2020年8月11日火曜日

「マンダロリアン」第1シーズンチャプター6:囚人

あらすじ
マンダロリアンは、かつての仕事仲間に呼び出される。囚人船に囚われている人物を救出する仕事を依頼され、他のメンバーと紹介し合う。その中にはかつての仲間もいて、信頼感はほとんどなかった。ドロイドの整備により、マンダロリアンの船はコントロールされ、新共和国の囚人船に接近し、囚人を助け出す手筈を整える。しかし、新共和国の囚人船は緊急信号を発令し、マンダロリアンたちに時間がなくなった。そして、救い出した囚人もマンダロリアンのかつての仲間で、マンダロリアンが逆に囚人にされてしまう。その危機的状況から、マンダロリアンの反撃が始まる。

感想
今回のエピソードは、マンダロリアンのかつての仕事仲間がマンダロリアンに囚人を解放するよう依頼する話で、マンダロリアン一人ではなく、チームで囚人解放に努める話である。そのチームは当然ながらお互いに信頼感はなく、誰が裏切ってもおかしくない状況である。そんな中、マンダロリアンが裏切られて囚人になり、そこからどう逆襲するかが、今回のハイライトであると言える。物語ラストで共和国のXウイングが登場するのは、結構興奮する。「スター・ウォーズ」の世界観が広がっている感覚を覚える。

ワーナー・メディア、600人を解雇 ホームエンターテインメント事業に大きな影響か

つい先日、ディズニーが4K UHD Blu-rayの北米での発売予定がないことを報じていたTHE DIGITAL BITS、この月曜に新たな火種を持ち込んできた。ソース元はDeadlineというアメリカの業界紙で、新型コロナウイルスの影響で経営が苦しくなり、ワーナー・メディアの幾つもの事業部から計600人もの社員を解雇するという。当然その中にはホーム・エンターテインメント事業も含まれており、事態は深刻である。今後の4K UHD Blu-rayや通常のBlu-ray、DVDに至る物理メディアのリリースが止る可能性すらある。ディズニーの場合、日本の仕様の悪さは別にして、Disney+で配信サービスも行っているから、そちらに注力すると取れるのだが、ワーナー・メディアはまだ北米地域でHBO MAXという定額ストリーミングサービスを始めたばかり。しかも月額料は高く、仕様も日本のDisney+と同じHD+2ch Stereoとユーザーから不満の声も上がっている。物理メディアの終焉にしては、タイミング悪すぎると言える。もちろん、現状決まっているのは、600人の解雇のみで、その他事業についての見解は明らかにはなっていないが、しばらく情報に注視する必要があるだろう。

2020年8月10日月曜日

「マンダロリアン」第1シーズンチャプター5:ガンファイター

あらすじ
ベイビー・ヨーダを連れて銀河を逃亡するマンダロリアンに対して、賞金稼ぎが執拗な攻撃を仕掛けてくる。その賞金稼ぎを倒したマンダロリアンは、船の修理のためタトゥイーンに降り立つ。船の修理とベイビー・ヨーダの世話には巨額の費用がかかるため、マンダロリアンは仕事を探す。そのマンダロリアンにトロという若者が仕事の話を持ちかける。フェネックという傭兵に対してギルドが賞金をかけていて、フェネックはタトゥイーンにいるらしい。一緒にフェネックを捕まえないかというトロの話にマンダロリアンは乗る。そして、フェネックを捕まえるために二人は旅立つ。

感想
第1シーズンのチャプター5で、いよいよルークやアナキンの出身地であるタトゥイーンが舞台として登場し、ファンの期待を膨らませるが、特に「スター・ウォーズ」本編との絡みもなく、トロとマンダロリアンがフェネックを捕らえるために動くという展開が、今回のエピソードである。トロが未熟者であるように描かれながら、実は後で想定外の行動をとるというのは、物語的に面白い。フェネック確保の下りも手に汗握る展開である。物語でタスケン・レイダーが登場するのは、興味を引く展開である。物語冒頭の宇宙船同士の戦いも、マンダロリアンの危機を示していて、リアリティを感じる。この後、どういう展開になるのか、関心を引かせている。

