2021年1月19日火曜日

macOSのSafariで、パスワードの自動入力が保存されない

 macOSは以前から、Safariで強力なパスワードを提案し、それを受け入れると複雑かつランダムなパスワードを生成し、それを保存することでログイン時のリスクを減らす行為をしている。ところが、僕だけの環境かとは思うが、複雑かつランダムなパスワードを生成し、それをiCloudキーチェーンに保存したつもりが、実はできていなくて、あるサイトのログイン時にパスワードが一致しないのでログインできない、と言う事象が発生していた。それが起こると、手続きが面倒だったのだが、今日、仕事の合間にテストしてみたところ、iCloudキーチェーンに新しいパスワードが保存されるようになり、セキュリティのリスクが少し減った。しかし、Safariが提案するパスワードは日本のサイトではあまり有効ではないと思っている。日本のサイトで要求されるパスワードの制限以上の複雑さを提供するので、結局パスワードとして使えない、と言う状態だからである。その辺改善されれば、もう少しリスク減につながるのに、とは思う。

2021年1月18日月曜日

Apple TV+の無料期間、2021年7月まで延長

 今日のiPhone-Maniaというサイトによると、AppleのiPhoneやiPad、Apple TVなどを新規購入した人にはAppleが配信するオリジナルドラマ、映画のApple TV+が当初の予定を越して、2021年7月まで無料期間を延長すると報じている。当初iPhoneやiPadを購入した人には、1年の無料視聴期間が与えられていたので、その期間延長は加入者増を狙うものであると思われる。Apple TV+で月額料金を支払った人には、返金を行うとも言われており、AppleのApple TV+に対する熱意が伺える。ドラマなどは質の良いのが多いが、いかんせんコンテンツが少ないのが欠点のApple TV+なので、コンテンツを増やしてほしいというのが願いである。

2021年1月17日日曜日

映画「アイアンマン」(輸入盤4K UHD Blu-ray UK)

 レビューの詳細は、IRON MAN(4K UHD Blu-ray UK)/アイアンマン/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。過去にDVD、Blu-ray、Amazon Primeと見てきた本作であるが、昨年イギリスのZAVVIで4K UHD Blu-rayの「アイアンマンBOXセット」を購入したので、昨日鑑賞した「ワンダヴィジョン」の影響でマーベル映画を再見したくなり、第1作目である「アイアンマン」を改めて鑑賞した。4K UHDの本作ではあるが、マスターデータが2Kなので、高精細というわけではない。ただ、十分な解像度は保っていると思う。また、色彩の豊かさは健在で、HDR10によるアイアンマンの赤とゴールドの色彩や、爆発のシーンの鮮やかさなどに4K UHDの効果を感じることができる。音響もDOLBY ATMOSサウンドトラックではあるが、ディズニーのディスクは音圧が低いので、ボリュームを上げる必要がある。ただ、ATMOSによる音の移動感や包囲感は健在で、自分を取り囲むかのようなサラウンドが楽しめ、DVD時代よりグレードアップしていると思う。総じて見ていて満足の作品であり、マーベル映画の歴史の第一歩になっているので、必見の作品であると言える。



2021年1月16日土曜日

「ワンダヴィジョン」シーズン1Episode 2(Disney+)

 あらすじ

ワンダとヴィジョンが寝ている時、外から物音が聞こえ、二人は恐怖するが、それは風に揺れる木の物音だった。ヴィジョンは街の治安について男性グループの会に相談すべく出かけていって、ワンダは小学校の慰安のために出かけて行った。小学校の慰安は一人の女性が仕切っていた。その女性にワンダは嫌われ、なんとかしようとする。ヴィジョンは男性の会に参加してガムを食べてしまい、機械の回路の動作がおかしくなる。その状態で小学校の慰安に参加し、ワンダとマジックを繰り広げる。ヴィジョンの動作不良をワンダが超能力でカバーし、慰安はなんとか成功する。その夜、ワンダが妊娠していることが発覚した時、また、外から物音が聞こえ、外を見るとマンホールから人が出てきた。その人は謎の人物だった。

