜は年休承認してもらっているので、明日の朝、チケット予約する予定であるが、キャナルシティのIMAXシアターのチケット予約できるかな、と不安である。なにせチケットは今夜24時から予約開始なので。そこまで起きている気力はない。

Amazonからダイレクトメールが来る

今晩、家に帰ってポストを覗いたら、封筒が一通入っていた。取り出して宛先を見ると、Amazon.co.jpからの郵便だった。Amazonでは時折ものを何か買うが、ダイレクトメールは初めてなので、一体なんなのかと、気になりながら、封を切った。中身は、Amazon Prime Videoの案内メールだった。確かに、僕はAmazon Prime会員になっているが、Prime Videoで何か動画を見たことはない。輸入盤Blu-rayを買いすぎで、見ていないディスクが300枚近くあるため、それを見るのに精一杯で、Amazon Prime Videoにまで手は回らない。それに、見たい作品は、Netflixでも足りているし。でも、こういう勧誘メール来たなら、たまにはAmazon Prime Videoでアニメぐらい見るかなという気にはなる。「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」ぐらいは見たい気もするのである。GWは旅行に行くので、時間があるようでないが、ちょっと考えたい。

2019年4月22日月曜日

2019年4月21日の睡眠と、22日の健康

昨日は、夕方にネットを見た後、17時半から夕食を食べた。ビールは飲んだのだが、昨晩は泡盛は飲まなかった。少しお酒を控えようと思った。お酒を控えようと思ったのは、昨日1日体が動かず、ダラダラしてしまったことへの反省である。泡盛を飲んだら、ベッドに横になり、うとうと寝てしまう、という状態になりかねなかった。

泡盛は飲まなかったので、意識はしっかりしていて、20時に入浴、22時前に就寝した。日曜の夜は、睡眠の質が悪いものだが、昨晩も何回か寝返りをうつ際に、目が覚めた。それでも睡眠測定アプリでは、熟睡時間3時間半、質の良い睡眠7時間を確保していたので、朝はあまり憂鬱でもなかった。

会社に行き、問題のある仕事を2つ、なんとか片付ける。ただ、まだ気がかりは残る。この回答でいいのかな、という疑念である。それでも締め切り切られているので、一旦は回答せねばならぬ。

午前中に気になったのは、その回答だけではない。製品の開発の振り返りを行うイベントをここ数年、僕のいる事業部では開催していなくて、品質監査で指摘を受けているのである。それを受けて、課長から指示されて、そのイベントのやり方を大幅に緩和した資料を作ったのだが、品質保証の課長が納得せず、僕の上司とその課長で1時間以上打ち合わせていたのである。でも、互いの意見が交わることはなく、結局今度は部長同士の会合を持つというところで、着地してしまった。で、僕が作り変えた資料は保留のまま。なんか嫌な感じはする。

午後は、先週開催された方針発表の資料をイントラネットに掲載するための加工をしていた。最終的には課長が判断するというので、加工できないところも明らかにし、メールで「一応できましたが、ここそこが加工できません」と連絡した。

午前中の課長同士の打ち合わせの話を聞いている途中から、アカシジアに悩まされて、ロラゼパムを今日は計5錠服用してしまった。それでも、なんとなく落ち着かなかった。

佐野元春ファンクラブ会報誌での、佐野元春への質問に採用される

僕が佐野元春ファンだというのは、このブログを延々見ている人にはお分かりだろうと思う。佐野元春ファンクラブに入ってからも結構時間が経っている。1993年入会だから26年経過していることになる。ここのところ、ファンクラブ会報誌は、新しい試みを始めている。それは、ファンの人に「佐野元春に聞いてみたいこと」を募集し、佐野元春が会報誌でそれに応える、という趣向である。前は、新しい若いリスナーに向けての質問受付だったので、書きようがなかったのだが、今年の春に募集されたのは「新しい生活のスタートに向けて、佐野元春に聞いてみたいこと」というお題だった。それで、僕もファンクラブ専用ホームページで、「新しい場所で生活するのに苦労しませんか?」という趣旨の書き込みをした。それには、僕が福岡に来て戸惑った事柄から来ていた。今日、会報誌が届いたので、まあ採用はされていないよな、と思いながら、とりあえずページをめくると、僕の投稿が採用されていて、佐野元春からの回答が書かれていた。結構投稿者が多かったようなので、紙面も多めに取っていたようで、投稿者全員の質問には答えていたのではないかと思う。どうしても、佐野元春は手の届かない人だという感覚はあるが、今回のファンクラブ会報誌の特集で身近な存在になった感はある。こういう企画は、なんか嬉しい。

2019年4月21日日曜日

2019年4月20日の睡眠と、21日の健康

昨日、16時に洗濯物にアイロンかけを終わり、それからネットを見た。17時半には終わり、早めの夕食を食べた。その後、実家に電話をかけた。GWにタイに行くのだが、妙に母は心配している。こちらも一人旅の海外なので、気をつけているつもりであるが、まだ、実感は湧いてこない。

電話の後、ベッドに横になってNASに入れてある動画を見ていた。なんか気力が失せていた。それでも動画を見た後、入浴し、再び動画を見ていた。22時近くなると薬の効果が出て、眠くなってきたのでテレビを消して、ちゃんと寝た。

明け方、眠りは浅くなったが、7時半まで寝ていた。それでもまだ眠い。9時間半の睡眠で、熟睡時間は3時間、質の良い睡眠も7時間は確保している。でも、なんか気力はない。

朝食を食べ、洗濯をして、部屋の掃除をした。それが終わった後、なんか疲れた。昨日に引き続き映画を見ようとしたが、映画の世界に入っていけないので、やめて、ダラダラしていた。

11時前にスーパーに行ってご飯のおかずを買ってきた。家で昼食を食べ、午後に映画を見ようとしたが、やはり気力がなくて、見られなかった。脳が死んでいるなと思ったので、午後は30分歩いたが、脳の気力は出て来ず、午後はベッドに横になっていた。iPadや地球の歩き方で、バンコクの情報を集めていた。

2019年4月20日土曜日

2019年4月19日の睡眠と、20日の健康

昨晩、「スター・トレック」を見た後にブログを書き、それから入浴した。入浴後にネットを見ていたが、あまり時間もかからず、また、早めに寝たいというのもあり、22時半にはベッドに横になった。

金曜の夜の睡眠はあまり質が良くないことが多いのだが、昨晩はまずまずだった。朝5時半に目覚めてしまい、トイレに行ったのだが、その後、また寝たようで、6時40分に起きた。8時間睡眠は確保でき、熟睡時間が4時間弱、良質な睡眠も7時間取れたので、体調は悪くなかった。

起きてから洗濯をして、朝食を食べ、輸入盤Blu-rayの新譜情報と新作映画の予告編を見ていた。その後、しばらくネットを見ていたが、10時から1時間、久しぶりにウォーキングをした。暖かいので、運動にはいい季節になったと思う。まだ、ヒノキ花粉が飛んでいるようなのが残念だが。薬も明日でなくなるし、大丈夫かなと思う。医者には行っていない。

ウォーキングの後、スーパーに行き昼食と夕食のおかずを買って家に戻った。昼食を食べた後、1週間後に公開を控えた「アベンジャーズ エンドゲーム」の予習ということで、他のマーベル作品を差し置いて「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」を鑑賞した。やはりこの作品は面白い。2時間半を飽きさせず鑑賞できた。

映画を観終わってからレビューを書いていた。書き終わったら15時半近かったので、コーラとお茶菓子を食べ、それから洗濯物にアイロンをかけた。それでも16時には終わっていた。

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(輸入盤Blu-ray 3D UK)

レビューの詳細は、AVENGERS INFINITY WAR(Blu-ray 3D UK)/アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。「アベンジャーズ」シリーズの最新作「アベンジャーズ エンドゲーム」の公開を1週間後に控え、改めて前の作品である「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」を再鑑賞したところであるが、やはりよくできたヒーロー映画だと思う。2時間半という長尺ながら、全く飽きさせない構成になっていて、ヒーローが総出演しながら、それぞれに見せ場がり、また悪役であるサノスも単なる悪役ではなく、ヒューマニティを感じさせるところなど、作品の出来自体がかなりいいものになっていると思う。もちろん、クライマックスは昨年劇場公開時に唖然としてしまったぐらいにショックを受ける内容だったが、その事実を知っていても、改めてBlu-rayで見て、そこまでの過程がじっくり描かれ、ラストは衝撃を受けるところである。1週間後に公開される「アベンジャーズ エンドゲーム」がどのようなストーリーを語り、どのようなラストに持っていくのか、今からが楽しみである。Blu-rayは3D版で鑑賞したかったので、イギリス版での鑑賞で、3D効果はかなりあると言える。リージョンフリーなので、日本のプレイヤーでも再生可能。もちろん英語が理解できるならば、だが。音響は音圧が低いので、AVアンプのボリュームをかなり上げる必要があり、それでも低域の出力が弱いので、迫力には欠けるところがある。サラウンド感は結構あるだけにそこが残念である。