2020年8月9日日曜日

イギリスの小売店ZAVVIで、「マン・オブ・スティール」の4K UHD Blu-rayのスティールブック予約中

僕は、時々イギリスの小売店、ZAVVIという店で輸入盤Blu-rayを買うことがある。Amazon.co.ukで売っていない商品を買う際に使うのだが、ここの店の特徴として、輸入盤Blu-rayのスティールブックケース仕様のものが限定発売されるところにある。THE DIGITAL BITSというアメリカのBlu-ray情報サイトで、金曜日にザック・スナイダー監督の「300」の4K UHD Blu-rayのスティールブック仕様のものが限定予約受付している、とあったのでZAVVIで検索をかけたが、すでに売り切れだった。そのTHE DIGITAL BITSが土曜日の情報として、スーパーマンの映画である「マン・オブ・スティール」の4K UHD Blu-rayのスティールブック仕様のものが予約受付中とあった。それで、再びZAVVIを覗いてみると、今回はまだ予約受付中で、注文できることがわかった。この作品もザック・スナイダー監督の手によるものである。それで、早々に予約注文の手続きをした。この記事を書いている8/9 12:00現在はまだ、予約受付中のようである。イギリスの小売店なので、4K UHD Blu-rayに日本語字幕・吹き替えは入っていないようだが、輸入盤Blu-rayコレクターの方は、注文する価値があると思う。

「マンダロリアン」第1シーズンチャプター4:楽園

あらすじ
ベイビー・ヨーダを引き連れ逃亡の旅を続けるマンダロリアンは、辺境の惑星に到着する。その惑星はスペース・ポートもなく、商業施設もないため、隠れるのには最適と思われた。その惑星でマンダロリアンは一人の女性兵士と出会う。その女性は、帝国軍の残党狩りをしていた。マンダロリアンは辺境の惑星の村に住む若者から助けをこう。その辺境の村に略奪者が現れ、村は被害を受けていた。マンダロリアンは、その村が隠れるには最適と判断し、女性兵士と共に村に赴く。しかし、調査の結果、帝国軍のAT-STウォーカーが略奪者の手にあることを知り、マンダロリアンと女性兵士は略奪者撃退の作戦を練る。

感想
ベイビー・ヨーダと共に逃亡の旅を続けるマンダロリアンが、隠れるのに最適と判断し、女性兵士と共に移動した村で、略奪者から村を守る戦いをするのが、今回のエピソードの中心である。その戦いに帝国軍の痕跡が残っているのが、話のポイントでもあり、「スター・ウォーズ」オリジナル三部作で倒された帝国軍が、まだ力を残している様子が見え隠れする。ベイビー・ヨーダを隠すのには最適と判断した村にも追手は来ていて、マンダロリアンは逃亡の旅を続けなければならないところに、話のポイントがあると言える。サブタイトルの「楽園」は、確かに略奪者が現れるまでは楽園とも言える村のことを指していると思うが、マンダロリアンには安住の土地ではなかった。マンダロリアンがマスクを外さないことにも触れていて、その辺は面白いところである。

2020年8月8日土曜日

ディズニー、4K UHD Blu-rayのリリースを停止の噂

僕は輸入盤Blu-rayや4K UHD Blu-rayの発売情報を、THE DIGITAL BITSというサイトから得ている。いつもは土曜の朝に一週間分の情報に目を通すのだが、今日は朝の他に昼にもチェックを入れてみた。そしたら大きなニュースが飛び込んできていた。それが、「ディズニーが4K UHD Blu-rayの発売をする予定がなくなった」という趣旨の記事である。ディズニーは自社のアニメ部門の他にピクサー、スター・ウォーズ、マーベル、20世紀フォクスと行った大きなカタログを持っているのだが、4K UHD Blu-rayの今後に対して何も計画をしていないというのである。4Kはデジタル配信、Disney+で推進する方向性らしい。ディズニー自身はこの直近3ヶ月間の売り上げが大きく落ち込んでいて、その収支改善の目論みもあるようである。まあ、これはアメリカでの話のことなので、日本がどう影響を受けるかはまだはっきりしない。日本のDisney+はHDかつ2ch Stereoで4K UHD Blu-rayの代わりになるとはとても思えないし、iTunes MoviesでもHDでしか配信していないので、日本におけるDisneyの戦略は全く見えない。それでも、2年前に収益が確保できないという理由から、OPPOとサムスンが4K UHD Blu-ray Player市場から撤退し、4K UHD Blu-rayの売り上げもディスクメディアの5%程度しか稼げず、全ディスクメディアの売り上げ自体が2008年の8割減とあれば、4K UHD Blu-ray市場からの撤退も肯ける話ではある。配信に力点を置き換えるというのならそれでもいいが、それならばDisney+の日本サイトも早く4K/HDR+DOLBY ATMOSの仕様に変更すべきである。