感想

シットコムのパターンで配信される「ワンダヴィジョン」の第2話目は、ワンダとヴィジョンが近隣の人と繰り広げる会話劇になっているのが特徴であるが、その中でも様々な異変が起こり、ワンダとヴィジョンの身に何かが起こることを予期していると言える。ワンダが物音を聞いて庭に出るとなぜか色のついたヘリコプターが落ちていたり、ラジオからワンダに呼びかける声が聞こえたり、マンホールから何者か分からない人物が現れたり、と謎は深まるばかりである。コメディとミステリーが素晴らしく融合した作品として、傑作の予感がしている。そして、あえて入っている偽のCM、これも回が進むに連れ明らかになるのだろうか。次回が楽しみな作品である。

「ワンダヴィジョン」シーズン1Episode 1(Disney+)

 あらすじ

ワンダとヴィジョンの二人は、結婚をして都会を離れ、郊外の街に住むことにした。ある朝、ワンダはカレンダーのハートマークをさして、ヴィジョンに「今日は記念日だよね」と言うが、ヴィジョンは思い出せなかった。仕事に向かったヴィジョンは上司から「今日、君の家に訪れる日だな」と言われ、ワンダのいう記念日だと思いつく。その頃ワンダは隣人から色々話しを聞いていた。夜になってヴィジョンの上司が家を訪れるが、ワンダにとっては青天の霹靂で、裏で慌てふためいていた。それでもヴィジョンとワンダの機転により、なんとか上司は機嫌良く帰宅する。ワンダは「私たちには記念日がないのよ」といってその日は終わったが、その模様を記録している何者かがいた。

感想

マーベル・シネマティック・ユニバース初のテレビドラマシリーズは、この「ワンダビジョン」が最初になったが、マーベル初のシットコム(シチュエーション・コメディ)で製作されているため、予想外の展開になっている。映画本編でも関係のあるワンダとヴィジョンが新婚夫婦を演じ、物語の大半がモノクロの4:3のアスペクト比で放映され、また、観客の笑い声が入るという昔懐かしい番組構成になっている。しかし、設定で言えば「アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー」でヴィジョンは死んだはずであり、それがどうしてワンダと新婚家庭を築いているのかがまず謎である。その謎はそのうちにわかると思うが、シリーズの最初のエピソードとしては、なかなか興味深い展開で次回が楽しみである。

2021年1月15日金曜日

Disney+、「ワンダヴィジョン」が再生されない

 今日、15日の17時からDisney+でマーベル・シネマティック・ユニバースの新ドラマ、「ワンダヴィジョン」の第1話と第2話が配信され始めた。ドラマではあるが、映画とも関係するエピソードがあったり、ストーリーが映画に影響するとあって、期待をしていたドラマである。しかし、このブログを書いている18:30現在、Disney+をApple TV 4Kで見ようとしても、長い待機時間の後、登録できる機器上限に達しました、という誤作動とともに、再生が全くできない状態である。マーベル・シネマティック・ユニバースの期待の新作とはいえ、いくらなんでもサーバーの負荷耐性が弱すぎないか、というのが実感である。前から僕はDisney+のことをスペックが欧米より劣っていることを理由にDisney-と揶揄ってきたが、これでは本当にDisney-である。ディズニーも早くdocomoと手を切って、独自サーバーで配信サービスした方が利益にならないか、と思う。これ、後か明日試してみるが、これでは先が思いやられる。

2021年1月14日木曜日

アメリカAmazonでクレジットカードが使えない

 ここのところの新型コロナウイルスの影響で、毎月Amazonで買っていた輸入盤4K UHD Blu-rayも、徐々にだが買わない方向になっている。それでも、ふとクリストファー・ノーラン監督の「プレステージ」4K UHD Blu-rayがリリースされているのか確認したところ、リリースされていることがわかったので、先週末の日曜の夜に「プレステージ」、「マッド・マックス」、「シャイニング」の4K UHD Blu-rayを注文した。翌日、ふとAmazonの注文履歴を確認したところ、クレジットカードの承認が否認されたとして、カードの確認か別のカードを使ってほしい、という文章が表示されていた。カードを確認したが、異常はなかったので、もう一回そのカードで購入手続きをしたのだが、結局そのカードでは購入できなかった。仕方ないので一旦注文をキャンセルし、カード会社に電話で確認をした。すると、どうも普段購入しない時間帯での注文だったため、カードのセキュリティが発動して、購入額の引き落としができない状態になっていることがわかった。それで、カード会社の人と話しして、少しの時間だけセキュリティを緩める手続きをしてもらい、その間に再度注文をした。今のところエラーは出ていないようである。こんなことは長いカード人生でも初めてであるために、驚いたが、不正利用されないようにガードが働いているのだな、と認識を新たにした。それでもしばらくの間は不安でしょうがなかった。なんか既に不正利用されているのではないかという疑念で。