2019年4月19日金曜日

2019年4月18日の睡眠と、19日の健康

昨晩、ネットを見る時間が早かった。早いのには、「アベンジャーズ」のネタバレ回避のために、映画関連のサイトや掲示板を見ないよう意識していたからである。いつもは見ている掲示板を見ないことで、時間短縮になっている。

入浴後、気力もないので、22時10分には就寝した。昨晩は比較的睡眠がとれていた。熟睡時間は3時間半。質の良い睡眠は6時間半。睡眠時間自体も8時間半で、睡眠負債もほぼ解消した。ただ、会社に行く気力はあまりなかった。

午前中は、ただ依頼していた仕事の回答を待つことに終始していた。早く手離れさせたいのだが、質問内容の回答が来ないと、こちらとしても動きようがない。焦燥感にかられながら、ずっと待っていた。

午後は、事業部の方針発表の準備と本番開催で、すべて費やされた。水分も取れないし、トイレにも行けない。当然他の仕事をするわけにもいかない。精神的に疲弊してしまった。

定時間際に自席に戻ってきて、メールを確認したが、仕事する気がなかったので、定時で帰宅した。気力が全然なく、家に帰ってテレビを見る気になるかな? と疑問を抱いていた。

電車は席を確保し、座って帰れた。スーパーに行って食材を買い、家に帰ってビールとおかずを食べたら、少し気力が回復。それで食事後、「スター・トレック:ディスカバリー」の第2シーズン最終回を楽しんで鑑賞した。実際見始めると、物語の中にグイグイ引き込まれた。また、これでしばらく見るドラマがなくなる。次は年末と噂される「ピカード艦長」の話かなと思っている。

スター・トレック:ディスカバリー シーズン2 第14話(シーズンフィナーレ)「甘い悲しみ パート2」

あらすじ

ディスカバリーのクルーたちは、タイムクリスタルを装着したスーツの完成を急がせる。しかし、セクション31のリーランドの猛攻はひどく、ディスカバリーも、エンタープライズも甚大な被害を受ける。そんな中、タイムスーツは完成し、マイケルはスポックとともにワームホールに接近し、未来にジャンプしようと試みる。しかし、タイムスーツでは未来の選択肢が出なかった。スポックはある仮説を思いつき、マイケルにそれを伝える。ディスカバリーとエンタープライスズの絶体絶命の中、タイラーがルレルに依頼をして、クリンゴンやケルピアンが援軍に訪れる。そして、リーランドはディスカバリーに侵入し、球体のデータを奪おうとするが、ジョージャウがそれに立ちはだかる。マイケルの作戦に全てがかかっていた。

感想

「スター・トレック:ディスカバリー」の第2シーズン最終回は、インターネット配信ドラマとは思えないディスカバリー&エンタープライズと、リーランド率いるセクション31の艦隊戦がこれでもかと描かれ、最終回としては、異常とも思えるテンションの高さを誇っている。マイケルがタイムスーツを完成させ、未来に飛ぼうとするが、飛べない事実に突き当たった際に、スポックの仮説がその解決に落ち着くというのも、なかなか面白い展開である。そして、その仮説のもとに、彼らがとった行動が「宇宙大作戦」との整合性があっていて、語り落ちた感はある。残念なことに何人かは傷つき、死亡し、ディスカバリーの今後がどうなるかはわからないまま物語は終局を迎えるが、シーズン3も制作決定しているので、シーズン3でその後が描かれるのたと思う。特にこの最終回では、女性キャストの活躍が目立っていたように思う。ジョージャウなんかは目立ちすぎの感もあるが、結局いい人になってしまい、面白い。

2019年4月18日木曜日

2019年4月17日の睡眠と、18日の健康

昨晩は、夕食後、缶ビールの缶を捨て、洗濯物にアイロンをかけた。それでネットを見るのは20時からになった。見終わったら、入浴をして、睡眠負債を解消しようと、22時10分にはベッドに入った。

しかし、寝つきが悪かった。体は休んでいるのだが、意識が眠りに落ちない。23時ぐらいまで起きていた。その後も何回か目覚めた感じはする。ただ、朝起きた時の気分は悪くなかった。熟睡時間が2時間15分で、質の良い睡眠時間も6時間京都、睡眠の質は全く悪い状態だが。睡眠負債はまだマイナス。

会社に行って、午前中は雑務を処理。単調な作業なので、気を使わずに済む。

11時から昼食を挟んで16時半までは、明日開催される事業部の方針発表会の準備。結構立っている時間が長かったので、足腰にきた。僕の役目はテレビ電話システムの接続と確認、資料と登壇者のカメラ切り替えの役割だが、今日は問題なく進んだ。明日、失敗しなければいいと思う。

1個、渉外本部から問い合わせを受けている件名があるのだが、それの回答は、業務の窓口からの回答を待ってからにしようとしている。ので、今日は回答がないので、渉外本部には回答しない。

定時になって帰宅。疲れて、帰りの地下鉄は座ってしまった。

iPhone XSとApple Watch Series 4が謎のバッテリードレイン

iPhoneでバッテリードレインに悩まされていたのは、昨年の今頃より少し前だったと思う。当時はiPhone Xが弱いバッテリードレインを起こしていて、最終的に初期化したことで解決したと思った。iPhone XSに買い換えて、バッテリードレインの問題は今週の日曜までは発生していなかった。土曜の夜、大阪に出かけた際、radikoアプリを立ち上げたままにしていたら、位置情報取得でバックグラウンドで動いていたらしく、朝起きたら10%程度バッテリーが減っていた。その後、平日になると通常夜間8時間で2%程度しか消費しないはずのバッテリーが7%程度消費していることに気づいた。そして、今日は、Apple Watchのバッテリーを昼頃確認したら、すでに50%近く消費していた。その時点でiPhoneも30%近く消費していたのであるが、午後、発表会の準備でApple WatchとiPhoneを離して使っていたところ、iPhoneバッテリーが3時間半で20%も消費していた。どうも、これはカバンの中に入れていた時に、スリープ状態に入らず、うっすらと画面点灯状態になっていたためらしい。Apple Watchも残り35%程度だったので、リセットを兼ねて、両端末の電源をOFFにして、ONにしたところ、減り方は穏やかになった。原因はよくわからないが、またiCloud絡みかなという疑いは晴れない。あとは睡眠計測アプリAutoSleepの関係か。iOS 12になってからバッテリーの状態を確認する方法が変わってしまったので、バッテリードレインの状況確認ができないのが、キツイところである。

2019年4月17日水曜日

2019年4月16日の睡眠と、17日の健康

昨晩、ネットで5ちゃんねるの「全米興行収入を語るスレ」を見ていたら、いきなり「アベンジャーズ エンドゲーム」のネタバレが1行書き込まれていて、「えっ、もうネタバレ始まっているの?」と慌てふためていた。実はもっとひどいことが起きていたのを知ったのは翌朝のことだったが。とりあえず、今日から5ちゃんねるの「全米興行収入を語るスレ」と「IMAXスレ」は見ないことにする。これ以上ネタバレされたくない。

入浴後、Macでネットを見ていたが、非常にだるかったので、21時45分にMacをスリープさせ、ベッドに横になった。22時10分には就寝していた。ただ、睡眠の質は相変わらずよくない。しばしば、寝返りをうつ際に目が覚めてしまった。熟睡時間は3時間確保しているのだが、睡眠時間は8時間を切っていて、今日も睡眠負債を抱えたまま。朝の気分も悪い。

朝は洗濯をして会社に行った。地下鉄に乗り、iPhoneの画面を見ようとしたら、なんか疲れて最初はよく見えなかった。途中から回復してきたが、ネットを見ていたら、「アベンジャーズ エンドゲーム」の本編映像がリークされ、YouTube等SNSで拡散しているという情報が英語で入ってきた。こちらも気が気でない。映画の情報はシャットアウトした状態で、4月26日の公開を待ちたい。それでネタバレしないよう注意しながら、ブログの記事を書くための情報集めをしていたが、やはり少しはネタバレに触れてしまった。ただ、昨晩の5ちゃんねるのネタバレとは内容が違うので、どちらが本当かどちらとも嘘かわからない。

会社では仕事をする気力はないので、「アベンジャーズ」ネタを気をつけながら収集し、ブログを休憩時間に書いていた。

午後は居眠りはしなかったが、その代わりアカシジアで辛かった。ロラゼパムを服用し、iPadでレースゲームをしていた。なぜかこういう時に限って、ハイスコアを出すのである。

15時から会議。そこでまた一悶着。品質保証の課長さんが上司の課長と話しをつけることになってしまった。

定時になり、家に帰る。今日も精神的には疲弊した。

「アベンジャーズ エンドゲーム」の本編映像がリーク SNSやYouTubeに注意!

