2020年10月13日火曜日

深夜3時に楽器を弾いていると疑われ、インターフォンを鳴らされる

このブログで春ぐらいから度々、僕の音楽視聴環境が周囲の住人のクレームの元になっていることは書いている。クレームが来るので、AVアンプのボリュームは小さくし、8月にはサラウンドヘッドフォンのVictor EXOFIELD THEATERを購入して、クレーム回避をしているぐらいである。しかし、昨晩の深夜3時、僕が深い眠りにある中、部屋のインターフォンの呼び出し音が鳴った。無視しようとしていたのだが、しつこく鳴らすので、仕方なく対応したところ、「楽器の音がうるさいからやめろ」というクレームを受けてしまった。当然僕は寝ているので楽器を鳴らすことはしていないし、楽器自体持っていない。しかし、深夜3時のクレームで恐怖感の方が増していた。「話をしたい」といっていたが、肉体的に何をされるか分からないので、断った。結局その後はクレーム主は去ったようだが、僕は完全に目覚めてしまい、その後眠れなかった。僕が何もしていないのにクレームされるのも怖いが、深夜3時に楽器(というか多分音響装置で音楽を聴いていたのだと思う)を鳴らす別の住人の神経にも疑いを持っている。おかげで今日の体調はよろしくなかったが、仕事は待ってくれないので、無理して作業していた。今晩は静かに眠りたいと思うが、別の住人の騒音がまたトバッチリを受けないかが心配である。 

0 件のコメント:

コメントを投稿