2021年1月13日水曜日

福岡県も緊急事態宣言再発令

 今朝のニュースで驚いたのが、福岡県が今日中に緊急事態宣言の対象地域に含まれる、ということだった。もちろんニュースは毎日見ていて、首都圏一都三県に引き続き、関西二府一県、中部の二県が対象になることはわかっていたし、栃木も緊急事態宣言の要請をしていることまでは認識していたが、福岡県がその中に入るとは情報が入っていなかったので、意外に思った。小川知事が状況を見極めてから、と緊急事態宣言の要請に消極的だったので、予想外である。なんでも国の方から小川知事に緊急事態宣言の要請をしたようで、小川知事も意外に思っていたようである。これで、不要不急の外出は避けなければならなくなった。新型コロナウイルスが感染拡大している最中では、なんとなく出かけたくないので、この緊急事態宣言は命令みたいな物だが、映画「新エヴァンゲリオン劇場版」を見にいくかどうかだけは迷っている。どうせ半年待てばBlu-rayがリリースされるし、なんか映画館に行くリスクが高いような気がするのである。映画館自体が安全でも、行き帰りの交通機関がリスクを感じる。しばらくは自宅で静かにしていようと思う。

2021年1月12日火曜日

佐野元春、SONYから究極のCD BOXセットを3月13日に発売

 今朝、Twitterで情報を知って驚いたのが、佐野元春のデビュー40周年を記念して、EPIC SONY時代のアルバム、THE SUNを含むオリジナルアルバムに加え、ライブアルバム、ベストアルバム等計25タイトル29枚組の究極のBOXセットを3月13日に発売すると発売すると発表したことだろう。オリジナルアルバムはもちろん、ライブアルバムはNo Damage Deluxe EditonやVisitors Deluxe Editionなどに入っていたディスクをも収録、ベストアルバムはMoto SinglesやNo Damage、Spoken Wordsなど、公式に発表されたディスクは全て入っているというものすごいBOXセットである。当然価格もお高く、税抜きで35000円というとんでもない仕様で発売されるようである。デビュー30周年の時にはユーキャンがCD+DVDの仕様で30000円程度のBOXセットを出しているが、今回はそれを上回る。今回のタイトルは、「MOTOHARU SANO COMPLETE ALBUM COLLECTION 1980-2004」と名付けられており、ファンとしては悩ましい仕様である。僕は出費は痛いなと思いつつも購入しようと思っているが、躊躇する人もいるだろうなと思う。

2021年1月11日月曜日

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(Apple TV 4K/iTunes Movies/4K UHD)

 レビューの詳細は、オール・ユー・ニード・イズ・キル(4K UHD/iTunes Movies)/Apple TVで観た映画のレビューを参照のこと。日本の作家、桜坂洋が書いたライトノベルをハリウッドが実写映画化した作品が、この「オール・ユー・ニード・イズ・キル」である。ハリウッドでは、この作品に2つのタイトルをつけていて、劇場公開時には「EDGE OF TOMORROW」、ビデオ化された時には「LIVE.DIE.REPEAT.」と混乱しかねないタイトルになっている。原作は読んでいないのでどこまで原作に忠実かはわからないのだが、少なくともライトノベルそのままの映画化ではないということは想像つく。多分設定やキャラの性格等を色々いじって映像化していると思う。この映画は実は輸入盤Blu-ray 3Dで持っているが、結局3Dで見ることはなく、Blu-rayでも見ないでiTunes Moviesの4K UHDを改めて買って、それを鑑賞している。マスターフォーマットが2Kなので4K映像であってもそんなに解像度は高くない。また、色調も意図的にモノトーンにしているため、カラフルさはない。といっても世界観を作り出すのには成功していると思う。音響はDOLBY DIGITAL 5.1chだが、音が四方八方に広がる感覚が味わえ、魅力的なサラウンド感を出している。トム・クルーズ主演なのでトムの俺様映画になっているかと思うと、ちょっと違うので、トム・クルーズファン以外の人でも楽しめる映画だと思う。