今年のGWに公開されるファン待望の映画「アベンジャーズ エンドゲーム」。その本編のラスト5分が流出し、YouTubeやInstagram、Twitterでリーク映像が拡散中である。期待の大きい映画だけに、そのラストやストーリーの詳細はこれまで厳戒態勢で秘密にしてきたが、公開を約10日後に控えた昨日、ネタバレの情報がネット上で拡散しつつあり、僕もネタバレらしき情報を目にしてしまい、ショックを受けている。まだ、YouTubeで公開されていると言う本編映像は見ていないので、僕が見たネタバレ情報が本当かどうかはわからないが、監督のルッソ兄弟も「ネタバレを拡散しないように」とファンにお願いしている状況下では、ある程度本当なのかな、と思っている。映画ファンに対しては、YouTubeやSNS、掲示板を意識的に見ないようにして、公開までネタバレをできる限りシャットアウトするしかないと思う。今の所、英語のサイトが主であるが、日本語のネタバレもまもなく出てくると思うので、注意が必要である。

2019年4月16日火曜日

2019年4月15日の睡眠と、16日の健康

昨晩は、夕食後、ゴミ捨てと洗濯物の片付けでちょっと忙しかった。ネットを見る時間も遅くなり、見終わったら21時を過ぎていた。それから入浴をして、早く寝ようとしたが、iPhoneの充電が終わらないので、22時半になってようやく眠れた。

睡眠は夢を見た以外はそこそこ眠れたように思ったが、睡眠測定アプリでは、熟睡時間が2時間45分で、質の良い睡眠も5時間半程度。睡眠負債は解消できず、朝、起きた時の眠たさは異常だった。

会社に行っても気力はない。課長もいないので、ダラダラしようと思ったが、午前中は新製品の品番登録に時間を取られた。

昼食後、眠くなり、ウトウトと居眠りしていた。居眠りから起きた後も、眠気は取れず、ずっと頭がぼーっとしていた。これは会社から帰る時まで続いた。

居眠りから起きた後も、体が貧乏ゆすりをしていた。なんか落ち着かない。居心地は最悪である。

定時になり、ようやく解放された気分で家に帰った。帰りの地下鉄は座れずにいたが、会社で座っていて疲れたので立っているのは、腰にはよかった。

Amazonでタイの格安プリペイドSIMカードを買う

今年のGWは、タイのバンコクに旅行をする予定である。当然、iPhoneは持っていくのだが、現地SIMをどうするか、迷っていた。基本的にはiPhone XSはDSDS機種なので、eSIMにプリペイドSIMの情報を書き込み、主回線は電話機能だけ生かして、副回線でデータ通信機能を使う予定である。とはいうものの、一抹の不安もある。主回線でパケ漏れが発生し、余計な出費がかからないか、とかである。そのバックアップとして、Amazonでタイで使える格安SIMを購入することにした。この格安SIM、本当に安いのである。価格はわずか390円。それで旅行中は不便なく利用できる。もちろん、SIMカード差し替えなので、電話番号は日本で使っている番号は使えない。一応、予備のSIMとして持っていく予定であるが、使うかどうかは未定である。

2019年4月15日月曜日

2019年4月14日の睡眠と、15日の健康

昨日の夕方、ネットを見ていて、5ちゃんねるの佐野元春スレを探していたら、ビルボードライブが開催される前に見るのをやめた時からわずか2つしか書き込みがなかった。1ヶ月も経過しているにと思ったら、別のスレッドが立っていて、そちらはそこそこ書き込みがあった。ネタバレの書き込みもあったので、見なくてよかったなと思った。

夕食を食べ、泡盛を飲んでから実家に電話した。固定電話に土曜日に着信があったからである。前の週に「土曜はコンサート行くからいないよ」と言っていたのにかけてきたので、一言話しをしようと電話をした。で、そんな話をして、5分で電話は終わった。

その後、ベッドに横になったら、うとうと寝ていた。ただ、20時半には無理して起きて、歯磨きと入浴を済ませた。21時を回ったので佐野元春のライブレポートをPING送信してから、22時10分には就寝した。

睡眠は感覚的にはよく取れたように思ったのだが、睡眠測定アプリでは、8時間の睡眠も取れていなかった。熟睡時間は3時間半を越していたのだが、途中で何回か起きた状態になっていたようで、睡眠負債が発生していた。身体的には結構楽だったのだが。

今朝は日曜にできなかった洗濯をしてから会社に行った。会社ではメールのチェックで手間がかかった。金曜に休んでしまったから仕方ない。でも、予定していた仕事は依頼が来なかった。なので、比較的楽。作業手順書のチェックと発行をぼちぼちしていた。

午後は眠い。うとうとと居眠りしていた。誰も注意はしないので、まあいいとする。

定時後は組合の会合で、帰れなかった。でも、15分遅れで会社を後にできた。結局は家に着いた時には20分遅れになり、洗濯物を片付け、夕食をとり、ゴミ捨てをしたら20時を回っていた。

docomo、「月サポ」廃止の新プラン発表

今日の午後、NTT docomoは、携帯電話の新料金プランを発表した。総務省から厳しく「携帯端末代と通信費を分離するように」と言われたことを受けての、新プランである。新プランは2つあり、「ギガホ」と「ギガライト」が用意されている。「ギガホ」は30GBまでのデータプランで、30GBを超すと1Mbpsに速度制限がかかるというもの。「ギガライト」は、段階制プランである。「ギガホ」は6980円で、「ギガライト」は段階によって変わるが、7GBで5980円というプランである。電話通話料は基本利用だけ含まれ、電話代は20円/30秒のプランになり、通話し放題は、オプションプランになる。しかし、この値段、SoftBankと比較しても高いなという印象を受ける。それでいて、端末代は割引なしなのだから、値上げに近い。僕個人はずっと端末代と通信費は別の組み合わせで支払ってきているから、今後もiPhone一択のつもりだが、このままいくと、日本もiPhoneのシェアは下がるだろうなと、容易に想像はつく。と言ってAndroid端末は中華勢中心で、なんか嫌な気分。選択肢がなくなってきているような気がする。5月から予約受付開始らしいが、これで携帯契約者の変動が起こるのか、楽しみである。

2019年4月14日日曜日

2019年4月13日の睡眠と、14日の健康

昨日の夕方、18時に大阪駅すぐにあるビルボードライブ大阪に向かった。そこで予約受付をして、佐野元春のライブに入場した。ビルボードライブ大阪は、本格的な食事のできるライブハウスなので、生ビールを2杯飲み、ピザを堪能した。

ライブは19時半に始まり、興奮の中21時前に終わった。ホテルは大阪駅から歩いて10分のところなので、移動してチェックインをした。僕の予約は、予約内容に朝食有りと無しが両方記載されていて、フロントの人も一瞬迷ったようだが、朝食有りになった。

部屋に入り、ブログを書いてからシャワーを浴びた。その後、iPhoneの充電を待ち、ネットを見てから23時に寝た。

睡眠の質は昨晩も悪い。熟睡時間は3時間を越していたが、朝5時過ぎから目覚めてしまい、眠れないので6時半には起きていた。眠れないから調子は悪い。頭が重く、胃もムカつく。それでも朝食は食べにレストランに行った。

早く起きてしまったので、昨日のライブレポートをiPadで書いていた。朝の1時間弱で書き終わってしまい、あとは自宅でhtml形式に直すだけになった。

8時半にチェックアウト。大阪駅に向かい、電車で新大阪に。新大阪駅でしばらく時間を潰し、9時半ののぞみで博多に戻っていった。新幹線の中では、なんか疲れを感じながら、ネットを見ていた。久々にiPadをフル活用していた。

