2020年6月25日木曜日

スマートフォン用アプリ「感染者接触アプリ」が1週間で434万回ダウンロード

先週の金曜日の午後、スマートフォン用の新型コロナウイルス感染者接触アプリがリリースされた。当然僕はインストールしている。それから1週間が経過したわけだが、1週間で434万回のダウンロードを記録しているという。日本の感覚で言えば、結構多いのかなと言わざるを得ない。もちろん、アプリにバグはあるし、開発者が批判を苦にして開発から降りる、と言い出したりで、先行きが芳しいものではない。それでも、開発者がわずか3週間でこのアプリを生み出したことは、称賛に値すると思う。批判されるのは、開発者ではなく、政府であろうというのが僕の見解である。なぜなら、リリースしたのは政府だからである。今のところ、特に感染者に接触したという通知は来ていない。通知が来ないというバグもあるのだが、毎日アプリを立ち上げ、確認をしているので、今のところは安全であると言える。このアプリが改善されて、より多くの人に使われることを願う。それが、新型コロナウイルスに対応する策だと思うからである。

0 件のコメント:

コメントを投稿