2019年6月30日日曜日

2019年6月29日の睡眠と、30日の健康

昨日の夕方、ネットを見ていたら早く終わってしまった。17時半になるかならないかの時間で夕食を食べ始め、18時には終わってしまった。ニュースで福岡にも大雨の警報が出ていたが、結局雨は降らず。食後、焼酎を飲んでいたら実家から電話があったので、両親と話をした。

電話の後、ベッドに寝転びながらApple Musicで音楽を聴いていた。BIRDの「LIVE! TOUR 2000+1」が聞けたので、何年かぶりに聴いていた。入浴後、ベッドに寝転んでいたら、そのまま寝てしまい、23時に一度起きたので部屋の電気を消して、きちんと就寝した。

睡眠の質は悪かった。深夜3時にトイレで目覚め、また寝たが7時半ぐらいに起きた。睡眠時間は長いのだが、熟睡時間が2時間と短い。起きた時も爽快感がなかった。

朝食を食べて、ネットを少し見た後、映画を見ることにした。単にdts:Xでサラウンド音声を聞きたいだけの理由で、「エージェント・ウルトラ」という映画を見ることにした。作品はちょっとつまらなかったが、dts:Xの効果は素晴らしかった。

映画を観終わったら、雨が降っていなかったので昼食と夕食を買いにスーパーに行ってきた。家に戻って映画の感想を書き、ファイルをサーバーにアップした。それから昼食を食べ、ブログを書いていた。

午後はなんか気力がないのでベッドに横になっていたら、昼寝をしてしまった。とはいえ、熟睡時間確保できたわけでもなかった。目覚めは悪く、意識的に起きなければならなかった。

午後のコーラを飲んで、洗濯物を片付け、夕飯のご飯の支度をしてから、ダラダラしていた。

映画「エージェント・ウルトラ」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、AMERICAN ULTRA(Blu-ray)/エージェント・ウルトラ/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。田舎町のコンビニで働くしがない若者が、実はCIAの暗殺者育成プログラムで唯一成功した人物で、その能力を潜在意識下に押し込めていた、という設定は結構面白そうなストーリーだったのだが、物語が進むと、あまり面白くなかった残念な出来の映画が、この「エージェント・ウルトラ」。上映時間が96分と短いのに、意外と長く感じられたのは、その展開のつまらなさにあると言える。舞台が田舎町でのみ進むので、物語に広がりを感じられないし、登場キャラも少ないので、こじんまりとした印象を受ける。主役のマイクを演じたジェシー・アイゼンバーグは頑張った演技をしていると思うが、恋人役のクリステン・スチュワートが今ひとつの感はある。音響効果がイマーシヴ・オーディオであるdts:Xであるというので期待していたのであるが、アクションシーンは確かにイマーシヴで迫力あるが、静かなシーンはあまり広がりは感じられず、極端なシーン展開を感じてしまい、もったいないと思われる音響だと思う。総じて、面白くなる要素を持ちながら、その展開に失敗した作品であると言える。

2019年6月29日土曜日

2019年6月28日の睡眠と、29日の健康

昨日の夕方、ネットを見てから、ニュースと天気予報を見ながら夕食を食べた。特に天気予報は気になっていた。週末は大雨になると予報していたからである。土曜の午前中、どこまで準備をするか考えていた。

夕食後はApple MusicをApple TV+AVアンプで聞いていた。Apple TVのスクリーンセーバーがいい感じだった。のんびりできたと思う。

寝たのは22時。木曜の夜があまり眠れなかったので、昨晩はちゃんと寝るつもりだった。しかし、今朝も5時には目が覚めて眠れなくなった。結局5時半に起床してしまった。睡眠時間7時間で、熟睡時間は3時間15分。眠りの質は悪くないが、寝足りない。

朝食後、部屋を掃除した。最近ロボット掃除機ルンバを使っていなかったので、ルンバで掃除をして、取りこぼした箇所を普通の掃除機で掃除した。

それから、輸入盤Blu-rayの新譜情報をチェックし、7月分の注文を3つのショップに分けて行った。なぜ3つかというと、1つのショップではまとめて買えなかったからである。あとは支払いと発送の関係もある。

9時から久しぶりに1時間ウォーキング。雨は降っていなかったが、蒸し暑く、汗が吹き出した。寝不足なので、歩くと結構疲労する。歩き終わったら、スーパーに行き、今日の食事と、月曜からの朝食の食材を買ってきた。明日の分は考えたくない。

11時に昼食を食べ、それからTMNのライブビデオを2時間見た。徐々に買ったBlu-rayを見こなしている感じ。

13時過ぎにビデオを見終わったら、なんか疲れたので、昼寝を取った。1時間ぐらい寝ていたので、睡眠不足は解消された。

起きてからコーラを飲み、前から手続きしなきゃと思っていたauのeメールの契約解除を行った。月270円程度の支払いだったが、使っていないアドレスを維持するのももったいないと思い、ようやく手続きできた。

「TMN EXPO ARENA FINAL」(TM NETWORK THE VIDEOS 1984-1994/Blu-ray)

TM NETWORKがTMN名義でリリースしたオリジナルアルバム「EXPO」を基にした全国ツアーの最終公演を収録したのが、「TMN EXPO ARENA FINAL」である。TM NETWORK THE VIDEOS 1984-1994の6枚目のディスクになる。まず、このビデオは非常に残念な状態であると言わざるを得ない。元々はWOWOWでアナログハイビジョン及び4:3のレターボックスで放送されたものを、「TMN GROOVE GEAR」という限定ボックスセットでVHS化され、それが10年後、DVDになった。マスターはその時の4:3の映像にレターボックス仕様で収録されていたのだが、今回のBlu-ray化に当たっても4:3のマスターにレターボックスで収録されているので、HDテレビで見ると額縁映像になってしまう。映像だけにズームすれば、画面いっぱいには映るが、当然解像度が落ち、映像の明瞭度の悪さは、このボックスセットの中でも一二を争う悪さだと言わざるを得ない。また、115分という収録時間ではあるが、実際に未収録の曲や、収録楽曲のカットなど、もったいない部分もある。ただ、珍しい曲の収録もあるので、そこは評価したいところもある。音響はどちらかというと広がりのないステレオサウンドで、なんかセンタースピーカーに音が集まっている印象がある。ソニーのBlu-ray化ディスクの中でも手抜きが感じられていて、残念な仕様のディスクである。WOWOWのアナログハイビジョンからBlu-ray化できなかったのかと思う。

2019年6月28日金曜日

2019年6月27日の睡眠と、28日の健康

昨晩、ネットを見ながら、Apple Musicを楽しんでいた。Amazon Echoの日本語認識能力の悪さには辟易していたが、それでも音声指示で曲が聴けるのは大きい。音楽への興味がまた大きくなっていた。

寝たのは22時。今日は年休を取得していたので、寝る時間が遅くても良かったのだが、疲れが大きかったので、22時に寝た。睡眠はしっかり取れたと思ったが、朝5時に目が覚めてしまい、そこから眠れなくなった。睡眠時間が7時間弱で、熟睡時間は2時間半。結局5時半にベッドを離れ、起床した。

洗濯をしたのだが、今日は雨は降らないだろうと、外に干した。朝食を食べ、コーヒーを飲んで目を覚ましていた。それから午前中はネットを見ながら、Amazon EchoでApple Musicを楽しんだりしていた。

10時40分ぐらいに外出の準備。今日年休を取った理由は、実は映画「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」の初日初回を見に行くためだった。IMAXで見たいと思っていたが、「アラジン」がヒットしているため、IMAXの上映回数はわずか2回。昼の回を逃すと、夜21時の回になってしまう。それで昼の回の席を確保した。中州のラーメン店で久しぶりに博多ラーメンを食べ、映画館に入った。

睡眠不足が映画鑑賞に影響するかと思ったが、作品が面白かったので、映画に没頭していた。IMAXなので画面が大きいのと、大音量でサラウンドするので、没入感が大きかった。

映画を観終わって、コーヒーショップでコーヒーとケーキで午後のお茶にした。それから家に帰って、スーパーに行き、夕食のおかずを買って帰った。それから洗濯物を片付けした。

映画「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」(IMAX 3D/ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13)

マーベル・シネマティック・ユニバースの23作目で、「アベンジャーズ エンドゲーム」の直後の物語として、期待されていた作品が、「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」である。「アベンジャーズ エンドゲーム」で師匠を失い、失意の底にあるスパイダーマンことピーター・パーカーが、修学旅行でヨーロッパに友達と向かうのだが、そこで、エレメンタルズと呼ばれる敵と遭遇する。その敵と戦うミステリオことベックの姿を見て、新たなヒーロー登場かと思われたのだが、というストーリー。「エンドゲーム」が重い展開だったことを考えると、かなりお気楽な展開で物語は進む。でも、次第に事件の真相が見えてくると、ピーターのヒーローとしての資質が問われるようになっていく、とシリアスな内容に。特にミステリオことベックの立ち位置が物語の中心にあり、彼の行動が、ピーターのヒーローたる所以に結びついていくところは、なかなか重要な話ではある。トニー・スタークの友でもあったハッピーが今作でも重要な役割を果たすのは、シリーズならではだと思う。スターク・インダストリーズの兵器も物語で重要な役割を果たし、トニー・スタークの重みを感じる。ポスト・クレジットも復活しているので、エンドクレジットが始まっても席を立たないほうがいいと思う。3D効果はかなりあり、IMAXのフルサイズの画面のシーンが多いので、IMAXで観られる人はIMAXを選択したほうがいい。後半、その効果はフルに発揮される。

ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」ジョナサン・ゴールドにささぐ(Netflix)

ジョン・ファヴローがロイ・チャオとコンビを組んで料理を作って食べる料理番組、「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」の第4話目がこの「ジョナサン・ゴールドにささぐ」である。ジョナサン・ゴールドとは、有名な料理評論家であり、2018年に死去しているが、今エピソードではゴールドに救われた女性料理人二人が出演し、ガレットというパイの一種と、タイ料理の調理について、チャレンジしている。特に、タイ料理は僕もタイに行った時に食べたパッタイの調理法が登場するので、興味深く見ていた。ジョナサン・ゴールドという料理評論家は、素晴らしい料理を作る料理人に対しては惜しみない賞賛をして、出来の悪い料理人に対しては、あまり語らないという手法で料理を評価していたそうで、料理人にとっては神のような存在だったという。今回も美味しそうな料理満載で、見ていて食べたくなる番組である。

2019年6月27日木曜日

2019年6月26日の睡眠と、27日の健康

昨晩、コンビニで夕食のおかずを買ったので、家に早く帰れて、夕食も早く食べられた。それで、洗濯物にアイロンをかけるのも、早く終わった。

ネットを見ながら、早速、Apple MusicをAmazon Echoで楽しんでみた。しかし、Spotifyの最初の頃のように、なかなかアルバムの認識をしないので、「また一からやり直しかよ...」と思ってしまった。結局は聴ける曲だけ聴いていた。

