2019年11月12日火曜日

映画「この世界の片隅に」公開3周年を記念

今朝、通勤時にTwitterを見ていて気付いたのだが、今日、11月12日は、2016年の同日に「この世界の片隅に」が公開されてから、3周年を迎える日だった。僕は世間の評判を聞いてから見たので、3年前の12月末に見に行った記憶があり、どうしても11月が公開日という意識が低いのだが、それでももう初めてこの映画を見てから3年の月日が経っているのである。考えたら、最近の映画の中で、この映画ほど回数を見た映画はないのではないかと思う。大抵は1回、多くて2回という映画が多い中、「この世界の片隅に」は5-6回も見ている。そして、この12月20日には、長尺版の「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」がここ福岡でもユナイテッド・シネマ キャナルシティ13で公開されることが決まった。この日はなんと「スター・ウォーズ:スカイウォーカーの夜明け」も公開されるので、どちらを見るか悩んでしまうが、今の心情では「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」かなという気がしないでもない。「スター・ウォーズ」はジョージ・ルーカスが脚本も監督もしない段階で、すでに別のシリーズになっているという感が強いのである。先行上映版を見た人からは絶賛の声も上がっているし、しばらくまた、「この世界の片隅に」の世界観に浸ってみようかなと思う次第である。

0 件のコメント:

コメントを投稿