2021年1月10日日曜日

映画「TENET テネット」(輸入盤4K UHD Blu-ray)

 レビューの詳細は、TENET(4K UHD Blu-ray)/TENET テネット/輸入盤DVDで観た映画のレビューを参照のこと。2020年期待の大作映画として観客の興味を募ったが、新型コロナウイルスによる映画館の閉鎖を受けて劇場公開が延期され、最終的に開館している映画館だけで上映された不運の映画がこの「TENET テネット」である。日本では幸運なことにIMAXシアターを含む劇場公開がなされ、ファンも劇場に集まったが、思ったほどにはヒットしなかったようである。また、内容が難解なので、一度見ただけでは理解できず、複数回の鑑賞を強いる内容だったのも、この映画の興行収入の悪さを示しているように思える。今回鑑賞した4K UHD Blu-rayでは、IMAXフィルムで撮影されたシーンは、1.78:1のワイドテレビの画面一杯に映る仕様になっており、大画面のテレビを所有している人は、没入感を感じさせる内容になっている。また、IMAXフイルム&65mmフィルムの解像度の良さが4K UHDで再現され、高精細かつ色合いが明瞭になっていて、魅力あふれる映像になっている。この映画の4Kバージョンは、他の映画と比較しても高画質な部類に入るのではないかと思われる。音響は監督の指示によりdts-HD MA 5.1chとイマーシヴな音響ではないものの、他の映画と比較しても明らかに大きいボリュームと、前後左右に広がるサラウンド感がその映画の迫力を高める効果を発揮していて、素晴らしいものがある。4K映像で映画を楽しむのにお勧めはと聞かれたら、この「TENET テネット」をあげておきたい。



2021年1月9日土曜日

スター・トレック:ディスカバリー シーズン3 第13話「希望を信じる者(後編)」

 あらすじ

ディスカバリーを制圧していたエメラルド・チェーンのオサイラーは、ダイリチウムを入手すべく、ディスカバリーで惑星に向かおうとしていた。そのため、連邦の提督は、ディスカバリーに攻撃を仕掛け、オサイラーの企みを阻止しようとする。それに対しオサイラーも自分の船で連邦に攻撃を仕掛けていた。そのディスカバリーにいるクルー達は、マイケルを中心にオサイラーから船を取り戻すべく、奮闘していた。ブックとマイケルはオサイラーを始末し、ワープ航法に入ってしまったディスカバリーを通常空間に戻すべく、ティリー達にワープドライブの破壊を命じる。その頃、放射能の吹き荒れる惑星でサルー達はスカールを説得していた。外の世界が怖いスカールは叫びを上げるが、放射能によって遺伝子異常を起こしているスカールの叫びはそのままダイリチウムの爆発、すなわち大火に結びついていた。しかし、スカールを守っていたホログラムも寿命がつきかけ、サルーの説得もあって、スカールは外の世界を見る気になっていく。そして外の世界を見たときにスカールは全てを理解する。

感想

「スター・トレック:ディスカバリー」のシーズン3の最後を飾るエピソードは、シーズン3の最初のエピソードの後編という扱いになっていて、物語に決着がつく展開になっている。惑星連邦が崩壊しかける結果になった大火の原因が判明し、また弱体化した連邦に相対するエメラルド・チェーンとの決着もつき、物語はシーズン3としては完結していてなかなか見応えがある。このエピソードだけで1時間2分もあり、シーズン3で出された疑問点は全て解決していると言ってもいいだろう。ただ、舞台が元に戻るわけでもなく、そのまま新惑星連邦の柱になっていくディスカバリーは、シーズン4もその世界での新しい展開になるのかなと思っている。何はともあれ、シーズン3が無事完結して、物語の見応え感が充実しているので、シリーズを見ていない人は見た方がいいだろう。