寝たのは22時。21時45分ぐらいにベッドに横になったら、体が疲れていた。体が重く、起きていられなかった。睡眠はしっかり取ったつもりだったが、熟睡時間は2時間45分と少々足りない。全体的に睡眠が足りてなく、会社に行くのもしんどかった。

会社では、朝一番で統計資料の作成をしていた。単調な作業で、早くも疲れと飽きが来る。なんとか10時半まで作業を続け、休憩に入った。その時点である程度はできていた。

その後、管理職のおじさんの作業のチェックを行い、昼になった。頭が重いので、昼は坦々麺といなり寿司を食べた。

午後はやる気がなし。ただ、時間が過ぎるのを待っていた。15時から会議だったが、15分で終了。あとは定時を待った。

朝は雨が降っていたが、帰り時には雨は止んでいた。ただ、蒸し暑い。雨が降っていないので、スーパーに行って、夕ご飯のおかずを買って帰った。

SpotifyからApple Musicに切り替える

昨日の記事で、「Amazon EchoでApple Musicが日本でも使えるようになった」という記事を書いた。その中で、Spotifyを解約して、Apple Musicへの再契約をしたことを書いている。以前、Apple Musicがサービス開始した頃に、一度契約をしていたことがある。その頃は、携帯キャリアが格安SIMのIIJmioであり、月3GBでやりくりしなければならないのと、Apple Musicのバグで、曲が同一名称の別の曲に置き換わってしまうトラブルに泣かされ、結局解約した記憶がある。今回、再契約したのには、現在の契約キャリアがSoftBankのウルトラギガモンスターで月50GBまで利用可能なので、聞きっぱなしでも問題がないことと、Apple MusicのバグもすくなくともiTunesでリッピングした曲についてはiPhoneローカルにあるので、トラブルになりようがないはず、という意図で切り替えている。それに、iTunes Matchも契約しているので、手持ちの曲はバグリようがないと考えている。それで、Apple Musicに切り替えたことで、スマートスピーカー、AVアンプ+Apple TVで高音質再生、iPhone+AirPodsでモバイル再生と、自宅のオーディオ環境でいかようにも楽しめるようになったことの方が大きい。Spotifyで作ってきたプレイリストをなくすのは痛いが、まあ、それはまたApple Musicで作ればいいかと思っている。

2019年6月26日水曜日

2019年6月25日の睡眠と、26日の健康

昨晩、注文が届いた土岐麻子のリミックス・アルバムを聴きながら、ネットを見ていた。聴き終えてから、iTunesに取り込んで、iPhoneに転送をかけた。その時、「Apple Musicに契約しようかな?」という甘い罠が囁きかけてきた。昨晩は、なんとかそれを振り切り、就寝することにした。

睡眠はあまり質が良くなかった模様。途中で目が覚めかけたが、異常に眠気の残る目覚めで、気分が悪かった。熟睡時間も2時間ちょうどと、明らかに足りない。

週の半ばなので、洗濯をしてから会社に行った。統計資料の作成をするかと、気合い入れたのだが、管理職のおじさんの仕事の手伝いをさせられ、自分の意図したことはできなかった。

昼食休みに、Twitterを見ていたら、Amazon EchoでApple Musicが利用可能になったことを知って、心の中は狂喜乱舞。仕事が手につかなかった。とりあえず、Apple Musicを再契約し、音楽が聴けるようにして、Amazon Echoの設定もしてしまい、Spotifyは解約というところまでした。

その後は、仕事に戻った。単調な仕事なので疲れる。ある程度進んだら、キリのいいところでやめていた。

定時で仕事を上がった後、帰りはApple Musicで土岐麻子のアルバムを聴いて帰った。Spotifyと操作性が違うので、ちょっと戸惑う。昔使った時には、アーティストの広がりを活用できなくて、Apple Music解約をしたのだが、今回は、Spotifyで色々なアーティストを知ったので、使いこなせそうな気がしている。

Apple MusicがAmzon Echoなどで利用可能に

今日の昼休み、Twitterを見ていたら、携帯ジャーナリストの石川温氏が、「Amazon EchoでApple Musicが利用可能」というTweetをしていた。思わず、文面を読み返してしまった。去年の初冬、アメリカで始まったAmazon AlexaデバイスでのApple Musicの利用可能。徐々に対象地域を広げては来たのだが、突然、今日になってAmazonの広報から「日本でAmazon AlexaデバイスでApple Musicが利用になりました」と発表があったのである。去年の冬の時には結構盛り上がった気がするのだが、今回、日本でローンチしてみると、なんか盛り上がりに欠ける。新製品もない今の時期になぜ、という気もするが、僕はAmazon EchoでApple Musicが使えるようになったら、SpotifyからApple Musicに切り替える、と決めていたので、今日の発表を見て、Apple Musicを契約し(1ヶ月は無料期間付き)、Amazon Echoの設定をして、Amazon EchoでApple Musicを使えるようにした。これで、スマートスピーカー、AVシステム、iPhone、Apple Watchというモバイルから自宅据え置きのステレオシステムまで、すべてでApple Musicを楽しめる環境が整った。これを待っていた感はある。SpotifyはAVアンプを鳴らすのに、PCの支援がないとダメだし。これからしばらく、いろいろ試してみるつもりである。

2019年6月25日火曜日

2019年6月24日の睡眠と、25日の健康

昨晩は夕食後、ゴミを出した。それからネットを見て、入浴し、その後、少しYouTubeを見ていた。「TMN EXPO ARENA」というWOWOWで放送されたTMNのEXPOツアーの模様を収めたものである。当然著作権違反だが、誰も追求しないので、そのまま見られる。

寝たのは22時20分。途中、何回か目覚めた。熟睡時間は4時間近かったが、朝の目覚めは悪かった。会社に行きたくない、という気分でいっぱい。

会社に着いてから、昨日失敗していたWindows Updateを再挑戦してみた。朝8時半から始めたのが功を制したのか、まだネットワークがそんなに混んでいなくて、なんとかUpdateが完了した。9時半には全て終わっていた。

その後、少し暇になったが、午後になって、統計資料の改善で、管理職のおじさんに任せている値引きの分配方法の解が出てこないので、自分で少し考えてみた。ただ、昼食後は眠くて、少し居眠りしていた。そのせいもあって、頭はあまり働かない。少し、資料を改善して、そこで止まってしまった。なんとなくやり方は見え始めているのだが。

定時間際になって、軽いアカシジアが出かかっていたので、ロラゼパムを頓服で飲んだ。定時には切り上げ、家に帰った。ポストには土岐麻子の新作CDと、TM NETWORKのBlu-rayの不具合交換版が届いていた。

佐野元春、「ソウルボーイへの伝言2019」の開催決定

今日の夕方、iPhoneを使おうとしたら、通知が来ていた。佐野元春のアプリで、「ソウルボーイへの伝言2019」開催決定、という文字が躍っていた。それで、ネットを見られる環境に着いたところで、Facebookの記事を見てみた。今年の初めから佐野元春が公言していたTHE COYOTE BANDとの全国ツアーがその実態だが、今回の特徴は全国クラブでのサーキット・ツアーであるということである。なので、普段の全国ツアーでは行かないところにライブをしに行くという感覚が強い。ここ九州では、福岡には来ない。来るのは熊本と大分。日程を見ると熊本のチケット取って、年休を取得して見に行くというパターンになるだろうか。休みを絡めれば、ツアー最終公演の大分に行って、温泉で一泊か、兵庫まで遠征して兵庫で宿泊か、というパターンもある。首都圏は、神奈川と東京があるので、チケットが取れない可能性を除けば、困難になることもないと思う。まだ、チケットの予約開始まで時間があるので、調整は可能だと思う。ちなみに「ソウルボーイへの伝言」というタイトルのツアーは、デビュー30周年のツアーの際に使っている。そのアップデート版という意味合いがあるのではないかと思う。
  • 2019年10月12日(土) 神奈川・クラブチッタ川崎(開場18:00/開演18:30)
  • 2019年10月15日(火) 東京・マイナビBLITZ赤坂(開場18:45/開演19:30) 
  • 2019年10月25日(金) 群馬・高崎club FLEEZ(開場19:00/開演19:30) 
  • 2019年11月 2日(土) 静岡・Live House浜松 窓枠(開場17:30/開演18:00) 
  • 2019年11月 3日(日) 岐阜・岐阜club-G(開場17:30/開演18:00) 
  • 2019年11月 7日(木) 長野・長野CLUB JUNK BOX(開場19:00/開演19:30) 
  • 2019年11月 8日(金) 富山・富山マイロ(開場19:00/開演19:30) 
  • 2019年11月16日(土) 青森・青森Quarter(開場17:30/開演18:00) 
  • 2019年11月17日(日) 岩手・盛岡Club Change WAVE(開場17:30/開演18:00) 
  • 2019年11月23日(土・祝) 兵庫・神戸ハーバースタジオ(開場17:30/開演18:00) 
  • 2019年11月24日(日) 岡山・岡山CRAZY MAMA KINGDOM(開場17:30/開演18:00) 
  • 2019年11月29日(金) 熊本・熊本B.9 V1(開場19:00/開演19:30) 
  • 2019年11月30日(土) 大分・大分T.O.P.S Bitts HALL(開場17:30/開演18:00)

2019年6月24日月曜日

2019年6月23日の睡眠と、24日の健康

昨日の夕方、やはり17時半から夕食を食べ始めた。日曜は、レトルトのカレーを温めて、ご飯にかけて食べることが多いが、昨晩はごま塩のふりかけをかけて食べた。食後は焼酎を飲みながら、炊いたご飯が冷えるのを待ち、冷えてからラップに包んで冷凍庫に入れた。

その後、ベッドに横になっていたが、少しうとうとと寝ていたようである。寝た時間は多分2-30分程度。目が覚めてから、気力を出して歯磨きと入浴をして、22時には寝てしまった。

昨晩の睡眠は、途中何回か目覚めたこともあり、あまり質の良い睡眠でないと思っていたが、熟睡時間は3時間取れていたようで、思ったよりは寝ている印象。でも、朝起きた時は会社行きたくない、と思っていた。

会社に行って、Windows 10のアップデートを試みてみた。実は先週の水曜からWSUSで新バージョンが配信されているのであるが、サーバーが混んでいるのか、全くデータのダウンロードができないのである。1時間で6-7%程度しかダウンロードせず、じれったく感じていた。キャッシュをクリアしたりして改善を図ったが、全くダメ。それで、情報システムのサイトに行って、ローカルに置いてあるアップデータを自分のPCにダウンロードし、ローカルでインストールしてしまった。それはいいのだが、その後、新たに発生するはずのWindows Updateがやはりやってこない。脆弱性を抱えたまま、今日1日が終わってしまった。

17時から打ち合わせがあったので、定時には帰れなかった。それでもいつも乗る電車には間に合った。座れなかったが、普段の時間に帰れたのでよしとする。

「スター・ウォーズ:エピソード9」の邦題決定!