「マンダロリアン」第1シーズンチャプター3:罪

あらすじ
マンダロリアンはベイビー・ヨーダを連れて、依頼主のもとに赴く。そこでマンダロリアンは報酬を得るが、依頼主は崩壊したはずの帝国軍の残党だった。得た報酬でマンダロリアンは仲間のところに行き、自身の装備を修理する。そして、マンダロリアンはベイビー・ヨーダのことが気掛かりになり、業界の掟を破って依頼主の元を再び訪れ、帝国軍のストーム・トルーパーを倒してベイビー・ヨーダを自分の手元に取り戻す。自身の船に戻ろうとするマンダロリアンだったが、業界の関係者がマンダロリアンの抹殺とベイビー・ヨーダの奪還に向けて動き出す。マンダロリアンは危機に陥るが、意外な助けを得る。

感想
第3話ともなると、次第に物語が深く進行しているのがわかる展開になっている。ベイビー・ヨーダに対して、帝国軍の残党が何を狙っていたのかは分からないが、崩壊したはずの帝国軍が、まだ再起を狙っている様子は進行上見て取れる。それに対して、賞金稼ぎでしかなかったはずのマンダロリアンが、ベイビー・ヨーダを救い出し、この子供の保護を行うというのは、予想外の展開である。ドラマは毎回クライマックスで盛り上がるが、今回はマンダロリアンを助ける仲間たちが、ボルテージを上げている。ベイビー・ヨーダの謎はまだまだ残るが、マンダロリアンが今後もピンチに陥ることは予想できる。

2020年8月7日金曜日

「マンダロリアン」第1シーズンチャプター2:ザ・チャイルド

あらすじ
マンダロリアンが見つけた生命体とは、実はヨーダ一族の赤ん坊だった。まだ喋ることもできないベイビー・ヨーダを持ち帰り、賞金をもらおうとするマンダロリアンだったが、ジャワ族が彼の宇宙船の部品を根こそぎ持っていってしまい、マンダロリアンは身動き取れなくなる。ジャワ族と交渉することになったマンダロリアンだが、ジャワ族は怪物の卵を手に入れることを要求する。それに従うマンダロリアンだったが、怪物は手強く、マンダロリアンは苦戦する。そこで奇跡が起きる。

感想
スター・ウォーズのスピンオフドラマ「マンダロリアン」の第1シーズンチャプター2が、今回の「ザ・チャイルド」である。「子供」というサブタイトルには2重の意味がかけられているように思う。一つは、チャプター1の最後に登場し、今回、重要な役割を果たすベイビー・ヨーダ。この子供のヨーダの真の力の一端をこのエピソードでは見ることができる。なぜ、この子供が賞金稼ぎのターゲットになっているのかは今後のエピソードを待ちたいが、意外な展開になりそうな予感がある。もう一つは、ジャワ族がマンダロリアンに要求する怪物の卵にひっかけているのではないかと思っている。卵なので子供というのにはちょっと語弊があるが、ジャワ族のためにマンダロリアンが苦戦するというのは、物語のハイライトになっていると思う。このシリーズの製作総指揮は、「アイアンマン」シリーズのジョン・ファヴローなので、話は面白い。次回も期待の持てる展開である。

2020年8月6日木曜日

「マンダロリアン」第1シーズンチャプター1:マンダロリアン

あらすじ
帝国軍の崩壊から数年後、銀河系は荒廃していた。賞金稼ぎのマンダロリアンは、また一人賞金をかけられたお尋ね者を捕まえ、報酬を得る。そのマンダロリアンに新たな仕事が舞い込む。それは或る生命体の確保であり、生死は問わないというものであった。高い報奨金を望むマンダロリアンだったが、その依頼を受け、宇宙へ旅立つ。そして、その生命体が存在するであろう惑星に降り立つ。そこから、意外な展開が彼を待ち受けていた。

感想
全世界に圧倒的な人気を誇る「スター・ウォーズ」シリーズ。その中で人気の有った脇役キャラ、ボバ・フェットと同じ衣装を身に纏う賞金稼ぎのマンダロリアンの活躍を描くスピンオフの物語がこの「マンダロリアン」である。ディズニーの定額配信サービス「Disney+」の目玉コンテンツとして制作されたドラマではあるが、ここ日本ではシステムの制約からただのHD+2ch Stereoでの配信になっている。その制約もあって、実家に帰省した僕が実家に持ってきたiPad Pro 11インチ2020モデルで鑑賞をしたのが、この書き込みになる。「スター・ウォーズ」のオリジナル3部作の数年後の世界を舞台に、崩壊した帝国軍の世界で賞金稼ぎに勤しむマンダロリアンの活躍を描いたものになっている。チャプター1では、マンダロリアンが探す生命体の正体がラストで明らかになるが、これが意外な展開で、なかなか面白い。アンチヒーローがヒーローとして活躍する姿は、配信限定ドラマならではだと思う。シリーズの続きに期待がかかる作風である。

