2020年6月20日土曜日

映画「若草物語(1994)」(Apple TV 4K/iTunes Movies/4K UHD)

レビューの詳細は、若草物語(1994)(4K UHD/iTunes Movies)/Apple TVで観た映画のレビューを参照のこと。今現在、劇場で「ストーリー・オブ・マイ・ライブ/わたしの若草物語」が公開されているが、原作が同じ「若草物語」で、1994年にウィノナ・ライダーやクレア・デインズ、キルスティン・ダンスト、スーザン・サランドンなど有名女優を起用した製作されたのが1994年版の「若草物語」である。古典的小説が原作のため、すでに何回か映画化やテレビドラマ化されている作品ではあるが、今回、この1994年版がiTunes Moviesでバーゲンセールをしていたので、購入をして鑑賞に至った次第。舞台がアメリカの南北戦争時代で、4姉妹が健気に生きていく様を描いた物語なので、あまり大きな事件もないし、淡々と進んでいく。それでも、物語には引き込まれる何かがあり、原作の出来の良さと、映画の出来の良さを兼ね備えているような感触はある。特に作家を目指すジョー役のウィノナ・ライダーの演技は、見応えがあり、彼女が主役であると言ってもいいだろう。4K UHDで配信されていることも購入に至った要因であるが、シーンによってばらつきはあるが、高解像度を誇るシーンは目が覚めるようなシーンになっている。また、DOLBY VISIONで収録されているので、雪のシーンや新緑のシーンでは鮮やかな色彩をしている。音響はDOLBY DIGITAL 5.1chではあるが、台詞主体の映画であることもあって、そんなにサラウンド感は出ていない。それでも環境音がサラウンドする様子は味わえる。

0 件のコメント:

コメントを投稿