今朝、Twitterを見ていたら、今年の12月20日に全国公開される「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「スター・ウォーズ:ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー」の邦題が決定したと、いくつかツイートがあった。僕なんか、「原題のままでいいじゃん」と思ってしまう口だが、配給元のディズニーは、観客を呼び込もうと、意味深な邦題をつけてきた。その邦題は「スター・ウォーズ:スカイウォーカーの夜明け」だそうで、固有名詞がサブタイトルに入るのはシリーズ初とか。まあ、見に行くとは思うのだが、新三部作はジョージ・ルーカスが関わっていないので、なんか最初の三部作やプリクェル三部作に比べると、なんかスター・ウォーズ的要素が希薄な感じはするのだよね。「フォースの覚醒」は「スター・ウォーズ・ファン」が見たがった「スター・ウォーズ」という感じだし、「最後のジェダイ」はファンが激怒する出来だし。それでも見に行くとは思うのだが、今年は「アベンジャーズ」の出来の良さに心揺さぶられたので、「スター・ウォーズ」が霞んで見えるぐらいの状況。初日に見るかどうかも怪しい。同日には「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」も公開されるし。今ひとつ、盛り上がりに欠けている状況である。

2019年6月23日日曜日

2019年6月22日の睡眠と、23日の健康

昨日は夕方、動画編集を中断し、ネットを見た。17時35分から夕食を食べ、食後に焼酎を飲んでいた。しばらくすると実家から電話があったので、近況を話ししていた。

電話の後、「ザ・シェフ・ショー」をNetflixで見た。それから入浴し、入浴後、動画編集をして、完成させた。ただ、内容はすでにYouTubeにアップしているので、今回の動画はYouTubeにアップしなかった。

睡眠はしっかり取れたと思う。7時前にYahoo!ニュースの通知で目が覚めたが、実際にはまた寝てしまい、起きたのは7時半。熟睡時間は3時間を確保し、睡眠負債も返済した。それでもまだ眠く、気力に乏しかった。

洗濯をして、朝食を食べ、部屋の掃除をした。その後、少しネットを見ていて、それからなんか映画を見るかと思った。3D Blu-rayで映画を見たかったので、3D+DOLBY ATMOS仕様の「カリフォルニア・ダウン」を鑑賞した。内容は今ひとつの出来だが、3D+DOLBY ATMOSの効果は絶大で、没入感はすごかった。

映画を見終わってから、スーパーに行き、昼食と夕食のおかずを買ってきた。家に帰ってからは、昼食を食べ、その後映画のレビューを書いていた。

午後は、ちょっと出かけて、ビールを買ってきた。第三のビールではなく、本物のビール。たまに本物のビールを飲みたくなる。

家に戻ってから、ネットをだらだら見ていた。疲れたので、ベッドに寝っ転がって、iPhoneで見ていた。

映画「カリフォルニア・ダウン」(輸入盤Blu-ray 3D)

レビューの詳細は、SAN ANDREAS(Blu-ray 3D)/カリフォルニア・ダウン/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。人気俳優ドウェイン・ジョンソンを主役に供え、大地震に襲われるカリフォルニアで、関係の悪化していた妻や娘を救助する救命士の活躍を描いたディザスター・ムービーが、この「カリフォルニア・ダウン」である。映画の内容としての出来は、そんなに良くない。話がちょっとつまらないのである。家族の危機が災害によって再び絆が結ばれる、という展開は、どこかの映画でもあたり切りの内容で、そこに興味がわかない。映像的には大震災の映像と音響効果が素晴らしいとは思うが、最初はそれに面白さを感じるのだが、何回か繰り返されるとそれにも慣れてしまい、ちょっと飽きがくる。そういう意味では、作品の脚本が悪いということになる。映像は3Dで、音響がDOLBY ATMOSなので、映像、音響に取り囲まれる効果は素晴らしく、そこだけ魅力的な映画であると言えるが、ホームシアターを構築している人には、一種のデモ映画として視聴するといいのかもしれない。

2019年6月22日土曜日

ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」映画のレシピをもう一度(Netflix)

映画監督であり、俳優のジョン・ファヴローが、監督、主演を務める料理番組「ザ・シェフ・ショー」の第3話目が、この「映画のレシピをもう一度」である。同じく映画「シェフ」で出てきた料理を再現することを今回の目的としている。パスタにケーキ、パンなどである。ゲストは人気YouTuberのアンドリューで、彼は料理のYouTuberとして活躍しているとのこと。ジョンやロイとともに、ケーキの作成に情熱を燃やす様が見られて、本当に美味しそうである。映画「シェフ」の副読本的な位置にあるこの「ザ・シェフ・ショー」だが、出演者たちが本当に楽しそうに料理を作っているのが、画面から伝わってくる。

2019年6月21日の睡眠と、22日の健康

昨晩は、リラックスできていた。ただ、ネットを見て、入浴後、動画編集ソフト「DaVinci Resolve」で沖縄の鍾乳洞「玉泉洞」の動画を少し編集したので、寝たのは22時半になってしまった。

睡眠は、なんか夢を見たような気がするし、朝5時半に目覚めたら、眠れなくなった。熟睡時間2時間35分と少ないし、睡眠負債も抱えているが、結局6時前に起床してしまった。

洗濯をして、朝食を食べ、輸入盤Blu-rayの新譜情報を調べ、新作映画の予告編を見た後、昨晩の続きで「玉泉洞」の動画をずっと編集していた。「DaVinci Resolve」の使い勝手がわからないので、ネットで調べ調べしながら、編集を試みた。

11時になったので腹が減って、マクドナルドにハンバーガーを食べに行った。食事後、スーパーで夕食のおかずを買って家に戻り、再び「玉泉洞」の動画編集。とりあえず完成させ、YouTubeにアップした。

動画編集で神経使ったので、昼寝しようかなと思ったが、もう少し「DaVinci Resolve」の使い方を学びたいと、別の動画でテストしていたので、昼寝もしなかった。眠くもならない。

14時半に一時中断し、洗濯物を片付けた。それから午後のお茶を取り、また、編集のテストを続けていた。

動画編集ソフト「DaVinci Resolve」で未編集の「玉泉洞」撮影動画を編集してみる

一昨日、昨日とマルチプラットフォームで使うことのできる動画編集ソフト、「DaVinci Resolve」の使用感を書いてみた。で、今日、何か動画を一本作ってみようかと、macOSの「写真.app」から撮影はしたものの、画面が暗くてよくわからない状態だった「沖縄ワールド・玉泉洞」という鍾乳洞の映像を編集してみることにした。昨日、テストで作業した時には快適だと書いたが、実際に4K動画を何本もつなぎ合わせ、字幕を入れ、暗くてよくわからないシーンは増感処理をして作業すると、結構動作がブツブツ切れるところがあった。それでも、iMovieと比べると、いろいろできるところがあり、使い勝手はいいかと思う。操作感はiMovieと変わりない。それでYouTubeにアップしたのが、下記の動画である。時間のある方は、5分程度の短編なので、視聴いただけると幸いである。

2019年6月21日金曜日

2019年6月20日の睡眠と、21日の健康

昨晩、フレックスで早く家に帰ったので、夕食は18時から食べ、その後、ネットを1時間程度見て、早く入浴した。で、いつもの平日より1時間時間が余っているので、「DaVinci Resolve」で試しに動画編集をしてみた。2018年のGWに撮影はしたものの、編集していない沖縄の玉泉洞という鍾乳洞の動画があったので、テストケースでいじってみた。それでなんとなくわかった。

ただ、疲れがあったので、21時45分には作業をやめて、ベッドに横になって、本を読んでいた。22時10分には就寝した。

睡眠は明け方、ちょっと眠りが浅かったようである。それでも熟睡時間は3時間47分。寝ている方だと思うが、起きるのが辛く、会社に行きたくなかった。

会社に行ったものの、気力がなく、仕事の進みは悪かった。朝、少しだけ作業して、あとは何もしなかった。

会社の組織再編により、福利厚生の制度が変わってしまうので、年間6万円分、会社からの補助が余ってしまうことになった。使い道がなくて、会社の福利厚生を色々見ていたが、これというのがない。なんか考えないと、会社からもらえる6万円が勿体無い。

夕方、ちょっとアカシジアが出た。会社でおとなしくしていただけだが、精神的には疲れたようである。ロラゼパムを頓服で飲んで、休憩室でゲームをして、症状が治まるのを待った。

定時になり、帰宅。明日、明後日は雨が降りそうもないので、買い物をしなければと思つている。

動画編集ソフト「DaVinci Resolve」で動画を編集してみる

昨晩、主要OSにインストール可能な動画編集ソフト「DaVinci Resolve」をインストールしたことを書いた。それで気づいたことを書きたい。まず、iPhoneやiPadなどで録画、撮影した動画や写真は、macOSでは「写真.app」に保存されるため、一回ここからFinderに書き出す必要がある。とはいえ、作業は簡単。「写真.app」の動画を選択し、「ファイル」-「書き出す」-「未編集のオリジナルを書き出す」を使えば、一発で書き出せる。これを読み込み込んで作業をすることになる。作業はタイムライン上に動画を配置して、切ったり貼ったり、テロップを入れたりするが、動画のタイムラインは、HDの24pで作業されるため、非常に快適な状況で作業できる。ただし、4K動画を編集して書き出すときには、かなりのCPUパワーを使うので、暑い部屋での作業はオススメしない。使い方そのものは、他のサイトが詳しいので、Googleで検索したらいいと思う。

2019年6月20日木曜日

2019年6月19日の睡眠と、20日の健康

昨晩、洗濯物にアイロンをかけた後、ネットを見た。そして、入浴後に動画編集ソフト「DaVinci Resolve」という無料ソフトをインストールして、動作を試してみた。それが面白くて、やめられそうになかったが、昨日は45分も早く起きていたこともあり、無理やり作業はやめて、22時20分にベッドに横になった。

睡眠は途中、トイレに行きたくて目が覚めた。でも、眠気が強くて寝る方を選んでいた。朝の寝起きはそんなに悪くない。熟睡時間も3時間47分と結構しっかり取れている。

会社に行ったが、仕事する気が全くなく、個人的な調べ物をしていた。まだ、時間的に余裕があるはず、という思いでいた。

午後は会議があったが、話は盛り上がらず、20分で終わった。なので、気分的に楽。

情報部門から、Windows 10のアップデートの話が出てきていたが、今朝からアップデータのダウンロードが全く進まず、インストールはできそうもなかった。

今日は朝から「フレックスで1時間早く帰る」と思っていたので、16時半に会社を退社。早く家に帰った。フレックス使うのも久しぶりだったが、地下鉄は混んでいた。逆にスーパーはまだ空いていたぐらい。