12時に博多到着。博多で昼食に天丼とうどんのセット物を食べた。ニュースを見ると、新幹線から飛び降りた男がいたせいで、山陽新幹線はしばらく止まっていたらしい。僕が乗った新幹線には影響なかったが、迷惑な話である。

昼食後、地下鉄に乗って家に戻った。残念なことに雨が降っていたので、駅前のコンビニで夕食と明日の朝食を買って家に帰った。

家で荷物を片付け、ライブレポートをhtml形式に直して、サーバーにはアップした。ただ、今晩も佐野元春のライブはあるので、PING送信は今晩のライブ開始後にする予定である。

DVD/Blu-rayの売り上げが5年で半減

昨日、The Digital Bitsの記事を見て驚いたことがある。アメリカ映画協会が調査した結果、2014年のDVD/Blu-rayの売り上げから2018年の売り上げを比較すると、なんと半減しているというのである。2014年の売り上げは、252億ドルだったものが、2018年は131億ドルまで落ち込んでいるのだという。でも、ホームシアター関連の売り上げは、2018年はその前年から16%上昇しているという。つまり、物理メディアの売り上げが下がっているのに対し、ストリーミングやケーブルTV関連の契約が増えて、そちらに顧客が流れているのだという。ちなみに物理メディア内でのシェアは、DVDが全体の60%を占め、4K UHD Blu-rayは5%のシェアを確保している。これを見ると、物理メディアを購入している僕でも、「ここまでストリーミング等の契約に客が流れているのか」と驚きを隠しきれない。物理メディアの場合、廃盤になる前にディスクを買っておけば、いつでも見られるが、ストリーミング配信では、契約が切れて配信中止になったら、もう見ることはできない。それで物理メディアを買っているのだが、この秋にアメリカで始まるディズニー+やApple TV+を考えると、物理メディアの購入を見直した方がいいのかな、と思わざるを得ない。ただ、映像・音質のクオリティは物理メディアが上なので悩ましいところである。

2019年4月13日土曜日

佐野元春のビルボードライブ大阪「Smoke & Blue 2019」に参戦

今晩、福岡からわざわざ大阪まで遠征して、佐野元春 & The Hobo King Bandのビルボードライブ大阪「Smoke & Blue 2019」に参戦してきた。今回幸だったのは、土日開催ということで、会社の仕事を気にしなくても、予約さえ取れれば、悠々ライブ参戦できる、ということだろうか。事実、チケットはファンクラブ優先で確保できたし、新幹線、ホテルの予約も早めの確保で準備万端といったところである。ビルボードライブは2016年以外は全て参戦しているので、今年も楽しみにしていた。今回は、チェロの笠原あやのの代わりにギターの長田進がプレイヤーとして参加していることもあり、アルバム「月と専制君主」、「自由の岸辺」というセルフカバーアルバムからの曲が中心だった。しかし、当然それ以外の曲もあり、まさか、と思うような選曲もあった。演奏時間は、1時間20分程度と短いのも、このシリーズの特徴である。ビルボードライブ大阪がいいのは、本格的な食事やアルコールを楽しみながら、ミュージシャンの演奏を楽しめるというところにあり、今回、ビールとピザで料理を堪能しながら、佐野元春のルーツミュージックを堪能できていた。大阪ではゲストの出演もないが、新たにアレンジされた昔の曲は、今の時代にアップデートされ、心に響くようになっているのが、ポイントである。数万円の出費にはなるが、見にきてよかったな、と思うのがこのシリーズである。願わくば、土日を含んだスケジュールで今後も開催されることを祈る。平日だと、厳しいので。

2019年4月12日の睡眠と、13日の健康

昨日の夕方、「スター・トレック」を見てからブログを書き、それから夕食をとった。それからメールをチェックしたが、特に目新しいものはなかった。メールチェック後、またradikoでFM横浜を聞いていた。そして、番組が終わったら、入浴して、22時に就寝した。

昼寝をしすぎたせいかどうかわからないが、眠りの質は悪い。8時間の睡眠は取れているものの、熟睡時間がわずか45分。ほとんど熟睡できていない状態である。それでも、朝起きた時の気分は悪くない。体の調子や頭の回転も復活している感じである。

起きて朝食を食べてすぐに、映画を見る気になったので、Blu-rayプレイヤーを起動して、映画「ハンターキラー 潜航せよ」を輸入盤Blu-rayで見た。劇場で昨日から公開されている映画であるが、批評家の評価は芳しくない。僕も見たが、潜水艦映画のジャンルではないと思う。ただ、DOLBY ATMOSの効果は日本の劇場では体感できないと思うが。

映画を観終わって、レビューを書いた。レビューを書き終わったら、11時過ぎ。今晩、大阪で佐野元春のライブがあり、それを観に行くために新幹線のチケットやホテルを確保していた。それで少し早いが、家を出た。

12時過ぎに博多に着き、お気に入りの沖縄料理店で、沖縄そばを食べた。それから13時30分博多発の新幹線で一路大阪に。新幹線の中では、映画の感想とかをチェックしていた。

16時過ぎに新大阪到着。16時半には、なんとか大阪駅近辺のコーヒーショップで席を確保し、今、この日記を書いているところである。ライブは大阪駅近くのビルボードライブ大阪なので、移動は楽。

映画「ハンターキラー 潜航せよ」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、HUNTER KILLER(Blu-ray)/ハンターキラー 潜航せよ/輸入盤DVDで見た映画のレビューを参照のこと。「潜水艦ものにハズレなし」という触れ込みでこの「ハンターキラー 潜航せよ」は宣伝をしていたが、実際に鑑賞すると、そんなにできは良くないかなと思うところがある。というのも、潜水艦がメインの映画という感じが薄く、ロシアのクーデターを収めるため、単に潜水艦に任務指示が出たというだけの話であり、主役であるアメリカの潜水艦アーカンソーがクライマックスで一発の魚雷もミサイルも撃たないという、爽快感に欠けるところがあるからである。もちろん、クライマックスの展開でアーカンソーがミサイル等を撃ったら、大問題なのだが、それでもなんかもっと潜水艦同士の戦いとか、フリゲート艦との戦いを期待していた向きには、残念な結果に終わっているところがある。また、潜水艦の海底における圧迫感が、地上での特殊部隊のシーンも多いため、相対的に軽くなってしまうところがあるのも、欠点である。ただ、このBlu-rayはDOLBY ATMOS収録なので、劇場で5.1chで見るよりは音響効果はマシかなと思うところがある。全般的にはちょっと物足りないが、映像は美しいので、その点だけは見応えがある。

2019年4月12日金曜日

2019年4月11日の睡眠と、12日の健康

昨晩、夕食後にネットを見ていたのだが、体調が思わしくなかった。頭に霞がかかったような感覚を覚えていた。それで、今日は年休を急遽取得していたが、寝るのは22時20分にした。

しかし、その睡眠が質が悪かった。朝も5時半に目覚めてしまい、もう眠れなかった。眠れないから仕方なく起きて、洗濯をして、部屋の掃除もしたが、調子は悪く、頭が痛かった。

そんな状態で映画を見ようかと思ったが、やはり集中力欠如でダメだった。MacBook Proでネットを見るのすら、気力なかった。何も体を動かしたくなかった。

明日は、午後から大阪に佐野元春のライブを見に行くので、体調の回復を待ちたいところだった。明日に精神科の病院の受診があるのだが、今日、担当主治医が病院にいるか確認したら、勤務日だったので今日病院を受診した。薬をもらっても30分強で受診が終わり、明日の行動にゆとりが出た。

病院の後、スーパーに行き、食材を買って帰った。昼食後、昼寝をした。2時間近く寝ていて、朝起きた時に発生していた睡眠負債が解消された。頭の痛みも弱まっていて、だいぶ体調的には回復してきた感はある。

起きてからお茶菓子を食べ、洗濯物にアイロンをかけ、ネットを見た。そして、「スター・トレック:ディスカバリー」まで見たところである。流石に日本語字幕のあるテレビドラマは見るのが楽だった。昼寝で脳の疲労がある程度解消したせいもあると思う。

