2020年3月7日土曜日

「スター・トレック:ピカード」第1シーズン第7話

あらすじ

元ボーグのブルーの手助けによりピカードとソージは、ボーグ・キューブから転送で惑星ペネンテに移動する。そこにはかつてのクルーがいて、ピカードが窮地に陥っていることを察知し、ピカードとソージを匿う。一方ラフィたちはボーグ・キューブのトラクター・ビームに囚われていたが、ピカードの行方を追うため、開放する。そして、ネリスが彼女たちの追跡を行う。ラフィたちはナレクの追跡をかわそうとするのだが、連邦の提督になっているロミュランの士官がジュラティ博士に追跡装置を飲み込ませたため、ラフィたちはナレクの追跡をかわせなかった。ソージは、自身がアンドロイドであるという事実を知り、誰も信じられなくなってしまったが、次第にピカードを信用するようになる。ボーグ・キューブ内ではロミュランがブルーを尋問していたが、エルノアが彼を救い出す。そして、ブルーたちはボーグの転送装置に細工をしようとしていた。

感想

今回のエピソードは、ピカードがかつてのクルーと再会するという大きなイベントが物語の骨子である。まさかの登場に、見ている視聴者としては涙を浮かべずにはいられないのではないかと思う。そのクルーも当然歳をとって家族を持っているのだが、ピカードを信用し、彼とソージを匿うという展開が物語を面白くしている。クルーの子供がソージの心を解き放っていくのも、物語的に面白いところである。その一方でジュラティ博士の秘密が少しずつ明らかにされ、彼女が抱えている問題が今エピソードで重要な展開を描いているのが、もう一方の骨子である。ボーグ・キューブに残ったエルノアとブルーの動きも興味あるところだが、ブルーに悲劇が起こるところは、残念で仕方ない。

0 件のコメント:

コメントを投稿