動画編集ソフト「DaVinci Resolve」をインストールしてみる

今週の前半、ネットを見ていたら、動画編集ソフトの紹介記事が掲載されていた。それが、タイトルにある「DaVinci Resolve」というソフトで、Windows、Mac、Linuxのプラットフォームで提供されているということだった。驚いたのが、記事によればハリウッドでも使われている動画編集ソフトなのに、基本無料で使えるというところにあった。もちろん、機能をフルに使おうとすれば有料版を買うことになるのだが、それでも買取制で3万円程度という格安の値段で、販売されている。機能はAppleのFinal Cut Pro Xに引けを取らないらしいので、今までiMovieで動画編集をしていた僕的には、DaVinci Resolveに切り替えると、多彩なことができそうな予感がしていた。それで、Mac版はMac App Storeでインストールできるので、昨晩インストールして、少し使ってみた。iMovieでは編集できなかった4K/60fpsでの編集もできそうなので、クオリティの高い映像が作れそうである。ただ、MacではiPhoneで撮影した写真や動画は「写真」アプリに保管されることになるが、ここからの連携はできなさそう。一旦「写真」アプリから書き出しをしないといけないようで、ちょっと面倒かなとも思う。でも、何か動画を作ってみたい気はしている。週末にテストしてみるかという気分である。

2019年6月19日水曜日

2019年6月18日の睡眠と、19日の健康

昨晩も、ネットを見るのに時間がかかっていた。5ちゃんねるの全米興行収入を語るスレが活況で、レスが多くて読むのに時間が取られるのが原因である。入浴時間も21時を回っていた。

寝たのは22時10分ぐらい。なんかの夢は見たが、内容は覚えていない。朝5時に目が覚め、また寝入ったが、6時にアラームで起こされた。熟睡時間は3時間半を越していたが、体調は悪い。

会社の仕事があるので、普段より早く起きて会社に行ったが、調子悪いので、通勤電車はたまたま確保できた席で、うたた寝しながら移動した。うたた寝が気持ちよかった。最もうたた寝程度では寝不足は解消できず、頭は痛かった。

朝一番で、仕事を済ませ、その後は少しのんびりしていた。ただ、午後から少し忙しくなった。統計資料の作り方について、調整をしていたからである。

夕方、組織再編に対して課長と2回目の面談。話をしていて、少し否定的な意見を多めに述べた。個人的にはあまり気になっていない組織再編だが、周りが批判的な人が多いので、そういう意見を取り入れてみた。あまり前向き過ぎに取られないようにしないとというバランス取りからである。

定時になって家に帰る。家に少しだけ早く着いたので、缶ビールの間をゴミ捨てに出し、洗濯物にアイロンをかけてもそんなに時間はかからなかった。

映画「この世界の片隅に」8月に地上波テレビ初登場

今日の午後、Twitterを見ていたら、大量に映画関連のアカウントからツイートがされていたのであるが、映画「この世界の片隅に」が8月3日(土)の21:00からNHK総合テレビで地上波初放映をする、ということである。僕もそうだが、大変評価の高いこの作品が地上波で見られるというのは、より多くの人の目に止まる可能性があり、いいチャンスではないかと思っている。しかもNHK総合という公共放送、CMなしでおそらくノーカットだろうから、視聴環境はとても良いのではないかと思う。あとは5.1chサラウンドで放映されるかどうかぐらいかな、気になるのは。翌週の10日(土)には「あちこちのすずさん」という、戦争中にすずさんのような体験をした人たちの投稿を紹介する番組を放送するという。なので、今年の夏は「この世界の片隅に」および「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」がフィーチャーされる夏になりそうで、結構楽しみである。

2019年6月18日火曜日

2019年6月17日の睡眠と、18日の健康

昨晩、食事後にゴミ捨てをしていたので、少しだけネットを見る時間が遅くなった。困ったことにネットの記事で読む項目が多かったので、入浴時間がかなり遅くなった。それでも、22時20分にはなんとか就寝。

睡眠は熟睡時間が3時間8分と、まずまず。ただ、朝5時には一度目覚めた。また寝たので、睡眠不足にはならなかった。朝の気分は早くも今ひとつ。気力は少し失せていた。

会社に行って、品番登録の間違っていた箇所の修正を行い、その後、販売統計の資料作成を考えていた。だいぶ見えてきたが、一箇所、手を出せない部分があった。行き詰まったので、課長に話しし、後刻考えてもらうことにした。

午後からは打ち合わせ。メンバー欠席が多く、僕含めて3人だけ。その分、打ち合わせは簡単になり、必然的に組織再編の話になった。皆、この再編に批判的だったので、僕だけのほほんとしているなと感じた。

打ち合わせ後は、議事録をまとめ、明日の朝会の資料のWeb版を作成した。なんか追い詰められている感じ。その後は、何もしなかった。

定時で会社を退社。スーパーで珍しく肉じゃがを手に取った。昼食がフライだったので、夜は揚げ物じゃないほうがいいと判断していた。

総務省、携帯の解約金を1000円、端末割引を2万円までにという制度を公表

ここ1-2週間ほど、話題になっているニュースがある。携帯電話会社の通信料金に関する新たな制度についてである。何と言っても2年縛りで違約金9500円だったものが、違約金を1000円にするとか、通信サービスの継続利用をしない端末割引については、上限を2万円とする、など、携帯料金の値下げを図りたいのか、結果的に値上がりになるのか、はっきりしないからである。今回のこの制度はキャリアだけでなく、加入者数が100万人を越している格安SIM会社も対象になるということで、これで端末代金と通信代金は完全に分離されるだろうから、明朗会計にはなると思うが、格安SIMの加入者数が思うように伸びていない現状、キャリアの通信代を下げようと企んだところで、うまくいくのか疑問が残る。僕みたいにApple Watchをセルラーで使いたいから、という特殊な例で格安SIMからキャリアに戻る例は別にして、コスト重視でも格安SIMに移る人が思ったほどいないというのが現実であり、キャリアの通信代はなかなか変わらないのではないかと思っている。まあ、キャリアは儲けすぎだとは思うが、先行投資額も多いので、そこは割引く必要はあると思っている。少なくともiPhoneを買う人は減るよな、というのが僕の認識である。僕はiPhone使い続けるし、買い続けるが。

2019年6月17日月曜日

2019年6月16日の睡眠と、17日の健康

昨晩も、17時半に夕食を食べてしまった。その後、焼酎は飲んだがデザートは食べなかった。運動していないので、カロリー取りすぎを気にしたのである。

ラジオを聴きながら本をだらだら読んでいて、20時に入浴、22時には就寝した。いつも日曜の夜は睡眠の質が悪いので、昨晩は抗精神薬と睡眠導入剤の他にロラゼパムを1錠追加で飲んで寝た。体を楽にして寝る意図があってのことである。

そのせいか、5時には目が覚めたものの、また寝てしまい、アラームで起きた。熟睡時間もちょうど3時間取れていて、あまり体調も悪くない。朝食が美味しく食べられた。

会社に行って、統計資料をメールで流し、別の雑務をしていたら、営業の課長さんから統計資料のこういうデータが欲しい、という連絡を受けた。かなり面倒くさいので、いろいろメールで質問をして、意図するところを探り、その後、それの実現のためにいろいろBIツールをいじっていた。今日1日はそれで終わった。

寝不足ではないので、あまり疲れは感じなかったが、つい飛ばし気味になるので、意識的に休みは入れた。合間合間に新しいマスターシステムの質問と回答を受け取っていた。

17時から打ち合わせで、「また定時に帰れないよ...」と思っていたが、打ち合わせそのものが15分で終わったので、定時で帰れた。

世界で最も価値ある企業第一位は?

BrandZ(ブランジー)による2019年の「世界で最も価値あるブランドトップ100」がこの度発表された。そのうち上位3位だけ書くと、第3位はGoogle。第2位は、Apple。これは前回と順位変わらず。ではトップ1はというと、Amazonが第1位を獲得している。Amazonは、前回の第3位からジャンプアップしての第1位である。この順位は、各企業の財務実績、業績の分析、世界中の消費者アンケートから集計しているという。なんか上位企業を見ると、アメリカ企業ばかりで、GAFA関係のように思えてしまうが、本当にその通りなので、シャレにならない。日本企業はというと、トヨタが第41位につけているのが最高。中国企業のテンセントとか、アリババの方がよほど順位が高い始末。(それぞれ8位と7位) 時代は変わったなと思ってしまう。日本企業の低迷と、アメリカIT企業の高ブランド化と、中国の台頭、まさに今を語るにふさわしい順位に思う。

2019年6月16日日曜日

2019年6月15日の睡眠と、16日の健康

昨日の夕方、ネットを見ていて、早く見終わったので17時半に夕食を食べてしまった。食後、芋焼酎を飲んでネットをだらだら見ていた。そのうちに実家から電話があったので、色々話をした。両親は風邪がなかなか治らないようだが、気分転換に一泊二日の旅行に行ったそうである。

電話の後、YouTubeを見ていて、20時になった時に入浴した。入浴後、「アド街ック天国」を見ながら、iPad Proでネットを見ていた。そして、22時に就寝した。

眠りはしばしば浅くなった。どうも夜中、涼しくなって、夏掛けだけではちょっと寒かったようで、それで目覚めていた。朝6時にはトイレに行きたくて、一旦起きたが、また寝てしまった。7時20分に目が覚めたが、まだ寝ていたくて、8時前まで寝ていた。流石に睡眠は十分に取れていて、気分はいい。

洗濯をして、朝食を食べ、部屋を掃除した。それから映画でも見るかと思った。ここのところ、マーベル映画をデジタル配信で見てきたが、今日は久しぶりに輸入盤Blu-rayで新作を見たくなった。それで、日本未公開のドキュメンタリー「APOLLO 11」を見ることにした。70mmフィルムで撮影された記録映画ということだったが、画質のすごさに驚いた。

映画を観終わって、外出した。株主総会の投票権を郵便に出し、TM NETWORK THE VIDEOSのディスク不具合の交換対応を出しにヤマト運輸に行き、スーパーで昼食と夕食と朝食を色々買った。

家に帰ってきて昼食を食べた。その後、映画の感想をネットに書き込んでいた。書き終わったら、レビューがないか探したが、日本未公開なので日本語のレビューはなかった。英語のレビューはあったので、Google翻訳で日本語に翻訳し、読んでいた。

