2020年9月13日日曜日

映画「スター・ウォーズ:フォースの覚醒」(輸入盤4K UHD Blu-ray UK)

 レビューの詳細は、STAR WARS:THE FORCE AWAKENS(4K UHD Blu-ray UK)/スター・ウォーズ:フォースの覚醒/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。2005年に「スター・ウォーズ:シスの復讐」の公開後、「スター・ウォーズは6部作で完結」と生みの親であるジョージ・ルーカスから公表され、新たなシリーズはないものと思われていたが、ルーカス・フィルムがディズニーに買収されたことで、続三部作とそのスピン・オフ映画が製作されることになり、2015年に公開されたのが、この「スター・ウォーズ:フォースの覚醒」である。当時のファンの熱狂ぶりはものすごいものがあり、アメリカでは歴代の興行収入第一位を記録するほどの人気を誇っていた作品である。続三部作のその後のシリーズがファンの期待を裏切り、ヒットはするもののファンから酷評を受けていたことを考えると、この作品は制作側も観客も同じ方向を向いていて、完成度が高かったと言えるだろう。2015年に劇場公開時に鑑賞して以来、ホームシアターで初めてこの作品を鑑賞したが、オリジナル三部作のキャラは登場するし、新たな悪役は登場するし、新主人公は謎めいているしで、見所は多いと思う。映像は4K/HDRで高解像度かつ高コントラストで美しい映像を展開してくれるし、音響もDOLBY ATMOSによるイマーシヴ・オーディオで空間包囲は高いしで、見ていて飽きないところはある。この後のシリーズもいずれ見るとは思うが、ホームシアターでどう作品を評価するかで、話は変わってくると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