2021年1月8日金曜日

佐野元春、武道館と大阪城ホールのライブの詳細発表を延期

 一昨日の記事で、「緊急事態宣言が出そうな状況で、地方から佐野元春のライブを見に、東京、大阪に行けるのか?」という内容を書いている。昨日の夕方、それに対するDaisy Music広報からの発表があった。昨日それを見ているので、そのままこの記事を書けばタイムリーだったのだが、気力がなかったので書けなかった。それで1日遅れの記事を書いている。Daisy Music広報の発表によれば、緊急事態宣言の発令を受けて、関係機関と調整するため、今日、8日の昼に発表するつもりだったライブの詳細は発表を延期させていただく、ということだった。それは当然のことだと思う。緊急事態宣言が出たために、飲食店の営業時間が20:00までに短縮されているので、ライブの後に夕食を取るのは事実上不可能である。もちろん、緊急事態宣言は2月上旬までの期限付きであるが、それで治まるとは思えないのである。今回の武道館、大阪城ホールのライブは、昨年12月の東名阪、横浜、京都のライブで新型コロナ感染拡大をしなかったことを受けての企画だと思うが、まさか年末年始に感染が急上昇するとは思いもしなかったはずである。とりあえず、事態の推移を見ながら、Daisy Musicの新たな発表を待ち、それから考えたい。なんとなくだが、今回の武道館、大阪城ホールのライブは断念する可能性が高くなってきた。

2021年1月7日木曜日

AirPods Proから異音発生、無償交換に

 Appleのカナル型イアホン、AirPods Proの左耳から異音が発生するようになったのは、昨年の秋口だろうか。10月に広島・呉に旅行に行った時、新幹線に乗車していたら、AirPods Proの左耳からぶつぶつという異音が発生し始めた。その後もしばらく使っていたが、たかだか家からスーパーに行く10分ぐらい歩いている時にぶつぶつという異音が止まらなくなっていた。そして、この年末年始の佐野元春のライブを見に京都に行った際と、実家への帰省で新幹線と飛行機に乗った時に、その異音がひどくなり、ブーンという低域の響きまで発生し始めていた。実家に帰省時にネットで調べると、どうも一部のAirPods Proでは同様の問題があるとして、Appleは交換プログラムを出していた。それで福岡に帰ってきた4日の夜にAppleサポートに電話をして、色々質問をされ、それに回答したところ、故障品と正常品の物々交換になった。このご時世なので、宅配便による交換手続きとのことで、交換品が届くのを待っていた。そして、今日、交換品が届いたので、故障品を宅配便の人に渡し、交換品と入れ替えた。ただ入れ替えるだけではダメで、交換品をケースに入れた後、20-30分ほど充電し、ファームウェアを一致させないとダメだったが、その過程を経過して改めてペアリングすると、無事正常な状態に戻った。久しぶりのノイズキャンセリング機能の復活に、改めて感動している。Appleの対応も悪くはなかったので、何か気になる部分がある人は、Appleサポートに連絡入れたほうがいいと思う。

2021年1月6日水曜日

佐野元春の3月、4月ライブに行けるのか?

 1月3日と4日に、佐野元春が3月13日に東京の武道館で、4月4日に大阪城ホールでライブを行うことが発表された、という記事を書いている。どちらも週末の開催であり、地方民にとっても行きやすいのではないかと書いたが、事態が急変している。東京、埼玉、千葉、神奈川で緊急事態宣言が7日にも発令される見通しなのである。今回の緊急事態宣言は、飲食店の営業時間に焦点を絞ったものになっているので、ライブの中止や延期までは至らない可能性が高いが、地方民にとっては、飛行機、新幹線のダイヤが大幅に削減され、目的地にたどり着けないのではないかという危惧を持っている。すでに全日空はダイヤの見直しをすると宣言しているし、飲食店が20時閉店では、ライブの後の食事はコンビニ弁当でなんとかなるのか怪しい部分がある。チケットの受付はまだ先の話(といっても10日後の話だが)というので事態を見極めることはできるが、今回のライブ、残念ながら参戦断念も考えなければならない状況にあるようである。