映画「APOLLO 11」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、APOLLO 11(Blu-ray)/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。人類史上初の月面着陸を果たしたアポロ11号のドキュメンタリー映画がこの「APOLLO 11」である。1969年当時、どうも最初からドキュメンタリー映画を製作しようとして、当時の様子を記録していたのであるが、何らかの事情で製作されず、フッテージだけが保管されていた。それをアポロ11号月面着陸50周年を記念して、改めてドキュメンタリー映画として製作されたのが、この作品である。ドキュメンタリーを製作しようとしていたため、フッテージは70mmフィルムで撮影されていた箇所が多く、その精細感や解像度、色乗りなどは今回のBlu-rayでは、50年前の映像とは思えないほどハイクオリティな画像を提供している。音響はDOLBY DIGITAL 5.1chとジャケットにクレジットされているのであるが、実際はdts-HD MA 5.1chでの収録なので、音響の臨場感が素晴らしいものになっている。残念なのは、この映画が日本では未公開であり、今の所公開予定もないところにあると言える。輸入盤Blu-ray/DVDでしか見られないのは、作品の出来と相まって、もったいないことのように思える。70mmフィルムでの上映なので、日本では公開が難しいところもあるが、上映されることを祈りたい。なんと、この記事を書いた翌日の6月17日に、この長編ドキュメンタリーを再編集したバージョンが、7月から全国の博物館・科学館で順次公開というニュースも飛び込んできた。映写の関係からか、あまり便利のいいところでの上映はないようだが、それでもこの映画の一片をシアターで見られるというのは、良い兆候だと言えよう。

2019年6月15日土曜日

2019年6月14日の睡眠と、15日の健康

昨日の夕方、ネットを見終わってから、しばらくiPad Proをいじっていた。特に不自由なく使用できる。気分的には新製品を買ったようなものである。整備品とはいえ、ほぼ新品になったのは嬉しい。

17時半から夕食を食べ、食後にデザートを食べ、焼酎を飲んだ。それからAmazonに本の注文を入れた。昨日、天神の本屋に在庫があるか探しに行ったのだが、在庫がなかったので、Amazonに注文を入れた。

20時半に入浴を済ませ、22時過ぎには就寝した。朝4時まで寝ていた。4時にトイレで目覚めてしまい、起きた。でもまだ眠いので再度眠りにつき、7時半まで寝ていた。このくらい寝ていられると、体調も悪くない。

朝食後、輸入盤Blu-rayの新譜情報と、最新映画の予告編を見ていた。新作映画の評価がとても悪いのに、ちょっと笑った。多分アメリカのみならず、日本でもコケるだろうなと思う。

10時前に雨降る中、歯医者に出かけた。歯周病の治療のためだが、最近は糸ようじも使って歯のメンテナンスをしているので、歯石はあまりないと言われた。

歯医者の後、100円ショップで雑貨を買い、ファミレスで昼食を食べた。スーパーで夕食のおかずを買い、家に戻った。

昼からはTM NETWORKのライブビデオを鑑賞。なかなか楽しかった。

ビデオ観賞後、株主総会の討議の懸案の賛否をハガキに書いていた。いくつかの企業の株主なので、投票権がある。それを行使していた。

「WORLD'S END I・II Rhythm Red Live」(TM NETWORK THE VIDEO 1984-1994/Blu-ray)

TM NETWORKデビュー35周年記念のBlu-ray Box「TM NETWORK THE VIDEO 1984-1994」から、5枚目のディスクがこの「WORLD'S END  I・II Rhythm Red Live」である。当時、TM NETWORKというユニット名からTMNに名称変更した頃のライブであり、ハードロック指向のサウンドに驚きをもたらしたライブである。当時のVHS、レーザーディスクでは、「WORLD'S END I」と「WORLD'S END II」の別々の商品として販売されていたが、DVD化された時に一本化され、今回のBlu-rayも同様に一本化されている。「WORLD'S END I」は収録時間が30分程度と短いので、「Rhythm Red Live」のエッセンスだけ表現している映像作品になっている。フルで収録されている曲が少ないし、あまりメジャーな曲を収録していないところもそう感じる。「WORLD'S END II」は収録時間も長く、フル収録の曲ばかりか、TM NETWORK時代には行わなかったアンコールも収録されているのが、特徴である。また、ゲストで大江千里が登場しているのも、この映像作品の特徴になっている。ただ、今見ると意味不明のイメージ映像が所々あり、もっとライブ映像でもいいのにな、と思うところもある。映像は元素材はフィルムなのだが、今回のBlu-rayはビデオの元ソースであるSDビデオからのアップコンバージョンなので、シーンによってブロックノイズが散見される。明るい画面は割と画質はいいのだが、暗いシーンになると、かなり厳しい。音質はかなりいい。AVアンプのDOLBY SURROUNDモードで視聴したが、かなりイマーシヴな音響効果をもたらしていて、迫力はなかなかある。

2019年6月14日金曜日

2019年6月13日の睡眠と、14日の健康

昨晩、ネットを見ていて、Facebookで、映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」の応援チーム募集開始したことを思い出した。応援チーム募集の告知をした時には覚えていたのであるが、昨日は仕事の打ち合わせでそのことを忘れていた。それでFacebookで思い出したので、ネットで応援チームに応募した。5400円かかるが、名刺や名前が映画のエンドクレジットに掲載等あるようである。

入浴後、薬を飲んだら疲れがどっと出た。22時にベッドに横になると、体がものすごい疲労感に包まれた。すぐに眠りに落ちるかと思ったが、疲れすぎで眠りに落ちるのは時間がかかった。その後は、朝5時まではしっかり寝ていた。

朝5時にトイレで目覚めると、再入眠が難しくなった。それでもベッドの中にいて、7時半までなんとか寝ていた。熟睡時間は3時間15分で、今日は気分は悪くない。

会社が休みなので、朝はのんびりしていた。洗濯はしたものの、あとはネットをのんびり見ていた。天神に出かける予定があったので、天気予報を見ていたが、出かけている間は雨はなんとか降りそうもなかった。

10時に家を出た。天神にあるApple Storeで、ボリュームボタンの壊れているiPad Proの修理交換をしに行った。予約時間は11時10分だったが、10時50分に店に着き、予約してあることを告げると、11時には診断してもらった。自然故障ということで、修理代0円で、整備品に交換してもらえた。もちろん、Apple Care+に入っているからでもあるが。

Apple Storeの用事が終わると、少し早いが昼食にした。天神の新天町に、そこで働く人向けの定食屋がある。一般客も利用可能なので、僕もそこでゴーヤチャンプルー定食を食べた。ボリュームがあり、満足した。

その後、家に帰り、スーパーで夕食のおかずを買ってきた。そして、iPad Proのバックアップからの復元をした。流石に色々データが入っているので時間がかかった。でも、復元も終わり、元どおりになった。

ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」アベンジャーズとアトランタ(Netflix)

映画監督であり、俳優でもあるジョン・ファヴローが監督・出演を務める料理番組「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」のシーズン1の第2回目の配信は、アトランタを舞台にして、バーガーをメインの料理として調理、提供する様を描いている。ハンバーガーもあれば、エビバーガーもありで、どれも美味しそうな雰囲気がよく伝わってくる。そして、今回のゲストは、映画「アベンジャーズ」からロバート・ダウニー・Jr.、トム・ホランド、ルッソ兄弟、ケヴィン・ファイギが登場し、アトランタ料理を堪能しながら、主にトム・ホランドの「スパイダーマン」撮影秘話を紹介している。今回の料理は、イメージしやすく、いかにも美味しそうなバーガーが多数登場し、食べてみたいと思わせる内容になっている。ファヴロー監督の料理の腕前も結構すごく、マルチな才能を持っているなと思わせる内容になっているのが面白い。次の展開も楽しみである。

iPad ProをApple Care+で交換

僕はAppleの製品を購入するときには、必ずといっていいほどApple Care+に加入する。もちろん、2年は使う前提でもしもの時のために加入するのだが、実際はiPhoneなど1年で買い換えたりしているので、Apple Care+を使ったことがなかった。しかし、今日、使う機会が来た。実は1年ぐらい前から、iPad Pro 10.5インチモデルのボリュームボタンが故障していて、動作しなかったのだが、修理に出すのに躊躇があり、今日まで放置していたのである。音声ボリューム自体は、コントロールセンターでも調整可能だったので、使えないということがないのがあった。2017年7月に買ったiPad Pro 10.5インチのApple Care+の有効期限があと1ヶ月という状況になり、修理に出すことにした。Appleの場合、修理といっても実際は返品品や基盤不良品を整備して、外装と電池を新品にした整備品への交換になるので、1年前の時には整備品に交換になるのが嫌だった。2年使って、そろそろ整備品に交換してもまあいいかと思うようになり、ジーニアス・バーの予約を取って今日Apple Storeに行ってきた。Apple Storeでもボリュームボタンの不具合が確認され、無事整備品と交換になった。これで、またしばらくiPad Pro 10.5インチモデルを使用していくことができるようになる。先ほど、iTunesのバックアップからデータも復元し終わり、使える状態になった。今年はiPad Proの新型がリリースされるのかわからないが、買い換えた場合、故障している製品より、整備品の方が中古市場にリセールするのにいいだろうと思う。

2019年6月13日木曜日

2019年6月12日の睡眠と、13日の健康

昨晩、夕食後に洗濯物にアイロンをかけたため、ネットを見るのが遅くなった。しかも、迷惑メールフォルダにApple IDが凍結されたというフィッシングメールが届き、それの調査のためにiTunesでアカウントチェックしていたので、さらに時間がかかった。

そのせいで入浴は遅くなり、寝たのも22時半。最初は寝つきが悪かった。ただ、寝付いた後は結構熟睡できたようである。3時間15分という記録が残っている。

しかし、朝起きた時の気分の悪さといったらなかった。会社に行きたくない、起きたくないという気分。無理やり起きて、朝食を食べ、会社に行った。

午前中は体調が悪くて、あまり仕事はしていない。品番登録のテスト環境で練習したぐらい。そのほかは頭がぼーっとしていて、集中力に欠き、眠くて、落ち着いた状態になかった。午後、会社を早退しようかと考えたぐらい。午後は会議が二つあるから、無理して会社にいたが。

午後の会議も疲れた。それに、会社の事業再編で、福利厚生の一部が利用できなくなるので、申請書を出し直してくれという人事の要請に頭抱えた。結局今回は損するじゃないかと思いつつ、福利厚生の手当ての変更を依頼した。

夕方の会議のため、定時では家に帰れず。10分ぐらい残業した。残業で言えば、会社にはいつも30分定時より早く会社に着いているのだから、残業時間は40分ということになる。それでも、なんとか普段乗る電車に間に合った。明日は、会社全体が年休取得推奨日になっているので、のんびりする。