スター・トレック:ディスカバリー シーズン2 第13話「甘い悲しみ」

あらすじ

パイク船長らは、球体の知識を消滅させるべく、ディスカバリーの自爆を決意する。修理の終わったエンタープライズにディスカバリーのクルーは退避し、ディスカバリーを自爆させようとするが、自爆は失敗に終わり、光子魚雷による攻撃でも、ディスカバリーは破壊できなかった。球体の知識が自己防衛でディスカバリーを守っていたのだった。そのため、マイケルは自身が犠牲になって、タイムクリスタルを使って、ディスカバリー自体を未来に送ってしまい、セクション31のコントロールに知識が吸収されるのを防ごうとする。そして、マイケル一人だけを未来に送るのではなく、ディスカバリーのクルーもマイケルと共に行動することを決意する。セクション31の船がディスカバリーとエンタープライズを取り囲む中、マイケルの最後の作戦が始まる。

感想

いよいよシーズン2の最終回を目前に控え、宇宙を守るためのマイケルと、ディスカバリーのクルーたちの最後の戦いが始まる、という話で、結構悲壮感がある。そして、パイク船長とディスカバリーのクルーとの別れは、感動的である。ジョージャウがなんか企んでいる様子も見受けられるが、それも来週の最終回で明らかになるのかもしれない。今回のエピソードも、「Short Treks」からのエピソードと絡むところがあり、いろいろ仕組まれた展開になっているところが面白い。でも、予想だが来週の最終回、なんかクリフハンガー的ラストになるような気もする。

2019年4月11日木曜日

2019年4月10日の睡眠と、11日の健康

昨晩、家に帰って夕食を食べた後、洗濯物にアイロンをかけていた。それで、ネットを見る時間が少し遅くなった。それでも、ネットを見た後入浴し、入浴後にGWの旅行のeチケットを印刷したりしていた。

寝たのは22時半。睡眠の質は悪い。しばしば目が覚めた。熟睡時間が2時間45分で足りないし、良質な睡眠も5時間半程度。朝の目覚めは悪かった。

会社に行って、朝はメールの発信と、統計資料の案の作成をしていたが、なんか調子が悪い。精神的に頭が回っていない感じで、疲れて気力もなかった。

11時から会議で、1時間出席したが、疲れが余計に溜まった。昼食後、迷ったが、今年度初の年休を急遽、明日取ることにした。課長は自宅で仕事しているから、メールでの連絡になったが、こんな体調では、明日会社に出ても、ただぼーっとしているだけだろうと思った。

それで午後はぼーっとしていたかというと、何かしらの雑務がいろいろ入ってきて、それの処理に追われていた。なので忙しく過ぎていった。あまり考える作業ではないから、単純に進めていったが、課題になっていた帳票の作成など、進展が見られるのは、心の重荷が軽くなる感じで良い。

定時間際には、軽いアカシジアが出た。当然定時で帰宅。帰りはなんか違和感感じながら、電車に乗った。家に帰ってきて、ビールを飲んでも違和感は残ったままである。

日本人の映画離れが深刻化

今日の日刊工業新聞に、「シニアは映画館離れ、若者は映画離れ、は本当?」という記事が出ている。映画館の観客動員を元にした映画館指数を見てみると、2018年度は低下している、とある。2006年と2106年でどれだけ1年のうちに映画館に行ったかという指数で見ると、どの世代でも映画館で映画を見なくなっているという調査結果が出ている。では、映画館以外(ビデオやTV等含むと思われる)ではどうかというと、55歳以上の年齢層では、映画に接する機会が2006年より大きくなっていることから、高齢者での映画に接する機会は大きいと言える。ただ、それ以下の世代では映画そのものに触れる機会が減っているようである。若年層を中心に映画の代わりに何に接しているかというと、SNSや動画共有、ゲームなど、スマートフォンでできる事柄が上位を占めている。映画好きの僕的には、あまりよろしい環境ではなくなっている。スマートフォンは、情報を仕入れるのにはいいのだが、心に残る何かがない。映画だと、心に残る何かがある。だから僕は映画をよく見る。自宅でのビデオ鑑賞が主だが、話題作は映画館にもよく足を運ぶ。でも、こういう人種は化石みたいなものになってしまうのだろうか。ネットで映画の感想を書いても、リアクションは少ない。寂しい限りである。

2019年4月10日水曜日

2019年4月9日の睡眠と、10日の健康

昨晩、精神的にイライラしていた。もちろん、会社の課長の態度に腹が立っていたからである。それで、聴く音楽は久しぶりに佐野元春の楽曲をかけ続けた。佐野元春の曲を聴くと、嫌なことも少し薄れていくからである。

寝たのは22時20分。熟睡時間は3時間に足りなかった。それより、あまりに鮮明でつじつまの合う夢を見て、現実と錯覚していた。僕が会社で転勤になり、神奈川に戻る、という夢である。まあ、ここまで明確な夢だと、実現しそうにないが。

朝起きて、洗濯をしながら朝の支度をしていた。会社にはあまり行きたくないが、体は動くので、行ってみた。

午前中、販売資料を作成していた。2019年度対応版である。なんとなく形になってきたが、実際は5月の初めに4月の実績が出ないと、確定はできない。

10時半頃、課長がまた訳のわからないことを言ってきた。メールを転送したと言っていたので、確認すると、事業部再編で商品のコードを分割したのだが、それが流通側できちんと話がついていないようなので、トラブっている、という内容だった。こちらの責任ではないので、そう話したのだが、課長はなんか僕が悪いみたいな話し方をするので、また腹が立った。放置していたら、課長はこちらのせいではないかもと思ったらしく、いったん自己解決していた。

午後も販売統計資料を作成。3時半ぐらいからなんとなくアカシジアで辛かったので、休憩室に逃げていた。

17時まえにiPhoneに旅行会社からメール。GWの飛行機の離発着時刻が変わるので、確認したら、返信をくれ、という内容だった。で、内容を見ると、出発地と到着地の位置が逆転している。帰る日の発着地が福岡で、到着地がバンコクと、逆になっていた。それで返信がてら、間違いでは?とメールしていた。

席に戻ると、課長から話があって、昨日の作成した資料で概ね問題ないという話をもらった。一部フォントとか直せとは言われたが、大したことではない。ささっと作業し、再度メールで確認依頼をしていた。

クラウドファンディングの「スター・トレックDS9」のドキュメンタリー、出資者に対し、本編をストリーミング配信決定

2年ほど前だったと思うが、IndieGoGoというクラウドファンディングサイトで、「スター・トレック:ディープ・スペース・ナイン」のドキュメンタリーを作るから出資しないかという情報を得て、Blu-ray/DVDコンボパックがもらえる投資を行った。それから月日が流れるのは早いもので、当初のリリース時期を大幅に過ぎて、ようやくBlu-ray/DVDのマスターがShout! Factoryに渡されたという情報を得た。そして、投資者に対しては、先行でインターネットのストリーミング配信を行うと発表したのが、昨日である。当然ながら、そのストリーミング配信は、投資した人限定である。後で劇場公開もするらしいが、先にストリーミングで見られるようである。その公開日は、4月25日午後9時9分(EST)。つまり、日本では、4月26日午前10時9分に公開されるということのようである。上映時間が4時間あるとか、「ディープ・スペース・ナイン」のフッテージは全てHDリマスターしたとか、いろいろあるが、ようやく投資した分の回収時期に来ているようである。投資しているので、エンドクレジットには名前も載っているはずだが、それを先に確認するか、と思っている。まあ、公開開始から99時間限定みたいなので、GW序盤に見なければ、Blu-rayが届くまで見られない。まだまだ待つことになりそう。

2019年4月9日火曜日

2019年4月8日の睡眠と、9日の健康

昨晩、夕食後にゴミを捨てに行った。福岡市は夜中にゴミ収集車がゴミ捨て場からゴミを回収するのである。それから、ネットを見て、入浴をして、22時20分に就寝した。

睡眠の質はあまりいい気分ではない。熟睡時間は昨晩も3時間半取れているのだが、やはり、目覚めてしまう時間も結構あり、熟睡感としては、あまり感じられないのが、不満点である。寝ているのだが、寝た気がしない。

会社に行って、午前中は、販売統計の2019年度版を作っていた。とりあえず仮に計画と、4月の日報から拾ったデータと、2018年度のデータを集計するプログラムを作った。

昼前から悪夢が始まった。課長に投げていた資料について、いろいろ注文をつけてブーメランのように戻ってきたのである。統計資料は「デマンドデータがないのだから、グラフの凡例からデマンドという文字を消せ」という指示が来て、品質文章については、何を言いたいのか全く分からず、何度も聞くと、要は過去の資料をコピー&ペーストではなく、自分でPowePointに書き直せ、ということらしい。コピー&ペーストの何が悪いのか、さっぱり分からなかったが、仕方なく、午後は過去の資料を見ながら、自分の書き方でその資料の複製を作っていた。頭にくるが、反論しても無駄なので、しない。

