2019年11月28日木曜日

Apple、AirPods Proの生産台数を「月産200万台」に引き上げ

Appleが10月末に発売したAirPods Proの販売が好調だという。現在、AirPods Proの月産台数は100万台程度だというのだが、受注が大幅に積み上がっているとして、生産委託先に月産200万台に引き上げるよう指示したというニュースがForbesの記事にあった。実際、日本での受注状況は、Apple Online Storeで今注文してもクリスマスには間に合わない状況である。もちろん、実店舗のApple Storeには若干ながら入荷が続いているようで、朝のピックアップに間に合えば、クリスマス前に入手することも可能ではあるが、期待はできない。僕は既に書いているように10月29日の朝に注文したので、11月1日に入手できて、すでに楽しんでいるが、ノイズキャンセリング機能の恩恵は存分に預かっている。通勤時に地下鉄の騒音で音楽が聞き取れないことが多かったのだが、それがノイズキャンセリング機能で打ち消されて、音楽を純粋に楽しんでいる。何より、Appleのエコシステムの一つとして、接続が簡単になっていることも、使い勝手の良さを示している。音質は特にいいとは思わないが、悪いわけでもない。こんな感じかなというレベルまでは上がっている。買い増しや買い替えを考えている人は、早めの行動をとった方がいいであろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