タランティーノ版「スター・トレック」はR指定に、企画進行中

世界中に熱狂的なファンを持つTVシリーズ「スター・トレック」。そのリブート版映画第4作目は、主役のクリス・パインと、クリス・ヘムズワースのギャラでもめて、企画が棚上げになったとされてきた。しかし、実はクエンティン・タランティーノが企画していた別のスター・トレック・リブート版は作業が動いていて、タランティーノ曰く「脚本はできている。俺がフィードバックをかけないといけない。」とイギリスのエンパイア誌に回答したことから、企画が密かに動いていたことが発覚した。しかもタランティーノ曰く「俺が作るのだから、スター・トレックでもR指定のバイオレンス満載、フォー・レター・ワード満載になる」ともいい、シリーズ初のR指定の作品になること間違いがないようである。この企画自体がどこまで本当に動くのか、完成するのかはまだ怪しい部分も多いのだが、タランティーノ監督の「スター・トレック」というのは、怖いもの見たさで見てみたいと思う。でも、いわゆる「スター・トレック」らしさは失われると思う。似たようなものでは「スター・トレック:ネメシス」的な、監督がスター・トレック世界に精通していない作品になるような気がする。でも、実現したら、絶対に面白いことになると思うので、先行きに注視したいと思う。

2019年6月12日水曜日

2019年6月11日の睡眠と、12日の健康

昨晩、夕食後にiPad Proの充電を行った。前回、充電スピードがおかしかったので、リセットをしたりして充電を行ったのだが、iPad Proのディスク容量がおかしくなったり、Wi-Fi同期ができなくなったりで、七転八倒していた。そのためにネットを見る時間が遅くなった。かつ、Facebookを見ていたら友人からの書き込みがリアルタイムで起きていたので、その対応をしていて、さらにネットを見終わる時間が遅くなった。

入浴後、迷っていたが、週末にApple天神に行くことにした。iPad Proのボリュームボタンが壊れているので、修理しようと思ったのである。Apple Careが7月で切れるので、そろそろ修理してもいい頃だと思った。ジーニアス・バーの予約を取り、iPad Proの修理依頼をかけることにした。

22時半にベッドに入ったが、なんか脳が興奮していて、23時まで眠れなかった。その後はそこそこ寝たような気がするが、熟睡時間は2時間35分とちょっと足りない。

朝は洗濯をしてから会社に行った。朝一番で課長を交えた打ち合わせで、頭が痛かった。打ち合わせ終了後、課題を出され、頭を抱えていた。

午後は午後で、管理職のおじさんと打ち合わせで、こちらも頭が痛い。神経すり減る打ち合わせばかりで辛い。

その後は、しばらく暇な時間になった。早退しようかなと思ったが、課内のメンバーに告知するタイミングを逃したので、結局定時まで会社にはいた。

定時で家に帰って、夕食を食べる。ニュースで香港の大規模デモの様子を放映していたが、香港に二回旅行に行った身としては、ちょっと動向が気になるところである。

アメリカのマーベルファンが「アベンジャーズ エンドゲーム」を110回鑑賞し、ギネス記録更新

今日のAFP=時事通信が伝えたところによると、アメリカのフロリダに住むマーベルのファンが、「平日は10時間働き、その後少なくとも6時間かけて2回、アベンジャーズ エンドゲームを見ている」とTwitterに書き込んでいることがわかったそうである。その劇場での視聴回数は110回を超え、「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の劇場での視聴回数103回を上回っていることが判明したことになる。「インフィニティ・ウォー」の視聴回数103回はギネス世界記録に認定されているが、「エンドゲーム」の110回視聴回数はギネス越えである。僕も2回までは劇場では見ているが、110回は到底無理。だいたい3時間2分というかなり長い上映時間、平日の夜に6時間かけて2回も見るなんて、相当のマニアじゃなければできることではない。記録は素晴らしいことだと思うが、上には上がいるのだなと、なんか驚く気持ちである。

2019年6月11日火曜日

2019年6月10日の睡眠と、11日の健康

昨晩、ネットを見て入浴後、しばらく起きていたら、Apple TVに第三者のiPhoneからのAirPlay接続要求が来ていて、少し驚くとともに、不気味に感じた。Apple TV自体に大切なデータが入っているわけではないから、不正アクセスされても問題は少ないと思うが、それでも不気味である。設定を少し変えてみた。

寝たのは22時20分。途中、トイレに行きたくて何回か目覚めたが、結局朝までトイレにはいかず、ずっと寝ていた。熟睡時間3時間12分だが、朝、起きた時の気分は悪い。寝足りない感じである。

会社に行って、体調不良で休んでいた課長が出社してきたので、会議の日程を設定し直した。その後は、何もしなかった。午前中は頭が重く、スッキリしなかったし、午後は眠くてうとうとしていた。そして、夕方は軽いアカシジアである。

定時で帰ろうとしたら、管理職のおじさんがBIツールの話を始めたので、帰りそびれた。それでも、なんとか普段乗る地下鉄には乗った。自宅近くの駅に着いた後、普段行かないスーパーに行って、夕食のおかずを買ってきた。普段行くスーパーは今日は休業だった。

Apple TVに第三者からのAirPlay接続要求がくる

昨晩、ネットを見ていた時、テレビもApple TVも消して、ラジオを聴いていた。ふと視界の隅が明るくなった。視界の隅にはテレビ画面があるので、テレビを見てしまった。すると、テレビとApple TVが起動していて、Apple TVは全く覚えのない第三者のiPhoneからAirPlayの接続要求が来ていた。第三者のiPhoneは、本名が丸分かりだったので、イタズラ程度のことのようだが、Apple TVに接続確認コードが表示されていたので、それを第三者が知ってしまったなら、Apple TVにAirPlayできることになる。できたからといって、何か僕の方に被害が被るとは思えないが。とはいえ、気持ち悪いので、Apple TVの設定を見直し、近くのデバイスからのAirPlay接続は拒否する設定にしておいた。自分のデバイスからのAirPlayは、多分使わないとは思うが、一応許可する状態にしておいた。それにしても、マンションの住人が増えるたびに、なんかこの手の不審な接続が発生するのは心臓に悪い。セキュリティを高めなければなと思ってしまう。

2019年6月10日月曜日

2019年6月9日の睡眠と、10日の健康

昨晩、夕食後に泡盛は飲まなかった。食事後、なんか横になりたかったためである。ラジオを消して、YouTubeをだたらだら見ていた。入浴は20時過ぎになんとか入った。

入浴後も気力がなくて、22時に就寝。しかし、日曜の夜の睡眠の質は非常に悪い。会社に行くというストレスが眠りを邪魔する。熟睡時間は1時間半で、何度も目を覚ました。6時にはトイレが我慢できなくなり、起きてトイレに行っている。

頭が重いまま会社に行った。課長が体調不良で休みなので、予定していた打ち合わせが飛んだ。それで、午前中、時々管理職のおじさんのBIツールについての質問に対応し、データを追加したりしていた。

午後は、アカシジアで少しきつかった。ロラゼパムを3錠服用し、なんとか楽になった。一時はうたた寝をしていたと思う。

17時から組合の会合。大幅な組織再編に対するヒアリングとのことだったが、予想以上に皆、批判的なので、そんなものかな、と思った。僕は賛成はしないが、なるようにしかならないというスタンスなので、あまり質問もないのだが、他の方は批判的な意見が結構飛び交っていた。

18時に組合が終わり、会社を後にした。今日と明日、スーパーが休みなので、今日はコンビニで夕食のおかずを買った。明日は、少し離れている別のスーパーに行ってみようかと思っている。

佐野元春、8月にビルボードライブ東京でアンコール公演

今日、 Motoharu News Networkが伝えたところによると、今年の3-4月に開催され、好評を博した「佐野元春 & The Hobo King Band 'Smoke & Blue 2019'」のアンコール公演がビルボードライブ東京でのみ開催されることがわかった。公演日は8月8日(木)で、2回公演とのこと。メンバーは、3-4月の時と変わりはなく、ドラム:古田たかし、Key:Dr.kyOn、ベース:井上富雄、ギター:長田進でバンド編成するとのことである。夏は佐野元春はいくつかのイベント出演をすることはわかっているが、この時点でビルボードライブのアンコール公演が開催されるとは、意外である。日程的に今回は見に行けそうにないので、諦めているが、きっとグッド・バイブレーションな演奏をすると思うので、行けるスケジュールの人は行ったほうがいいと思う。

2019年6月9日日曜日

2019年6月8日の睡眠と、9日の健康

昨晩、17時半から食事をしていたら、予想外に早く実家から電話がきた。まだ、白いご飯と味噌汁を食べている途中だったが、電話に出たため、電話が終わる頃には冷えてしまった。当然、まずい。

食後にYouTubeをだらだら見ていた。起きるのが嫌になったが、20時過ぎには入浴。22時には就寝した。

睡眠はしっかり寝た感じはしていたが、実際は熟睡時間が2時間45分で、ちょっと足りなかった。朝7時ぐらいに目を覚まし、トイレに行きたかったが、眠気が取れないので8時近くまでベッドの中にいた。それでも眠いままだった。

起きてからは洗濯をして、朝食を食べ、部屋を簡単に掃除した。その後、アイスコーヒーを飲んで、目を覚ました。ネットを少し見て、目が覚めるのを待った。

9時半ぐらいから映画を見た。今日もマーベル映画。「アイアンマン 2」をiTunes Moviesでレンタルで鑑賞した。日本語字幕だったので、非常に楽。レンタル代400円が高いか安いかと言われると、ちょっと高いと思うが、デジタル配信を買う気になれなかったので、まあいいかと思った。

映画鑑賞後に食料を買いにスーパーに行った。家に帰ってきてからは、昼食を食べ、映画のレビューを書いていた。

レビューを書いた後、なんか疲れたので、ベッドに横になったら昼寝をしてしまった。1時間ぐらい寝ていたようである。熟睡時間も15分取っている。起きた後も眠気は取れない。なんか疲れが取れない感じである。

映画「アイアンマン 2」(Apple TV/iTunes Movies)

レビューの詳細は、アイアンマン 2/Apple TVで観た映画のレビューを参照のこと。ロバート・ダウニー・Jr.の代表作である「アイアンマン」のシリーズ第二作目であるのが、この「アイアンマン 2」である。今回は、トニーの父、ハワードと共同でアーク・リアクターを開発していて、ロシアに亡命したヴァンコと言う男の息子であるイワンが、トニーに対して復讐を企てると言うのが物語の筋ではあるが、その割にはイワンの存在感が薄く、むしろスターク・インダストリーズに取って代わって軍に取り入れようとするハマーという男路の策略の方が目立つ、アンバランスな展開が特徴である。その他にもシールドの長官であるニック・フューリーと、その部下であるナターシャ・ロマノフの活躍とか、トニーの生命の危機だとか、トニーとペッパーの関係とか、トニーとローディの関係とか、結構話を詰め込みすぎの感があり、物語を崩している要因になっている気がする。作品的にはまあ水準の出来だし、今後のシリーズにつながる設定が色々詰め込まれているので、そこは興味深いが、第一作目に比べると、出来は今ひとつかなという気がする。それでも、アイアンマンが活躍すると、それだけでそこそこ楽しめるのが、本作の魅力かなと思う。