2021年1月5日火曜日

映画「チャイナタウン」(Apple TV 4K/iTunes Movies/4K UHD)

 レビューの詳細は、チャイナタウン(4K UHD/iTunes Movies)/Apple TVで観た映画のレビューを参照のこと。僕がこの映画のことを知ったのは、今から30年も前の1990年ごろに遡る。当時、大学生でカナダはヴァンクーバーに夏休みのショートステイをしていた頃、映画館で「黄昏のチャイナタウン」(原題:The Two Jakes)が上映されていて、気になっていたのである。その「黄昏のチャイナタウン」自体は結局今に至るまで見たことはないのではあるが、元の話である「チャイナタウン」はなんかの機会に見た記憶がある。だが、今日見るまで話の筋をほとんど覚えていなかった。ロマン・ポランスキー監督によるフィルム・ノワールとしては、出来の良い作品であり、どうも4K UHD Blu-ray自体がリリースされていないようであり、現状iTunes Moviesでしか4K UHDでの鑑賞はできないようである。映像はフィルム・ノワールなので独特の色彩をしていて、4K/HDRでの色彩が見事に再現されている。また、音響もオリジナルの映画はモノラルではあったが、今回の配信ではDOLBY DIGITAL 5.1chでサラウンド化され、音の広がり感を感じ取ることができる。ただ、音質はあまり良くはない。映画としての出来はいいので、iTunes Moviesで映画を見られる環境にある人は、見ておくことをお勧めする。

2021年1月4日月曜日

佐野元春、4月4日(日)にも大阪城ホールでライブを開催

 昨日、佐野元春が自身の誕生日である3月13日(土)に、日本武道館でライブを開催するという情報を書いたが、今日になって追加公演の情報が来た。4月4日(日)に今度は大阪城ホールでライブを開催するとのこと。ただ、詳細は、1月8日(金)に佐野元春の公式サイトで発表とのことである。これで東京、大阪という二大都市でデビュー40周年の記念ライブが開催されることになる。東京も大阪も週末公演ということもあり、地方民に取っては遠征しやすい日程ではないかと思う。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大は気になっているところで、ライブに影響を及ぼさなければいいのだが。できれば、東京、大阪のライブの模様をインターネットライブ配信で、公開してほしいかな、というのが地方民の願いである。新型コロナウイルスの感染拡大防止の点では、そういう視点も必要だと思う。

2021年1月3日日曜日

佐野元春、2021年3月13日(土)に武道館ライブを開催

2021年の元日、佐野元春の公式ファンクラブのコミュニティのページに、佐野元春本人から書き込みがあり、「1月3日の朝日新聞に告知を行います」という知らせがあった。その1月3日を今日迎えたわけであるが、朝日新聞を買わなくてもすでにネットで情報は駆け巡っていた。2021年3月13日(土)に、佐野元春 & THE COYOTE BANDで、武道館のライブを開催するという全面広告が朝日新聞に掲載されていたそうである。ライブのタイトルは「ヤァ! 40年目の武道館」となっており、今回は佐野元春デビュー40周年を記念するライブになりそうである。今回は東京の日本武道館のみのライブになるそうなので、チケットの争奪はあるかもしれない。ただ、新型コロナウイルスの影響は拡大しているので、ライブを控える人もいるかもしれない。どちらにしても、佐野元春のデビュー40周年を祝うライブになりそうで、期待はしている。詳細は、1月8日(金)の佐野元春公式サイトで発表を待ちたい。