新型コロナウイルス蔓延下、実家に帰省する

7月に入ってからの新型コロナウイルスの蔓延は、歯止めがかかっていない。だが、国は緊急事態宣言も出さず、人の移動も自粛を要請していない。自粛要請を出しているのは、都道府県レベルでの話である。そんな中、会社の夏季休暇中に神奈川の実家に福岡から帰省するか、判断に揺れていた。飛行機のチケットを取ったのは6月のことで、その頃は「夏になれば新型コロナウイルス感染も下火になるだろう」という憶測もあったからである。しかし、7-8月にかけて、新型コロナウイルスは猛威を奮っていて、自粛した方が良いのでは、と考え始めていた。しかし、会社側では「国が県を跨いでの移動を自粛」するという要請を出していないことから、夏季休暇の旅行や実家への帰省は個々人の判断に任せる、という結論を昨日の夏季休暇前最後の勤務日で発表した。それを受けて、2020年の夏、実家に帰省することにして、今日、帰ってきた。流石に福岡市地下鉄や福岡空港、飛行機、神奈川の京浜急行は空いていた。羽田空港だけ人が多かったかなというぐらい。まあ、福岡で夏季休暇を過ごしても何もすることはないし、スーパーに行く時には感染のリスクがあるわけだから、移動時のリスクを考えても、そう変わりはない。とりあえず、しばらくの間、食事は母の手料理で過ごせるので、悩みがひとつ減ることになる。後は、ニュースを注意深く見ているだけかなと思っている。流石に友人たちとの飲み会は今回はなしだと思っている。大きなリスクは犯せない。出来れば、池袋のIMAXシアターで映画でも見たいとは思うが。

ディズニーの実写版「ムーラン」、劇場公開せずにDisney+で配信

今年の大作映画として期待されていたディズニーの実写版「ムーラン」。新型コロナウイルスの影響で、何回かの上映延期を起こしてきた。しかし、ついにディズニーも「このままでは公開できない」と悟ったようで、9月4日に同社が配信するDisney+でストリーミング配信を行い、劇場公開と同日(それも劇場が開館している場合のみ)での配信がスタートすることが明らかになった。ただし、Disney+で配信するのはアメリカと欧州のみで、現時点で仕様の劣る日本での配信は未定。日本は劇場が開館していることから、もしかすると劇場公開するのかもしれないが、詳細は不明である。それと、アメリカ、欧州でも定額料金で見られるわけでもない。定額料金に加えて$20-$30の別料金が必要になるとのことなので、結構割高である。ただ、家族で見るという向きにはトータルで見ると安いとは思うが。とはいえ、ここ数ヶ月の新型コロナウイルスの影響は、映画鑑賞に明らかに大きな変革を及ぼしているのが見て取れる。ディズニー幹部は「ストリーミング配信を劇場公開と同じ日にするのはこのムーランだけ」と語っているが、今後に明らかに影響を及ぼすと思われる。日本のディズニーがどう動くのか、かなり気になるところである。

2020年8月5日水曜日

Apple、iMac 27インチモデルを刷新

今日のTwitterを見ていて、「ようやく来たか」と思った。Appleが噂されていたiMacの27インチモデルをアップデートして、新発売したのである。CPUは最高で10コア、最大5.0GHzのTurbo Boost、メモリの最大容量は128GB、ストレージは最大で8TBのSSDという高性能ぶりである。前にiMacの21.5インチモデルを使っていたこともあり、今回のスペックアップは気になるところであるが、今はMacBook Proで十分作業できているので、買い換えることはしないと思う。実際、物があふれすぎて、MacBook Proを退役させても、iMac 27インチを置くスペースは確保できない。それでも、なんか「いいな」と思ってしまうのはApple信者だからか。次、買い換えるとしたら、ARM Macが安定し出してからだから、2-3年後かなと思っている。

2020年8月4日火曜日

MacBook ProのUSB Type-C端子が緩くなる

会社の仕事が在宅勤務になった時から、毎朝、自分のMacBook Proを置いてあるデスクからMacBook Proに接続しているデバイスを外し、代わりに会社のPCを備え付けて仕事している。仕事をする場所がそこしかないから、MacBook Proには毎朝退いてもらっているのだが、その時に毎回、USB Type-Cの端子を外したり、接続したりしている。USB Type-Cの抜き差し回数は10000回を保証しているのであるが、それでも接触は抜き差しするごとに悪くなっていく。3月からだから5ヶ月、毎日USB type -Cを抜き差していると、接触不良が発生し、外付けのGPUが時々ソフトウェアでの取り外しを行わないで取り外しをした、という警告が出てしまう。その結果、macOSにトラブルが発生する。明後日から会社は夏季休暇で、僕も実家に帰る予定だから、しばらくMacBook ProのUSB type-Cを抜き差しする行為はなくなりそうだが、これがまだ夏季休暇明けも続くのかと思うとゾッとする。あまりひどくなったら、Apple Careで修理をお願いしないとなと考えている。