2019年6月8日土曜日

2019年6月7日の睡眠と、8日の健康

昨晩、家に帰ると気が抜けた。食事をとり、泡盛を飲みながらネットを見た。そして入浴をして、早いが22時には就寝した。疲れが溜まっていて、起きていられなかった。

睡眠は朝が遅かったので、比較的しっかりとれた。熟睡時間が4時間弱取れているので、朝の気分は悪くない。ただ、夢を見たことは覚えている。

7時半に起床し、洗濯をしてから朝食を食べ、輸入盤Blu-rayの新譜チェックと、新作映画の予告編鑑賞をしていた。その後、少しネットを見ていた。

9時半に病院に通院。今日はやけに病院が空いていた。主治医が病気のためか、今日も別の先生が診断。眠りの質が悪いことを伝えたら、「その眠りの質が悪いのが続くようなら、すぐに病院に来てください」と言われた。

病院の後、久しぶりに酒蔵まで足を伸ばした。来週が父の日なので、日本酒を送ってあげようと酒蔵まで行ったのだが、そのついでに自分が昼から地ビールを楽しむ、という目的もあった。気温はそんなに高くなかったが、湿度があるので、蒸し蒸ししていて、地ビールはうまかった。

酒蔵からスーパーまで戻り、夜のおかずを買って家に戻った。それからNetflixで「ザ・シェフ・ショー」を鑑賞。なんか変わった料理番組だった。

テレビを見た後、コーラを飲んで、その後、洗濯物にアイロンをかけた。それで、少し楽になった。

ドキュメンタリー「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい!〜」グウィネス・パルトロー/他(Netflix)

「アイアンマン」や「ジャングル・ブック」等の監督や俳優として知られるジョン・ファヴローが、料理人でファヴローの映画「シェフ/三ツ星フードトラック始めました」の監修をしたロイ・チョイと再びタッグを組んで、料理番組を製作したのがこの「ザ・シェフ・ショー〜だから料理は楽しい〜」である。2019年の第一シーズンは8エピソードで構成されているが、その第一回は、グウィネス・パルトロー他をゲストに迎え、数々の料理を作り上げていっている。特にグウィネス・パルトローとのコラボでは、「アイアンマン」にちなんで、ペッパー・ポッツという辛いスープを作り上げるところが面白い。映画「シェフ」の実写料理番組的要素もあり、美味しそうな料理が次々登場するので、結構楽しめる。30分程度の放送時間もちょうどいい長さである。音響は5.1chで収録されているようだが、実質ただのステレオ音声にしか聞こえないので、意味があるのかという気もする。今後もマーベル映画のキャスト、スタッフが出演するようなので、先が楽しみである。

2019年6月7日金曜日

2019年6月6日の睡眠と、7日の健康

昨晩、入浴後、充電していたiPad Proの充電状況を確認したら、ほとんど充電されていなかった。何かがおかしいのか、急速充電になっていなかった模様である。仕方ないので、充電しっぱなしで就寝することにした。

寝たのは22時10分。睡眠の質は昨晩も良くない。掛け布団に毛布を使っているのが体が熱くて眠れない原因かもしれないとは思っている。今晩は夏掛けで寝てみようと思うが、昨晩もしばしば眠りから覚め、熟睡時間は2時間17分と足りない状況だった。

会社に行って、昨日手付かずだった統計資料の作成を一応完成させた。ただ、課長にはまだ話していない。週末にまた突っ込まれるのが嫌だったからである。

その課長だが、今日の午後、会議することになっていた。しかし、急に「事業部長との打ち合わせが入ったから」と、会議時間の変更を要求してきた。別のメンバーもいるので、会議時間と場所の変更手続きは大変である。しかも、その会議は用は課長が自分で認識しておきたい内容を確認するだけのためで、僕的にはそんなことわかっている、という話で、無駄だった。

午後は、何もしなかった。少しうとうとしたかもしれない。夕方、管理職のおじさんが仕事をふってきて、ちょっと嫌な気分になった。仕事の処理自体は来週の月曜でもいいらしいので、月曜に処理することにする。

今日は、天気予報では大雨が降ると言っていたが、実際には雨は降らなかった。水不足が心配だが、雨が降らなかったので、通勤は楽だった。

スターバックス、消費税増税後も抜き価格は変えず

今日、Yahoo!ニュースを見ていたのだが、スターバックスは今年の10月に予定されている消費税増税後も、税抜き価格は変更がない方針だという。10月以降は、持ち帰りの客に対しては、8%の消費税を、店内で飲食する客に対しては、10%の消費税を適用するという。これは、お客がレジで商品を購入する際に質問をして、消費税の使い分けをするという。なんか、これだと、持ち帰りにして、近くの公園等で飲む客が増えそうな気もするが、店内でゆったりしたい向きには、少し税金が高くてもそちらを選択するという話にもなる。その前に、消費税増税後、しばらくは消費者の購入意欲が下がり、各店舗の売り上げは落ちるのではないかと思っているのだが。景気がまた(というか今でも景気がいいとは思えないが)落ち込むのでは、と予想される。

2019年6月6日木曜日

2019年6月5日の睡眠と、6日の健康

昨晩は、家に帰って夕食後、洗濯物にアイロンをかけていたので、ネットを見るのが遅くなった。そのアイロンかけの間に宅配便の受け取りもしている。ネットは全米興行収入の記事を読むのに時間がかかって、入浴するときには21時を回っていた。

寝たのは22時20分。睡眠の質は少し悪い。熟睡時間が2時間17分と足りていない。時々目を覚ましたし、熟睡感は少ない。

朝、支度をして会社に向かったのだが、駅に行く途中で「薬飲んだっけ?」と不安になり、一旦自宅に戻った。薬を飲んだことを確認し、再度出勤したが、それで出社時間は遅くなった。遅刻にはならないけれど。

午前中と午後の大半は、統計資料の作成。5月度の実績生データが出てきているので、作成中の資料も書き換えなければならない。それで、色々悩みながら、書き換えていった。一部、どう進めようと迷っている箇所もあり、そこは明日以降の解決、と放置した。

会議は午前と午後の2回あり、疲れた。会議は嫌いである。

午後、資料作成を中断した時、ちょっとウトウトしかけた。疲れが溜まっている。あと1日頑張れば休み。何とか乗り切りたい。

定時で帰宅。スーパーでシュークリームを買って帰った。疲れたので甘いものが食べたい。

映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」応援チーム募集延期

映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、「この世界の片隅に」の長尺版であり、2019年12月20日の公開を目指して、誠意製作中である。そして、「この世界の片隅に」で実施したクラウドファンディングの成功を受けて、今回の「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」では、応援チームを募集、有償だが応援チームに申し込むと、応援名刺カードの送付や、「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のエンドクレジットに名前が載るという特典がついてくる。その募集申し込み開始日が本来ならば明日、6月7日(金)の10:00からの予定だった。しかし、「この世界の片隅に」でクラウドファンディングをした人々の中に、「今回の応援チームには参加するが、エンドクレジットには名前を載せなくていい」という愛のある意見が数多く出てきた。それで、映画会社としては、システムを変更すべく、募集開始日を1週間ずらし、6月13日(木) 17:00からの申し込み受付になった。なんか、いかにもこの映画のファンらしい出来事だと思う。僕も今回の応援チームには参加しようと考えているので、こういう古参の方々の愛ある行為には感謝するところである。「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、なんと「スター・ウォーズ:ライズ・オブ・スカイウォーカー」と同じ日に公開というかなり厳しい初日を迎えることになるのだが、多分それなりに観客動員はするのだろうと思う。僕も今から公開が楽しみである。まずはその前に応援チームに参加しなくては。

2019年6月5日水曜日

2019年6月4日の睡眠と、5日の健康

昨晩は、夕食後に泡盛を飲んでいた。バリウム排出しきらない前の状態でアルコールを飲むのはあまり良くないようだが、ストレス溜まっているので、飲まざるを得なかった。

21時に入浴後、しばらく体を冷やし、22時30分に就寝。寝つきは良かったが、あまり熟睡できていない感じ。AutoSleepでは2時間半の熟睡時間と出ていた。

当然、会社には行きたくないが、体がまだ動くので、出社した。体が動かなくなったら、出社拒否しようかと思っている。

午前中、昨日まとめた統計資料を開示してから、ダラダラしていた。今日は課長と面談があるので、あまり重いものを抱え込みたくはなかったのである。ただ、新製品の品番登録が必要になり、面倒くさいと思いながら、処理していた。

課長との面談は15時過ぎから。組織の大幅改正に伴うヒアリングという位置付けだった。かなり大きな変更になるので、従業員に対してヒアリングをしているようだが、僕個人はあまり現状不安点や不明点は持っていない。日常毎日会社の仕事をこなすだけで精一杯で、組織変更による疑問点や不満点をあまり考え切れていないのである。ただ、希望だけは言っておいた。通るかどうかは別にして。

定時になり、家に帰宅。ニュースもブログで書きたいと思わせる内容のものはなくて、今日はこの日記だけ。しばらくこんな感じかも。

2019年6月4日火曜日

2019年6月3日の睡眠と、4日の健康

昨晩、夕食後にブログを書いて、Google Analyticsまでは先に見た。そこで20時になったので先に歯磨きをして、入浴を済ませた。昨日も書いたように、今日は健康診断だったので、21時以降絶飲、絶食なので、メンタルの薬を21時ちょうどに飲むには、20時に入浴を済ませる必要があった。当然、昨晩は泡盛を飲んでいない。

21時ちょうどに薬を飲み、その後、しばらくネットを見ていた。喉は乾いてくるのだが、健康診断のため、水も飲めない。それで、22時ちょうどに就寝した。

睡眠の質は、そんなに悪くない。熟睡時間は2時間半と少々足りないし、時々目も覚めた。それでも朝の起床時の気分はそんなに悪くない。歯磨きと洗顔だけ行い、会社に行った。

9時から健康診断。一番嫌なのは、バリウムを飲む胃の検査ぐらいか。それでもバリウムを飲むのも楽になったと思う。45分ぐらいで健康診断は終了した。

10時半から課内の会議。組織再編の話を中心に話していった。若干だが、希望も出てきた。あくまで理想論での希望なので期待はしないほうがいいが。

午後は、普段の統計資料を作っていた。16時までかかった。それで疲れてしまい、あとは何もしなかった。

バリウムを排出するのに水を大量に飲んだが、会議があってトイレに行けなかったり、胃が痛かったりと散々である。明日の排便で残りのバリウムが出てくればいいかなと思っている。