「マンダロリアン」第2シーズンチャプター16:救出

あらすじ

モフ・ギデオンにグローグー救出を宣言したマンドリアンは、他のマンダロリアンであるボー・カターンにも協力を要請する。ボーは、モフ・ギデオンの持つダーク・セイバーがマンダロア復興の役に立つと考え、一悶着あったがマンダロリアンに協力する。マンダロリアンたちは、グローグーをクローン技術でフォースの力を手に入れようとするモフ・ギデオンの手配する研究者を捕らえ、彼を囮にしてモフ・ギデオンの乗る宇宙船に搭乗しようとする。しかし、モフ・ギデオンは全てを見通していて、乗船を許可せず、タイ・ファイターを出撃させる。マンダロリアンたちは強制的に船に乗り込み、モフ・ギデオンとグローグーを探す。モフ・ギデオンはドロイドであるダーク・トルーパーを起動させ、防衛に当たらせる。グローグーを閉じ込めている部屋に来たマンダロリアンだったが、モフ・ギデオンが立ち塞がる。そして、ギリギリのところでモフ・ギデオンを倒し、グローグーを救出する。だが、ダーク・トルーパーが再び攻撃を仕掛けようとしていた。そこに一人のジェダイが現れ、ピンチをすり抜ける。

感想

「マンダロリアン」第2シーズン最終回は、盛り沢山の内容である。モフ・ギデオンに捕らわれたグローグー救出に当たるマンダロリアンたちの帝国軍との戦いがメインではあるが、モフ・ギデオンが持つダーク・セイバーの力といい、ダーク・トルーパーの脅威といい、見せ場はたくさんある。そして、最後に登場するジェダイ。ここではネタバレになるので書けないが、有名なジェダイの騎士が登場し、マンダロリアンたちの危機を助けるという展開にあっと驚くはずである。そのジェダイの騎士によってグローグーは保護される事になり、マンダロリアンは彼に全てを託す。物語はひと段落ついた格好で終わるが、エンドクレジット後にもボバ・フェットのスピンオフの物語制作決定の予告もあり、先は長そうである。

2021年1月2日土曜日

スター・トレック:ディスカバリー シーズン3 第12話「潮時」

あらすじ

エメラルド・チェーンのオサイラーの手に落ちたディスカバリーは、星雲から惑星連邦のある空域まで胞子ドライブによるジャンプで戻ってきた。ディスカバリーはオサイラーの船に攻撃を受け続け、惑星連邦はシールドを解除してディスカバリーを連邦領域内に入れる。それはオサイラーにとっては、連邦内への侵入を意味していた。オサイラーは連邦の提督とコンタクトを取り、和平条約を申し出る。それを疑う提督だったが、表面上オサイラーは和平に本気のようだった。その頃、星雲に取り残されたマイケルとブックはブックの船でなんとか連邦領域内に戻り、ディスカバリーに潜入する。そしてマイケルはスタメッツの身の安全を確保すべく、一人戦いを挑む。オサイラーの部下に制圧されたクルーたちも作戦を練って反撃し、船の奪還を目論む。マイケルはスタメッツと再開し、彼の身の安全を確保する。しかし、スタメッツは星雲に残ったヒューやアディラのことが心配で、マイケルに反発していた。

感想

正月元日から配信されたこの新エピソードは、エメラルド・チェーンのオサイラーの企みが見え隠れするストーリーになっている。表向き惑星連邦と統一化を図りたいというオサイラーだが、彼女の本当の狙いは胞子ドライブにあるようである。ダイリチウムの在庫が底を尽きかけているエメラルド・チェーンにとっては、胞子ドライブは喉から手が出るほどの技術になっていると思われる。それが表向きは和平を提案するオサイラーの本当の狙いのようである。このエピソードでは星雲に残ったサルーやヒュー、アディラ達の消息は描かれず、オサイラーに乗っ取られたディスカバリーのクルーたちのディスカバリー奪還作戦がメインの展開になっている。シーズン3も残りわずかだが、この展開にどう落とし前をつけるのか、気になるところである。

「マンダロリアン」第2シーズンチャプター15:信奉者

あらすじ

マンダロリアンとキャラは、かつて一緒に仕事をして、今は刑務所にいるメイフェルドを刑務所から解放する。元帝国軍のメイフェルドが、グローグーを連れ去ったモフ・ギデオンの居場所を突き止めることができると判断してのことだった。メイフェルドは、「帝国軍の基地に潜入して、ターミナルにアクセスできれば、モフ・ギデオンの居場所はわかる」と判断する。それを受けて、マンダロリアンやボバ・フェット、キャラたちは帝国軍の基地がある惑星に移動する。その基地に潜入するべく様子を見計らっていたマンダロリアンたちだったが、メイフェルドとマンダロリアンが帝国の兵士に化けて爆発物を輸送する任務になりすまし、輸送車に乗り込む。しかし、帝国に敵意を持つものたちがマンダロリアンたちの乗る輸送車を攻撃する。マンダロリアンたちは危機一髪で帝国軍の応援が得られ、基地に潜入する。そして、グローグーの位置を調べるべくターミナルに接近するが、顔認証が必要なので、マンダロリアンは素顔を見せてターミナルを操作する。それを帝国軍の士官が見ていて、彼らを飲みに誘う。