2020年8月3日月曜日

会社の夏季休暇に実家に帰省するか、迷う

8月6日から、会社は夏季休暇が始まる。1ヶ月前、両親と話していて、「8月には新型コロナウイルスも一旦収束するだろうから、実家に帰ってくれば。」という話があって、飛行機のチケットを確保した。しかし、新型コロナウイルスは収束するどころか感染拡大をして、県を跨いだ移動が躊躇われるほど蔓延している。僕個人は、仕事をテレワークでしているために外出することもほとんどなく、感染リスクは少ないのだが、それでも福岡から航空機に乗って羽田に向かい、羽田空港から実家まで電車に乗っていくのに躊躇いがある。で、こういう時に限って、会社側から何も提示がないのである。会社側が「帰省は遠慮してくれ」と言ってくれれば、航空機のチケット代無駄にしてでも福岡にとどまるのだが、会社側は何も言ってこない。各県の緊急事態宣言も、県を跨いだ移動を禁止とまでは至っていないので、かえってどう判断したらいいかの基準がない。この調子だと、当初の予定通り帰省することになるが、少々不安ではある。両親も高齢だし、いいのかなという疑問である。明後日まで会社はあるので、何か提示があるか待ちたいと思う。

2020年8月2日日曜日

映画「オールド・ガード」(Apple TV 4K/Netflix/DOLBY VISION)

レビューの詳細は、オールド・ガード(DOLBY VISION/Netflix)/Apple TVで観た映画のレビューを参照のこと。Netflixアプリを立ち上げるとおすすめされる映画がこの「オールド・ガード」であるが、実際Netflixの視聴率は高いらしく、過去の作品と比較してもかなり多い再生回数を誇っているらしい。アクション映画好きならば、見ても損のない作品であると思うが、映画の特徴は主役であるアンディとその仲間たちが不老不死の存在で、敵から攻撃を受けて致命傷を負っても、また傷が急速に癒えて復活してしまうというところにある。しかも、その能力は突然現れたかと思うと突然消えることもあり、不老不死だと思われていたアンディが実はその能力を失っていく様は、映画の後半で緊迫感をあらわにしていると言える。不老不死の主役たちの傷が癒えていく様は、まるで「ターミネーター2」のT-1000を彷彿とさせる描写であるが、こちらの映画の方がよりリアルである。主役のアンディを演じたシャーリーズ・セロンのクールさは見ていて引き込まれるところがあり、自身でプロデュース業にもチャレンジしているところなど、この映画の完成度に貢献していると思う。映像は4K/DOLBY VISIONでの収録で高精細な画面と、くっきりはっきりのコントラストが見事に描かれている。音響はDOLBY ATMOSで、銃撃シーンが自分の周囲に三次元空間で着弾し、飛行機は自分の頭上を飛び去るなど、意欲的な効果音が再現されている。

2020年8月1日土曜日

ドキュメンタリー「ハドソン川の奇跡」(Apple TV 4K/Disney+/HD)

2014年にナショナル・ジオグラフィック・チャンネルで放映された、実際に起きたUSエアウェイズ1549便のハドソン川への不時着事故の模様を、再現ドラマと実際の当事者のインタビューで構成されたのが、この「ハドソン川の奇跡」である。同名の邦題の映画が存在しているが、映画の方はこの事故の後の機長の処遇について触れられているのに対し、このドキュメンタリーは、事件の模様を乗客やアテンダント、副機長のインタビューから事故の模様を洗い出しているのが特徴である。とは言っても、ドキュメンタリーとしてはあまり身近な事故ではないため、クリント・イーストウッド監督が映画化した「ハドソン川の奇跡」を鑑賞済みの人は見ても関心を寄せるかもしれないが、見ていない人にはあまり興味を沸かせない内容かもしれない。映像はHD画質ではあるが、事故当事者のインタビューはナチュラルな映像で、事故の再現ドラマはセピア風で一貫しているので、分かりやすい映像であると言える。音響は2chステレオではあるが、AVアンプのDOLBY SURROUNDモードで視聴すると、BGMがサラウンドするのでそれなりに面白い効果を出している。つい最近Disney+に追加されたドキュメンタリーなので、関心のある人は見てみてもいいだろう。