定時間近に資料は一旦完成し、どうしようか迷ったが、その資料をメールで課長に投げた。明日の朝投げても同じことだと思った。で、定時で会社を上がった。

帰りは頭が飽和状態だったので、音楽を聞き流しながら、少し落ち着くのを待った。ただ、落ち着いたのは、やはり家に戻り、ビールを飲んだ時である。

Belkin Boost Up Wireless Charging Dock for iPhone + Apple Watchの使用レビュー

3月にAirPodsの新型が発売され、これがQi充電に対応していることから、「AppleのAirPowerというワイヤレス充電器の発売が近いのでは?」と、信者に期待させながらも、技術的問題が解決できず、AirPowerの開発自体が中止になってしまって、信者の落胆を誘ったApple。デバイスが増えてしまって、何かいいワイヤレス充電器はないかと探したところ、Appleが公式に認めているBelkinのワイヤレス充電器、Boost Up Wireless Charging Dock for iPhone + Apple Watchというデバイスを発見した。これは、本体でiPhoneの7.5W充電とApple Watchのワイヤレス充電が行えると同時に、背面にUSB A-Typeの端子があるので、ワイヤードにはなるが、AirPodsも同時充電できる、という優れものである。サイズは、外箱はかなり大きいのだが、実際は今まで使っていた同じくBelkinのBoost Up Wireless Charging Padと、Apple Watch用スタンドケースとほぼ同じ使用面積なので、不便にはならない。iPhoneは7.5Wの高速充電に対応しているので、3時間半もあれば、ほぼ満タンに充電できるし、Apple Watchも1時間半でほぼ満タンになる。そして、ワイヤードながら、AirPodsの充電も可能なので、一気に3デバイスの充電が可能で、使い勝手がいい。ただ、惜しむらくはその価格。Apple Store限定品は、税込みで19000円弱、Amazonや楽天での一般販売品(Apple限定品とデザイン、色が異なる)でも18000円と、かなり高価である。Amazonで売っている他社(中華製品が多いが)だと数千円で手に入るところを考えると、その高額ぶりが気になるといえる。もっとも中華製品は品質が安定しないので、iPhoneやApple Watchへのダメージを考えると、この充電器の値段は保証込みでそれほど高価でもないのかもしれない。とりあえず、AirPowerの代替え候補として、これが挙げられると思う。

2019年4月8日月曜日

2019年4月7日の睡眠と、8日の健康

昨晩は、ネットを見た後、夕食をとり、ワイヤレス充電器の動作テストの動画を編集していた。昨晩は気力があったので、作業も進んだが、いろいろ問題もあり、YouTube公開はためらっている。まあ、GWにバンコクに行ったら動画をたくさん撮るので、その練習にはなっている。

入浴後、22時には就寝したが、あまり眠りの質は良いとは言えない。熟睡時間こそ3時間半を確保しているが、眠りが浅いときがかなり多く、本当に起きている状態にまでなっていた。なので熟睡感は得られない。日曜の夜は大抵睡眠の質は悪いので、これは仕方ない。

朝、起きて、会社には行った。体調的にはまだ疲れは溜まっていないので、午前中、資料を2つ作り、課長にメールで送付した。いつ返事が来るか知らないが、一旦はボールを課長に預けた状態なので、少し気が楽になる。

その後、2019年度の販売データを作っていた。もちろん、4月の販売データは、まだ日報しかないので、仮の状態だが、課長に説明するのにはちょうどいいかと思い、作成していた。結構神経を使ったと思う。

午後、食事後にその作業を行なっていたら、アカシジアに苦しめられた。途中で作業を中断し、休憩室でゲームをして気を紛らわした。

15時半には疲れたので、作業は終了。あとはダラダラしていた。

定時で家に帰り、スーパーで夕食を買って、家に戻った。アボガドがうまかった。

PINGOO!がまた落ちる

このブログで時々書いているのだが、ブログの記事を書いた後に、PINGOO!というサービスを使って、PING送信と、Twitter連携をしている。このブログのサービスであるBloggerは、PINGを送信しないので、記事を拡散して多くの人に読んでもらうためには、PINGOO!のPING送信とTwitter連携は欠かせないものになっている。しかし、最近このPINGOO!が落ちることが多くなっているのである。落ちるといっても、サーバーが完全にストップしているわけでもないようだが、誰かが大量にPING送信を試みているのか、サーバーの反応が極端に悪くなり、結果的にレスポンスがない状態になってしまうのである。それが、週末に限って発生し、土日の記事が拡散できない事態になる、というパターンが多いのである。先般はレスポンスが悪い状態が数日続き、結局その数日間のアクセス数はかなり少なくなっていた。昨日も、昼からレスポンスが悪くなり、夕方にはサーバーが応答しない状態になっていて、映画のレビューが拡散できなかった。一応今は、復旧しているようだが、こういうのは非常に困る。運営側も特定アクセスを弾く設定をしてほしいものだな、と感じている。

2019年4月7日日曜日

2019年4月6日の睡眠と、7日の健康

昨日の15時半頃に宅配便が届いた。注文していたiPhoneとApple Watchのワイヤレス充電器が到着したのである。それで、まず開封して、設置を行った。Apple Watchの充電を夜に試してみたが、充電時間は遅い感じがする。

ネットを見て、夕食を食べ、泡盛を飲んでから実家に電話をした。母からは旅行に気をつけなさいと言われた。その他は、僕の体調を伝えていた。

電話後、気力がなくなった。入浴も面倒臭かったのだが、入らないと気持ち悪いので、無理やり意欲を出して、歯磨きと入浴をした。入浴すると、さっぱりする。

その後はベッドに横になり、テレビを見ていた。22時ちょうどに就寝。流石に寝つきも良く、朝6時少し前まで熟睡だった。6時少し前に目が覚めてしまい、トイレに行ってからまた、横になった。それでも7時少し前には起床していた。

朝は洗濯をして、朝食を食べ、ゴミを袋に詰め、部屋の掃除をした。それからネットを少し見て、映画でも見るかと思い、「ザ・バニシング-消失-」という映画を見た。リメイク版は見たことあるが、オリジナル版は初めてで、なかなか面白いスリラー映画だった。

映画を観終わってからレビューを書いた。1時間かけてレビューを書き、サーバーに記事をアッブ。ブログを書いて、PINGを打とうとしたら、またPINGOO!はトラブっていてPINGが打てなかった。

とりあえずスーパーに行き、昼食と夕食の惣菜や、平日の朝食のパン等を買ってきた。外食する気がないので、スーパーでお好み焼きを買って、家で食べた。

午後は、ワイヤレス充電器の動作をiPadで録画していた。また、編集をしてYouTubeにあげようかと思っているが、どう映像や音声を編集するかで、まだまとまっていない。

映画「ザ・バニシング-消失-」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、THE VANISHING(1988)(Blu-ray)/ザ・バニシング-消失-/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。1993年にハリウッドでオリジナルの監督であるジョルジュ・シュライツァー自身がリメイクしたことでも知られる、この「ザ・バニシング-消失-」であるが、オリジナルの日本での公開は2019年まで待たなければならなかった映画である。サイコスリラーとして優れた作品であるが、僕自身も2014年にアメリカのAmazon.comでクライテリオン・コレクションを買いながら、今日まで見ていなかった。日本劇場公開を前に、Blu-rayで鑑賞しようと、今日見たわけであるが、以前ハリウッド・リメイク版を見ている身としては、ラストのオリジナル版とリメイク版の違いは、かなり怖さの違いを与えるものになっている。また、ストーリー自身はオリジナルとリメイク版でラスト以外そう大きな違いはないように思うが、オリジナルのヨーロピアン・テイストの空気感は、この作品のスリラー度合いを大きく影響されているものであると言える。クライテリオン・コレクションなので、画質、音質に不満がない出来になっていて、魅力的である。言語はオランダ語とフランス語に英語字幕という仕様であるが、そんなに分かりづらいものでもなく、容易に鑑賞できるものになっている。映画としての出来はいいので、劇場で鑑賞されるのもいいかと思う。

