2020年11月7日土曜日

Schroeder-Headzのライブを2年ぶりにストリーミング配信で見る

 レビューやセットリストは、Schroeder-Headz LIVE 2020 at BLUE NOTE TOKYO/がちゃんの部屋に書いてあるので、ちょっと余計なことを書く。Schroeder-Headzのライブをストリーミング配信とは言え、見るのは2018年以来である。2019年は交通事故に遭って入院中だったので、Schroeder-Headzの出演した中洲ジャズも見られなかったし、秋の全国ツアーは佐野元春の「ソウルボーイへの伝言2019」と日にちが近かったので見るのを諦めていた。今回も、ストリーミング配信とは言え、21:15からの公演ということに躊躇していた。夜はいつも22:00に就寝しているからである。それでも日にちが近づくにつれ、やはり見たい気持ちの方が強くなってきて、プレイガイドでストリーミング配信の鑑賞チケットを買って、2年ぶりのSchroeder-Headzのライブを見ることになった次第である。感覚としては、アーティストのライブビデオを生配信で見ている感が強い。それでもHD画質にステレオ音源だと、結構自宅でストリーミング配信でも楽しめるものであると思った。何よりライブが終わった後はそのまま就寝できるのも、気楽である。最近は在宅勤務のため、アーティストの曲をアルバム単位で聴くことが少ないので、曲名を忘れている部分もあったが、ライブの楽しさの一端を感じ取ることはできた。また、こういう公演があれば、参加したい。

0 件のコメント:

コメントを投稿