2019年12月15日日曜日

映画「キングコング:髑髏島の巨神」(輸入盤Blu-ray 3D)

レビューの詳細は、KONG:SKULL ISLAND(Blu-ray 3D)/キングコング:髑髏島の巨神/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。11月に「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」という「モンスターバース」シリーズの第三弾を見てしまったので、後追いのつもりで第二弾の「キングコング:髑髏島の巨神」を輸入盤Blu-ray 3Dで鑑賞したのだが、なんかストーリーに見覚えあると思ったら、2017年にIMAXシアターで一度鑑賞していた映画だった。しかし、ホームシアターで鑑賞したこの映画は、そこそこ面白く、クリーチャーたちが画面狭しと暴れまくるシーンは、3D効果もあって、迫力あるシーンに仕上がっている。キングコングといえば、人間に捕まり、見せ物にされるシーンからニューヨークで暴れまくるシーンが有名だが、この映画は髑髏島で大暴れをするだけで、焦点はキングコングを始めとしたクリーチャーたちに襲われる軍隊が、どう生き延びていくかを描いたパニック映画にあると言える。有名俳優を起用して、クリーチャーたちとの戦いを描くことで、物語の面白さを上げていると思う。ラストで今後の展開を予感させ、期待を膨らませる。映画の出来はそこそこだが、3D効果とサラウンドの効果が高いので、その分楽しみが上がっている。

0 件のコメント:

コメントを投稿