2019年4月6日土曜日

「バンコクナビ」で現地ツアーの予約をする

今年の1月ぐらいに、「ゴールデンウィークは10連休だから、タイのバンコクに行く」と決めて、飛行機のチケットとホテルの予約だけはしていた。ただ、その後バンコクで何をするかをあまり決めていなかった。一応1日は、バンコク市内の寺院をめぐるつもりではいたが、そのほかにどこ行くかは全く未定だった。先日、父と電話をしていた時、「バンコク行くのだったら、水上マーケットは面白いぞ」と言われ、母からは「象に乗るのが面白い」と言われたので、現地で何かツアーに入って水上マーケットを見に行くかなと思っていた。バンコクの情報は、バンコクナビというサイトで情報を仕入れていたので、そこで現地ツアーも探してみたところ、水上マーケットと、メークローンという駅のそばの線路上で開かれる市場の見学、象にも乗れる、というツアーを見つけた。それで予約を入れてみた。最小開催人数が2名からだったので、予約はどうかなと思ったのだが、先ほど予約が完了し、料金がクレジット決済で落ちていた。なので、バンコクの1日の観光に水上マーケットと、線路上の市場と、象に乗る、というイベントが決まったことになる。なんか、4月に入り、少しずつゴールデン・ウィークに向かっての準備が進みつつあるようである。

2019年4月5日の睡眠と、6日の健康

昨晩、夕食後に「スター・トレック:ディスカバリー」を観た。観終わった後、ブログを書き、入浴をした。そして、それから1時間ぐらいネットを見た。

寝たのは22時40分ぐらいだった。寝つきはいいのだが、朝4時ぐらいから目覚めかけていて、6時半には眠れなくなった。8時間睡眠は確保できず、熟睡時間は3時間半と十分だが、体調的には思わしくなかった。

洗濯をして、朝食を食べた後、ネットで輸入盤Blu-rayの新譜情報と、新作映画の予告編を見ていた。それから、ネットをしばらく見ていて、GWのバンコク旅行の1日現地ツアーを申し込んでみた。個人旅行だから、郊外の観光地を見るにはツアーに入るしかない。ちょっと面倒である。

10時から歯医者で歯周病の治療。それが終わったら、ショッピングモールに行って下着を買ったり、食材を買ったりして、家に戻った。

11時半に早めの昼食。その後、しばらくベッドに横になっていた。ただ、昼寝はできなかった。

朝申し込んだバンコクの現地ツアーの集合場所への宿泊ホテルからの行き方を、ネットで調べていた。運河を走る船かバスで行けそうである。少し感覚が見えてきた。

14時から洗濯物にアイロンをかけた。14時半に午後のお茶。それで、今は宅配便が届くのを待っているところである。

2019年4月5日金曜日

2019年4月4日の睡眠と、5日の健康

昨晩、夕食にビールを飲むと、生き返った気がした。この瞬間がたまらない。それで少し元気が出て、夕食後にネットを見て、入浴した。

入浴後、一昨日の夜に注文したBelkinのワイヤレス充電器のレビューをYouTubeで見ていた。でも、Apple Store限定の方ではなく、一般流通用だった。デザインが違うだけで、中身は同じだから、まあいいけれど。

それでも、やはり疲れていたので、22時20分には就寝。睡眠は8時間を確保し、熟睡時間も3時間半を取れていた。が、朝5時にトイレに行きたくて目を覚まし、結局トイレに行かないで寝ていたので、朝の目覚めは悪かった。疲れがピークに達している感じ。

会社に行って、朝一番で全社の集会参加。1時間半の長い集会で、早くもバテてしまった。

集会の後、気がかりな書類の作成について課長に投げかけたら、僕が作るはめになり、藪蛇だったかなと思った。しかし、結局僕が動かないと、先に進めないので、午前中だけは無理して作業していた。午後は頭が全く回転しなくって、作業はしなかった。

午後は会議もあった。品番を登録するシステムをリプレースするというので、その説明会だったが、実際に自分で触ってみないと全然理解できない。来週、時間があったら、触ってみようと思う。

会議の後は、何もしていない。掲示板の書き込みすら見ていない。何もしたくなかった。うとうとする場面もあったが、なんかの通知がその度にあり、居眠りにまではいかなかった。

本当は定時後に転勤になる営業の人の挨拶がある予定だったのだが、会議で責任者クラスが戻ってこないので、挨拶の開催がずれ込んでいた。それで、待っていられないので、こっそり抜けて、定時で帰った。

スター・トレック:ディスカバリー シーズン2 第12話「影の谷を歩むとも」

あらすじ

新たな信号が、クリンゴンの惑星ボレスの近辺に現れた。ディスカバリーは、ボレスに訪問し、クリンゴンの総裁ルレルと面会して、ボレスに立ち入る許可を得る。パイク船長がボレスに降り立ち、マイケルの母が所有していたのと同じタイム・クリスタルを入手しようとする。しかし、このタイム・クリスタルを手にするものは、過酷な未来を知ってしまうという影響があった。パイクもその影響から逃れられず、未来の自分に起こる事故を知ってしまう。それでも、パイクは人類を救うため、タイム・クリスタルを入手する。一方、マイケルは、タイラーからセクション31の船の定時連絡が途絶えていることを知り、調査に向かう。その調査にはスポックも同行していた。現場に着いたマイケルらは、セクション31のメンバーが宇宙に放り出されていて、船がコントロールの支配下にあることを知る。生き残ったメンバーもいたが、実はコントロールの管理下に置かれ、マイケルを自分たちの仲間にしようとしていた。それは、球体の知識を確実に得るための作戦だった。

感想

徐々にコントロールの人類死滅作戦が本格化していく中で、それを阻止すべく奮闘するディスカバリーのクルーたちの戦いが描かれている一編だと思う。特に、パイク船長は、「宇宙大作戦」で、事故に遭い、半身不随になるという未来があるので、今回のタイム・クリスタルの遭遇は、それをちゃんとリンクさせるものとして、有効な手段だったと思う。パイク船長の未来は暗いが、「宇宙大作戦」では、それを幸運に変える手段があったので、物語的にはいいのかなと思う。一方で事件の鍵を握るのはマイケルなので、彼女の存在そのものが未来を決めると言っても過言ではなく、コントロールもマイケルをものにしようと、罠を張っているというのは、見応えがある。次第にマイケルとスポックのわだかまりも消えつつあり、いい兄弟として描かれ始めている。この辺は見ていて面白い。

2019年4月4日木曜日

2019年4月3日の睡眠と、4日の健康

昨晩、夕食後に洗濯物にアイロンをかけていた。BGMにSuchmosの「THE ANYMAL」をかけていた。このアルバム、買ったはいいが1時間15分も収録されているので、気軽に聞けない。通勤時には聞き終わらないので、聴く頻度がとても低い。水曜のような洗濯物にアイロンをかけて、それからネットを見るようなタイミングでないと、聞けない。

入浴後、迷っていたのだが、Belkinのワイヤレス充電器をAppleのオンラインストアで、注文してみた。値段が高いので躊躇していたのだが、まあAirPowerが出てもこのぐらいの値段するか、と思い、注文を入れた。土曜日には届くらしいので、週末使ってみようと思う。

寝たのは22時半である。昨晩は比較的深い眠りにあったように思う。だが、明け方やはり目覚める。それが不満である。熟睡時間は十分なのだが、なんか寝足りない。週末に近づいて、疲れが溜まってきている。

会社に着いて、今日は課長もいないことだし、と思い、統計資料の2019年版の構想を練っていたが、2018年度版で作ってみると、なぜか数字が他の資料と合わない。それで悪戦苦闘して調べていたが、なんかマスターデータの選別がおかしいみたいで、解決不能になった。それで、午後2時半ぐらいで疲れて中断した。

午後3時から会議で1時間費やし、4時に席に戻ったが、疲れて何もしたくなかった。ネットを見ることすら嫌だった。進まない時計を眺め続け、定時にようやくなると、そそくさと帰宅した。

BelkinのiPhoneとApple Watchを同時にワイヤレス充電できる充電器を注文する

3月30日の記事で、AppleがiPhoneとApple Watch、AirPodsを同時に3つ、ワイヤレス充電できる充電器、AirPowerの開発中止をしたことを書いている。それが非常に残念で、何か違うメーカーが、似たようなデバイスを発売していないかな、とAppleのサイト、Amazon、楽天で検索をしてみた。Amazonで安いiPhoneとApple Watchをワイヤレス充電、AirPodsをワイヤード充電できるデバイスを売っているのを見かけたのだが、watchOS 5.1.3以降は充電できない、という但し書きがあり、「使えない」と思ったものである。結局見つけたのは、BelkinのBoost Up Wireless Charging Dockというもので、iPhoneとApple Walletをワイヤレス充電、AirPodsなどの5V1Aでワイヤード充電できるデバイスのセットになったものだった。ただ、値段が高い。消費税入れると、19000円する。ただ、Apple認定なため、確実に充電はできるので、迷った末、注文を入れてみた。土曜日には到着するようなので、届いたら、またレビューを書いてみたい。

