2020年2月2日日曜日

映画「コンテイジョン」(輸入盤Blu-ray)

レビューの詳細は、CONTAGION(Blu-ray)/コンテイジョン/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。2011年公開の映画だが、2-3日前にニュースで話題になっていたので、今回視聴する気になった作品である。ニュースになったのは、2020年2月現在、中国・武漢を中心に発生している新型コロナウイルスのニュースを受け、iTunes Moviesでレンタルが急上昇している映画が新型ウイルスに対応を迫られるCDC等の人々の行方を描いた「コンテイジョン」である、と出ていたのを受けて、「そう言えば輸入盤Blu-rayを買ったものの見ていないな」と思って視聴したのである。映画は香港で発生した新型ウイルスが世界各地に広がり、WHOやアメリカのCDCがウイルスを解明しようと悪戦苦闘する様を描いたものになっていて、今まさに新型コロナウイルスが流行っている中、映画で描かれた内容がリアリティを持って描かれているのが、特徴である。特に感染源が新型コロナウイルスと映画の新型ウイルスともに同じような設定になっているところが映画に真実味を持たせている感じがする。豪華スターが出演しているが、あっという間にウイルスに感染して死んでいったりするので、その点でもリアリティがある。タイミングとしては今見るのにふさわしい映画ではないかと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