2020年2月15日土曜日

「スター・トレック:ピカード」第1シーズン第4話

あらすじ

ピカードはラフィ達と共に宇宙へと旅立った。マドックス博士のいるというフリークラウドに向かう予定だったが、ピカードはかつて救出したロミュラン人の住む移住惑星にコースを変えていた。ピカードはかつて交流を持っていたロミュラン人のエルノアという子供の手助けが必要と悟ったからである。移住惑星に着いたピカードは、強力な防衛システムの中を潜り抜け、地表に転送されるが、ロミュラン人等は態度を硬化させていた。その中で成長したエルノアと再会し、彼の協力を頼む。その頃、遺棄されたボーグ・キューブの中でソージは、同化されたロミュラン人から「破壊者」と呼ばれたことに思考を巡らせていた。ピカード等は、ロミュランの防御システムから攻撃を受け始めるが、意外な応援者が登場し、ピカードを助ける。

感想

物語は、ピカードとロミュランとの交流とまた、敵としてとの戦いに焦点が絞られていく感がある。物語が冒頭でまず14年前のロミュラン救出に関する話を描くことで、過去のピカードの行動と、現在の行動に一貫性を持たせることに成功していると思う。その中でも新キャラが次々登場し、ピカードと行動を共にしていく様はエキサイティングである。そして、このエピソードのラストで意外なキャラが登場する。それも過去の「スター・トレック」からのレギュラー・メンバーで、「ここで登場するか!」と驚かされること請け合いの登場である。徐々に物語が明確化していくことで、話の行き着く先がベールを剥がしつつあるのは、楽しいことである。

0 件のコメント:

コメントを投稿