2020年11月21日土曜日

スター・トレック:ディスカバリー シーズン3 第6話「ゴミを漁る者たち」

 あらすじ

惑星連邦の領域にブックの船が到着する。しかし、船にはブックの姿はなく、連邦崩壊の原因となった大火の原因がわかるかもしれない宇宙船のブラックボックスを入手するために、廃品惑星に行くとメッセージが残されていた。惑星連邦の一員になったディスカバリーは、提督の指示の元待機していたが、マイケルはサルーの命令を無視し、ジョージャウと二人で廃品惑星にたどり着く。そこでマイケルとジョージャウはブックを見つけ出すが、廃品惑星は奴隷制度を持っていて、ブックも奴隷にされていた。ブックとブラックボックスを取り戻すべく、マイケルとジョージャウは作戦を練るが、ジョージャウは精神に異常をきたしはじめており、意識が飛ぶようになっていた。その頃、ディスカバリーは未来のテクノロジーの恩恵を受け、大改装を果たしていた。アディラは、胞子ドライブの改装を行い、スタメッツから信頼を得る。

感想

今回のエピソードは、マイケルがまた命令違反を犯してジョージャウと一緒に廃品惑星に行き、姿を消したブックの行方と、大火の原因がわかるかもしれない宇宙船のブラックボックスを探すストーリーになっている。マイケルが命令違反を犯すのは何回目かと思うぐらいだが、彼女が動かないとストーリーが進展しない。廃品惑星は奴隷制度が引かれており、ブックも無理矢理働かされていたのだが、そこでブラックボックスを入手しており、どうやってマイケルにブラックボックスを渡すかが物語の中心になっている。その一方でジョージャウが宇宙艦隊のテストの後から次第にフラッシュバックを脳裏に繰り返すようになり、意識が飛ぶという展開になっていて、彼女がどうなっていくかが気になる展開になっている。マイケルの命令違反と、その処分はサルーに一任されるわけだが、その結果も妥当性のあるものと言える。一方でディスカバリーは惑星連邦によって改装されるのだが、アディラが胞子ドライブの改装に関与し、スタメッツが彼女に一目置くようになるのは、今後の展開に期待が持てる。

0 件のコメント:

コメントを投稿