WWDCでmacOSからiTunesが消えることが発表

5月の半ばぐらいからだろうか。今年のAppleのWWDC(世界開発者会議)で、macOSのiTunesが廃止されるのでは?という憶測が流れ始めた。その話を聞いた時、「iPhoneやiPadの同期やバックアップはどうするのか?」と疑問に感じていた。僕は、今の時代でも、iPhoneやiPadのバックアップをiTunesで取り、アップデートもiTunesで行なっていたからである。そして、今日未明、WWDCは開催され、基調講演でiTunesは、Apple Music、Podcast、Apple TVの三つに分割されることが正式に発表された。で、僕が気になっていたのはiPhone、iPadの同期等の機能はどこが担当するのか、ということである。新しいmacOS Catalinaでは、Finderがその役割を果たす、ということである。その辺の話を聞いて、一安心したものだが、iTunesが今までの役割を終えて、次のステップに移行するのだという感触を得ている。僕はFinderがiPhone、iPadの同期などを担当するのは、理にかなっているように感じる。その辺は、この秋、正式にリリースされた時に楽しんでみようと思う。

2019年6月3日月曜日

2019年6月2日の睡眠と、3日の健康

昨日は夕方、早くにネットを見てしまい、夕食も早く終えた。その後はベッドに横になっていた。本をだらだら読んで過ごした。ただ、ベッドに横になると、眠くなるので、20時過ぎには入浴し、22時には就寝した。

睡眠はいつもの日曜の深夜の質で、あまり良くない。熟睡時間は2時間半で、途中何度か目覚めた。特に朝5時過ぎに目覚めたあとは、あまり眠れなかった。右の鼻が詰まって息苦しいのと、深い眠りに戻れなかったのが、眠れない要因である。

6時34分にトイレで起きてしまい、そのまま起きた。洗顔をして、朝食を食べ、会社に行った。朝の満員の通勤電車は息苦しかった。

会社に着いて、雑務を先にこなし、統計資料の作成をしていた。ただ、調子が思わしくなく、気力が出なかった。無理して作業していたが、昼前にアカシジアに襲われ、その後、数時間、苦悶していた。

苦悶していた時間は、休憩室でiPad Proでレーシングゲームをして気を晴らしていた。なぜかレーシングゲームをプレイすると、アカシジアが楽になるのである。ただ、今日のはしつこかった。ロラゼパムを5錠飲んで、ようやく症状は軽快した。

管理職のおじさんと、仕事の話をしていたが、今日はあまりイライラしなかった。ただ、僕が作っている統計資料へのアドバイスはあまり聞かないことにした。おじさんのアドバイスを聞いて取り入れても、課長が「だめ」と言えばそれまでなので。

定時になり、帰宅する。明日は朝から健康診断があるので、お酒は第三のビールだけ、食事はきちんと取り、このあと入浴を先に済ませる予定である。

「アベンジャーズ エンドゲーム」世界興収27億ドルを越す

劇場公開から1ヶ月が過ぎ、次々と新作映画が公開される中、「アベンジャーズ エンドゲーム」は世界興行収入がこの週末で27億ドルを突破した。しかし、歴代一位の「アバター」には、まだ、7500万ドル及ばない。映画批評家の間でも、「アバター」を抜くのは微妙に厳しいのでは、と言われている。アメリカ国内に至っては、「スター・ウォーズ:フォースの覚醒」に1億6千万ドル足りない。こちらは記録を抜くのは無理っぽい感じである。大ヒットを記録している「アベンジャーズ」であるが、流石に歴代の一位の映画と対峙すると、その偉業に対することができない状況のようである。今回の「アベンジャーズ エンドゲーム」が「アバター」や「スター・ウォーズ」の記録を抜けないならば、当分この記録は破られないだろうと言われている。個人的には記録を作って欲しいとは思っているが、すでに2回劇場で鑑賞し、イギリス盤のスチール・ブック仕様のBlu-rayも予約入れている身としては、これ以上応援できない。あとは数字がどう動くか、見守るだけである。

2019年6月2日日曜日

2019年6月1日の睡眠と、2日の健康

昨日の夕方、ネットを早くに見てしまい、食事も17時半にとってしまった。食後、泡盛を飲んで、その後、実家に電話した。しかし、父が体調不良で寝込んでいるということから、母と話をするぐらいだった。会社の体制変更の話はしたものの、母にはあまり理解されない状況だった。

電話のあと、YouTubeを見ていたが、20時には入浴した。21時から「アド街ック天国」を見ようとしたら、テニスの中継していたので、結局テレビを消してAmazon Echoで土岐麻子の曲を聴いていた。

寝たのは22時で、最初になんかの夢を見た。途中で目が覚め、時刻を見ると深夜1時半。また寝てしまった。朝も7時前に一度目覚めたのだが、その後30分ぐらい寝ていた。トイレに行きたくなければ、まだ寝ていたと思うが、トイレに行きたかったので7時半に起きた。

朝は洗濯をして、朝食を食べ、部屋の掃除をした。それから睡眠状態をチェック。昨晩は久しぶりに熟睡時間3時間を確保できた。そのせいか、少し頭がぼーっとしていた。

映画は見ようと、9時から「インクレディブル・ハルク」をAmazon Prime Videoで鑑賞。日本語字幕付きなので、鑑賞は楽だった。昔、輸入盤DVDで見た映画だったが、すっかり内容を忘れていたので、結構面白く見ることができた。

映画を観終わってから、スーパーに昼食と夕食の買い出しに行った。昼食はカツ丼の誘惑があったが、夜のおかずにメンチカツを買ってしまったので、カツ丼は諦めておにぎり&いなり寿司セットにした。

午後、家にいるのもつまらないので、久しぶりに本屋に行ってみた。特に欲しいという本もなかったが、本屋で本の棚を物色していたら、「マーベル・シネマティック・ユニバース」の解説本があったので、それを購入してきた。ホームシアターで再見しているので、タイミングはいい。

映画「インクレディブル・ハルク」(Apple TV/Amazon Prime Video)

レビューの詳細は、インクレディブル・ハルク/Apple TVで観た映画のレビューを参照のこと。ハルク単独の映画は、2003年のアン・リー監督版と、今回鑑賞した2008年のマーベル・シネマティック・ユニバース版の2種類ある。アン・リー監督版は未見であるが、ファンからの評判はかなり悪く、なかったことにしたいらしい。2008年のマーベル・シネマティック・ユニバース版は、他のマーベル・コミックとのクロスオーバーな要素が強く、ラストでアイアンマンことトニー・スタークが登場したり、そもそもハルク誕生のための実験は、キャプテン・アメリカ誕生の実験となったスーパー・ソルジャー計画の再開という設定だったりと、他のシリーズを知っていると、より楽しめる映画になっている。この作品は、「ハルクが暴れるシーンがあれば面白いだろ?」と言わんばかりのハルク暴走シーンが多く、確かに面白いところはあると思う。その分、ブルース・バナーの苦悩ぶりは多少スポイルされている感もなくはない。ブルースと恋人のベティとの関係も、あまり深い描き方になっていないような気がする。そういう面はあるものの、映画的には興奮できる作品になっていると思う。

2019年6月1日土曜日

2019年5月31日の睡眠と、6月1日の健康

昨日、会社を出たのは定時から20分ぐらい経っていた。そのため、地下鉄に乗る時刻も遅くなり、スーパーに寄って食材を買って家に帰ったら、7時のNHKニュースは途中からになってしまった。

夕食にビールを飲み、ストレスを発散させる。別に昨日は課長に叱られたわけでもないから、そういうフラストレーションはないが、会社の体制については悩みどころだった。普段通りネットを見て、入浴し、22時には就寝したが、あまり眠りの質は良くなかった。何回か目覚め、朝も7時前に起きてしまった。熟睡時間も2時間と明らかに足りない。ただ、気力だけはあった。

朝起きてから洗濯をして、朝食を食べ、輸入盤Blu-rayの新譜情報と、最新映画の予告編チェックをした。その後、TM NETWORKのライブBlu-rayを見るかと、テレビやAVアンプ等を起動させ、2時間半のライブビデオを鑑賞した。気力だけはあったので、最後まで楽しむことはできた。

ビデオを見た後、家を出た。昼食を外の食堂で食べようと思った。少しずつ暑くなってきたので、冷たいうどんかそばが食べたいな、と思い、うどん屋に行った。そこでぶっかけうどんを食べた。満足である。

昼食後、スーパーで夕食のおかずを買い、家に帰った。その後、昼寝をしようとベッドに横になったが、うたた寝しかできなかった。熟睡時間改善はできなかった。

起きてからコーラを飲み、洗濯物にアイロンをかけていた。その後、Amazonのタイムセールをちょっとチェック。4Kテレビがセールに出ていたので、スペックを確認したが、僕が欲しい機能はない型落ち品だったので、見送ることにした。

「CAMP FANKS!! '89」(TM NETWORK THE VIDEOS 1984-1994/Blu-ray)

TM NETWORK THE VIDEOS 1984-1994の収録ビデオのうち、ディスク4にあたるのが、この「CAMP FANKS!! '89」である。これが特徴的なのは、VHS/レーザーディスク/DVDでリリースされていた「FANKS the LIVE」シリーズの「CAMP FANKS!! '89」とは内容が別物で、2014年にTM NETWORKデビュー30周年を記念してリリースされた「CAROL DELUXE EDITION」に同梱された「CAMP FANKS!! '89 at YOKOHAMA ARENA 2014 EDITION」をBlu-ray化したものである、ということである。なので、DVD等でリリースされたものとは別の日の収録、別の編集になっていて、DVD等の処分ができない事態になっている。今回の「CAMP FANKS!! '89 at YOKOHAMA ARENA 2014 EDITION」は、1989年8月30日に開催された「CAMP FANKS!! '89」のライブ全編を収録したものである。この日の公演の模様は、会場となった横浜アリーナだけでなく、全国のホールで通信衛星による映像配信が行われており、その素材が見つかったことによるビデオ化である。DVD等の「CAMP FANKS!! '89」が1時間程度の編集でかつ「CAROL」パートが完全に切り捨てられていたのに対し、今回のディスクは、ノーカットになっているので、「CAROL」パートが収録されているのが、ポイントである。通信衛星による配信の素材なのでSD解像度で、Blu-rayのスペックで完全に再現されているとは思えないが、色乗り等はそんなに悪くはない。音質はマスターが良好なせいか、楽器の分離度が高く、よく聞こえるし、迫力もある。コンセプトアルバム「CAROL」のライブ再現と、アルバム「DRESS」をメインにしたライブはかなり乗れる曲が多く、十二分に楽しめる作品になっている。