2019年4月3日水曜日

2019年4月2日の睡眠と、3日の健康

昨晩、ネットを見て、入浴後、Amazonと楽天を見ていた。AppleのAirPower発売中止を受けて、なんかそれに似たデバイスがないかな、と探してみたのである。でも、なかなか安くていいのはない。唯一いいなと思ったのはBelkinのWireless Charging Dockで、iPhoneとApple Watchを無接点充電でき、背面のUSB-A端子から5V1Aの出力が出ているので、AirPodsも有線充電可能というモデルだった。ただ、2万近くする。それで、昨晩は躊躇していた。

寝たのは22時20分。やはり途中何度か目が覚める。熟睡時間は3時間半に達しているのだが、目覚めてしまっている時間も多いので、結果的に寝た気にならない。朝の気分の悪さといったらなかった。

週の半ばなので、朝の支度をしながら洗濯をして、物干しに干した。それから会社に出社。今日は、重たい統計資料の作成をするつもりだった。気分は全然乗っていないが、作業に入ると、集中できて、意外に早く完成できた。9時から作業して、14時半には終わっていた。作業にも慣れてきて、スピーディーになってきたのかもしれない。

ただ、疲労はそれなりに溜まっており、作業終了後は放心状態。売店に行って、チョコレートを買ってきて、コーラと一緒に食べたぐらいである。

夕方も軽いアカシジアに悩まされた。ロラゼパムを2錠服用し、なんとか押さえつけた。

定時で今日も帰宅。明日は課長が自宅で仕事するというので、会社には出社しないみたいなので、気分的には少し楽。まあ、チャットで無茶言ってくるかもしれないが。

初代AirPodsがラクウルで売れる

先般、新型AirPodsを購入した話を書いていると思う。そうすると、買ってから2年使いまくった初代AirPodsをどうするか、という問題が発生する。バッテリー交換するにもお金はかかるし、捨てるのには惜しい。それで、Sofmapが運営する中古買取アプリ、「ラクウル」で、初代AirPodsが最高いくらで売れるのか、確認した。すると上限買取価格はなんと10000円。新品で18000円ぐらいだったから、半額以上である。それで、2年使ってバッテリーはへたり、汚れてもいる僕の初代AirPodsをラクウルに買取申し込みをしてみた。もちろん、汚れは買い取ってもらう前にできるだけ綿棒で拭き掃除はしたつもりである。幸いなことに梱包箱は残っているし、充電ケーブルも未使用のまま。それで買取査定をしてもらったのだが、満額回答にはならなかった。しかし、買取額は8000円。この額なら、そんなに損した気分にはならない。それで、8000円で買取承認をした。しかし、2年使ったAirPodsを後でSofmapが掃除して、メンテナンスするのだろうが、誰が買うのか、ちょっと気になる。iPhoneとかとは位置付けが違うような気がする。

2019年4月2日火曜日

2019年4月1日の睡眠と、2日の健康

昨晩、ネットを見ながら、またコトリンゴの「この世界の片隅に」のサントラを聴いていた。帰宅時にも聴いていたので、昨日は2度聴いたことになる。なんか、また「この世界の片隅に」の世界観に浸りたくなってきた。入浴後にYouTubeで「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の公開日発表イベントの模様をYouTubeで見たりして、すっかり心が「この世界の片隅に」に傾いていった。

寝たのは22時20分。最初の寝つきはいいのだが、明け方、トイレに行きたくて目が覚めた。それが原因で、なんか寝た気があまりしていない。AutoSleepでは熟睡時間4時間と出ているのだが、あまり熟睡できた感はない。

会社に行っても、気力がない。しかし、販売統計の資料は作らなければならないので、午後2時まで断続的に資料を作っていた。これで、2018年度の資料作成は終了。2019年度は少し整理したい。まだ、作っていない資料と統合かなと思っている。

午後の3時頃が疲れて、一番眠かった。一瞬寝落ちしていた。寝落ちした瞬間、手に持ったマウスがずるっと動いて、ハッとして目が覚めた。それで、コーヒーを飲みに行った。

その後は、何もしなかった。だらだらとしていた。定時になり、帰宅。帰りはコトリンゴの最新アルバムを聴いていた。

「アベンジャーズ エンド ゲーム」鑑賞前はインターネットから離れて、と監督が警告

昨日のシネマ・トゥデイで、「アベンジャーズ エンド ゲーム」に関する記事が掲載されていた。監督のジョー・ルッソが、ネタバレするとストーリー上致命的になる展開が、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」以上にあるため、公開前になったら、ファンに対して、インターネットから離れるように、とお願いするつもりである、と話しているというのである。それと、ファンに対しては、一旦映画が公開されれば、SNSなどでネタバレが横行することから、上映初週に見に行くように、という話もしている。この記事を読む限り、相当期待できそうな作品になりそうな予感がするが、ネタバレは気をつけないといけないなと思っている。僕が情報を仕入れているサイトは、5ちゃんねる、Twitter、Facebook、RottenTomatoなどであるが、これらのサイトを上映開始の4月26日か27日までシャットダウンすれば、なんとかなりそうである。できれば26日の金曜に会社休んで、見に行きたいところであるが、GW前の金曜に休めるか、微妙。27日の土曜は確実だと思うので、なんとかここまで意識的にネットを見ないようにしないと。

2019年4月1日月曜日

2019年3月31日の睡眠と、4月1日の健康

昨日の夕方、「がちゃんの部屋」にRSSフィードを設置したので、PINGOO!とにほんブログ村に発信してみたが、PINGOO!はPINGを打てたようだが、にほんブログ村はどうやってもうまくいかなかった。それで諦めて、ネットを見て、17時45分ぐらいから夕食を食べた。

夕食後、バンコクの日帰りツアーを少し調べていた。父が「バンコク行ったなら水上マーケットが面白い」と行っていたので、そのツアーを探してみた。すると、僕ができれば見たいと思っている線路の上にマーケットができている市場とセットのツアーがいくつか見つかった。ただ、昨日の段階ではツアーに申し込まなかった。泊まるホテルとツアーの出発地点の距離感が掴めなかったからである。

昨晩は体がだるかったので、22時には就寝。熟睡時間は3時間半取れているのだが、変な夢を2つも見たし、明け方中心に目が覚めて寝付けなかったので、朝は辛かった。

会社に行き、午前中はファイルサーバーのアクセス権の修正と、メーリングリストの修正。今年は組織変更がないので、比較的楽だった。

午後、イントラネットサーバーに修正ソフトが来ていたので、パッチを当てて再起動をかけてみた。半年間、パッチが放置されていたようである。当然昼間にその作業をするということは、数分間イントラネットが使えないことを意味するが、自分で管理するには、テストも必要と思い、パッチを当てて再起動をかけてみた。無事、パッチも当たり、再起動できたので、良かったと思う。

14時半から、眠くて居眠りしていた。15時まで寝ていたが、起きた後も眠くて、うとうとしていた。それから眠気は取れず、コーヒーを飲んでもダメ、しまいには軽いアカシジアになって、辛かった。

定時に会社を退社。帰りは気分で「この世界の片隅に」のサントラを聴いていた。

新元号は「令和」に決定、5月1日から

今日のトップニュースであり、日本国民すべての人が気にかけていたニュースといえば、「平成」に次ぐ次の元号の発表だろうと思う。僕は普段はあまり元号を気にしていないし、西暦の方が使いやすいと思っている人間である。それでも、新しい元号が発表されるというニュースで盛り上がっているのを見ると、やはり気にかかる。ただ、その発表を待ってiPhoneでチェックしていたかというと、違う。iPhoneアプリのYahoo!Japanアプリが号外でApple Watchに「令和」という新元号が発表されたという通知が来た時、実のところ、ピンとこなかった。その後、ニュースを見ていて、ようやく馴染み始めたかな、というところである。まさか、自分が生きているうちに元号が3つめになるとは思いもしなかったが、「平成」は、ほとんど僕の社会人生活そのものであり、あまりいい思い出がないので、次の元号である「令和」の時には、嫌なことが起こらないような時代になって欲しいとは思う。その「令和」がスタートする5月1日は、僕は旅行に行っているので、海外から日本のことをニュースで知る、という形になりそうである。