感想

第2シーズンもあと2話となったこのエピソードでは、かつて登場したメイフェルドが再び登場し、帝国軍の情報にアクセスするために、帝国軍の基地に潜入する様子が描かれている。衝撃だったのが、素顔を絶対見せないというマンダロアの掟を破って、素顔を見せたマンダロリアンの立ち位置にあるだろう。帝国の情報にアクセスできる人物としてメイフェルドが再登場しているにもかかわらず、実際に帝国の情報にアクセスしたのはマンダロリアンで、それを得るためには自分の掟を破ってでも実行するという姿勢に、如何にグローグーのことを心配しているかがわかるというものである。そして、最後にモフ・ギデオンに宣戦布告するマンダロリアンの姿に彼の意志の強さを感じえない。ラスト1話でどういう展開になるか、興味津々である。

2021年1月1日金曜日

「マンダロリアン」第2シーズンチャプター14:悲劇

あらすじ

マンダロリアンは、グローグーをジェダイの寺院に連れていく。そこに行けば、グローグーの身に何かが起こるからかも知れなかったからである。ジェダイの寺院に着いたマンダロリアンは、中央の岩の上にグローグーを座らせる。すると、岩から強烈なフォースが発生し、マンダロリアンは近づけなくなった。その二人に脅威が訪れる。まずは、死んだと思われていたボバ・フェットが生きていて、マンダロリアンが保安官から入手したマンダロアのアーマーを要求してくる。さらにマンダロリアンを追跡していたモフ・ギデオン配下の帝国軍が、グローグーを手に入れるべく、トルーパーを派遣する。マンダロリアンはグローグーを救い出そうとし、ボバ・フェットも帝国軍に反撃をするが、結局グローグーは帝国軍の手に落ちてしまう。モフ・ギデオンはグローグーの持つフォースの力を手に入れようと企んでいた。マンダロリアンはボバ・フェットと協力してグローグー救出を企む。

感想

物語も佳境に入ってきているが、まさかここにきて「スター・ウォーズ」の中で密かに人気の脇役キャラ、ボバ・フェットが登場するとは思いもしなかった。しかも最初は素顔のままで登場し、途中からマンダロアのアーマーを装着しての戦いと、見せ場が多い。前話のジェダイの騎士アソーカもそうだが、映画「スター・ウォーズ」本編の設定に関わってくるキャラの登場は、結構嬉しいものがある。「マンダロリアン」というドラマが「スター・ウォーズ」の世界観にあるのだという意識を芽生えさせてくれる。その一方で第1シーズンから帝国軍が狙っていたグローグーの身柄は、帝国軍のモフ・ギデオンの手に落ちてしまう。モフ・ギデオンはグローグーのフォースの力を手に入れようと企んでいる。それがどういう展開に転ぶのか、後2話で完結するのか、クライマックスに向けて加速度を加えた印象がある。

謹賀新年&Siriでおみくじ

2021年、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

ということで2021年が始まったわけであるが、iPhone-Maniaというサイトで、iPhone他のAppleデバイスに搭載されているSiriでおみくじが引けるという。Siriを呼び出して、「おみくじ」とコマンド入力するだけ。運勢と共に、詳細なお告げも紹介されるという。何回でも引くことができるが、おみくじなので僕も一回だけにしてみた。結果は「吉」。iPhone-Maniaによると、上から3番目のいい運勢らしいので、悪い気がしない。iPhoneなどのApple製品を持っている人は数多いと思うので、暇つぶしにSiriでおみくじを引いてみるのも悪くないと思う。