2020年7月11日土曜日

映画「グレイハウンド」(Apple TV 4K/Apple TV+/4K UHD)

レビューの詳細は、グレイハウンド(4K UHD/Apple TV+)/Apple TVで観た映画のレビューを参照のこと。リンク先レビューでも書いたが、この「グレイハウンド」という映画は、もともと2020年のサマーシーズン映画として制作され、劇場公開される予定だった。しかし、新型コロナウイルスの影響で劇場が閉鎖され、新作映画の上映そのものが成り立たなくなり、配給会社のSONYは劇場上映を諦めて、ネット配信業者に映画を売却することになった。その争奪戦の結果、コンテンツ不足に悩むAppleが巨額の費用を投じて購入し、自社のプラットフォームであるApple TV+で7月10日から全世界同時配信を開始したというのが、この映画を自宅で見るきっかけになった顛末である。第二次世界大戦の史実をもとにした映画で、人気俳優のトム・ハンクスが主演と脚本を務めただけあって、トム・ハンクスの活躍ぶりがよくわかる映画に仕上がっている。上映時間も91分と短く、余計な人間ドラマは廃して連合国の輸送船団対ドイツ軍のUボートの死闘に焦点を絞った明朗な映画に仕上がっている。Apple TV+なので、映像は4K UHD/DOLBY VISIONでの提供になり、冬の大西洋の冷たさがよく現れた映像に仕上がっている。また、音響もDOLBY ATMOSなので、戦闘シーンなどで四方八方から砲撃音が聞こえ、荒波の飛沫音などもリアルに聞こえるようになっている。Apple TV+に加入している人にはおすすめの映画である。

0 件のコメント:

コメントを投稿